超ワールドサッカー

CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》2017.04.21 19:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。

▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。

▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。

▽今回決定した対戦カードは以下の取り。

◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン)
モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア)

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、モラタを新プロジェクトの中心に据える考えか...移籍金70億円程度を準備

ミランが、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>中国人のリー・ヨンホン氏に新たにオーナーを任せることを決めたミランだが、今季以降の新プロジェクトにモラタを据える考えだという。ミランは今季ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でセリエAを6位で終え、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。<br><br>ミランはすでにマドリー側と接触した模様。移籍金6000万ユーロ(約72億円)を準備して、合意を目指しているという。<br><br>モラタに対しては、ほかにもマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが関心を示している。だがユベントスで2年間プレーした経験のあるモラタはイタリア移籍を前向きに捉えているようだ。結婚を控える恋人がイタリア人であることも、彼の決断に影響を与えるかもしれない。<br><br>モラタは先日、マドリーのリーガエスパニョーラ制覇の祝賀会で、一人喜びの輪から外れるなど退団を示唆するような行動を取っていた。ミランに所属するスペイン人MFスソは「モラタがミランに来るなら嬉しいよ」と歓迎の意を表明し、同胞の到着を待ち望んでいる。<br><br>マドリーの下部組織で育ったモラタは、2014年夏にユベントスへと移籍を果たした。ユベントスでの活躍が認められて昨夏マドリーに復帰したが、FWカリム・ベンゼマの壁は厚く、今季リーガ26試合出場15得点(公式戦42試合19得点)と高い決定力を発揮しながらスタメン奪取には至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチェスターの夜、平和を祈るベッカム

▽ヨーロッパリーグ(EL)の決勝後、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏は、先日のマンチェスターのテロでの被害者や遺族の方へのメッセージを送った。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽ユナイテッドがアヤックスに勝利し、ELで優勝した24日。マンチェスターでの凄惨なテロのあった日から、2日間しか経っていなかった。延期という案もあった試合だが、マンチェスターの警察は“心を打つ”試合を行うことが正しいと信じて、決行を後押しした。 ▽試合後、ベッカムは、優勝の喜びよりも重要なことを伝えたかったようだ。自身の『インスタグラム』で、イギリス国旗にユナイテッドのロゴを重ねた写真を投稿し、以下のように記した。 「今夜は、スポーツを越えて、重要な日だった。ユナイテッドのファンにとっても大切な夜だったが、我々の国、都市にとっては、より重要な意味を持つ」 「最愛の人々を失った隣人が深く悲しんでいる時、困難な時を過ごす中でも、スポーツは我々にささやかな幸せをもたらしてくれる」 「我々は常に平和を祈っている」 2017.05.25 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「ピケ、この出来損ない野郎!」……チャンピオンから侮辱も、余裕を見せるピケ

▽レアル・マドリーの選手達は、2016-2017シーズンのリーガエスパニョーラ優勝を祝うセレブレーションにて、バルセロナのスペイン代表DFピケを侮辱。それに対して、ピケは大人の対応を見せた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ピケを侮辱した“主犯格”と言われている選手はレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハル。彼は、セレブレーションの最中に「ピケ、この出来損ない野郎、チャンピオンに敬礼しろ」というチャントを歌ったようだ。 ▽それを耳にしたピケは以下のように語った。 「侮辱とは思わない。彼ら(マドリーの選手達)がどれだけライバル(バルセロナ)に囚われているか示すチャントだね」 「代表ではカルバハルと一緒にプレーをしていて、善人だと分かってる。彼はすぐにメッセージをくれて、謝罪したがっていたよ」 2017.05.25 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

イスコ、ファン投票の2016-2017シーズンMVPに輝く

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、2016-2017シーズンのシンコ・エストレージャス・マオウ賞に輝いた。マドリーの公式サイトが伝えた。 ▽シンコ・エストレージャス・マオウ賞は、ソーシャルネットワーク上で、リーガエスパニョーラのファンによる投票で決定される。ファン決定の、リーガMVPに相当する賞だ。 ▽イスコは2016-2017シーズンでは、公式戦41試合11得点7アシスト。シーズン序盤はベンチを温めて終えることも多かったが、味方の負傷を機に出場が増加。リーガ優勝に多大な貢献をし、受賞に至った。 2017.05.25 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、16歳の逸材ヴィニシウス獲得を公式発表! 移籍金は推定56億円

▽レアル・マドリーは23日、フラメンゴからU-17ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(16)を完全移籍で獲得することで合意に至ったことを発表した。 ▽マドリーの公式声明によると、ヴィニシウスの移籍は同選手が国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月となる。また、同選手はマドリーからレンタルという形で2019年7月までフラメンゴに残留する予定となるが、両クラブが同意した場合、それ以前にマドリーに加入するプランもあるようだ。 ▽“次代のネイマール”とも称されるヴィニシウスは2000年7月12日生まれで、左ウイングを主戦場とする右利きの選手。フラメンゴのトップチームでは、5月13日に行われたアトレチコ・ミネイロ戦でデビューを果たしたばかりだが、U-17のカテゴリーでは既にインパクトを残している。U-17ブラジル代表では、2016年に22試合19得点を記録。2017年に入ると、U-17南米チャンピオンシップの9試合で7得点を奪い、得点王と大会MVPを獲得するなど、一躍、注目を集めた。 ▽なお、『ESPN』の伝えるところによれば、マドリーは宿敵バルセロナやマンチェスター・シティなどビッグクラブとの獲得競争を制するため、4500万ユーロ(約56億3000万円)の高額な移籍金をフラメンゴ側に支払う予定だという。 2017.05.24 01:49 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース