超ワールドサッカー

インテルがアウシリオSDと2020年6月まで契約を延長2017.04.22 01:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは21日、スポーツ・ディレクターを務めるピエロ・アウシリオ氏(44)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽アウシリオ氏はインテルとの契約延長について次のように語っている。

「ユースからトップチームまで、20年後のインテルを見据えたチーム作りに今後も関われることを誇りに思っている。クラブとともにこの先も旅を楽しめることを嬉しく思う。会長を筆頭に私を信頼してくれた人々に感謝したい。共にインテルを欧州トップレベルのクラブに引き上げるべく強化を続けたい」

▽アウシリオSDは、2010年12月にユース部門責任者からチームマネージャーに就任。2011年2月にSDに昇格し、2017年6月30日に契約が切れる状況となっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル加入が近づくスクリニア「何も知らない」

▽インテルがサンプドリアのU-21スロバキア代表DFミラン・スクリニア(22)獲得に近づいている。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽母国スロバキアのジリナから2016年冬にサンプドリアに移籍したスクリニア。センターバックを主戦場とする187cmの同選手は、その高さと長い脚を生かしたプレーで、1対1では大きな自信を見せる。今シーズンから主力に成長すると、リーグ戦35試合に出場。チームの最終ラインの要となった。 ▽伝えられるところによれば、数日中にインテル首脳陣とサンプドリアは新たに会議を開く見込みで、すでに移籍に向けて詳細を残すのみとなっているようだ。しかし、現在ポーランドで行われているUEFA U-21欧州選手権に出場しているスクリニアは、スロバキアメディア『TA3』のインタビューで「何も知らない」とコメント。「代理人とは大会のこと以外話さないことにしているんだ」として、明言を避けた。 2017.06.26 15:42 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、トレードは拒否も長友佑都獲得に興味を示したまま…話し合い続行へ

サンプドリアがインテルと日本代表DF長友佑都の状況について話し合いを開始したようだ。イタリア『プレミアム・スポーツ』が報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場でサンプドリアに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル獲得に興味を示している。先日、インテルは金銭+長友でシュクリニアルとのトレードのオファーを送り、サンプドリアに拒否されていた。<br><br>しかし、サンプドリアはシュクリニアルの売却とは別で、長友の獲得に興味を示しており、ルチアーノ・スパレッティ新監督の元で構想外になると見られる日本代表サイドバック獲得を望んでいるようだ。<br><br>一方で、インテルも22歳のシュクリニアル獲得を諦めるつもりはなく、今後も話し合いは続けていく模様。いずれにしろ、長友の去就は今後も騒がれることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.25 11:53 Sun
twitterfacebook
thumb

バネガ代理人「彼は今夏、99%スペインに行く」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)のスペイン復帰が決定的なようだ。『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽2015-16シーズンをセビージャで過ごしたバネガは、昨夏にフリートランスファーでインテルに加入。今シーズンは公式戦33試合に出場して6ゴール8アシストをマークした。 ▽しかし、バネガを巡っては、加入からわずか1年でインテル退団の可能性が浮上。事前の報道によれば、エスパニョールなどが挙がる一方で、古巣セビージャが有力な移籍先としてみられている。 ▽伝えられるところによれば、バネガの代理人を務めるマルセロ・シモニアン氏は、「エベルは今夏、99%スペインに行く。この数日、メディアに取り上げられている1300ユーロ(約16億1000万円)以下でね」と言及したという。 2017.06.24 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアが長友佑都のトレード案に難色…22歳DF譲渡の対価に現金を優先

サンプドリアがインテルに所属する日本代表のDF長友佑都のトレードを拒否したと、イタリアメディア『スポルティタリア』でサッカー解説を務めるジャーナリストのアルフレド・ペドゥラ氏が22日、独占スクープとして報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場において、サンプドリアに所属する22歳のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示している。サンプドリアも放出の意向を示しているが、条件についてインテルと交渉が続いている。<br><br>22日、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と右腕であるアントニオ・ロメイ弁護士がミランを訪れた。ロメイ弁護士はインテルのスポーツディレクター、ピエロ・アウジリオと夕食を共にし、シュクリニアルの移籍に関して、協議を行った。<br><br>インテルはこれまで1500万ユーロ(約19億円)の移籍金に加え、FWジャンルカ・カプラーリをトレード要員として差し出す方向性を示していた。しかし両者の間で見積額に隔たりがあったため、インテルはトレード要員としてさらに長友など他の所属選手を加える提案をしていた。ところが今回の協議では、サンプドリア側がこれを拒否し、2700万ユーロ(約34億円)の移籍金もしくは、2000万ユーロ(約25億円)とカプラーリのみのトレードを要求しており、長友はトレード要員から外された模様だ。長友はルチアーノ・スパレッティ新監督の下、構想外とみられており、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティの去就に揺れるPSGがバネガに興味示すも、セビージャ復帰が濃厚か

▽インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)が、セビージャに復帰する可能性が高まっている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにセビージャからインテルに加入したバネガは、初挑戦となったセリエAで28試合6ゴールを奪った。インテルと3年契約を結んだ同選手だが、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに退団の噂が流れているパリ・サンジェルマンがその後釜としてバネガの獲得に興味を示しているようだ。また、パリ・サンジェルマンにはバレンシアとセビージャで共に働いたウナイ・エメリ監督もいる。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、バネガはすでにスペインへの復帰を考えているようで、古巣であるセビージャに戻る可能性が高い様だ。なお、同メディアは移籍金が900万ユーロ(約11億1700万円)程度と見込んでいる。 ▽またバネガの代理人を務めるマルセロ・シモニア氏は、チーム名こそ明かさなかったものの次のように語りスペイン復帰が濃厚だと示した。 「99%スペインに行くことになる。報道では移籍金が1300万ユーロ(約16億1400万円)と言われているが、もっと下だ。合意までもう間もなくだ」 2017.06.22 10:13 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース