ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ハダースフィールド指揮官、ユナイテッド戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」

ハダースフィールド・タウンのデビッド・ワグナー監督は、マンチェスター・ユナイテッド戦の勝利に満足を示した。<br><br>21日に行われたプレミアリーグ第9節でハダースフィールドはマンチェスター・ユナイテッドとホームで対戦。ハダースフィールドは前半のうちにアーロン・ムーイとローラン・ドゥポワトルが得点して試合を優位に進めると、後半に1点を返されるも、2-1の勝利を収めている。<br><br>ワグナー監督は試合後、「選手たちにこのような結果を期待していなかったと伝えたよ」と、ここまで今季無敗を続けていたビッグクラブ相手の勝利を喜んでいる。<br><br>続けて「とても大きなことを成し遂げた。我々がホームでユナイテッドから勝利できたことをとても誇りに感じている。今日は我々の日だった。彼らはベストではなかったようだが、我々は全力を尽くして戦った。私のコーチングキャリアの中で最も誇れる瞬間だ」と興奮冷めやらぬ様子で語った。<br><br>昨シーズン45年ぶりに1部昇格を果たしたハダースフィールドの躍進を支えるワグナー監督は「2年前に始まったおとぎ話は別のチャプターに入った。フットボール界で不可能なことはないと証明できたと思う。この勝利は素晴らしいものだが、謙虚な姿勢を続けなければならない」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝点献上のリンデロフに批判殺到「ユナイテッドではなくIKEAで働くべき」

ビクトル・リンデロフのハダースフィールド・タウン戦のミスにサポーターから批判が殺到している。<br><br>今夏ベンフィカからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したリンデロフは、21日のハダースフィールド戦で負傷したフィル・ジョーンズと交代して23分から出場。しかし、途中出場からわずか10分足らずの33分に同選手はロングボールの処理を誤り、ローラン・ドゥポワトルのゴールに直結するミスを犯してしまう。これが決勝点となり、マンチェスター・ユナイテッドは今シーズン初黒星を喫している。<br><br>以前からリンデロフの能力には多くの疑問が投げかけられていたが、多くのサポーターがソーシャルメディア上でスウェーデン代表DFのこの試合でのミスを非難している。<br><br>あるサポーターは「リンデロフは&ldquo;IKEA&rdquo;で働くべきで、マンチェスター・ユナイテッドの選手ではない」とスウェーデンの家具ブランド『IKEA』で仕事すべきと揶揄。その他にも「恥ずべきこと。彼はプレミアリーグの試合に出場できない」など批判が相次いだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 18:17 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷者に“泣けない”モウリーニョ、初黒星の理由付けは…

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、プレミアリーグ第9節でハダースフィールドのホームに乗り込み、1-2で敗れた。試合後、チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がコメントを残している。 ▽前節までで6勝2分け無敗と好調だったユナイテッドだが、この日は前半28分に先行を許すと、33分にも失点して2点ビハインドを背負う苦しい展開。後半に入り、78分にラッシュフォードのゴールで1点差としたが反撃及ばず、今季初黒星を喫した。 ▽昇格組に敗れたチームでは、試合途中に負傷したDFフィル・ジョーンズだけでなく、DFエリック・バイリーやDFマルコス・ロホ、MFポール・ポグバ、MFマルアン・フェライニなど多くの負傷者に悩まされている状況。監督としては、チームへの影響を考えてメディアを通じて何らかの敗戦理由を伝えたいところだが、モウリーニョ監督は先日、「ライバルチームの監督たちは負傷者を嘆いている」と、負傷者が出ていることを嘆いていたアントニオ・コンテ監督への揶揄とも取られかねない発言をしていた。 ▽それだけに、今回の試合後で何を語るか注目された中、モウリーニョ監督は「天候」がチームパフォーマンスに影響したと主張した。イギリス『スカイ・スポーツ』でのコメントを『メトロ』が伝えている。 「優れた方のチームが勝利したとき、言うことは何もない。正直にいきたいが、優れた方のチームが勝ったと言っておく」 「感情、インテンシティ、欲求。彼らにはそれがあり、勝利した。我々はより多くに値しなかった」 「後半は我々がコントロールしていたが、信じがたい風とも戦うことになった」 ▽素直に敗戦を認めたモウリーニョ監督だが、記者会見では「風が凄かった」と、繰り返し気象についてコメントしていたとのことだ。なお、ユナイテッドは28日に行われる次節で、強敵トッテナムをホームに迎える。 2017.10.22 10:11 Sun
twitterfacebook
thumb

緊急投入リンデロフの痛恨ミス響いたユナイテッドが今季リーグ戦初黒星! ハダースフィールドは1952年以来の大金星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、ホームのハダースフィールドが2-1で勝利した。 ▽前節、リバプールとのアウェイゲームを守備的なアプローチでゴールレスドローに持ち込んだユナイテッドは、絶好調の首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が「2」広がった。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦をラッシュフォードの幸運なFK弾で勝ち切り、グループステージ3連勝を達成。その試合からは先発4人を変更し、リンデロフ、ブリントに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、ラッシュフォードとムヒタリアンに代わってマルシャルとリンガードが2列目に入った。 ▽相手のハイインテンシティの戦いに苦戦を強いられながらも最前線のルカクの強さを活かして主導権を握るユナイテッドは、そのルカクのフィニッシュでゴールに迫るが、早い時間帯の先制点とはならず。 ▽すると23分、相手選手への対応の際に無理なプレーを強いられたDFフィル・ジョーンズが筋肉系のケガでプレー続行不可能となり、リンデロフの緊急投入を余儀なくされる。そして、この交代をキッカケに試合の流れを相手に渡してしまう。 ▽28分、自陣中央でルーズボールに反応したマタがムーイに競り負けてボールを奪われカウンターを許す。ボックス左でムーイのパスを受けたトム・インスのシュートはGKデ・ヘアが何とか触るも、こぼれ球をムーイに蹴り込まれて先制点を奪われる。さらに34分には相手GKからの何でもないロングボールをDFリンデロフが痛恨のクリアミス。これを拾ったドゥポワトルにGKデ・ヘアもかわされて無人のゴールへ流し込まれた。 ▽リンデロフの信じがたいミスなどで今季2度目の複数失点を喫したユナイテッドは、すぐさま反撃に転じる。しかし、2点リードでより守備に重きを置いたハダースフィールドに危険なエリアをうまくカバーされ、なかなか決定機まで持ち込めない。前半終了間際にはセットプレーの流れからボックス中央でエレーラのパスを受けたマティッチが左足を振り抜くが、このシュートは枠の左隅に外れた。 ▽迎えた後半、残り45分での逆転を目指すポルトガル人指揮官はマルシャル、マタに代えてムヒタリアン、軽傷を抱えるラッシュフォードをハーフタイム明けに投入する大胆な交代策に打って出る。 ▽だが、前半同様に攻守両面でハードワークを見せる相手に対して、エースFWルカクらが完璧に抑え込まれてしまい、セットプレー以外になかなか可能性を感じさせる仕掛けを見せられない。 ▽もどかしい展開が続き時間だけが過ぎていくユナイテッドだが、76分に左サイドでヤングが入れたクロスにゴール前のエレーラがバックヘッドで合わせ、ようやくゴールの匂いを感じさせる攻めを見せると、直後の78分に1点を返す。右サイド深くに流れてボールをキープしたルカクが浮き球のクロスを入れると、これをファーサイドでうまくDFを剥がしたラッシュフォードが頭で流し込んだ。 ▽このゴールで反撃の狼煙を上げたユナイテッドは、ここから形振り構わぬ猛攻を見せる。しかし、1952年以来の大金星を目指すハダースフィールドも引いて守るばかりではなく、前がかりなユナイテッドに対してムニエ、ファン・ラ・パッラの個人技を生かしたカウンターであわや3点目という決定機を創出する。試合終了間際の94分にはゴール前の混戦からボックス左でフリーのスモーリングに絶好機が訪れるが、右足のシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、万事休す。 ▽前半のミスによる2失点が響いたユナイテッドは、ハダースフィールドに65年ぶりの大金星を献上し、今季のリーグ戦初黒星を喫した。この結果、首位シティとの勝ち点差が「5」に広がった。 2017.10.22 01:09 Sun
twitterfacebook
thumb

フェライニ、ユナイテッドの契約延長オファー拒否か

▽ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)がマンチェスター・ユナイテッドからの契約延長オファーを拒否したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽クラブとの契約が今季限りとなっているフェライニは、今シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で印象的なパフォーマンスを披露している。モウリーニョ監督はフェライニを必要としているようだが、選手側はクラブからの最初のオファーを拒絶したとのことだ。 ▽また、ユナイテッドは同じく契約が今季限りとなっているスペイン代表MFアンデル・エレーラに関しても契約延長に動きている模様。ただ、契約延長の交渉が長引けば、現行契約のオプションである1年の契約延長の条項を行使することにするとみられている。 2017.10.21 09:28 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース