10人のアヤックスが延長戦の2Gでシャルケとの死闘を制し25年ぶり4強《EL》2017.04.21 07:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのシャルケvsアヤックスが20日に行われ、3-2でシャルケが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-4でアヤックスがベスト4へ進出している。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。

▽1週間前にアヤックスのホームで行われた1stレグではアヤックスがスコア以上の内容で2-0と快勝したこのカード。

▽開始40秒にコラシナクの左クロスからゴレツカがボレーでゴールに迫ったシャルケが良い入りを見せると、続く2分にはマイヤーのコントロールシュートが右ポストを直撃した。

▽徐々にポゼッションを取り戻したアヤックスは、13分にジイェフの直接FKがGKを強襲。さらに24分には左CKの流れからフィールヘーフェルのオーバーヘッドキックで枠内シュートをマークした。

▽序盤の勢いを失いつつあったシャルケは、35分にゴレツカの右クロスをマイヤーが合わせるも枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半開始2分、シェーネの直接FKでゴールに迫ったアヤックスだったが、GKフェールマンの好守に阻まれる。続く51分にはトラオレが枠内シュートを浴びせるも、53分にシャルケが先制した。ブルクシュタラーのパスを受けたボックス右のゴレツカがゴール左へシュートを流し込んだ。

▽あと1点で延長戦へもつれ込めるシャルケはフンテラールを投入。すると56分、コラシナクの左クロスをヘヴェデスがスルーした後方のブルクシュタラーが確実に流し込んで2戦合計スコアを2-2のタイに戻した。

▽直後、ジイェフのシュートでゴールに迫ったアヤックスに対し、シャルケは63分にFKからヘヴェデスがヘディングシュートでゴールに近づく。オープンな攻防が続く中、80分にベンタレブの突破を止めたフェルトマンに2枚目のイエローカードが提示されて、シャルケが数的優位となった。

▽そのシャルケは後半終了間際、右クロスに合わせたヘヴェデスのダイレクトシュートはGKの好守に阻まれ、延長戦へもつれ込んだ。

▽迎えた延長戦、シャルケがボールを保持する展開となる中、同前半9分にガイスのミドルシュートでゴールに迫ると、同11分にゴールが生まれる。ボックス左ゴールライン際まで侵入したコラシナクのクロスをファーサイドのカリジウリがヘディングで押し込んだ。

▽それでもアヤックスは延長後半5分、フィールヘーフェルのミドルシュートはGKフェールマンのビッグセーブに阻まれるも、直後のスローインからフィールヘーフェルがボックス内へ侵攻。ナスタシッチのクリアボールをフィールヘーフェルが身体に当ててゴールへ押し込み、アヤックスに値千金のアウェイゴールが生まれた。

▽さらに試合終了間際にもユーネスのゴールが決まったアヤックスが前身のUEAFカップを優勝した1991-92シーズン以来となる25年ぶりのベスト4進出を果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

先発復帰の武藤がフル出場もマインツ、シャルケに完敗《ブンデスリーガ》

▽マインツは20日、ブンデスリーガ第9節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、0-2で完敗した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節ハンブルガーSV戦を3-2と勝利して今季3勝目を挙げた10位マインツ(勝ち点10)は、武藤が2試合ぶりに先発となった。 ▽前節ヘルタ・ベルリンを2-0と下した6位シャルケ(勝ち点13)に対し、武藤を1トップに据える[5-4-1]で臨んだマインツは自陣に引いてブロックを作っていく。しかし13分、最初のチャンスを活かされて失点してしまう。ブルクシュタラーのラストパスを受けたゴレツカにボックス内に侵入され、飛び出したGKアトラーを外すチップキックシュートを決められた。 ▽その後、やや重心を上げて前がかったマインツだったが、なかなかチャンスを生み出せない。そんな中、33分にバイタルエリア左でボールを受けた武藤がドリブルを仕掛けるもDFに引っかかり、シュートには持ち込めなかった。そのまま前半はチャンスを作れず、0-1で終えた。 ▽迎えた後半開始2分、武藤に好機が訪れる。敵陣で味方がカットしたボールをボックス右で受けた武藤はドリブルを開始。DF2人に対応されながらもシュートに持ち込んだ。しかし、GKフェールマンのセーブに阻まれ、同点に追いつくことはできなかった。 ▽その後もプレスをかける位置を高めて反撃を狙うマインツだったが、シャルケに試合をコントロールされると、61分にロングボールに抜け出したディ・サントにボックス右から決定的なシュートを打たれてしまう。だが、GKアトラーがセーブした。 ▽さらに67分、FKからゴール前に飛び込んだブルクシュタラーに右ポスト直撃のシュートを浴びてヒヤリとしたマインツは、74分に追加点を奪われる。左CKからナウドに強烈なヘディングシュートを許すと、これはGKアトラーがセーブするも、ルーズボールをブルクシュタラーに蹴り込まれた。 ▽76分にはベルのボールロストからコノプリャンカに決定的なシュートを打たれたマイインツは、81分にビッグチャンス。スルーパスをボックス左で引き出した武藤がクロスを送ると、コドロがダイビングヘッド。しかし、枠の右に外し、そのまま0-2で完敗。4試合ぶりの黒星となった。一方、勝利したシャルケは2連勝としている。 2017.10.21 05:36 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケが昨シーズン限りで退団した元ドイツ代表DFリーターと再契約

▽シャルケは6日、昨シーズン限りでチームを退団していた元ドイツ代表DFサシャ・リーター(34)の復帰を発表した。契約期間は2018年6月30日までとなる。 ▽リーターは、フライブルクの下部組織出身で、ヴォルフスブルクやケルン、フルアムなどでプレー。2015年7月にシャルケへと加入していた。シャルケでは公式戦29試合に出場。ブンデスリーガでは248試合に出場し10ゴール15アシストを記録していた。 2017.10.07 16:49 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームでドローに終わったシャルケが3試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第7節のシャルケvsレバークーゼンが29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節ホッフェンハイムに完敗した7位シャルケが、ハンブルガーSVに快勝した10位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。立ち上がりから一進一退の展開が続く中、34分に試合が動く。ペナルティアーク手前でFKを獲得したシャルケは、ゴレツカが直接FKをゴール右に突き刺し、先制に成功した。 ▽先制を許したレバークーゼンの反撃は40分、ボックス右手前で獲得したFKをフォラントが直接狙うも、これは相手GKが弾く。こぼれ球にS・ベンダーが詰めたが、これはオフサイドの判定となった。さらに45分には、右クロスからブラントに決定機が訪れるも、ダイレクトシュートはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、1点を追うレバークーゼンはアランギスとベララビを下げてハフェルツとベイリーを投入する2枚替えを敢行。すると61分、L・ベンダーのパスで右サイドを突破したベイリーがボックス右まで切り込みシュート。ブロックに入ったナスタシッチの足に当たったボールは、ドライブ回転がかかりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽同点に追いついたレバークーゼンは70分、ハフェルツのサイドチェンジで左サイドを抜け出したブラントがクロスを入れると、飛び出した相手GKの弾いたボールをベイリーがシュート。これはブロックに入ったケフラーに当たるも、こぼれ球をアラリオが流し込み、ゴールネットを揺らした。しかし、クロスの時点でファーサイドのアラリオがオフサイドをとられ、ゴールは取り消された。 ▽チャンスを逃したレバークーゼンは、後半アディショナルタイム4分にもボックス左から侵入したバイリーが強烈なシュートでシャルケゴールを脅かしたが、GKフェールマンのセーブに阻まれた。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。ホームで勝ち点を落としたシャルケは、3試合勝利なしとなっている。 2017.09.30 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ドイツ代表MFゴレツカにロックオン…1月の獲得を目指す?

▽バルセロナが、シャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の獲得を狙っているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、189cmという長身とフィジカル、積極的な攻撃参加が武器のセントラルMFに対して、バルセロナは現在の中盤にはいないタイプの選手として注目。シャルケとの契約を来年6月30日までとしているゴレツカだが、バルセロナ側は来夏にフリーとなる同選手が他のチームへ移籍することがないように、冬の移籍市場での獲得を目指しているという。 ▽なお、『ムンド・デポルティボ』は、移籍金は1000万~1500万ユーロ(13億4000万円~20億1000万円)程度と見込んでいる。バイエルンも関心を持っているといわれる中、バルセロナはすでに選手の代理人と数回コンタクトを取っているようだ。 ▽ボーフムの下部組織出身の若きドイツ代表は、2013年夏にシャルケに加入。ここまで公式戦124試合に出場し、16ゴール13アシストを記録している。今季はリーグ戦5試合全てにフル出場し1ゴールを挙げている。また、2014年にデビューしたドイツ代表では、10試合に出場し4ゴールをマーク。今年6月から7月にかけて行われたコンフェデレーションズカップでは優勝を経験している。 2017.09.22 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍でバイエルンがシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは19日、ブンデスリーガ第5節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節マインツ戦をレヴァンドフスキのドッペルパックなどで4-0と快勝したバイエルンは、マインツ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したGKノイアーとロッベンらが欠場となり、温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメンに戻った。 ▽[4-2-3-1]を採用し、2列目に右からハメス・ロドリゲス、ミュラー、コマンと並べたバイエルンが、5バックを敷くシャルケ相手に立ち上がりから攻勢に出た。まずは8分、ルディのボレーシュートが枠を捉えるも、GKフェールマンのファインセーブに阻まれる。 ▽続く10分にはハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス左のミュラーがシュート。しかし、ここもGKフェールマンに立ちはだかられる。 ▽その後、22分にカウンターを受けてブルクシュタラーにゴール至近距離からシュートを打たれるもGKウルライヒが凌ぐ。すると23分、ボックス左のハメス・ロドリゲスのクロスがナウドのハンドを誘い、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得した。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが先制した。 ▽さらに29分、ベンタレブからボールを奪ってショートカウンターに転じると、トリッソのパスを受けたボックス右のハメス・ロドリゲスがGKの逆を突いてゴール右に流し込み、追加点を奪いきった。 ▽ハーフタイムにかけてもハメス・ロドリゲスを起点に試合をコントロールしたバイエルンが主導権を渡さずに2-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込むと、75分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したビダルがボレーシュートを流し込んで3-0。バイエルンがハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍で快勝している。 2017.09.20 05:35 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース