超ワールドサッカー

ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

リヨン会長がラカゼットとアトレティコが移籍で口頭合意と明かす…カギは選手登録禁止処分撤回の行方に

▽リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(25)のアトレティコ・マドリー移籍で口頭合意に達していると明かした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽リヨンの下部組織で育ったラカゼットは、今シーズンのリーグ・アンで30試合に出場し28ゴールを記録。パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに次いで、得点ランキング2位でシーズンを終えた。 ▽国外のビッグクラブが今夏に獲得に動くとされているラカゼットだが、本人がアトレティコ移籍を希望と報道。そんな中、リヨンのオラス会長がアトレティコとラカゼットが口頭合意に達していると明かした。 「アレックス(・ラカゼット)は、アトレティコと口頭で合意している。しかし、確実なものではない。CAS(スポーツ仲裁裁判所)が補強禁止を解除するのを待つ必要があるからだ」 「我々は、アレックスからアトレティコと独占的に話し合うための要請を受け入れた。しかし、一方でこの移籍は我々の条件の下で行われることとなる」 ▽アトレティコは、FIFAによる選手登録禁止処分が下されており、今夏の補強が不可能に。現在はCASに処分への異議申し立てを申請しており、処分が撤回されることとなれば、ラカゼットのアトレティコ移籍は確実なものになると見られている。 ▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいていると報じられているが、実現すればアトレティコにとっては新たな得点源確保が急務となり、処分の撤回が認められるかに注目が集まる。 2017.05.21 14:28 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンFWラカゼットがA・マドリー移籍を希望「リーグ・アンでゴールを量産しても…」

リヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットにはアトレティコ・マドリーへの移籍話が浮上していたが、19日にフランスメディア『レキップ』が報じたところによると、本人もラ・リーガ挑戦を望んでいるようだ。<br><br>報道によると、ラカゼットは「今夏の移籍は正しい判断だと思う。新しい何かにチャレンジをすることが大切で、僕はその一歩を踏み出そうとしている」と発言。<br><br>ラカゼットは「いくらリーグ・アンでゴールを量産しても、ヨーロッパのコンペティションで結果を残さないと世界的に知られることはない」と続け、チャンピオンズリーグに出場できるクラブへのステップアップを熱望していることを明かした。<br><br>「アトレティコにはフランスU-18時代から一緒にやっていた(アントワーヌ)グリエズマンがいる。彼と一緒にプレーしてうまくいった記憶もあるし、アトレティコは何年もチャンピオンズリーグで上位に進出している強豪クラブだ」<br><br>リヨンで今シーズン、リーグ戦29試合26ゴールの好成績を残したラカゼット。今夏がステップアップの時と見ているようだが、果たしてA・マドリーはラカゼット獲得に向けて本腰を入れるのか、今夏の移籍市場で起こり得るビッグディールの一つとなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.20 12:23 Sat
twitterfacebook
thumb

モナコから最多6名! リーグ・アンのベストイレブン発表

▽フランスプロサッカー選手連合(UNFP)は15日、2016-17シーズンにおけるリーグ・アンのベストイレブンを発表した。 ▽現在首位に立つモナコからは、最優秀若手選手賞に輝いたFWキリアン・ムバッペや、最優秀GK賞を受賞したGKダニエル・スバシッチをはじめ、最多の6名が選出された。 ▽現在2位につけているパリ・サンジェルマンは、最優秀選手賞のFWエディンソン・カバーニを含む3名が選出。パリ・サンジェルマンからのベストイレブンが6名を下回ったのは、2012年の2名以来、5年振りとなる。DFチアゴ・シウバとMFマルコ・ヴェッラッティは、共に2013年から5年連続5回目の選出となり、FWズラタン・イブラヒモビッチの4年連続4回を抜き、最多・最長の選出記録となった。 ◆リーグ・アン ベストイレブン GK ダニエル・スバシッチ(モナコ/クロアチア) DF ジブリル・シディベ(モナコ/フランス) カミル・グリク(モナコ/ポーランド) チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/ブラジル) バンジャマン・メンディ(モナコ/フランス) MF ジャン・ミシェル・セリ(ニース/コートジボワール) マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/イタリア) ベルナルド・シウバ(モナコ/ポルトガル) FW アレクサンドル・ラカゼット(オリンピック・リヨン/フランス) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ) キリアン・ムバッペ(モナコ/フランス) 2017.05.16 20:09 Tue
twitterfacebook
thumb

ファンの暴走が続くリヨン…UEFA主催大会の出場停止処分の可能性が高まる

▽度重なるファンの暴動により、リヨンがUEFA主催大会の出場停止処分を受ける可能性があるようだ。イギリス『FourFourTwo』がが報じた。 ▽今シーズンのヨーロッパリーグで準決勝まで勝ち上がったリヨン。11日にはアヤックスとの準決勝2ndレグが行われたが、ファンが再び暴走したようだ。 ▽UEFA(欧州サッカー連盟)は、12日にリヨンのファンが花火やピッチへの物の投げ入れ、階段の封鎖、ピッチへの侵入と違反を起こしていたことを確認していた。なお、リヨンはアヤックスに対し3-1で勝利したものの、2戦合計5-4で敗れ、決勝を前に敗退していた。 ▽先月行われた準々決勝でも暴動が起き、ベシクタシュとともに2年間の出場停止処分が下される可能性があったりリヨンだが、今回のファンの行動により、処分を受ける可能性が高まってしまったようだ。なお、処分は7月20日に決定する可能性があるようだ。 2017.05.13 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

2ndレグでMOM選出のラカゼット、一歩及ばずの敗退に「1stレグでうまくやれていれば違った結果だった」

▽リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアヤックス戦を振り返った。UEFA公式サイトが伝えている。 ▽敵地で行われた1stレグを1-4で落としていたリヨンは、2ndレグでも先制を許す苦しい立ち上がりとなる。しかし前半終了間際にラカゼットがPKを含む2ゴールを奪取。81分にはゲザルも加点し、2戦合計であと1点に迫る。ところが試合は3-1で終了し、2戦合計4-5でリヨンの敗退が決定した。 ▽2ゴールを奪い2ndレグのマン・オブ・ザ・マッチに選出されたラカゼットは、1stレグの結果を悔やみベスト4敗退に落胆した。 「決勝進出まであと一歩だった。この2試合を通じて、僕らはディフェンスの面で十分ではなかったように思う。1stレグでもっと良い結果を手にしていれば、異なる結果を手にしていただろうね」 「ただ、もっと良く戦えたという思いもあるけれど、逆に良くない内容もあり得たと思う。ただ、悔しいのは1stレグの結果だ。今夜は逆転しようと全てを出し尽くした」 2017.05.12 09:51 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース