超ワールドサッカー

金子が2万弾の清水、逆転を許すもラストワンプレーで追いつき川崎Fとドロー!《J1》2017.04.21 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。

▽第7節終了時点で、3勝1敗3分で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝3敗1分で9位につける清水(勝ち点10)の一戦。前節のコンサドーレ札幌戦を1-1で引き分け、公式戦を3戦連続ドローと勝ち切れない試合が続く川崎Fは、先発メンバーを3人変更。田坂と長谷川に変えて阿部と大塚を起用した。また、累積警告により出場停止となったハイネルに変えて三好が今シーズン初先発を果たした。

▽一方、前節の大宮アルディージャ戦を1-1のドローで終え、今季2度目の連勝を飾ることができなかった清水は、先発メンバーを2人のみ変更。二見と村田に変えて角田と枝村を起用した。

▽J1通算2万ゴールの達成も注目されているこの一戦。試合は川崎Fがボールを支配するも、清水の積極的なプレスに苦しみ、シュートまでつなげられない低調な立ち上がりとなる。

▽すると、最初に仕掛けたのは清水。7分、金子からのスルーパスを受けた枝村がボックス右からシュートも枠を外す。対する川崎Fは8分、ボックス左外からの小林のクロスを阿部が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。

▽その後は、再び川崎Fがパスを回して相手の隙を探るも、安易なミスが見受けられ、不安定なビルドアップを繰り返してしまう。すると清水が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ボックス右外でパスを受けた鄭大世がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに流れたボールを走り込んだ金子が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの手を弾いてネットを揺らした。この得点がJ1通算2万ゴール目となった。

▽先制を許した川崎Fは攻勢を強める。18分、最終ラインからのロングボールを強引に収めた小林が右足でシュートを放つも枠外に。さらに29分、敵陣中央でパスを奪った三好がボックス手前に侵攻し、左足を振り抜くも、わずかにゴールを外れる。

▽立て続けにチャンスを作られた清水は34分、敵陣中央でパスを受けた野津田が左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを強襲。GKチョン・ソンリョンに落ち着いて対処されるも、川崎Fをけん制する。

▽攻勢を続ける川崎Fは終盤、持ち味であるパスワークから決定機を迎える。40分、左サイドを突破した小林から阿部、大塚、三好を経由してボックス右に迫ると、登里が相手DFの股を抜いてゴール前にパスを供給。走り込んだ小林が足を伸ばすも、わずかに届かず。1-0で清水がリードして試合を折り返す。

▽後半に入ってもボールを保持する川崎Fだが、中央を固めた清水の守備にてこずり、攻めあぐねる時間帯が続く。それでも辛抱強く清水ゴールへ迫ると、阿部の移籍後初ゴールで同点に追いつく。62分、ボックス右手前でパスを受けた三好が左足でボックス左にクロスを供給。これを走り込んだ阿部が左足で合わせると、GK六反に触られるも、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。すると、リズムを取り戻した川崎Fが逆転に成功する。73分、右サイドでパスを受けた三好が左足でクロスを供給。これを収めた小林がゴール前右で粘りボックス中央に落とすと、反応した中村が右足で合わせゴール左隅へ突き刺した。

▽逆転を許した清水は猛攻を仕掛けたいものの、応戦する川崎Fに時間を使われてしまう。このまま終了かと思われたが、試合終了間際のラストプレーにドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、白崎のスルーパスにボックス右外へと抜け出した途中出場のチアゴ・アウベスがカットインから左足を振り抜くと、これがニアサイドを射抜き、Jリーグ初ゴールで同点に追いつく。

▽結局そのまま試合が終了。一度は逆転をした川崎Fだったが、ラストワンプレーで追いつかれ、これで公式戦4戦連続ドロー。一方の清水は、なんとか引き分けに持ち込んだものの、金子のJ1通算2万ゴール目を勝利で飾ることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖MF鎌田大地が入籍「僕を影で支え続けることを選択してくれるような強い女性」

▽サガン鳥栖は25日、MF鎌田大地(20)の入籍を発表した。 ▽クラブの発表によると、鎌田は23日に入籍していたとのこと。お相手はかねてから交際していた一般女性で、年齢は同じとのことだ。鎌田はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではありますが、かねてからお付き合いをしていた同い年の一般女性の方と入籍しました事を慎んでご報告させていただきます。僕が言うのも何ですが、まだ若いのに自分の夢を捨ててまで僕の夢を一緒に叶えたい、僕を影で支え続けることを選択してくれるような強い女性です」 「感謝の気持ちを忘れず、まず1人の男として彼女を幸せにしたいと思います。これからは2人で支え合いながら頑張っていきます!サッカー選手としても今まで以上に責任感を持って、チームのために結果を残していけるように頑張りますので、これからも変わらぬご声援をよろしくお願いします」 2017.05.25 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田MF中村俊輔が左ハムストリングス肉離れで約3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、MF中村俊輔の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、中村は23日のトレーニング中に負傷したとのこと。浜松市内の医療機関にて検査を受けた結果、左ハムストリングス肉離れと診断。トレーニング合流までは3週間程度を要するとのこと。27日の第13節サンフレッチェ広島戦、6月4日の第14節ガンバ大阪戦を欠場することとなる。 ▽中村は、今シーズンから磐田でプレー。明治安田生命J1リーグで11試合に出場し2得点を記録していた。 2017.05.25 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

村井チェアマン、選手やサポーターの問題行動を受けて「クラブとサポーターで話し合う方がサッカーの本質に近い」

▽Jリーグは25日に理事会を実施。村井満チェアマンが理事会後に記者会見を行い、Jリーグサポーターの問題行動などについて語った。 ▽今回の理事会では2017年Jリーグサポーティングカンパニーとして、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイトトーマツコンサルティング合同会社と契約を締結したことを発表。Jリーグのデジタル化を加速させるためにプロフェッショナルを派遣してサポートしてもらうこととなるようだ。 ▽また、福島ユナイテッドFCのホームタウンが追加されたことも発表された。これまでは福島市を中心とする全県だったが、変更後は福島市、会津若松市を中心とする全県となる。 ▽今回の理事会後記者会見では、Jリーグで相次ぐ選手やサポーターによる問題行為についての質問に回答。村井チェアマンは現時点で理事会に報告した段階であることを強調した。 ▽今後の対策についてはこれから話し合われる段階であるとしつつ、自身の見解として「サッカーの場合は人間が手を使えず足でやるスポーツであり、だからこそ感情の爆発が起こる。そういう喜怒哀楽の表現はサッカー独特のもの」とし、「サポーターの表現を管理するのはサッカーからすると適切ではない。絶対許せない差別はガイドライン示して、あるべき姿をクラブがサポーターと話し合う。そちらの方がサッカーの本質に近い」とコメント。Jリーグが対策を示すよりも、クラブとサポーターで作り上げる方が良いとの考えを口にした。 ▽またシーズン制についても質問があり、村井チェアマンはこちらも現時点で理事会に報告を行った段階だと強調。またドイツをモデルケースとして「代表チームとリーグがお互いにwin-winの関係を作れるようにする。そのために1つの案として、シーズンの移行はどうなのかと議論を開始した段階」とコメント。また「年内を目途に1つの方向性を示したい」との考えを明かした。 2017.05.25 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

A代表初選出となる柏GK中村航輔「代表に定着していけるように頑張って行きたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に初選出された柏レイソルのGK中村航輔がクラブを通じコメント。A代表初選出を喜ぶとともに、代表定着を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔(柏レイソル)</span> 「日本代表はずっと目指してきた場所なので、本当に嬉しく思います。個人としても結果が出せているし、レイソルが上位にいることも選んでいただけた理由のひとつだと思うので、チームメイトのみんなにも感謝しています。シュートストップが自分の特徴なので、これからもしっかり発揮して、代表に定着していけるように頑張って行きたいです」 2017.05.25 18:59 Thu
twitterfacebook
thumb

攻守に貢献を誓う浦和MF遠藤航「自分自身の特徴をしっかりと出して、攻守に貢献」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に招集された浦和レッズのMF遠藤航がクラブを通してコメント「特徴を出して攻守に貢献」と勝利を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆MF遠藤 航(浦和レッズ) </span> 「日本代表に選出していただき、大変光栄です。最終予選のイラク戦はアウェイでの戦いになりますし、厳しいものになると思いますが、自分自身の特長をしっかりと出して、攻守に貢献し、勝利できるようがんばります。応援よろしくお願いします」 2017.05.25 17:52 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース