ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ドラクスラー獲得レースに参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)に関心を示していると、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ドラクスラーに関しては、PSGでの立ち位置が不透明な状況になりつつある。PSGは今夏、バルセロナからFWネイマールを獲得。さらに、モナコのFWキリアン・ムバッペ獲得に動いているとされており、実現すれば出場機会の確保がより難しくなるとの見方が強まっている。これまでの報道によれば、そのドラクスラーを巡ってはリバプール、アーセナルが興味。だが、ここにユナイテッドも加わる可能性があるという。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、DFビクトル・リンデロフ、MFネマニャ・マティッチ、FWロメル・ルカクを獲得。しかし、少なくともあと1名の獲得を見込んでいるとみられる。その1名には、インテルのMFイバン・ペリシッチがかねてより噂されてきた。だが、獲得交渉は停滞。そのため、アーセナルも関心を寄せるモナコのMFトマ・ルマールと共に、ドラクスラーの動向にも注視しているようだ。 2017.08.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チームの完成度を誇るポグバ「自信は昨季以上」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが今シーズンのチームに確信を深めた。 ▽ユナイテッドは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のスウォンジー戦を4-0と快勝。2戦連続4得点&クリーンシートで開幕連勝を飾り、2012-13シーズン以来のプレミア制覇へ最高のスタートを切っている。 ▽2戦連続先発のポグバは、開幕戦のウェストハム戦に続き今回のスウォンジー戦でもゴールをマーク。クラブ公式サイトがフランス人MFのコメントを次のように伝えた。 「(昨シーズンより)自信がある。もう2年目だからね」 「1年目は新しい監督が来て、チームも移行期にあった。だから、簡単じゃなかったけど、トロフィーを獲得することができた」 「今シーズンはより自信があるよ。みんなの理解も深まっているからね。互いを助け合い、各々が楽に仕事できるようになってきた」 2017.08.20 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク、ポグバ、マルシャルの2戦連発弾などでユナイテッドが開幕2連勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第2節でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、4-0で圧勝した。 ▽ルカクの2発などでウェストハムに4-0と大勝して好スタートを切ったユナイテッドは、ウェストハム戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 ▽初戦のサウサンプトン戦をゴールレスドローで乗り切ったスウォンジーに対し、開始3分にピンチを迎える。ボックス左に抜け出したJ・アイェウの意表を突いたトゥキックシュートがバーを掠めた。 ▽ひやりとした入りとなったユナイテッドだったがポゼッションを高めていくと、9分に決定機。右サイドからのマタのFKをフィル・ジョーンズがヘッド。しかし、バーを叩いた。 ▽その後も5バックを敷くスウォンジーをユナイテッドが押し込む展開で推移。ただ、相手の守備網を攻略できず、こう着状態が続く。そんな中、36分に決定機。ロングボールの処理を誤った相手DFのミスを突いてラッシュフォードが独走。ボックス中央に侵入してチップキックシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽それでも45分、マタの左CKからポグバの合わせたヘディングシュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれるも、ルーズボールをバイリーが押し込んでユナイテッドが先制した。 ▽バイリーの移籍後初ゴールで先手を取ったユナイテッドは、迎えた後半もボールを保持。敵陣で試合を進めるも、61分にピンチ。左クロスからエイブラハムに際どいヘディングシュートを許した。 ▽その後、ややスウォンジーに押し込まれる展開を強いられたユナイテッドは、75分に2枚代えを敢行する。ラッシュフォードとマタに代えてマルシャルとフェライーニを投入した。 ▽すると80分、中央突破を図って最後はムヒタリャンのラストパスをボックス左で受けたルカクが確実に決めて追加点を奪った。 ▽続く82分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したポグバがボックス右からチップキックシュートを流し込んで3点目を挙げたユナイテッドは、84分にはロングカウンターからポグバのラストパスを受けたマルシャルが決めて4-0。 ▽終わってみれば2戦連続4ゴールの圧勝としたユナイテッドが開幕2連勝スタートとしている。 2017.08.19 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ロッベン獲り?

▽バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは今夏、新たなサイドアタッカーとして、インテルに所属するMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。しかし、交渉は進んでいない。 ▽そうした状況を受けて、サイドアタッカーの獲得を希望するユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシー時代の教え子であるロッベンに照準を変更したようだ。 ▽ロッベンとバイエルンの現行契約は今シーズン終了まで。『デイリー・メール』は、バイエルンが若返りを目指していることで、ロッベンの出場機会減少を指摘している。 2017.08.18 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA最優秀監督候補12名が決定! ジダン、モウリーニョらノミネート

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2016-17シーズンにおける男子最優秀監督賞候補12名を発表した。 ▽最終候補3名は、8月21日から9月7日まで行われる投票で選出。10月23日にロンドンで行われる表彰式で、2016-17シーズンの最優秀監督が発表される。 ◆最優秀監督候補 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) カルロ・アンチェロッティ(バイエルン) アントニオ・コンテ(チェルシー) ルイス・エンリケ(バルセロナ)※現無所属 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ) レオナルド・ジャルディム(モナコ) ヨアヒム・レーブ(ドイツ代表) ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド) マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム) ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー) チッチ(ブラジル代表) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.08.18 11:50 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース