超ワールドサッカー

クーマン監督、ルカク残留へ「全てのことをする」2017.04.21 16:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を残留させるために、尽力することを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを、クーマン監督が認めたとイギリスの複数メディアが伝えており、その去就に注目が集まっている。

▽そんな中、エバートンは最近になって、ルカクの移籍金を1億ポンド(約139億9000万円)に設定したり、クーマン監督が契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張したりするなど、同選手の放出を拒む動向がイギリス『リバプール・エコー』によって伝えられた。

▽残留を望むクーマン監督は「全てのことをする」と、ルカク残留のために尽力することを主張している。

「ルカクは24ゴールを挙げている。そして、残りの5試合でより多くのゴール数を記録することができるだろう」

「どんな選手にも高いレベルでプレーすることを望んでいる。ゴールはチームへの証明にもなるので、どのチームも得点を挙げる選手を好むんだ」

「しかし、彼は、フットボールにおいて他の部分でも成長している。プレスやランにも目を向けてうまくプレーしているんだ。私は彼に対して、ストライカーとしてどれだけハードワークし、成長する必要があるかを話した」

「どこかのチームが獲得へ興味を持っているのであれば、彼らは強化担当を呼び、我々はそのことについて話し合うだろう。しかし、我々は来シーズンにも彼が残るよう全てのことをするつもりだ」

コメント

関連ニュース

thumb

去就不透明のMFバークリー、月曜日に決着か? クーマン監督が明言

▽エバートン率いるロナルド・クーマン監督は、イングランド代表MFロス・バークリー(23)の去就が月曜日に決まると明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽リバプール生まれでエバートン下部組織出身のバークリーには、かねてよりトッテナムが関心を示しているほか、チェルシーやマンチェスター・シティも動向を注視していると伝えられてきた。さらにクラブとの現行契約が残り1年を切ろうとしているにも関わらず、契約期間の延長も含めた去就について不透明な状況が続いている。 ▽そうした中、クーマン監督は21日に行われたプレミアリーグ第38節のアーセナル戦(1-3でエバートンが敗北)後、記者の『バークリーを将来の計画の一部にあることを望んでいるか』という質問に対して以下のように回答。また、月曜日に同選手の去就が決定することも併せて明言している。 「それは問題ではない。なぜなら我々は本当に素晴らしいオファーを彼に提示したからね。あとは選手次第だよ」 「私は明日の理事会で意見を述べる。そして、そのことについて発表するつもりだ」 ▽なお、クーマン監督は以前、もしバークリーが契約延長のオファーにサインをしなかった場合、現行契約が終わる前に売却することを視野に入れていることを示唆している。 2017.05.22 19:08 Mon
twitterfacebook
thumb

10人のアーセナルが意地の勝利も5位フィニッシュ…CL連続出場記録が「19」でストップ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、アーセナルvsエバートンが21日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。 ▽前節、最下位サンダーランドを一蹴し、リーグ4連勝を飾った5位アーセナル(勝ち点72)は、4位リバプール(勝ち点73)と3位マンチェスター・シティ(勝ち点75)との三つ巴のトップ4争いの中、最終節で逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指した。21年連続トップ4フィニッシュに向けてヴェンゲル監督は、サンダーランド戦から先発3人を変更。ムスタフィ、ギブス、ジルーに代わってコシエルニー、ガブリエウ、ウェルベックが先発に入った。 ▽一方、既に7位が確定しているエバートン(勝ち点61)だが、今季限りでの退団も噂されるバークリーこそベンチスタートとなったものの、得点王争いが懸かるエースFWルカクなど、主力を揃えてアーセナルの悲願阻止を目指した。 ▽逆転でのトップ4フィニッシュに向けて前がかりな入りを見せたホームのアーセナルは、積極的に高い位置を取るベジェリンとモンレアルの両ウイングバックが攻撃に厚みを加える。すると8分、波状攻撃からボックス左でウェルベックが折り返したボールをベジェリンが右足で押し込み、開始早々に先制点を奪う。 ▽幸先良くリードを奪ったアーセナルだが、14分にアクシデントが発生。相手のカウンターの場面でエネル・バレンシアに危険な両足タックルを見舞ったDFコシエルニーにレッドカードが掲示され、退場処分に。1点のリードこそあるものの、残り80分近くを10人で戦うことになった。 ▽数的優位を生かして攻勢に出ようとするエバートンは、26分にトム・デイビスを下げてバークリーをピッチに送り出す。これで一気にエバートンペースに傾くと思われたが、ホームチームが底力を見せる。 ▽27分、ペナルティアーク付近でサンチェスが放ったミドルシュートがDFに当たり、オフサイドラインに居たウェルベックに渡る。だが、この場面ではオフサイドとならないウェルベックは冷静にGKを引き付けてバックパスを送ると、サンチェスが難なく流し込んだ。 ▽この2点目で勝利に大きく近づいたアーセナルだが、その後はリスクを冒して前に出るエバートン相手に防戦一方の展開に。前半終了間際にはルカク、バークリー、バレンシア、グイエと続けざまにボックス内でシュートを浴びせかけられるが、圧巻のゴールセービングを見せたGKチェフがゴールに鍵を欠けた。 ▽ハーフタイムにシティとリバプールが先制した情報を聞きつけたアーセナルだが、後半も気持ちを切らさずに試合を進める。だが、52分に再びアクシデントが発生。バレンシアにスライディングタックルに行ったDFガブリエウが足を痛めてしまい、担架に乗せられてピッチを後に。この緊急事態を受けて、ヴェンゲル監督はメルテザッカーをピッチに送り出した。 ▽流れが悪いアーセナルは58分、ボックス内でクロスの対応にあたったDFモンレアルが手を使ってボールをブロックし、痛恨のPK献上。これをキッカーのルカクに左隅へ決められ、点差を縮められた。 ▽この失点でより難しい試合運びを強いられたアーセナルベンチは、さらにライバルチームがいずれも追加点を奪い、逆転でのトップ4フィニッシュが難しいと判断したのか、62分にジャカを下げてコクラン、68分には痛みを抱えていたエースFWサンチェスを下げてイウォビを投入した。 ▽それでも、ホーム最終戦を勝利で飾りたいホームチームは攻守にハードワークをみせ、再三の鋭いカウンターからエジルやイウォビがゴールに迫るなど、10人とは思えない戦いぶりでリードを保つ。その後、試合終了間際にはボックス内に抜け出したラムジーがゴール右上隅に絶妙なシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取。数的不利を背負いながらもリーグ戦5連勝でシーズンを締めくくったアーセナルだったが、ライバルのリバプール、シティがいずれも最終節を勝利したため、今シーズンの5位フィニッシュが決定。この結果、19年連続で続けていたCL出場記録が途切れることになり、来季はヨーロッパリーグに参戦することになった。 2017.05.22 01:12 Mon
twitterfacebook
thumb

王者チェルシー、101億円でのルカク再獲得が近づく?

▽チェルシーが、エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(24)の再獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が統括するイタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、チェルシーのエースストライカーであるFWジエゴ・コスタは、今夏に中国リーグに移籍する可能性がある。プレミアリーグ王者であるチェルシーは、今季リーグ戦20得点を挙げるジエゴ・コスタの代役として、2014年に放出したルカクを再獲得する動きを進めているようだ。 ▽『gianlucadimarzio.com』は、すでにチェルシーが選手側とコンタクトを取ったと報道。エバートンとは、7000万ポンド(約101億円)の移籍金で合意に達するとみられている。 ▽チェルシー移籍後に着実に評価を高めてきたルカクは今季、エバートンで24ゴールを記録。プレミアリーグの得点ランキングで首位を走っている。 2017.05.18 17:59 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、ルカクの代役としてサンドロ・ラミレス獲得に自信?

▽エバートンが、マラガのU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)の獲得に自信をのぞかせている。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽バルセロナのカンテラーノであるサンドロ・ラミレスは、今シーズンからマラガで活躍。ケガのため欠場が続いた時期もあったが、リーグ戦28試合に出場し14得点を記録している。そんな同選手に対して、ベルギー代表FWロメル・ルカクの退団が有力視されているエバートンが、代役として獲得に乗り出しているという。 ▽サンドロ・ラミレスに関しては、セビージャやトッテナムも興味を示していると言われているが、エバートンは、同選手の獲得に自信があるようだ。サンドロ・ラミレスに近しい情報源によると、同クラブは、より好条件の契約を用意し、ルカクの代役として期待していることを本人に伝えたもようだ。 ▽エバートンのロナルド・クーマン監督はこの週末に、ラ・ロサレダ(マラガの本拠地)に姿を見せており、サンドロ・ラミレスの最終チェックとして訪れたのではないかと推測されている。 ▽なお、サンドロ・ラミレスには、フリーでマラガに加入した際に、600万ユーロ(約7億4300万円)のリリース条項のオプションが付けられているとみられる。 2017.05.15 14:39 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン、ミララスと2020年までの新契約締結

▽エバートンは12日、ベルギー代表FWケビン・ミララス(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽エバートンとの新たな3年契約にサインしたミララスは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「今回の契約は僕と家族にとって、とても重要なものだったんだ。ここで幸せを感じているし、ここは僕にとって最高のクラブなんだ」 「ここに来てから5年が経っているけど、このクラブでトロフィーを獲得することがとても重要なことだと思っている。以前にもここでトロフィーを獲得することが夢だと言ってきたけど、僕たちは現在良い方向に向かっていると思っている」 ▽2012年にオリンピアコスからエバートンに加入したミララスは、ここまで公式戦171試合に出場し、39ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦33試合に出場し、4ゴール6アシストとロナルド・クーマン監督から厚い信頼を受けてプレーしている。 2017.05.13 05:29 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース