ベシクタシュとのPK戦を制したリヨンがクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 07:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのベシクタシュvsリヨンが20日に行われ、2-1でベシクタシュが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-3となって迎えた延長戦でも決着が着かず、PK戦の末6-7としたリヨンがクラブ史上初のベスト4へ進出している。

▽1週間前にリヨンのホームで行われた1stレグでは終盤の2ゴールでリヨンが2-1と逆転勝利したこのカード。

▽開始直後、トスンのミドルシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのリヨンだったが、徐々にポゼッションを高めると、14分に決定機を演出。ラカゼットの左クロスを受けたトリッソがボックス中央へ侵入して左足でシュート。しかし、わずかに枠の右へ外れた。

▽すると27分、右クロスを受けたボックス中央のタリスカが右足でゴール左へ流し込んでベシクタシュが先制した。

▽アウェイゴール差で上回られたリヨンだったが、34分にゴナロンの浮き球パスを受けたラカゼットがボックス左へ侵入。GKを外すループシュートを流し込んで2戦合計3-2とリードする。

▽延長戦へもつれ込むには少なくとも1点が必要なベシクタシュは56分、右クロスにトスンの合わせたヘディングシュートはGKアントニー・ロペスのビッグセーブに阻まれる。

▽それでも58分、アドリアーノの左クロスにタリスカが頭で合わせたシュートがゴール左に決まって2戦合計スコア3-3のタイに戻した。その後は膠着状態が続いてスコアが動かず延長戦へ突入した。

▽迎えた延長戦はリヨンが押し気味に試合を運ぶ中、同前半12分にベシクタシュに決定機。敵陣でボールを奪ったクアレスマの右サイドからの折り返しをタリスカが合わせたが、枠の右に外してしまった。

▽延長後半もリヨンがボールを持ったものの、チャンスを生み出すには至らずPK戦へ突入。そのPK戦では両チーム6人までのキッカーが全て成功した後、ベシクタシュは7番手のキッカーを務めたトシッチが失敗。しかし、リヨンもジャレが失敗して8人目までもつれ込む。ところがベシクタシュの8番手を務めたミトロビッチも失敗。一方でリヨンの主将ゴナロンが決めてリヨンがPK戦を制し、クラブ史上初のベスト4進出を決めている。

ベシクタシュ(PK6-7) リヨン
1.バベル 〇 〇 フェキル
2.トスン〇 〇 トリッソ
3.ハッチンソン 〇 〇 ゲザル
4.アルスラン 〇 〇 リブス
5.タリスカ 〇 〇 ヴァルブエナ
6.ウイサル 〇 〇 ディアカビ
7.トシッチ × × ジャレ
8.ミトロビッチ×〇ゴナロン

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン代表、W杯に向けた秘密兵器はリヨンFWマリアーノ? ロペテギが招集示唆

▽スペイン代表はロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向けた秘密兵器としてリヨンに所属するFWマリアーノ・ディアス(24)の招集を考えているようだ。フレン・ロペテギ監督がスペイン『アス』で招集を示唆した。 ▽スペイン人の父親とドミニカ人の母親の元、バルセロナで生まれ育ったマリアーノは、2011年にレアル・マドリーの下部組織に加入。2016年にはレアル・マドリー・カスティージャでも指導を受けていたジネディーヌ・ジダン監督の下でトップチームデビューを飾った。 ▽その後、トップチーム定着を果たしたマリアーノだが、今夏出場機会を求めてリヨンに完全移籍。今シーズンここまではリーグ戦19試合に出場し13ゴールを挙げるなど、印象的な活躍を披露している。 ▽2013年にドミニカ共和国代表としてハイチ代表との国際親善試合に出場しているマリアーノだが、以降はスペイン代表への国籍変更を考慮しドミニカ共和国代表でプレーしていないため、招集は可能な状況だ。 ▽ロペテギ監督は『アス』のインタビューでマリアーノ招集の可能性を示唆している。 「マリアーノと(アトレティコのU-21フランス代表DF)リュカの招集? マリアーノに関してはイエスだ。彼はスペイン人であり、選択の対象だ。我々はすでに彼の視察に行っているし、彼のことを学んでいる」 「中南米の国々では二重国籍を持てる。ただ、リュカのようなプレーヤーに関しては招集可能かどうかわからない」 「フランス人、スペイン人、イタリア人、スペイン人には同時になれない。彼らはそのうちの1つを選ぶ必要がある。それはEUが言っていることだからね」 ▽現在、スペイン代表ではMFダビド・シルバやMFイスコが“ファルソ・ヌエベ(偽9番)”としてプレーする一方、本職のセンターフォワードではFWアルバロ・モラタ、FWロドリゴ・モレーノ、FWジエゴ・コスタの3選手が定期的に招集を受けている。ここにリヨンで覚醒中のマリアーノがポジション争いに加われば、より盤石なスカッドを構築できるはずだ。 2018.01.01 05:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出

▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆前半戦ベストイレブン GK:ルコント DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ MF:アワール、グスタボ、ラビオ FW:フェキル、カバーニ、ネイマール GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ) リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。 DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。 DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。 DFイウトン(40歳/モンペリエ) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。 DFジョルジ(21歳/モナコ) リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。 MFフセム・アワール(19歳/リヨン) リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。 MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ) リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。 MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。 FWナビル・フェキル(24歳/リヨン) リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。 FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。 FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。 2017.12.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はカバーニ!

★スーパースター軍団PSGが首位快走 ▽近年、混戦模様となることが多いリーグ・アンの前半戦だが、今季はFWネイマールやFWムバッペの加入で大きな話題を集めたスーパースター軍団のパリ・サンジェルマン(PSG)が、2シーズンぶりの覇権奪還に向けて首位を快走している。 ▽昨シーズン、モナコに5連覇を阻まれ、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナに歴史的な逆転負けを喫したPSG(勝ち点50)は、今夏の移籍市場でネイマール、ムバッペ、DFダニエウ・アウベスら世界屈指の名手を札束攻勢で獲得し、勝負のシーズンに臨んだ。すると、ムバッペ、FWカバーニ、ネイマールの超強力トリデンテ“MCN”が早々に機能すると、圧倒的な攻撃力を武器に開幕6連勝を達成。その後、モンペリエ、マルセイユ相手のドロー、昇格組ストラスブール相手の屈辱的な敗戦こそあったものの攻守に盤石の内容をみせ、2位モナコ(勝ち点41)と勝ち点9差の首位を快走している。 ▽そのPSGを追走するのは、昨季王者モナコと3位リヨン(勝ち点41)、4位マルセイユ(勝ち点38)の3チームだ。昨季の17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出の快挙と引き換えに今夏、ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、MFバカヨコ、DFメンディの主力4人が流出したモナコ。今季は主砲FWファルカオやMFレマル、MFロニー・ロペスら奮闘を見せるも、代役として獲得したMFティーレマンスやFWケイタ、FWヨベティッチら新戦力がことごとく期待を裏切り、CLグループステージ敗退など厳しい序盤戦を送った。それでも、直近4試合では格下相手に連勝を飾っており、上位戦線に踏みとどまっている。 ▽一方、今夏にFWラカゼット、MFトリッソと2人の主力が退団したリヨンだが、こちらは新エースFWフェキルを軸に、新加入のFWバートランド・トラオレ、FWマリアーノ・ディアス、MFエンドンベレ、トップチーム昇格2年目の新星MFアワールら若手の台頭により、魅力ある攻撃サッカーで優勝争いに絡んでいる。 ▽同じくマルセイユは昨季途中に新オーナーに就任したアメリカ人実業家マッコート氏の下、今夏DFラミ、DFアマヴィや出戻り守護神マンダンダ、MFグスタボらを積極的に補強すると、FWミトログル、FWジェルマンの主砲候補の2人こそ適応に苦しんだものの、粘り強い戦いを武器にCL出場権獲得も狙える4位に躍進。なお、日本代表DF酒井宏樹は本職の右サイドバックに加え、サポーターとの騒動で退団したDFエブラが抜けた左サイドバックもこなすなど、絶対的主力として活躍している。 ▽また、メスで2年目を迎えた日本代表GK川島永嗣は今季も守護神争いに巻き込まれた中、ここまで11試合に出場するなど正GKのポジションを確保。チームは最下位に低迷しているものの、直近2試合で今季初の連勝を飾っており、後半戦での逆転残留に向けて徐々に調子を上げている。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦19ゴールを記録し2年連続得点王に向けてひた走るPSGのエースストライカーが前半戦のMVPだ。今季ネイマール、ムバッペという2人のクラックを獲得した中、即座に“MCN”が機能した最大の理由が卓越した決定力に加え、利他的な精神を併せ持つカバーニの存在だ。的確なポストワークにスペースメーク、無駄走りをいとわないウルグアイ代表FWは、自由度の高い相棒2人をきっちり生かした。さらに、ここぞという拮抗したゲームでエースストライカーとしての仕事も果たしており、昨シーズンからさらに頼もしい存在となっている。 ★最優秀監督 ◆クラウディオ・ラニエリ(ナント) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽資金力、戦力面で大きく劣る古豪ナントを5位に躍進させたイタリア屈指の智将ラニエリ監督が前半戦の最優秀監督だ。奇跡を実現させたレスター・シティ退団後、引く手あまたの老将が新天地に選んだのは、フランスの古豪ナントだった。毎年、リーグ・アン残留を目標に掲げるナントは、元フィオレンティーナGKタタルサヌや元インテルMFクーリン、元京都MFアンドレイら小粒なタレントしか在籍していないものの、レスター時代やセリエA時代を含めてやりくり上手で知られるラニエリ監督は、組織的な守備をベースにチームを構築。開幕2連敗と厳しいスタートとなったものの、接戦に強いチームは以降8戦無敗(6勝2分け)を記録するなど、粘り強い戦いをみせ、前半戦を望外の5位で終えることになった。 【期待以上】 ★チーム ◆モンペリエ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2011-12シーズンの奇跡のリーグ優勝以降、低迷が続くモンペリエだが、今季はデル=ザカリアン新監督の下でEL出場圏内も狙える7位で前半戦を終えた。昨季までは攻撃面でスペクタクルを提供する一方、守備の軽さが目立ったチームだったが、今季は[5-3-2]の守備的なスタイルでここまでリーグ最少の13失点という堅守のチームに生まれ変わった。新守護神ルコント、DFペドロ・メンデス、重鎮DFイウトンを中心とする守備はPSGを今季唯一無失点で抑え込むなど、上位陣相手に見事に機能した。後半戦に向けての課題はカウンターの精度の向上、決定力のあるストライカーの獲得。それができれば、EL出場権獲得も夢ではないはずだ。 ★選手 ◆FWマリアーノ・ディアス(リヨン) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季レアル・マドリーから加入したドミニカ代表FWは、ここまでチームトップタイの13ゴールを挙げる印象的な活躍を披露している。昨季、レアル・マドリーで才能の片鱗を見せたものの、ここまでトップカテゴリーでのプレー経験がほとんどなく加入当初は懐疑的な見方が目立った。しかし、新天地リヨンでもマドリー時代に見せた卓越した身体能力とゴールセンスを武器に序盤からゴールを量産し、フェキルやFWデパイ、同じく新加入のトラオレらと共に魅惑のアタッキングカルテットを形成している。 【期待外れ】 ★チーム ◆リール <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ルクセンブルク人実業家のジェラール・ロペス新オーナーの下で鬼才ビエルサを招へいし、モナコのような育成型クラブを目指すリールだが、期待外れの前半戦に終わった。昨シーズン途中に来季からのビエルサ監督就任を発表し、今夏の移籍市場でもMFチアゴ・マイアやFWポンセ、FWニコラス・ペペなど国内外の若手逸材をかき集めたリール。しかし、開幕戦でナント相手に大勝スタートを飾って以降は、指揮官の難解すぎる戦術に若手選手が順応できなかったうえ、リーグ・アン初挑戦となった多くの選手がフィジカル的なスタイルに苦戦し、惨敗を重ねた。そして、11月末には予てよりフロントとの確執が噂された指揮官が親友の危篤に伴い、無断で母国チリに帰国したことをキッカケに契約解除に至る最悪の結末を迎えた。そして、前半戦を18位で終えたチームは前サンテチェンヌ指揮官ガルティエ監督の下で再スタートを切ることになった。 ★選手 ◆MFユーリ・ティーレマンス(モナコ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_11_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽MFベルナルド・シウバやMFバカヨコら昨季モナコの主力を担った選手たちの後釜として大きな期待を背負った若きベルギー代表MFだったが、ここまでは期待外れのパフォーマンスが続く。10代後半から母国名門アンデルレヒトで主力を担い、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、錚々たるビッグクラブ行きが噂されたティーレマンスだったが、ベルギーリーグに比べて展開が速くよりフィジカル的な要素を求められるリーグ・アンへの適応に苦戦。攻守に判断ミスが目立つうえ、徐々にミスを恐れて消極的なプレーが増え始め、自分の特長である攻撃センスや果敢なミドルシュートを全く見せられない前半戦となった。 【後半戦展望】 ★CL結果次第でPSG独走か ▽後半戦も優勝争いをリードしていくのはPSGだ。その一方で、リーグタイトルと同時にCL制覇を悲願とするチームは2月以降、そちらにより重きを置いていくだけにリーグ戦一本のモナコにも十分チャンスはあるはずだ。 ▽バイエルンを退けてグループステージ首位通過を決めたPSGだったが、決勝トーナメント1回戦の相手は2位通過チームで最悪な相手であるレアル・マドリー。仮に、ここで敗れることになれば、リーグ戦に全力を注ぐことになるため、モナコやリヨン、マルセイユといったライバルは間違いなくPSGの勝ち抜けを希望していることだろう。なお、リヨンとマルセイユはいずれもEL決勝トーナメント進出を決めており、こちらもELでの結果がリーグ戦に影響を及ぼすことになる。 ▽トップ4を除くEL出場権争いや残留争いに関しては、今シーズンも10チーム以上が絡む大混戦が予想される。現在、残留圏内と勝ち点8差の最下位に沈む川島所属のメスも前半戦終盤の好調を維持できれば、2年連続残留を勝ち取る可能性は十分にあると思われる。 2017.12.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏フル出場のマルセイユがリヨンとの上位対決で敗戦… リーグ13戦ぶりの黒星で4位に後退《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは17日、リーグ・アン第18節でリヨンとの上位対決を行い、0-2で敗戦した。DF酒井宏はフル出場を果たした。 ▽リーグ戦12試合無敗中の3位マルセイユ(勝ち点35)が、同勝ち点で並ぶ2位リヨンの本拠地パルク・オリンピック・リヨンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のレンヌ戦をPK戦の末に敗れたマルセイユは、酒井宏やトヴァン、パイエなど主力を先発で起用。1トップにはジェルマンを配置した。 ▽一方、こちらもミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のモンペリエ戦を1-4の完敗に終わったリヨンは、最前線にマリアーノ・ディアスを配置した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々にリヨンがスコアを動かす。6分、バイタルエリア手前中央でFKを獲得すると、フェキルの直接FKがGKマンダンダのキャッチミスによりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽先制を許したマルセイユの反撃は14分、パイエの左CKをボックス中央のラミがドンピシャのヘディングシュートを放ったが、これはGKアントニー・ロペスのファインセーブに阻まれた。さらに32分には、ボックス右手前で獲得FKからパイエがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだロランドが頭で合わせたが、これは枠を外した。 ▽迎えた後半、先に決定機を迎えたのはリードするリヨンだった。48分、フェキルの左クロスをゴール前のマリアーノ・ディアスがヘディングシュート。GKマンダンダの弾いたボールをテテが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽チャンスを逃したリヨンだったが51分、左CKをボックス中央で受けたマリアーノ・ディアスがワントラップからシュート。これはGKマンダンダが好セーブで弾くもこぼれ球をボックス右深くで拾ったM・コルネがクロスを供給。これを、再びゴール前に走り込んだマリアーノ・ディアスが頭で流し込んだ。 ▽2点を追うマルセイユは、59分にオカンポスを下げてミトログルを投入。さらに62分にアンギッサを下げてマキシム・ロペス、69分にジェルマンを下げてサンソンをピッチに送り込むなど、20分以上を残して3枚の交代カードを使い切った。 ▽すると73分、酒井宏の右クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のサンソンが拾うとミドルシュートでゴールを脅かすも、これは左ポストを直撃。 ▽結局、最後までリヨンの牙城を崩すことはできず、試合は0-2で終了。13試合ぶりの黒星を喫したマルセイユは、4位に後退した。 2017.12.18 06:55 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン粉砕のアタランタと攻撃陣爆発のリヨンが揃って決勝T進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第5節、エバートンvsアタランタが23日に行われ、アウェイのアタランタが5-1で圧勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で首位に立つアタランタ(勝ち点8)は、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。対するエバートン(勝ち点1)は前節の敗戦によって敗退が決定したものの、ルーニーやウィリアムズ、トム・デイビスなど主力をピッチに送り出した。 ▽試合はモチベーションで勝るアウェイのアタランタが出足鋭い攻めを見せていく。すると12分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したカスターニュがグラウンダーのクロス。これをニアでペターニャが潰れ、最後はクリスタンテがワンタッチで流し込んだ。 ▽ホームで先手を許したエバートンは、その後もアレハンドロ・ゴメスを中心に縦に速い攻撃を展開するアタランタを前に耐える時間が続く。それでも、時間の経過と共に押し返し始めると、30分と47分にはボックス付近のミララスが続けて決定的なシュートを放つ。だが、GKベリシャの見事な反応に阻まれ、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半も立ち上がりはアタランタペースで進む。48分にはボックス内に抜け出したクリスタンテがDFウィリアムズに後ろから倒され、PKを獲得。これをキッカーのA・ゴメスが蹴るが、左を狙ったシュートはコースが甘くGKロブレスにストップされる。さらにこぼれ球を再びA・ゴメスが蹴り込むが、再びロブレスに阻まれた。 ▽絶好の追加点のチャンスを逃したアタランタだったが、その後もエバートンを自陣深くに押し込める猛攻を見せる。しかし、A・ゴメスやハテボエルの決定機が相手の身体を張った守備やGKロブレスのビッグセーブに防がれ、あと一押しが足りない。それでも、64分にはA・ゴメスの左CKをニアで待ち構えていたクリスタンテがバックヘッドでファーポストに流し込み、待望の追加点を奪う。 ▽一方、ホームで意地を見せたいエバートンは、ヴラシッチ、フィーニーと続けて交代カードを切っていくと、71分に1点を返す。右サイドのスペースに抜け出したミララスが折り返したボールを中央で受けたサンドロ・ラミレスが素早い足の振りからゴール左隅に流し込んだ。 ▽この失点をキッカケにエバートンが押し返す時間が続くも、焦れずに失点を防ぐアタランタ。すると、試合終盤にかけて見事なゴールラッシュを見せる。86分、セットプレーの二次攻撃でボックス外のゴセンズが左足で放ったシュートが左ポストの内側を叩いて決まる。さらに、87分と94分にはいずれもカウンターからコーネリウスが連続得点を記録し、終わってみれば5-1の圧勝。敵地でエバートンを粉砕したアタランタが最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、リヨンvsアポロン・リマソルは、ホームのリヨンが4-0で快勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で2位のリヨン(勝ち点8)は、3位アポロン・リマソル(勝ち点3)をホームに迎えたこの一戦で引き分け以上で突破が決定する優位な状況となった。 ▽試合は立ち上がりからリヨンペースで進んでいくが、互いにアクシデントに見舞われる。15分過ぎ、共に足を痛めたリヨンのトラオレ、アポロンのアントン・マクリガがプレー続行不可能となり、それぞれオアール、セラヤの緊急投入を余儀なくされる。 ▽それでも、試合の主導権を握ったホームチームは29分、左CKの場面で相手GKとDFがクリアミスを犯すと、これをゴール前に詰めていたディアカビが冷静に蹴り込んで先制に成功する。さらに32分にはロングカウンターから左サイドを突破したデパイがクロスを入れると、ボックス右で胸トラップしたフェキルが冷静に左足で流し込んだ。 ▽リヨンの2点リードで折り返した試合は、後半も試合展開に大きな変化はなし。モレルに代えてトゥサールをハーフタイム明けに送り出したホームチームは、後半も鋭いカウンターから相手の背後を突いては決定機を作り出す。 ▽66分にはボックス右でパスを受けたオアールがGKとDFを引き付けて浮き球のクロス。これをマリアーノ・ディアスが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪った。その後も攻撃の手を緩めないリヨンは、試合終了間際にも若手FWマオリダにゴールが生まれ、4-0の圧勝。この結果、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2017.11.24 07:04 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース