超ワールドサッカー

悲劇…元イングランド代表DFでトッテナムU-23のウーゴ・エヒオグ監督が練習場での心臓発作で44歳で急逝2017.04.21 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは21日、U-23チームの監督を務めていた元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏(44)が同日早朝に心臓発作で逝去したことを発表した。

▽エヒオグ氏は、20日午前にトッテナムの練習場で心臓発作を起こし、クラブのメディカルスタッフによる応急処置を受けた後、ロンドン市内の病院に緊急搬送されていた。だが、懸命の治療を施したものの、21日の早朝に他界した。

▽トッテナムの育成部門のトップを務めるジョン・マクダーモット氏は、エヒオグ氏の突然の訃報を受けて、クラブ公式サイトで以下のような声明を発表した。

「私たちとクラブが感じる悲しみとショックは言葉に表すことができません。ウーゴという巨大な存在は何にも代えることができません。私たちの心からの哀悼を彼の妻であるジェンマ、その家族に捧げます」

▽また、トッテナムはエヒオグ氏への哀悼の意を表すと共に、妻であるジェンマさんのプライバシーを尊重するよう、声明の中で求めている。さらに、同氏の治療にあたった地元の病院や医師への感謝の言葉も伝えている。

▽現役時代に屈強なセンターバックとして活躍したエヒオグ氏は、WBAやアストン・ビラ、ミドルズブラ、レンジャーズといったクラブでプレー。1996年にはイングランド代表デビューを飾り、通算4試合に出場していた。

▽その後、2014年からトッテナムのU-23チームの監督を務めていた。なお、U-18日本代表経験を持ち、トッテナムU-23チームに在籍するMFサイ・ゴダードは、エヒオグ氏の指導を受けていた教え子の1人だ。

▽現在、チェルシーと熾烈なプレミアリーグ優勝争いを戦うトッテナムにとって、アカデミーの監督で人格者として知られていたエヒオグ氏の突然の訃報は、精神的に大きな影響を与えそうだ。そして、悲しみに暮れるチームは、22日にウェンブリーで行われるFAカップ準決勝でチェルシーとのビッグマッチに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナム、来季ウェンブリーへの一時移転を公式発表! WHLラストマッチは来月14日ユナイテッド戦に

▽トッテナムは28日、2017-18シーズンに行われるホーム開催の全公式戦をウェンブリー・スタジアムで戦うことを発表した。 ▽1899年の開場以降、ホワイト・ハート・レーンを本拠地としてきたトッテナムだったが、3万6000人収容のスタジアムは近年、老朽化とキャパシティーの問題を抱えていた。そのため、クラブは2018年夏の完成を目指して6万1000人収容の新スタジアム建設を開始していた。 ▽来シーズンに関しては、予てよりウェンブリー・スタジアムの間借りを計画していたトッテナムだが、一部では来シーズンもホワイト・ハート・レーンで試合を行うことを検討しているとの報道もあった。だが、ダニエル・レヴィ会長は公式サイトの声明でホワイト・ハート・レーンの取り壊しを決断したことを明かした。 「今日という日は、我々の愛するホワイト・ハート・レーンの解体で合意に達した、クラブの歴史において非常に重要な一日となった」 「レーンはこれまで我々に対して、大きな後押しをしてくれた。しかし、新スタジアム移転をより確固たるものとするため、118年前からクラブの歴史を築いてきたホームスタジアムを解体するという決断を行う必要があった」 「5月14日に行われるホームラストマッチでは、レーンに適切な別れを言いたい」 ▽また、同会長はウェンブリー・スタジアムへの一時移転、新スタジアムの構想について以下のように説明している。 「ウェンブリーは、来シーズンだけ我々のホームスタジアムとなる。そして、我々はその翌年に世界最高峰のスタジアムの1つであり、NFLのホストを務めるユニークな新スタジアムへと戻ってくる。その新スタジアムは我々の今後の成長戦略において重要なキーとなるはずだ」 「それはクラブ史上において、最もエキサイティングな期間となるはずだ」 ▽今回の発表によって、30日に行われるアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”は、ホワイト・ハート・レーンでのラストダービーとなる。トッテナムとしては、長年に渡って多くの熱狂を生んだ本拠地で有終の美を飾るため、ダービーの勝利。そして、チェルシー相手の逆転優勝を果たしたいところだ。 2017.04.29 01:43 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第35節プレビュー】ノースロンドン・ダービー開催

▽前節は、FAカップの影響で延期試合も出た中、チェルシーがサウサンプトンに勝利して首位を堅持。3位のリバプールがクリスタル・パレスに屈し、痛い取りこぼしとなっている。迎える今節、最大の注目カードは、30日(日)の日本時間24時30分キックオフとなるスパーズvsアーセナルのノースロンドン・ダービーだ。 ▽首位のチェルシー(勝ち点78)を4ポイント差で追う2位のスパーズ(勝ち点74)は、目下のところリーグ戦8連勝中と勢いに乗る。ミッドウィークには、延期されていたクリスタル・パレス戦を行い、1-0で勝利。4月に入ってチェルシー、アーセナル、リバプールと、立て続けに大物食いを果たしてきた相手とのアウェイ戦をエリクセン弾によりモノにした。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内が濃厚な中、逆転優勝に向けては勝利が必要な状況だけに、リスクを冒してでも3ポイントを狙っていきたい。 ▽一方、6位のアーセナル(勝ち点60)は、20シーズン連続のCL出場権確保へ勝利が必要な状況。先週末にマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝を延長戦の末に制し、水曜日にはレスター・シティを1-0で退けた。これで、3バックに変更後の3試合ですべて勝利と、システム変更も選手たちの刺激になっている模様。引き続き3バックで試合に入ることが予想される中、リーグ屈指の完成度を誇る宿敵に対して、敵地で白星を挙げることはできるか。 ▽チェルシーは、7位につけるエバートン(勝ち点58)とグディソン・パークで対戦する。ミッドウィークには、敗れた前々節のユナイテッド戦から見事にバウンスバックし、ジエゴ・コスタの2発とアザール、ケイヒルのゴールにより、4-2で勝利。公式戦7試合にわたってクリーンシートがない点は気にかかるが、連敗しないあたりはさすが。古巣対決となるリーディングスコアラーのルカクを抑え込み、首位を堅持できるか。 ▽3位のリバプール(勝ち点66)は、ワトフォードとのアウェイを戦う。前節は、コウチーニョが見事な直接FKで直近5戦4発目を記録したが、C・パレスに敗戦。対するワトフォードは残留が濃厚な状況で高いモチベーションもなく、リーグ戦8試合ぶりの黒星となったが前節を払拭する白星を手にしたい。 ▽そのほか、ダービーから中2日のマンチェスター勢は、それぞれ残留に向けてモチベーションの高いチームと対戦する。引き続きイブラヒモビッチ、ロホ、スモーリング、フィル・ジョーンズらが不在の5位ユナイテッド(勝ち点63)は、ホームに戻って18位のスウォンジー(勝ち点31)と激突。4位のマン・シティ(勝ち点64)は、19位のミドルズブラ(勝ち点27)の本拠地に乗り込む。 ◆プレミアリーグ第35節 ▽4/29(土) 《23:00》 WBA vs レスター・シティ サンダーランド vs ボーンマス ストーク・シティ vs ウェストハム サウサンプトン vs ハル・シティ 《25:30》 クリスタル・パレス vs バーンリー ▽4/30(日) 《20:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー 《22:05》 エバートン vs チェルシー ミドルズブラ vs マンチェスター・シティ 《24:30》 トッテナム vs アーセナル ▽5/1(月) 《28:00》 ワトフォード vs リバプール 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

首位チェルシーを猛追するポチェッティーノ「チームは戦う準備ができている。大きな夢を持とう」

▽トッテナムのポチェッティーノ監督が、現在のチーム状態と、今後のリーグ戦におけるチームの在り方を語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽現在リーグ戦で2位につけるトッテナムは26日、延期となっていたプレミアリーグ第28節クリスタル・パレス戦に1-0で勝利し、プレミアリーグでのクラブ記録となる勝ち点74に到達した。これで首位・チェルシーとの勝ち点差を、再び4に縮めることに成功したポチェッティーノ監督は、チームの現在の状態を称賛し、残りのリーグ戦を戦い抜く意欲を示した。 「それ(今回の勝利)は、我々がいかに自分たちに集中しているかを示す良い機会になったね。チームを向上させ、相手との戦いに挑むことにエネルギーを消費したよ」 「我々は昨シーズンから学んだことの多くを活かせている。それは非常に大切なことだ。昨シーズンはファンタスティックだった。チームもうまくいっていたし、成長できる大きな挑戦だったよ。今シーズン、我々はさらに良くなった。より向上するためのカギとなる場所は、我々のメンタルの部分だった」 「今シーズンの私たちは戦う準備ができている。来シーズンはもっと良くなるだろう」 ▽また4試合を残すトッテナムは、30日に行われる第35節で、5試合を残し勝ち点差14のアーセナルとのダービーマッチを行う。この試合に勝利すれば、22年ぶりとなるアーセナルよりも上の順位でリーグ戦を終えることが決定する。しかしポチェッティーノ監督は、それがモチベーションになることも、集中力を欠く要因になることもないとしている。 「我々の挑戦はチェルシーとの差を埋めることだ。アーセナルより高い位置につけることではない。もっと大切なことを考えている」 「その一日は、トロフィーを勝ち取るため、なにか大きなことを成し遂げるために、より大きなメンタリティでいなければならない。より大きな夢を持たなければならない。夢を持つというのは大切なことだ」 2017.04.27 17:07 Thu
twitterfacebook
thumb

怒り心頭のトッテナム指揮官に「落ち着くんだ」とペップ、アリへの興味を否定

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チャビ・エルナンデスの発言に激怒していたトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督にデレ・アリを獲得するつもりはないと『スカイスポーツ』で釈明している。<br><br>シャビは恩師のグアルディオラ監督がアリを気に入っており、潤沢な資金を持つシティは同選手とサインするチャンスがあると発言していた。しかしこの発言を受け、ポチェッティーノ監督は元バルセロナMFに「彼は私の敵だ」などと苦言を呈していた。<br><br>グアルディオラ監督は「マウリシオ・ポチェッティーノ、落ち着いてくれ。デレ・アリは来シーズンも間違いなく彼らの選手だと思う」と明言し、以下のように続けた。<br><br>「彼はファンタスティックで、イングランドの新たなスター選手だ。彼は才能豊かなアタッカーで、私が見てきた中で最も優れた選手の一人だ。しかしマンチェスター・シティは、デレ・アリを獲得したいと思っていない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 13:01 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムがエリクセンのゴラッソでリーグ戦8連勝! 首位チェルシーの追走に成功!!《プレミアリーグ》

▽トッテナムは26日、プレミアリーグ第28節延期分でクリスタル・パレスの本拠地セルハースト・パークに乗り込み、1-0で勝利した。 ▽3月12日に行われたFAカップ準々決勝にトッテナムが出場したため、順延となっていた一戦。リーグ戦7連勝中の2位トッテナム(勝ち点71)は、直近に行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦からスタメンを2人変更。ソン・フンミンとトリッピアーに代えてウォーカーとベン・デイビスをスタメンで起用した。 ▽拮抗した立ち上がりの中、最初のチャンスはクリスタル・パレスに生まれる。14分、GKヘネシーのゴールキックを前線のベンテケが頭で繋ぐと、バイタルエリア左で受けたタウンゼントが粘り強いキープからラストパス。中央に走り込んだベンテケがペナルティアーク右からシュートに持ち込んだが、ボールはGKロリスがキャッチした。 ▽ボール支配率でクリスタル・パレスを上回るも、決定的なフィニッシュの形が作れないトッテナムは29分、エリクセンとのワンツーで抜け出したウォーカーがボックス右深くからクロスを供給。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールに反応したエリクセンがゴール右からシュート。だが、シュートはGKヘネシーにキャッチされた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、トッテナムはワニャマとデンベレを下げてムサ・シッソコとソン・フンミンを投入する2枚替えを敢行。対するクリスタル・パレスは、54分にケインと交錯したサコーが右足を痛めると、そのまま担架でピッチを後に。直後にディレイニーをスクランブル投入した。 ▽すると、その直後にトッテナムに後半最初の決定機が生まれる。58分、エリクセンのパスを右サイドで受けたウォーカーのクロスをファーサイドから走り込んだデレ・アリが左足で合わせるも、これはわずかにゴール右に逸れる。 ▽後半に入って完全に試合の主導権を握ったトッテナムは78分に待望の先制点が生まれる。バイタルエリア中央手前でケインからのパスを受けたエリクセンが前を向くと、ロングシュート。無回転気味の強烈なシュートはそのままゴール左隅に突き刺さった。 ▽その後も一方的に押し込んだトッテナムは、クリスタル・パレスの枠内シュートを前半の1本に抑えて勝利。リーグ戦の連勝を8に伸ばし、首位チェルシーの追走に成功している。 2017.04.27 06:47 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース