超ワールドサッカー

仙台が昨年に引き続き仙台大MF山田満夫を特別指定選手として登録2017.04.21 17:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベガルタ仙台は21日、仙台大学に所属するMF山田満夫(22)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。

▽2014年に松本山雅FCを退団し、仙台大学へと進学した山田は、昨シーズンにも特別指定選手として登録されていた。しかし、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。

▽昨季に引き続き特別指定選手として登録された山田は、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「昨シーズンに引き続き、ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。同時にたくさんの方々の協力や支えに深く感謝しております。この経験を通してベガルタ仙台、仙台大学に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

東京Vの羽生社長がトッティ獲得報道に関して言及 「ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれている」

▽東京ヴェルディの羽生英之社長が25日、同日に報じられた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)の獲得報道に関してコメントした。 ▽一部スポーツ紙は25日、東京Vが今季限りでローマを退団するトッティ獲得に関して代理人を務めるトッティの実兄に対して、既に条件掲示を行ったと報じていた。 ▽同日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節、FC町田ゼルビア戦前に囲み取材に応じた羽生社長は、スポーツ紙が報じた条件面などの一部事実を否定しながらも、獲得交渉を行っていることを認めた。 「本人がヴェルディに興味を持ってくれていると聞いています。また、たまたま私たちが懇意にしている方からその話を聞き、“それは興味深い”という形で話がスタートしました。ただ、お金があるクラブではなく、金額的に全然、私たちのもとに来て頂けるものではありません。それで“無理だな”と思っていたところ、私たちを支えてくれている人たちに相談したところ、考えてもいいのではないかとの返事を頂きました」 「そこに関してはトッティ選手の持っている肖像権なりを、何処までヴェルディが自由に使えるかという部分で可能性はあるのではないかという話になり、では交渉をしてみましょうという形になりました。こちらとしては金額的に彼らが指定した金額を下げてもらう交渉をしています。他のアメリカのチームなどは我々の倍以上の金額を掲示しています。ただ、本人はお金とかではなく、東京に対するシンパシーを持ってくれているようです。彼が幼少時代に『キャプテン翼』を好きでそれに絡んで興味を持ってくれているようです」 「可能性に関しては彼の年俸を準備できるかということ。また、我々がここまで下げてくださいといった条件をのんでくれるかという状況です。そういう意味ではまだ何も決まっていません」 「ただ、夢のある話だし、Jリーグにとっても良い話だと思います。アウェイでもお客さんが入ってくれると思います」 ▽また、羽生社長は現場サイドから獲得にゴーサインが出ていることも認めている。 「仮に来てもらう場合、使うのは監督なので監督には相談しています。監督からは“喜んで使いたい”、“逆に、獲ってください”と言われています。ロティーナ監督にとってそういった評価の選手だということです」 ▽その一方で、100万ユーロ(約1億2400万円)と報じられたサラリーに関しては、「全然違います。紙面で報じられた額であれば、いますぐにでも獲得に動きます。あのぐらいの額であれば、誰の力も借りずに1年契約で入場料などで持てるリスクの範囲内です。そのぐらいのリスクを張っていいかは、うちの役員会だけで決められます」と、倍以上の金額であることを示唆した。 ▽現役引退でローマのフロント入りの可能性や、アメリカ行きも噂されるトッティ獲得は、高額な年俸面を含め、東京Vにとって困難なオペレーションだ。それでも、羽生社長は同選手がローマと同様に、日本の首都である東京でのプレーに関心を持っていることを理由に、獲得の可能性を模索しているという。 「彼はローマでずっと育って、ローマでやってきた。そのローマを代表するプレーヤーとして、ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれているという話です。だから、引退後もそういう立場になれれば、嬉しいと言ってくれているそうです。それは私たちにとってもウェルカムです」 ▽なお、現在ギリシャでバカンス中のトッティは、今後オファーを吟味したうえ、近日中に去就を決める予定とのことだ。 ▽1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。“永遠の都”一筋のキャリアを築いてきたワンクラブマンは、“日本の首都”で新たな皇帝として君臨することになるのか。 2017.06.25 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、MF鎌田大地のフランクフルト移籍合意を発表…MF長谷部誠とチームメートに

▽サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地(20)がフランクフルトに完全移籍することで基本合意したと発表した。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズ戦がラストゲームとなり、試合終了後にセレモニーが実施される。 ▽愛媛県生まれでガンバ大阪ジュニアユース出身の鎌田は、2015年に東山高校から鳥栖に入団。類まれなるパスセンスでFW豊田陽平とともに鳥栖の攻撃をリードする存在としてプロ1年目から活躍した。プロ3年目の今シーズンは、J1リーグ15試合に出場して3ゴール。J1通算で64試合13ゴールを記録した。 ▽移籍先となるフランクフルトは現在、元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督が率い、今シーズンのブンデスリーガを11位でフィニッシュ。過去に高原直泰(現・沖縄SV)、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現・エイバル)が在籍したクラブで、現在はMF長谷部誠が在籍している。 2017.06.24 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季限りで讃岐退団のDF小澤雄希が現役引退 「最高のサッカー選手人生でした」

▽カマタマーレ讃岐は24日、昨シーズンまで所属したDF小澤雄希(33)の現役引退を発表した。 ▽小澤は高校卒業後、オランダのセミプロチームでプレー。2008年にセレクションを経て水戸ホーリーホックに加わり、プロキャリアをスタートさせた。その後、湘南ベルマーレ、SC相模原を経て、2014年に讃岐入り。2016シーズン終了後に契約満了に伴い、讃岐を退団した。 ▽現役引退後、一般企業に就職することが決定している小澤は、讃岐の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「私、小澤雄希は、プロサッカー選手を引退します。小さい頃から夢だった、サッカー選手。プロになるため遠回りもしたけれど、その夢を叶え、9年間ピッチで戦えたこと。まずは自分によく頑張った、30年間のサッカー生活お疲れさま、と言ってあげたいと思います。選手生活は、最高の瞬間ばかりではなく、最悪の瞬間も、失敗もたくさんありました。挫折しそうになる時もあったけれど、家族、サポーターの皆様含め、自分を支えてくれたすべての人から、チャレンジする勇気をもらい、何度も立ち向かうことができました」 「これからは、スポーツ界に携わる仕事に就きます。日本のスポーツ界をもっと盛り上げるため、1日でも早く活躍できるよう頑張ります。最後に、プロサッカー選手を目指す子どもたちへ。誰にでも、プロサッカー選手になれるチャンスはあります。夢を持ち続け、最後まで諦めずに目標に向かって頑張ってください。チャンスはどこに転がっているか分かりません。掴むのも自分、逃すのも自分。常に準備をしていれば、そのチャンスを掴むことができると、今までの経験から断言します」 「本当に、最高のサッカー選手人生でした。応援してくださった皆様。本当にありがとうございました! これからも、SNSは利用したいと思いますので、気軽に話しかけてくださいね。僕とかまあげさんのこと、時々は思い出してくれると嬉しいです。それでは、また会う日まで!」 2017.06.24 13:41 Sat
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン、G大阪に続きU-20日本代表MF堂安律の加入発表…移籍形態は買取OP付きの期限付き移籍

▽オランダのフローニンヘンは23日、ガンバ大阪に続き、U-20日本代表MF堂安律(19)の期限付き移籍加入を発表した。フローニンヘン側の発表によれば、堂安は買取オプションが付いた2017-18シーズンまでの1年間の期限付き移籍加入となる。 ▽堂安は今後、G大阪の一員として25日に市立吹田サッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第16節の川崎フロンターレ戦がラストマッチに。その後、28日にオランダへと旅立ち、メディカルチェックに問題がなければ正式契約を結ぶという。 ▽G大阪ユース時代から将来を嘱望されていた堂安は、同年5月のAFCアジアチャンピオンズリーグでクラブ史上2番目となる16歳11カ月11日で公式戦デビュー。高校3年生の2016年に飛び級昇格を果たした。U-20ワールドカップでは4試合3得点。今シーズンはクラブでも出場機会を増やし、J1リーグ9試合3得点を記録している。 2017.06.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

流通経済大FWジャーメイン良が特別指定選手として仙台に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、流通経済大学のFWジャーメイン良(22)を、19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽神奈川県出身のジャーメイン良は、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2015年から全日本大学選抜に選出されていた。ジャーメイン良は、クラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、ベガルタ仙台、流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になるために日々のトレーニングから全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 16:53 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース