ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

リヨン戦でトラブル…サポーターがピッチへなだれ込み、開始が遅れる

13日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグ、リヨンvsベシクタシュの一戦でトラブルがあり、キックオフが遅れた。<br><br>リヨンの本拠地で行われた一戦では、熱狂的なことで知られるベシクタシュサポーターも多く乗り込んできた。試合前からスタジアム外で衝突を繰り広げていた両サポーターだが、試合前にさらなる問題が生じていたという。<br><br>観客席上部のベシクタシュサポーターが、発煙筒をリヨンサポーターのいるスタンドへと投げ込んだ。それを避けようとしたリヨンサポーターがピッチへとなだれ込み、キックオフが45分ほど遅れるトラブルが発生している。<br><br>なお、試合はアウェイのベシクタシュが先制しながら、終盤にリヨンが逆転。2-1で先勝している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.14 15:31 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤の猛攻で逆転のリヨンがベシクタシュに先勝! サポーター同士の小競り合いで試合が45分遅れで開始《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、リヨンvsベシクタシュが13日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、ホームのリヨンが2-1で逆転勝利した。 ▽ラウンド16でそれぞれローマ、オリンピアコスを破ったリヨンとベシクタシュの強豪2チームによる初対決。ホームで先勝を狙うリヨンは、キャプテンのゴナロンを出場停止で欠くものの、エースFWラカゼットやトリッソ、ヴァルブエナなど、ローマ撃破の主力を揃って先発で起用。一方、アブバカルを出場停止、クアレスマをケガで欠くベシクタシュだが、主砲トスン、タリスカに加え、元リバプールのバベル、元バルセロナのアドリアーノと実力者がスタメンを飾った。 ▽両チームのサポーターが爆竹を投げ合う小競り合いの影響によって45分間遅れでスタートしたこの一戦。立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたホームチームは、13分にボックス右でパスを受けたラカゼットがクロスを匂わせながらニアポストを狙ったシュートを放つが、このシュートはサイドネットを叩く。 ▽一方、防戦一方の状況が続いたベシクタシュだったが、相手の隙を突いたリスタートから先制点を挙げる。15分、相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのタリスカがボックス右に走り込むバベルに素早くグラウンダーのパスを通す。そして、完全フリーのバベルがゴール左隅に右足のシュートを流し込んだ。 ▽集中力の欠如から痛恨のアウェイゴールを献上したリヨンは、すぐさま反撃を開始。フェキルとヴァルブエナのダブル司令塔が積極的にボールに絡み、サイドにボールを散らしながら厚みのある仕掛けを見せる。だが、中央をきっちり締めるベシクタシュの守備を前になかなか決定機を作り出せず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半に入って先に動いたのは、ホームのリヨン。52分にゲザルとラファエウに代えてコルネ、ジャレを投入し、右サイドをそっくり入れ替えて攻勢を強めていく。後半はヴァルブエナの左サイドを起点に幾つか決定機を作るが、ゴールが遠い。71分にはハイプレスでDFマルセロからボールを奪ったラカゼットがそのままボックス内に持ち込む。最後は右に持ち出してGKをかわしシュートを放つが、自らコースを消してしまい、枠の右に外してしまった。 ▽その後もトリッソのヘディングシュートが左ポストに阻まれるなど、あと一歩でゴールを奪えないリヨンだったが、83分に追いつく。ボックス手前左の位置で得たFKの場面でヴァルブエナがインスウィングのボールを入れる。これがゴール前の混戦を抜けてファーサイドのトリッソの足元にこぼれると、フランス代表MFがすかさず流し込んだ。 ▽ようやく追いついたリヨンは、同点ゴールから1分後に相手のミスから試合を引っくり返す。ボックス内でハッチンソンからバックパスを受けたGKファブリシオが迫ってきた相手をドリブルでかわすも、後方から迫ってきたもう1人のモレルに気付かず、痛恨のボールロスト。そして、モレルが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽90分間を通しての猛攻が実り、試合終盤に逆転したホームのリヨンが2-1で先勝。一方、敗れたもののアウェイゴール1つを持ち帰ったベシクタシュは、アウェイチームにとって地獄と評されるイスタンブールで逆転突破を目指す。 2017.04.14 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

守護神躍動でローマの猛攻耐え抜いたリヨンが1stレグのアドバンテージ生かしてベスト8進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ローマvsリヨンが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを生かしたリヨンが2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。 ▽今ラウンドで最も注目を集めたリヨンホームでの1stレグは、激しい打ち合いとなった中、ホームのリヨンが4-2で先勝した。一時は逆転に成功するも終盤の2失点により、逆転突破に向けて2点以上が求められるローマだが、直近のセリエAパレルモ戦で主力を温存した中、3-0の快勝を収め、公式戦の連敗を「3」でストップ。今回の一戦に向けては、そのパレルモ戦から先発5人を変更。エースFWゼコやストロートマン、デ・ロッシを復帰させた。 ▽一方、アドバンテージを手にして敵地での2ndレグに臨むリヨンは、直近のトゥールーズ戦をラカゼットやトリッソなど多数の主力を温存した中、4-0の圧勝で飾り、好調を維持。この2ndレグでは温存した主力を揃って先発で起用してきた。 ▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、開始6分にいきなり決定機を作る。左CKの流れからボックス中央のリュディガーが反転シュートを狙うが、これはクロスバーを叩く。このこぼれ球をサラーが頭で押し込みに行くが、今度はGKの好守に阻まれる。畳みかけるローマは11分にも裏へ抜け出したサラーがGKと一対一になるが、ここは飛び出したGKアントニー・ロペスに防がれた。 ▽立ち上がりから押し込まれる時間が続くリヨンだったが、1stレグと同様にセットプレーから先制点を奪う。16分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でヴァルブエナが絶妙なクロスを入れると、1stレグでも同様の形からゴールを決めているディアカビが頭で流し込んだ。 ▽先制を許したローマだったが、失点からわずか1分後に追いつく。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でデ・ロッシのインスウィングのクロスに反応したゴール前のストロートマンが泥臭く押し込んだ。この同点弾で勢いづくホームチームは、ゼコの強さとサラーの速さを生かしたシンプルな攻めでリヨンを押し込む。この流れの中でサラーやナインゴランに決定機も、2点目には繫がらず。 ▽前半終盤にかけてもローマペースが続く中、41分に絶好のゴールチャンスが訪れる。ボックス内で競り勝ったゼコの落としをサラーが繋ぎ、ボックス右でフリーのストロートマンが続けてシュートを狙う。しかし、いずれのシュートもGKロペスの好守に阻まれる。さらに、前半アディショナルタイムにはペナルティアーク付近で前を向いたゼコが右足のシュートを放つが、これもロペスにセーブされ、前半は1-1で終了した。 ▽逆転での勝ち抜けにはあと2点が必要なローマは、後半も立ち上がりから猛攻に出る。47分には左サイドのマリオ・ルイからのクロスをナインゴランが頭で合わすが、ニアポストを捉えたシュートはGKロペスのファインセーブに遭う。 ▽押し込みながらもGKロペスの牙城を破れないローマは59分、ブルーノ・ペレスを下げてエル・シャーラウィを投入。すると、この交代策が流れを変える。60分、セットプレーの流れから右サイドでDFを振り切ったエル・シャーラウィのグラウンダーの折り返しが、ゴール前のトゥサールのオウンゴールを誘い、ローマに2点目が生まれる。勢い付くホームチームは、63分にもナインゴランからパスを受けたエル・シャーラウィがボックス右でDFをかわして右足シュート。だが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽逆転突破にはあと1点が必要なローマは、76分にマリオ・ルイを下げてペロッティ、84分にはデ・ロッシを下げて切り札のトッティをピッチに送り込む。ピッチ上にアタッカー6人が並ぶ超攻撃的布陣で猛攻を仕掛けるローマだが、ボックス内で必死に守る相手の守備をあと一歩で崩せない。逆に、80分過ぎには自分たちのCKの流れからカウンターを浴び、カルルにボックス内でGKと一対一の状況を作られるが、ここはGKアリソンの見事な飛び出しで凌ぎ、望みを繋いだ。 ▽その後、試合終了間際には決死のパワープレーからボックス内のゼコ、エル・シャーラウィに決定機も最後の場面で身体を張るリヨンの守備を破れず、試合はこのままタイムアップを迎えた。 ▽2試合を通じて互角の戦いを見せた両チームだったが、守護神アントニー・ロペスの再三に渡る好守と、1stレグの試合終了間際に奪ったラカゼットのゴールが大きく効いたリヨンが、2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。 2017.03.17 07:39 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール&ミラン、今夏に契約満了するリヨンのU-20フランス代表DFに関心か

▽リバプールとミランが、今シーズン終了後にリヨンとの契約が満了するU-20フランス代表DFジョルディ・ガスパール(19)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『テレ・フット』が報じている。 ▽今シーズン、リヨンの下部組織からトップチームに昇格したガスパールは、卓越した身体能力と攻撃センスを特長とするU-20フランス代表の右サイドバック。本職の右サイドに加え、左サイドバックでもプレー可能なガスパールは、今シーズンここまでリーグ戦2試合とチャンピオンズリーグ1試合に出場している。 ▽リヨンとフランス代表で将来を嘱望されているガスパールだが、今シーズン終了後に満了となるクラブとの契約延長交渉が難航。『テレ・フット』によると、この好機を逃さまいと、リバプールとミランを始め、バイエルンやフィオレンティーナが同選手の引き抜きに動いているようだ。 2017.03.16 04:06 Thu
twitterfacebook
thumb

デパイ、55mのロングシュートを振り返る「前半からGKがゴールから離れているのを見ていた」

★リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが自身のスーパーゴールを振り返っている。フランス『カナル+』が報じた。<br><br>リヨンは12日、リーグ・アン第29節でトゥールーズと対戦。左ウィングとして先発したデパイは3点リードで迎えた82分、ハーフライン付近でボールを奪うと、推定55メートルのロングシュートをゴールに収めてみせた。スーパーゴールによるこの日2点目をデパイは以下のように振り返っている。<br><br>「前半からキーパーがゴールからよく離れているのを確認していた。頭の片隅にあったし、『チャンスはあるぞ』と自分自身に語りかけていたよ。だから、ターンして、シュートを打てたんだ。僕はボールの行方を見ていなかったけど、みんなが沸いているのが聞こえてきたね」<br><br>今冬加入以来、リーグ戦では5ゴールを挙げているデパイ。それでも驕る様子はない。<br><br>「まだ最高レベルの自分に達していない。まだ23歳に過ぎないんだ。たくさん学ぶことができるし、試合の中で成長していける。間違ってしてきたたくさんのことを直していけるんだ。ハードワークを続けていくし、自分のベストを尽くそうとしていく。最高の自分になれるようにね。今日は良い仕事ができた」<br><br>提供:goal.com 2017.03.13 15:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース