霜田氏も監督候補と報じられたタイ代表監督にライェバツ氏が就任…ガーナ代表やアルジェリア代表を指揮2017.04.26 22:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽タイサッカー協会は26日、タイ代表新監督にセルビア人指揮官のミロバン・ライェバツ氏(63)を招へいすることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本代表と同じグループBに属するタイだったが、7試合で勝ち点がわずかに1となりグループ最下位。W杯出場の可能性が潰え、3月にキャティサック・セーナムアン監督が辞任を発表していた。

▽後任監督の候補には、かつてジュビロ磐田でもプレーしブラジル代表監督も務めた経験のあるドゥンガ氏や、日本サッカー協会で技術委員長を務めていた霜田正浩氏らが候補に挙がっていた。

▽新指揮官に就任したライェバツ監督は、母国のFKボラツ・ツァツァクで監督としてのキャリアをスタート。その後はボスニア・ヘルツェゴビナやドイツ、セルビアなどでクラブチームを率い、2003-04シーズンからはレッドスター・ベオグラードで監督を務めていた。

▽その後もクラブチームで監督を続けると、2008年8月からはガーナ代表監督に就任し2010年の南アフリカW杯で指揮。2010年9月からはカタール代表、2016年7月からはアルジェリア代表の監督を務めていたが、昨年10月に解任されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

“悪魔の左足”、タイ代表DFティーラトンが神戸に期限付き移籍で加入合意と報道

▽ムアントン・ユナイテッドのタイ代表DFティーラトン・ブンマタン(27)が、ヴィッセル神戸に加入することで合意に達したようだ。『FOX Sports』のアジア版が伝えた。 ▽2013年にタイ・プレミアリーグの最優秀選手賞を受賞したティーラトンは、“悪魔の左足”と評される高精度のキックを武器とする攻撃的な左サイドバック。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)やタイ代表としても実力を発揮している。 ▽『FOX Sports』によると、ティーラトンは1年間のレンタル移籍で加入するとのこと。また、当初は神戸ではなくセレッソ大阪が獲得に興味を持っていたようだ。 ▽ティーラトンは、2010年1月にブリーラム・ユナイテッドに加入。2016年7月からムアントン・ユナイテッドでプレーしていた。タイ・プレミアリーグででは118試合に出場し15ゴール21アシストを記録。ACLでも40試合に出場し5得点を記録していた。 ▽タイからは、北海道コンサドーレ札幌でプレーするMFチャナティップ・ソングラシンに加え、今シーズンからサンフレッチェ広島にFWティーラシン・デーンダー(29)が期限付き移籍で加入。タイ代表の主力選手が再びJリーグで見られるようだ。 2018.01.08 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬の元韓国代表FWカン・スイルがタイ2部のラーチャブリーに加入

▽タイ・リーグ(2部相当)のラーチャブリーFCは22日、ザスパクサツ群馬から元韓国代表FWカン・スイル(30)を獲得したと発表。メディカルチェックを通過し、正式契約を結んだ。クラブ公式フェイスブックで発表した。 ▽カン・スイルは、仁川ユナイテッドFCや済州ユナイテッド、浦項スティーラーズとプレーし、2016年1月まで済州ユナイテッドに所属。その後、無所属状態となっていたが、今年5月に群馬へとフリーで加入していた。 ▽今シーズンの明治安田生命J2リーグでは、22試合に出場しチーム最多タイの10得点と奮闘。しかし、チームは最下位に終わり、J3へと降格していた。 ▽カン・スイルはクラブを通じてコメント。新天地での意気込みを語った。 「最初私は驚いた。タイのクラブからのオファーがあり、チームに加わりたいと思った。タイのサッカーについてはあまり知りません。ただ、タイのサッカーは強いということは知っています」 「すぐにチームに適応したいと思います。いつも移籍をするたびに、僕は変わります。僕は楽しみにしています。そして最大限に、最高なものにします」 「僕はチームを助けたいと思いますし、チームもそれを望んでいるでしょう。チームを強くすること、トップチーム、またはチャンピオンにしたいです」 ▽ラーチャブリーは、2013年にタイ・プレミアリーグに昇格するも、2016年からはタイ・リーグに所属。今シーズンはタイ・リーグで6位に終わっていた。かつては、MF永里源気(2014-15)やMF村山拓哉(2016)と日本人が所属。今シーズンは浦和レッズなどでプレーしたMF赤星貴文が所属していた。 2017.12.24 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

タイリーグで八百長が発覚! 選手5名含む12名が検挙

▽タイサッカー協会(FAT)は21日、国内リーグでの八百長の疑いのため、選手5名やFIFA所属のレフェリーを含む12名が逮捕されたことを報告した。 ▽FAT会長のソムヨット・プンパンムアン氏と、国家警察長のチャクティップ・チャイジンダ氏は、この件についてメディアカンファレンスを開催。通報を受けて、容疑者に逮捕状が発行されたことを発表している。 ▽大手『ESPN』によると、ソムヨット会長は以前この疑惑について容疑者12名の詳細な情報を提供することを約束しており、カンファレンスで具体的に説明をした。伝えられるところでは、国内リーグのナビFCから4名、ナコン・ラッチャシマから1名の選手が関与。FIFAの審判と、タイリーグの審判が1名ずつで、シサケットFCのディレクターも告発されている。そして、残りの4名は投資家であると説明されており、2017シーズンのタイリーグで、4試合の八百長に関与したとみられている。 ▽ナコン・ラッチャシマは容疑にかけられた所属選手の解雇を発表しており、ナビFCも23日にはこれに続く予定であるとも、『ESPN』は伝えている。 2017.11.22 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

原口同僚のレッキーがオーストラリアを救う! タイに勝利でW杯出場は日本の結果次第《ロシアW杯アジア最終予選》

▽5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB最終節、オーストラリア代表vsタイ代表が行われ、2-1でオーストラリアが勝利した。 ▽現在勝ち点16でグループ3位につけるオーストラリアと、ここまで未勝利の勝ち点5で最下位のタイの対戦。オーストラリアは本大会出場を決めるためにも、勝ち点で並ぶサウジアラビア代表の試合前に勝って上回っておきたいところだ。 ▽大一番に向け、オーストラリアはスタメンを変更。最終ラインには横浜FMのDFミロシュ・デゲネクやDFトレント・セインズベリーを起用。また、FWティム・ケイヒルを先発で起用し、FWトミ・ユリッチ、FWトーマス・ロギッチ、MFマシュー・レッキーなど攻撃的な布陣を敷いた。 ▽一方のタイも、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップやエースのFWティーラシン、MFティーラトンを起用した。 ▽試合は6分、右サイドを崩すと中央へグラウンダーのクロス。待ち構えたムーイがシュートを放つも、惜しくも右へと外れる。 ▽タイは10分、ボックス手前中央からティーラシンが右足を一閃。しかし、これは枠の左に外れていく。 ▽オーストラリアは13分、ボックス手前中央で横パスを受けたロギッチがミドルシュート。しかし、これはGK正面でセーブされる。17分にはボックス手前からケイヒルがシュート。これは左ポストを叩くも、ボールはラインを越えない。 ▽26分には浮き球の処理を相手GKがミスすると、こぼれ球をミリガンがシュート。しかし、これはDFがブロックする。直後にはボックス手前で得たFKをムーイが直接狙うも、枠を捉えられない。 ▽40分にはムーイの浮き球のパスに反応したユリッチがボックス中央でトラップからシュート。しかし、これも枠を捉えられず。ゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半もオーストラリアが猛攻。67分には右CKからのこぼれ球を、ボックス内でコントロールしたロギッチがシュート。しかし、左ポストを叩いてしまう。なかなか均衡を破れなかったオーストラリアだったが69分、ボックス左からムーイがクロスを上げると、上手く飛び込んだユリッチがヘッドで合わせ、オーストラリアが先制に成功する。 ▽先制したオーストラリアだったが、ここからタイの猛攻に遭う。すると82分、左サイドを崩されると、最後はボックス中央で待ち構えたポックラウ・アナンに蹴り込まれ、同点に追いつかれる。 ▽なんとか勝利で終えたいオーストラリアは再び猛攻。すると86分、左CKから、こぼれ球をボックス中央でレッキーがシュート。これがネットを揺らし、オーストラリアが勝ち越しに成功。最後はこの1点を守りきり、2-1でオーストラリアが勝利した。 ▽なお、この結果オーストラリアは暫定で2位に浮上。日本がサウジアラビアに勝つか、引き分けた場合はオーストラリアがW杯出場権を獲得。日本がサウジアラビアに敗れた場合は、サウジアラビアがW杯出場権を獲得する。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">オーストラリア 2</span>-1 タイ 【オーストラリア】 ユリッチ(後24) レッキー(後41) 【タイ】 ポックラウ・アナン(後37) 2017.09.05 21:03 Tue
twitterfacebook
thumb

UAEが後半AT弾でタイと劇的ドロー! W杯出場に僅かな望みを残す《ロシアW杯アジア最終予選》

▽13日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選 グループB第8節のタイ代表(6位・勝ち点1)vsUAE代表(4位・勝ち点9)が行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽すでに予選敗退が決定しているタイと、引き分け以上でわずかにW杯出場の可能性を残すUAEの対戦となった。 ▽試合は立ち上がりから両者が攻め込む形に。UAEはオマール・アブドゥルラフマンを中心に攻め込み、アリ・マブフートがゴールを目指すも得点を奪えない。 ▽タイもセットプレーからゴールを脅かす。やや離れた位置で得たFKを、ペーレパット・ノテチャイヤが左足で直接狙うも枠を外してしまう。 ▽ゴールレスで後半を迎えると、タイが先制する。69分、左サイドを崩すと、ボックス左からのグラウンダーのクロスをGKがファンブル。こぼれだまをモンコール・トッサクライが押し込み、タイが先制する。 ▽先制を許したUAEは僅かな望みをつなぐために猛攻。すると後半アディショナルタイム3分、ボックス手前でイスマイル・マタールがヘディングで落とすと、アリ・マブフートがボックス中央から右隅に流し込み劇的ゴール。1-1のドローに終わり、UAEは残り2試合に僅かな望みをつないだ。 タイ 1-1 UAE 【タイ】 トッサクライ(後24) 【UAE】 マブフート(後48) 2017.06.14 11:10 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース