千葉が香川西MF本田功輝の来季加入内定を発表! 昨年には全国高校総体出場2017.04.28 21:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は28日、香川西高校に所属するMF本田功輝(17)が2018シーズンより加入することが内定したことを発表した。

▽徳島県出身の本田は、藍住中学校から香川西高校に進学。昨年には全国高校総体にも出場した。

▽加入が内定した本田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「夢だったプロサッカー選手になれることを嬉しく思います。関わってくれたすべての人に感謝しこれからも常に上を目指し頑張ります」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉がアルゼンチン人GKルイス・オヘダの加入内定を発表「この場所に心地よさを感じています」

▽ジェフユナイテッド千葉は12日、メキシコのティブロネス・ロホス・デ・ベラクルスからアルゼンチン人GKルイス・オヘダ(27)が加入することで内定したと発表した。背番号は「40」をつける。 ▽ルイス・オヘダは、アルゼンチンのユニオン・デ・サンタフェやアルヘンティノス・ジュニアーズでプレー。2015年からメキシコに渡りヴェナドスFCに移籍。2017年からティブロネス・ロホス・デ・ベラクルスでプレーしていた。ルイス・オヘダはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん、初めまして。来日した初日から、毎日とてもこの場所に心地よさを感じています。この素晴らしいチームの一員として、目標達成、J1昇格の為に、日々、全力を尽くしていきます。よろしくお願いします」 2017.08.12 12:43 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐が千葉DFイ・ジュヨンを期限付き移籍で獲得

▽カマタマーレ讃岐は8日、ジェフユナイテッド千葉の元U-20韓国代表DFイ・ジュヨン(26)が期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。 ▽イ・ジュヨンは、2013年にモンテディオ山形へ加入。2015年8月から12月まで栃木SCでプレー。2016年から千葉でプレーしていた。2016年は明治安田生命J2リーグで28試合に出場したものの、今季指揮官に就任したフアン・エスナイデル監督の下では出場機会に恵まれず、今シーズンはリーグ戦2試合の出場に留まっていた。イ・ジュヨンはクラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「ジェフユナイテッド市原・千葉から期限付き移籍で加入することになりました、イ・ジュヨンです。早く慣れて自分の特長でもあるフィジカルやヘディングの高さなどを活かして、少しでもカマタマーレ讃岐の勝利に貢献できるよう、頑張ります!」 ◆ジェフユナイテッド千葉 「この度、カマタマーレ讃岐に期限付き移籍することを決めました。約1年半、ジェフのサポーターの皆さんからは、どんな時でもたくさん応援をしていただき、本当に感謝をしています。ジェフを離れることになりましたが、ジェフの勝利とJ1昇格を心から祈っています」 2017.08.08 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

『パワサカ』HEROインタビュー 高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉)<後編>

<span style="font-weight:700;font-size:18px;">陸とはバチバチやっていました。お互いプロとして対戦できる時を楽しみにしています</span> 高校サッカー部を舞台に練習と試合を繰り返し、プロ選手を目指す『<a href="https://goo.gl/ZCjg9v" target="_blank">実況パワフルサッカー</a>』。その世界観そのままのサクセスストーリーを歩む、高橋壱晟選手(ジェフユナイテッド千葉)をフィーチャーしお届けする特別インタビューの後編です。※前編は<a href="https://goo.gl/jdZc3w" target="_blank">こちら</a> <span style="font-weight:700;">――自信を持てるようになったキッカケは?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 高校2年の時の夏のインターハイは一回戦で負けたんですが、ダブルボランチを組んでいた僕と住永(翔/現・明治大)は監督に「負けたのはふたりの責任だ」と言われたんです。凄いショックでしたが、その通りでした。その時ですね、「そろそろ自分を変えないとマズイ」と感じたんです。 <span style="font-weight:700;">――具体的にはどのように自分を変えたんですか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> ゴールを取れる選手になろうと考えました。ゴールに向かうことだけを意識しました。そうしたら段々、大胆なプレーができるようになりました。自然とゴールも取れるようになったんです。高校2年の夏以降から秋頃にかけて、最も成長できたと思います。 <span style="font-weight:700;">――Jリーグのスカウトもたくさん来ていたのではないでしょうか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> はい。たまにスカウトの人が来てくれることがあって、気にはなりましたね。でも、それでプレーを乱さないように気を付けていました。 <span style="font-weight:700;">――千葉のスカウトの稲垣雄也さんは熱心に誘ってくれたらしいですね。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 毎週青森に来てくれて、熱心に誘ってくれました。朝練にもいて、ビックリしました。まだ暗い中で、稲垣さんっぽい人がいるなと思ったら、「お、壱晟」と声をかけられて。熱意を感じました。 『パワサカ』でもスカウトがやってくる! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』にもスカウトが登場します。練習や試合の内容が評価され、その結果次第で行けるプロリーグのカテゴリーが変わるあたりは、現実のサッカーそのまま。即、海外オファーなんてことも! <span style="font-weight:700;">――周囲にアドバイスを求めたりもした?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> はい。自分のプレーに関して助言をしてもらいました。それと、監督に言われたことはすべて実践してやろうと考えていました。高2の夏以降は毎日のように怒られましたが、その悔しさを力に変えました。 <span style="font-weight:700;">――高橋選手は怒られて伸びるタイプ?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> どうなんでしょう。でも監督は高校3年の選手権のあとには「最後はしっかりやってくれたな」と褒めてくれました。監督も僕の引っ込み思案なところを変えてくれようとしていたのだと感じました。 『パワサカ』も監督との関わり方が大切 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』でも監督へのアピールやコミュニケーションが重要。監督の評価が低いと試合に先発で出してもらえず、結果、高ランク選手の育成が難しくなるので、練習からしっかりアピールしよう。 <span style="font-weight:700;">――憧れの選手はいますか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> いないですね。 <span style="font-weight:700;">――では、自らの理想像は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> すべてを完璧にこなす選手です。目指すのは究極のプレーヤーですね。 <span style="font-weight:700;">――ポジションへのこだわりは?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> サイドは苦手ですし、できるなら守備もやりたくないです(笑)。中盤の前目のポジションが一番合っているはずです。中盤でパスを捌きながらゴール前に入っていくのが持ち味ですね。ただ、小学校の4、5年まではFWもやっていました。当時は周りより足が速く、ドリブルからのシュートが得意でした。6年の時に中盤に移ったんです。 『パワサカ』で理想の選手を育成するコツ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』はデッキ編成(練習パートナー選び)が楽しい。ドリブルやシュートなどの特殊能力(コツ)をパートナーから伝授してもらい、理想の選手を育成しましょう。『シュート!』コラボキャラの特殊能力を狙いたい! <span style="font-weight:700;">――青森山田高では10番を背負い、千葉に入団した際には「(将来的に)10番を付けられるなら付けたい」と語っていました。背番号へのこだわりは?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 10番は好きです。これは誰にも言っていませんが、高校3年の時には背番号をもらう前から「俺が10番だ」と自信を持っていました。実は高校2年に進級する前の冬に一度、10番を付けさせてもらったんです。新人戦も10番で出場しました。でも、神谷(優太)さんが入部して(高橋のひとつ上の神谷は高校2年の時に東京Vユースから青森山田高に編入した)10番を取られてしまったんです。だからこそ3年の時は誰にも渡したくありませんでした。 <span style="font-weight:700;">――ほかにライバルと感じていた選手は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> ポジションが違うのでライバルと言って良いか分かりませんが、(廣末)陸(現・FC東京)とはシュート練習の時にバチバチやっていました。自分が外すと陸は挑発してくるんですよ(笑)。でも、あんなに凄いGKを相手に練習できたから、上手くなれました。お互いプロとして対戦できる時を楽しみにしています。 『パワサカ』でも熱いライバル関係が! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『シュート!』コラボを絶賛実施中の『パワサカ』。主人公(パワサカくん)であるあなたと田仲俊彦がお互いを高めあいながら成長するライバルシナリオが楽しい。PR田仲が期間限定(8月23日迄)でもらえる今がチャンスです! <span style="font-weight:700;">――今の時期には夏合宿などを行なったと思いますが、印象的な練習はありましたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 学校の近くに雲谷(もや)という山があって、その山で行なう“モヤラン"というトレーニングは辛かったです。10キロくらいの山道を登って、その後、冬にはスキー場となる坂を10本から20本くらいダッシュするんです。そしてまた10キロの道のりを戻る。夏場には必ず一回やるメニューで、僕は一度、脱水症状みたいになって倒れました。Cチームの人たちなどは1か月に3、4回やることがあって、地獄の練習でしたね。みんな叫びながら走っていましたよ。 <span style="font-weight:700;">――それだけキツイ練習をするなか、独自のリフレッシュ方法はありましたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 練習がオフの日は一刻も早く休みたくて、学校が終わったらすぐに家に帰っていましたね。みんなと練習するのがとにかく楽しかったので、改めて気分転換をする必要はありませんでした。 『パワサカ』は気分転換が大事です <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』では練習をし過ぎると疲労が溜まって怪我をしたり、やる気がダウンしてしまいます。そんなときは「遊ぶ」コマンドを選択。うまくモチベーションを維持して高ランク選手を目指そう。 <span style="font-weight:700;">――では、学校生活での一番の思い出は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> うーん、やっぱりみんなと取り留めもなく喋っている時が最も面白かったですね。 <span style="font-weight:700;">――修学旅行は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 試合で行けなかったんですよね。仙台の松島などを回る予定だったんですが・・・。ほかにも行き先は、東京・関西コースや、沖縄コースもありましたが、スポーツをやっている人は練習を長く休むわけにはいかないので基本、東北コースを選びました。でも、そのコースさえも参加できなくて・・・。ほかの学校行事では、スキー実習もありました。それこそ、雲谷をスキーで滑るんですよ。「ここは夏、走ってるよ!」と思いながら(笑) <span style="font-weight:700;">――高校のクラスメイトは? 試合の応援に来てくれましたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> それはなかったですね。みんなスポーツをやっていて忙しかったですからね。クラスメイトにはバドミントンの日本代表もいました。学校で見かけないと思ったら、スペインに遠征に行っていたりとか(笑)。野球では巨人に入団した堀岡(隼人)、ソフトバンクに入った三森(大貴)も同級生でした。みんな負けず嫌いで、良い刺激をもらいました。 <span style="font-weight:700;">――今後の目標は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 東京五輪に出られるようにやっていきたいです。 <span style="font-weight:700;">――ちなみに携帯ゲームなどはやらないですか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> あまりやらないですね。寮で先輩の乾(貴哉)くんがウイニングイレブンを持っているので、たまにやるくらいです。ただ、僕はめちゃくちゃ下手なので、カモにされています(笑)。 『実況パワフルサッカー』×『シュート!』 『実況パワフルサッカー』は『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170719_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>今なら、人気コミック『シュート!』とのコラボを実施中。主人公・トシ(田仲俊彦)をはじめとした『シュート!』キャラクターが『パワサカ』のイベキャラとして登場するほか、8月23日13:59までの期間限定で、PR田仲俊彦・PR平松和広・PR白石健二をプレゼント中です。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170731_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>さらに7月31日からは、ゲームならではの限定シナリオが!原作コミックでは悲運の死を迎える、伝説のキャプテン・久保嘉晴が「もしも生きていたら?」というストーリーが展開されます。久保復活のカギを握るのは、『パワサカ』ファンならおなじみのダイジョーブ博士。ファン感涙の夢のシナリオは、ぜひアプリでチェック! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/3gktZB" target="_blank">『実況パワフルサッカー』公式サイト</a> <a href="https://goo.gl/TwuDsp" target="_blank">App Storeからダウンロード</a> <a href="https://goo.gl/kvHe6x" target="_blank">Google Playからダウンロード</a></div> メーカー|KONAMI 配信日|配信中(2016年12月7日より) ジャンル|サッカー・育成 対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降) 価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制) 著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00~18:00(土日祝日休み) <span style="font-weight:700;">高橋壱晟</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 青森県出身/1998年4月20日生まれ/178㌢・71㌔/MF 2016年、高校3年時にプリンスリーグ(初優勝)、選手権(初優勝)と2冠を達成。 入団したジェフユナイテッド千葉では、2000年の阿部勇樹以来となる高卒ルーキーで開幕スタメンを飾った。 以後も、昇格を目指すチームの主力として活躍している。 【経歴】 青森FC(青森市立造道小)→青森山田中→青森山田高 2017.08.04 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

『パワサカ』HEROインタビュー 高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉)<前編>

<span style="font-weight:700;font-size:18px;">雪の上で50対50のゲーム。苦しいことを一緒に乗り越え、チームワークが強まりました</span> 『<a href="https://goo.gl/uAvM2w" target="_blank">実況パワフルサッカー</a>』は、高校サッカー部を舞台に練習と試合を繰り返し、プロ選手を目指す育成サッカーゲームだ。そこで今回は、昨年度の高校選手権ヒーロー・高橋壱晟選手(ジェフユナイテッド千葉)をフィーチャー。高校サッカーで全国を制し、プロ入り、そして開幕スタメンという、『パワサカ』で言えばSランク間違いなしのニュースターに、『パワサカ』と重ねあわせ、高校当時の思い出を振り返ってもらいました。 <span style="font-weight:700;">――ルーキーながら5月にはシーズンのプレータイムが900分を超え、A契約を勝ち取りました。開幕からコンスタントにピッチに立っていますが、プロの生活には慣れましたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> だいぶ慣れました。開幕から試合に出られているので、自信を持ってプレーできるようになりました。 <span style="font-weight:700;">――さて今回は高校時代の話を聞かせてください。青森県出身の高橋選手は青森FC、青森山田中、青森山田高と進学しました。進路を決める際、Jリーグの下部組織に入ろうという考えはありませんでしたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> まず、青森を離れることは考えなかったです。プロになるのが目標でしたが、家の近くには強豪の青森山田高校があったので、そこでなら成長できると進学しました。 <span style="font-weight:700;font-size:16px;">『パワサカ』もプロ入りを目指し日々成長!</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『実況パワフルサッカー』(通称:『パワサカ』)は、主人公のパワサカくんの姿を借りたユーザー自身が、高校サッカー部を舞台に練習を繰り返し、全国制覇、プロ入りを目指すゲーム。育成した選手でチームを組み、全国のユーザーとの対戦が可能です。 <span style="font-weight:700;">――青森山田高への進学は小学校の頃から考えていた?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> そうですね。(青森山田高)の黒田(剛)監督の息子(黒田凱)と青森FC時代から一緒にプレーしていたので、その頃から黒田監督にはいろいろアドバイスをいただいていました。悩むことはなかったです。 <span style="font-weight:700;">――自分の選択は間違いでなかった?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 中学、高校ともに全国制覇を経験できましたからね。厳しい環境で自分を高められました。 <span style="font-weight:700;">――特に高校3年生時には高円宮杯U-18チャンピオンシップ(高校とJリーグのアカデミーを含めたユース年代の日本一を決める大会)と冬の選手権で頂点に立ちました。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> ふたつの大会を戦った約1か月は、今までに経験したことのない充実した日々でした。あっという間に時間が過ぎました。 <span style="font-weight:700;">――選手権の優勝後には取材も殺到したそうですね。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 選手権が終わって千葉の寮に入るまで5日しかなかったんですが、5日間すべてで取材が入っていました。優勝パレードやトークショーにも参加しました(笑)。 <span style="font-weight:700;font-size:16px;">『パワサカ』でも目指すは全国制覇!</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』では地区予選決勝と全国大会の2試合、計3試合を戦います。(※シナリオによって異なる場合があります)途中で負けてしまうと十分な経験点が積めず、最終的に高ランク選手の育成が難しくなります。 <span style="font-weight:700;">――部活を通じて最も成長できた部分は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> サッカー部はJリーグのユースチームに、技術面では敵いません。だからこそ、気持ちの部分では負けないように意識していました。苦しい練習を誰よりもやった自信があったからこそ、最後まで走り切れたのだと思います。そういう精神的な部分は学べました。 <span style="font-weight:700;">――もう二度とやりたくないような辛いトレーニングはありましたか?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 冬は走り込みが中心でしたね。雪の上じゃボールを使っても技術は伸びないですから。ただ、雪の上で50対50のゲームをやることもありました。ボールを3つ使って、先に3点を取ったほうが勝ちなんですが、負けたチームは罰ゲームとしてタイム走を走らなくちゃいけないんです。だから、みんな必死で(笑)。ただ、苦しいことを一緒に乗り越えるからこそ、チームワークは強まりました。 <span style="font-weight:700;font-size:16px;">『パワサカ』でもチームワークが試される!</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 最新シナリオである『シュート!』コラボでは、団結練習による育成が成功のポイント。より多くの仲間と練習し、経験点を積むことで、強い選手が育成できます。 <span style="font-weight:700;">――雪の上でプレーすれば足腰も鍛えられそうです。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> でも、辛すぎて辞めたくなりました(笑)。途中からは足場が固まってくるんですが、初めのうちは雪をかき分けながら走らなくちゃいけないのでキツイんです。 <span style="font-weight:700;">――50対50対だと手を抜く人もいそうですね。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> いたかもしれません。でも、そういう選手は冬が空けた時にAチームやBチームから落ちちゃいます。もっとも、上昇志向が強い選手ばかりだったので、球際でも相当に激しく当たり合っていましたね。 <span style="font-weight:700;">――雪国独特のトレーニングですね。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 独特すぎます(笑)。みんな雪が降らない地域の学校を羨ましがっていました。 <span style="font-weight:700;font-size:16px;">『パワサカ』では鍛えすぎに要注意!?</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 『パワサカ』でも過度なトレーニングは怪我のもと。練習メニューをうまく組んだり、回復系の持ち込みアイテムを使うことで、効果的に選手を育成しましょう。 <span style="font-weight:700;">――ただ、苦しい練習をやり切ったからこそ、全国制覇を成し遂げられたわけですね? 高校生活で手に入れた財産はタフさ?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> そうですね、耐える力は鍛えられました。 <span style="font-weight:700;">――中、高は寮生活?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> いえ、家から通っていました。 <span style="font-weight:700;">――朝練は5時半からやっていたそうですね。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 冬は雪が積もるのでできませんでしたが、4月の初めくらいから11月頃まではやっていましたね。 <span style="font-weight:700;">――一方で学業のほうは?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> うーん、ちゃんとやってはいましたが・・・(笑)。中学の頃は勉強の時間も取れましたが、高校になると朝練の回数も増えたので、両立が難しくなりました。疲労で睡魔に襲われることも多かったです。ただ、テスト前は集中的に勉強していました。 <span style="font-weight:700;">――そこまで成績は悪くなかった?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> 赤点はなかったですね。要領よくできていたと思います。 <span style="font-weight:700;font-size:16px;">勉強?部活?『パワサカ』でもシリアスなテーマ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 高校サッカーマンのリアルを描いた『パワサカ』。よって、文武両道をテーマにしたシナリオがときどき登場します。『シュート!』キャラの平松和広をデッキに入れると、こんなシーンも・・・。 <span style="font-weight:700;">――先輩、後輩との関係性は?</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> どちらかというと、後輩と積極的にコミュニケーションを取るほうではなかったです。ただ、普通に話していましたよ。 <span style="font-weight:700;">――千葉の選手に聞くと、高橋選手は先輩にも毅然と意見を言える存在だと話していました。</span> <span style="font-weight:700;">高橋</span> プロになってからのほうが、年上の人に意見を言えるようになりました。特に高校1年の頃は自信がなくて、今のように振る舞えませんでした。でも、ジェフでは試合に出させてもらっていますし、やらないといけない立場にいると自覚しています。周囲と話すことで、チームが勝てるならそうします。 ※後編は7月31日に配信予定です。 『実況パワフルサッカー』×『シュート!』 『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170719_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> さらに今なら、人気コミック『シュート!』とのコラボを実施中。主人公・トシ(田仲俊彦)をはじめとした『シュート!』キャラクターが『パワサカ』のイベキャラとして登場するほか、8月23日13:59までの期間限定で、PR田仲俊彦・PR平松和広・PR白石健二をプレゼント中。そして、7月19日からは、いよいよ掛川高校のマネージャー・遠藤一美や神谷もイベキャラとして登場!『パワサカ』を始めるなら、今がチャンスだ! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/3ViQVH" target="_blank"><U>『実況パワフルサッカー』公式サイト</U></a> <a href="https://goo.gl/cCP6RB" target="_blank"><U>App Storeからダウンロード</U></a> <a href="https://goo.gl/7ZsnSf" target="_blank"><U>Google Playからダウンロード</U></a></div> メーカー|KONAMI 配信日|配信中(2016年12月7日より) ジャンル|サッカー・育成 対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降) 価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制) 著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00~18:00(土日祝日休み) <span style="font-weight:700;">高橋壱晟</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/myhero20170724_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 青森県出身/1998年4月20日生まれ/178㌢・71㌔/MF 2016年、高校3年時にプリンスリーグ(初優勝)、選手権(初優勝)と2冠を達成。 入団したジェフユナイテッド千葉では、2000年の阿部勇樹以来となる高卒ルーキーで開幕スタメンを飾った。 以後も、昇格を目指すチームの主力として活躍している。 【経歴】 青森FC(青森市立造道小)→青森山田中→青森山田高 2017.07.31 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉FWラリベイに第一子となる長女が誕生「幸せと愛に満ちた人生になることを」

▽ジェフユナイテッド千葉は25日、アルゼンチン人FWラリベイに第一子となる長女が24日に誕生したことを発表した。 ▽ラリベイは、クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 「娘、FAUSTINA (ファウスティーナ)が、昨日、7月24日に無事に誕生しました。幸せと愛に満ちた人生になることを、期待しています。とても大きな喜びと共に、強い責任を感じています。私たち夫婦がそれぞれの両親から教えられた、人生において大切なものを、これからは伝えていく立場なのだ、と思っています」 「この度、支えてくださったすべての方々に感謝しています。家族、友人、たくさんの方にメッセージをいただきました。そして、お世話になったドクターを初めとする、クリニックのスタッフの方々、本当にありがとうございました」 「この先、大好きな日本に、何年、滞在できるかわかりませんが、娘がこの日本で生まれたということは、これからもずっと変わらない事実として心に残ります。毎日、素敵な日々を、この地で過ごせていることを、嬉しく思いますし、自分自身もより一層、頑張ります。これからも、支えてくださっているすべての方々に対し、感謝の気持ちを忘れません」 ▽今シーズンからUAEのバニーヤースSCから加入したラリベイは、明治安田生命J2リーグでここまで21試合に出場し、9ゴールを記録している。 2017.07.25 17:06 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース