ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

モウ、ショーへのアメとムチがあからさま

▽ジョゼ・モウリーニョ監督が、同クラブに所属するDFルーク・ショーを絶賛している。ユナイテッド公式サイトが伝えた。 ▽ショーに関してはシーズン序盤、パフォーマンスに対してモウリーニョ監督から公の場で苦言を呈されるなど、厳しい状況下に立たされ、1月の移籍が濃厚とも伝えられていた。しかし、最近の試合では直近の5試合すべてで先発しており、上々のプレーを披露。ショーに関して、20日に行われるプレミアリーグ第24節のバーンリー戦を前に、モウリーニョ監督は以下のように話した。 「彼が今季初めてプレーしたのはチャンピオンズリーグ(CSKAモスクワ戦)だったことを私は覚えている。彼はそこから徐々に良くなっていった。(年明けの)エバートン戦やその2日後のサウサンプトン戦など、非常に上手くプレーできている」 「ソリッドだし、フィジカル的にも向上している。メンタリティもより強くなっており、戦術理解度も試合毎に向上している。私はとても幸せだよ。今は移籍市場が開いているが、私はこの瞬間、『ルーク・ショーよりも優れた左サイドバックはなかなか見れない』と言うことができる」 ▽なお、モウリーニョ監督は、昨年4月にショーに関して、「(他の誰かと)彼のトレーニングに対する姿勢や集中力、野心を比較することはできない。彼は大きく劣っているのだから」と公の場で言及。モウリーニョ監督のアメとムチを受けたショーは、指揮官の期待に応えて今後さらに飛躍していくことができるだろうか。 2018.01.20 20:18 Sat
twitterfacebook
thumb

マン・Cとは違う? サンチェス強襲のユナイテッドをリスペクトするヴェンゲル「彼らの資金力は彼ら自身が生み出したもの」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、マンチェスター・ユナイテッドを擁護している。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ユナイテッドは現在、今季限りでアーセナルとの契約が満了するFWアレクシス・サンチェスの獲得に近づいているとみられる。当初はマンチェスター・シティ移籍が濃厚とみられてきたサンチェスだが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーション費用が高騰。最終的には、サンチェスに対してシティ以上の条件を提示し、アーセナルにはMFヘンリク・ムヒタリアンをトレード要員として提示したユナイテッドが争奪戦で勝利したとみられている。 ▽ユナイテッドは、サンチェスに対して週給35万ポンド(約5400万円)という巨額の給与をオファーしたとみられている。しかし、ヴェンゲル監督は豊富な資金力を見せるユナイテッドを擁護している。 「数字のことに口を挟みたくはないね。それはマン・ユナイテッドの問題だから。私は彼らをリスペクトしている。なぜなら、選手に支払うお金は、彼ら自身で生み出したものだからだ。それはリスペクトされるべきだ」 ▽アレックス・ファーガソン元監督の退任以降、プレミアリーグではなかなかタイトルを争えていないユナイテッドだが、世界的な人気から商業面では低迷することなく、プレミアリーグNO.1の収益を誇っている。『デイリー・メール』はヴェンゲル監督が、シティの資金力の背景にオーナーであるシェイフ・マンスール氏のアブダビ・ユナイテッド・グループによるものがあるということから、ユナイテッドと異なるという意見を示唆したと伝えている。 2018.01.20 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

サンチェス&ムヒタリアン、それぞれチームメートに別れを告げた?

▽アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)が20日中にもマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックに向かうようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が満了するサンチェスに関しては、シティ移籍濃厚から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。報道によれば、サンチェスは金曜日にアーセナルの練習に参加し、チームメートに別れを告げた。深夜にはホテルを離れた。現地時間の20日(土)にもユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックに臨むという。 ▽一方、サンチェスとの等価トレードでアーセナル移籍が伝えられるMFヘンリク・ムヒタリアンも、金曜日の練習後にユナイテッドのチームメートに別れを告げたとのこと。プレミアリーグを牽引してきた2チームによる珍しい大型トレード成立が、いよいよ近づいている模様だ。 2018.01.20 19:02 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが獲得前にサンチェスをお試し? 遠征先にPS4を持ち込む

▽今冬の選手獲得に向け、マンチェスターユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が斬新な方法で準備を進めているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽ユナイテッドは、マンチェスター・シティも獲得に興味を示していたアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に動き、大きく近づいているという。 ▽アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードの話も浮上するなど、交渉は具体的に進展。まもなく発表されるとみられている。 ▽そんな中、ユナイテッドはバーンリーとの一戦に備え遠征。一行はローリー・ホテルに宿泊しているが、その際にモウリーニョ監督があるものを小脇に抱えていた。それは、プレイステーション4の箱だった。 ▽その真意は定かではないものの、『サン』によると、モウリーニョ監督は『FIFA18』をプレーするのではと予想。加入が近づくサンチェスをチームに入れ、動きや組み合わを考えているのかもしれないと見解を示している。 ▽サンチェスがユナイテッドに加入した場合、左サイドを務めるのであれば、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表FWアンソニー・マルシャルとポジションを争うことになる。サンチェスはFIFA18のレーティングで「89」を記録しており、ゲーム内でも高い評価を得ている。FIFA18でしっかりと機能し、移籍の後押しにつながったのだろうか。 2018.01.20 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

キャリック、今季限りの現役引退でコーチ就任へ…モウリーニョが認める

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元イングランド代表MFマイケル・キャリックが今シーズン終了時に現役を引退し、同チームのコーチ陣に加わることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2006年にトッテナムから加入したキャリックは以降、ユナイテッドの中盤に欠かせない選手として活躍。11年間に渡ってチャンピオンズリーグ制覇や5度のプレミアリーグ制覇など数々のトロフィー獲得に貢献してきた。そうした中、12年目を迎える今シーズンは開幕前にエバートンへ移籍した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーから引き継ぐ形でキャプテンに就任。しかし、ここまで負傷や昨年9月頃に患った不整脈の影響で、ここまで出場した試合はEFLカップ(カラバオカップ)の1試合のみとなっている。 ▽そんな中、モウリーニョ監督は、キャリックがコーチ就任を考えているかについて問われ、以下のようにコメントしている。 「キャリックが望む時にはそうなるだろう」 「彼はチームのトレーニングに復帰して2週目だが、この2、3カ月トレーニングをしていなかった」 「我々にとっては重要な選手である。先週ではなく、シーズン終了時にケガやその他の問題以外で引退を決断することは、チームや彼にとって良い決断であると思っている」 「我々は幸せに感じているし、シーズン終了後にを迎え入れることを期待したい。彼の考えが変わらない限りだ。彼がそうしてくれることはクラブにとって喜ばしいことだ。私にとってもね」 2018.01.20 10:38 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース