イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリー、アイルランド代表MFブレイディーが左ヒザ手術で長期離脱へ

▽バーンリーは6日、アイルランド代表MFロビー・ブレイディーが左ヒザの手術を受けることになったと発表した。 ▽ブレイディーは2日、プレミアリーグ第15節のレスター・シティ戦(0-1で敗戦)に先発出場した際に、相手選手との交錯で左ヒザを負傷。自力歩行が不可能となった同選手はストレッチャーに乗せられてピッチを後にしていた。 ▽その後、専門医の診察を受けたところ、左ヒザ膝蓋腱に深刻な損傷があることが判明し、同箇所の裂傷を修復する手術を受けることになった。なお、バーンリーはブレイディーの離脱期間に関して、“相当な時間”を要すると発表しており、数カ月の離脱を強いられる見込みだ。 ▽今年1月にノリッジからクラブレコードの移籍金で加入したブレイディーは、卓越した左足のキックを武器にここまでリーグ戦15試合に出場し、1ゴール2アシストを記録。また、同選手は11月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞候補にノミネートされていた。 2017.12.06 23:13 Wed
twitterfacebook
thumb

グレイ弾で逃げ切ったレスターがリーグ戦連勝! 岡崎は88分からプレー《プレミアリーグ》

▽レスター・シテイは2日、プレミアリーグ第15節でバーンリーと対戦し、1-0で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は、88分からプレーした。 ▽9位のレスター(勝ち点17)が、本拠地キング・パワー・スタジアムに6位バーンリー(勝ち点25)を迎えた一戦。4日前に行われた前節トッテナム戦で4試合ぶりの白星を飾ったレスターは、その試合から先発を1人変更。岡崎に代えてグレイをスタメンで起用した。 ▽試合が動いたのは7分、ボックス右付近でボールを受けたマフレズが相手GKとDFの間にクロスを供給。これはGKポペに弾かれるもこぼれ球をグレイが押し込み、レスターが先制に成功した。 ▽先制を許したバーンリーは30分にアクシデント。マグワイアと接触したブレイディがピッチに倒れ込むと、プレー続行不可能となりアルフィールドとの交代を余儀なくされる。するとレスターは43分、中央をドリブルで持ち上がったマフレズがペナルティアーク手前からミドルシュート。これが枠を捉えるも、シュートはGKポペのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先に決定機を作ったのはレスター。61分、右サイドでボールを受けたマフレズがゴール前にロングパスを供給。これをゴール前に抜け出したヴァーディがダイレクトボレーで合わせようとしたが、わずかにミートできず。 ▽ピンチを凌いだバーンリーは、直後に決定機を迎える。ヘンドリックのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したクデュムンドソンがボックス手前からシュートを放ったが、これはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 ▽膠着状態が続く中、88分にレスターは功労者グレイを下げて岡崎を投入。結局、その後もスコアは動かず。試合序盤のグレイ弾で逃げ切ったレスターが、リーグ戦連勝を飾った。 2017.12.03 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェスのラストプレーPK弾でアーセナルがバーンリーに辛勝《プレミアリーグ》

▽アーセナルは26日、プレミアリーグ第13節でバーンリーとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節トッテナムとのノースロンドン・ダービーを2-0と快勝した6位アーセナル(勝ち点22)は、3日前に行われ0-1と敗れたヨーロッパリーグ(EL)のケルン戦のスタメンから全選手を変更。トッテナム戦のスタメンからエジルに代えてイウォビのみを変更した。 ▽3連勝中で7位と好調のバーンリー(勝ち点22)に対し、ポゼッションでは上回る序盤となったアーセナルだったが、ダイレクトにゴールへ迫るバーンリーにやや苦戦する展開を強いられる。 ▽それでも19分、左サイドを持ち上がったラカゼットのクロスをラムジーがボレーで合わせる決定機を演出。しかし、枠の上に外してしまう。続く27分にはモンレアルがミドルシュートでゴールを脅かすも、わずかに枠の右に外れる。 ▽前半半ば以降、バーンリーの圧力を受けたアーセナルは39分にブレイディの直接FKでゴールを脅かされたが、GKチェフがファインセーブで阻止。前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、アーセナルが攻勢を強める中、58分にグデュムンドソンのミドルシュートがGKチェフを強襲するも、64分にはサンチェスの浮き球パスを受けたラムジーがハーフボレーを浴びせてゴールに迫っていく。 ▽そのアーセナルは67分、イウォビに代えてウィルシャーを投入。さらに79分にラカゼットに代えてウェルベックを投入した。 ▽選手交代後もなかなか攻め手を見いだせなかったアーセナルだったが、試合終了間際の追加タイム1分にPKを獲得する。コラシナツのヘディングでのパスに反応したボックス内のラムジーがタルコウスキに倒された。これをサンチェスがGKに読まれながらもゴール左に沈めてアーセナルが均衡を破った。直後にタイムアップとなり、アーセナルが好調バーンリーを下して5位に浮上している。 2017.11.27 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

離脱者続出のイングランド代表、バーンリーMFコークを追加招集

▽イングランドサッカー協会(FA)は7日、今月行われる国際親善試合に臨むイングランド代表メンバーにMFジャック・コーク(バーンリー)を追加招集した。 ▽代表初招集となるコークは、今季の公式戦で11試合に出場。1-0と辛勝した直近のサウサンプトン戦ではフル出場していた。 ▽イングランド代表では、FWハリー・ケイン(トッテナム)、MFデレ・アリ(トッテナム)、MFハリー・ウィンクス(トッテナム)、MFファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)、FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、MFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)がすでに負傷離脱を強いられており、DFマイケル・キーン(エバートン)、MFジェイク・リバモア(WBA)の2選手が追加招集されている。 ▽なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を無敗で突破したイングランドは、10日にドイツ代表、同14日にブラジル代表と対戦する。 2017.11.08 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場から決定機演出もサウサンプトンはバーンリーの堅守に屈する…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第11節、サウサンプトンvsバーンリーが4日に行われ、1-0でバーンリーが勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽ここまで3勝4敗3分けで10位に位置しているサウサンプトン(勝ち点13)が、ホームのセント・メリーズ・スタジアムに7位のバーンリー(勝ち点16)を迎えた一戦。試合開始から前半半ばにかけては、サウサンプトンがポゼッションで有利に立つものの、お互いに攻撃の決め手を欠き、なかなかチャンスを創出できない。 ▽サウサンプトンは24分に、前線のガッビアディーニにスルーパスが入るが、GKポぺの飛び出しに遭いシュートに持ち込めず。39分に、バートランドが至近距離からシュートを放つも、失点数リーグ4位の「9」を誇るバーンリーの守備網に絡み取られてしまう。42分にもレドモンドがドリブル突破からシュート。しかし、ここもGKポぺのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽迎えた後半、ここまで守備に徹してきた吉田にもチャンスが訪れる。56分、左CKに反応した吉田はシュートではなくトラップを選択。その後振り向きざまに左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーに直撃。ゴールを割ることができない。 ▽ここまで拮抗した試合展開が続いたが、81分にサウサンプトンが失点を許してしまう。バーンリーは右サイドのクデュムンドソンの左足のクロスに途中出場のボークスに頭で押し込まれ、試合終盤の時間帯で先制点を奪われてしまった。 ▽結局このまま試合終了。サウサンプトンはバーンリーの堅守を崩し切ることができず、0-1で敗戦。バーンリーは今季5勝目を手にした。 2017.11.05 02:05 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース