ミラン退団のガッリアーニ氏がマドリーのスポーツディレクター就任か?2017.04.21 10:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランを退団したアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、レアル・マドリーのテクニカル・ディレクターに就任する可能性があるようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。

▽ガッリアーニ氏はシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の下、ミランで31年間勤め、最高経営責任者(CEO)の職に就いた。その間にイタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得するなど、ミランの黄金期を支えた人物の1人だ。

▽しかしミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却。ベルルスコーニ政権が終わりを迎えた。

▽退任したガッリアーニ氏は、イタリアのクラブで働くことはないことを強調していたが、『ムンドデポルティボ』によると、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が同氏の手腕を高く評価しているという。ピレス会長は、ガッリアーニ氏をテクニカル・ディレクターとしてクラブに引き入れたいと考えているようだ。

▽また同メディアによれば、ガッリアーニ氏に対してはレガカルチョやイタリアサッカー連盟が理事長として囲い込みたいと考えているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴィオラ退団のバデリ、移籍先をナポリやミランら3クラブに絞る

▽今季限りでフィオレンティーナを退団するクロアチア代表MFミラン・バデリ(29)が、移籍先の候補としてナポリ、ミラン、ゼニトの3クラブに絞ったようだ。イタリア『La Nazione』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2014年にハンブルガーSVからフィオレンティーナに加入したバデリは、守備的MFの主力として4シーズンに渡って活躍。今季はケガの影響もありながらもリーグ戦27試合に出場。ダビデ・アストーリの死後は、彼の後を継いでキャプテンを務めていたが、ステップアップを望むバデリは、今夏でのヴィオラ退団を決意。クラブも同選手の意思を尊重し、5月30日に退団を発表していた。 ▽フリーとなったバデリには、ローマやナポリ、ミランらが獲得レースを繰り広げていたが、『La Nazione』によると、バデリの移籍先はイタリア国内ならナポリかミラン、国外ならゼニトとなるようだ。 ▽なお、一部メディアでは、カルロ・アンチェロッティ監督を新指揮官に据えたナポリに加入する意向を示しているとの報道も出ており、ナポリがバデリ移籍のポールポジションに立っているとみられる。 2018.06.24 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランに衝撃!! FFP違反で来季のEL出場権剥奪&3000万ユーロの罰金処分へ…

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は週明けの25日にUEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反を犯したミランに対して、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権剥奪および3000万ユーロ(約38億5000万円)の罰金処分を科すようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ミランは2017年、中国人実業家のリー・ヨンホン氏を中心とする合弁企業『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』が、ミランを運営する『フィニンヴェスト』から7億4000万ユーロ(約965億円)でクラブを買収した。 ▽しかし、UEFA側はミランがアメリカのヘッジファンド『エリオット・マネジメント』から、巨額の利子が伴う3億ユーロ(約392億円)の資金を借り入れ、昨夏の移籍市場で新戦力獲得に約2億ユーロ(220億円)以上をつぎ込んでいることを理由に、クラブ経営の安定性を疑問視していた。 ▽そして、UEFAは先日に「連盟のクラブ財務管理機関(CFCB)は、ACミランについて、ファイナンシャル・フェアプレー規定に対する違反、特に収支均衡の義務違反で審議委員会に諮ることを決めた。借金の借り換えと、2018年10月を期限とする支払額に関して、不透明な部分が残っている」と、FFPに関する和解協定の申請を却下する旨の発言を行っていた。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道が事実であれば、今季のセリエAを6位で終えて来季のEL出場権を獲得したミランだが、来季の出場は認められない模様だ。また、今回の処分によって今夏の補強に関しても大幅なプラン変更を余儀なくされる。 2018.06.23 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表カリニッチ、ミランからも“追放”か

▽ミランがFWニコラ・カリニッチの放出を決めたようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽昨年夏に熾烈な争奪戦の末にミランの一員となったカリニッチだが、ミラン1年目は期待された活躍ができなかった。そのため、今夏の去就が注目されている。 ▽ミランは来シーズン、ヨーロッパリーグに出場する可能性がある。欧州の舞台で活躍するためにも、大物ストライカーは不可欠だ。だが、それを実現させるためにも、まずはカリニッチを売らなければいけない。ミランは2500万ユーロ(約32億円)を要求するつもりだという。 ▽クロアチア代表としてロシア・ワールドカップに出場していたカリニッチだが、途中出場を拒否したことがきっかけで“追放”された。ミランからも“追放”されるのだろうか。 2018.06.20 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、カリニッチ売却のオプションでセビージャに元ブラジル代表MFを要求か

▽ミランは、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(30)の売却オプションとしてセビージャから元ブラジル代表MFガンソ(28)をレンタル移籍で獲得しようと画策しているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナから買い取り義務付きのレンタル移籍でミランに加入したカリニッチ。総額2500万ユーロ(約32億5000万円)の移籍金を支払い獲得した同選手には、ミランも大きな期待をかけていたが、今季は公式戦41試合でわずか6ゴールと期待を裏切る結果となっていた。 ▽この状況に満足のしていないミランは、カリニッチの獲得に興味を示しているセビージャに対して、売却オプションとしてガンソのレンタルを画策。『Calciomercato.it』によれば、サンパウロ時代から長年ガンソの獲得に関心を示していたミランだが、高額な移籍金により獲得を断念していた。 ▽2016年7月にサンパウロからセビージャに加入したガンソ。しかし、加入初年度を公式戦16試合3ゴール3アシストで終えると、今シーズンは公式戦11試合4ゴール3アシスト。成績としては悪くないが、出場機会を得ることができず、リーグ戦に至っては1月6日のリーガエスパニョーラ第18節以降、ベンチ入りすらもない苦しい状況が続いていた。 ▽2021年までセビージャとの契約を残しているガンソだが、今夏での退団の見方も強まっており、すでにラツィオが獲得に向けてセビージャ側に接触しているとの報道も出ていた。 2018.06.17 06:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「まだユーベは遠い」とミランCEO 新スタジアム建設の可能性も語る

▽ミランのマルコ・ファッソーネCEOは、ミラノ勢がトップに戻るにはもう少し時間が必要だと考えている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。 ▽マルコ・ベリナッツォ記者が書いた本の出版記念イベントに出席したファッソーネCEOは「ミランとインテルは、ずっと長い間、素晴らしい都市の象徴的な存在だった。2つの勝者のファミリーだ。ベルルスコーニとモラッティのようにね」とコメント。 ▽そして、「ユベントスはイタリアで最も長いファミリーの物語となる。ミランとインテルはオーナーがかわった。それでも2013年以降、インテルとミランはともに前進している。変化が必要な時期に直面したんだ」と述べた。 ▽新スタジアムの計画は再び動くかもしれない。ファッソーネCEOは「ミラノは2つのスタジアムを持つ準備がある。我々はミラノにもう1つスタジアムがあるべきか、インテルとサン・シーロを使い続けるべきか、どちらがいいのかを分析しているところだ。インテルの考えははっきりしていて、我々は検討しているところだよ」と話している。 2018.06.13 19:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース