パチューカがティグレスとの決勝を制し5度目の北中米カリブ海王者に! 4度目のクラブW杯出場を決める《CCL》2017.04.27 13:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグの決勝2ndレグが27日に行われ、パチューカ(メキシコ)vsティグレス(メキシコ)の一戦はパチューカが勝利。2戦合計2-1でパチューカが勝利し、2010年大会以来4度目のクラブ・ワールドカップ(W杯)出場を決めた。

▽19日に行われた1stレグを1-1のドローで終えていた両チーム。パチューカのホームで行われた試合はゴールレスのまま試合終盤へ。すると83分、ロサーノがミドルシュートを放つと、GKグスマンが弾いたこぼれ球をハラが詰めてパチューカが先制。そのまま逃げ切り1-0で勝利し、CONCACAFチャンピオンズリーグで5度目の優勝を果たした。

▽2017年のクラブW杯は12月6日からUAEで開催。パチューカは出場が決定した最初のチームとなった。日本勢はAFCチャンピオンズリーグで優勝した場合のみ出場が可能となり、浦和レッズ、鹿島アントラーズがラウンド16に進出。川崎フロンターレ、ガンバ大阪が最終節でのラウンド16進出を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

オークランド・シティがチーム・ウェリントンを下し大会7連覇! クラブW杯出場権を獲得《OCL》

▽7日、OFCチャンピオンズリーグ(OCL)の決勝2ndレグが行われ、チーム・ウェリトン(ニュージーランド)vsオークランド・シティ(ニュージーランド)は0-2でオークランド・シティが勝利。2戦合計0-5として、7年連続のOCL制覇を成し遂げた。これにより、今年12月にUAEで行われるFIFAクラブ・ワールドカップの出場権を獲得した。 ▽ホームでの1stレグを3-0で制していたオークランド・シティが、アウェイに乗り込んだ2ndレグ。日本人DF岩田卓也も先発したオークランド・シティが序盤から攻勢に出るも、前半はゴールレスで終える。 ▽迎えた後半はチーム・ウェリントンが盛り返すも、オークランド・シティがカウンターで仕留める。63分、ロングボールに完全に抜け出したライアン・デ・ヴリースがそのままドリブルで持ち込み、GKとの一対一を冷静に沈めた。 ▽2戦合計0-4としたオークランド・シティは余裕を持って試合を進める。すると76分、デ・ヴリースの落としをエミリアーノ・タデがボックス内左からシュート。弧を描いたシュートが右隅に決まり、試合の大勢が決した。チーム・ウェリントンはその後もゴールを目指して猛攻を仕掛けるが、最後まで得点を奪えず。2ndレグを0-2、2戦合計0-5で制したオークランド・シティが大会7連覇を達成し、クラブ・ワールドカップの出場権を獲得した。 チーム・ウェリントン 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>(AGG:0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">オークランド・シティ</span> 【オークランド】 デ・ヴリース(後18) タデ(後31) 2017.05.07 20:18 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース