超ワールドサッカー

移籍市場開幕を前に早くもペリシッチ争奪戦が開始?プレミア3クラブが動向を注視2017.04.21 11:59 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うインテルに所属するイヴァン・ペリシッチにアーセナルとチェルシーも興味を持っており、プレミアリーグのビッグクラブによる争奪戦が始まるようだ。

プレミアリーグ挑戦を熱望しているペリシッチの動向に関して、多くのメディアが来シーズン開幕前に間違いなくイングランドへ移籍すると報じている。アーセナルは、マンチェスター・シティ、チェルシー、パリ・サンジェルマンのターゲットになっているアレクシス・サンチェスが退団する可能性が高く、後釜としてクロアチア代表に興味を示している。

一方、今夏の移籍市場で前線の補強を目論むチェルシーもペリシッチを注視しているものの、インテルは3500~4000万ユーロ(41~47億円)を要求しており、双方には大きなギャップがある。さらにマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も同選手の獲得を熱望しているが、チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、争奪戦から一歩後退することになりそうだ。

チャンピオンズリーグ出場圏内の3位まで14ポイント離されているなど、不甲斐ない戦いを続けるインテルに失望しているペリシッチは、シーズン終了後に退団の意思を固めている。2020年までインテルとの契約が残っているものの、クラブはペリシッチの引き留めを半ばあきらめており、代わりにフェデリコ・ベルナルデスキとドメニコ・ベラルディを獲得リストに加えている。

さらにユナイテッドは、ペリシッチだけではなく、インテルとクロアチア代表のチームメイトであるマルセロ・ブロゾビッチの動向にも注視。ソーシャルメディア上に不用意な投稿をした同選手は多くのインテルサポーターから反感を買っており、ペリシッチとともにインテルを退団する可能性が高まっている。


提供:goal.com

コメント



コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース