CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》2017.04.21 19:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。

▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。

▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。

▽今回決定した対戦カードは以下の取り。

◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン)
モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア)

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドvsメッシ、データではメッシが優勢? “エル・クラシコ”でチームを勝利に導くのは

▽23日、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”が行われる。リーガエスパニョーラの覇権争いにも関わる重要な一戦だが、両エースの今シーズンのスタッツを比較した。 ▽マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、疑いの余地がない世界最高峰のプレーヤー。どちらが優れているかという論争は尽きることがなく、2008年以降は2人でバロンドールを分け合っている。 ▽そんな両選手はタイトル争いに直結する“エル・クラシコ”で激突。チームの勝利に貢献できるか、そのパフォーマンスに注目が集まる。今シーズンのスタッツを比較すると、両者の活躍が浮き彫りに。ゴール数ではメッシが14得点もC・ロナウドを上回っている結果が出ている。 <span style="font-weight:700;">◆2016-17シーズン成績</span> 【出場数】 C・ロナウド 38 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">45 メッシ</span> 【得点数】 C・ロナウド 31 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">45 メッシ</span> 【1試合あたりのゴール数】 C・ロナウド 0.82 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 メッシ</span> 【シュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 220</span> - 160 メッシ 【1試合あたりのシュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 5.79</span> - 3.55 メッシ 【枠内シュート数】 C・ロナウド 80 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">85 メッシ</span> 【1試合あたりの枠内シュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 2.11</span> - 1.85 メッシ 【得点率】(得点数/枠内シュート数) C・ロナウド 36.4% - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">53.1% メッシ</span> 【アシスト数】 C・ロナウド 11 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">14 メッシ</span> 【1試合あたりのアシスト数】 C・ロナウド 0.29 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">0.31 メッシ</span> ▽また、“エル・クラシコ”におけるデータも比較。スポルティング・リスボンやマンチェスター・ユナイテッドを経てマドリーに加入したC・ロナウドと、カンテラ育ちでバルセロナ一筋のメッシでは試合数などが違うが、こちらも多くの項目でメッシが上回ることとなった。 <span style="font-weight:700;">◆クラシコ通算成績</span> 【出場数】 C・ロナウド 26 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">33 メッシ</span> 【得点数】 C・ロナウド 16 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">21 メッシ</span> 【1試合あたりのゴール数】 C・ロナウド 0.61 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">0.64 メッシ</span> 【シュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 121</span> - 118 メッシ 【1試合あたりのシュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 4.65</span> - 3.57 メッシ 【枠内シュート数】 C・ロナウド 52 - 52 メッシ 【1試合あたりの枠内シュート数】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">C・ロナウド 2</span> - 1.57 メッシ 【得点率】(得点数/枠内シュート数) C・ロナウド 43.0% - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">44.1% メッシ</span> 【アシスト数】 C・ロナウド 1 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">13 メッシ</span> 【1試合あたりのアシスト数】 C・ロナウド 0.03 - <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">0.40 メッシ</span> ▽今シーズン、そして“エル・クラシコ”でのデータを見る限りでは、メッシの方が良い結果を残しているが、サッカーは1人するものではなくチームで戦うもの。この2人以外の力も、当然のことながら結果に影響する。とはいえ、両者の力がチームに多大なる影響をおよぼすのも事実。データ通りメッシが活躍しバルセロナを勝利に導くのか、それともデータを覆しC・ロナウドがマドリーを勝利に導いて、リーガの覇権争いを優位にするのだろうか。 <div id="cws_ad">▽“エル・クラシコ”は23日(日)の27時45分にキックオフ。『スポナビライブ』では、26時45分から無料放送。さらに、過去の“エル・クラシコ”も放送する。また、5月末までリーガエスパニョーラやプレミアリーグが無料で視聴可能。シーズン終盤の熱戦をこの機会に視聴してみよう。</div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/0LHV2J" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> 2017.04.23 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールのクラシコ欠場が確定…バルサが強硬起用を断念

▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、同日に敵地サンティアゴ・ベルナベウで行われるリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”を欠場することが確定した。 ▽バルセロナは23日、公式ツイッターを通じて以下のような声明を発表した。 「試合まで12時間を切った状況で、TAD(スポーツ行政裁判所)からの判断が発表されない法的に不透明な状況を鑑みて、クラブは今晩の試合に ネイマールJRを招集しないことを決定した」 ▽ネイマールは、先日のマラガ戦で退場となった際に副審に対して侮辱的な発言を行い、スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会から、合計3試合の出場停止処分を科されていた。この処分を不服とするバルセロナは、RFEFの上訴委員会に異議申し立てを行ったものの、これも棄却されていた。 ▽そこでバルセロナは、21日にネイマールの処分回避に向けてスペイン政府のスポーツ裁定審議会(TAD)に上訴を行った。だが、TADはバルセロナの上訴を受けて、22日に緊急の審議会を招集しようとしたものの、審議員2人の所在が不明だったために、審議会開催を断念。さらに、バルセロナに対して、RFEFの出場停止処分は現在も有効のものとして扱われ、ネイマールがクラシコでプレーできないと通告していた。 ▽それでも、引かないバルセロナはTADの審議会が決定を下すまでは、処分が保留となるとの考えからネイマールの強硬起用を目論み、遠征メンバーに招集。だが、出場資格がない同選手を起用した場合、0-3の不戦敗となる可能性も指摘されていたことで、招集断念を決断したようだ。 2017.04.23 18:40 Sun
twitterfacebook
thumb

“世界最高のフットボーラー”C・ロナウドの完成秘話…ユナイテッドOBが語る努力家の一面

▽バルセロナに所属するFWリオネル・メッシと共に、世界最高の選手の1人と称されてきたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。近年のフットボール界をリードする存在として世界に名を轟かせてきたが、その地位を築き上げたのは「努力の賜物」のようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽18歳だった2003年夏、スポルティング・リスボンから引き抜かれる形でユナイテッドに移籍したC・ロナウド。その後、大きく才能を開花させると、2009年夏に自身が少年時代から憧れを抱くレアル・マドリーに活躍の場を移した。 ▽現役時代に7年間ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表のクイントン・フォーチュン氏が、かつて赤い悪魔の一員として共に戦ったC・ロナウドについて言及。天才肌ではなく、日々の地道な努力により、今の地位を確立した「努力家」であることを証言した。 「ロナウドは、あらゆる点において最高を追い求めていた。彼がこれまでに成し遂げてきた功績に異論なんてないよ。それに値するからね」 「彼には勝利への欲求があって、才能も信じられないものだった。素晴らしい才能を持った選手の中に努力しない者もいるけど、ロナウドは違う。信じられない選手だよ」 「彼には元々の能力が備わっていた。だけど、毎日のトレーニングとは別に、努力を惜しまない彼のような選手は見たことがないね。シュート、ドリブル、ステップオーバー、そして強く、速くなることを望み、ジムに通うんだ」 「彼が今のレベルにいることに驚きはないよ。今でさえ、まだ前に進むことを望んでいるだろうし、彼はそういうタイプの人間だからね」 2017.04.23 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

エル・クラシコにまつわる10個の数字とは!?

▽リーガエスパニョーラ第33節のレアル・マドリーとバルセロナによるエル・クラシコが日本時間23日27時45分、サンティアゴ・ベルナベウで実現する。この大一番に先駆け、イギリス『Four Four Two』がデータ会社『Opta』をもとに、エル・クラシコにまつわる10個の数字を紹介している。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)史上初となる連覇に一歩前進のベスト4進出を果たしたレアル・マドリーと、2年連続準々決勝敗退のバルセロナ。対照的な状況下で迎える今回のエル・クラシコは、リーガエスパニョーラの覇権を左右する大一番となる。紹介されたデータは以下のとおり。 ◆「72」 ▽レアル・マドリーは過去、リーガエスパニョーラでバルセロナを72回撃破。これほどまでにバルセロナを下したチームはいない。 ◆「68」 ▽一方、バルセロナは対レアル・マドリー戦で最多68回の勝利。 ◆「21」 ▽2014年の一戦でハットトリックを記録したバルセロナのFWリオネル・メッシは21ゴールでトップ。アルフレッド・ディ・ステファノ氏が18ゴールで続く。 ◆「15」 ▽レアル・マドリーのGKケイロル・ナバスは、対バルセロナ戦で計15失点。他に二桁失点をしているチームはない。 ◆「13」 ▽バルセロナのDFジェラール・ピケが出場した過去13試合で負けたのは3回だけ。 ◆「12」 ▽レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドはホームでのバルセロナ戦で12試合5ゴール。そのうち3ゴールはPK。 ◆「5」 ▽レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマは、ホームでの過去5戦5発。 ◆「4」 ▽レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスは、バルセロナ戦でヘディングから4ゴール。 ◆「3」 ▽バルセロナのDFジェレミ・マテューは、先発した直近の4試合で3ゴール。全てがヘディングからのもの。 ◆「0」 ▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はトップチーム監督就任後、指揮した2試合で無敗。就任から3試合連続で無敗となれば、1992年に記録したラトミール・アンティッチ元監督以来となる。 2017.04.23 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、バイエルン戦の判定論争に「不利に働いたときには誰も気づかない」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、バイエルン戦の判定について気にする素振りはない。『Sportske novosti』が報じた。<br><br>マドリーはチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルンと対戦し、合計スコア6-3でベスト4入りを決めた。しかし、2ndレグで一部の判定に不満を示したバイエルンの選手たちが試合後、審判団のロッカールームに突入するなど大きな余波を残している。<br><br>一方で、モドリッチは論争に加わるつもりはなく、「我々は2試合を通じて彼らより良かったし、多くのチャンスを作っていた」と振り返る。さらに、マドリーを攻撃するような風潮に慣れていることも認めた。<br><br>「レフェリーの判定が僕らにとって優位に働けば、大衆に広がり、不利になっても、誰も気づかないんだ。いつものことだよ」<br><br>しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)については「日本で行われたクラブ・ワールドカップのときには、時間がかかるし、上手く扱えていなかったから反対していた」と認めつつ、「フランスvsスペインを見た後に、フットボールにとって良いものだとわかった」と、VARによってゴール取り消しや逆に得点が認められた試合を持ち出し、賛同の意を表した。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 09:20 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース