超ワールドサッカー

長崎MF古部健太に第一子となる長女が誕生「“父ちゃん”として、より一層頑張る」2017.04.21 17:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽V・ファーレン長崎は21日、MF古部健太に第一子となる長女が誕生したことを発表した。

▽古部の夫人は、18日の午前1時34分に福岡県福岡市東区の病院にて2492グラムの女の子を出産。母子ともに健康とのことだ。

▽古部は、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「無事に産んでくれた妻と、頑張って産まれてきてくれた娘には本当に感謝しています。“父ちゃん”として、より一層頑張っていきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします」

▽兵庫県出身の古部は、今シーズンにアビスパ福岡から復帰。明治安田生命J2リーグではここまで2試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

粘りを見せた岐阜が土壇場弾で長崎と壮絶4-4ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のFC岐阜vs V・ファーレン長崎が21日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、4-4した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で11位の岐阜と、7勝2分け5敗で8位の長崎が激突した。序盤は一進一退の拮抗した展開で進む。そんな中、23分に長崎が先制のチャンスを得る。宮本のフィードに反応したボックス左の北谷がヘディングで折り返そうとすると、福村に押されて倒れる。これで獲得したPKを木村が落ち着いて沈め、長崎がリードを手にする。 ▽ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負う岐阜が盛り返す。しかし、ゴールにつなげたのは、またしても長崎だった。42分、岐阜DF福村の中途半端なクリアを狙った木村が、GKの頭上を越すループシュートで、この日2ゴール目。相手のミスを逃さなかった長崎が追加点を手にした。 ▽厳しい形で2失点した岐阜だが、前半のうちに1点を返す。44分、CKの流れから阿部が乾に倒されてPKを獲得。これを難波が落ち着いて決め、岐阜が1点差に詰め寄ってハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは長崎だった。51分、左サイドの深い位置から島田が入れた鋭いクロスをニアサイドの木村がそらすと、ファーに流れたボールを飯尾がプッシュ。飯尾の今季初ゴールで長崎がスコアを1-3とする。 ▽再度2点差とされた岐阜だが、諦めずに食い下がる。すると、64分にゴールが生まれた。福村が入れた縦パスからボックス正面の古橋がシュート。これがゴール左に決まり、岐阜が2-3と詰め寄る。 ▽終盤も熱を帯びた戦いが続く。そんな中、ゴールを挙げたのは長崎だった。86分、右サイド深くから飯尾が上げたクロスに正面の翁長がヘッド。これがゴール左に決まり、長崎が2-4とする。 ▽対する岐阜は87分、ボックス内で身体を張った古橋からボールを受けたクリスチャンが仕掛けてシュート。途中出場でJリーグデビューとなったクリスチャンのゴールで、岐阜がまたしても粘りを見せる。 ▽さらに岐阜はアディショナルタイム5分、ついに追いつく。左サイドのクロスをファーの阿部が頭で折り返すと、正面の田森がオーバーヘッド。見事にこのシュートが決まり、岐阜が4-4とした。 ▽その直後、長崎はキックオフのロングボールから島田がネットを揺らしたが、キックオフ時に選手が相手陣内に入っており、やり直しの判定となる。長崎の選手は抗議するも判定は覆らず、結局そのまま4-4で終了。激しい打ち合いの末、勝ち点を分け合った。 2017.05.21 21:16 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎が後半AT弾で大分との“バトル・オブ・九州”を制す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節のV・ファーレン長崎vs大分トリニータが17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で長崎が勝利した。 ▽ここまで6勝2分け5敗で9位の長崎と、7勝2分け4敗で5位に位置する大分による“バトル・オブ・九州"。最初にゴールへ近づいたのはホームの長崎。16分、右サイドからドリブルでカットインした吉岡が、ボックス右の手前で左足を振る。鋭いミドルシュートが枠を捉えたが、これはコースが甘く、GK上福元に弾かれた。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるが、前半終了間際に長崎が決定機を演出する。アディショナルタイム2分、ハーフウェーライン過ぎでボールを受けたファンマがゴールに向かって仕掛けると、ペナルティアーク手前でシュート。コースを狙ったミドルシュートだったが、これは右ポストに直撃し、先制とはならなかった。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続く。長崎は67分に養父に代えて宮本を投入。対する大分は、69分に鈴木惇を下げて國分を送り出す。さらに長崎は、72分に吉岡との交代で中村を起用する。 ▽すると、先制したのは大分だった。77分、右サイドでFKを得ると、キッカーの後藤がゴール前に好クロスを供給。これに合わせた竹内のヘディングシュートがゴール左に決まり、大分がついに試合の均衡を破った。 ▽それでも、長崎はすぐさま反撃に転じる。すると80分、ボックス左でボールを受けたファンマが川西に倒されてPKを獲得。このPKをファンマが冷静に沈め、長崎が1-1の同点に追いつく。 ▽終盤に熱を帯びた試合、スコアは終了間際に動く。アディショナルタイム4分、長崎の飯尾がボックス内で岩田に倒されてPK獲得。キッカーを務めたファンマのPKはGK上福元にセーブされるも、こぼれ球を途中出場の中村が詰めて勝ち越し。そのまま逃げ切った長崎がリーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.17 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

船山2発に清武3発の千葉、今季1試合最多得点で長崎一蹴《J2》

▽13日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第13節のジェフユナイテッド千葉vsV・ファーレン長崎は、ホームの千葉が5-0で勝利した。 ▽ゴールデンウィーク3連戦を1勝1分け1敗で終えた14位の千葉と、ファンマ3戦4発で2勝1分け無敗で乗り切った6位の長崎が対峙した。 ▽試合を動かしたのは、2戦未勝利中の千葉。6分、キッカーの清武が右足でファーサイドにクロスを送ると、古部の背後に抜け出したキム・ボムヨンが頭で合わせる。これを船山が押し込み、千葉が幸先良く先制する。 ▽1点リードで試合を折り返した千葉は後半の頭から高橋に代えて町田を投入。すると、開始早々の46分には、右サイドからのクロスを指宿が頭でフリックする。最終ラインの背後に抜け出した清武が右足でネットを揺らした。 ▽押せ押せムードの千葉は55分、バイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた清武が右足で直接ゴールを狙う。鋭いシュートが壁を越えて、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽完全に流れを掴んだ千葉は65分にダメ押しの4点目。自陣でのボール奪取から指宿がドリブルで運び、逆サイドにパスを送る。これをボックス左で受けたフリーの清武が右足のシュートをしっかりと決め切った。 ▽清武の後半3発で試合の勝敗の行方をほぼほぼ決めた千葉が、79分に仕上げの5点目。相手のミスパスを高い位置で拾った船山がドリブルでゴール前に持ち込み、右足シュートを突き刺した。 ▽結局、清武がハットトリックを記録した千葉は今シーズン最多1試合5ゴールで長崎を一蹴。長崎に4試合ぶりの黒星をつけ、3試合ぶりの勝ち点3を手にした。 2017.05.13 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

3連勝狙った長崎、ファンマ不発で水戸と痛み分け《J2》

▽7日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J2リーグ第12節のV・ファーレン長崎vs水戸ホーリーホックは、0-0のドローに終わった。 ▽6勝1分け4敗で6位に位置する長崎と、4勝3分け4敗で13位の水戸が激突した。試合は互いに攻め手を探るように立ち上がったが、それぞれ局面でのスペースメークに苦労。シュートシーンも少なく、長くこう着した試合展開となる。 ▽そうした戦況の中、39分には長崎に先制機。左サイドから上がったクロスにファンマが頭で合わせる。クロスバーの跳ね返りに反応した福田が押し込みにかかるが、ボールはゴール左に外れてしまう。 ▽前半終盤から後半の入りにかけて持ち直し始めていった長崎。しかし、対する水戸も19歳のFW前田大然を中心とした速攻を仕掛けていき、長崎に試合の流れを渡さない。 ▽その後、手持ちの3つの交代枠を駆使しながら打開を狙った両者だが、最後まで重い展開を攻略ならず、ゴールレスの痛み分け。この結果、長崎の連勝は「2」で止まった。水戸は5戦負けなしとしている。 2017.05.07 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ファンマの2試合連続ゴールなどで長崎が高田新社長のホーム初ゲームを白星で飾る!!《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第11節のV・ファーレン長崎vsファジアーノ岡山がトランスコスモススタジアム長崎で行われ、3-0で長崎が勝利した。 ▽ゴールデウィーク連戦に突入したJ2リーグ。前節のレノファ山口FC戦でファンマのハットトリックにより3-0と快勝して4試合ぶりの白星を挙げた8位の長崎(勝ち点16)が、湘南ベルマーレに敗れて3試合ぶりの黒星を喫した16位の岡山(勝ち点12)を迎えた。長崎はジャパネットたかたの創業者である高田明氏が、新社長となって迎える最初のホームゲームとなった。 ▽快晴の中で迎えた一戦は、お互いに[3-6-1]のフォーメーションを用いるミラーゲームで試合開始となった。長崎は最前線のファンマを使いながらビルドアップをしていく。対する岡山は守り際には、長崎の起点となるファンマに対して激しいプレスを仕掛け、ボールを奪うとサイドから攻撃を展開していく。 ▽立ち上がりこそお互いに前線からボールを奪いにいく場面が見られたが、10分を過ぎる頃には自陣でブロックを作って受ける形となる。岡山が長崎陣内に攻め込む場面が多く見られるが、どちらも決定機を作れない堅いゲームとなった。すると19分、長崎は最終ラインの田代から前線に一気にロングボールが出る。ファンマが抜け出すと、ボックス内でややもたつくが、しっかりと蹴り込んで、長崎がファーストチャンスで試合を動かした。 ▽さらに21分、ファンマが競り勝ったボールを澤田が受けてボックス右に侵入。キックフェイントからマーカーをずらして逆サイドに低く鋭いクロスをいれると、中村が押し込んで長崎が2点目を奪った。岡山は失点直後、片山がボックス内でボールを受ける。しかしここは戻った田代の対応で、シュートはミートできなかった。 ▽その後は岡山がボールを持って攻め込んでいくが、長崎がコンパクトな陣形を作って待ち構えたことでチャンスが作れない。逆に36分には右サイドの深い位置まで侵入した澤田のクロスにファンマが合わせるなど、長崎が3点目に迫った。結局前半はそのまま長崎が2点のリードを得て終えている。 ▽岡山はハーフタイムで渡邊を下げて石毛を送り出す。すると48分にはその石毛が中央に流れてシュートを放つなど、岡山が積極的にしかけていく。守勢の長崎は、自陣でしっかりとラインを敷いて岡山の攻撃を完全にブロック。特に縦に入るボールに対して鋭いディフェンスを見せて自由にはさせない。さらに63分にはファンマを下げて吉岡を送り出すなど、早くも守りを意識した交代カードを切っていった。 ▽岡山は68分にビッグチャンスを迎える。右サイドの大竹がドリブルでボックス内に侵入し、左足でシュートを放つ。ゴール前の混戦を抜けて、ゴール方向に向かうが左ポストを直撃。味方もこぼれ球を押し込めずに決定機を逸した。70分には2選手を入れ替えて交代カードを切り終える岡山だが、74分には右サイドからのクロスに大竹が合わせるも枠を捉えきれない。 ▽迎えた86分、長崎は左CKを獲得すると、中央でフリーとなった中村のヘディングシュートがポストに当たりながらもネットを揺らし、長崎がだめ押しとなる3点目を奪取。試合はそのまま終了し、長崎が高田新社長のホーム初ゲームを勝利で飾った。 2017.05.03 14:57 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース