超ワールドサッカー

ブラジルの新星ガビゴルが出場機会に不満…代理人はレンタルでの移籍を模索中2017.04.21 15:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのブラジル代表FWFWガブリエウ・バルボサ(20)が、出場機会の少なさに不満を持っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽ブラジル国内で“ガビゴル”との愛称で親しまれているガブリエウは、バルセロナでプレーするブラジル代表FWネイマールの後継者として、高い評価を受けるサントスの逸材。リオ五輪でもブラジルの初優勝に貢献。今シーズンにサントスからインテルへ移籍金2500万ユーロ(当時のレートで約28億円)の5年契約で加入した。

▽しかしブラジルの新星も新天地ではポジションを奪うことはできずに、ここまでのセリエAで7試合1ゴールという不本意な結果を残している。

▽この状況を受けて同選手の代理人を務めるワグナー・リベイロ氏は次のようにコメントしている。

「昨日ミラノに戻り、インテルのディラクターと話をした。今の問題は出場機会。彼はプレーできない状態が続いているが、今後は出場機会を増やせないか、スタメンではないにしてもプレー機会が得られないかと聞いたよ。仮にそれも叶わないのであれば、欧州のクラブにレンタルで出してほしいとね。彼の中でブラジルに戻る選択肢はない」

コメント

関連ニュース

thumb

サンプドリア、トレードは拒否も長友佑都獲得に興味を示したまま…話し合い続行へ

サンプドリアがインテルと日本代表DF長友佑都の状況について話し合いを開始したようだ。イタリア『プレミアム・スポーツ』が報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場でサンプドリアに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル獲得に興味を示している。先日、インテルは金銭+長友でシュクリニアルとのトレードのオファーを送り、サンプドリアに拒否されていた。<br><br>しかし、サンプドリアはシュクリニアルの売却とは別で、長友の獲得に興味を示しており、ルチアーノ・スパレッティ新監督の元で構想外になると見られる日本代表サイドバック獲得を望んでいるようだ。<br><br>一方で、インテルも22歳のシュクリニアル獲得を諦めるつもりはなく、今後も話し合いは続けていく模様。いずれにしろ、長友の去就は今後も騒がれることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.25 11:53 Sun
twitterfacebook
thumb

バネガ代理人「彼は今夏、99%スペインに行く」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)のスペイン復帰が決定的なようだ。『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽2015-16シーズンをセビージャで過ごしたバネガは、昨夏にフリートランスファーでインテルに加入。今シーズンは公式戦33試合に出場して6ゴール8アシストをマークした。 ▽しかし、バネガを巡っては、加入からわずか1年でインテル退団の可能性が浮上。事前の報道によれば、エスパニョールなどが挙がる一方で、古巣セビージャが有力な移籍先としてみられている。 ▽伝えられるところによれば、バネガの代理人を務めるマルセロ・シモニアン氏は、「エベルは今夏、99%スペインに行く。この数日、メディアに取り上げられている1300ユーロ(約16億1000万円)以下でね」と言及したという。 2017.06.24 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアが長友佑都のトレード案に難色…22歳DF譲渡の対価に現金を優先

サンプドリアがインテルに所属する日本代表のDF長友佑都のトレードを拒否したと、イタリアメディア『スポルティタリア』でサッカー解説を務めるジャーナリストのアルフレド・ペドゥラ氏が22日、独占スクープとして報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場において、サンプドリアに所属する22歳のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示している。サンプドリアも放出の意向を示しているが、条件についてインテルと交渉が続いている。<br><br>22日、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と右腕であるアントニオ・ロメイ弁護士がミランを訪れた。ロメイ弁護士はインテルのスポーツディレクター、ピエロ・アウジリオと夕食を共にし、シュクリニアルの移籍に関して、協議を行った。<br><br>インテルはこれまで1500万ユーロ(約19億円)の移籍金に加え、FWジャンルカ・カプラーリをトレード要員として差し出す方向性を示していた。しかし両者の間で見積額に隔たりがあったため、インテルはトレード要員としてさらに長友など他の所属選手を加える提案をしていた。ところが今回の協議では、サンプドリア側がこれを拒否し、2700万ユーロ(約34億円)の移籍金もしくは、2000万ユーロ(約25億円)とカプラーリのみのトレードを要求しており、長友はトレード要員から外された模様だ。長友はルチアーノ・スパレッティ新監督の下、構想外とみられており、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティの去就に揺れるPSGがバネガに興味示すも、セビージャ復帰が濃厚か

▽インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)が、セビージャに復帰する可能性が高まっている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにセビージャからインテルに加入したバネガは、初挑戦となったセリエAで28試合6ゴールを奪った。インテルと3年契約を結んだ同選手だが、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに退団の噂が流れているパリ・サンジェルマンがその後釜としてバネガの獲得に興味を示しているようだ。また、パリ・サンジェルマンにはバレンシアとセビージャで共に働いたウナイ・エメリ監督もいる。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、バネガはすでにスペインへの復帰を考えているようで、古巣であるセビージャに戻る可能性が高い様だ。なお、同メディアは移籍金が900万ユーロ(約11億1700万円)程度と見込んでいる。 ▽またバネガの代理人を務めるマルセロ・シモニア氏は、チーム名こそ明かさなかったものの次のように語りスペイン復帰が濃厚だと示した。 「99%スペインに行くことになる。報道では移籍金が1300万ユーロ(約16億1400万円)と言われているが、もっと下だ。合意までもう間もなくだ」 2017.06.22 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

バネガはセビージャに復帰も? セビージャ会長がバネガとヨベティッチの状況を語る

▽セビージャのホセ・カストロ会長が、インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガを連れ戻す考えを明かした。 ▽バネガは、2016年7月にセビージャからフリートランスファーでインテルへと移籍。インテルではセリエAで28試合に出場し6ゴール8アシストを記録。しかし、FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反で制裁を受けているインテルは、選手を売却する必要があり、去就が騒がれている。 ▽2014-15シーズンから2シーズンセビージャに在籍したバネガは、ヨーロッパリーグ連覇に貢献。カストロ会長はスペイン『ラジオ・セビージャ』にバネガを連れ戻したい意向を語った。 「バネガ? フットボールの世界で、絶対はない。彼はセビージャで多くを勝ち取っているし、素晴らしい選手だ」 「我々はインテルの意志を知らないが、彼は素晴らしい月日を過ごしたここに戻ってくることを決断することになるだろう」 「インテルとの交渉はしていないが、我々のスポーツディレクターとバネガは話している」 「彼がインテルで得た給料を保証することはできないがね」 ▽また、シーズン途中にレンタル移籍で加入したモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチについてもコメント。バネガとは別の話になるが、インテルと話をしていると語った。 「我々はヨベティッチについてインテルに妥当なオファーをした。しかし、インテルは受け入れなかった」 「我々はヨベティッチが戻らないことを意味するかは分からない。オファーは大きなものだが、セビージャにも限界がある。我々は、インテルが求める金額を払うことはできない」 「別のオプションを持っている。しかし、それは合意に達せないということを意味している訳ではない。合意するための努力が必要だ」 「ヨベティッチとバネガの状況は異なる。我々は多くのことで動いており、数日後にはアップデートできるだろう」 2017.06.20 20:40 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース