ブラジルの新星ガビゴルが出場機会に不満…代理人はレンタルでの移籍を模索中2017.04.21 15:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのブラジル代表FWFWガブリエウ・バルボサ(20)が、出場機会の少なさに不満を持っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽ブラジル国内で“ガビゴル”との愛称で親しまれているガブリエウは、バルセロナでプレーするブラジル代表FWネイマールの後継者として、高い評価を受けるサントスの逸材。リオ五輪でもブラジルの初優勝に貢献。今シーズンにサントスからインテルへ移籍金2500万ユーロ(当時のレートで約28億円)の5年契約で加入した。

▽しかしブラジルの新星も新天地ではポジションを奪うことはできずに、ここまでのセリエAで7試合1ゴールという不本意な結果を残している。

▽この状況を受けて同選手の代理人を務めるワグナー・リベイロ氏は次のようにコメントしている。

「昨日ミラノに戻り、インテルのディラクターと話をした。今の問題は出場機会。彼はプレーできない状態が続いているが、今後は出場機会を増やせないか、スタメンではないにしてもプレー機会が得られないかと聞いたよ。仮にそれも叶わないのであれば、欧州のクラブにレンタルで出してほしいとね。彼の中でブラジルに戻る選択肢はない」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ユベントス 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュチェスニー 5.5 守備機会がなかった DF 2 デ・シリオ 6.0 対面のペリシッチを消した 4 ベナティア 6.5 前節のメルテンスに続き、イカルディを完璧に潰した 3 キエッリーニ 6.5 身体を張った守備でベナティアと共に鉄壁を築く 22 アサモア 6.5 ミラン戦やナポリ戦同様、ビッグマッチで冷静なプレーぶり。攻守に質が高かった MF 6 ケディラ 6.0 前線への飛び出しでアクセントに (→ディバラ 5.5) さほど良い形でボールを持てなかった 5 ピャニッチ 6.0 的確な捌きでリズムを与える (→ベンタンクール -) 14 マテュイディ 6.0 前線への飛び出しでケディラと共にアクセントに。守備にもよく戻った FW 7 クアドラード 6.5 マンジュキッチとのホットラインで好クロスを供給 9 イグアイン 5.0 ボールホルダーによくプレスをかけていたが、攻撃面では効果的な働きはできなかった 17 マンジュキッチ 5.5 クアドラードとのホットラインはあったが、シュートを決めきれず 監督 アッレグリ 6.0 ディバラのベンチスタート、インテルに合わせた[4-3-3]の採用など大胆な采配を施し優勢に試合を進めた ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 的確なゴールキーピングでクリーンシート DF 33 ダンブロージオ 5.5 マンジュキッチとのミスマッチも乗り切る 37 シュクリニアル 6.5 ソリッドな守備でイグアインを封じる 25 ミランダ 6.5 終始、安定した守備を続けた 21 サントン 5.0 対面のクアドラードに押し込まれた (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 投入直後こそクアドラードに苦戦も徐々に慣れる MF 87 カンドレーバ 5.0 仕掛けのプレーはなかった (→ガリアルディーニ 5.5) 守備を安定させた 11 ヴェシーノ 6.0 バイタルエリアを締めた 77 ブロゾビッチ 5.0 イカルディをサポートできなかった 20 ボルハ・バレロ 6.0 一定のキープ力を見せて時間を作る 44 ペリシッチ 5.0 カンドレーバ同様、仕掛けのプレーは出せず FW 9 イカルディ 5.0 ボールが入らなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 劣勢ながらもしっかりと勝ち点1を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミランダ(インテル) ▽両陣営のセンターバックが出色のパフォーマンスを発揮していたためMOMは選びにくいが、勝ち点1を得た価値がより大きなインテルからミランダを選出。相棒のシュクリニアルと共に鉄壁を築いた。 ユベントス 0-0 インテル 2017.12.10 06:48 Sun
twitterfacebook
thumb

緊迫のイタリア・ダービーはゴールレスドロー、暫定首位のインテルは無敗を維持《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ナポリ戦をイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。そのユベントスはオリンピアコス戦のスタメンから4選手を変更。ディバラ、ドグラス・コスタ、バルザーリ、アレックス・サンドロに代えてマンジュキッチ、キエッリーニ、ピャニッチ、アサモアを起用し、GKブッフォンは引き続き欠場となった。 ▽一方、前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があった中、キエーボ戦のスタメンから2選手を変更。ジョアン・マリオとラノッキアに代えてヴェシーノと出場停止明けのミランダが先発となり、長友は4試合連続ベンチスタートとなった。 ▽インテルに合わせる形で[4-3-3]を採用したユベントスは、立ち上がりの主導権争いを経て8分に決定機。クアドラードの右クロスがディフレクトし、ファーサイドのマンジュキッチが右足で合わせる。しかし、GKハンダノビッチの守備範囲に飛んでしまった。さらにルーズボールをマンジュキッチが頭で押し込みにかかるも、ゴールライン前のミランダにクリアされた。 ▽その後も互角の攻防が続き、互いに隙を見せなかったことで、両チームのストライカーにボールが入らずシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽前半半ば以降も緊張感溢れる攻防が続く中、ユベントスは37分にマテュイディの落としに反応したケディラがボックス右からボレー。シュートは枠を捉えていたが、GKハンダノビッチにセーブされた。さらに45分、クアドラードの右クロスをファーサイドのマンジュキッチがダンブロージオに競り勝ってヘディングシュート。しかし、バーに直撃し、両陣営が水も漏らさない攻防を繰り広げた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防で立ち上がった中、右サイドのクアドラードを起点に攻め込むユベントスは、54分にマンジュキッチがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽攻勢を強めるユベントスに対し、インテルは63分に負傷したサントンに代えてダウベルト・エンリケを投入した。 ▽引き続き押し込むユベントスが68分にケディラがボレーでゴールに迫った中、インテルはカンドレーバに代えてガルアルディーニを投入し、右サイドにブロゾビッチを回した。 ▽守備に比重を置いたインテルに対し、71分にアサモアのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスは75分、勝負に出る。ケディラに代えてディバラを投入した。 ▽しかし、決定機を生み出すには至らない。終盤、イカルディを下げてエデルを投入したインテルが引き分けに持ち込み、緊迫のダービーはゴールレスドローで終了した。 2017.12.10 06:47 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】首位攻防のイタリア・ダービー《ユベントスvsインテル》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルが日本時間9日の28:45にキックオフされる。前節ナポリに今季初黒星を喫しさせた3位ユベントスと、首位に浮上したインテルによる首位攻防のイタリア・ダービーだ。 ▽前節ナポリ戦を強行出場のイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を守護神ブッフォンを欠いた中、2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。痺れる試合が続いているため疲弊が気がかりだが、ダービーを制して首位獲りとなるか。 ▽一方、ミランダとガリアルディーニを出場停止で欠いた前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があったアドバンテージを持つ。フィジカルコンディションの優位性とともに、ここ3試合で5ゴールと絶好調の“ユベントスキラー”イカルディの活躍で無敗を維持し、首位をキープしたい。 <div style="text-align:center;">◆ユベントス◆ 【3-4-2-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ユベントス予想スタメン GK:シュチェスニー DF:バルザーリ、ベナティア、キエッリーニ MF:クアドラード、ピャニッチ、ケディラ、アレックス・サンドロ FW:ディバラ、ドグラス・コスタ FW:イグアイン 負傷者:GKブッフォン、DFヘヴェデス、 DFリヒトシュタイナー、FWピアツァ 出場停止者:なし ▽ヘヴェデスが再び戦列を離れ、リヒトシュタイナーとオリンピアコス戦をコンディション不良の影響で欠場したGKブッフォンが招集メンバーを外れた。そのため、シュチェスニーがゴールマウスを守る。一方でオリンピアコス戦をコンディション不良の影響で欠場したキエッリーニは復帰が見込まれている。ここ数試合、3バックと4バックを併用しているが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は3バックを予想している。 <div style="text-align:center;">◆インテル◆ 【4-2-3-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽インテル予想スタメン GK:ハンダノビッチ DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、ミランダ、サントン MF:ヴェシーノ、ガリアルディーニ MF:カンドレーバ、ボルハ・バレロ、ペリシッチ FW:イカルディ 負傷者: なし 出場停止者:なし ▽ミランダとガリアルディーニが出場停止から復帰する。それ以外にキエーボ戦からのスタメン変更はないものと思われる。サントンが前節のキエーボ戦で好パフォーマンスを見せたため、長友は引き続きベンチスタート予想だ。 ★注目選手 ◆ユベントス:FWドグラス・コスタ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ディバラとイグアインの両主軸も注目だが、ユベントスの注目選手にはドグラス・コスタを挙げたい。今季、バイエルンから加入した高速ドリブラーは、加入当初こそチームにフィットできない状況が続いていたが、ここ数試合でチームに順応し始めている。とりわけナポリ戦では攻撃の核として機能し、攻撃に人数をかけられない中、単騎突破で違いを生む働きを担った。インテル戦ではナポリ戦ほど守備に比重を置くことはないことが予想され、ドグラス・コスタが相手DFを引き付けることで他のアタッカーが生かされる展開が増えるはずだ。 ◆インテル:FWマウロ・イカルディ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、インテルの注目選手には今季ここまで16ゴールを挙げて得点ランキングトップに立つイカルディを挙げたい。抜群の決定力でエースとしての働きを全うしているアルゼンチン代表FWは、首位に立ったチームを牽引する存在。メルテンスを封じたユベントス守備陣が相手となるが、ユベントスに対しては抜群の相性の良さを誇る。この大一番でゴールを決め、チームの首位キープに貢献できれば、さらに評価を高めることになる。 2017.12.09 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第16節プレビュー】土曜に首位攻防のイタリア・ダービー

▽前節はユベントスがナポリを下して1ポイント差に詰め寄った中、インテルがその間隙を縫って首位に浮上した。そして、ローマ勢が勝利した一方、ガットゥーゾ体制となった新生ミランが全敗のベネヴェントに痛恨のドローに終わっている。迎える第16節は土曜日にユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが行われる。 ▽前節ナポリ戦を強行出場のイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を守護神ブッフォンを欠いた中、2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。痺れる試合が続いているため疲弊が気がかりだが、ダービーを制して首位獲りとなるか。 ▽一方、ミランダとガリアルディーニを出場停止で欠いた前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があったアドバンテージを持つ。フィジカルコンディションの優位性とともに、ここ3試合で5ゴールと絶好調の“ユベントスキラー”イカルディの活躍で無敗を維持し、首位をキープしたい。なお、ここ3試合ベンチを温めている長友は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽ユベントスの守備を崩せずにリーグ戦今季初黒星を喫して2位に転落したナポリ(勝ち点38)は、イタリア・ダービーの結果を受けて日曜日にフィオレンティーナをホームに迎える。そのナポリは水曜日に行われたCLのフェイエノールト戦を1-2と敗戦し、グループステージ突破はならなかった。ユベントスとインテルが潰し合う中、CL敗退のショックを乗り越えて首位奪取となるか。 ▽1カ月半ゴールのなかったゼコに得点が生まれるなどSPALに3-1と快勝して上位を追走する4位ローマ(勝ち点34/未消化1試合)は、日曜日のランチタイムにキエーボとのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたCLのカラバフ戦を1-0と勝利して首位通過を果たし、リーグ戦に集中できる環境となった中、確実にキエーボを下して上位を追走したい。 ▽ボナヴェントゥーラが1ゴール1アシストの活躍を見せたものの、まさかのGKによる追加タイム被弾で勝ち点2を失った7位ミラン(勝ち点21)は、ガットゥーゾ体制での初陣を勝利で飾れなかった。そのミランは同勝ち点で並ぶボローニャとのホーム戦に臨むが、悪い流れを断ち切るような勝利を飾れるか。最後に要塞ルイジ・フェラリスを追加タイムのカイセド弾で制した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、月曜日に10位トリノ(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第16節 ▽12/9(土) 《26:00》 カリアリ vs サンプドリア 《28:45》 ユベントス vs インテル ▽12/10(日) 《20:30》 キエーボ vs ローマ 《23:00》 ウディネーゼ vs ベネヴェント ナポリ vs フィオレンティーナ SPAL vs ヴェローナ 《26:00》 サッスオーロ vs クロトーネ 《28:45》 ミラン vs ボローニャ ▽12/11(月) 《27:00》 ジェノア vs アタランタ 《29:00》 ラツィオ vs トリノ 2017.12.09 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

長友佑都、インテルのクリスマスソングで独唱…現地記者も美声に驚き「なんて歌声だ」

インテルが制作したクリスマスソングにおいて、日本代表のDF長友佑都がソロパートを担当した。長友が7日、ツイッターを更新し報告している。<br><br>クリスマスを控え、インテルはクリスマスソング「ジングルベル」の替え歌である「インテルベル」を制作し、ツイッター上で動画の一部を公開した。コーラスにはインテル所属選手(FWアンドレア・ピナモンティおよびFWヤン・カラモー以外)のほか、OBであるハビエル・サネッティ副会長も参加。長友とFWエデルについてはソロで歌声を披露している。また指揮者はルチアーノ・スパレッティ監督が担当した。長友自身もSNSにおいて報告している。<br><br>「インテルの選手みんなでジングルベルインテルバージョンを歌いました<br>提供:goal.com 2017.12.08 18:07 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース