超ワールドサッカー

今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性2017.04.21 22:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。

▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。

「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」

「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」

▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ファン・ダイクの希望はペップ率いるシティ移籍か リバプール&アーセナル行きを固辞

▽今夏のサウサンプトン退団が噂されるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)が希望する移籍先はマンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽2015年にセルティックからサウサンプトンに加入したファン・ダイクは、優れた対人対応にカバーリングとソリッドな守備に加え、強烈なフリーキックを武器とするなど、攻守に貢献できるモダンなセンターバックとして高い評価を集める。そして、同選手の元にはチェルシーとアーセナルのロンドン勢に加え、リバプールが獲得に興味を示している。 ▽だが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の伝えるところによれば、ファン・ダイクはジョゼップ・グアルディオラ監督と共に働くことを熱望しており、リバプールとアーセナルからのオファーを固辞しているようだ。 ▽ただ、ファン・ダイクとシティが相思相愛の関係を築いている一方、移籍に向けた障壁となっているのが、サウサンプトンが設定している5000万ポンド(約71億7000万円)という高額な移籍金のようだ。現在、シティは来シーズンに向けて大型投資を行う準備を進めているものの、センターバックのポジションに高額な移籍金を注ぎ込むことに難色を示している模様だ。 2017.04.29 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロ、G・ジェズス復帰に危機感も「ペップの采配を尊重」

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、チームメイトのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰したことに危機感を抱きながらも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の決断を尊重することを主張している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽シティは、27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを0-0で引き分けた。この一戦では、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦(2-0で勝利)で右足中足骨を骨折し、今季絶望かと思われていたG・ジェズスがベンチ入り。86分にはスターリングに代わって約2カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽1月にG・ジェズスがシティに加入してから負傷するまでの間、先発メンバーから外れることが増えたアグエロは、同選手の復帰に気を引き締めた。また、再びベンチに座ることになっても監督の采配に従うことを強調している。 「彼は、シティに所属するに相応しく、若くて素晴らしいプレーヤーだよ」 「僕は、身を引かなくてはいけない時があるということをわかっている。いくつか年齢を重ねていくと、若い選手たちがプレッシャーをかけてくるもんだ。その時に、さらに成長しなくてはいけない」 「彼が復帰したことで、僕はさらに集中してプレーしなくてはいけない。それが嬉しいよ。もし、またベンチスタートとなってしまったら、それを受け入れなければならない。それがフットボールだ」 「僕は常に監督を尊敬しているし、ペップを尊重しているよ。シーズンが終わるまでに自分の全てを与えられるようにプレーしていきたいね」 2017.04.28 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーで復帰のG・ジェズス、“幻のゴール”は「自信に」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが、負傷明け後の復帰戦となった27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で足を骨折。今冬の加入以来、ゴールを積み重ねたことで、早々にサポーターの心を鷲掴んだものの、今シーズン中の復帰絶望的との見方が強まっていた。 ▽しかし、事前の見立てよりも早く戦列に復帰したG・ジェズスは、ユナイテッド戦でベンチ入りすると、86分からプレー。幻のゴールに終わったものの、後半アディショナルタイム1分にFWセルヒオ・アグエロのクロスに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすなど上々のパフォーマンスを披露した。 ▽G・ジェズスは、マンチェスター・ダービー後のインタビューで復帰戦を回想。自身のプレーぶりに手応えを掴んだ様子を見せ、30日に行われる次節のミドルズブラ戦に向けて「(準備)できている。とても良い気分だし、体調も良い」と出場に意欲を示した。 「良かったよ。勝利できなかったことは残念だったけど、またプレーできて嬉しいよ。10分ほどのプレーだったけど、フィジカル的な問題もない。フィットできていたと思う。トレーニングに励んで、様子を見ていきたい」 「ゴールがオフサイドで取り消されてがっかりしたよ。でも、またプレーできたし、得点感覚を確かめられて嬉しい。自信になった。次の試合でも、これを続けていきたいね。フットボールをすることが一番好きなんだからね」 2017.04.28 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

内容で圧倒したペップ、ユナイテッドとドローも「悔いない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が27日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・ユナイテッド戦後、ドローという結果に「悔いはない」と話した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽マンチェスター勢によるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を懸けた試合は、序盤からシティが内容面でユナイテッドを圧倒。しかし、相手に退場者が出た上、総シュート本数を記録しながら無得点に終わり、シティにとって悔やまれる結果に終わった。試合後会見に出席したグアルディオラ監督は、ユナイテッド戦を次のように振り返っている。 「試合をコントロールすることができていたし、勝つに値するだけのチャンスも十分に作り出せていた。彼らは2つぐらいだったのに対してね。ユナイテッドの対戦は簡単なものじゃない。24戦無敗中なのだから。我々は勝利のために全てを出し尽くしたし、起きてしまったことに後悔はないよ」 ▽勝ち点1を上積みしたシティは、65ポイントでCL出場圏内(プレーオフからの参戦)の4位をキープ。1試合消化数の多いリバプールを1ポイント差とし、30日に行われる次節にミドルズブラとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.28 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、フェライーニ退場で皮肉…「アグエロに骨折なし。いつものイケた面だった」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・シティ戦(0-0のドロー)で退場のベルギー代表MFマルアン・フェライーニに言及。退場に追い込んだマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを皮肉った。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽マンチェスター勢によるチャンピオンズリーグ出場圏内を懸けた試合は84分、直前のプレーでイエローカードを受けたばかりのフェライーニが明らかに突っかかってきたアグエロに頭突き。その光景を目の前で確認のマーティン・アトキンソン主審から、まんまとアグエロの罠に引っかかったフェライーニに一発退場が宣告されていた。 ▽モウリーニョ監督は試合後、「ちゃんと見ていなかったが、とても経験豊富なアルゼンチン人プレーヤーがスマートだったんだろう」とフェライーニの退場シーンを振り返り、次のように続けた。 「マルアンは、自身がマルアンだから出されたレッドカードだったと話していたよ。マーティン・アトキンソンは私に退場の正当性を説明してくれたが、トンネルでアグエロを見た限り、鼻も頭も折れていなかったし、いつものイケた面だった」 「確かなのは、セルヒオがあの時に倒れ込まなかったら、レッドカードじゃなかったし、マルアンがそのチャンスを得てしまったということ。それと、残り15分を10人で戦わなければならなかったということだ。選手たちは勝ち点のためによく戦ってくれた」 2017.04.28 09:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース