超ワールドサッカー

センターFWを探すミラン、オーバメヤン獲得不可能ならばローマのゼコにターゲット変更へ2017.04.21 15:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが来季の目玉としてセンターFWの獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽ミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却した。これにより31年間続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制は終焉を迎えた。

▽チャイナ・ミランの誕生により早くも来シーズンへの投資が期待される中、『フットボール・イタリア』によるとヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は新たなディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベリ氏、マルコ・ファッソーネ氏との会談を行った模様。そこでは新たなセンターFWの獲得を強く要望したようだ。

▽ミランは先日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の獲得に興味を示していることがイタリア紙『レプブリカ』の報道で明らかとなった。『フットボール・イタリア』によると、オーバメヤンへの興味は持ちつつも獲得できない場合の備えて、ローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)もターゲットにしているという。

▽ゼコはセリエA挑戦2年目となる今シーズン、リーグ戦で32試合に出場し得点ランキングのトップタイとなる25ゴールをマークするなどゴールを量産している。チームゴール数で49ゴールと得点力不足を露呈しているミランにとってはのどから手が出るほど欲しい選手のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、モラタを新プロジェクトの中心に据える考えか...移籍金70億円程度を準備

ミランが、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>中国人のリー・ヨンホン氏に新たにオーナーを任せることを決めたミランだが、今季以降の新プロジェクトにモラタを据える考えだという。ミランは今季ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でセリエAを6位で終え、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。<br><br>ミランはすでにマドリー側と接触した模様。移籍金6000万ユーロ(約72億円)を準備して、合意を目指しているという。<br><br>モラタに対しては、ほかにもマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが関心を示している。だがユベントスで2年間プレーした経験のあるモラタはイタリア移籍を前向きに捉えているようだ。結婚を控える恋人がイタリア人であることも、彼の決断に影響を与えるかもしれない。<br><br>モラタは先日、マドリーのリーガエスパニョーラ制覇の祝賀会で、一人喜びの輪から外れるなど退団を示唆するような行動を取っていた。ミランに所属するスペイン人MFスソは「モラタがミランに来るなら嬉しいよ」と歓迎の意を表明し、同胞の到着を待ち望んでいる。<br><br>マドリーの下部組織で育ったモラタは、2014年夏にユベントスへと移籍を果たした。ユベントスでの活躍が認められて昨夏マドリーに復帰したが、FWカリム・ベンゼマの壁は厚く、今季リーガ26試合出場15得点(公式戦42試合19得点)と高い決定力を発揮しながらスタメン奪取には至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、中国人新オーナーの豊富な資金力でモラタ獲り敢行か

▽ミランがレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)の獲得レースに参加する模様だ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ミランの新オーナーであるリー・ヨンホン氏が獲得の計画をしているとして、モラタは同クラブの最優先ターゲットになっているようだ。既にクラブと選手は数週間前にコンタクトを取り、獲得レース参戦へ準備は整っているとみられている。 ▽モラタの市場価格は推定で6000万ユーロ(約75億円)。ミランの他にも、かつてユベントスで指導した経験を持つアントニオ・コンテ監督のチェルシーや、レアル・マドリー時代に同じく師弟関係を築いたジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に動いているとのことだ。 ▽また、同メディアは、モラタが2014-15シーズンから15-16シーズンに渡り、ユベントスで2年間プレーした経緯から、イタリアでプレーすることに抵抗がないことや、ミランが他のクラブに比べてFWの競争率が低いこともメリットとして挙げている。さらに、モラタが6月にイタリア人モデルのアリーチェ・カンペッロさんとベニスで挙式を行う予定であることも、ミラン移籍の要因の一つとしている。 2017.05.24 17:48 Wed
twitterfacebook
thumb

GKディエゴ・ロペスがミランからエスパニョールに完全移籍! レンタル加入の今季はリーグ35試合出場わずかに38失点

▽エスパニョールは23日、ミランからレンタルで加入していた元スペイン代表GKディエゴ・ロペス(35)を、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなり、契約解除金は5000万ユーロ(約62億5000万円)に設定されている。 ▽昨シーズンにミランでイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマとのポジション争いに敗れたディエゴ・ロペスは、昨年夏に1年間のレンタルでエスパニョールに加入。キケ・サンチェス・フローレス監督の信頼を得て、リーグ戦35試合に出場した同選手は、自身の出場試合でわずかに38失点と、サモラ賞争いに絡むほどの安定したゴールキーピングを披露していた。 2017.05.24 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑に伊メディア「愛されなかったが記憶に残るだろう」…「背番号10を選んでいなかったら」とも

21日のボローニャ戦終了後、今シーズン限りでミランを退団することを発表した日本代表のMF本田圭佑について、ミラン情報サイト『ピアネタ・ミラン』が22日、特集を組んだ。<br><br>本田にとってボローニャ戦は、ホームのサン・シーロで行われるラストマッチとなる。今シーズンは構想外となり、出場機会を極端に減らしていたが、「準備は万端」であった。突然、ヨーロッパリーグへの出場の可能性が懸かった大一番で、FWカルロス・バッカに代わり58分から出場すると、73分には左足でFKを振りぬき、今シーズン初得点をマーク。試合の流れを変え、ミランに勝利をもたらす活躍をした本田について、同サイトは「ホンダ、サンシーロでの最後は主役級」と称えている。<br><br>■愛されなかった背番号10また「ティフォージ(サポーター)から愛されなかった」ことにも触れている。本田は「良いテクニックを持っており、戦術的には貴重な選手であり、頭も良い。それに非常にプロフェッショナルな選手だ」として、愛されなかったことを疑問視した。一方で、「マーケティング目当てで獲得したというレッテルが貼られていた」ことが影響していたとも推測している。このため、もし本田が背番号10番以外を選んでいたとしたら、ミランのサポーターの態度は違っていたのかもしれないと指摘した。<br><br>それでも本田は腐ることなく、「模範的なプロ選手であり続けた。加入した初日から、コンディションを保つために労を惜しまなかった」ため、「彼を指導した監督は全員、彼について好印象を持っていた」と伝えている。このため、「ミランでは大成功を収めることはできなかったが、足跡はしっかり残した」と分析した。<br><br>ボローニャ戦では、ゴールという形でサポーターにプレゼントを送った本田は「決して愛されることはなかったものの、おそらく以前よりは喜ばれ、記憶されるだろう」と締めくくっている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスとデ・シリオが今夏移籍で個人合意か

▽イタリア『トゥットスポルト』は22日、ユベントスがミランに所属するイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ(24)と個人合意に達したを報じた。 ▽デ・シリオに巡っては、以前からユベントス移籍の可能性が取り沙汰されてきた。そうした中、今回の報道によれば、ユベントスでゼネラルマネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏、スポーツディレクターのファビオ・パラティチ氏が、デ・シリオと話し合い、今夏移籍で話をまとめたという。 ▽一方で、ミランとのデ・シリオの移籍交渉においては、依然として未合意。とはいえ、ユベントスはミランとの契約が2018年で満了となるデ・シリオの移籍金に関して、さほど高額なものにならないと見込んでいるようだ。 ▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ現ユベントス監督の下でトップチームデビュー。今シーズンはセリエA25試合に出場した。また、イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。 2017.05.23 13:45 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース