超ワールドサッカー

ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ラカゼット獲得交渉は長期戦に? リヨン会長「彼の代役が獲れない限り、移籍させない」

▽アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)の獲得オペレーションは、一筋縄ではいかないようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長のコメントを伝えている。 ▽今夏の移籍市場でラカゼット獲得にプライオリティを置くアーセナルは、4400万ポンド(約62億6000万円)から5700万ポンド(約81億円)といわれるオファーを準備し、獲得に近づいているとみられている。 ▽しかし、26日にチェルシーから獲得したブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)のお披露目会見に出席したリヨンのオラス会長は、同選手がラカゼットの後釜として獲得したものではないと主張。さらに、アーセナルが獲得を狙うエースに関して、代役を見つけるまで放出する意思がないと語った。 「現時点での我々の見解はラカゼットの後釜とサインしない限り、我々は彼を残留させるつもりでいるということだ」 「彼は以前に退団の意思を示した。そして、希望するクラブ(アトレティコ・マドリー)と合意に至ったが、結局移籍は実現しなかった」 「彼は退団を希望している。そして、我々は来たるべき週にそれについて話し合うつもりだ。もちろん、彼の価値に相応しいオファーが届けば、それを聞く準備はある」 ▽なお、リヨンがラカゼットの後釜候補に挙げていたアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)に関して同会長は、「我々はストライカーの備蓄を行うつもりはない。それにアーセナルは彼の残留を希望している」とコメント。獲得の可能性が遠のいたことを示唆している。 2017.06.27 06:19 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン、チェルシーから若手FWバートランド・トラオレを獲得!

▽リヨンは26日、チェルシーからブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。リヨンはトラオレの移籍金として1000万ユーロ(約12億5000万円)+ボーナスをチェルシーに支払うことになる。 ▽リヨンを率いるブルーノ・ジェネシオ監督は、ジャン=ミシェル・オラス会長と共に出席した公式会見の場でトラオレへの大きな期待を口にしている。 「彼の多様性は我々にとって非常に興味深い。センターフォワードに加え、両サイドでもプレー可能だ。同様にスペースにおいてもスピードを発揮してくれる」 ▽2013年にオセールのユースチームからチェルシーの下部組織に加入したトラオレは、すぐさまフィテッセにレンタル移籍。同クラブで2シーズンを過ごした後、復帰したチェルシーでは2015-16シーズンに公式戦16試合に出場し、4ゴールを記録した。 ▽今シーズンは再びレンタルで加入したアヤックスで公式戦39試合に出場し、13ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグ準決勝では、今回移籍が決まったリヨン相手の1stレグで2ゴール1アシストの大暴れを見せていた。 2017.06.27 04:18 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、アーセナルがオファーを提示したラカゼットに言及!! ジルーへの興味も明言

▽リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、今夏の移籍市場で退団が噂されているフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ラカゼットに関しては以前からアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示していた。ジャン=ミシェル・オラス会長は前日「移籍金として5300万ユーロ(約66億円)、さらにインセンティブで1200万ユーロ(約14億9500万円)と合計6500万ユーロ(約80億9700万円)のオファー」があったと認めている。 ▽しかしアトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の補強禁止処分を受けており、ラカゼット獲得交渉はまとまっていない。ここにきて、アーセナルも獲得に興味を示しており、ラカゼットの移籍金である4400万ポンド(約62億3500万円)を用意しているという。 ▽ジャン=ミシェル・オラス会長は再びラカゼットの移籍について言及。早急に決着をつけることはせずに、2クラブと交渉を行っていくと語った。 「アトレティコは1月1日にラカゼットを連れてきたいという明確な意思を見せている。我々としても、彼の移籍を急ぐことはない。ただ、移籍については彼の意思も聞かなければいけないと思っている」 「確かにヴェンゲルとも会っている。我々はラカゼットの移籍金を5000万~6000万ユーロ(約62億3100万~74億7700万円)に見積もっており、少なくともそれだけの額は支払ってもらう。一方でアトレティコは以前も言ったように合計で6500万ユーロのオファーを出した。アーセナルもこのことは知っているよ」 ▽またジャン=ミシェル・オラス会長は、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーへの興味も口にしている。 「ジルーに対するアプローチはしている。我々は彼を注視しているよ。これまでに多くのゴールを奪っており、当然ながら2018年のワールドカップに向けての野心を持っている。彼ともコンタクトを取っているが、全てはヴェンゲル次第だ。今は状況を静観している」 2017.06.26 09:41 Mon
twitterfacebook
thumb

リヨン会長「アトレティコは6500万ユーロのラカゼット獲得オファーを提示した」

リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、アトレティコ・マドリー、アーセナルが獲得を狙うFWアレクサンドル・ラカゼットの去就について言及した。<br><br>アトレティコ移籍が濃厚と見られながらも、ここにきてアーセナルに加入する可能性が高まっているラカゼット。フランス『レキップ』とのインタビューに応じたオラス会長は、アーセナルが同選手の獲得を望むならば、アトレティコと同等のオファー額を提示しなければならないと語っている。<br><br>「アトレティコは(ラカゼットの)移籍金として5300万ユーロ、さらにインセンティブで1200万ユーロと合計6500万ユーロをオファーした。アーセナルの幹部はそのことを知っている。1シーズンで25~30ゴール、ときに35ゴールを決める選手であれば、そうした額にならなければいけないんだよ」<br><br>「ただ、私はアーセナルのことを頭に入れていなかった。アレクサンドルはアトレティコに行くと思っていたからね」<br><br>オラス会長はまた、この夏の移籍市場でラカゼットを売却する考えがなかったことを強調している。<br><br>「現時点では、アレクサンドルを売却する考えはない。彼は1月1日にアトレティコに移籍すると考えていたからね。とにかく、選手の言うことに耳を傾けなくてはならない。アーセナルが実際に彼を獲得すると話すのは早計だ。我々としても、代役を確保しないまま売却することはできない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.25 20:17 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エジル超えのクラブ史上最高額でラカゼット獲得オファー

▽アーセナルが、リヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)獲得に向けたオファーを提示したようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルはラカゼットに獲得に向けて、リヨンに4400万ポンド(約62億円)をオファー。このオファーは、リヨンに受け入れられるとみられている。また、ラカゼット側もアーセナル行きに合意すると予想されている。 ▽アーセナルが提示した4400万ポンドは、2013年にレアル・マドリーからMFメスト・エジルを獲得した際に要した4250万ポンドを上回り、クラブ史上最高額の移籍金となる。来週の始めにも契約の内容を詰めるための協議が行われるようだ。 ▽リヨンユース出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。これまでリヨンで公式戦275試合に出場し、129得点を記録している。 2017.06.24 08:54 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース