ブラジルの新星ガビゴルが出場機会に不満…代理人はレンタルでの移籍を模索中2017.04.21 15:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのブラジル代表FWFWガブリエウ・バルボサ(20)が、出場機会の少なさに不満を持っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽ブラジル国内で“ガビゴル”との愛称で親しまれているガブリエウは、バルセロナでプレーするブラジル代表FWネイマールの後継者として、高い評価を受けるサントスの逸材。リオ五輪でもブラジルの初優勝に貢献。今シーズンにサントスからインテルへ移籍金2500万ユーロ(当時のレートで約28億円)の5年契約で加入した。

▽しかしブラジルの新星も新天地ではポジションを奪うことはできずに、ここまでのセリエAで7試合1ゴールという不本意な結果を残している。

▽この状況を受けて同選手の代理人を務めるワグナー・リベイロ氏は次のようにコメントしている。

「昨日ミラノに戻り、インテルのディラクターと話をした。今の問題は出場機会。彼はプレーできない状態が続いているが、今後は出場機会を増やせないか、スタメンではないにしてもプレー機会が得られないかと聞いたよ。仮にそれも叶わないのであれば、欧州のクラブにレンタルで出してほしいとね。彼の中でブラジルに戻る選択肢はない」

コメント

関連ニュース

thumb

インテルの控えFWにイングランドから関心。本人は乗り気か

▽インテルのイタリア代表FWエデルに対して、クリスタル・パレスが関心を示している。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽今回の報道によると、クリスタル・パレスは1100万ユーロ(約15億円)ほどの移籍金を用意してエデルの獲得を目指している。 ▽エデルは今冬の移籍を前向きに考えている様子だ。今季リーグ戦で15試合に出場している同選手だが、先発でのプレーはない現状。そのうえ、インテルはこの冬の移籍市場でさらに前線の選手を獲得する可能性もあるだけに、移籍への扉は閉ざしてないようだ。 2018.01.19 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、休暇明けの上位対決ローマ戦もベンチスタートか…伊メディア予想

インテルは21日、セリエA第21節で強豪ローマと対戦するが、日本代表のDF長友佑都はベンチスタートとなる見込みだと、イタリア複数メディアが伝えている。<br><br>長友は今シーズン、開幕直後にレギュラーの座をつかんだが、11月5日のトリノ戦を最後に左サイドバック3番手と見られていたDFダビデ・サントンにポジションを奪われた。年が明けた5日に行われたフィオレンティーナ戦では75分、負傷したDFアンドレア・ラノッキアに代わり、2カ月ぶりにリーグ戦でプレーした。<br><br>セリエAの休暇明けとなる次戦は21日に行われ、3位インテルは5位ローマをジュゼッペ・メアッツァに迎える。両チームのポイント差はわずか3ポイントとあり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の行方を占う上で注目の一戦となる。<br><br>1カ月以上、勝利から見放されているインテルだが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』などイタリアメディア各紙は変わらず、いずれも長友のベンチスタートを予想。ライバルであるサントンが3試合連続で先発に起用されると報じている。DFダニーロ・ダンブロージオがケガで離脱中の右サイドバックではDFジョアン・カンセロの先発が有力と見られる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 18:17 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ラフィーニャ獲得まであと一歩。約4億円の隔たりは埋まるのか

▽インテルがバルセロナMFラフィーニャの獲得に前進しているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、両クラブの隔たりがあと「300万ユーロ(約4億1000万円)」だと伝えた。 ▽伝えられるところによれば、今冬の移籍市場でインテルはラフィーニャの獲得を狙っている。両クラブは完全移籍オプションつきのレンタルでの取引を望んでいるが、このオプションの額に認識の違いがあり、交渉を重ねていたところだ。 ▽ただ、この交渉も大詰めを迎えているという。報道によると、インテルは3500万ユーロ(約47億円)でボーナスは付けないという条件でオファー。当初4000万ユーロを要求していた模様のバルセロナも、3800万ユーロ(約51億円)まで歩み寄ったという。 ▽同紙は、バルセロナが18日に内部で話し合い、最終的な返答を出すものとみている。両クラブの交渉が最終局面を迎えていることは確かなようだ。 2018.01.18 20:47 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、インテルにスタリッジを売り込む? 争点は移籍形態か

▽リバプールが、出場機会を失っているイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)をインテルに売り込んでいるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。 ▽度重なるケガから復帰したスタリッジだが、ここまでのリーグ戦で9試合で2ゴールを奪うも先発出場は5試合に留まっており、ユルゲン・クロップ監督の構想から外れていると噂されている。そのため選手自身は今夏のロシア・ワールドカップに向けて出場機会を得られるチームへの移籍を考えているようだ。 ▽また、リバプールも2019年6月までの契約となっている同選手を、遅くても今夏までに放出したいと考えている模様。そこでクラブは、インテルに移籍の話を持ち掛けたようだ。 ▽今回の報道によると、リバプール側は完全移籍でスタリッジを売却したい模様。しかしインテル側は今冬の移籍市場でベンフィカから元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらにバルセロナのブラジル代表MFラフィーニャ・アルカンタラ(24)の獲得にも動いているとされている。 ▽そのためインテルはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の影響でスタリッジを完全移籍で獲得することは不可能な模様。また前線の補強は最優先事項ではないとの見方から、レンタル移籍の条件をリバプールが飲めば考慮することになるそうだ。 2018.01.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トップ下の獲得を狙うインテル、交渉は難航予想もPSGのパストーレ代理人と接触

インテルはパリ・サンジェルマンに所属するMFハビエル・パストーレ(28)の獲得を目指し、代理人と接触したと、イタリアメディア『スカイスポーツ』が15日、報じている。<br><br>インテルは今冬の補強第1号として、ベンフィカからアルゼンチン出身のセンターバック、DFリサンドロ・ロペスを獲得したばかりだが、続いてパリSGの28歳MFに再び触手を伸ばしている。<br><br>インテルでは今シーズン、主砲のFWマウロ・イカルディが前線で孤立する場面が目立っており、同選手のサポート役となるトップ下の選手の獲得を狙っている。<br><br>ピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は獲得に向けた交渉の余地を探るため、パストーレの代理人マルセロ・シモニアン氏とミラノで接触し、夕食を共にした。元パレルモの選手は昨年末、「インテルは僕がとても好きなチームだし、パリSGを退団するとしたらイタリアへ行きたい」と述べるなど、インテルに対し敬意を示している。<br><br>ただ一方で、同僚DFチアゴ・シウバの発言を否定する形でインスタグラムにおいて、「ここでキャリアを終えたい」とパリSG残留を示唆しており、本人の意思は明確になっていない。また高額な移籍金が予想されるほか、シーズン途中とあり獲得交渉は難航することが予想される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 17:38 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース