超ワールドサッカー

決勝ゴールのラッシュフォード「走り続け、チャンスを作り続けることが大事だった」2017.04.21 09:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、20日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

▽アウェイで行われた1stレグを1-1で終えていたユナイテッド。オールド・トラフォードでの2ndレグでは、10分にムヒタリャンのゴールで先制するも32分に同点とされる。そのまま90分を終えて延長戦に突入。すると107分にフェライーニが落としたボールをボックス内で受けたラッシュフォードが、マーカーをうまくかわしてシュートを流し込む。これが決勝点となり、ユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽試合を振り返ったラッシュフォードは次のように述べている。

「後半は相手にプレッシャーをかけられるようになって、押し込むことができたね。僕たちは最後まで戦い続けたよ。ゴールを決められるような場面が何度もあったけれど、今日のような展開になることだってある。それに結果的に勝てて嬉しく思っているよ」

「難しい試合だったけれど、まずは走り続けること。繰り返してチャンスを作ることが大事だった。後半のチャンスを考えるともっと楽に勝ててもおかしくなかったけれど、今となっては問題ないね」

コメント

関連ニュース

thumb

J・コール、モウリーニョを最高の監督と称賛「彼への批判はばかげている」

元チェルシーのジョー・コールは、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ決勝戦の結果に関係なく、マンチェスター・ユナイテッド1年目ですでに成功を手に入れたと『Goal』の独占インタビューで語っている。<br><br>昨夏ユナイテッドの指揮官に就任し、EFLカップを制したモウリーニョ監督は、24日に行われるEL決勝のアヤックス戦を控える。しかし、大型補強を進めたものの、リーグ戦では6位に沈み、多くの非難を浴びていた。<br><br>2004年から2007年までモウリーニョ監督の下でプレーしたコールは「彼はすでにユナイテッドで成功した。元選手たちが彼のことを批判するところを目にするが、彼は成功者だ」と同指揮官を擁護し、以下のように続けている。<br><br>「ELを制したら、(アントニオ・)コンテに次ぐ、年間最優秀監督と言える。彼は2つのトロフィーをもたらし、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も獲得する。確かにリーグでの順位は6位だが、ELで決勝まで進んだために、リーグ戦では難しい戦いを強いられた。もしELでの戦いがなければ、ほとんどの試合に勝利し、4位以上でフィニッシュしていただろう」<br><br>続けて「彼はすでにトロフィーを獲得し、ELのタイトルも手に入れようとしている。だから彼への批判はばかげていて、不公平なものだ」と話し、批判されるような成績ではないと強調した。<br><br>また、コールは「サー・アレックス・ファーガソン時代と比較はできない。なぜならリーグは進化し続けている。ファーギーがしてきたことは偉大だが、モウリーニョが監督になったとき、多くの選手が十分な能力を持っているとは言い難かった。それに彼が獲得したのは4人だけだ」と難しい状況下で、アレックス・ファーガソン政権時代と同じ成績を収めることはできないと言及。<br><br>さらに、2004-05シーズンと2005-06シーズンにチェルシーでプレミアリーグ連覇を成し遂げた当時を振り返り、「モウリーニョは最高の監督だったと思うが、プレーしていて楽しいとは言えなかった。なぜなら彼はいつも私にハードワークを求め続けた。でも彼をリスペクトしている。彼は僕の能力を引き出してくれた」と恩師への感謝を述べた。<br><br>最後に、元イングランド代表MFは「彼らはすぐにトップに戻れる。来シーズンは間違いなくチェルシーと対等に戦えるはずだ」とアレックス・ファーガソンが引退した2013年から低迷を続けるユナイテッドがモウリーニョ監督の下、復権できると信じているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 07:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【EL決勝プレビュー】若きタレント軍団による25年ぶりの歓喜か、来季CL出場目指す名門の初戴冠か《アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッド》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間24日27:45からストックホルムのフレンズ・アレーナで開催される。UEFAカップ時代の1992年以来、2度目のEL制覇を目指すアヤックスと、数々の栄光に彩られながらも唯一手にしていない欧州タイトル獲得を目指すユナイテッドによる、通算5度目の名門対決だ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)予選敗退組のアヤックスは、パナシナイコスやセルタと同居したグループGを4勝2分けで首位通過すると、決勝トーナメントではレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、シャルケ、リヨンを退け、25年ぶりのEL決勝進出を果たした。グループステージを若さと勢いで駆け抜けたチームだが、決勝トーナメントでは延長戦までもつれた準々決勝のシャルケ戦を筆頭に、いずれも2戦合計1点差以内の僅差で競り勝ち、勝負強さを身に着けてストックホルムへの切符を手にした。 ▽国内リーグでは、14日に行われたエールディビジ最終節のウィレムⅡ戦をFWドルベア、MFクラーセンのゴールなどで3-1の快勝を収めたものの、勝ち点1差の首位フェイエノールトにあと一歩及ばず、3年ぶりのリーグ制覇を逃した。それでも、シーズンを良い形でフィニッシュしたうえ、今回の決勝を前に10日の準備期間を得られたことは大きい。 ▽一方、プレミアリーグ優先のスカッド構成もフェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを4勝2敗で乗り切り、グループ2位で決勝トーナメント進出を果たしたユナイテッド。その他の優勝候補が潰し合った決勝トーナメントでは、サンテチェンヌ、ロストフ、アンデルレヒト、セルタと対戦相手に恵まれたこともあり、クラブ史上初となるELファイナルの舞台にたどり着いた。ただ、過密日程、多くの負傷者に悩まされたモウリーニョ率いるチームは、ラウンド32のサンテチェンヌ戦こそ大勝も、以降の3試合ではいずれも大苦戦を強いられていた。 ▽14日に国内リーグ全日程が終了したアヤックスとは異なり、17日と21日にサウサンプトン戦、クリスタル・パレス戦の2試合を戦ったユナイテッドは、今季のプレミアリーグを最終的に6位で終え、2年連続のトップ4フィニッシュに失敗。この結果、国内リーグでのCL出場権を逃がした。そのため、今夏の戦力補強を大きく左右することになる来季CL出場権獲得に向けては、EL制覇が絶対条件となる。この状況を見越してか、シーズン終盤にかけてリーグ戦軽視の戦いを続けてきた百戦錬磨の指揮官だが、MFバレンシア、MFポグバや控えのFWルーニー以外に、真の意味での“勝者のメンタル”を持ち合わせていないスカッドが、この重圧を御しきれるかが重要なポイントになるはずだ。 ▽なお、両チームの通算対戦成績は、2勝2敗の全くの五分だ。2011-12シーズンのELラウンド32で実現した前回対戦では、サー・アレックス・ファーガソン監督が率いたユナイテッドが、敵地での1stレグをFWヤング、FWハビエル・エルナンデス(現レバークーゼン)のゴールによって先勝。だが、迎えたオールド・トラフォードでの2ndレグでは、再びエルナンデスのゴールでユナイテッドが先行も、FWエズビリス(現ベシクタシュ)とDFアルデルヴァイレルト(現トッテナム)のゴールでアヤックスが試合終盤に逆転。最終的にユナイテッドが勝ち抜いたものの、アヤックスが敵地で意地を見せた。 <div style="text-align:center;">◆アヤックス◆ 【4-3-3】</div> ▽アヤックス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オナナ DF:フェルトマン、ダビンソン・サンチェス、デ・リフト、リードウォルド MF:クラーセン、シェーネ、ジイェフ FW:トラオレ、ドルベア、ユーネス 負傷者:DFシンクフラーフェン 出場停止者:DFフィールヘーフェル ▽リヨンとの決勝で退場したフィールヘーフェルが出場停止となる。負傷者に関しては、ヒザのケガで離脱が続いていたシンクフラーフェンが間に合わない見込みとなり、左サイドバックにはリードウォルドが入る見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロメロ DF:バレンシア、フィル・ジョーンズ、ブリント、ダルミアン MF:フェライーニ、エレーラ、ポグバ FW:リンガード、ラッシュフォード、ムヒタリャン 負傷者:DFショー、ロホ、、FWイブラヒモビッチ、ヤング 出場停止者:DFバイリー ▽セルタとの決勝で退場したバイリーが出場停止となる。負傷者に関しては、ショー、ロホ、イブラヒモビッチ、ヤングが引き続き欠場となる。スタメンに関しては、バレンシアやエレーラ、ラッシュフォード、ムヒタリャンなど、直近のパレス戦で温存された主力が先発に戻り、バイリーの代役はジョーンズが務める見込みだ。 ★注目選手 ◆アヤックス:FWカスパー・ドルベア<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アヤックスの注目プレーヤーは、“ネクスト・イブラヒモビッチ”の呼び声高い19歳の怪物FWドルベアだ。今シーズンのCL予選PAOK戦でデビュー戦デビューゴールを飾ったデンマーク代表FWは、ここから驚異的な成長曲線を描き、今季ここまでの公式戦47試合出場で23ゴール8アシストと驚くべきスタッツを残した。 ▽187cmの恵まれた体躯、左右のウイングでもプレー可能なスピードや突破力、懐深いボールキープに随所で披露する閃きは、アヤックスOBで対戦相手のユナイテッドに在籍するFWイブラヒモビッチを彷彿とさせ、既に多くのビッグクラブの関心を集めている。アヤックスのここまでの戦いぶりを見れば、格上ユナイテッド相手の失点は避けられない。そのため、スタンド観戦が予定される“本家”を前にドルベアが大暴れできるかが、アヤックス勝利のカギを握るはずだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:DFダレイ・ブリント<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドの注目プレーヤーは、DFフォス=メンサー、ケガで欠場となるイブラヒモビッチと共に古巣対戦となるブリントだ。アムステルダムに生まれ、同クラブで活躍したダニー・ブリント氏を父親に持つブリントは、幼少期から下部組織に在籍していた、アヤックス生え抜きのエリートだ。 ▽とりわけ、主力に定着してユナイテッドに加入するまでの4年間にエールディビジ4連覇に大きく貢献し、自身最後のシーズンとなった2013-14シーズンにはオランダ年間最優秀選手賞にも輝いていた。そんな愛するクラブとの対戦で最も心を熱くするブリントだが、若き才能揃いの古巣に対して、偉大な先輩として立ちはだかりたい。頼れる相棒バイリー不在の中、ドルベアやFWトラオレなど、屈強なフィジカルを持つ相手のアタッカーを封殺する仕事が求められる。 2017.05.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マタがEL制覇に意気込む「優勝トロフィーと来季CL出場権の2つのボーナスだ」

現地時間24日、ヨーロッパリーグ決勝のアヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦が行われる。この大一番を前に、スペイン代表FWフアン・マタがタイトル獲得への意気込みをイギリスメディア『テレグラフ』に対して語っている。<br><br>「チャンピオンズリーグは最高レベルの大会だ。ユナイテッドは、毎シーズンこのコンペティションでプレーすべきチームなんだ」<br><br>マタは「今シーズン、僕たちはヨーロッパリーグでプレーしてきた。数年前にチェルシーで経験(12-13シーズンのチェルシー時代に決勝でベンフィカを下してELを制覇)したけど、この大会の頂点に立つことで、トロフィーを得るとともにチャンピオンズリーグの出場権も獲得できる。それはユナイテッドにとってまさに&ldquo;2つのボーナス&rdquo;だね」と語り、ヨーロッパリーグで優勝することの重要性を説いている。<br><br>かつてマタはチェルシー時代にジョゼ・モウリーニョから信頼を得られず、マンチェスター・Uに放出された経緯がある。しかし、それから数年経過し、モウリーニョ監督が追いかけるような形でマンチェスターにやってきた。マタはかつて衝突を経験したとされる恩師との関係が良好であることも主張している。<br><br>「僕はここで幸せにやっているよ。いくつかの監督がやってきて去っていた。だけど今は何の問題もないし、僕はここでプレーすることができてハッピーなのさ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 06:58 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチェスター2クラブが爆破事件を受けてメッセージ

▽22日、マンチェスターにあるマンチェスター・アリーナで爆破事件が起きた。この事件に関し、マンチェスターの2クラブが被害者に向けてメッセージを送った。 ▽事件は22日の夜、歌手のアリアナ・グランデさんがコンサートを行っていたマンチェスター・アリーナで起こった。爆破はコンサート終了直後の22時35分にアリーナ内の通路で起き、これまで死者が22名、負傷者が59名と発表されている。 ▽グレーター・マンチェスター警察によると、実行犯は男性1人。爆破に巻き込まれて死亡したとのことだ。 ▽この事件を受け、マンチェスターをホームタウンとするユナイテッドとシティがメッセージを発表している。 ◆マンチェスター・ユナイテッド 「我々は、マンチェスター・アリーナで起きた昨夜のひどい出来事にとてもショックを受けています。我々の思いや祈りは被害に遭った全ての方に届きますように」 ◆マンチェスター・シティ 「アリーナで起きた恐ろしい出来事を聞き、大きな悲しみを感じています。我々の心は、全ての被害者、そして我々の街の救急サービスに届きますように」 2017.05.23 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

DFラインの強化を図るユナイテッド、ヴァランとマルキーニョス獲得を狙う

▽マンチェスター・ユナイテッドが、レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(24)とパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョス(22)の獲得を狙っているという。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がイングランド代表DFクリス・スモーリング(27)の移籍にゴーサインを出したとされる中、その後釜としてヴァランとマルキーニョスの動きに注目している模様。来季のタイトル獲得に向けて、DFラインの強化を図るモウリーニョ監督は、現在のセンターバック陣を信頼しきれていないということもあり、この2人に白羽の矢が立ったようだ。 ▽そのユナイテッドは、24日にアヤックスとのヨーロッパリーグ(EL)決勝戦を控えている。『デイリー・スター』によれば、同クラブがこの2選手を獲得するためには、ELで優勝して来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得することが必要だとみられている。 ▽なお、同メディアによると、スモーリングに関してはウェストハムやエバートン、クリスタル・パレスなどが獲得に興味を示していると言われている。 2017.05.23 17:05 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース