イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

スターリングの決定機逸響いたシティが逃げ切り失敗…今季3度目のドローに《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、バーンリーvsマンチェスター・シティが3日にターフ・ムーアで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、WBAを3-0で一蹴し2連勝中の首位シティ(勝ち点68)は、リーグ3連敗中に加え公式戦9試合勝利がない7位バーンリー(勝ち点35)とのアウェイゲームに臨んだ。シティはWBA戦から先発3人を変更。負傷のシルバに代えてギュンドアンを起用したほか、ジンチェンコとラポルテに代えてダニーロとコンパニを最終ラインで起用した。 ▽試合は立ち上がりからシティがボールを保持して押し込む展開となる。だが、リーグ屈指の堅守を誇るバーンリー相手になかなか流れの中で決定機を作れない。それでも、セットプレーの場面でコンパニが2度に渡ってチャンスに絡む。 ▽その後も相手を崩し切れないシティだったが、22分に伏兵の一撃で先制に成功する。左CKの場面でショートコーナーからデ・ブライネ、ベルナルド・シウバと繋ぎボックス手前中央やや左でフリーのダニーロにパスが通る。ここでダニーロが右足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 ▽ダイチェ体制のプレミアリーグで一度も逆転勝利がないバーンリーだが、すぐさま反撃を開始。31分と36分にはいずれもセットプレーの流れからボックス内のミーに決定機も、相手GKエデルソンの好守などに阻まれ、同点ゴールとはならない。 ▽一方、安定したボールポゼッション、素早い攻守の切り替えからのカウンターと遅攻と速攻を織り交ぜた攻撃で追加点を窺うシティは38分、自陣からの見事なビルドアップでプレッシャーを掻い潜り中央突破したデ・ブライネがボックス手前から右足を一閃。しかし、このシュートはややコースが甘くGKポープに弾き出された。 ▽1点リードで試合を折り返したシティは後半に入って攻勢を増していく。立ち上がりから相手を自陣深くに押し込み、アグエロやスターリング、ギュンドアンが次々に相手ゴールへ襲い掛かる。さらに57分には再びCKの流れからダニーロが決定的なシュートを放つが、これはGKポープの好守に遭う。 ▽その後も試合を支配するものの、フィニッシュの精度を欠くシティは69分に相手のカウンターから絶体絶命のピンチを招く。右サイドを突破されてボックス中央のコークに落とされると、これをフリーのレノンにシュートされる。だが、これはGKエデルソンが圧巻の反応で触ってボールはバーを叩く。このピンチを凌いだシティは直後の71分、個人技でボックス右に侵入したウォーカーからの絶妙なクロスがファーでフリーのスターリングの元へ。しかし、スターリングはこのイージーシュートを枠の左に外してしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽すると、ここまで再三の決定機を逸してきたシティはそのツケを払うことに。82分、右サイドのロートンが上げたアーリークロスに対して、ファーのDFウォーカーの背後を取ったグデュムンドソンにゴール前に抜け出され難度の高いダイレクトボレーをゴールネットに流し込まれ、同点に追いつかれた。 ▽その後、勝ち越しゴールを目指して懸命に攻めたシティだったが、最後まで相手のゴールをこじ開けることはできず。スターリングの決定機逸などが響いたシティは今季3度目のドローとなった。 2018.02.03 23:43 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリーに痛手、MFデフールがヒザ手術で最低2カ月以上の離脱…

▽バーンリーは1月31日、ベルギー代表MFスティーブン・デフールがヒザの手術を行うことを明かした。 ▽以前からヒザの軟骨に問題を抱えてプレーを続けてきたデフールだが、31日に行われたニューカッスル戦で招集外となった。同試合後にデフールの欠場理由に関して質問を受けたショーン・ダイチェ監督は同選手がヒザの手術を受けることを明かした。 ▽なお、バーンリーの伝えるところによれば、今回の手術によってデフールは最低2カ月間の離脱を強いられることになり、術後の経過次第では今シーズン中の復帰も絶望となるかもしれない。 ▽中盤でのハードワークと高精度のキックを武器とする万能型MFのデフールは、今季のリーグ戦24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。序盤戦で躍進したバーンリーの絶対的主力に君臨。加えて、ベルギー代表通算52キャップを誇る同選手は、ロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りも期待されており、その中での今回の負傷は大きな痛手となりそうだ。 2018.02.02 00:08 Fri
twitterfacebook
thumb

バーンリーがダイチェ監督と2022年まで契約延長…今季は8位と好位置につける

▽バーンリーは23日、ショーン・ダイチェ監督(46)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。 ▽ダイチェ監督は、2012年10月からバーンリーで指揮。クラブで最も成功した監督の1人として、チームを2度のプレミアリーグ昇格に導いている。 ▽2016-17シーズンはプレミアリーグで16位と残留争いを繰り広げたバーンリーだったが、今シーズンはここまで9勝7分け8敗の8位と好位置につけている。 2018.01.24 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

バーンリーがエバートンから元イングランド代表MFレノンの獲得を発表!

▽バーンリーは23日、エバートンから元イングランド代表MFアーロン・レノン(30)を獲得したことを発表した。移籍金や契約期間などは明かされていないが、背番号は25を着用することが発表されている。 ▽バーンリーへの加入が決定したレノンは、クラブの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「僕はいつかバーンリーでプレーしたいと思っていた。ここでのプレーが楽しみだし、待ち切れないね」 ▽レノンは、2015年2月にトッテナムからエバートンにレンタルで加入。その半年後の9月に完全移籍となった。レノンは、昨年5月に精神疾患の疑いで警察に通報され、精神保健法第136条の下で拘束され、病院に緊急搬送された。そのため、現役続行や早期復帰が危ぶまれていたが、急速な回復を見せた同選手は今シーズンの早々からピッチに復帰し、プレミアリーグ第23節終了時点で公式戦19試合2アシストを記録している。 2018.01.24 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ジリ貧チェルシー、ストライカー獲得交渉難航で今度はバーンリーFWバーンズに関心

▽今冬のストライカー獲得を目指すチェルシーがバーンリーに所属するイングランド人FWアシュリー・バーンズ(28)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽予てよりセンターフォワードの選手層に問題を抱えているチェルシーは、今冬の移籍市場でストライカーの獲得を目指している。ここまではウェストハムFWアンディ・キャロル、ストーク・シティFWピーター・クラウチ、ローマFWエディン・ゼコの名前が挙がってきた。とりわけ、ゼコに関してはイタリアメディアを中心に合意間近との報道も出ていた。 ▽しかし、『スカイ・スポーツ』は21日、チェルシーが新たな獲得候補としてバーンズ獲得に関心を示していると報道。今回の報道が事実であれば、チェルシーはゼコを含め前述の獲得候補との交渉が難航しており、バーンズにターゲット変更を行った可能性が高いようだ。 ▽これまでプリマスやブライトン・ホーヴ・アルビオンなど、イングランド下部カテゴリーを渡り歩いてきた苦労人のバーンズは、2014年にバーンリーに加入。これまでプレミアリーグで通算3シーズンをプレーしている中で2桁ゴールを達成したことはないが、186cmの長身に加えてイングランド人ストライカーらしい献身性と闘争心に長けたプレースタイルは、アントニオ・コンテ監督が好むタイプかもしれない。なお、今季はリーグ戦23試合に出場し3ゴールを記録している。 2018.01.22 02:20 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース