クーマン監督、ルカク残留へ「全てのことをする」2017.04.21 16:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を残留させるために、尽力することを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを、クーマン監督が認めたとイギリスの複数メディアが伝えており、その去就に注目が集まっている。

▽そんな中、エバートンは最近になって、ルカクの移籍金を1億ポンド(約139億9000万円)に設定したり、クーマン監督が契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張したりするなど、同選手の放出を拒む動向がイギリス『リバプール・エコー』によって伝えられた。

▽残留を望むクーマン監督は「全てのことをする」と、ルカク残留のために尽力することを主張している。

「ルカクは24ゴールを挙げている。そして、残りの5試合でより多くのゴール数を記録することができるだろう」

「どんな選手にも高いレベルでプレーすることを望んでいる。ゴールはチームへの証明にもなるので、どのチームも得点を挙げる選手を好むんだ」

「しかし、彼は、フットボールにおいて他の部分でも成長している。プレスやランにも目を向けてうまくプレーしているんだ。私は彼に対して、ストライカーとしてどれだけハードワークし、成長する必要があるかを話した」

「どこかのチームが獲得へ興味を持っているのであれば、彼らは強化担当を呼び、我々はそのことについて話し合うだろう。しかし、我々は来シーズンにも彼が残るよう全てのことをするつもりだ」

コメント

関連ニュース

thumb

WBA、エバートンから元イングランド代表MFバリーを獲得! プレミア歴代最多出場に残り5試合

▽WBAは15日、エバートンから元イングランド代表MFガレス・バリー(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は18に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽エバートンからWBAに加入したバリーは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「僕はチームを助けるためにここに来た。どこでプレーするかに関わらず、僕にとっていつもやることは同じだ」 「このチームが成長するためにハードワークし、クオリティを加えたい」 ▽アストン・ビラでプロキャリアをスタートしたバリーは、闘争心溢れる守備的MFとしてビラ、マンチェスター・シティ、エバートンで活躍してきた。なお、ここまでプレミアリーグ通算628試合に出場している鉄人MFは、あと5試合の出場でライアン・ギグス氏の最多出場記録に並ぶことになる。また、イングランド代表では通算53試合に出場し、3ゴールを記録している。 ▽今夏、スコットランド代表MFダレン・フレッチャーがストーク・シティに去ったWBAにとって、百戦錬磨のバリーの加入は大きな補強となりそうだ。 2017.08.16 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、シグルドソン獲得でクラブ間合意! 64億円の大型移籍に!

▽エバートンがスウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に関して、4500万ポンド(約64億円)の条件でクラブ間合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏、イングランド代表MFロス・バークリーの退団が決定的となっているエバートンは、その後釜として昨シーズンの公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録するなど、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンの獲得に動いている。 ▽だが、同選手の放出条件を5000万ポンド(約72億2000万)に設定しているスウォンジーに対する4000万ポンド(約57億7000万円)の最初のオファーは拒絶され、獲得交渉が難航していた。 ▽それでも先日にロナルド・クーマン監督は、「(シグルドソンに関して)我々は獲得に迫っているが、待つ必要がある。ただ、獲得交渉は完了していない」と語っており、交渉への手応えを語っていた。 ▽なお、『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、シグルドソンは15日にマージーサイド入りし、翌16日にエバートンのメディカルチェックを受診し、正式にトフィーズの一員となる見込みだ。 2017.08.16 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア開幕決勝弾のルーニー「最高」

▽14年ぶりにエバートン復帰を果たしたイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、プレミアリーグ開幕戦のストーク・シティ戦で決勝ゴールをマークした。 ▽今夏にマンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに戻り、再起を期するルーニー。前半終了間際、FWドミニク・カルバート=ルーウィンのクロスからヘディングで相手GKの逆を突き、見事にゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが試合の決勝点に。チームの勝利に貢献したルーニーにとっても、感慨深いエバートン復帰戦になったことは間違いない。イギリス『BBC』は、試合後コメントを次のように伝えている。 「個人的にも、グディソン・パークで決勝ゴールを決めることができたのはこれ以上ないぐらい光栄なこと。最高の瞬間だったよ」 2017.08.13 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーニーの復帰弾で新生エバートンが白星スタート!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕節、エバートンvsストーク・シティが12日にグディソン・パークで行われ、1-0でホームのエバートンが勝利した。 ▽今夏ルカクを放出もルーニーの復帰やクラーセン、サンドロ・ラミレス、マイケル・キーンなど、大型補強を敢行した昨季7位の新生エバートンは、ホームでの開幕戦で13位のストークと対戦した。注目の先発メンバーでは、GKピックフォードやキーン、クラーセン、ルーニー、サンドロと今夏獲得した5人を早速起用し、ルーニーとサンドロを2トップに配した[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続くが、徐々にボールを保持して相手を押し込むエバートンは、ルーニーを起点にグイエやサンドロがフィニッシュに絡んでいく。 ▽互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機まで持ち込めない中、前半終了間際のアディショナルタイム1分、13年ぶりのグディソン・パーク凱旋を果たした新10番が先制点をもたらす。グイエとのパス交換でゴール前に走り込んだルーニーは、サンドロを経由して右サイド深くでボールを持ったカルバート=ルーウィンのクロスを冷静に頭で流し込んだ。 ▽ルーニーの復帰弾で先手を奪ったエバートンは、後半も冷静に試合をコントロールする。前がかりになり始めたストークの攻撃を冷静に受けつつ、ルーニーが背後を狙うサンドロやカルバート=ルーウィンに決定的なミドルレンジのパスを何本も通すが、名手バトランドが守るゴールをあと一歩で崩し切れない。 ▽その後、クラーセンやサンドロを下げてトム・デイビス、ミララスと昨季までの主力をピッチに送り出すエバートンに対して、ストークは長身FWクラウチと先日加入が決定したチュポ=モティングをピッチに送り出し、反撃に転じる。 ▽試合終盤にかけてはクラウチとチュポ=モティングを使ったシンプルな長いボールでペースを掴んだストークの時間が続くが、試合終了間際にシャキリが放った枠の右上隅を捉える強烈なミドルシュートを新守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。 ▽13年ぶりの復帰を果たしたルーニーの復帰弾で勝ち切った新生エバートンが、白星スタートを飾った。なお、エバートンは次節にルーニーのかつてのライバル、マンチェスター・シティとのビッグマッチに臨む。 2017.08.13 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、溺愛のシグルドソンにクラブ記録の64億円投下か

▽長らくスウォンジーのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に動いていたエバートンが、4500万ポンド(約64億3000万円)の移籍金で決着をつけにいくようだ。イギリス『テレグラフ』がエバートンに詳しい情報筋をもとに伝えている。 ▽今夏、イングランド代表MFロス・バークリーの退団が決定的となっているエバートンは、その後釜として昨シーズンの公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録するなど、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンの獲得に動いているとみられる。 ▽しかし、同選手の放出条件を5000万ポンド(約72億2000万)に設定しているスウォンジーは、エバートンの4000万ポンド(約57億7000万円)に及ぶ最初のオファーを拒否した模様。獲得交渉が難航している。 ▽エバートンのロナルド・クーマン監督は「(シグルドソンに関して)我々は獲得に迫っているが、待つ必要がある」として獲得に自信。また、シグルドソンがエバートン移籍を望んでいることや、クラブのアメリカツアーに参加しなかったことからエバートン入りは間もなくかもしれない。 2017.08.09 21:52 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース