ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

友達になりたけりゃ尊敬しろ! モウリーニョvsヴェンゲル、最終決戦へ

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、プレミアリーグ第36節でアーセナルをホームに迎え撃つ。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が今シーズン限りでアーセナルを去るアーセン・ヴェンゲル監督との因縁めいた最終戦に向けてコメントを残した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽モウリーニョ監督とヴェンゲル監督は、長らく衝突を繰り返してきた犬猿の間柄。両指揮官が率いるチーム同士の一戦となれば、結果のみならず、両者の舌戦にも注目が集まった。29日にオールド・トラフォードで行われるユナイテッド戦は、在任22年のアーセナル監督として、モウリーニョ監督とのラストマッチとなる。 ▽試合前会見に出席したモウリーニョ監督は、その“宿敵”ヴェンゲル監督について次のように言及。ヴェンゲル監督次第で今後友人関係になれる可能性があることを口にした。 「彼が50%ぐらいでも私を尊敬してくれれば、将来的に友人になれるチャンスがある。私は彼をリスペクトしている」 「だが、現実として、彼はアーセナルを率い、王者だ。私は彼らからタイトルを盗もうと思い、2004年にイングランドにやってきた」 「しかし、彼を尊敬する自分がいる。この何年かでもそれを示そうとしてきた。これ以上、何もない。我々は違いステージ、プロフィールを持つ」 「サー・アレックス・ファーガソンの後は酷だ。彼はサー・アレックスが去り、次のビッグワンになった」 「だが、その次のプレミアリーグを象徴する男が去ることになってしまった」 2018.04.27 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・ハール、監督業復帰へ

▽オランダ人指揮官ルイス・ファン・ハール氏(66)が、監督業に戻る意向であることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』がオランダメディアの報道をもとに伝えている。 ▽これまでアヤックスやバルセロナ、バイエルンやオランダ代表などを率いてきたファン・ハール氏は、2014年にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任。契約期間は3年であったが、成績不振のため2年後の2016年に解任されていた。 ▽以降、サッカー界から離れた生活を送っていたファン・ハール氏だが、来季から新たに監督を務める意向のようだ。オランダのテレビ番組『Ziggo Sport』に語っている。 「私はたくさんのオファーを受けている。その中には拒否できないものもある。8月や9月になってまだ私がここにいるとしたら、それは新たな仕事を見つけられなかったということだ。その時は引退するよ」 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、イタリアやアメリカ方面からのオファーもあるようだが、エバートンが有力候補であると推測している。以前ファン・ハール氏は自分を解任したユナイテッドに「復讐したい」ために、イングランドでの仕事を探しているとコメントしていた。 2018.04.27 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、就任以降の功績を自賛「当時は勝利の準備ができていなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、就任した当時は勝利のための準備ができていないチームだったと『スカイスポーツ』に明かした。<br><br>モウリーニョはチェルシーやレアル・マドリー、インテルなどで輝かしい成績を収めた後、2016年にユナイテッドの監督に就任。1年目からカラバオ・カップとヨーロッパリーグを制覇し、クラブ史上初のデビューシーズンでタイトルを獲得した監督となった。<br><br>現在プレミアリーグで2位に付ける指揮官は、就任当時はチームが難しい状況にあったと明かした。<br><br>「加入するクラブについては事前に知っていた。すでに勝利の準備ができているクラブに加入するときは、到着して、少しだけ手を加えて、自分の持っている知識とクオリティーをチームとクラブに与えるだけで十分だ。しかし、今回はそのケースではないことはわかっていた。オーナーも、CEOもわかっていた。問題は私自身が今回の仕事に対して準備ができているか、ということだった。答えはイエスだ。私のキャリアは常に新しいことへの挑戦だったからさ」<br><br>そして、モウリーニョは就任以降のチームの成績に満足しているようだ。<br><br>「私は常に新しいものを探求し、挑戦している。新しいものを求めて、国やクラブ、カルチャーなど全てを変える準備がある。その全てを行ってきた。マンチェスター・ユナイテッドに来たときもこの準備ができていた。到着してすぐに成功するものではないということはわかっていた。それでも、3つのトロフィー、3度の決勝進出、最悪でもリーグ3位か4位と言うのは悪くない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオがユナイテッドの放出候補・エレーラを連れ戻しか

▽アスレティック・ビルバオが、かつてチームに在籍したマンチェスター・ユナイテッドのMFアンデル・エレーラを連れ戻す考えがあるようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じた。 ▽2011年7月からビルバオでプレーしていたエレーラは、2014年7月にユナイテッドへと移籍。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場していた。 ▽古巣であるビルバオは、エレーラに復帰の意思を確認したとのこと。移籍金を支払うことは決定したようで、ユナイテッドの合意が得られれば獲得に動くとのことだ。 ▽ユナイテッドは今夏人員整理をすると見られており、エレーラもそのリストの1人とのこと。DFダレイ・ブリント、DFクリス・スモーリング、DFルーク・ショー、MFマルアン・フェライニ、MFフアン・マタ、FWアントニー・マルシャルも放出候補と見られ、引退するMFマイケル・キャリックもその1人だ。 ▽エレーラは、ビルバオで公式戦128試合に出場し11ゴール20アシストを記録していた。 2018.04.25 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ氏がポグバのバロンドールに太鼓判「歴史を作れる選手」…去就についても言及

バルセロナなどで活躍した元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、ポール・ポグバのバロンドール受賞に太鼓判を押している。<br><br>チームと個人の成績を加味した上で年間最優秀選手に贈られるバロンドールだが、2007年にカカ氏が受賞して以降はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシ以外の受賞者が表れていない。<br><br>2005年に同賞を獲得しているロナウジーニョ氏は、『Canal Football Club』のインタビュー内で次期バロンドール受賞者候補としてマンチェスター・ユナイテッドのMFポグバの名を挙げている。<br><br>「彼は若いし、中盤ならどこでだってプレーできる。攻撃で自由にプレーすることが多いけど、守備もやってチームのために走ることもできる。才能に溢れた歴史を作ることができる選手だね」<br><br>ロナウジーニョ氏から守備能力の高さを評価されたポグバだが、今シーズンはマンチェスター・U指揮官のジョゼ・モウリーニョにポジショニングの拙さを指摘されるなど、守備でのプレーに不安定さを見せてベンチに座る試合も多くなっている。<br><br>出場機会の少なさに不満を持ったポグバが移籍を画策しているという噂もあるが、モウリーニョの手腕を称賛したロナウジーニョ氏は、指揮官の決断を尊重するよう若いポグバにアドバイスを送っている。<br><br>「モウリーニョは数多くのタイトルを取っている世界でもトップクラスの監督だ。もし彼が選手に向かってベンチに座れと言ったなら、その決断を尊重しなければならない。そこには必ず理由があるはずなんだ」<br><br>ポグバの移籍先については、すでにレアル・マドリーが触手を伸ばしているという報道もある。ロナウジーニョ氏は、マンチェスター・Uに留まることがベストだとしつつも、移籍先については本人が決めればいいというスタンスで、悩める若きフランス代表MFにエールを送った。<br><br>「ポグバはモウリーニョの下でプレーすることによってたくさんのことを学ぶことができるだろう。でも、彼がもっと幸せになれるクラブがあるなら、そこでプレーしたらいいんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 00:01 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース