ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

ガットゥーゾ、デバイ獲得にゴーサイン?

▽イタリア『カルチョメルカート』は、ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がリヨンに所属するオランダ代表MFメンフィス・デバイ(24)の獲得にゴーサインを出したと報じた。 ▽デパイは、鳴かず飛ばずに終わったマンチェスター・ユナイテッド時代を経て、2017年1月にリヨンへ。だが、大きな挫折を乗り越えて、ここまで公式戦44試合15ゴール10アシストと復活を遂げている。 ▽ミランでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は既に何度か視察。先日に新契約を締結したガットゥーゾ監督も交渉中に来シーズンの補強動向を話し合い、デパイに好意的だという。 ▽だが、問題はデパイの移籍金。ミランはデパイを獲得するとなれば、4000万ユーロ(約52億5000万円)を用意する必要があり、他クラブとの争奪戦も避けられない状況だが、トライする意向を示しているとみられる。 2018.04.09 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、来季リヨンを指揮か

▽ナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督(66)にリヨン行きの可能性が浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽ラニエリ監督は、2015―16シーズンにレスター・シティをプレミアリーグ初制覇に導いたが、翌シーズン途中に成績不振で解任。今シーズンからナントの監督に就き、リーグ・アン8位に位置している。 ▽伝えられるところによれば、ラニエリ監督とナントの契約は2019年まで。2015年からブルーノ・ジェネシオ体制を続けるリヨンだが、ラニエリ監督の指導力に惹かれ、来シーズンの招へいに関心を示しているという。 2018.04.08 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

復活デパイ、噂のミランを語る 「素晴らしいクラブだけど…」

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(24)が噂されるミランの関心に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽PSVで評価を高めたデパイは、鳴かず飛ばずに終わったマンチェスター・ユナイテッド時代を経て、2017年夏からリヨンへ。ここまで公式戦43試合13ゴール10アシストを記録しており、充実のシーズンを過ごしている。 ▽そのデパイを巡っては先日、ミランでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が来夏の優先獲得候補の1つとして動向を注視しているとの憶測が浮上している。 ▽デパイは25日に行われたポルトガル代表戦後、ミランの関心について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を濁した。 「今はリヨンに集中していて、毎朝目が覚めるたびに、僕にサッカーをする機会を与えてくれることに感謝している。クラブが僕に興味を持っていたとしても、今は話すタイミングじゃない。ACミランは偉大な歴史があって、素晴らしいクラブ。でも、ビッグクラブは世界中にある」 2018.03.27 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

世界最高の選手を目指すデパイ「正直、クオリティは問題ない」

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイは、自身が世界最高の選手になるために一貫性が必要であることを明かしている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽PSVでプロデビューを果たしたデパイは、2015年にマンチェスターユナイテッドへ移籍。同クラブ伝統の背番号「7」が与えられるなど、大きな期待を集めたが応えることはできず。2017年1月にリヨンに移籍することとなった。 ▽しかし、デパイは今シーズンここまで公式戦42試合13ゴール10アシストと好調ぶりを披露。チームの主力としてプレーし、フランスで復活を遂げつつある。 ▽そんな中、デパイはフランス『Canal Football Club』でのインタビューで現在の目標が世界最高の選手であることを告白。そのための課題について「クオリティは問題ない」と自信を明かし、「一貫性」を挙げている。 「もちろん世界で最高の選手になりたいよ。ビッグクラブや偉大な選手たちと対戦したい」 「世界最高の選手になるために何が必要かって? 正直、クオリティは問題ない。一貫性だね。これは慢心ではないよ」 「世界で最高の選手になるためにはこういうリスクが必要だったんだ。ただ、リヨンに留まっていれば世界最高の選手になることはできない。(アレクサンドル・)ラカゼットだって進歩するためにアーセナルに行かなければならなかったんだ」 2018.03.20 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユがCL出場権を争うリヨンにホームで痛恨の逆転負け…酒井は35分に負傷交代《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第30節のマルセイユvsリヨンが18日に行われ、2-3でリヨンが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は35分に負傷交代した。 ▽来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う3位マルセイユ(勝ち点59)と、4位リヨン(勝ち点54)の直接対決。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・2ndレグのビルバオ戦を戦ったマルセイユは、その試合から先発の変更は1人。ミトログルに代えてジェルマンを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持して攻め手を窺うホームのマルセイユは、20分に決定機。ドリブルで持ち上がったパイエが、ジェルマンとのパス交換でボックス右まで侵攻しシュートを放つも、これはわずかにゴール右外へと外れた。 ▽ポゼッションでリヨンを圧倒するマルセイユは32分、バイタルエリア左でオカンポスが倒されFKを獲得。パイエのFKをファーサイドのラミが頭で折り返すと、ゴール前のロランドが押し込み、マルセイユが先制に成功した。 ▽先制をしたマルセイユだが、36分にアクシデント。臀部付近を痛めた酒井がピッチに倒れ込むと、プレー続行不可能となり、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。これを受けてB・サールが緊急投入された。 ▽先制を許したリヨンは、42分に反撃。右サイドを強引に突破したエンドンベレがクロスを供給。ゴール前に走り込んだM・コルネが合わせると、ミートのズレたシュートがラミに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはリヨン。52分、右サイドからカットインしたトラオレの横パスをペナルティアーク左に走り込んだアワールが右足で合わせると、これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽勝ち越しを許したマルセイユは、64分にジェルマンを下げてミトログルを投入。さらに74分にオカンポスを下げてサンソンをピッチに送り出した。すると84分、パイエの縦パスがモレルにディフレクトすると、ゴール前に浮いたボールをミトログルが頭で押し込み、再び試合を振り出しに戻した。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われた90分にスコアが動く。自陣でのFKをGKアントニー・ロペスがロングフィード。これをボックス手前のマリアーノ・ディアスが頭でつなぐと、ゴール前に走り込んだ途中出場のデパイがヘディングで流し込んだ。 ▽結局、これが決勝点となり、試合は2-3で終了。マルセイユは公式戦5試合ぶりの黒星を喫した。一方、難所ベロドロームで逆転勝利を飾ったリヨンは、CL出場権を争うマルセイユから貴重な勝ち点3を獲得した。 2018.03.19 07:08 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース