ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

トリノ、リヨンからカメルーン代表DFエンクルを獲得!

▽トリノは5日、リヨンからカメルーン代表DFニコラ・エンクル(27)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2011年にマルセイユに加入して以降、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍してきたエンクルだが、昨夏国内のライバルであるリヨンに4年契約で加入。しかし、DFエマヌエル・マンマナ(現ゼニト)とDFムクタル・ディアカビという伸び盛りの若手センターバックとのポジション争いに敗れ、昨シーズンはリーグ戦13試合の出場にとどまるなど、思うようなシーズンを送ることができなかった。 ▽それでも、カメルーン代表として通算72キャップを誇り、昨夏にはナポリやローマも獲得に関心を示した百戦錬磨のセンターバックの加入は、トリノにとって大きな補強となりそうだ。 2017.08.05 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン、U-21フランス代表DFディアカビと2022年までの新契約締結!

▽リヨンは2日、U-21フランス代表DFムクタル・ディアカビ(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽リヨンの下部組織出身の大型センターバックのディアカビは、2016年9月に行われたボルドー戦でトップチームデビュー。まだまだ粗削りなプレーが目立つものの、圧巻の身体能力を生かした対人守備と空中戦の強さを披露し、デビューシーズンに公式戦34試合に出場し、5ゴールを記録した。 ▽また、U-19チームからフランス代表の世代別代表でも活躍している。 2017.08.03 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニト、リヨンからアルゼンチン代表DFマンマナを獲得! マノラス獲得失敗も逸材を確保

▽ゼニトは7月31日、リヨンからアルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽リヨンの発表によると、移籍金は1600万ユーロ(約21億円)。また、今後マンマナが他クラブに移籍する際に、移籍金の20パーセントがリヨンに支払われることになる。 ▽2016年夏にリーベル・プレートからリヨンに加入したマンマナは、昨季の公式戦25試合に出場し1ゴールを記録した。また、2014年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では、今年6月に行われたブラジル代表、シンガポール代表とのフレンドリーマッチに出場しており、ホルヘ・サンパオリ新監督の下で最終ラインの主軸を担うことが期待されている。 ▽ロベルト・マンチーニ新監督を招へいしたゼニトは、今夏の移籍市場でローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)やインテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)の獲得に乗り出していたが、最終的にアルゼンチンの逸材確保に成功した。 ▽なお、ゼニトは今夏の移籍市場でマンマナに加えて、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(22)、アルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(21)と2人の若手アルゼンチン人選手を獲得している。 2017.08.01 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン、下部組織育ちの逸材FWマオリダと2022年までの新契約締結!

▽リヨンは26日、U-19フランス代表FWミジアーヌ・マオリダ(18)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽育成の名門リヨンで将来を嘱望されるマオリダは、速さと強さ、テクニックの三拍子を兼ね備えた万能型FW。ここまでトップチームでの出場機会はないものの、昨シーズンのUEFAユースリーグでは6試合に出場し、2ゴール1アシストを記録するなど、その才能の片鱗を窺わせた。 ▽また、フランスの世代別代表ではU-16チームから常に招集を受け、現在はU-19フランス代表でプレーしている。 2017.07.27 01:40 Thu
twitterfacebook
thumb

かつてリヨンやラツィオでプレーした元ブラジル代表MFエデルソンが精巣がんに…

▽フラメンゴは25日、元ブラジル代表MFエデルソン(31)が精巣がんを患っていることを発表した。 ▽エデルソンは先日にドーピング検査を受けた際に陽性反応がみられ、その後に精密検査を受けた結果、精巣腫瘍と診断されたことがわかったという。そして、クラブのメディカルスタッフの発表によると、同選手は数日以内に手術を受ける予定だ。 ▽エデルソンは、精巣がんと診断されたことについて、ショックを受けたことを認めながらも完治に向けて戦い続けるつもりであると語った。 「今回の出来事は本当にショックで言葉が見つからないよ」 「確かに悲しみを感じているけど、同時に日が経つにつれて落ち着いている。これからもう一つの戦いに臨むけど、僕は前向きな気持ちでいるよ。きっと神様が早い段階で病気を発見する手助けをしてくれたと思うし、今回自分に起きたことに感謝しているんだ」 「だから、周りの人たちには前向きな姿勢を保ち、幸せな雰囲気を作ってほしいと思っている。そういった姿勢こそが僕を助けてくれると思っている」 ▽これまでニースやリヨン、ラツィオで活躍した攻撃的MFのエデルソンは、2015年から母国の名門フラメンゴでプレーしている。 ▽なお、今回の一件を受けて、前述のクラブはエデルソンへのサポートを表明している。 2017.07.26 02:33 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース