センターFWを探すミラン、オーバメヤン獲得不可能ならばローマのゼコにターゲット変更へ2017.04.21 15:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが来季の目玉としてセンターFWの獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽ミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却した。これにより31年間続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制は終焉を迎えた。

▽チャイナ・ミランの誕生により早くも来シーズンへの投資が期待される中、『フットボール・イタリア』によるとヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は新たなディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベリ氏、マルコ・ファッソーネ氏との会談を行った模様。そこでは新たなセンターFWの獲得を強く要望したようだ。

▽ミランは先日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の獲得に興味を示していることがイタリア紙『レプブリカ』の報道で明らかとなった。『フットボール・イタリア』によると、オーバメヤンへの興味は持ちつつも獲得できない場合の備えて、ローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)もターゲットにしているという。

▽ゼコはセリエA挑戦2年目となる今シーズン、リーグ戦で32試合に出場し得点ランキングのトップタイとなる25ゴールをマークするなどゴールを量産している。チームゴール数で49ゴールと得点力不足を露呈しているミランにとってはのどから手が出るほど欲しい選手のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、ガットゥーゾの次はサッリか。ナポリの倍額を用意?

▽ミランは来シーズンに向けて、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督の招へいを検討しているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えた。 ▽今シーズン序盤戦から苦しんだミランは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任し、同クラブのレジェンドであるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に後任を任せた。しかし、トップチームでの経験が浅いレジェンドの長期政権は考えていない模様で、当初から来シーズンに向けた「つなぎ」ではないかとみられていたところだ。 ▽ミランはチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督を招へいしたいという野望を持っている様子だが、こちらはチャンピオンズリーグ出場権がなければ厳しいという。そこで最も強い関心を持っているのが、ナポリのサッリ監督だ。 ▽サッリ監督はナポリで175万ユーロ(約2.4億円)+ボーナスの年俸を受け取っているが、ミランは年俸300~350万ユーロ(約4~4.7億円)の条件を用意できるものとみられている。 2018.01.20 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを放つバロテッリに古巣ミランが関心か

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)に古巣ミランが関心を寄せているという。『TUTTOmercatoWEB』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽昨シーズンからニースでプレーするバロテッリは、加入1年目からリーグ戦23試合で15ゴールをマークすると、今シーズンもここまでのリーグ戦15試合で12ゴールを記録。2度の4試合連続ゴールなど、これまでにないハイペースでゴールを量産している。 ▽そんな絶好調のバロテッリに古巣であるミランが注目。同選手は2度のミラン移籍で公式戦77試合に出場。33ゴールを記録している。ニースとの契約は今のところ今シーズン限りとなっており、移籍金は比較的低く見積もられるかもしれない。 ▽また、ミランのレジェンドである元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏は「今の彼ならどこでだって活躍できる」と太鼓判を押しているようだ。 2018.01.19 15:37 Fri
twitterfacebook
thumb

スウォンジー新指揮官、同胞のミランFWアンドレ・シウバの獲得を熱望?

▽スウォンジーが、ミランに所属するポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(22)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が、イタリア『Tuttomercatoweb』の報道をもとに伝えている。 ▽『Tuttomercatoweb』によると、昨年末にスウォンジーの新監督に就任したポルトガル人指揮官カルロス・カルバリャル氏が、チームの新エースとして同胞であるポルトガル代表FWの獲得を熱望しているという。 ▽ポルトユース出身のアンドレ・シウバは、2015-16シーズンにトップチーム昇格。2016-17シーズンはレギュラーとしてプレーし、公式戦44試合で21ゴール記録した。昨夏に移籍金3800万ユーロ(当時レートで約47億円)で加入したミランでは、ここまで公式戦23試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)では6試合で6ゴールを記録するも、セリエAでは12試合でノーゴールと期待を裏切るパフォーマンスに終始していた。 2018.01.18 00:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、1月の補強を否定。昨夏の新戦力への信頼を主張

▽ミランは17日、1月の移籍市場で新しい戦力はやってこないことを明確にした。クラブの公式サイトに記している。 ▽シーズン途中にジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を招へいしたミランは、この数週間で補強の噂が出ている。この話を受けて、ミランは公式サイトで次のように記した。 「ちょっとしたファンタジーにダメージを受けることはなく、それもゲームの一部です。特にカルチョメルカートがオープンなときはそういうものです。しかし、夏に多くの選手が加入したあと、我々はその選択を確信し続けています」 ▽ミランはセリエA第20節まで消化して勝ち点28の11位と出遅れている。成績不振でヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任したが、獲得した選手たちは信頼しているようだ。 2018.01.17 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「ここではっきりさせたい」スソ、SNSで自らリバプール移籍の噂をけん制

ミランに所属するスペイン人FWスソは、インスタグラムに長文を投稿し、移籍の噂をけん制した。<br><br>今冬の移籍市場において、スソの古巣であるリバプールはバルセロナへMFフィリペ・コウチーニョを放出した。このため、ブラジル人選手の後釜として過去にプレー経験のあるミランFWの再獲得を狙っていると報じられている。<br><br>スソが昨年9月にミランと締結した新契約では、違約金が4000万ユーロ(約54億円)、チャンピオンズリーグ出場権を得た場合は5000万ユーロ(約68億円)に設定されている。設定額のオファーが届いた場合、スソはミランと協議することなく移籍することが可能だが、本人はミラノに残ることを強く希望している。<br><br>「僕は重要な契約更新をしたばかりだ。ピッチのことを考えていて、メルカートについては代理人が対応してくれる。だが僕に関して、噂やらありもしない交渉やら不正確なあらゆる情報が目に入る。ここではっきりさせたい」<br><br>「まず1つ目は、僕は違約条項にまったく興味がないということ。僕にとって重要なのはピッチだけだし、これから5カ月、そこで僕らは主役になるんだ。2つ目として、ミランのような伝統のある特別なクラブに対し敬意を払わなければならないということ。僕をチームの柱に据えてくれて、大きな投資をしてくれたんだ。3つ目だが、いずれにせよ僕の意思、僕の意思だけが尊重されるということ。僕は今、ここに残ることだけを望んでいる。これ以外のことはすべておしゃべりに過ぎない」<br><br>現在の契約に移籍の際の違約条項が設定されているものの、ミランでのプレーを熱望するスソ自身にとって意味のないものであると強調。本人の意思に反して過熱する移籍話に釘を刺した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 09:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース