今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性2017.04.21 22:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。

▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。

「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」

「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」

▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ギュンドアンが親善試合で8カ月ぶり実戦復帰…SNSで喜びの声を上げる

現地時間14日、マンチェスター・シティはジローナと親善試合を行い、0-1で敗れる結果となった。<br><br>この試合では、マンチェスター・Cのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが71分から途中出場を果たし、約8カ月ぶりにピッチに立った。<br><br>試合後ギュンドアンは自身のSNSを通して「何カ月も試合から遠ざかって、やっと試合に復帰できたことを嬉しく思っている。チームは勝つことができなかったけど、タックルやダッシュなど、試合でしっかりプレーできることが分かって本当に良かった。これは僕にとって大きな意味を持っている」と述べ、実戦復帰の喜びを明かした。<br><br>同選手は昨シーズン12月のワトフォード戦で十字じん帯を負傷し、それ以来戦列から離れていた。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても、信頼を寄せるプレーメーカーの復帰は朗報と言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、サンチェス獲得に86億円投下か

▽マンチェスター・シティが、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得に向けて、6000万ポンド(約85億7000万円)の移籍金を用意しているという。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、シティはサンチェス獲得に6000万ポンド(約85億7000万円)を用意。加えて40万ポンド(5700万円)の週給にボーナスと肖像権を含めた契約を準備しているという。 ▽アーセナルとの契約が残り1年を切っていることから、サンチェスとの契約延長を急いでいたアーセナルだが、同選手が週給30万ポンド(約4200万円)を要求していることから、交渉は難航しているとみられてきた。しかし、今回シティが用意した週給40万ポンドは、そのサンチェスの要求額を軽く超えるものとなっており、同選手がこのオファーを前向きに検討するのではないかと予測される。 ▽なお、サンチェスに対してはパリ・サンジェルマンも獲得に興味を示しており、フランス『RTL』は、同選手がフランスで目撃されたと報道。こちらは8000万ポンド(約113億8900万円)のオファーを準備し、選手に対してはシティと同額の週給40万ポンド(約5700万円)を用意しているという。 2017.08.15 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

開幕戦ゴールのアグエロ、プレミアリーグで対戦した30チームから得点を奪う快挙

プレミアリーグ開幕戦に出場したマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロが、プレミアリーグの30チームから得点を奪う快挙を成し遂げた。<br><br>現地時間12日に行われたイングランド・プレミアリーグ第1節でマンチェスター・シティは敵地で昇格組のブライトンと対戦。0-0で迎えた70分にアグエロは貴重な先制点を奪い、チームは2-0で開幕戦で勝利を収めている。<br><br>データサイト『opta』によると、アグエロはプレミアリーグのキャリアの中で対戦した31チームのうち、30チームから得点を記録。アルゼンチン代表FWが唯一得点を奪えていないチームはボルトン・ワンダラーズのみとなっている。しかし、同クラブは今シーズン、チャンピオンシップ(英2部)を戦っているため、対戦した全クラブから得点することは早くとも来シーズン以降となる。<br><br>またマンチェスター・シティは、11月26日に昇格組のハダースフィールド戦を控えており、アグエロが31チーム目から得点を奪う期待が高まっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.13 22:03 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロ弾で昇格組ブライトン撃破! 快勝シティが開幕白星スタート《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは12日、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われたプレミアリーグ開幕節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-0で勝利した。 ▽昨シーズン、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを達成した昨季3位のシティはペップ体制2年目で真価が問われる今シーズンの開幕戦でプレミアリーグになって初昇格のブライトンと対戦した。 ▽グアルディオラ監督はこの開幕戦で[3-3-2-2]の布陣を採用。GKにエデルソン、3バックにコンパニ、ストーンズ、オタメンディ。中盤はアンカーにフェルナンジーニョ、ウイングバックにウォーカーとダニーロ、インサイドハーフにデ・ブライネとシルバが並び、2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズスが入った。 ▽立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、シルバとデ・ブライネ、ジェズス、アグエロの4人が中央を締める相手に対して小気味いいダイレクトプレーで揺さぶりを図るが、最後の場面でうまくいかない。 ▽27分には浮き球パスに反応したジェズスがゴール前に抜け出してGKより先にボールを流し込むが、ここは手を使ってボールを押し込んだとの判定でゴールは認められず。逆に、ジェズスにイエローカードが掲示された。 ▽それでも、攻勢を続けるシティは34分、シルバとの連係でボックス右ライン際に抜け出したアグエロから浮き球の折り返しを受けたジェズスがヘディングシュートを放つが、ここはGKライアンのビッグセーブに遭う。この跳ね返りをジェズスが左足で蹴り込むが、今度は左ポストに阻まれる。予想通り、相手を圧倒したシティだったが、前半のうちにブライトンの堅守攻略とはならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、50分にフェルナンジーニョの浮き球パスに抜け出したシルバの折り返しをジェズスが流し込んでゴールネットを揺らしたシティだが、シルバがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められない。 ▽すると、ここまで防戦一方だったブライトンが頼みのセットプレーからゴールに迫る。56分、セットプレーの流れからゴール前で混戦を生むと、ダフィーやダンクが続けてシュートを放つが、ここはGKエデルソンのセーブとDFコンパニのブロックに阻まれ、ワンチャンスを生かすことができない。 ▽押し込みながらもゴールが遠いシティは、68分にダニーロを下げてザネをピッチに送り出す。すると、この交代直後の70分に待望のゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の右サイドで後ろ向きにボールを受けたスティーブンスから前向きにボールを奪ったデ・ブライネが、すかさずバイタルエリアに走り込むシルバにパス。シルバはボックス右に走り込むアグエロへ絶妙なワンタッチパスを送ると、最後はアグエロが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽相手のミスから先制点を奪ったシティは畳みかける攻めを見せると、75分にはボックス付近でのアグエロのキープから右サイドに流れたフェルナンジーニョが浮き球のクロスを供給。これをゴール前でジェズスと競ったDFダンクが自軍のゴールに豪快に頭で流し込んでしまい、シティに幸運な形で追加点が決まった。 ▽その後、ジェズスとアグエロの2トップを下げてスターリングとこれがプレミアデビューとなるベルナルド・シウバを投入したシティは、相手の反撃を危なげなく凌ぎ切って2-0で勝利した。得意の開幕戦をきっちり制したシティは、同じく開幕戦を制したエバートンと次節対戦する。 2017.08.13 03:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン、ペップ指揮下での成長を感じる「僕の憧れはシャビだった」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の指導下で充実した日々を過ごしているようだ。<br><br>グアルディオラがシティ指揮官に就任した際、最初に獲得したのはギュンドアンだった。シティは移籍金2000万ユーロ(約26億円)でドルトムントからギュンドアンを獲得している。<br><br>加入後度重なる負傷に苦しめられてきたギュンドアンだが、グアルディオラ監督の下で確かな成長を感じている。スペイン『マルカ』のインタビューで、以下のように語った。<br><br>「グアルディオラは中盤の選手が好きみたいだね(笑) 彼が監督になって、僕は得点という部分で向上した。ゴール前でより危険な選手になったんだ。もちろん、それはチームの動き方にもよるけれどね」<br><br>「グアルディオラと彼のコーチングスタッフは、常に改善を求めている。細部にものすごく拘っているね。監督はいつも解決策を与えてくれる。彼が世界最高の監督だと呼ばれる所以だね」<br><br>ギュンドアンは、グアルディオラ監督が率いていたバルセロナのファンだったという。<br><br>「僕の憧れはシャビだった。彼のことはよく見ていたよ。今もまだプレーしているんだよね? 彼はピッチ上のマエストロだった。シャビに(アンドレス)イニエスタ、(リオネル)メッシ...あの頃のバルセロナといったら! いつも楽しく試合を観戦していたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.11 14:33 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース