【六川亨の日本サッカー見聞録】タイ代表の監督にドゥンガ氏とともに意外な日本人が候補に浮上2017.04.21 22:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽海外から朗報が届いた。JFA(日本サッカー協会)の元技術委員長だった霜田正浩氏が、タイ代表の監督候補にあがっていると、同国のメディアが4月19日に報道したのだ。タイ代表は同国のレジェンドともいえるキャティサック監督が、ロシアW杯アジア最終予選の日本戦に敗れたことで辞任。すでにW杯出場の可能性は消えたものの、代表監督が空位になっていた。

▽そこで監督候補として白羽の矢が立ったのが、元ブラジル代表監督のドゥンガ氏と並び、霜田氏もその1人に選ばれたのだった。20日午前、霜田氏に連絡したところ、つい先ほど成田に着いたということで、「現地では面談しただけで新聞に顔写真入りで掲載されて困りました」と明るい声で話していた。

▽霜田氏はS級ライセンスを保有しているものの、京都で下部組織の監督経験こそあるが、強化担当がメインの仕事で、FC東京時代も強化部で若手選手の発掘や外国人選手の獲得で手腕を発揮してきた。その経験を高く評価されて2009年に原技術委員長に請われてJFAの技術委員となった。

▽その後はザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチと3人の日本代表監督の交渉と招へいに尽力。しかし昨年3月、田嶋幸三のJFA会長就任により技術委員会は再編され、新たに西野朗氏が技術委員長に就任。霜田氏はナショナルチームダイレクターという名の降格人事を受け入れざるを得なくなった。

▽そして迎えたW杯アジア最終予選は、初戦でUAEに逆転負けする不安なスタートとなった。それでもタイとイラクに勝ち、オーストラリアとは引き分け、11月のサウジアラビア戦にも勝ったことで、霜田氏は自身の役割は終わったと辞意を決断した。その理由は、もしも成績不振でハリルホジッチ監督を途中解任することになれば、それをハリルホジッチ監督に伝えるのは招へいした自身の役目である。その時は一緒に身を引くつもりでいた。

▽しかしW杯予選の前半戦のヤマ場であるサウジアラビアに勝ったことで予選突破に見通しが立った。そしてハリルホジッチ監督は霜田氏に全幅の信頼を置いているものの、監督の人事権はもう霜田氏にはなく、西野技術委員長にある。その西野技術委員長は「途中から就任したので、現場に口を挟む気はない」と霜田氏の職務を尊重していたが、霜田氏は自身が代表スタッフにいることで、ハリルホジッチ監督と西野技術委員長とのコミュニケーションが円滑ではないことを危惧した。

▽ハリルホジッチ監督に対し、『お前のボスは自分ではなく、西野技術委員長だ。生殺与奪の権限は西野技術委員長が握っている。だからW杯の後半戦と本大会は西野技術委員長と命運を賭けて欲しい』というメッセージが、霜田氏の辞任の真相でもある。

▽ただ、これまでJリーグの監督経験のない霜田氏に、タイのサッカー協会が監督のオファーを出したのは意外だった。霜田氏は、「いつかはプロチームの監督をしたい」と夢を語っていた。それが、いきなりタイ代表の監督候補である。

▽過去には、元大宮などの監督を務めた三浦俊也氏がベトナム代表の監督を務めたことがある。クラブチームでは岡田武史氏が中国甲級リーグの杭州緑城の監督を務めたし、JFAの指導者海外派遣でネパールやブータン、チャイニーズタイペイ、北マリアナ諸島へ監督を送り出したことはある。それが今回は、W杯アジア最終予選に残り、急激な発展途上にあるタイの代表監督就任のオファーだ。

▽プロの監督経験のない霜田氏のどこを評価してのオファーなのか。機会があったらタイ協会に取材したいし、何よりも霜田氏がタイ代表の監督に就任することを願わずにはいられない。見ている人は見ているのだろう。
【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】期待したい3位決定戦

▽6月14日に始まったロシアW杯も約1ヶ月が過ぎ、残すは14日の3位決定戦ベルギー対イングランド、15日の決勝戦フランス対クロアチアの2試合のみとなった。今大会は優勝候補のドイツがグループステージで敗退しただけでなく、ブラジルやアルゼンチン、ポルトガル、スペインといった強豪国が早々と姿を消した。 ▽彼らは試合によって好不調の波があり、ラウンド16は日本対ベルギー、準々決勝はブラジル対ベルギー、スウェーデン対イングランドを現地取材したが、正直な感想は「負けたくない試合運び」のため、正直なところちょっと退屈な試合だった。 ▽ところが準決勝のフランス対ベルギー、クロアチア対イングランドは2試合とも“勝ちに行く”サッカーだったため、「やっとW杯らしい」スリリングな試合を楽しむことができた。もともとW杯は決勝戦も含めて勝負にこだわるため、見せ場の少ない試合になることが多い。過去の大会でも名勝負と言われる試合は準決勝が多かった。 ▽それを裏付けるようにフランス対ベルギー、クロアチア対イングランドは、互いにヨーロッパのリーグ戦でチームメイトだったり対戦相手だったりしたため手の内を知っているだけに、オープンな打ち合いとなる時間帯もあり大いに楽しめた。 ▽さて3位決定戦である。ベルギーは86年メキシコ大会でエリック・ゲレツやヤン・クーレマンスらを擁して初のベスト4進出を果たしたものの、フランスとの3位決定戦では両チームとも戦力を落としたことで“退屈”な試合の結果4位に終わった。そこで初の3位という最高成績を残すためにも14日はベストメンバーで闘って欲しいものだ。 ▽対するイングランドは下馬評こそそれほど高くはなかったものの、独特のシステムで躍進を続け、90年イタリア大会の4位以来28年ぶりの3位決定戦にコマを進めた。当時のメンバーにはベテランGKピーター・シルトンを始め、ゲリー・リネカー、クリス・ワドル、ピーター・ベアズリー、デイビッド・プラット、ポール・ガスコインら錚々たるメンバーが揃っていたが、ロベルト・バッジョとサルバドール・スキラッチのゴールによりイタリアに1-2で敗れた。 ▽しかし今大会はスピードスターのラヒーム・スターリングや、現在6ゴールで得点王候補筆頭のハリー・ケインら“今が旬”な選手が多いだけに、好ゲームが期待される。なによりもイングランドは、試合中に手を抜いたプレーをしないし、シミュレーションで故意に倒れて反則を誘ったり、露骨な時間稼ぎをしたりしない。プレミアリーグのファン・サポーターがそれを許さない伝統がある。 ▽クロアチア戦の後半19分のことだ。ペナルティーエリア右でドリブル突破を仕掛けたスターリングは足を引っかけられて倒れたものの、PKをアピールすることなく倒れたままで折り返しのクロスを送ろうとした。これはGKスバシッチにカットされたが、彼のプレー1つをとっても“ジョンブル魂”を垣間見た気がした。 ▽残念ながら彼らが歌う「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」のアンセムも、「フットボール・イズ・カミング・ホーム」(フットボールが母国に帰ってくる=優勝トロフィーが母国のものになる)も実現しなかった。 ▽しかしイングランドのサポーターが野太い声でスタジアムを揺るがす雰囲気は、やはりひと味も二味も違う。ゴール裏に掲げられたサポーターの国旗には必ず自分の愛するクラブの名前が入っているのもイングランドならではだ。「自分はここにいるよ」というメッセージであり、「1人でも戦いに来た」という意思表示でもある(どちらかというとマイナーなクラブのサポーターの方が多い)。 ▽そんな彼らの声援を受けることが予想されるだけに、今大会の3位決定戦は好勝負が期待できるのではないだろうか。そんな思いを抱いてサンクトペテルブルクに行くことにした。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.07.12 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】ベルギー戦レビュー

▽ロシアW杯ラウンド16、7月2日のベルギー戦で日本は大善戦した。後半3分、柴崎岳のスルーパスは図ったように原口元気につながると、原口は焦ることなくペナルティーエリアに入り、スローダウンして軽くキックフェイント。これでマーカーのヴェルトンゲンを惑わし、狙いすました一撃をゴール左スミに流し込んだ。 ▽後半7分の追加点も鮮やかだった。相手クリアを拾った香川真司だったが、シュートを狙ったもののコースは防がれている。ベルギー戦での香川は、かなり相手に警戒されていた。ボールを持ったからといって、ベルギーDFはうかつに飛び込んではこない。行けばそれこそ香川の思うつぼで、アジリティーを生かしたダブルタッチなどでかわされることを警戒したからだろう。そこでシュートコースを押さえることに専念した。 ▽そんなことは香川も織り込み済みだったのだろう。乾貴士に戻すと、これまた無回転のミドルをゴール右スミに突き刺した。 ▽2人ともゴールのイメージがあったのだろう。焦らず、力まず、ジャストミートの会心の一撃だった。 ▽にもかかわらず敗れたのは、控え選手を含めた総合力の差と言わざるを得ない。アディショナルタイムの失点で逆転負けを喫したものの、例え延長戦に入ったとしても、本田圭佑、山口蛍に次ぐ次の一手、二手(延長に入ればもう1人交代できる)が日本にあったのかというと、すぐには思い浮かばない。せいぜい植田直通をCBに入れて、昌子源と2人でフェライニのマークに当たらせるくらいだろう。 ▽惜しむらくは試合の流れが変わった後半20分のプレーだ。ヴェルトンゲンにヘディングで1点を返されたが、“アシスト”したのは乾だった。GK川島永嗣のパンチングボールをペナルティーエリア左にいた乾がクリア。乾としては大きく蹴り出したかったのだろうが、力いっぱい蹴ったボールは高く上がってペナルティーエリア右へ。GKは出にくいし、DFも目測が難しい。なにより垂直に落ちてくるボールは長身選手に有利だ。 ▽ヴェルトンゲンにシュートの意識はなかっただろう。ただヘッドでゴール前に折り返そうとしたところ、GK川島の頭上を越えて日本ゴールに吸い込まれ、ベルギーが1点を返した。そしてこの1点でベルギーは勢いづいた。 ▽それまでアザールのシュートが右ポストを叩いたり、ルカクがフリーのヘッドを左に外したりするなど、日本には運も味方した。しかしこのゴールで日本は1点リードにもかかわらず、メンタル的に互角となったのではないだろうか。 ▽乾は力いっぱい蹴るのではなく、背後へのキックでスローインに逃げ、試合の流れを切るべきだった。同じことはセネガル戦の先制点にも当てはまる。左クロスを原口はバックヘッドでクリアしたが、これを拾われサバリのシュートからマネの先制点が生まれた。無理してバックヘッドでクリアせず、CKに逃れていれば防げたかもしれないゴールだった。 ▽2人とも守備では身体を張って、時には反則で対戦相手の攻撃をストップした。しかし、ゴール前ではシンプルにプレーする余裕がなかったのかもしれない。 ▽決勝点はアディショナルタイム残り1分で生まれた。日本のCKをGKクルトワがキャッチすると、素早くデ・ブライネにつないで高速カウンター。日本では山口が批判されているようだが、山口だけでなく誰もデ・ブライネの瞬発力にはついて行けなかっただろう。反則で止めようにもその前に右サイドに展開され、ムニエのクロスをルカクがスルーと日本は完全に崩された。 ▽この日は吉田麻也のマークに決定機を外していたルカク。エースストライカーとしては意地の一発を決めたいというのが普通の心理だが、ルカクは土壇場でチームプレーに徹した。そしてシャドリのシュートにGK川島も、追走した昌子源もノーチャンスだった。 ▽勝負の世界に“たら”、“れば”は禁物だ。それでも日本のラストプレー、左CKで本田はショートコーナーからコーナーフラッグ付近でボールをキープして時間稼ぎをするという手があった。あるいはニアへライナーのクロスを送り、再びCKを獲得するという手もあったと思う。 ▽しかし本田はいずれも選択せず、クロスを選んだ。もしかしたら、延長戦に入ったらベルギーの圧力に勝機はないと判断したのかもしれない。ただ、そんな本田のクロスは2m近い長身GKクルトワの守備範囲。難なくキャッチすると素早くデ・ブライネにつないで決勝点の起点となった。 ▽8年前はPK戦に泣き、今回はアディショナルタイム1分でベスト8の壁を突破できなかった。W杯の常連であるメキシコやコロンビアもこれまで泣かされてきた大きな壁でもある。日本も彼らと同様に、何度でもチャレンジするしか突破する方法はない。そのためのヒントとなるロシアW杯だったのではないだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.07.05 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】サポと寝台列車で呉越同舟の楽しさ

▽いよいよ、あと5時間後にロシアW杯のグループステージ最終戦、日本対ポーランド戦がキックオフを迎える。西野朗監督はセネガル戦から6人のスタメンを入れ替えるとの予想もあるが、果たしてどんな11人をピッチに送り込むのか興味は尽きない。 ▽そんな試合のレビューは次の機会に譲るとして、面白い経験ができたので紹介したい。前回のブラジルW杯はグループステージであっけなく敗退した。日本のファン・サポーターはもちろん、対戦相手3か国のファン・サポーターにもこれといったインパクトを残せずブラジルを後にしたはずだ。 ▽日本がベスト16に進んだのは02年の日韓W杯と10年の南アW杯の2回だけ。しかしこの時は、日本戦以外の試合も精力的に取材しており、同業者と電車を乗り継いだりレンタカーを駆ったりして国内移動の連続だったため、ファンやサポーターと触れ合う機会は皆無だった。 ▽しかし今回は日本のキャンプ地取材をベースに、日本の3試合を追った。3試合とも少しでも安く移動しようと、寝台列車を利用することにした。サランクスへは18日の00時54分カザン発の列車で約9時間、朝の09時54分に到着した。 ▽エカテリンブルグにはカザン発22日20時08分の寝台車で約14時間、到着は翌朝の10時22分(実際にはモスクワ時間と2時間の時差があるため、到着時のエカテリンブルグは12時22分)で、いずれも深夜の移動だったため、列車が走り出すと車内も暗い。このため寝るしかなかった。 ▽エカテリンブルグからカザンへは朝の列車で当日の21時37分に着いたが、車内はガラガラ。当日、カザンでは試合が行われなかったからだ。なぜカザンに戻ったかというと、長期滞在していたアパートを引き払い、スーツケースをピックアップするためだった。 ▽そして6月26日のカザン発12時21分の列車でボルゴグラードに移動。今回は約24時間の長旅で、ボルゴグラード着は翌朝の11時48分だった。この2等列車、ロシア人や出稼ぎのアゼルバイジャン人といった普段の乗客に加え、日本とポーランドのサポーターが大挙して乗っていたことで、昼間から食堂車は大賑わいだった。 ▽まず列車を待っていると、アゼルバイジャン人が寄ってきて、「ヤーパン(と聞こえた)、グッド」と親指を突き上げる。上下2段ベッドの4人の客室のルームメイトはポーランド人の若者2人。「日本はどこまで行くと思うか」と質問されても、答えに窮してしまった。まだ「優勝候補はどこだと思う」と聞かれた時の方が答えやすかった。「レバンドフスキは調子が良くなかったね」と慰めても、首を横に振るだけ。やはりグループステージ敗退はどの国の選手、サポーターにとっても心の痛む結果なのだろう。 ▽食堂車では日本とポーランドのサポーターがビールで互いをたたえ合っている。陽気になったポーランドのサポーターは、もうヤケクソといった感じだ。 ▽偶然にも同じ列車に旧知の同業者がファンとして観戦に来ていたので、夕食がてら食堂車に誘い、ビールを注文すると、中年のウエイトレスは「日本人はまだビールを飲むのか」と呆れられた。我々は初ビールだが、彼女にとって日本人の見分けはつかないのだろう。 ▽日本がW杯に出場するようになって、ファンやサポーターと行動を共にしたのは今回の寝台車が初めてだったが、これはこれでなかなか楽しい経験だった。そしてつくづくと思う。やはりW杯は勝たなければ開催国にも対戦相手の国にも何の印象も残せないということだ。 ▽そうした意味では、コロンビア戦で決勝点を決めた大迫勇也や、セネガル戦で同点弾を叩き込んだ本田圭佑は、日本でも大きくクローズアップされているのは当然として、世界的にも評価は高まる。W杯の出場国はたったの32か国に過ぎない。しかし彼らの活躍を、アジア予選で戦い日本に敗れたUAEやタイ、カンボジア、イラクのファン・サポーターはしっかりとその目に焼き付けているだろう。 ▽同じことは世界の全地域にも当てはまる。W杯に出場した32か国の7倍以上の国がW杯をテレビで観戦しているからだ。 ▽ただ、昨日の取材で植田直通が「まだ決まったわけではない」ということも確かなこと。FIFA(国際サッカー連盟)ランク7位のポーランドを倒してこそ世界に衝撃を与える日本でもある。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.28 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】西野監督ごめんなさい

▽6月21日の日本代表は午後4時から練習をスタート。その前に遠征中のUFAー19日本代表も交えて、JFA(日本サッカー協会)名誉総裁の高円宮妃殿下が2分ほど選手にお話をされて、全員で記念撮影に臨まれた。田嶋幸三JFAのミスマッチ会長によると、皇族のロシア訪問は102年ぶりのことだそうだ。その後、妃殿下はルビン・カザンの執行役員と記念品の交換を行い、妃殿下はJFAのペナントを贈られた。 ▽この日の練習はコロンビア戦に出た主力組とベンチ組に分かれて開始。これまで別メニューの多かった岡崎慎司がベンチ組に合流したものの、コロンビア戦で右太ももを傷めた本田圭佑が別メニューとなり、黙々とランニングしていた。西野朗監督によると、セネガル戦の出場は「厳しいかもしれない」と険しい表情で話していた。 ▽さて、そのコロンビア戦、NHKの視聴率は48パーセントを超えたというから驚きだ。大会前の西野ジャパンの評価は必ずしも高いとは言えず、盛り上がりに欠けた。ファン・サポーターも多くを期待していなかっただろう。 ▽それが高視聴率につながったのは、午後9時キックオフと視聴しやすい開始時間だったのと、早々に先制点を奪ったこと、そして期待してはいないものの、やはりW杯での日本が気になるファン・サポーターが多かったということの裏返しだったかもしれない。 ▽そのコロンビア戦で、あるスポーツ紙のウェブ版を目にして、「やっぱりパクったか」と思うタイトルと内容の記事があった。 ▽タイトルは「西野さん、ごめんなさい」というもので、記事を書いた記者は「正直、勝てると思っていなかった。負けか、よくて引き分けか…。ポジティブな要素を探すのは難しかった。開始早々に相手が10人になっても、前回大会のギリシャ戦を思い出して勝てると思えなかった。根がネガティブなのか、負け癖なのか、コラムも「負け用」ばかりを考えていた」と素直に心情を吐露し、西野監督に謝罪した。 ▽この記者とは40年近い親交があり、サッカー不遇の時代を過ごしただけに心情は理解できる。しかし、それだけに「パクるのは早いだろう」と思わずにはいられなかった。 ▽話は32年前に遡る。86年メキシコW杯でのことだった。アルゼンチンのカルロス・ビラルド監督は、前任者で78年アルゼンチンW杯で母国を初優勝に導いたルイス・メノッティ監督とは対照的に、守備的なスタイルを導入した。チーム一丸となって守備を固め、攻撃はディエゴ・マラドーナ任せ。このため「戦術はマラドーナ」と揶揄された。 ▽ダントツの優勝候補はジーコに加え4年前はケガで出場を逃したカレッカを擁するブラ日で、アルゼンチンはウルグアイと並んで2番手候補だった。しかしマラドーナの伝説となったゴールなどでアルゼンチンは2度目の優勝を果たす。 ▽アステカ・スタジアムで行われた西ドイツ(当時)との決勝戦後、マラドーナを肩車してビクトリーランする選手にまじり、興奮したアルゼンチンのサポーターが乱入。その中の1人、アンチ・ビラルド派のサポーターが「ペルドン(ごめんなさい)、ビラルド、グラシアス(ありがとう)」の横断幕を肩から羽織っていたことが世界中に報道された。 ▽件の記者はもちろんそのことを知っている。だからこそ、劣勢の予想されたコロンビア戦の勝利で32年前のエピソードを拝借したのだろう。しかし、ビラルド監督は世界1になった。対して西野監督は1勝したに過ぎず、まだグループリーグの突破も決めていない。 ▽「だからこそパクるのは早いだろう」とロシアにいたら言いたいのだが、残念ながら彼は日本で昼夜逆転の仕事をしているため、今回の原稿で書かせてもらった次第である。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.22 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】カザンでの代表初練習を取材

▽6月14日、日本代表がベースキャンプ地となるルビン・カザンの練習場で初のトレーニングに臨んだ。この日はモスクワの日本人学校の生徒約20人と、ルビン・カザンのアカデミーの生徒約40人を招待して、記念撮影やサイン会を実施。これはFIFAが1日はファンと触れ合うことを義務づけていて、4年前のイトゥでも同様なセレモニーが行われた。 ▽この日の練習はクールダウンがメインの目的。それでもフィールドプレーヤーは3グループに分かれ、それぞれ負荷の異なるメニューを消化した。まずパラグアイ戦で負傷した岡崎慎司と昌子源はドクターに付き添われてランニング後、昌子は室内トレーニング場へ直行。 ▽広報によると「岡崎は両ふくらはぎに張りがあって大事をとった。昌子は右太ももに張りがあるため室内で別メニュー」で調整中とのこと。 ▽そしてパラグアイ戦に出場した香川真司、乾貴士、柴崎岳、武藤嘉紀、酒井高徳、山口蛍、植田直通の7人はランニングやウォーキングでクールダウンを行うと早めに引き上げた。残る12人(バックアップメンバーの浅野拓磨を含む)、吉田麻也、本田圭佑、長谷部誠、長友佑都、槙野智章、大迫勇也、宇佐美貴史、大島僚太、酒井宏樹、原口元気、遠藤航はランニングやウォーキング、ストレッチなどで疲労の回復に努め、リフティングやパス交換、9対3のボール回しなどで汗を流してこの日の練習を終えた。 ▽パラグアイ戦の行われたインスブルックは28度と気温が高かったが、カザンでは10度ほど気温が低い。このため昌子や乾、香川らは口を揃えて「寒い」を連発しつつ、「試合はそのほうがいい」(昌子)と低気温を歓迎していた。 ▽ただ、6日からカザン入りしているが、この日はこれまでで一番暖かい1日だった。好天に恵まれたが、そんな日は風が強くて冷たいのがカザンの気候だった。このまま夏日に向かっていくのか。そこで思い出すのが06年ドイツW杯の苦い記憶だ。 ▽これまでにも紹介したと思うが、改めてお伝えしよう。ジーコ・ジャパンはボンをベースキャンプしたが、異常気象で寒波が居座り、あまりの寒さに街中で冬着を探したものの、すでに夏着に切り替わっていたため購入できなかった。そんな寒さの中で行われたドイツ戦で、日本は最高のパフォーマンスを見せた。 ▽ところが初戦のオーストラリア戦では、いきなり夏日になり試合は消耗戦になる。そして日本はオーストラリアの執拗な空中戦で疲弊し、1-3の逆転負けを喫した。その苦い記憶があるだけに、5日後のコロンビア戦で天候がどうなるのか気になるところである。 ▽ちなみにカザンの天候が不順だと聞いていたのでフリースと薄手のダウンを持参したが、あまりの寒さにアパート近くにある巨大なスーパーマーケットのユニクロでヒートテックの下着を購入したほどだ。 ▽乾は寒さ対策として「風邪をひかないように気をつけたい」と話していた。果たして選手はどれだけ現地の気候に順応できるのか。ここらあたりも些細ではあるがW杯を勝ち抜くためには重要なポイントになるだろう。06年は中村俊輔が風邪に悩まされただけに、スタッフの準備も重要だ。 ▽ともあれ昨日はロシア対サウジアラビア戦でW杯が開幕した。日本が19日のコロンビア戦までどんな準備ができるのか、街中の様子も含めてお伝えしたいと思う。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.15 15:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース