インテルがアウシリオSDと2020年6月まで契約を延長2017.04.22 01:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは21日、スポーツ・ディレクターを務めるピエロ・アウシリオ氏(44)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽アウシリオ氏はインテルとの契約延長について次のように語っている。

「ユースからトップチームまで、20年後のインテルを見据えたチーム作りに今後も関われることを誇りに思っている。クラブとともにこの先も旅を楽しめることを嬉しく思う。会長を筆頭に私を信頼してくれた人々に感謝したい。共にインテルを欧州トップレベルのクラブに引き上げるべく強化を続けたい」

▽アウシリオSDは、2010年12月にユース部門責任者からチームマネージャーに就任。2011年2月にSDに昇格し、2017年6月30日に契約が切れる状況となっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル&バルセロナ、来冬のブリント獲りへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)を巡り、インテルとバルセロナが火花を散らしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ブリントはユナイテッドとの契約が今シーズン限りで満了を迎える。そのため、来夏まで待てばフリーで獲得ができるインテルとバルセロナだが、両クラブ共に守備陣の補強を急いでいることから、来冬の獲得を目指しているという。 ▽ブリントは2014年夏、オランダ代表で師事を仰いだルイス・ファン・ハール前監督を追う形でユナイテッドに加入。左サイドバックだけでなく、センターバック、ボランチをこなせるユーティリティプレーヤーとして存在感を高め、重宝された。 ▽だが、ファン・ハール前監督が退任した2016-17シーズン以降は、出場機会が減少。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は薄く、今シーズンのここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまっている。 2017.12.17 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで伏兵ウディネに屈したインテルが17戦目にして今季初黒星…長友はベンチ入りも出場なし《セリエA》

▽セリエA第17節、インテルvsウディネーゼが16日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのウディネーゼが3-1で快勝した。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、劣勢となったユベントスとの“イタリア・ダービー”をドローで終えて首位キープに成功したインテル(勝ち点40)だが、ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアではセリエCの格下ポルデノーネ相手に120分間でゴールをこじ開けられず、PK戦の末の薄氷勝利で辛くも準々決勝進出を果たした。同試合からの巻き返しを図るスパレッティ監督は、シュクリニアル、ヴェシーノを除く主力9人を先発復帰させ、13位のウディネーゼ(勝ち点18)撃破を狙った。 ▽ブーイングに晒されたポルデノーネ戦の失態を払しょくするため、立ち上がりから攻勢を見せるインテル。カンドレーバやヴェシーノ、ペリシッチと立て続けにシュートを放っていくが、いずれも決め手を欠く。すると14分、相手セットプレーの流れからボックス右のヴィドマーにグラウンダーで折り返されると、ゴール前でDFシュクリニアルの前に身体を入れたラザーニャにワンタッチで流し込まれた。 ▽ホームで先制を許す立ち上がりとなったインテルだったが、失点からわずか1分後に追いつく。失点後のリスタートからダンブロージオのフィードが右サイド深くのカンドレーバに渡ると、すかさず鋭いクロスを供給。これをボックス中央でDFをブロックしながら前に入ったイカルディが右足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽エースのゴールでスコアをタイに戻したインテルは、ここからきっちり試合の主導権を握っていく。攻守の切り替えの場面で相手を圧倒していくと、得意のカウンターやセットプレーで勝ち越しゴールに迫る。36分にはCKのクリアボールに反応したブロゾビッチが右ポストを掠めるダイレクトシュートを放つと、40分にもカウンターから左サイドを突破したペリシッチがニアを狙った低いシュートを放つが、ここは相手GKビサーリに防がれ、前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 ▽迎えた後半、先に決定機を作ったのはウディネーゼ。自陣からのロングカウンターで右サイドを突破したデ・パウルからのクロスをゴール前で受けたラザーニャがGKをかわして右足を振り抜くが、このシュートをふかしてしまい、勝ち越しゴールとはならなかった。 ▽一方、後半に入って流れが悪いインテルは54分、ブロゾビッチを下げてガリアルディーニを投入する。だが、61分に自陣ボックス左のライン際でヴィドマーにクロスを許すと、これをDFサントンが腕を使ってブロックしてしまう。最初の判定ではクロスを上げた時点でボールがラインを割っていたと判断されるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、判定が覆りウディネーゼにPKが与えられる。これをキッカーのデ・パウルに決められ、再びビハインドを背負った。 ▽前半同様に早い時間帯に追いつきたいインテルは、68分にセットプレーからカンドレーバのクロスをシュクリニアルが頭で合わすが、ボールはクロスバーを叩く。さらに72分にも左CKからガリアルディーニが決定的なヘディングシュートを放つが、今度は相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後はやや攻めあぐねる状況が続く中、スパレッティ監督は2失点に関与したサントン、ヴェシーノを下げてカラモー、エデルを続けて投入。この交代でシステムも攻撃的な[3-4-3]に変更し、リスクを冒して前に出る。しかし、77分には相手のカウンターを浴びて左サイドのスペースに飛び出したヤンクトの絶妙なグラウンダーのクロスをファーでドフリーのバラクに流し込まれ、今季最多となる3失点目を喫する。 ▽敗色濃厚の中、諦めずに猛攻を仕掛けたインテルだったが、完全に引いたウディネーゼの守備を最後までこじ開けることはできず。ホームで伏兵相手にまさかの大敗を喫したインテルが、今季リーグ戦17試合目にして初黒星を喫し、首位陥落が濃厚となった。 2017.12.17 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第17節プレビュー】上位陣は格下と対戦

▽前節行われたユベントスvsインテルのイタリア・ダービーは0-0で引き分け、インテルが首位を死守した。そして、ナポリがフィオレンティーナに0-0で引き分け、首位奪還はならなかった。さらに、ローマもキエーボに0-0と引き分けたことで上位陣の順位に変動はなかった。迎える第17節、上位陣は格下との対戦が組まれている。 ▽まずは首位のインテル(勝ち点40)から。土曜日の23:00キックオフで13位ウディネーゼ(勝ち点18)とのホーム戦に臨むインテルは、前節敵地でのユベントス戦を劣勢ながら守備陣の奮闘により引き分けに持ち込んだ。貴重な勝ち点1を持ち帰った中、火曜日に行われたコッパ・イタリアでは3部のポルデノーネをPK戦の末に辛くも下した。ここで先発した長友だったが、PK成功以外に目立ったプレーはなく、アピールに失敗している。引き続きベンチスタート予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽インシーニェ不在が響いてフィオレンティーナからゴールを奪えず、公式戦3試合勝利のない2位ナポリ(勝ち点39)は、8位トリノ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではインシーニェが先発復帰予想となっており、得点力の向上が見込める。前節ラツィオを下したトリノに勝利し、首位奪還となるか。 ▽3位ユベントス(勝ち点38)は、11位ボローニャとのアウェイ戦に臨む。前節インテルとのイタリア・ダービーでは優勢に試合を進めながらも、決め手を欠いて勝ち点1獲得に留まった。久々に1週間の休養期間が得られた中、インテンシティを高く保って勝利を掴み取り、インテルとナポリを追走したい。 ▽キエーボGKソレンティーノの牙城を崩せなかった4位ローマ(勝ち点35/未消化1試合)は、14カリアリ(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。主力を温存し過ぎた影響もあって勝ち点2を失ったローマは、次節ユベントス戦を前にすっきりと勝利して大一番に臨みたい。 ▽ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾った7位ミラン(勝ち点24)は、水曜日にコッパ・イタリアで3-0と快勝した19位ヴェローナ(勝ち点10)とのアウェイ戦で連勝を目指す。最後にインモービレ退場が響いてトリノに敗戦した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、8位アタランタ(勝ち点23)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第17節 ▽12/16(土) 《23:00》 インテル vs ウディネーゼ 《26:00》 トリノ vs ナポリ 《28:45》 ローマ vs カリアリ ▽12/17(日) 《20:30》 ヴェローナ vs ミラン 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス フィオレンティーナ vs ジェノア クロトーネ vs キエーボ サンプドリア vs サッスオーロ 《26:00》 ベネヴェント vs SPAL 《28:45》 アタランタ vs ラツィオ 2017.12.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

J・ボアテング「外国でプレーしたいという気持ちはある」 ユーベとインテルが飛びつく?

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)に移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョ・メルカート』や『90min』が伝えた。 ▽2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したJ・ボアテング。2010-11シーズンのシティ移籍を除いてここまでのキャリア11年でドイツ以外のクラブでのプレー経験がないJ・ボアテングはドイツ『スポーツ・ビルト』に「バイエルンとの未来? 外国のクラブでプレーしたいという気持ちはいつだって心の中にあった。状況によるだろうね。どうなるかわからない」とコメントしていた。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスとインテルというイタリアのビッグクラブがJ・ボアテングの獲得に興味を持っているようだ。今夏にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチをミランに放出したユベントスは代わりにシャルケからドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスをレンタルで獲得したが、ユベントスはその穴を埋められていないと考えている模様だ。 ▽さらに、ブラジル代表DFミランダや、今夏獲得したスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが高いパフォーマンスを披露しているインテルも、世界レベルのDFを獲得することは同クラブにとって非常に魅力的な選択だとも伝えられている。 ▽バイエルンとの現行契約を2021年6月30日までとしているJ・ボアテング。キャリアの絶頂期を迎えている今、見知らぬ土地で新たな挑戦に臨むにはベストなタイミングにも思えるが、果たしてJ・ボアテングはどのような選択をするのだろうか。 2017.12.15 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル勝利に貢献も序列は覆らず…長友佑都に辛口評価「彼は今もサントンの後ろ」

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都はコッパ・イタリアでPKを決め、インテルを勝利に導いたが、イタリア紙『イル・ジョルノ』は14日、厳しい見解を示している。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア5回戦でポルデノーネ(セリエC)と対戦。主力を温存し、18歳のFWアンドレア・ピナモンティや19歳のFWヤン・カラモーら若手など、控え組が先発に起用された。しかし延長戦を終えてスコアレスドローと大苦戦を強いられ、試合はPK戦にもつれ込んだ。PK戦でもサドンデスに突入するが、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。<br><br>同紙はセンターバックのDFアンドレア・ラノッキアを評価した一方、カラモーやDFジョアン・カンセロ、DFダウベルト・エンリケについて「ダメだった」と指摘。特に今夏、ニースから2000万ユーロ(約26億円)で加入した長友のライバルについては、「遠慮し過ぎる上に、攻守両面において精度が低い。期待からほど遠い」と結論付けた。<br><br>だがベテラン勢のFWエデルと長友に関しても、「最高のパフォーマンスを見せることはなかった。彼らは新参者という言い訳もない」と厳しい分析をした。一方、「日本人選手は試合を決めるPKを非常に上手く蹴り、総合的には疑念を消し去った」として、最後のPKにより評価を上げたことに言及。「だがサイドにおける序列を覆すには至らなかった。現在、彼は(ダニーロ)ダンブロージオと(ダヴィデ)サントンの下に位置する」と結論を下した。今後もサイドバックにおけるポジション争いは注目されるところだ。<br><br>なおインテルはコッパ・イタリア次戦の準々決勝において、ヴェローナを下したミランと対戦する。コッパ・イタリアでのミラノダービーは2000年の準々決勝以来となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 17:43 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース