インテルがアウシリオSDと2020年6月まで契約を延長2017.04.22 01:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは21日、スポーツ・ディレクターを務めるピエロ・アウシリオ氏(44)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽アウシリオ氏はインテルとの契約延長について次のように語っている。

「ユースからトップチームまで、20年後のインテルを見据えたチーム作りに今後も関われることを誇りに思っている。クラブとともにこの先も旅を楽しめることを嬉しく思う。会長を筆頭に私を信頼してくれた人々に感謝したい。共にインテルを欧州トップレベルのクラブに引き上げるべく強化を続けたい」

▽アウシリオSDは、2010年12月にユース部門責任者からチームマネージャーに就任。2011年2月にSDに昇格し、2017年6月30日に契約が切れる状況となっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

カンセロ買取期限迫るもインテルは動けず…? ユベントスが虎視眈々と準備か

▽インテルのDFジョアン・カンセロに対して、ユベントスも関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽バレンシアからのレンタルでインテルの一員になったポルトガル代表のカンセロは、シーズン途中からレギュラーに定着。主力の一人といえる活躍を披露し、インテル陣営はもちろん完全移籍での獲得を願っている。 ▽しかし、買い取りオプション行使の期限は今月末まで。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触するおそれがあるインテルは、3500万ユーロ(約45億円)をすぐに用意するのが難しい状況だ。それでも、補強資金のめどが立ち次第、再獲得に乗り出す可能性もあるという。 ▽こういった状況に他のクラブが興味津々だという。国外からはマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていると言われているほか、ユベントスも獲得の可能性を感じているそうだ。 ▽ようやく手にした信頼できるサイドバックを国内のライバルに譲るかもしれないインテル。何か対策はあるのだろうか。 2018.05.26 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、カンセロの完全移籍狙うインテルに横槍

▽マンチェスター・ユナイテッドが、バレンシアのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ベンフィカ下部組織出身のカンセロ。2015年にバレンシアへ完全移籍で加入し、今季はインテルへレンタル移籍。シーズン前半はケガで出遅れたが、徐々にルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を得て、右サイドバックを不動のものにした。 ▽この活躍から、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーに選出。インテルも完全移籍を望んでいるとされているが、ここにユナイテッドが介入してきた。 ▽ユナイテッドは、今季右サイドバックでリーグ戦31試合に出場したエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアが32歳と高齢で、控えのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンはユベントス移籍が報じられている。そのため、右サイドバックの補強は急務とされており、これまでにもナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(24)などの名前も挙げられていた。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、ユナイテッドはカンセロ獲得に3000万ポンド(約43億6000万円)を用意。その他の候補として、サウサンプトンのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(26)の動向にも注目しているようだ。 2018.05.26 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、1年半ぶりの「10番」誕生へ。期待の新人が契約間近

▽インテルがFWラウタロ・マルティネスの獲得を目前にしている。イタリア複数メディアが伝えた。 ▽アルゼンチンのラシン・クラブに所属する20歳のラウタロ・マルティネスは、シーズン中からインテル移籍が確実と報じられていた。実際にこの移籍は完了へと向かっており、現地時間24日夜に選手はミラノ・マルペンサ空港に到着している。 ▽一夜明けて25日、ラウタロ・マルティネスはメディカルチェックを受ける予定。ここで問題が生じなければ、正式にインテルの一員となるはずだ。 ▽インテルは期待の新人に「10番」のユニフォームを用意した模様。2017年1月にFWステファン・ヨベティッチを放出してから空いていたエースナンバーを託すという。 ▽ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに入りながらも23人には残れなかったラウタロ・マルティネス。イタリアで周囲の期待に応えられるだろうか。 2018.05.26 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、イカルディに44億円+モラタのオファー?

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)にチェルシー移籍の可能性が浮上した。スペイン『Cadena Ser』が伝えている。 ▽プレミアリーグ連覇どころか、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も逃したチェルシー。その中で、アントニオ・コンテ監督の希望により、昨夏にレアル・マドリーから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタも期待に応えられず、苦しいシーズンを過ごした。 ▽既報によれば、イタリア復帰を希望しているモラタは最近、古巣ユベントスの首脳陣と会談。チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏は、コンテ監督の解任に伴い、モラタの放出も検討しており、後釜としてインテルの点取り屋に目を光らせているという。 ▽インテルは、そのイカルディの移籍金として1億1000万ユーロ(約140億8000万円)を要求。だが、この額に難色を示すチェルシーは、移籍金3500万ユーロ(約44億8000万円)に加えて、モラタを差し出すことで、高額な移籍金の捻出を避けたい思惑がある模様だ。 ▽また、現時点でインテルにイカルディ売却の意思はないものの、最終決定権は選手自身にある様子。インテルのルチアーノ・スパレッティは最近、「退団を希望する者を止めることはできない。様子を見よう。自信はあるけどね」と語っている。 2018.05.25 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使

▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。 ▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。 ▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。 2018.05.24 21:10 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース