【原ゆみこのマドリッド】十八番を奪われた…2017.04.25 12:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「毎節、ハラハラすることになりそう」そんな風に私が溜息をついていたのは月曜日、クラシコ(伝統の一戦)から一夜明け、レアル・マドリーとバルサのこの先のカードを見た時のことでした。いやあ、いくら勝ち点で並んだ後者が直接対決の結果、この週明けは首位の座にいようとも、順延となったセルタ戦の分、残り試合が1つ多いマドリーが切り札を握っているのは変わらないと思うんですけどね。ただし、お隣さんとCL準決勝を戦うことになった彼ら同様、ヨーロッパリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに立ち向かうセルタも暇な週がまったくないため、その試合は5月17日、リーガ最終節直前のミッドウィーク開催になりそうだというのはともかく、バルサが残り5試合に全勝した場合、マドリーに許されるのは7試合で6勝1分けのみ。

▽その間、アウェイでデポルティボ、グラナダ、セルタ、マラガ、ホームでバレンシア、セビージャと戦う訳ですが、バルサだって、カンウ・ノウでのオサスナ、ビジャレアル、エイバル戦、スパニョールのホームでのカタルーニャダービー、ラス・パルマス遠征とくれば、なかなかどうして、全部に勝つというのは難しいかと。うーん、向こうにとって、災い転じて福となすのは先週、CL準々決勝2ndでユベントス相手に逆転突破が叶わず、5月からのミッドウィークがポッカリ空くこと。逆にマドリーには頭の痛いヨーロッパ・マドリーダービーがあるため、その分、体力の消耗が激しいんですけどね。更にシーズン終盤にありがちなことで、途中でポツポツとどちらかが負けたり、引き分けたりする可能性も捨てきれないため、そうなると状況も変わっていくはずで…ええ、これってリーガ戦があるたび、時間刻みに一喜一憂しなきゃいけないってことじゃないですか。

▽まあ、そんなことはともかく、先週末、一足先にプレーしたのはアトレティコで、土曜にバルセロナに乗り込んでのエスパニョール戦。うーん、こちらはファンフラン、ブルサリコの負傷欠場による本職右SB不在を補ったのがCBのヒメネスで、CL準々決勝2ndレグでのボランチに続いて、マルチタレントぶりを発揮していたぐらいしか、双方無得点だった前半について報告することはないんですけどね。そのままでは前日、グラナダに勝利して、勝ち点で並ばれたセビージャに差をつけられないと、シメオネ監督も思ったんでしょうね。後半頭からFWのフェルナンド・トーレスに代え、MFのトマスを投入。「Buscaba mas gente llegando de segunda linea/ブスカバ・マス・ヘンテ・ジェガンドー・デ・セグンダ・リネア(2列目から敵ゴールに迫る選手を探した)」そうですが、え、それってこのところ、中盤まで降りて来てプレーしていることの多いグリースマンのことだった?

▽だってえ、後半27分、レスター戦で学んだか、敵エリア内にボールを放り込むヒメネスのロングスローインをキッカケにして、サウルのシュートが逸れたところ、最後にそれをゴールに蹴り入れてくれたのはグリースマンだったんですよ。その2分後には、前節は後半ロスタイムにシュートを決めて、マドリッドの新弟分、レガネスを0-1の敗戦に追い込んだレオ・バチストンの至近距離からの一撃をGKオブラクがparadon(パラドン/スーパーセーブ)。「スペイン語で上手い言い方を知らないけど…digamos que la pare con el corazon/ディガモス・ケ・ラ・パレ・コン・エル・コラソン(ハートで止めたといったところかな)」(オブラク)というプレーのおかげもあって、アトレティコはそのまま0-1で勝利することに。

▽実際、自慢できるような華々しい試合ではありませんでしたが、先週はイングランド遠征をしたせいもあって、彼らも疲れていましたからね。勝ち点3は勝ち点3なので、別にいいんですが、やっぱりその翌日、あのクラシコのような一戦を見せられると、アトレティコにメッシはいないという現実がひしひしと迫ってくるばかり。いえ、ヒメネスなど、「ロナウドは他と違う選手。Sabemos lo que es, de su potencial fisico, pero tambien sabemos como pararlo/サベモス・ロ・ケ・エス、デ・ス・ポテンシアル・フィシコ、ペロ・タンビエン・サベモス・コモ・パラールロ(どんなに凄いか、フィジカルが強靭なのも知っているけど、止め方もわかっている)」と、来週からのCL準決勝にまったく引け目を感じていないようでしたが、繰り返します。いくら相手を零点に抑えても、アトレティコにはメッシのような点の取り方ができるFWはいないんです!

▽そう、先日のCLバイエルン戦に続き、スタジアム周辺に集結した大勢のサポーターのお出迎えを受けたマドリーは開始2分、ウムティティにクリスチアーノ・ロナウドがエリア内で倒されながら、ペナルティをとってもらえないという不運から始まりましたが、前半28分にはクロースのCKがクリアされたボールが戻ってきて、最後はカセミロがゴールを決めて先制点をゲット。ただそのリードはたった5分しか続かず、序盤にマルセロのcodazo(コダソ/肘打ち)を喰らい、しばらく止血のため、ガーゼを口にくわえてプレーしていたメッシが人間離れした個人技で同点に。ええ、前をふさぐカルバハルを問題にせず、易々シュートを決めているのですから、まったく恐ろしいじゃないですか。

▽その後、38分にはここ2試合、ふくらはぎ痛でお休みしていたベイルが故障を再発。代わりにアセンシオが入るというアクシデントはありましたが、前半は1-1のまま終了します。そして後半しばらく、ケイロル・ンバスとテア・シュテーゲンが互いに好セーブを競い合っていましたが、それだけに27分にラキティッチがエリア前から撃ったシュートがいきなりゴールになった時には誰もが呆然することに。ええ、丁度、バルサの選手が祝っているのと同じでサイドでアップ中だったモラタなど、よっぽど悔しかったでしょうか。口に含んだ水をジョルディ・アルバに向かって吐きかけるなんて真似をしていて、双眼鏡でたまたま見ていた私も我が目を疑ったんですが、ここはremontada(レモンターダ/逆転劇)の殿堂、サンティアゴ・ベルナベウですからね。残り15分以上もあるとなれば、何があってもおかしくないと思っていたところ…。

▽根性のレモンターダ精神の体現者である、奇跡の後半ロスタイム3分ヘッドという特技を持つ男、セルヒオ・ラモスが一発レッドで退場しちゃったんですよ!それは34分、いえ、当人は後で「Lo he visto ya 70 veces antes de salir aqui a hablar/ロ・エ・ビストー・ジャー・セテンタ・ベセス・アンテス・デ・サリール・アキー・ア・アブラル(出て来て話す前にもう70回はビデオを見たよ)。ボクのタックルはタイミングが遅かったのは確かだけど、相手に触ってない。メッシが跳んだんだから。自分の解釈ではイエローカードだ」と言い張っていましたけどね。

▽その一方で、「se ha ido cabreadisimo porque queria ayudar al equipo/セ・ア・イドー・カブレアディシモ・ポルケ・ケリア・アジュダール・アル・エキポ(チームを助けたかったから、カンカンになってピッチから出て行った)」(マルセロ)際、積りに積もっていた不満をラモスが爆発させ、「Habla, habla ahora!/アブラ、アブラ・アオラ(今、言えよ)」と、これまでの誤審疑惑発言にせいで八つ当たりされていたピケなどは,「la roja es clara, va con los dos pies por delante/ラ・ロハ・エス・クラーラ、バ・コン・ロス・ドス・ピエス・ポル・デランテ(レッドカードは明らか。両足を上げてタックルしたんだから)」と断言。ただ、あのファールが退場にふさわしいかどうかは、専門家の間でもマドリディスタかバルセロニスタかによっても意見が分かれるところなので、私には何とも。

▽でもねえ、逆境に燃え上がるのはラモスだけでなく、マドリーに深く染み付いた習性のようなもので、その後の彼らは怒涛のカウンターの攻勢を発動。ボールが行ったり来たりする目まぐるしい展開になりましたが、白いユニフォームが敵ゴールのfondo sur/フォンド・スール(南側スタンド)に向かって行く時の速いことといったらもう!そんな時に「アトレティコにこれが止められるんだろうか」と考えていた私も自分でどうかと思うんですが、その集大成は40分。マルセロのクロスをベンゼマと交代で入っていたハメス・ロドリゲスが流し込み、今回のクラシコでのマストだった同点に持ち込んでしまったとなれば、もう感嘆するしかないじゃないですか。

▽え、でも結局はそのレモンターダ精神が仇となったんじゃないかって?そうですね、後でジダン監督も「Cuando logras el 2-2 con diez hay que tener un poco mas de cabeza/クアンドー・ログラス・エル・ドス・ア・ドス・コン・ディエス・アイ・ケ・テネール・ウン・ポコ・マス・デ・カベッサ(10人で2-2に持ち込んだ時、もうちょっと頭を使うべきだった)」と反省していましたけどね。「3点目が取れると思い、危険は承知で高い位置でプレスをかけ続けた」マドリーは最後の最後で超強烈なしっぺ返しを喰らうことに。ええ、すでに時間はロスタイム、敵ゴール近くでのスローインから、速攻を許し、セルジ・ロベルトがバルサのカンテラーノ(ユース組織出身の選手)の意地を見せるがごとく、ピッチを全力疾走で縦断。

▽もちろん、後でロナウドも「Haz falta!/アス・ファルタ(ファールしろよ)」と怒っていたように、ムザムザ行かせてしまったモドリッチやマルセロもいけないんですが、アンドレ・ゴメス、ジョルディ・アルバと繋がれたボールが最後にメッシに渡ってしまったのが、それこそ運の尽きだったかと。そう、自身その日2点目、バルサで通算500得点目となるゴールが決まり、当人がユニフォームを脱いでマドリーファンが座っているスタンドにネームを掲げている間に試合は終わってしまいましたっけ。いやあ、「Hemos ganado 2-3 y a su estilo/エモス・ガナードー・ドス・ア・トレス・イ・ア・ス・エスティーロ(ウチは彼らの流儀で2-3にして勝った)」とルイス・エンリケ監督は試合後の会見で胸を張っていましたけどね。

▽私なども逆の光景は見慣れているものの、マドリーが土壇場に負けてしまうなんてのはまったくの想定外。これまでサンティアゴ・ベルナベウで奇跡のレモンターダの犠牲者になったチームの気持ちがようやくわかったような気がしましたが、それにしたって、心配なのは午前零時近くになって、やっとミックスゾーンに姿を現したラモスとピケの舌戦がこれまで以上にエスカレートしていたこと。いえ、前にもつつき合いはあったんですが、さすがにクラシコ5回目の退場は堪えたんでしょうかね。「En el Bernabeu estan acostumbrados a arbitrajes muy permisivos/エン・エル・ベルナベウ・エスタン・アコストゥンブラードス・ア・アルビトラヘス・ムイ・ペルニシーボス(ベルナベウでは寛容なジャッジに慣れているからね)」と皮肉を言い、先に帰っていたピケに対し、「Permisivo fue lo del PSG/ペルミシーボ・フエ・ロ・デル・ペーセーヘー(寛容だったのはPSG戦だろ)」ってそれ、違う大会混ぜてるし。

▽曰く、「文句を言うのは審判にプレッシャーを与える方法。それがジャッジする時に影響することもある。別にピケと仲が悪い訳じゃないけど、クラシコの後で抱擁をかわすなんてことは頼まないでほしい」そうですが、いや、今日のあなたはもうピッチにいなかったでしょ。いやあ、どうにもここまでこじれると、この先のスペイン代表が心配されますが、それはまた6月に考えればいいこと。今は、結局マドリッドには来ず、似たような仕草を退場後にして課された3試合の出場停止、2試合目をおとなしく済ますことにしたネイマール同様の処分がラモスに出るかどうかはわかりませんが、次節の出場停止は確実で、バルサ戦の終盤同様、マドリーのCBがナチョ1人になってしまった現状を憂いるべきかと。

うーん、これってアトレティコなど昨今、各所の人手不足でピッチにCBが4人いることも珍しくないのとは真逆ですけどね。肋骨骨折のペペはともかく、ここは水曜午後9時30分(日本時間翌午前4時30分)からのデポルティボ戦までに、せめてバランがプレーできるようになるのを祈るばかりかと。ベイルのケガの程度はまだわかりませんが、そちらはアセンシオやイスコ、ハメスといった質の高い代替要員には欠かないため、やっぱりマドリーの課題は前節もレアル・ソシエダに0-1で惜敗して、残留争いからなかなか抜け出られない相手の必死の攻撃をどうかわすかでしょうか。

▽そしてアトレティコの方は火曜の午後9時30分、ビセンテ・カルデロンにビジャレアルを迎えるんですが、どうも最近、このパターンが常態化していますよね。相手は土曜にバカンブが手で入れた後半ロスタイムのゴールが決勝点として認められ、レガネスに2-1で勝利。またしても兄貴分の貫録を示さないといけないんですが、エスクリバ監督が「Como equipo, el Atletico es el mejor de Espana/コモ・エキポ、エル・アトレティコ・エス・エル・メホール・デ・エスパーニャ(チームとして、アトレティコはスペインで一番いい)」と褒めてくれていたのは、メッシのタレント満開の活躍を目の当たりしたばかりの身には嬉しい限りだったかと。

▽ようやくガメイロやチアゴら、負傷で離脱していた選手たちも少しずつ戻ってきていますしね。取り柄の堅い守備力を最大限に発揮して、最少得点差の地味なゲームでも、とにかく今週は3位死守に尽力してほしいものです。一方、レガネスは水曜にラス・パルマス戦ですが、いくら降格圏のオサスナ、グランダ、スポルティングがほとんど勝ち点を増やしてこないと言っても油断は禁物。もし残留できたとしても、たったの27ポイントではあまりに情けないですし、もちろんツキもありますが、せめて土壇場では負けないという意地を選手たちが持ってくれませんかね。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している

コメント

関連ニュース

thumb

【原ゆみこのマドリッド】コパの方が大事になってる…

▽「聞いた? ジエゴ・コスタが全治10日だってさ」そんな風に私が話しかけられたのは日曜日、金土日とマドリッドにあるスタジアムで試合が続いた20節、毎日顔を合わせていたオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)のレポーターとサンティアゴ・ベルナベウのプレス用スタンドで遭った時のことでした。いやあ、もうその情報は家を出る前、スポーツ紙のウェブページで見て呆然、自宅前のキオスクでも店仕舞い中だったアトレティコファンの販売員さんからも言われていたんですけどね。年が明けてようやくCLグループリーグ敗退のショックも薄らぎ、FIFA処分が済んで、コスタとビトロの新戦力もプレー解禁。リーガは首位との勝ち点差は大きいものの、堂々2位だし、コパ・デル・レイも準々決勝まで来たしと浮かれていた日々がこんなにも早く終わってしまうとは一体、誰が想像したことでしょう。 ▽いえ、レポーターのお兄さんは「大丈夫、まだヨーロッパリーグがあるよ。決勝はリヨンだし」と慰めてくれたんですけどね。そりゃあ確かにお隣さんともバルサとも当たらないELなら、アトレティコにも優勝の可能性はあるでしょうし、今季のCL決勝はウクライナのキエフですから、フランスの方が行きやすくて好都合。とはいえ、決勝トーナメントが始まるのは2月の中旬、それもワンダ・メトロポリターノで閑古鳥が鳴くのが容易に想像できる32強対決のコペンハーゲン戦から始まって、組み合わせによってはドルトムントやナポリ、アーセナルといったビッグネームとも当たりかねない8試合もの長い道のりを経ないと、5月16日の決勝には出られないんですよ。 ▽それだけに私もあまり楽観的にはなれないんですが、まあ、それはそれ。とりあえず、先週末のマドリッド勢がどうだったか、お伝えしておかないと。先陣を切ったのは弟分のヘタフェで、2週連続の金曜試合でコリセウム・アルフォンソ・ペレスにアスレティックを迎えたところ、2回リードされながら、ホルヘ・モリーナのPKとアンヘルのゴールで追いついて、最後は2-2の引き分けに。この試合も実況を担当していたオンダ・マドリッドのお兄さんは、「ガクはもっとピリッとしないと」と柴崎岳選手のプレーに注文をつけていましたが、次節、日曜のセビージャ戦ではエースのモリーナが累積警告で出場停止になりますからね。先発の座は保証されているんじゃないかと思いますが、アマトがレクエとの接触プレーで歯を4本折ったという知らせもあり、モンテッラ新監督の元、調子が上がってきた相手だけにサンチェス・ピスファンでの対戦はちょっと心配ではあります。 ▽そしてご近所さん同様、日曜正午にアウェイでアラベスと対戦したレガネスも2点をリードされた後、ガブリエル・ピレスのPKと終了間際に生まれたサルドゥアのゴールで2-2と引き分けたんですが、何せ、先週ミッドウィークのコパ準々決勝1stレグでバレンシアに2-1と敗れたアラベスもですが、レガネスもレアル・マドリーとのブタルケでの一戦に0-1と敗れ、今週の2ndレグでは総力を挙げてremontada(レモンターダ/逆転)に取り組まないといけないですからね。とりわけ現在、降格圏まで勝ち点9と比較的、リーガでの状態が落ち着いているため、ガリターノ監督など、サンティアゴ・ベルナベウではレギュラー陣を投入、大先輩を驚かせるべく、秘策を練っているはずかと。次節は同じくコパ準々決勝1stレグで1-0とバルサに先勝、この木曜にはカンプ・ノウでこの僅差を守れても守れなくても精根尽き果てることは確かなエスパニョールが相手なのも、レガネスがマドリー戦に集中できる理由になりますかね。 ▽一方、コパ日程の関係でリーガの開催日をお隣さんと入れ替えたアトエティコは土曜日、ワンダでジローナ戦となったんですが、実はこの相手には、いきなりストゥアーニが2点を挙げ、最後は2-2で勝ち点2をもぎ取られたというシーズン開幕戦の苦い思い出が。それだけにシメオネ監督も「No podemos repetir el primer tiempo que hicimos allí/ノー・ポデモス・レペティル・エル・プリメール・ティエンポー・ケ・イシモス・アジー(あそこでの前半を繰り返す訳にはいかない)」と、選手たちに言い含めていたのが効いたのか、この日は逆にハーフタイム前に得点することに成功。ええ、34分にエリア内でグリーズマンが地面から押し出したボールをトマスが上げ、コスタが頭で落としたところ、今度はゴール右前に来ていたグリーズマンがvolea(ボレア/ボレーシュート)で決めてくれます。 ▽ただ前回、手こずった敵の5バックに対抗するため、自らもサビッチ、ヒメネス、リュカの3CBにカラスコとベルサイコを左右にカリレーロ(長い距離をカバーするSB)として配置したのも功を奏し、ストゥアーニが出場停止だったジローナの攻撃を抑えていたのもあって、「en el segundo con el correr de los minutos nos empezamos a confiar de la situación/エン・エルセグンド・コン・エル・コレール・デ・ロス・ミヌートス・ノス・エンペサモス・ア・コンフィアール・デ・ラ・シトゥアシオン(後半、時間が経つにつれ、ウチは戦況を過信してしまった)」(ヒメネス)のが悪かったんですかね。15分にコスタがガメイロに代わったのは、シメオネ監督も「内転筋に痛みがあって、ケガを避けたかった」と言っていた通り、というか、翌日には時すでに遅しだったことが判明したんですが、25分にはグリーズマンまで下げ、早々と守りの態勢に入ってしまったのが、この日は裏目に出ることに。 ▽え、でもまさか、監督にも「uno de los mejores futbolistas del futbol espanol/ウノ・デ・ロス・メホーレス・フトボリスタス・デル・フトボル・エスパニョル(スペインサッカーで最高の選手の1人)」と評価されているコケがピッチに入るなり、先週のセビージャ戦1stレグで失点のキッカケとなったボールロストに続いて、あんな大ポカをするなんて一体、誰に予想できただろうって? ですよねえ、それは27分、ジローナのアダイが放ったFKはGKオブラクが弾いたものの、コケが2度に渡り、クリアボールを敵に贈っているんですから、開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。実際、エリア内右奥から蹴り上げた方はどう見ても完璧なクロスで、ベルナルドが頭で落とし、ポルトゥのフィニッシュで1-1の同点になってしまった時はもう、当人だってスペイン代表を辞退したくなったのでは? ▽結局、そのままジローナとは今季2度目の引き分けに終わったアトレティコでしたが、いえ、昇格したばかりの向こうが、「凄いチーム相手に難しいスタジアムで、勝利の味のするnos llevamos un punto importantisimo/ノス・ジェバモス・ウン・プント・インポルタンティシモ(重要極まりない勝ち点1をボクらは奪った)」(ポルトゥ)と胸を張っていたのは当然なんですけどね。何とも解せないのは、やはり1点リードしながら、追いつかれ、逆転までされたセビージャ戦に続き、得意の逃げ切りに失敗したにも関わらず、シメオネ監督が「Nosotros segun ustedes estamos muy mal y segun yo, estamos bien/ノソトロス・セグン・ウステデス・エスタモス・ムイ・マル・イ・セグン・ジョ、エスタモス・ビエン(君たち、記者によるとウチの状態はとても悪いが、自分にとってはいい)」と開き直っていたこと。 ▽うーん、確かにあのコケのミスさえなければ、勝てていたのかもしれませんけどね。これで首位バルサとの差が勝ち点11と更に開いたのは元々、9ポイントだって、ほとんど逆転優勝の目はないため、別にいいとはいえ、決してセビージャ戦2ndレグを前に勇気づけられる結果ではなかったかと。そこへ、「Esta claro que siempre que Costa no esta en el terreno de juego afecta/エスタ・クラーロ・ケ・シエンプレ・ケ・コスタ・ノー・エスタ・エン・エル・テレーノ・デ・フエゴ・アフェクタ(コスタがピッチにいないのはいつだって明らかに影響がある)」とリュカも言っていた、すでに復帰して3ゴールを挙げている頼りの点取り屋が、チケット完売のサンチェス・ピスファンで最低でも2点は取らないと逆転突破できない、火曜午後9時30分(日本時間翌午前5時30分)からの試合に出られないとなったら、もう何を期待したらいいのか。 ▽いえ、それでも棄権はできないため、月曜のマハダオンダ(マドリッド近郊)のシュダッド・デポルティバ・ワンダではシメオネ監督がGKモヤ、ベルサイコ、ヒメネス、ゴディン、リュカ、コケ、サウール、ガビ、カラスコ、コレア、ガメイロ、フェルナンド・トーレス、グリーズアンら、13人を集めて、作戦を練っていたようですけどね。セビージャは土曜のエスパニョール戦でも0-3で勝利と攻守共に回復してきたようですし、何よりベリッソ監督が去って、中盤にエンゾンジが復帰したのが脅威。また3回もパスが続かないようなアトレィコだったりすると、思いっきり返り討ちに遭いそうなのは怖いですよね。 ▽そして、そんな彼らとまったく好対照なリーガ戦を披露したのがマドリーだったですが、日曜のサンティアゴ・ベルナベウでは私も久々のgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)を目撃。うーん、前半23分、スローインからアンドネが繋ぎ、ルーカス・ペレスのラストパスをアドリアンが決めて、デポルティボが先制した時には昨年最終戦のクラシコ(伝統の一戦)以来の悪いホームゲームの流れがまだ、続いているように見えたんですけどね。この日は伏兵、今季は同僚が代わる代わる負傷するせいもあって、不動のレギュラーと化しているナチョが反撃の狼煙を上げます。32分、同点を求めて、デポルティボのエリアを包囲していたマドリーだったんですが、彼がマルセロの折り返しを撃ち込んだところ、ボールがゴール前の密集陣を抜けてネットに突き刺さったから、昨今、フラストレーションを溜めていいたスタンドのファンもどんなにホッとしたことか。 ▽続いて42分にはマルセロが上げたクロスをベイルが美しい弧を描くシュートで決め、勝ち越してハーフタイムに入った彼らでしたが、本当のショウが始まったのは後半のこと。ええ、13分にクロースのCKを誰より高く跳んだベイルがヘッドで沈めると、「a partir de su tercer gol nos hemos venido abajo/ア・パルティル・デ・ス・テルセール・ゴル・ノス・エオス・ベニードー・アバッホ(3点目以降、ウチは下を向いてしまった」(アドリアン)と言うように、デポルティボが諦めてしまったせいもあるものの、その10分後にはクリスチアーノ・ロナウドのtaconazo(タコナソ/ヒールキック)を受けたモドリッチがエリア前から決めてくれます。そのロナウドも33分にはカセミロのクロスをワンタッチで叩き込み、ゴール祭りに参加。ただ彼の場合、その6分後にもルーカス・バスケスの送ったボールに頭を合わせ、自身2点目を奪ったんですが…。 ▽気の毒にもクリアしようと足を出したシェルに蹴られ、左目の横に1センチ以上あろうかという切り傷を負ってしまったんですよ。おかげで顔面血まみれになった当人もチーム医のスマホのカメラで自分でも確認していましたが、婦女子のファンには映像的にあまりにショッキングすぎると思ったんでしょうかね。すでにチームは交代枠を使い果たしていたものの、点差も点差ですし、そのままロッカールームに戻ることに。そちらで3針程、縫う破目になったそうですが、大丈夫。10人しかおらずとも43分にはCKからナチョが締めのゴールを決めて、マドリーは7-1の大勝です。 ▽いやあ、これにはジダン監督も「Los jugadores necesitaban un partido asi/オス・フガドーレス・ネセシターバン・ウン・パルティードー・アシー(選手たちにはこういう試合が必要だった)」と満足を表していましたが、実は1人だけ、この日はワリを喰ったメンバーがいて、それはクラシコでのケガが治って、久々に出場したベンゼマ。マジョラルに代わり、後半19分にピッチに入ったんですが、まさか何もしないうちからpito(ピト/ブーイング)を受けるとはこれいかに。今週は契約更改の約束をペレス会長に果たしてもらえず、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍希望が報じられていたロナウドがチャンスに失敗した時すら、拍手で励まされていたのとは対照的でしたが、まあ、マドリーファンにも好き嫌いはありますからね。その辺は今週、先発となるであろうコパのレガネス戦2ndレグで名誉挽回を図るべく、ベンゼマ自身に努力してもらう他ないかと。 ▽え、「感触はいいけど、まだ100%じゃない。少しずつ最高のフォームを取り戻していくつもりだよ」と試合後、言っていたベイルの2得点は当然の活躍のような気もするけど、DFながら、今季これで4ゴールとしたナチョには脱帽してもいいんじゃないかって? そうですね、当人も「Si es muy dificil para los de arriba, imaginate para los de atrás/シー・エス・ムイ・ディフィシル・パラ・ロス・デ・アリバ、イマヒナテ・パラ・ロス・デ・アトラス(前線の選手でも難しいんだから、後ろのボクらがどうだか想像してみてよ)」と笑っていましたが、もしやこの先、マドリーではリーガ次節のバレンシア戦で復帰予定のセルヒオ・ラモスと熾烈なDF得点王争いが繰り広げられることになるかも。 ▽何にしろ、水曜午後9時30分からのレガネス戦ではバジェホが1stレグで太ももを負傷、全治4~6週間になってしまったため、ナチョの皆勤状態も続くはずですが、その他ではこのデポルティボ戦に出場しなかったイスコやアセンシオらがスタメン入りする可能性が高いかと。残念ながら、セバージョスは練習中に足首をネンザして出られませんけどね。何はともあれ、リーガはマドリーも4位をキープしたものの、首位とは勝ち点差19ですし、どちらが勝ち抜けることになってもマドリッド勢が1つはコパ準決勝に残るのは、私にとってありがたいことです。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.01.23 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】こうまで試合が続くのは珍しい…

▽「お昼時に見たい映像じゃないのに」そんな風に私が眉をしかめていたのは金曜日、ラス・ムサス駅前のベンチから、清掃員が血まみれの衣服を拾ってゴミ袋に入れているシーンがどのチャンネルのスポーツニュースでも映るのにうんざりしてのことでした。というのもワンダ・メトロポリターノでコパ・デル・レイ準々決勝1stレグがあった水曜日、メトロ(地下鉄)7号線エスタディオ・メトロポリターノ駅の1つ手前、スタジアムに至る道のりにお店が並んでいる通りがあり、こちらから歩いて行くファンも多いエリアで傷害事件が発生。キックオフ20分前にとあるバル(スペインの喫茶店兼バー)にいた22歳のスペイン人がナイフで3カ所を刺され、助けを求めて警察に保護されたのがそこだったから。 ▽被害者の方は一命を取りとめたそうなので、不幸中の幸いだったんですが、すぐに捕まった犯人は元フレンテ・アトレティコ(過激なファングループ)の一員。それも1998年にビセンテ・カルデロン周辺でレアル・ソシエダのファンが殺害された時にも容疑者の1人とされ、2005年に不振を極めていたチームに抗議するため、当時、リバプール移籍前のフェルナンド・トーレスもいたマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場に柵を破って侵入した集団にもいた人物だったとか。おまけにここ10数年、強盗などの罪で服役し、釈放されてたったの6カ月しか経っていなかったというのには言葉もありませんが、おかげでまたしてもウルトラたちの蛮行がクローズアップされてしまったのは何とも嘆かわしいかと。 ▽ええ、同じ水曜遅くに行われたコパ、エスパニョールvsバルサ戦でもRCDEスタジアムへの入場を断られた一団がスタジアム外でbengala(ベンガラ/発煙筒)を炊いて大騒ぎ、警官隊と揉み合っていましたしね。アトレティコが迎えたセビージャも先日には練習場にビリス(過激なファングループ)の訪問を受けて、どうにも落ち着きませんが、いくら取り締まってもこういう類いの人たちはサッカー周辺から消えないよう。自分としてもできるのは、そういう騒動にぶつからないことを祈るぐらいしかないんですが、それも運次第としか言えなくって…スペインに試合観戦に来るファンにとって、何のアドバイスにもならないのが申し訳ないです。 ▽まあ、そんなことはともかく、今週のミッドウィークは私もコパ三昧。マドリッド勢が3チームも準々決勝に残っているため、連夜のスタジアム通いとなったんですが、格下相手だった16強対決とは違い、どちらも大勢の観客を集めての試合となりました。ちなみに水曜のアトレティコvsセビージャ戦は5万1000人とかつてのビセンテ・カルデロンなら、ほぼ満員になる数字で、木曜のマドリーミニダービーとなったレガネスvsレアル・マドリー戦は1万1000人と、こぶりなブタルケはスタンドから人が溢れんばかり。結局、ソシオ(協賛会員)に先行販売した後、当日券が80枚ばかり出たそうですが、やはり一般のファンにとっては狭き門だったかと。 ▽ただ、どちらも結果から言うと、残念なもので、アトレティコなど、グリーズマンとFIFA処分明けで1月からプレーできるようになったジエゴ・コスタ、ビトロ、シメオネ監督待望の黄金コンビが初めて揃い踏みしたんですけどね。期待たがわず、前半13分にはCKからコスタがヘッドでゴールを決めたんですが、残念ながら、グリーズマンがGKセルヒオ・リコにぶつかったとして、ファールでゴールが認められず、続くコスタの一撃もリコにparadon(パラドン/スーパーセーブ)される始末。更に彼にはゴール前の揉み合いでメルカドにユニフォームを破られながら、ペナルティを取ってもらえない不運もあったんですが、セビージャもコレアの1対1やエスクデーロの意表を突くロングシュートをGKモヤに阻まれ、先制点を奪うことはできません。 ▽それでもスコアレスドローで迎えた後半28分、クリアされたCKをカラスコが撃ったボールが敵DFに当たって逸れ、そのこぼれ球をコスタがゴールしてとうとうアトレティコが1点を入れたんですよ! ところが35分、途中出場のヘスス・ナバスのクロスがリュカに当たって軌道が変わったため、モヤも慌ててしまったんでしょうかね。ボールは枠の外に向かっていたにも関わらず、手を伸ばして弾こうとして、オウンゴールにしてしまったから、場内も呆気に取られたの何のって。 ▽ええ、これにはサウールなども「El gol del empate fue muy doloroso, de rebote, nos hizo mucho dano moralmente/エル・ゴル・デル・エンパテ・フエ・ムイ・ドローロ、デ・レボテ、ノス・イソ・ムーチョ・ダーニョ・モラルメンテ(同点ゴールはとても痛かった。リバウンドだったし、士気的に凄く影響した)」と言っていたんですが、だからって、「Hemos perdido la cabeza/エモス・ペルディードー・ラ・カベッサ(ボクらは考える頭を失ってしまい)、やみくもに2点目を取りにいった」なんて、ちょっとお。コパは180分間で決着がつくのを忘れていた? ▽うーん、思うにこれにはこの日のアトレティコが先発のアタッカートリオに加え、ベンチにはコレア、カラスコ、トーレス、ガメイロとやたらFW人口が多め。おかげでハーフにはビトロをコレアに、後半22分にはグリーズマンをカラスコへと太っ腹に代えたシメオネ監督は更に、同点になった後もコケに代えてトーレスを投入し、攻めに出たんですが、これまでのパターンだったら、ここはヒメネスで中盤の守備強化だったかと。ついつい豊富な攻撃陣に誘惑され、コケ、サウール、ガビらMFたちがまったく役に立っていなかったことに目をつむってしまったというところでしょうが、そんな彼らを最悪の災難が襲ったのは43分。 ▽それは昨今のアトレティコには珍しいCB陣のダブルミスからで、センターからバネガが頭で戻したボールをゴディンがベン・イェデルに競り負け、落ちた先でサビッチもクリアし損ねてセビージャのコレアがゲット。最後はモヤも破られて、2点目を取られてしまったとなれば、もうどうしたらいいものやら。残り時間もなく、そのまま1-2で逆転負けしてしまったんですが、いやあ、まさか昨季最後のリーガ戦後、ベリッソ監督を解任。モンテッラ監督をイタリアから呼んだものの、ベティスとのアンダルシアダービーにホームで3-5とやられ、続くアラベス戦にも負けて、絶不調と言われていた相手が息を吹き返す勝利を与えるとは、まったくお人よしにも程があるってもんじゃありませんか。 ▽まあ、嘆いても後の祭りで、こうなったら来週火曜の2ndレグ、すでにチケット完売のサンチェス・ピスファンでremontada(レモンターダ/逆転劇)を目指すしかないんですが、ファンフランは「No es la primera vez que hemos ido a Sevilla y hemos ganado tanto en Liga como en Copa/ノー・エス・ラ・プリメーラ・ベス・ケ・エモス・イドー・ア・セビージャ・イ・エモス・ガナードー・タントー・エン・リーガ・コモ・エン・コパ(ウヒがセビージャで勝ったのはリーガもコパも初めてじゃない)」とは言っていたものの、ホームで1-2負けからの逆転突破はクラブ史上、これまで1回のみ。それを考えると、かなり厳しそうですが、今はもう土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)からのジローナ戦に頭を切り替えないと。何せ、ワンダのオープンが遅れ、開幕からアウェイが3試合続いたシーズン序盤と逆にここから、リーガはホーム3連戦ですからね。フィリペ・ルイスにまたケガが見つかり、リュカが出づっぱりというのもちょっと心配ですが、首位バルサとの勝ち点差9を少しでも縮められるよう、全力を尽くしてほしいものです。 ▽そして木曜、午後9時30分という遅いキックオフだっただけに、帰りはセルカニアス(国鉄近郊路線)の終電に間に合わず。それでもグーグルマップを見ながら、サン・ニカシオ駅まで20分程歩けばメトロスール(地下鉄南線)はまだあるからと、観念してブタルケに向かった私でしたが、マドリーのBチームも相変わらずパッとしませんねえ。いえ、開始14分でCBバジェホが負傷、コパ32強対決フエンラブラダ(2部B)で退場したのに続き、せっかくのチャンスを利用できず、ナチョと代わる破目になったのは気の毒でしたけどね。レガネスは元々、しっかりした守りに定評のあるチームなんですが、ボールは支配していたマドリーだったものの、先発したマジョラル、アセンシオ、ルーカス・バスケス、セバジョスらでは上手く攻め込むことができず、前半のチャンスなど、コバチッチがGKシャンパンとの1対1で不可思議にも枠を外してしまった時ぐらいでしたっけ。 ▽だからといって、お隣さんとは対照的にケガの直ったベンゼマも含め、BBCを招集しなかったジダン監督のチームの控えにはFWが1人もいませんでしたしね。さすがに0-0のまま、後半半ばにもなると、セバジョスをモドリッチにしてみたんですが、すると対するガリターノ監督も勝負に出ます。そう、24分には現在、チームで一番調子のいいアムラバットを入れ、攻勢をかけたところ、ボービューが至近距離からvolea(ボレア/ボレーシュート)。残念ながら、これはGKカシージャに弾かれてしまったため、勝負は来週水曜のサンティアゴ・ベルナベウに持ち越されるかと、スタンドを埋めたサポーターたちも思ったんですが…いやあ、才能ある選手というのは本当に油断がなりませんよ。 ▽そう、残り1分、途中出場したイスコが始めたプレーから、左SBのテオがクロスを上げると、アセンシオがゴール右前、ティトに先んじてボールのコースを変えてゴール。これで0-1と、マドリーが土壇場で勝利をモノにしたんですが、ガリターノ監督も「ベルナベウでチャンスを探す。Allí daremos todo lo que tenemos/アジー・ダレモス・トードー・ロ・エ・テネモス(そこで我々の持つ全てを出すつもりだ)」と言っていた通り、安心とは程遠い結果だったのも事実だったかと。 ▽いえ、ジダン監督は「Este triunfo es un punto de inflexión para seguir y sacar dos, tres o cuatro partidos adelante/エステ・トリウンフォ・エス・ウン・プント・デ・インフレクシオン・パラ・セギール・イ・サカール・ドス、トレス・オ・クアトロ・パルテイードス・アデランテ(この勝利が先の2試合、3、4試合に勝ち続ける分岐点になるだろう)」と楽観的でしたけどね。バランなども「他の日より劣ったプレーをしたけど、今日は勝った。ボクは悪いプレーでも勝つ方がいいね」と認めていたように、年が変わって以来、1部の相手には引き分け、敗戦と白星がなかったことを考えると、弟分チームとはいえ、レガネスに勝てたのは選手たちの自信回復にもなって良かったかと。 ▽まあ、そんな彼らは日曜午後4時15分から、ホームサポーターの前で今度はデポルティボ相手に復調したことを証明しないといけないんですが、まあ、首位のバルサとは勝ち点差19ありますからね。焦っても仕方ないんで、1ポイント差で5位のビジャレアルに来季のCL出場圏順位の4位を奪われないように気をつけながら、グループリーグに直接参加できる3位のバレンシアとの8差を少しずつ詰めていくことが当面の目標でしょうか。 ▽ちなみにこの試合の注目は今週、メッシやネイマールに年棒で激しく抜かれながら、ペレス会長が一向に契約更改をしてくれないことに業を煮やしてか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を望んでいると大々的に報じられたクリスチアーノ・ロナウドに対するスタンドのリアクション。うーん、これまでならあっさりハットトリックでも挙げて、ファンの恩寵を取り戻すのに苦労はなかった当人ですが、今季はリーガでなかなかゴールが入らず。まだ、たったの4得点という悪い流れを変えないと、pito(ピト/ブーイング)が飛んできたりもするかもしれませんね。 ▽え、コパ生き残り勢の様子はわかったけど、初ラウンドで敗退したため、ミッドウィークはカヤの外となっているマドリッド勢、ヘタフェのことも知りたいって? いやあ、実はそうでもなくて、今週はCBカブラル(クロトーネからレンタル移籍)の入団プレゼンがあったり、水曜には私も練習を見て来たんですけど、ここ2週続けて金曜に試合というのはもしや、彼らに疎外感を与えたくないというスペイン・プロリーガ協会の思いやりだったりする?おかげで私もとうとう、3夜連続でスタジアム通いをしてしまったんですが、コリセウム・アルフォンソ・ペレスにアスレティックを迎えた一戦はペナルティが3つも吹かれる珍しい展開に。 ▽いえ、前半12分には落ちてきたクロスをウィリアムスがすくい上げ、ファーサイドの味方に合わそうとしたところ、今年になって負傷中だか、プレミアリーグへの移籍を待っているのだか、よくわからないGKグアイタに代わり、ゴールを守っているエミ・マルティネスが掻き出しきれず、アスティックにリードを許してしまったヘタフェだったんですけどね。21分にはホルヘ・モリーナがGKエレリンに倒され、そのPKを自ら決めて1-1に追いつきながら、後半序盤にはケガをしたダミアンの代わりに入ったモリネーロがセットプレー中にラポールを倒してしまい、こちらはラウール・ガルシアがPKを沈めて再び、ヘタフェは1-2の劣勢に陥ります。 ▽するとその3分後、またしてもエレリンがホルヘ・モリーナにペナルティを犯してしまったんですが、ここはボルダラス監督もキッカーを変えても良かったかもしれませんね。度重なるファールの影響もあったか、今度はPKをエレリンに弾かれてしまい、ヘタフェは同点に追いつけず。そんな逆境時、チームに勢いを与えてくれたのはアンヘルで、いえ、代わって退いた柴崎岳選手も頑張っていたんですけどね。「ケガが治って前節初めて先発で、今日はリズムの激しい試合だった。No estaba cómodo, lo ha intentado y no encontraba esa posición para recibir y participar/ノーエスタバ・コモドー、ロ・ア・インテンタードー・イ・ノー・エンコントラバ・エサ・ポシシオン・パラ・レシビール・イ・パルティシパール(いい感じがつかめず、試みはしたものの、ボールを受けて、プレーに加わるポジションが見つからなかった)」(ボルダラス監督)だったようで、何にしても28分にはそのアンヘルが、ポルティージョが頭で落としたボールをゴールに流し込み、待望の同点弾を決めてくれたとなれば、まさに的確な交代策だったと言わざるをえないかと。 ▽ただ残念ながら、アンヘルも勝ち越し点のチャンスには決めることができず、結局、2-2の引き分けで終わったんですが、暫定7位で、ヨーロッパリーグ出場圏の6位セビージャにも少し近づきましたしね。次節はそのセビージャと直接対決、続いてお隣さんのレガネスとの弟分ダービー、バルサ戦としばらく茨の道が続く彼らには、悪くないシーズン後半戦のスタートになったはず。そうそう、こちらも午後9時の遅い試合だったんですが、嬉しいのはブタルケと違い、コリセウム・アルフォンソ・ペレスはすぐ側にメトロスールのロス・エスパルタレス駅があること。マドリッド中心部に戻るには1時間ぐらいと、ちょっと時間はかかるんですが、暗い道を延々と歩かなくて済むのはありがたいですね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.01.20 14:31 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】マドリッド勢はコパに懸ける…

▽「前代未聞のハードスケジュールだわ」そんな風に私がおののいていたのは月曜日、今週の観戦予定をチェックしていた時のことでした。いやあ、リーガ後半戦開始となる20節は珍しく、マドリッドの3チームがホームゲームとなるのはすでにわかっていたんですけどね。それもヘタフェが金曜、アトレティコが土曜、レアル・マドリーが日曜とバラけてくれた時には今週末、スペインの首都に滞在するサッカー好きの観光客は毎晩試合が見られてラッキーだなぐらいにしか思わなかったんですが、よくよく見てみれば、ミッドウィークにはコパ・デル・レイ準々決勝1stレグが開催。水曜にアトレティコがセビージャをワンダ・メトロポリターノに迎えた後、木曜にはブタルケ(レガネスのホーム)でマドリーミニダービーのコパ版って、もしかして私、5日連続でスタジアムに通うことになる? ▽ちなみにコパのいいところはチケットの値段がリーガ戦より安いことで、アトレティコの場合は一般25ユーロ(約3400円)から。相手が近年、ライバル意識の強いセビージャだけにすでに7000枚売れたと言われていますが、リーガより手に入れやすいのは確かかと。前売りはビセンテ・カルデロンの窓口かクラブのオフィシャルウェブのEntradas(エントラーダス/入場券)セクション(http://www.atleticodemadrid.com/entradas/entrada/atletico-de-madrid-sevilla-12)で、当日もワンダのスタジアムに向かって左手前にあるチケット売り場で買うことができます。 ▽一方、マドリッドの大先輩の胸を借りることになるレガネスは40ユーロ(約5500円)からなんですが、何せ、あそこは収容人数が1万人ちょっとと少ないですからね。月曜のベティス戦では今年初めて2得点しながら、アムラバトのハンドで与えたPKをルベン・カストロに決められ、3-2と負けてしまったものの、コパ16強対決ではビジャレアルを破ったというのもあって、先行販売されているソシオ(協賛会員)たちが駆けつけないはずはなし。もし余ったら木曜の試合当日に一般用チケットが出るとはいえ…あまり期待はしない方がいいかもしれませんね。 ▽まあ、コパについてはまた後で話すことにして、まずは先週末のリーガ戦がどうだったかお伝えしておかないと。先陣を切ったのは弟分のヘタフェで金曜にマラガをコリセウム・アルフォンソ・ペレスに迎えたんですが、ようやく柴崎岳選手が負傷から復帰後、初先発となったものの、得点はかなり遅くまで生まれず。そんな時、切り札となったのはセットプレー。何せ彼らは最初のラウンドでコパを敗退しているため、練習時間が沢山ありますからね。後半26分、ファジルのFKから途中出場のアンヘルがクロスを上げ、カラが頭で決めて待望の先制点をゲットすることに。 ▽相手が降格圏で低空飛行しているマラガだったこともあり、その後、攻撃陣の一角だった柴崎選手をボランチのモラに代え、そのまま1-0で勝利。シーズン前半戦を勝ち点26の8位という好成績で終えたヘタフェでしたが、ボルダラス監督によると、「(2年前)降格したシーズンも勝ち点は同じだったのだから、tenemos que seguir trabajando con mucha humildad/テネモス・ケ・セギール・トラバハンドー・コン・ムーチャ・ウミルダッド(謙虚さを忘れずに努力し続けないといけない)」のだとか。クラブもそのための用心は怠らず、今週はCBのゴロシートがアルバセテ(2部)に移籍するのと入れ替わりでカブラル(カントーネからレンタル移籍)を獲得。プレミアリーグ行きの噂があったGKグアイタも残留することになったようですしね。再び金曜午後9時(日本時間翌午前5時)に振られた、ホーム連戦となるアスレティックとの試合でもいい結果を出せば、ヨーロッパリーグ出場圏入りも夢ではないというのはきっと、選手たちの励みになるはずですよ。 ▽そして土曜は兄貴分たちの番で先に試合をしたのはマドリー。サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦でしたが、氷雨が降る中、いえ、このスタジアムだけは客席に暖房があるため、凍えることは滅多にないんですけどね。ファンに寒気を与えたのは試合内容の方で、前半にはベイルのゴールがオフサイドで認められなかったり、クリスチアーノ・ロナウドのシュートがゴール枠を叩いたりしたものの、ジダン監督も後で「Hemos tenido muchas ocasiones y no quiere entrar/エモス・テニードー・ムーチャス・オカシオネス・イ・ノー・キエレ・エントラール(ウチには沢山チャンスがあったが、ボールが入りたがらなかった)」と嘆いていたように、待てど暮せど、ゴールが決まらないんですよ。 ▽すると後半、それまで押し込まれるばかりだったビジャレアルが少しずつ攻撃を繰り出し、残り3分にとうとうそれが実ってしまったから、さあ大変! マドリーのCKをクリアすると、チェリシェフがドリブルで抜け出してカウンターをスタート。バッカから代わっていた20歳のウナルのシュートはGKケイロル・ナバスが弾いたものの、フォルナルスのカバーを誰もしていなかったため、vaselina(バセリーナ/ループシュート)で虎の子の1点を奪われてしまうって、あんまりじゃないですか。すでにイスコとベイルをアセンシオとルーカス・バスケスに代えていたマドリーですが、その後もめぼしいリアクションはなく、FWマジョラルも投入も見送られ、そのまま0-1で負けてしまうことに。 ▽いやあ、ビジャレアルにとって、これがベルナベウ初勝利で、殊勲の決勝点を挙げたフォルナルスが試合後、「実は金曜の練習でまったく同じシチュエーションがあって、その時のシュートはバーに当たっちゃったんだけどね」と嬉しそうにしていたのは別にいいんですけどね。問題はカジェハ監督も「No veo imposible llegar a la Champions/ノー・ベオ・インポシーブレ・ジェガール・ア・ラ・チャンピオンズ(CL出場圏に入るのは不可能には見えない)」と言っていたように、これで4位マドリーと5位に上がったビジャレアルの差がたったの勝ち点1になってしまったことで、え、翌日、レアル・ソシエダに逆転勝ちした首位バルサとの19差になったのはいいのかって? ▽まあ、こうまで離されると、カンテラーノ(ユース組織出身選手)のナチョなどは「No vamos a tirar la Liga hasta el ultimo minuto/ノー・バモス・ガ・ティラール・ラ・リーガ・アスタ・エル・ウルティモ・ミヌート(ボクらは最後の1分までリーガ優勝を諦めたりしない)」と建前を貫いたものの、「ウチは来季のCL出場権獲得に集中すべき。それが今季残りの目標だ」というクロースの意見の方がずっと現実的ですからね。昨年最後の試合だったクラシコ(伝統の一戦)でバルサに負けて以来、セルタとの引き分けを挟んでここ3試合、リーガで白星なし、ホームでのコパ2ndレグもフエンラブラダ(2部B)、ヌマンシア(2部)の格下に続けて2-2のドローという体たらくでは、その日もファンが試合終了と共に大音響のpito(ピト/ブーイング)をチームに浴びせたのも仕方なかったかと。 ▽よってもう、この木曜午後9時30分(日本時間翌午前5時30分)からのレガネスとの今季まだタイトル獲得の可能性があるコパ準々決勝1stレグ、日曜のリーガ、ホームでのデポルティボ戦はマドリーにとって、まさに背水の陣と言っていいかと思いますが、悪い時には悪いことが重なるのは人生の常。ええ、月曜にはAS(スポーツ紙)が「ロナウド、ユナイテッド移籍を希望」報道を開始してしまったんですよ。その理由は昨季、カーディフでの決勝で2ゴールと活躍、ユベントスを倒してDuodecima(ドゥオデシマ/12回目のCL優勝のこと)に貢献した際に契約更改をペレス会長が約束しながら、まだ果たされておらず。その間にメッシやネイマールらに年棒で大きな差をつけられてしまったのが不満だというのですが、何せ今季の彼はリーガで4得点ですからね。いくら先日は自身5度目のバロンドールを受賞したとはいえ、今はそうそう、強気には出られないんじゃないのでは? ▽ただどちらにしろ、それはこの夏のことで、今はロナウド引き止めより、緊急補強でも何でもして、シーズン前半戦18試合(クラブW杯でレガネス戦が未消化)でたったの32得点という、2006-07シーズンの26得点に次ぐゴール日照りを解消すべきだと思うんですが、相変わらず、ジダン監督の意見は今のメンバーで十分というもののよう。いえ、バルサがここまで52得点というのが異常で、前半終了時点でお隣さんに勝ち点差10をつけた2位のアトレティコなど、たったの28得点ですから、要は守備との兼ね合いなんですけどね。まだ今週は負傷のリハビリ中のベンゼマもセルヒオ・ラモスも戻って来ませんし、いざとなれば、今季のCLに優勝すれば来季のグループリーグに出られるとはいえ…本当にどうするつもりなんでしょうかね。 ▽え、ということは、その土曜はジエゴ・コスタが出場停止でいなかったにも関わらず、アトレティコはエイバルに勝ったのかって? いやあ、私も試合の前半はまだベルナベウのミックスゾーンにいたため、彼らがガンガン押していた前半は見ることができなかったんですけどね。コレアやコケのシュートが外れた後、27分にはコケのパスを追ったグリーズマンがエリア内でガメイロにアシスト。そのシュートが決まって先制してくれたため、自宅近くのバル(スペインの喫茶店兼バー)に駆け込んで、後半が始まるのを楽しみに待っていたところ…ちょっとお、「Ellos crecian y nosotros elegimos refugiarnos/エジョス・クレシアン・イ・ノソトロス・エレヒモス・レフヒアールノス(相手が強くなってきたので、ウチは避難することにした)」(シメオネ監督)って、どういうこと? ▽おかげで私が見たのは自陣にこもって守る一方のアトレティコで、いえ、乾貴士選手の強烈な一撃を弾いたのを始め、7回にも及ぶGKオブラクの奮闘にはいつもながら、感動させられたんですけどね。チャンスと言えば、グリーズマンが1対1でGKドミトロビッチに弾かれたシュートぐらいなもので、フラストレーションもかなり溜まったとはいえ、この日はコスタ以外にもガビやサビッチが累積警告で不在。おまけにエイバルは3連勝中と絶好調だったのを考えると、「Despues de ver la segunda parte creo que hemos merecido mas/デスプエス・デ・ベル・ラ・セグンダ・パルテ・クレオ・ケ・エモス・メレシードー・マス(後半を見た後のウチはもっと報われても良かった)」(メンディリバル監督)という相手を零封して、0-1で渋い勝利をもぎ取ったんですから、不満を言ったらバチが当たりますって。 ▽まあ、「Estamos un poco cansados de jugar cada tres dias/エスタモス・ウン・ポコ・カンサードス・デ・フガール・カーダ・トレス・ディアス(ボクらは3日ごとにプレーするのにちょっと疲れていて)」というガメイロの言葉は、イプルア(エイバルのホーム)でもゴディンが5枚目のイエローカードをもらい、土曜のリーガ次節、ジローナ戦で出場停止になったように、すでに強制ローテーションも始まっていますし、コパもEL決勝トーナメントも勝ち続けて、3月の各国代表戦週間までノンストップで行く予定となれば、今は聞かないふりをしておいた方がいいんですけどね。 ▽それより喜ばしいのは今年になって、彼を始め、グリーズマン、フェルナンド・トーレス、コレアとFW陣が全員得点していること。何せ、あのコスタだけにまた退場による出場停止があるかもしれませんし、実際、出ずっぱりという訳にもいかないですしね。となれば、シーズン前半は決定力不足に悩まされた前線にゴールが戻ってきたのは現在、勝ち点9差で唯一、リーガ優勝戦線でバルサの対抗馬と言われている彼らにとっては心強いかと。 ▽いえ、もちろんこの先、バルサが3敗もするとは私も思えないため、アトレティコの現実的な目標もELはまだ先が長いですし、4月21日にワンダ・メトロポリターノで開催することが決定したコパで優勝することなんですけどね。そのためには水曜午後7時(日本時間翌午前3時)からの準々決勝1stレグでセビージャを叩いておかないといけないんですが、昨年最後のレアル・ソシエダ戦で敗れた後、ベリッソ監督を解任、イタリア人のモンテッラ監督が引き継いだ相手が未だに復調していないのはツイている? ええ、年明け最初のアンダルシアダービーで宿敵ベティスに3-5と負けた後、この日曜にもアラベスに1-0と惜敗し、翌朝には練習場にビリス(セビージャの過激なサポーターグループ)のメンバーが詰めかけ、選手たちと話すことを要求。そういうのはリバプールに移籍する前にトーレスがいた時代、アトレティコでもあったんですが、これってかなりヤバい状態ですよ。 ▽とりあえず、月曜のマハダオンダ(マドリッド近郊)での練習でシメオネ監督はグリーズマンとコスタのコンビで前線を試していたそうですが、今度は私も威勢よく攻めていくアトレティコをワンダで見られることを期待。ただビセンテ・カルデロンに負けず劣らず、周囲が荒野のあのスタジアムは風が通って非常に寒いんですよね。ここしばらくはマドリッドも夜は低温が続くため、もし水曜からの5連戦、スタジアムに行こうと思っているファンはできるだけ暖かい恰好をしていくのがお勧め。ええ、今はマドリッドもrebaja(レバッハ/バーゲン)のシーズンということもあり、私も裏フリースのニット帽をつい買ってしまいましたっけ。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.01.16 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】消化試合にもイロイロある…

▽「せめて勝つぐらいはしてくれないと」そんな風に私が愚痴っていたのは水曜。今週マドリッドで行われたコパ・デル・レイ16強対決2ndレグ、2日目の試合がサンティアゴ・ベルナベウで終わった時のことでした。いやあ、確かに格下のヌマンシア(2部)相手に0-3で先勝していたとあれば、レアル・マドリーの選手たちのやる気がそげるのも無理はないんですけどね。それを言ったら、前夜のワンダ・メトロポリターノなど、リーガ前節のヘタフェ戦同様に雨。アトレティコも1stレグでジェイダ(2部B)に0-4と大勝していため、観客数もたったの2万8000人と今季最低の入りだったものの、スタンドで寒さに耐えた甲斐のある内容だったのとはかなり、対照的だったから。 ▽とりあえず順番にお話ししていくことにすると、アトレティコはマドリーミニダービーで累積警告や退場となったガビ、サビッチ、ジエゴ・コスタが次節に出場停止となるため、シメオネ監督は彼らをコパで先発に使うことに。それ以外はグリーズマン、ゴディン、サウール、コケ、トーマス、ヴルサイコ、ヒメネス、GKオブラクら、リーガのtitulares(ティトゥラレス/レギュラー)を招集しなかったんですが、前半が0-0で終わったのはいつもの習慣のようなものだったかと。実際、CKからリュカがシュートをゴールポストに当てたり、フェルナンド・トーレスのラストパスで敵GKと1対1になったコスタが弾かれたりと、チャンスはあったんですが、待望のゴールは57分まで生まれませんでしたっけ。 ▽とはいえ、彼らの得点は十分、見ごたえのあるもので、今は9月に復帰しながら、アトレティコの受けたFIFA処分のせいで年明けまでプレーできなかったコスタが張り切っていますからね。先制点のキッカケも彼で、自陣でボールを取り戻すと、一気にカウンターが始まり、最後は当人がエリア内から出したパスからカラスコが決めてくれます。ええ、シメオネ監督も「No tengo ninguna duda de que ha sido el jugador más importante que ha llegado al Atlético en los últimos años/ノー・テンゴ・ニングーナ・ドゥーダ・デ・ケ・ア・シードー・エル・フガドール・マス・インポルタンテ・ケ・ア・ジェガードー・アル・アトレティコ・エン・ロス・ウルティモス・アーニョス(ここ数年でアトレティコに来た一番重要な選手であることに自分はまったく疑いを持っていない)」とベタ褒めしていましたが、とにかくコスタがピッチにいるだけで何かが起こるような気がするのはきっと、私だけではないかと。 ▽そして2点目は72分、今度は途中出場組のコレアとガメイロの連携で、とりわけ彼らの場合は新戦力がプレー解禁されたせいで、チーム内競争激化の影響をモロに喰らっていますからね。スローインからのボールを前者が持ち込むと、ゴールライン際から出したパスを後者が流し込んでゴールに。何せ、このコパづくめの1月に続き、2月もヨーロッパリーグ32強対決コペンハーゲン戦を皮切りにはずっとミッドウィークの試合が続く(予定)のアトレティコ。この日、ワンダデビューしたビトロ(昨夏セビージャから移籍して、シーズン前半はラル・パルマスにレンタル)も11月に負傷して以来、1カ月間、マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でリハビリしながら、横目でチームメートのトレーニングぶりを見学していたのが早い適応に繋がったんでしょうかね。 ▽78分にはトーレスのロングフィードを追いかけ、3点目のゴールを決めたとなれば、当人も「No podía pedir más en mi debut en casa/ノー・ポディア・ペディール・マス・エン・ミ・デビュー・エン・カサ(自分のホームデビューにこれ以上のことは頼めない)」と喜んでいたように、選手層の厚さを試す最高な消化試合だったと言っていい? 結局、そのまま3-0で勝利したアトレティコは総合スコア7-0で準々決勝進出を決めたんですが、うーん、それでもやっぱり気になるのは土曜の午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)からのエイバル戦。相手はコパ敗退組で1週間、十分休養を取っているというのもありますが、一応、クラブもヘタフェ戦でスタンドのファンに揉みくちゃにされてゴールを祝ったコスタに出されたイエローカードの取り消しを協議委員会に申請。 ▽それが木曜には却下されてしまったため、今月になって初めて彼抜きで戦わないといけないというのはちょっと不安ですが、今度は週中にお休みをもらった選手たちが頑張ってくれる? そうそう、同日行われたラス・パルマスとのコパ2ndレグでバレンシアの一員として、レンタル移籍デビューしたビエットは今季前半のゴール入らない病がいきなり全快したようで、ハットトリックで4-0の勝利に貢献。チームも総合スコア5-1で準々決勝に進んでいますが、その相手は現在、リーガ3位、2位のアトレティコとはCL出場権争いのライバルっていうのは当人にとっては喜ばしくても、ちょっと敵に塩を送るみたいな形になってしまいましたかね。 ▽そして翌水曜、一足先にコパ16強2ndレグに挑んだのはマドリッドの弟分、レガネスでこちらはアウェイでのビジャレアル戦。先週はブタルケで1-0の最少得点差勝利だったため、危ういところもあったんですが、31分にナランホのスルーパスからエル・ザールが見事なvaselina(バセリーナ/ループシュート)を決めて1点を取ってくれたため、ラバとチェリシェフのゴールで後半、2-1と逆転されながら、アウェイゴール差で勝ち上がることができました。ええ、ガリターノ監督も「Es lo que tiene la Copa, a pesar de haber perdido, pasamos de ronda/エス・ロ・ケ・ティエネ・ラ・コパ、ア・ペサール・デ・アベール・ペルディードー、パサモス・デ・ロンダ(これがコパにはある。負けたのにウチは次のラウンドに進んだ)」と言っていましたが、とにかく感心するのは年明けからの3試合、どれも1点しか取ってないにも関わらず、彼らが最大限の効率を上げていること。 ▽さすがに来週になると、リーガ次節ベティス戦が月曜、コパ準々決勝は金曜の抽選で相手が決まりますが、これも間違いなく1部のチームとで1stレグは木曜、そして日曜にはアウェイでのアラベス戦と超ハードスケジュールになるため、息切れが心配ですけどね。ちなみに今のところ、コパ8強進出組で一番勝ち目がありそうなのは、お隣さんのヘタフェは32強対決で後れを取ったものの、そのアラベス(2部Bのフォルメンテラに総合スコア3-0で勝利)ですが、謙虚なレガネスファンは1-0の辛勝でも決して文句を言わないものの、さすがに3連戦とかなると、それはそれで観客動員数に影響が出るかもしれませんね。 ▽え、そんな弟分とは真逆で、goleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)でないとpito(ピト/ブーイング)が飛ぶサンティアゴ・ベルナベウのファンの要求度の高さにも問題ななきにしろあらずだけど、水曜のヌマンシア戦では仕方ないところもあったんじゃないかって? そうですね、リーガでは前節のセルタ戦で2-2と引き分け、とうとう首位バルサとの差が勝ち点16に開いてしまったマドリーだったんですが、前日にはジダン監督がバルデベバス(バラハス空港の近く)での練習前に30分間、反省ミーティングを開きながら、その鬱憤をコパで晴らすには至らず。もちろんクリスチアーノ・ロナウドを始め、モドリッチやクロース、GKケイロル・ナバスらはローテーションでお休み、ベイルも実戦のリズムは戻ったとして、ベンチに入らなかったせいもあったんでしょうが、結果は2試合連続となる引き分けとなれば、もうAチームもBチームも違いはない? ▽いえ、確かに1stレグで3点リードしていたところに10分、カルバハルのクロスをノーマークでルーカス・バスケスが頭で決め、すでについていた勝負が序盤から更についてしまったという巡り合わせはあったんですけどね。こういう試合でこそ、アピールして出場機会を増やさないといけないマジョラル、アセンシオ、セバージョス、コバチッチ、ジョレンテらが揃って精彩なく、追加点は一向に奪えず。それどころか、前半終了間際にはカウンターから、負傷で交代したヒヒニオに代わって入っていたギジェルモに同点ゴールを決められているのでは、ハーフタイムでロッカールームに戻る時から選手たちがブーイングを浴びていたのも仕方なかったかと。 ▽後半も53分にはアセンシオのクロスをマジョラルが落としたところをルーカス・バスケスが押し込み、再びリードしたマドリーだったんですが、その後、積極的に攻めているのがヌマンシアばかりでは。おかげで「al final nos faltó gasolina/アル・フィナル・ノス・ファルトー・ガソリーナ(ウチは最後、ガソリンが足りなかった)」とジダン監督も残り15分、唯一のFWだったマジョラルを下げ、ボランチのカセミロを入れることになったんですが、36分には再びギジェルモに決められて、同点に追いつかれてるって一体、このマドリー、守備も攻撃もどうなっている? ▽いえ、それでも総合スコアは5-2ですから、いくらヌマンシアのアラサーテ監督が「Vimos la posibilidad incluso de ganar/ビモス・ラ・ポシビリダッド・インクルソ・デ・ガナール(勝利の可能性さえウチにはあった)」と胸を張っても逆転突破される心配はなかったんですけどね。この日の引き分けで今季のホームゲーム15試合中、勝ったのはたったの8試合だけって、うーん、これじゃ、いくら2得点を挙げて満足していたルーカス・バスケスに「La afición tiene que ilusionarse en los cinco títulos que ganamos el año pasado/ラ・アフィシオン・ティエネ・ケ・イルシオナールセ・エン・ロス・シンコ・ティトゥロス・ケ・ガナモス・エル・アーニョ・パサードー(ファンはボクらが去年獲った5つのタイトルに夢を抱かないといけない)」と言われたって、フラストレーションが溜まるのは当然でしょう。 ▽そんなマドリーはこの週末、土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、またしてもベルナベウでビジャレアル戦に挑むんですが、今の時点ではあまりリーガの優勝戦線に復帰することを考えても空しいばかりなので、まずは12月9日のセビージャ戦以来となるホームでの白星をファンにプレゼントすることに専念するべきかと。バルサと違って、即戦力となる戦力補強の話もありませんし、木曜に残っている16強対決2ndレグ3試合が終わって、相手が決まらないことにはコパの先行きもわからず、このところ1試合1試合進むごとに2月のCL決勝トーナメントPSG戦が到来するのが怖くなってくるというのも非常に悪い傾向ですが、こればっかりはねえ。何はともあれ、2月にクラブW杯のせいで延期されたリーガのレガネス戦を迎える頃までには現在、勝ち点3しかない5位との差を広げてくれていると安心なんですが、才能にはまったく問題がないはずの選手たちがまずは90分間、集中してプレーできるようになるのが最優先でしょうか。 ▽そうそう、最後にコパの話題がまったくなかったヘタフェについてですが、彼らはこの週末のリーガ、金曜試合で午後9時(日本時間翌午前5時)から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスに19位の降格圏にいるマラガを迎えることに。前節は先輩のアトレティコに2-0と軽くひねられてしまったんですが、今回は再び、夢のEL出場圏に近づくいいチャンスかと。ちなみにそのワンダの試合で控えとなったGKグァイタにはクリスアル・パレスへの移籍の噂があったせいで、何かと注目されていたんですが、ボルダラス監督が言うには単に身体的に問題があったからだとか。マラガ戦にもまだ出られるかわかりませんが、このシーズン前半最終戦を過ぎると、また強豪との対戦が始まる彼らですからね。そろそろ柴崎岳選手の先発などもあるかもしれませんし、ここはマドリッド勢唯一、週1試合ペースでいられるメリットを生かして、リーガで健闘してくれることを期待しています。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.01.12 12:31 Fri
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】新年、メデタイことばかりじゃない…

▽「ここまで来るといっそ、忘れてしまいたいかも」そんな風に私が呟いていたのは日曜の夜、18節ではすでにリーガの1位から3位まで皆、勝っていたのを知りながら、4位のレアル・マドリーがバライドス(セルタのホーム)で勝ち点2をむざむざ失ってしまったのを見た時のことでした。いやあ、昨年最後のクラシコ(伝統の一戦)で0-3と宿敵に一蹴され、クラブW杯のおかげで消化試合は1つ少ないとはいえ、首位との差が勝ち点14に開いた時点でもう、彼らの今季のリーガは終わったという声はそこここから聞こえていたんですけどね。 ▽ただ、その直後にクリスマスのparon(パロン/リーガの停止期間)に入ったため、いえ、この月曜にコウチーニョ(リバプールから移籍)の入団発表があったバルサのように、即戦力となる選手を獲得するとかの噂はその間、GKのケパ(アスレティック)を除いてまったくなし。それもジダン監督の「ahora no necesito un porter/アオラ・ノー・ネセッシートー・ウン・ポルテーロ(今、GKは必要ない)」という、至極ごもっともなコメントで後回しとなったようですが、世間がお祭りムードに入るのと同時にマドリーの絶望的な状況も記憶の彼方に。おまけに年明け最初の試合、コパ・デル・レイ16強対決ヌマンシア(2部)戦1stレグなど、内容はともかく、0-3と快勝だったため、セルタ戦の後に思い出した現実がより悲惨に感じられたという見方もできなくはないんですが…。 ▽まあ、その辺についてはまた後で話しますが、2018年最初のリーガのマドリッド勢がどうだったかというと。この節のトップバッターを飾ったのはマドリー・ミニダービーで、アトレティコとヘタフェがワンダ・メトロポリターノで激突。雨模様の中、los Reyes Magos/ロス・レジェス・マゴス(東方の三博士)の祝日、土曜の午後1時からの試合に駆けつけたホームチームのサポーターには、待ちに待ったジエゴ・コスタ(昨夏チェルシーから移籍したものの、FIFA処分でシーズン前半はプレーできなかった)とグリーズマンのFWコンビをスタメンで見られるというregalo(レガーロ/プレゼント)があったんですが、シメオネ監督が左右にコレアとカラスコを配して攻撃的な布陣を敷いたのも効果的だったかと。 ▽ええ、コスタとグリーズマンのシュートが1本ずつ外れた後の前半18分、今度はアシスト役になった後者のスルーパスをコレアがエリア内で受け取りシュート。余裕のある1対1でなかったのが逆に良かったか、これが決まってアトレティコが先制点を挙げてくれたから、昨年最後の試合でエスパニョール相手にゴールが入らず。0-1で負けて、首位との差が勝ち点9になってしまったことを嘆いていたファンもどんなに喜んだことか。それ以降は両チーム共にファウルが増え、ハーフタイムまでに7枚ものイエローカードが飛び交ったため、次節のエイバル戦ではガビとサビッチが出場停止になってしまったんですが、これもアトレティコでは毎シーズンのお約束。例年に比べれば、累積警告ローテーションが始まったのはこの日のサウールからなので、むしろ今季は遅かったと言っていいでしょうか。 ▽そして後半序盤、チームメートに負けじとばかり、コスタもジェネの顔面にcodazo(コダソ/肘打ち)を入れてイエローカードをもらったんですが、それが22分、ヴルサリコのラストパスをCFとはかくありなんとばかりにゴール前から決めたすぐ後、災いの種となるとは!そう、自分を待ち望んでいたファンの前でワンダ初得点を挙げて感極まり、ピッチの囲いを飛び越えて、応援団のいるfondo sur/フォンド・スール(ゴール裏南側席)に駆けつけて一緒に祝ったところ、審判に2枚目のイエローカードを提示されてしまったから、誰もが呆気に取られたの何のって。もちろんこれでコスタは退場、リーガの次節にも出られないって、いや、彼はまだローテーションいりませんってば! ▽うーん、後でガビなど、「se merece una colleja, aunque espero y deseo que no conociera la norma/セ・メレセ・ウナ・コジェハ、アウンケ・エスペロ・イ・デセオ・ケ・ノー・コノシエラ・ラ・ノルマ(規則を知らなかったんだと思いたいけど、頭をガツンとやるのにふさわしいね)」とキャプテンらしく、一応、コスタに苦言を呈していたんですけどね。コレアも「yo tampoco sabía que era amarilla celebrar el gol con la grada/ジョー・タンポコ・サビア・ケ・エラ・アマリージャ・セレブラール・エル・ゴル・コン・ラ・グラダ(ボクもスタンドと一緒にゴールを祝ったらイエローだってのは知らなかった)」と言っていましたし、本当かどうか、私は知りませんが、リュカによると、「イングランドじゃそんな規則はなくて、ファンと祝ってもいいんだ」そう。ただ、その次の時間帯で試合をしたバレンシアでロドリゴがロマーリョのオウンゴールを誘発した際、同じようにファンに揉みくちゃにされてもカードは出ずと、この規則に関しては適用がまちまちなのは如何なものかと。 ▽それでも幸い、途中出場の柴崎岳選手も大したインパクトは残せず、ヘタフェが「Nos faltó golpear y no las metimos/ノス・ファルトー・ゴルペアール・イ・ノー・ラス・メティモス(ウチはシュートが足らず、ゴールも入れなかった)」(ボルダラス監督)ため、10人になったアトレティコながら、そのまま2-0で終了の笛を聞くことに。丁度、3位のバレンシアもジローナに2-1で逆転勝利、翌日には首位のバルサもレバンテに3-0と快勝したため、ありがたい勝ち点3ゲットとなりましたが、何より嬉しいのはコスタがプレーできるようになって、チーム全体が前に引っ張られるようになったことでしょうか。 ▽それだけに火曜のコパ16強対決ジェイダ(2部B)戦2ndレグは先週の試合で0-4と大勝しているため、ビトロ(セビージャから移籍、シーズン前半はラス・パルマスでプレー)に慣れてもらったり、ガメイロやフェルナンド・トーレスが調子を上げるのに使ってもらって全然、構わないんですが、土曜のエイバル戦がちょっと気掛かりな面もなきにしもあらず。一方、すでにコパに敗退しているヘタフェは金曜にマラガ戦を迎えるんですが、もうこれでアンヘルは6試合連続ノーゴールですしね。順位的には11位とまったく問題ないものの、そろそろボルダラス監督も柴崎選手の先発起用など、ちょっとフォーメーションをいじることを考えてみてもいいかもしれませんね。 ▽そして翌日曜、同じアジアン・ゴールデンタイムの正午からブタルケにレアル・ソシエダを迎えたもう1つの弟分、レガネスは後半31分にガブリエルのゴールが決まり、コパのビジャレアル戦1stレグに続き、1-0で勝利。それこそ、ガリターノ監督も「Es para estar increíblemente contentos con lo que estamos haciendo/エス・パラ・エスタル・インクレイブレメンテ・コンテントス・コン・ロ・ケ・エスタモス・アシエンドー(自分たちがやっていることに信じられないぐらい満足な状態)」と言っていた程、守備の堅さに裏打ちされた省エネゲームで連勝しているんですが、ビジャレアルのホームに乗り込む水曜にもその勢いが衰えないといいのですが。何せ、コパ準々決勝に進出すると次のリーガ、ベティス戦が月曜に組まれているため、来週は3試合という超ハードなスケジュールになりますからね。レガネスの場合、2大会同時進行に慣れている選手もあまり多くないため、1月にムリをすると、あとでツケが回りそうなのがちょっと怖かったりします。 ▽え、そんなことより、早くマドリーに何が起こったのか知りたいって?そうですね、日曜の夜にセルタ戦を迎えた彼らだったんですが、この日は木曜のヌマンシア戦とは違い、クリスチアーノ・ロナウド、ベイル、イスコ、クロース、モドリッチ、カセミロらが先発。ただケガでセルヒオ・ラモス、出場停止でカルバハルがいなかったのが大きかったというか、うーん、それよりマルセロにこのところ精彩がないせいですかね。前半32分にはイアゴ・アスパスからのロングパスを受けたヴァスにvaselina(バセリーナ/ループシュート)を見事に決められ、先制点を奪われてしまったから、さあ大変! ▽でも大丈夫。この時は3分もしないうちにベイルがクロースのアシストから同点弾、38分にもイスコのパスを押し込んで逆転弾と、負傷続きで目立てなかった2017年の鬱憤を晴らすかのごとく大活躍してくれたため、すぐ安心できたんですけどね。ただ、良くなかったのはその後で、セルタのGKルベンも「Nos enchufaron dos goles y vivieron de ellos/ノス・エンチュファロン・ドス・ゴレス・イ・ビビエロン・デ・エジョス(ウチから2ゴール奪って、それで良しとした)」と言っていたように、後半に畳みかけないんではねえ。それでも26分にはGKケイロル・ナバスがアスパスを倒して与えたPKを自己責任で弾き、最大のピンチは逃れたかと思ったんですが…いえいえ、世の中、そんなに甘くありませんって。 ▽それは38分、またしてもマルセロがボールを失い、最後はアスパスのクロスをマキシ・ゴメスがヘッドして、とうとうセルタに追いつかれてしまったんですよ。そのまま2-2で引き分けて、キャプテンを務めていた当人は「No podemos hacer nada más. Hacemos lo que podemos/ノー・ポデモス・アセール・ナーダ・マス。アセモス・ロ・ケ・ポデモス(これ以上のことはできない。できることをやるだけさ)。いいサッカーをして、ゴールを入れて、ボールを回すようにしているけど、上手くいかないんだ」と開き直っていましたけどね。ジダン監督も「Tuvimos muchas pérdidas de balón, algo que no suele ser un problema y hoy sí/トゥビモス・ムーチャス・ペルディダス・デ・バロン、アルゴ・ケ・ノー・スエレ・セル・ウン・プロブレマ・イ・オイ・シー(ウチは沢山ボールを失った。問題にならないことが多いんだが、今日はそうなった)」と言っていたように、得点力のあるチームの前であのミスは致命的だったかと。 ▽実際、ここ4試合のアウェイゲームでマドリーは3分け1敗と滅多にない程の情けない成績で、これでは首位に勝ち点16差をつけられてしまっても仕方ないかと思えるんですが、この日はセルタの思いきりのいいサッカーに私も感心。だってえ、彼らは丁度、先週の16強対決1stレグでバルサと1-1と引き分けたばかりで、といっても相手はメッシやルイス・スアレスが出ていませんでしたけどね。ウンスエ監督も今週木曜の2ndレグに備え、メンバーを調整しているため、ひょっとしたら、2年前はアトレティコ、昨季はそれこそマドリーを撃破している流れを継いで、現在、3連覇中のバルサをコパ敗退に追いやってくれるかもしれないじゃないですか。 ▽そうなれば、これから長いヨーロッパリーグの戦いに挑まないといけないアトレティコはもちろんですが、先週末もレンヌに1-6と大勝し、フランス・リーグアンの首位を独走。命綱のCLですら、ネイアールやエムバペ、カバーニらの強力FW陣を要するPSGに2月の決勝トーナメント16強対決で打ち勝てるかという疑問が湧いてきたマドリーにもコパ優勝で何とか、スーパーのつく大会やクラブW杯は別勘定として、今季の面目を保てる可能性が出て来るんじゃないかと思うんですが、こればっかりはねえ。 ▽とりあえず、この水曜午後9時30分(日本時間翌午前5時30分)からのヌマンシア戦2ndレグにはBチーム起用でも余裕で挑めるマドリーですが、とにかく一刻も早い改善が必要とされるのは土曜のリーガ、ビジャレアル戦。ええ、今節はセビージャがベティスとのアンダルシアダービーに3-5と負けたため、4位を奪われることはなかったものの、差はたったの勝ち点3ですからね。このまま不調が続くと、来季のCL出場権までが危うくなるって、まったく、こんな心配をしないといけないのはお隣さんだけかと思いきや、世の中、不思議なことも起こるものです。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.01.09 09:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース