超ワールドサッカー

ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、モラタに87億円オファー…ただ、レアル・マドリーは100億円以上を強く要求

▽スペイン『アス』は26日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいていると報じた。しかし、依然として移籍金で折り合いが付いていないようだ。 ▽以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ 。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられている。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドとレアル・マドリーはモラタがフィアンセと結婚式を挙げる中、移籍交渉を継続。ユナイテッドは移籍金7000万ユーロ(約87億6000万円)をテーブルに置いているという。 ▽しかし、レアル・マドリーの希望額はユナイテッドの提示額以上とのこと。モラタの移籍金として、8000〜9000万ユーロ(約100億〜112億6000万円)を強く要求しているとみられている。 ▽モラタは昨夏、レアル・マドリーに復帰。プレー時間の少なさを不満に抱えているとみられるが、昨シーズンはリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録する活躍を見せていた。 2017.06.27 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マティッチ獲得発表へ

▽かねてからチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)に関心を示していたマンチェスター・ユナイテッドがついに獲得にこぎつけたようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽同メディアによると、両者は4000万ポンド(約56億8000万円)程度の移籍金で合意。マティッチとも個人条件面で合意しており、週給15万5000ポンド(約2200万円)を受け取る見込みだ。マティッチは、数日中にもメディカルチェックに臨むとみられている。 ▽2014年に自身2度目となるチェルシー移籍を果たしたマティッチは、恵まれた体格を生かした広範囲にわたる守備で、チェルシーのディフェンシブMFとして君臨。これまでにプレミアリーグ制覇3回と、1度のFAカップ優勝に貢献した。 ▽そんなマティッチだが、今夏の移籍マーケットでチェルシーがモナコのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の獲得に関心を示したことで、退団の噂が徐々に拡大。イギリスの様々なメディアが、かつてチェルシー時代に師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッド移籍の噂を報じていた。 2017.06.26 20:29 Mon
twitterfacebook
thumb

「男だ」 モウリーニョ、引退シャビ・アロンソとアルベロアに熱いメッセージ

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、2016-17シーズン限りで現役を引退した元スペイン代表MFシャビ・アロンソと同MFアルバロ・アルベロアに労いのメッセージを伝えた。 ▽ソシエダやバイエルン、レアル・マドリーでプレーしたシャビ・アロンソは、2014-15シーズンから所属していたバイエルンで引退。一方、レアル・マドリーやリバプール、でプレーしたアルベロアは、2016-17シーズンに所属していたウェストハムで引退した。 ▽レアル・マドリー時代、シャビ・アロンソとアルベロアを指導したモウリーニョ監督は、2人に対して自身の『インスタグラム』で以下のメッセージを送った。 「1つのキャリアが終わり、新たなキャリアがスタートする」 「同じ成功と誇りを共に。フットボールは男たちを必要としている」 ▽おそらく、モウリーニョ監督は、自身の指示を忠実に遂行し、ピッチ上で“闘える”選手だったとして、2選手を称賛している。シャビ・アロンソとアルベロアのセカンドキャリアも楽しみにしたいところだ。 2017.06.26 17:06 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの父・フェリックス氏が78歳で死去…ポルトガル代表でもプレーした守護神

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の父親である、フェリックス氏が亡くなったとポルトガル『A Bola』が報じた。78歳だった。 ▽フェリックス氏は、現役時代にGKとして活躍し、ヴィトーリアやベレネンセスでプレー。ポルトガル代表でも1キャップを記録している。 ▽父親の死を受けたモウリーニョ監督は自身のインスタグラムを更新。幼少時代のモウリーニョ監督とフェリックス氏の2ショット写真を投稿し、哀悼の意を表している。 2017.06.26 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

世界記録じゃ足りない! スパーズ、ケイン狙うユナイテッドに284億円を要求?

▽トッテナムは、エースストライカーであるイングランド代表FWハリー・ケイン(23)を求めるクラブに対して、驚異的なオファーを求める構えのようだ。イギリス『インデペンデント』が報じた。 ▽ケインに関しては先日、マンチェスター・ユナイテッドを率いているジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を望んでいると、イギリス『デイリー・ミラー』が報道。世界記録となる1億ポンド(約142億円)のオファーの可能性も伝えられていたが、『インデペンデント』によれば、トッテナムはこのオファーでもケインの移籍交渉は行わないようだ。 ▽今回の報道によれば、トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、1億ポンドでの獲得交渉の噂を一笑に付したとのこと。少なくとも、2億ポンド(約284億円)に近い額でなければ、交渉に応じる構えはないようだ。 ▽現在のところ、ユナイテッドが莫大な資金を用意しなければ、ケイン移籍の可能性はなさそうだ。仮に2億ポンド近いオファーが届いても、レヴィ会長は放出を許さない可能性もあるとのことで、ケインは高い確率で来シーズンもスパーズでプレーすることになるとみられる。 2017.06.26 15:53 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース