清水FW金子翔太がJ1通算2万ゴール目を記録! J1通算2点目2017.04.21 19:27 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが行われ、清水のFW金子翔太が先制ゴールを記録。これがJ1通算2万ゴール目となった。

▽金子は14分、カウンターからチャンスを作ると、右サイドからのグラウンダーのクロスに反応。ボックス内からシュートを放つと、GKチョン・ソンリョンが触れるもネットを揺らし、先制ゴールを記録。これがJ1通算2万ゴールとなった。

▽金子は第4節の鹿島アントラーズ戦で今シーズン初ゴールを決めており、このゴールが今季2ゴール目となった。

◆J1メモリアルゴール達成者
1ゴール:マイヤー(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日
500ゴール:水沼貴史(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日
1000ゴール:メディナベージョ(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日
1500ゴール:城彰二(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/1995年4月5日
2000ゴール:エジソン(ベルマーレ平塚) vsヴェルディ川崎/1995年8月12日
2500ゴール:江尻篤彦(ジェフユナイテッド市原) vsベルマーレ平塚/1995年11月15日
3000ゴール:三浦泰年(ヴェルディ川崎) vsセレッソ大阪/1996年8月28日
3500ゴール:高木琢也(サンフレッチェ広島) vs京都パープルサンガ/1997年5月3日
4000ゴール:横山貴之(セレッソ大阪) vsガンバ大阪/1997年8月23日
4500ゴール:レディアコフ(横浜フリューゲルス) vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日
5000ゴール:バジーリオ(柏レイソル) vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日
5500ゴール:佐藤一樹(横浜F・マリノス) vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日
6000ゴール:鈴木秀人(ジュビロ磐田) vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日
6500ゴール:長谷川祥之(鹿島アントラーズ) vs川崎フロンターレ/2000年7月1日
7000ゴール:久保竜彦(サンフレッチェ広島) vsセレッソ大阪/2001年5月12日
7500ゴール:久保山由清(清水エスパルス) vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日
8000ゴール:崔龍洙(ジェフユナイテッド市原) vs名古屋グランパス/2002年9月14日
8500ゴール:ヴァスティッチ(名古屋グランパス) vsベガルタ仙台/2003年5月18日
9000ゴール:斎藤大輔(ジェフユナイテッド市原) vsヴィッセル神戸/2004年3月13日
9500ゴール:安貞桓(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸/2004年9月23日
10000ゴール:前田雅文(ガンバ大阪) vs名古屋グランパス/2005年5月8日
10500ゴール:今野泰幸(FC東京) vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日
11000ゴール:アンドレ(京都パープルサンガ) vs清水エスパルス/2006年7月23日
11500ゴール:田中佑昌(アビスパ福岡) vs川崎フロンターレ/2006年11月18日
12000ゴール:ウェズレイ(サンフレッチェ広島) vsヴィッセル神戸/2007年6月23日
12500ゴール:マルキーニョス(鹿島アントラーズ) vs東京ヴェルディ/2008年3月16日
13000ゴール:巻誠一郎(ジェフユナイテッド千葉) vs東京ヴェルディ/2008年9月14日
13500ゴール:鄭大世(川崎フロンターレ) vs浦和レッズ/2009年5月10日
14000ゴール:中山博貴(京都パープルサンガ) vs浦和レッズ/2009年11月28日
14500ゴール:赤嶺真吾(ベガルタ仙台) vs大宮アルディージャ/2010年8月22日
15000ゴール:辻尾真二(清水エスパルス) vs大宮アルディージャ/2011年5月22日
15500ゴール:ラフィーニャ(ガンバ大阪) vs横浜F・マリノス/2011年9月18日
16000ゴール:藤田直之(サガン鳥栖) vsガンバ大阪/2012年5月25日
16500ゴール:永井謙佑(名古屋グランパス) vsジュビロ磐田/2012年11月17日
17000ゴール:鈴木大輔(柏レイソル) vs清水エスパルス/2013年7月17日
17500ゴール:家長昭博(大宮アルディージャ) vs川崎フロンターレ/2014年3月15日
18000ゴール:興梠慎三(浦和レッズ) vsアルビレックス新潟/2014年9月23日
18500ゴール:塩谷司(サンフレッチェ広島) vsアルビレックス新潟/2015年5月23日
19000ゴール:高山薫(湘南ベルマーレ) vsアルビレックス新潟/2015年11月7日
19500ゴール:遠藤康(鹿島アントラーズ) vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日
20000ゴール:金子翔太(清水エスパルス) vs川崎フロンターレ/2017年4月21日

コメント

関連ニュース

thumb

ポルティモネンセ加入のFC東京のMF中島翔哉が一般女性と入籍

▽FC東京は23日、6日にMF中島翔哉(23)が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽東京都出身の中島は、2014年にFC東京入りした後、カターレ富山への期限付き移籍を経て、同年8月に復帰した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合に出場して2得点を記録していた。なお、FC東京は同日、中島のポルティモネンセへの期限付き移籍が決定したことを発表している。 ▽入籍を発表した中島は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではございますが、このたびかねてからお付き合いをさせていただいていた方と入籍いたしました。まだまだ未熟者ではありますが、より一層の責任と自覚を持って日々精進してまいりますので、これからも変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします」 2017.08.23 10:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島DF小田逸稀が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月

▽鹿島アントラーズは22日、DF小田逸稀(19)の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によれば、小田は21日に行われた順天堂大学との練習試合中に負傷。その後、チームドクターが行った検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月と診断された。 ▽福岡の東福岡高校から今季入団した小田は、天皇杯2試合に出場していた。 2017.08.22 19:49 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島、ユースGK沖悠哉の2018年トップチーム昇格内定を発表

▽鹿島アントラーズは22日、鹿島アントラーズユースに所属するGK沖悠哉(18)が2018年より、トップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽茨城県出身の沖は、現在は鹿島学園高校に通いながら、鹿島のユースで活躍中。ジュニア世代から鹿島の下部組織で育った沖は、U-19日本代表にも選ばれており、今年5月から6月にかけ行われていたトゥーロン国際大会2017にも参加していた。 ▽また、鹿島の公式サイトでは同選手の特徴を「状況判断、セービングが高いレベルで安定したゴールキーパー。長短の正確なキックを蹴り分け、ビルドアップ能力にも優れる」と評している。 2017.08.22 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

世界へチームを発信できると意気込む浦和のFW李忠成「人に感動を与えられるような試合に」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和のFW李忠成が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW李忠成</span>(浦和レッズ) 「まずはACL、アジアのベスト8という舞台に立てる喜びを噛み締めながら明日は試合をしたいと思います。僕たちはアジアのベスト8で日本勢が対決するということには何かしら意味があると思います」 「僕たちの試合を見て、日本だけでなくアジアの子供たちが日本てこんなに面白いサッカーをするんだ、すごく楽しい試合だったねと言えるような、人に感動を与えられるような試合をして、お互いに良い試合をして2ndレグに向かいたいです。僕たち浦和レッズがベスト8を勝ち上がれるように、1stレグでしっかりとポイントを獲っていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──等々力での川崎F戦というとJリーグでもやっているが、ACLだと特別なものはあるか</span> 「僕たちからしたら、年に1回はやるスタジアムなので、やり慣れている部分はあります。Jリーグとの雰囲気の違いはピッチに立ったら同じサッカーなので、そこまで変わらないと思いますが、勝ち上がったら世界に浦和レッズというチームがこんなチームだと発信できる素晴らしい機会です」 「今日明日で立てる舞台ではないと思っているので、ベスト8で勝って、ベスト4で勝って決勝に出るというのは、チームの歴史を作るという意味でも大事な一戦になると思います」 「1stレグ、2ndレグの合わせて180分のゲームなので、180分の中でしっかり僕たちが勝ち上がれるプランニングやコンディションが整っています。とても良い試合ができると思います。相手の川崎も素晴らしく、アジアの中でもポゼッション率が一番高いチームだと思います。素晴らしい選手たちのクオリティとパスワークや攻撃のスタイルがあるので、選手としても楽しみです」 2017.08.22 18:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ACLで初指揮となる浦和の堀孝史監督「2ndレグにつながるような試合を」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった準々決勝。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和の堀孝史監督が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆堀孝史監督</span>(浦和レッズ) 「明日の対戦相手の川崎フロンターレというのは、ここ最近のJリーグで3連勝して勢いがあります。攻守において、攻めの姿勢を強く出してくるチームだと思います。力のある相手なので、難しいゲームになると思いますが、自分たちは今まで積み重ねて来たもの、それと準備して来たことしっかり出して良いゲームができたらと思います」 「ホームとアウェイの2試合で次への勝ち上がりが決まるレギュレーションなので、そのことを踏まえながらゲームを進めていく必要はあると思います」 「選手たちはACLに懸ける思いというのが強いです。こちらが多くを働きかけるというよりも、選手たちを信じて明日のピッチで躍動してくれると思っています。第2戦をホームで戦えるということがあるので、そのゲームにつながるような試合をしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここまで指揮を執って得ている手応えは</span> 「失点が多かった部分を減らさないといけないということで取り組んで、難しい時間帯も試合の中ではありますが、失点を減らせている部分は手応えとして感じています。また、今までやって来た攻撃の部分も選手たちが感覚を取り戻して、自信を取り戻しながら出て来ているので、明日はその辺りを期待しています」 <span style="font-weight:700;">──攻撃に関して前のスタイルを思い出させるにあたってどんなことをしているか</span> 「選手への声掛けや、その週のトレーニングで今までやって来たことが出せるようなメニューをやっています。選手たちがどれだけそう思っているか分からないですが、そういったものを取り入れているというのがあります」 2017.08.22 18:20 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース