センターFWを探すミラン、オーバメヤン獲得不可能ならばローマのゼコにターゲット変更へ2017.04.21 15:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが来季の目玉としてセンターFWの獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽ミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却した。これにより31年間続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制は終焉を迎えた。

▽チャイナ・ミランの誕生により早くも来シーズンへの投資が期待される中、『フットボール・イタリア』によるとヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は新たなディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベリ氏、マルコ・ファッソーネ氏との会談を行った模様。そこでは新たなセンターFWの獲得を強く要望したようだ。

▽ミランは先日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の獲得に興味を示していることがイタリア紙『レプブリカ』の報道で明らかとなった。『フットボール・イタリア』によると、オーバメヤンへの興味は持ちつつも獲得できない場合の備えて、ローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)もターゲットにしているという。

▽ゼコはセリエA挑戦2年目となる今シーズン、リーグ戦で32試合に出場し得点ランキングのトップタイとなる25ゴールをマークするなどゴールを量産している。チームゴール数で49ゴールと得点力不足を露呈しているミランにとってはのどから手が出るほど欲しい選手のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン退団のガッリアーニ氏がマドリーのスポーツディレクター就任か?

▽ミランを退団したアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、レアル・マドリーのテクニカル・ディレクターに就任する可能性があるようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。 ▽ガッリアーニ氏はシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の下、ミランで31年間勤め、最高経営責任者(CEO)の職に就いた。その間にイタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得するなど、ミランの黄金期を支えた人物の1人だ。 ▽しかしミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却。ベルルスコーニ政権が終わりを迎えた。 ▽退任したガッリアーニ氏は、イタリアのクラブで働くことはないことを強調していたが、『ムンドデポルティボ』によると、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が同氏の手腕を高く評価しているという。ピレス会長は、ガッリアーニ氏をテクニカル・ディレクターとしてクラブに引き入れたいと考えているようだ。 ▽また同メディアによれば、ガッリアーニ氏に対してはレガカルチョやイタリアサッカー連盟が理事長として囲い込みたいと考えているようだ。 2017.04.21 10:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、マッシモ・ミラベッリ氏のSDとTD兼任を発表

▽ミランは19日、マッシモ・ミラベッリ氏(47)がクラブのスポーツディレクター(SD)とテクニカルディレクター(TD)を兼任することを発表した。 ▽ミランは13日にこれまで同クラブを運営してきた『フィニンヴェスト』が、同社が保有する株式99.93パーセントを中国資本の『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』へ売却したことを発表。 ▽14日の行われた理事会で『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』代表のリー・ヨンホン氏の新オーナー就任と、これまでミランのディレクターを務めていたマルコ・ファッソーネ氏の最高経営責任者(CEO) 就任を発表していた。 ▽ミランは今回の決定について公式サイトで声明を発表 「ミランはマッシモ・ミラベッリを新たなテクニカルディレクターに任命した。また、ミラベッリにはスポーツ・ディレクターとしての役割も担ってもらうつもりだ」 2017.04.19 23:28 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、モンテッラ監督と契約延長へ

▽ミランは同クラブを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督との契約延長に動くようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 ▽『スカイ・スポルト』によると、モンテッラ監督は18日の夕方からミランのオフィスでクラブ・ディレクターを務めるマルコ・ファッソーネ氏やマッシモ・ミラベリ氏と会談を行い、自身の新契約や来シーズンに向けたミーティングを行うという。 ▽昨年6月にクリスティアン・ブロッキ前監督の後任として、ミランの指揮官に就任したモンテッラ監督は、GKジャンルイジ・ドンナルンマやFWスソら若手選手を中心としたチーム作りへシフトすると、ヨーロッパリーグ出場権が得られる5位のアタランタと、2ポイント差の6位(勝ち点58)につけている。 2017.04.19 01:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランがセスクに再オファー? チェルシーは中盤を一新か

▽ミランが、チェルシー所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)の獲得に再オファーを提示する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2014年にバルセロナからチェルシーへ加入したセスクは、アントニオ・コンテが就任した今シーズン、プレミアリーグで23試合に出場し、4ゴール7アシストを記録している。しかし、先発出場は9回しかなく、定位置を確保することができていない。 ▽そんなセスクに対して、ミランは今冬の移籍市場での獲得を目論んでいたが、同選手は残留を望み、移籍は実現せずに終わった。ところが、今回の報道によると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督はシーズン終了後、タイトル獲得の有無にかかわらず、中盤の選手を一新させることを企てているとのこと。ミランは、この計画に目を留めており、今夏の移籍市場で、セスク獲得に向けて再び動き出す可能性があるようだ。 2017.04.18 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、出場試合は1月加入選手以下でミラン最下位…トップは全試合出場18歳GK

今シーズン、ミランでは唯一、18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマが全試合に出場している一方、最下位は日本代表のMF本田圭佑であると17日、イタリアメディア『ピアネータ・ミラン』が報じている。<br><br>ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いるミランにおいて、守護神のドンナルンマは「間違いなく不可欠」の存在だ。監督から全幅の信頼を寄せられており、これまでセリエA公式戦32試合すべてに出場している。フィールドプレーヤーでのトップは23歳のスペイン人FWスソだ。左足大腿二頭筋の損傷で離脱していた時期もあったが、29試合に出場し7ゴール9アシストの成績に加え、モンテッラの戦術システムにおいて重要な役割を担う。<br><br>一方、対照的なのが本田だ。<br><br>本田は今シーズン、同ポジションを争うスソに大きくリードを許し、完全に構想外の存在となっている。これまで与えられた出場機会はわずかに5回と、控えGKや下部組織プリマヴェーラから加わった選手を除けばワースト1位だ。1月から加入したFWルーカス・オカンポスですら8試合に出場しており、FWジェラール・デウロフェウに至っては既に12試合に出場している。<br><br>本田に次ぐワースト2位は出場数7のMFリッカルド・モントリーヴォとDFルカ・アントネッリだ。モントリーヴォは10月6日に行われたイタリア代表のスペイン戦で左膝の前十字靭帯を断裂するケガを負い現在もリハビリ中だ。アントネッリについても度重なるケガで離脱を何度も余儀なくされている選手だ。今シーズンも残り1ヶ月ほどとなったが、本田にとっては非情な境遇が続く。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.18 11:55 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース