超ワールドサッカー

金子が2万弾の清水、逆転を許すもラストワンプレーで追いつき川崎Fとドロー!《J1》2017.04.21 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。

▽第7節終了時点で、3勝1敗3分で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝3敗1分で9位につける清水(勝ち点10)の一戦。前節のコンサドーレ札幌戦を1-1で引き分け、公式戦を3戦連続ドローと勝ち切れない試合が続く川崎Fは、先発メンバーを3人変更。田坂と長谷川に変えて阿部と大塚を起用した。また、累積警告により出場停止となったハイネルに変えて三好が今シーズン初先発を果たした。

▽一方、前節の大宮アルディージャ戦を1-1のドローで終え、今季2度目の連勝を飾ることができなかった清水は、先発メンバーを2人のみ変更。二見と村田に変えて角田と枝村を起用した。

▽J1通算2万ゴールの達成も注目されているこの一戦。試合は川崎Fがボールを支配するも、清水の積極的なプレスに苦しみ、シュートまでつなげられない低調な立ち上がりとなる。

▽すると、最初に仕掛けたのは清水。7分、金子からのスルーパスを受けた枝村がボックス右からシュートも枠を外す。対する川崎Fは8分、ボックス左外からの小林のクロスを阿部が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。

▽その後は、再び川崎Fがパスを回して相手の隙を探るも、安易なミスが見受けられ、不安定なビルドアップを繰り返してしまう。すると清水が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ボックス右外でパスを受けた鄭大世がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに流れたボールを走り込んだ金子が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの手を弾いてネットを揺らした。この得点がJ1通算2万ゴール目となった。

▽先制を許した川崎Fは攻勢を強める。18分、最終ラインからのロングボールを強引に収めた小林が右足でシュートを放つも枠外に。さらに29分、敵陣中央でパスを奪った三好がボックス手前に侵攻し、左足を振り抜くも、わずかにゴールを外れる。

▽立て続けにチャンスを作られた清水は34分、敵陣中央でパスを受けた野津田が左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを強襲。GKチョン・ソンリョンに落ち着いて対処されるも、川崎Fをけん制する。

▽攻勢を続ける川崎Fは終盤、持ち味であるパスワークから決定機を迎える。40分、左サイドを突破した小林から阿部、大塚、三好を経由してボックス右に迫ると、登里が相手DFの股を抜いてゴール前にパスを供給。走り込んだ小林が足を伸ばすも、わずかに届かず。1-0で清水がリードして試合を折り返す。

▽後半に入ってもボールを保持する川崎Fだが、中央を固めた清水の守備にてこずり、攻めあぐねる時間帯が続く。それでも辛抱強く清水ゴールへ迫ると、阿部の移籍後初ゴールで同点に追いつく。62分、ボックス右手前でパスを受けた三好が左足でボックス左にクロスを供給。これを走り込んだ阿部が左足で合わせると、GK六反に触られるも、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。すると、リズムを取り戻した川崎Fが逆転に成功する。73分、右サイドでパスを受けた三好が左足でクロスを供給。これを収めた小林がゴール前右で粘りボックス中央に落とすと、反応した中村が右足で合わせゴール左隅へ突き刺した。

▽逆転を許した清水は猛攻を仕掛けたいものの、応戦する川崎Fに時間を使われてしまう。このまま終了かと思われたが、試合終了間際のラストプレーにドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、白崎のスルーパスにボックス右外へと抜け出した途中出場のチアゴ・アウベスがカットインから左足を振り抜くと、これがニアサイドを射抜き、Jリーグ初ゴールで同点に追いつく。

▽結局そのまま試合が終了。一度は逆転をした川崎Fだったが、ラストワンプレーで追いつかれ、これで公式戦4戦連続ドロー。一方の清水は、なんとか引き分けに持ち込んだものの、金子のJ1通算2万ゴール目を勝利で飾ることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和、リーグ3連敗…鳥栖が鎌田のラストマッチを勝利で飾る《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、サガン鳥栖vs浦和レッズが25日に行われ、2-1で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで5勝5敗5分けで12位に位置している鳥栖(勝ち点20)は、21日に行われた 天皇杯2回戦の松江シティFC戦は3-0で快勝。その試合から藤田、小川、豊田を小林、早川、小野にスタメン変更し、試合に臨んだ。 ▽対する浦和(勝ち点23)は、7勝5敗2分けで現在8位。リーグ戦では2連敗していたものの、控え中心で挑んだ天皇杯では、グルージャ盛岡を3-2で退け、勝ち星を取り戻した。今節はその試合から全メンバーを変更。槙野や柏木、興梠にラファエル・シルバといった主力メンバーを並べた布陣でリーグ戦4試合ぶりの勝利を目指した。 ▽試合は立ち上がりから攻撃に重きを置く両チームの激しい試合展開になる。6分、ボックス右に侵入したビクトル・イバルボが倒されるも、笛はならず。15分には興梠が右足で狙うが、枠の外へ。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、22分に鳥栖に決定機。イバルボがディフェンスラインを抜け出すと、そのままGKもかわして、無人のゴールへ。しかし、寸前のところで駒井のブロックに遭い、ゴールには至らなかった。対する浦和も41分に右CKから槙野が頭で合わせるが、GK権田がセーブ。無得点のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、両者攻め込むもなかなか得点を奪うことができないでいる中、65分に鳥栖がCKから試合を動かす。フランクフルトへの移籍が決まっている鎌田のCKから、小野がダイビングヘッドで合わせ先制点をもたらした。 ▽同点に追いつきたい浦和は、何度かゴール前まで攻め込むものの、精細さを欠きゴールを奪うことができない。すると終了間際の90分、相手のバックパスを奪った田川のパスを受けた福田がGKとの1対1の場面に。福田は冷静に流し込み、鳥栖が決定的となる2点目をあげた。 ▽諦めない浦和は、後半アディショナルタイム5分に、ペナルティエリア内でキム・ミンヒョクが足裏を見せたとしてPKの判定。李がこれを決め1点を返したが、時すでに遅し。2点を守り切った鳥栖が2-1で勝利し、鳥栖でのラストマッチとなった鎌田を花道で送った。敗れた浦和はこれでリーグ戦3連敗となった。 2017.06.25 21:27 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪、堂安ラストマッチを勝利で飾れず…一進一退の攻防も川崎Fとドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ガンバ大阪vs川崎フロンターレが25日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで8勝4分け2敗で3位につけるG大阪(勝ち点28/1試合未消化)が、7勝4分け3敗で6位につける川崎F(勝ち点25/1試合未消化)を迎えた。前節のヴィッセル神戸戦を1-0で勝利し、暫定首位である柏レイソルとの勝ち点差を3に縮めたG大阪は、その一戦から先発メンバーを2人変更。初瀬とパトリックに代えて、井手口と長沢を起用した。また、23日にオランダのFCフローニンヘンに期限付き移籍することが決定した堂安は、[4-4-2]の2トップの一角に入った。 ▽一方、前節のサンフレッチェ広島戦を1-0で勝利し、連敗を避けることができた川崎Fは、その一戦と同様のメンバーでこの一戦に臨んだ。また、古巣対決となる阿部は[4-2-3-1]の1トップで先発した。 ▽21日に行われた天皇杯2回戦でターンオーバーを採用し、この一戦にほぼ万全な状態で迎えることができた両者の一戦は、立ち上がりからホームのG大阪が積極的に相手ゴールへと迫る展開となる。2分、ボックス右外からの遠藤のクロスを長沢が頭で合わせる。ファーサイドに流れたボールを堂安が左足でシュートを放つが、枠を捉えることができない。 ▽対する川崎Fもボールを保持し始めると9分、ボックス左外で仕掛けた車屋のクロスをニアサイドで収めた登里がシュート。これはGK東口に阻まれる。さらに11分にもエドゥアルド・ネットがボックス手前やや左から左足を振り抜くが、今度はゴール右を逸れてしまう。 ▽序盤からオープンな展開になるとG大阪は13分、カウンターからパスを受けた堂安が仕掛けてボックス右からシュート。さらにこぼれ球に反応した倉田がボックス内から右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの攻守に阻まれる。 ▽カウンターからチャンスを作るG大阪に対して、川崎FはG大阪ディフェンスを崩しきれず、決定機を作ることができない。古巣対決に燃える阿部が17分、20分に立て続けにボックス手前からミドルシュートを放つが、これも脅威とはならない。 ▽その後、試合が落ち着き始め、時間の経過と共に川崎Fが敵陣へと侵攻する回数が増加 するものの、G大阪も良い形でシュートを打たせず、好機を与えない。 ▽ボールを持たせても焦れないG大阪は44分、ボックス手前で遠藤のパスを受けた堂安がボックス内でのキープからラストパス。落としを受けた倉田がボックス手前から左足を振り抜いたが、わずかにゴール左を外れ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、前半終了間際に川崎Fゴールを脅かしたG大阪が仕掛ける。47分にはボックス右手前からオ・ジェソク、50分には堂安のパスを受けた倉田がボックス手前からシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽しかし52分、ここまでやや押し込まれていた川崎FがG大阪の一瞬の隙を突いて先制する。ボックス右手前でパスを受けたエウシーニョがグラウンダーのクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだ中村がスルーし、ボールはファーサイドへと抜ける。そこに走り込んでいた登里がシュートを打たず、スルーした中村へのラストパスを選択すると、中村が右足インサイドでプッシュ。ボールはカバーに入っていたファビオに当たってゴールへと吸い込まれた。 ▽このゴールで勢いに乗った川崎Fは58分、車屋が阿部とのパス交換でボックス左外へ抜け出すと、ボックス手前の阿部へリターン。これを阿部が右足インサイドで丁寧に合わせたが、決めきることができない。 ▽同点に追いつきたいG大阪は64分、この日がオランダ移籍前最後の試合となった堂安に代えてアデミウソンを投入。勇猛果敢に川崎Fゴールへと迫ったG大阪の至宝には会場内から大きな拍手が送られた。 ▽するとその4分後、攻勢を強めるG大阪が同点ゴールを奪う。ボックス左外でパスを受けた井手口が右足でクロスを供給。これをボックス中央の長沢が頭で合わせ、ゴール右隅へと流し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻したG大阪が逆転へ攻勢を強め、立て続けにボックス右へ侵攻するが、決めきることができない。対する川崎Fは77分、途中出場の家長のクロスにゴール前の小林がヘディングシュートを放つが、GK東口の正面に飛んでしまう。 ▽終盤に差し掛かると川崎Fが勝ち越しのチャンスを迎える。86分、右サイドを抜け出したエウシーニョがボックス右に侵攻し、グラウンダーのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだ小林がフリーで右足を合わせるが、ミートすることができず、ゴール左へ外れてしまう。 ▽絶好機をフイにしてしまった川崎Fは、その後も激しくゴールへ迫ったが、最後までG大阪の牙城を崩すことができず、試合終了。上位対決は1-1で勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.06.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のD・オリヴェイラ弾で柏が首位を堅持! 札幌は泥沼6連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の柏レイソルvsコンサドーレ札幌が25日に日立柏サッカー場で行われ、柏が2-1で勝利した。 ▽ここまで10勝1分け4敗で首位につける柏と、3勝3分け9敗で15位と苦しんでいる札幌が対戦した。柏は、0-0で引き分けた前節のヴァンフォーレ甲府戦と同様のメンバーを起用。一方、リーグ5連敗中の札幌は、河合、福森、早坂、ジュリーニョに代わって、横山、菊地、菅、ヘイスが起用された。 ▽試合は序盤から柏が積極的に前へ出て札幌を押し込む。それでも、粘り強く守る札幌は14分にセットプレーからチャンスを演出する。右サイドの遠い位置から菅がゴール前にFKを供給。DFのクリアボールの跳ね返りがヘイスの頭に当たると、これがゴールに飛んだが、GK中村に処理された。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負が繰り広げられる。相手の隙をうかがいながら攻める柏に対し、札幌は時に中盤を省略しながら、エースの都倉にボールを集める。そんな中、試合を動かしたのは柏だった。42分、ボックス正面で前を向いた武富が横山に倒されてPKを獲得。これをクリスティアーノが冷静に決めて、試合の均衡を破った。 ▽迎えた後半、ビハインドを背負う札幌は49分にチャンス。右サイドのマセードが上げたクロスに正面の都倉が頭で合わせる。これが枠を捉えるが、今季好調のGK中村のファインセーブに遭う。 ▽それでも、62分には札幌が同点に追いつく。ペナルティアーク左でFKのチャンスを得ると、キッカーのヘイスは味方が入っていた壁の間をうまく狙って低い弾道のシュートを蹴る。これが決まり、札幌が試合を振り出しに戻した。 ▽その後、終盤にかけて柏は仲川、武富、輪湖に代えてディエゴ・オリヴェイラ、大津、ユン・ソギョンを投入。札幌は宮澤とマセード、ヘイスを下げて河合、早坂、金園を送り出す。 ▽終盤は柏が押し込む展開となるも、札幌も奮闘。それでも、88分に柏が決めた。ボックス右に走り込んだディエゴ・オリヴェイラがスルーパスを受けると、切り返してシュート。これがファーサイドに決まり、柏が勝ち越した。 ▽結局、このゴールが決勝弾となり、試合終了。柏が首位を堅持した一方、札幌はリーグ6連敗となった。 2017.06.25 20:58 Sun
twitterfacebook
thumb

3発快勝の大宮が残留争い対決を制す! 広島は課題の決定力不足が露呈… 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャが25日に行われ、3-0で大宮が勝利した。 ▽前節17位に転落した広島(勝ち点10)はリーグ戦ここ9試合で1勝と苦しい状況。21日に行われた天皇杯2回戦では、J3の鹿児島ユナイテッドFC相手に3-2で辛くも勝利した。その試合から森崎以外の10人をスタメン変更。千葉や水本、青山らが先発に復帰。鹿児島戦2得点の工藤はベンチスタートとなった。 ▽対する16位の大宮(勝ち点11)は、公式戦2連勝中。前節のアルビレックス新潟戦、天皇杯のtonan前橋戦に続いて3連勝を目指したいところ。主力メンバーを温存して臨んだ前橋戦から11人全員をスタメン変更。和田や高山、江坂といったおなじみのメンバーが先発に起用された。 ▽残留を争う2チームの直接対決となったこの試合、互いに相手の出方を窺う中、徐々に広島が攻勢に出る。10分、右サイドのミキッチがボックス手前中央にパスを送ると、アンデルソン・ロペスがスルーを選択。これに反応した柴崎が右足でシュートを狙うが、GKにセーブされる。これがこの試合のファーストシュートとなった。 ▽攻め込まれる大宮も19分にゴールチャンス。パスワークからボックス左に侵入した茨田が、ゴール前に折り返す。抜ければゴールの場面だったが、DFの守備に遭い、シュートまで持ち込むことができない。その後は広島が青山や柏、ミキッチを中心に次々と大宮ゴールへ襲い掛かる。しかし、シーズンを通して決定力を欠くチームは、なかなかチャンスをモノにすることができない。 ▽無得点のまま迎えた後半も広島ペースが続く。50分にアンデルソン・ロペスが角度の無い所からシュートを打つが、枠を外してしまう。続く51分には森崎からの縦パスを受けた皆川が素早く体を反転させ、ボックス中央からシュートを狙うが、わずかに右にそれる。 ▽広島が再三の攻撃を形にできないでいると、虎視眈々と反撃のチャンスを窺っていた大宮がワンチャンスをモノにする。61分、江坂がドリブルでボックス左に侵入すると、そのまま左足を振り抜きゴール。前節2得点の江坂がこの試合でも決定力を見せつけ、大宮に先制点をもたらした。 ▽まさかの失点を喫した広島は、さらに攻勢を強めて前に出る。しかし課題の決定力不足が露呈。85分、代わって入った工藤がゴール前での絶好のシュートチャンスを決めきれず。後半アディショナルタイムの5分は、広島にとってチャンスではなく悪夢の時間帯に。 ▽アディショナルタイム4分、完全に守りに入っていた大宮だが、一瞬の隙を突いてマテウスがボックス外右から左足一閃。GK林の手の届かないコースで、ネットを揺らした。 ▽さらに大宮はアディショナルタイム5分、オフサイドラインぎりぎりで抜け出した渡部がボックス左に侵入。思い切りよく左足を振り抜き、ダメ押しとなる3点目をもたらした。 ▽試合はこのまま終了。幾度となく攻めた広島だったが、その決定力不足から得点を奪うことができず、これでリーグ3連敗。一方、少ないチャンスをモノにした大宮は効率よく得点を決め、残留争いとなった広島を3-0で下し、リーグ戦2連勝とした。 2017.06.25 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ペドロ・ジュニオール1G1Aの鹿島が新潟撃破で大岩体制リーグ3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の鹿島アントラーズvsアルビレックス新潟が25日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで9勝0分け5敗で4位に位置する鹿島と、2勝2分け11敗で最下位に低迷する新潟が相まみえた。鹿島は、3-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦から、GK曽ヶ端に代わってGKクォン・スンテが復帰させた1点を変更。一方の新潟は、1-2で敗れた前節の大宮アルディージャ戦からGK川浪とロメロ・フランクに代えてGK守田、加藤を起用した。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。最初に決定機を演出したのは新潟。23分、ペナルティアークからやや右の位置でチアゴ・ガジャルドが左足を振り抜く。強烈なミドルシュートがゴールに飛んだが、これはバーに直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負は続く。なかなか攻撃がハマらない鹿島に対し、新潟は相手の最終ラインを突きながらゴールを目指す。しかし、決定打を欠いたことで、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半、試合を動かしたのは積極的に攻めた鹿島だった。57分、小笠原の右CKに正面の山本が打点の高いヘディングで合わせる。これはGK守田に弾かれてゴールライン上のDFにクリアされるも、これが甘くなったところを見逃さなかったペドロ・ジュニオールが押し込んだ。 ▽これで勢いに乗った鹿島は立て続けにチャンス。70分には、DFソン・ジュフンからボールを奪ったペドロ・ジュニオールがボックス内に入ってシュートを放つ。しかし、これはGK守田のセーブに遭う。さらに、73分にもペドロ・ジュニオールが際どいシュートを放つ。 ▽決めきれない鹿島だが、75分には2点目を決める。ペドロ・ジュニオールのパスをボックス内で受けたレアンドロが冷静にGK守田の牙城を崩し、スコアを2-0とした。 ▽その後、負傷明けのレオ・シルバと遠藤を投入した鹿島は、新潟の攻撃をシャットアウト。大岩新監督体制後、リーグ戦3連勝で好調を維持している。一方の新潟はリーグ戦4連敗と苦しんでいる。 2017.06.25 20:30 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース