優勝を目指す日本、後藤が5ゴールと大暴れし初戦で大勝!!《ビーチサッカーW杯》2017.04.29 09:03 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビーチサッカー日本代表は28日、ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017の初戦でビーチサッカー・ポーランド代表と対戦し、9-4と大勝した。

▽サッカーファミリーの中でも一番頂点に近いと言われているビーチサッカー日本代表。初戦では欧州予選を勝ち上がってきたポーランドと激突した。

▽日本はGK照喜名辰吾、FP田畑輝樹、大場崇晃、後藤崇介、そしてキャプテンの茂怜羅オズがスターティング5に名を連ねた。第1ピリオドは日本が優位に試合を進めると、4分、5分と立て続けに後藤がネットを揺らして先行する。

▽続く第2ピリオドは相手に2点を奪われるも、日本も大場崇晃、後藤が2ゴール、飯野智之、山内悠誠もネットを揺らすなど7-2と大きく突き放す。最後の第3ピリオド、27分には後藤のこの試合5点目を奪取。最終スコア9-4と日本が大勝して初戦を終えた。

▽なお、日本代表は日本時間30日の28時30分から第2戦でタヒチ代表と対戦する。

日本 9-4 ポーランド
【日本】
後藤崇介(4分)
後藤崇介(5分)
大場崇晃(16分)
後藤崇介(18分)
後藤崇介(22分)
飯野智之(22分)
山内悠誠(23分)
後藤崇介(27分)
山内悠誠(30分)

【ポーランド】
Jakub JESIONOWSKI(18分)
Boguslaw SAGANOWSKI(19分)
Boguslaw SAGANOWSKI(26分)
Witold ZIOBER(36分)

◆日本メンバー
【スタメン】
GK
照喜名辰吾
FP
田畑輝樹
大場崇晃
茂怜羅オズ
後藤崇介
【控え】
GK
河合雄介
FP
鈴木将人
原口翔太郎
山内悠誠
飯野智之
小牧正幸
赤熊卓弥
監督
マルセロ・メンデス

コメント

関連ニュース

thumb

ラモス瑠偉氏が5年ぶりにビーチサッカー日本代表監督に就任…2019年にW杯開催

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、ビーチサッカー日本代表にラモス瑠偉氏(60)が就任したことを発表した。また、コーチには牧野真二氏(41)が就任する。 ▽ラモス氏は、ブラジル出身で、現役時代はヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)や京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプレー。1989年から1995年には日本代表としても活躍した。 ▽現役引退後は、2005年に柏レイソルのコーチに就任。2006年、2007年は東京ヴェルディ1969(現東京ヴェルディ)で監督を務め、2014年から2016年まではFC岐阜の監督と務めていた。 ▽また、ビーチサッカー日本代表の監督も務め、2005年、2009年、2011年、2013年と4度のワールドカップで指揮を執っていた。 ▽コーチに就任する牧野氏は、ビーチサッカー日本代表としてワールドカップに7度出場。2010年からはビーチサッカーチームのLEON福岡で選手権監督を務めていた。 ▽ビーチサッカー日本代表は、2019年に行われるビーチサッカーワールドカップ出場を目指す。 2018.02.08 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ビーチサッカー日本代表、メンデス監督が8月末で退任

▽日本サッカー協会(JFA)は22日、ビーチサッカー日本代表を指揮するマルセロ・メンデス監督(47)が、8月末日までの契約満了をもって退任することを発表した。 ▽ブラジル出身のマルセロ・メンデス監督は、ビーチサッカーポルトガル代表やウルグアイ代表、南アフリカ代表などの監督を務め、クラブチームでもブラジル国内の有名クラブを率いた後、2014年にビーチサッカー日本代表監督に就任。2015年にAFCビーチサッカー選手権で準優勝を果たすと、2015年7月に開催されたビーチサッカーワールドカップ(W杯)では日本をベスト8に導いた。だが、今年のW杯ではグループステージ敗退に終わっていた。 ▽メンデス監督はJFAの公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「まずは、私を(日本に)招き、厚くサポートしていただいた大仁さん(前JFA会長)、今回のAFC選手権やワールドカップに向けて多大な協力をしてくださった田嶋会長、協会の皆さん、スタッフ、選手、仕事に協力してくださった皆様に感謝申し上げます。悲しい瞬間ではありますが、我々はともに前に進まなければなりません。私もそうですし、日本のビーチサッカー界もこれからますます発展していかなければなりませんので、これからも応援していきたいと思います。(日本での在任期間中で印象に残っているのは)去年のアジアビーチゲームズと今年のタイで行われた国際大会で優勝したことがポジティブな出来事でした。あと強烈なインパクトとして残っているのは、やはり2回のワールドカップでプレーしたことはよかったと思っていますし、自分の記憶にずっと残っていくだろうと思います。自分だけではなく、いろんな人々の協力があって、いろんなことを変えることが出来たと思っています」 「まずは最初に日本に来た時にオーダーのあった日本代表の世代交代について、可能な範囲で着手して達成できたと思います。また、その取り組みと並行して全国各地をクリニックで訪問して、お子さんや女性、トップアスリート、あるいは愛好家の皆さんに、いろんな形で指導したことが、少しずつですがビーチサッカーの普及につながったのではないかと思います。そういうものを皮切りにして、まだいろいろな取り組みで、ビーチサッカーを広げていくプロジェクトが、今後も進行していく流れにあると思います。私は残念ながらそこに参画することはありませんが、まだまだ半分もいってないという感覚です。ただ、そのことをJFAは十分認識していると確信していますし、そのプロジェクトはこれからも進行していくことは間違いないと思いますので、そこには希望を持っています」 2017.06.22 20:13 Thu
twitterfacebook
thumb

グループステージ突破を目指した日本、ロドリゴ躍動のブラジルの前に大敗…《ビーチサッカーW杯》

▽ビーチサッカー日本代表は3日、ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017のグループステージ第3節でビーチサッカー・ブラジル代表と対戦し、9-3で敗れた。この結果、グループステージでの敗退が決定した。 ▽2戦を終えて1勝1敗の日本。勝てばグループステージ突破が見えてくる日本だったが、第1ピリオドからブラジルに押し込まれる展開となる。 ▽試合は第1ピリオドの5分、日本オウンゴールで先制点を献上する。さらに6分には第2PKをロドリゴに決められ立て続けに失点。苦しい状況となる。 ▽それでも10分、浮き球を後藤がバイシクルシュート。こぼれ球を大場が詰めて、1点差に。さらに第1ピリオドの残り30秒で第2PKを獲得すると、後藤が冷静に右隅に決めて、2-2の同点とする。 ▽第1ピリオドで追いつき勢いに乗りたかった日本だったが、次のゴールはブラジルに生まれる。17分、浮き球のパスを受けたロドリゴにこの試合2点目を決められ勝ち越しを許すと、20分にはマウリシーニョ、21分にはカタリーノに連続得点を許す。22分には相手のミスからオウンゴールで2点を返すも、23分にはロドリゴにハットトリックを許し、第2ピリオドを終えて6-3とリードを許す。 ▽第3ピリオドで反撃に出たかった日本だが、ブラジルの攻撃の手はやまず。28分にロドリゴ、35分にマウリシーニョ、36分にはロドリゴがこの試合5点目を記録。9-3で大敗を喫した日本は、グループステージ突破が叶わなかった。 ブラジル 9-3 日本 【ブラジル】 オウンゴール(5分) ロドリゴ(6分) ロドリゴ(17分) マウリシーニョ(20分) カタリーノ(21分) ロドリゴ(23分) ロドリゴ(28分) マウリシーニョ(35分) ロドリゴ(36分) 【日本】 大場崇晃(10分) 後藤崇介(12分) オウンゴール(22分) ◆日本メンバー 【スタメン】 GK 照喜名辰吾 FP 大場崇晃 赤熊卓弥 茂怜羅オズ 後藤崇介 【控え】 GK 河合雄介 FP 鈴木将人 原口翔太郎 山内悠誠 飯野智之 小牧正幸 田畑 輝樹 監督 マルセロ・メンデス 2017.05.03 13:34 Wed
twitterfacebook
thumb

日本が赤熊のハットトリックで終盤に追いつくも、タヒチに振り切られ敗戦《ビーチサッカーW杯》

▽ビーチサッカー日本代表は4月30日、ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017のグループステージ第2節でビーチサッカー・タヒチ代表と対戦し、4-3で敗れた。 ▽初戦のポーランド代表戦を9-4と大勝した日本は、そのポーランド戦と同じ5人をスターティング5に起用。しかし、この日はタヒチ代表の前に苦戦する展開となった。 ▽試合は第1ピリオドの4分、鮮やかなバイシクルシュートをヒールキックで合され、タヒチに先制される。タヒチのリードのまま第2ピリオドは互いに無得点。すると第3ピリオドで試合が大きく動く。 ▽まずは日本。26分、左CKから赤熊卓弥がダイビングヘッドで合わせ、日本が同点に追いつく。しかし直後、タヒチがFKを得ると、サインプレーから勝ち越しゴールを奪われる。さらに28分にもタヒチがCKから加点。日本は、2点ビハインドで終盤を迎える。 ▽しかし31分、前線で粘りを見せた赤熊が意地のゴールを奪うと、34分にはGKのスローからのダイレクトプレーに飛び込んだ赤熊がダイビングヘッド。土壇場で同点に追いつく。 ▽それでも35分、タヒチはカウンターからジャンピングボレーで追加点。これが決勝点となり、タヒチが粘る日本を振り切り4-3で勝利した。 ▽なお、日本代表は日本時間3日の7時30分から第3戦でブラジル代表と対戦する。 タヒチ 4-3 日本 【日本】 赤熊卓弥(26分) 赤熊卓弥(31分) 赤熊卓弥(34分) 【タヒチ】 Tearii LABASTE(4分) Heiarii TAVANAE(26分) Patrick TEPA(28分) Raimana LI FUNG KUEE(35分) ◆日本メンバー 【スタメン】 GK 照喜名辰吾 FP 田畑輝樹 大場崇晃 茂怜羅オズ 後藤崇介 【控え】 GK 河合雄介 FP 鈴木将人 原口翔太郎 山内悠誠 飯野智之 小牧正幸 赤熊卓弥 監督 マルセロ・メンデス 2017.05.01 11:56 Mon
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】ドイツとの親善試合に向けてマルセロ・メンデス監督「選手たちは選ばれるかどうかというプレッシャーを感じずに良いパフォーマンスが出せる」《ビーチサッカーW杯バハマ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、今月15日、16日に沖縄県で行われるビーチサッカー国際親善試合のビーチサッカードイツ代表戦と、今月27日から5月7日まで開催されるビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017に出場するビーチサッカー日本代表メンバーを発表した。 ▽会見に出席したビーチサッカー日本代表を率いるマルセロ・メンデス監督が、記者からの質問に応えている。 ――先行の中で悩んだ部分と、ドイツとの親善試合で確認すべきところは 「まずはドイツとのことをお話しします。非常に大事な2試合になると思っています。12人が決まり、選手たちは選ばれるかどうかというプレッシャーを感じずに良いパフォーマンスが出せるでしょう。前回の大会が終わってこの2年間でいろいろな大会に出て試合をしました。その中で選手たちを試してきましたが、この12人はこの2年間で見てきたメンバーたちです」 ――アジア予選では厳しい戦いだったなか、これからの合宿でどこを修正したいか 「今回の予選は非常に厳しい試合でした。個人的にカタール、イラクと対戦し最後のUAE戦は楽な試合になるとの思いでピッチに入ったことがいけませんでした。それがなければ良い試合をして勝てたと思います」 「1位通過でグループステージを勝てていれば、厳しい予選にはなっていなかったでしょう。それが今回の予選では3位通過となり、その結果、W杯は厳しいグループになりました。それによって、W杯は最後の試合だけでなく、1試合目から全ての試合で強いチームと当たります」 「1試合目から集中しなければいけないですが、厳しい予選になって良かったとも思います。この間まで、横浜で合宿をしていました。そのキャンプの目標はフィジカル強化です。戦術もやりながら第一目標はフィジカルでした。フィジカルコーチも良い仕事をしてくれたと思います。沖縄でも良い準備をしてW杯に向かいたいと思います」 2017.04.06 15:54 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース