超ワールドサッカー

仙台が昨年に引き続き仙台大MF山田満夫を特別指定選手として登録2017.04.21 17:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベガルタ仙台は21日、仙台大学に所属するMF山田満夫(22)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。

▽2014年に松本山雅FCを退団し、仙台大学へと進学した山田は、昨シーズンにも特別指定選手として登録されていた。しかし、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。

▽昨季に引き続き特別指定選手として登録された山田は、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「昨シーズンに引き続き、ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。同時にたくさんの方々の協力や支えに深く感謝しております。この経験を通してベガルタ仙台、仙台大学に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

山口、上野展裕監督の退任を発表…暫定監督にアカデミーダイレクターの猿澤真治氏

▽レノファ山口は23日、上野展裕監督(51)の退任が決定したことを発表した。後任の監督についてはまだ未定とのこと。 ▽上野氏は、2014年に当時JFLだった山口に監督として就任し、1年目で4位に入り、明治安田生命J3リーグへの昇格を果たした。さらに翌年の2015シーズンではJ3優勝・J2昇格へ導き、チームに大きく貢献した。J2初挑戦となった昨シーズンは14勝11分け17敗の12位で残留を決めたものの、今シーズンはここまで2勝4分け9敗で20位に沈んでいた。 ▽退任が決定した上野氏は、クラブの公式サイトで以下のコメントを残した。 「この度退任致します。新加入の若い選手達が伸びてきて、さあこれからという時だっただけに残念でなりません。皆さん、3年半ありがとうございました」 ▽また、同クラブの代表取締役社長を務める河村孝氏は、今回の決断について説明。また、チームをJ2クラブまで導いた上野氏に感謝の意を表した。 「レノファ山口FCをいつも応援いただきありがとうございます。心より御礼を申し上げます」 「この度、上野展裕監督の退任を決断いたしました。上野監督は、2014年の就任後、2014年にはJFLからJ3へ、そして2015年にはJ3からJ2へと導いていただきました。そして2016年にはJ2初年度ながら12位と健闘できました。今のレノファ山口は、上野監督なくしてはありえないものであったと、本当に心から感謝しております」 「しかしながら、今季の成績、また失点シーンなどの戦い方から判断し、苦渋の決断ではありますが、このタイミングでの退任という結論を出しました」 「今季の試合はまだ多く残っておりますので、チームは1つでも多くの勝利を、そして1つでも上の順位を目指し戦ってまいる所存です。今後もご声援とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます」 ▽なお、24日のトレーニングからはアカデミーダイレクターを務める猿澤真治氏が監督代行として暫定的に指揮することが決定している。 2017.05.23 18:13 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸がびわこ成蹊スポーツ大DF宮大樹の来季加入内定を発表

▽ヴィッセル神戸は23日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF宮大樹(21)の来季からの加入が内定したことを発表した。 ▽大阪府出身の宮は、清明学院高校からびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2017年には全日本大学選抜にも選出されている。 ▽神戸は同選手の特徴について『サイズと身体能力の高さを活かした守備力と左足からの長短距離の精度の高いフィードで攻撃の起点にもなれるセンターバック』と紹介している。 ▽加入が内定した宮は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、びわこ成蹊スポーツ大学から来シーズン加入することになりました、宮大樹です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められる事を大変嬉しく誇りに思います。今まで支えてくれた指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。謙虚に直向きに、努力し続け、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.05.23 17:07 Tue
twitterfacebook
thumb

柏、MF手塚康平とのプロA契約締結を発表…今季ここまで公式戦7試合に出場

▽柏レイソルは23日、MF手塚康平(21)とのプロA契約締結を発表した。公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽柏の下部組織で育った栃木県出身の手塚は、2016年からトップチームに所属。プロデビュー戦の3月15日に行われたYBCルヴァンカップ、グループA開幕節の清水エスパルス戦を合わせて、ここまで公式戦7試合出場を記録している。 ▽プロA契約を勝ち取った手塚は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「プロになってから目標にしてきたA契約選手になることができて、とても嬉しく思います。これに満足せず、もっと上を目指して、日々努力していきます」 2017.05.23 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡、FW邦本宜裕との契約解除を電撃発表…契約条項違反で退団

▽アビスパ福岡は19日、FW邦本宜裕(19)の契約条項違反に伴い、双方合意の下で2017年5月19日をもって退団したことを発表した。契約条項違反の真意については明らかにされていない。 ▽クラブは「邦本選手の契約条項(日本サッカー協会選手契約書第9条1(5)クラブの秩序風紀を著しく乱したとき)違反により、邦本選手及び弊クラブ双方合意の下、2017年5月19日付で解除いたしました」と説明している。 ▽福岡県生まれの邦本は、浦和レッズユース在籍下で2種登録選手としてトップチーム登録されると、2013年に行われた天皇杯のモンテディオ山形戦でクラブ最年少ゴールを記録。2015年から福岡に活躍の場を移した。 ▽福岡在籍2年目の2016シーズンは、J1初ゴールを決めるなど明治安田生命J1リーグ20試合に出場して1ゴール。しかし、今シーズンは明治安田生命J2リーグ開幕からわずか1試合の出場にとどまっていた。 2017.05.19 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京が筑波大MF生地慶充と浦和学院高FW田中和樹を特別指定選手として登録

▽FC東京は19日、筑波大MF生地慶充(19)と浦和学院高FW田中和樹(17)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。 ▽東京都出身の生地は、FC東京U-18から筑波大学へと進学。また、ユース時代には2種登録選手としてトップチームに帯同していた。クラブの公式サイトでは、アピールポイントとして「攻撃的なポジションをマルチにこなし、独特のリズムから生まれるドリブルでチャンスを演出する左利きのアタッカー」と評されている。 ▽栃木県出身の田中は、ヴェルディSS小山から浦和学院高校へと進学。クラブの公式サイトでは、アピールポイントとして「高い技術によるドリブル突破と正確なシュートが持ち味。抜群のスピードで相手DFの裏へ飛び出しゴールを奪うストライカー」と評されている。 ▽Jリーグ特別指定選手として承認された両選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆MF生地慶充 「このたび、JFA・Jリーグ特別指定選手としてFC東京で受け入れていただくことになりました。FC東京で再びプレーができることを大変嬉しく思います。感謝の気持ちと責任感を忘れず、FC東京と大学の勝利に少しでも貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW田中和樹 「このたび、JFA・Jリーグ特別指定選手としてFC東京でプレーできる機会をいただき、うれしく思います。これまで支えてきてくださった方々に感謝し、恩返しできるよう、全力でプレーをしたいと思います。チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2017.05.19 18:31 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース