超ワールドサッカー

ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

マンチェスター2クラブが爆破事件を受けてメッセージ

▽22日、マンチェスターにあるマンチェスター・アリーナで爆破事件が起きた。この事件に関し、マンチェスターの2クラブが被害者に向けてメッセージを送った。 ▽事件は22日の夜、歌手のアリアナ・グランデさんがコンサートを行っていたマンチェスター・アリーナで起こった。爆破はコンサート終了直後の22時35分にアリーナ内の通路で起き、これまで死者が22名、負傷者が59名と発表されている。 ▽グレーター・マンチェスター警察によると、実行犯は男性1人。爆破に巻き込まれて死亡したとのことだ。 ▽この事件を受け、マンチェスターをホームタウンとするユナイテッドとシティがメッセージを発表している。 ◆マンチェスター・ユナイテッド 「我々は、マンチェスター・アリーナで起きた昨夜のひどい出来事にとてもショックを受けています。我々の思いや祈りは被害に遭った全ての方に届きますように」 ◆マンチェスター・シティ 「アリーナで起きた恐ろしい出来事を聞き、大きな悲しみを感じています。我々の心は、全ての被害者、そして我々の街の救急サービスに届きますように」 2017.05.23 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

DFラインの強化を図るユナイテッド、ヴァランとマルキーニョス獲得を狙う

▽マンチェスター・ユナイテッドが、レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(24)とパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョス(22)の獲得を狙っているという。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がイングランド代表DFクリス・スモーリング(27)の移籍にゴーサインを出したとされる中、その後釜としてヴァランとマルキーニョスの動きに注目している模様。来季のタイトル獲得に向けて、DFラインの強化を図るモウリーニョ監督は、現在のセンターバック陣を信頼しきれていないということもあり、この2人に白羽の矢が立ったようだ。 ▽そのユナイテッドは、24日にアヤックスとのヨーロッパリーグ(EL)決勝戦を控えている。『デイリー・スター』によれば、同クラブがこの2選手を獲得するためには、ELで優勝して来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得することが必要だとみられている。 ▽なお、同メディアによると、スモーリングに関してはウェストハムやエバートン、クリスタル・パレスなどが獲得に興味を示していると言われている。 2017.05.23 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ベルナルド・シウバ獲得へ全力…モナコに拒否不可な額のオファーを提示か

▽マンチェスター・ユナイテッドがモナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)の獲得に向かっているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽ベルナルド・シウバは今シーズン、リーグ・アン37試合に出場して8ゴール11アシストをマーク。モナコの2000年以来となるリーグ・アン優勝に大きく貢献した。最近の報道によれば、ユナイテッドはレアル・マドリーとバルセロナも関心を抱くモナコのプレーメーカー獲得レースにおいて、ポールポジションに立っているとの見方が浮上していた。 ▽そうした中、『フランス・フットボール』が報じたところによれば、今夏の補強費としてジョゼ・モウリーニョ監督に2億ポンドを用意するユナイテッドが、モナコに対して「拒否しがたい」オファーを打診。クラブはモウリーニョ監督が獲得リストの上位に挙げるベルナルド・シウバの引き抜きに力を注いでいるという。 2017.05.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ユナイテッド移籍を匂わす…実現の可能性は「6割」

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)が、取り沙汰される今夏のマンチェスター・ユナイテッドへの移籍報道に言及した。イギリス『BBC』が報じている。 ▽グリーズマンを巡っては、以前からユナイテッド移籍の可能性が伝えられてきた。今夏の去就に注目が集まる中、アトレティコの絶対的エースは、母国フランスのテレビ番組で将来について口を開いたようだ。 ▽報道によれば、「今後2週間で(将来を)決める」との展望を明かしたグリーズマンは、ユナイテッド移籍の可能性に「ありうる」と返答。また、移籍実現の可能性を10段階で答えるように求められると、「6」と答えたという。 ▽グリーズマンは今シーズン、公式戦53試合に出場して26ゴール12アシスト。アトレティコ・マドリーとは、契約の中に8600万ポンド(約124億円)にも及ぶバイアウト条項が設定されているとみられている。 2017.05.23 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

主力温存で史上最年少スカッドのユナイテッドがハロップのデビュー弾などで快勝! EL決勝に弾みを付ける《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが21日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-0で勝利した。 ▽前節、サウサンプトンとスコアレスドローに終わり、公式戦4試合未勝利の6位ユナイテッド(勝ち点66)は、既に順位が確定していることに加え、24日に来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権が懸かるアヤックスとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるため、今季のホーム最終戦で主力を温存。父親の訃報で直近2試合を欠場したポグバやリンガード、ルーニーらを先発で起用したものの、GKジョエル・ペレイラ、ミチェル、ハロップの3人をトップチームデビューさせるなど、多くのアカデミー在籍選手をメンバーに入れた。 ▽ユナイテッド史上最年少のスカッドで今季リーグ最終戦に臨んだユナイテッドは、左サイドを突破したファン・アーンホルトにいきなり決定機を許すが、ここはDFフォス=メンサーの対応で難を逃れた。すると、15分に早速若武者が大きな仕事を果たす。ポグバの絶妙なスルーパスに抜け出した21歳のイングランド人FWハロップはボックス左で冷静にDFのマークを外して右足のシュートを放つと、これがゴール右隅に決まり、トップチームデビュー戦でゴールを記録した。 ▽ハロップのデビュー弾で勢いづくユナイテッドは直後の19分、中央をドリブルで持ち上がったリンガードのラストパスに反応したポグバが相手DFをモノともせず、シュートに持ち込みゴールネットを揺らした。 ▽この2点で勝利を大きく近づけたユナイテッドは、ロングボールやザハの個人技以外に攻め手がないパレスに対して、危なげなく試合をコントロール。前半終了間際にはEL決勝を睨んでポグバ、リンガードに代えて、キャリック、マルシャルを投入した。 ▽迎えた後半は、パレスが立ち上がりから攻勢に出るが、55分にザハの左クロスからベンテケが放ったヘディングシュートは右ポストを叩いた。 ▽後半半ばから終盤にかけてこう着状態が続く中、一矢報いたいパレスはミリボイェビッチの直接FKなどでゴールに迫るが、ここはデビュー戦のGKペレイラが冷静なセービングで阻む。 ▽その後、試合終了間際の88分にルーニーを下げてこれがクラブ史上最年少出場となる16歳の逸材MFアンヘル・ゴメスをピッチに送り込み、試合を締めくくったユナイテッドが、オールド・トラフォードでの今季リーグ最終戦を2-0の快勝で飾った。そして、24日に行われるアヤックスとのEL決勝に大きな弾みを付けた。 2017.05.22 02:46 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース