ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

フェライニはユベントス移籍を希望か…一方ユーベが照準を定める新戦力とは?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニは今シーズン限りでクラブとの契約が満了となる。クラブ側はフェライニに新契約締結を提案したとされるが、本人はその打診を断ったと現地メディアで報じられていた。<br><br>その一方、フェライニはセリエA王者ユベントスでのプレーを希望しているという報道もある。だが、現時点でその移籍話は現実味を帯びていないようだ。<br><br>『Goal』記者の取材によると、ユベントスはフェライニに関心こそあるものの、今冬~来夏の移籍市場で獲得を狙うターゲットとして、他に本命がいる模様。イタリアの関係者筋によれば、ユベントスが補強の本命として照準を定めているのは、エムレ・ジャン(リバプール/ドイツ代表)と、レオン・ゴレツカ(シャルケ/ドイツ代表)とのこと。ジャンはリバプールと間もなく契約を更新する可能性も高まっており、もしそうなればゴレツカ獲得に本腰を入れるようだ。<br><br>23歳ジャン、22歳ゴレツカと、若いプレーメーカーの獲得をユベントスは望んでおり、現在29歳のフェライニにとっては、ユーベへの移籍はハードルが高いものと見られる。ただし、フェライニがこのまま新契約を結ばず、来夏フリーになった場合は移籍金ゼロで移籍可能となるだけに、意中のクラブへ新天地を求める可能性も十分にある。<br><br>果たして、ユナイテッドとの契約延長を拒否したフェライニは今後どのようなキャリアを歩むのか。来夏に向けて、その去就は今後も注目を集めることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.18 22:19 Sat
twitterfacebook
thumb

デカい、強い、速い、上手い、怖い! イブラ&ルカク共存のファイヤーフォーメーション爆誕?

▽マンチェスター・ユナイテッドの超攻撃的布陣が見られる日が近い? ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は17日、翌日に行われるプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦の招集メンバーに、長期離脱中だったFWズラタン・イブラヒモビッチとMFポール・ポグバ、DFマルコス・ロホが名を連ねることを明かした。 ▽ユナイテッドは今シーズン、ポグバの離脱後にそれまでの攻撃的なアプローチから守備的なアプローチで試合に臨むことが多くなり、得点力も同選手不在時から大きく減少した。そのため、同選手の復帰は大きな後押し。さらに、イブラヒモビッチに関しては、同選手の不在時に完全にチームの核となったFWロメル・ルカクとポジションが被るため、起用法が注目される。 ▽モウリーニョ監督は、イブラヒモビッチとルカクの共存について、以下のように語っている。ユナイテッド公式サイトが伝えた。 「イブラヒモビッチはどこでもプレーできる。今シーズンは2人のストライカーを使うことも何度もあった。とりわけ3バックの時は2人目のストライカーを使いやすい」 「共存させるつもりだよ。3バックも使っているし、プレシーズンから準備してきている。彼らは共にプレーできる。問題ない」 ▽イブラヒモビッチは1.5列目でもプレーできるため、[4-2-3-1]のトップ下として起用される可能性もありそうだ。また、発言から推測するに、[3-5-2]の布陣でイブラヒモビッチとルカクを前線に並べる形もモウリーニョ監督は考えているようだ。 ▽格下相手など場合によっては、上記画像のような超攻撃的布陣を見ることができるかもしれない。役者が揃ってきたユナイテッドの今後の戦いぶりに注目が集まりそうだ。 2017.11.18 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

驚異の回復力見せたライオン・イブラ、今日にも復帰

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの驚異の回復力が話題だ。 ▽昨夏にユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは昨シーズン、公式戦46試合の出場で28得点10アシストを記録するなど健在ぶりを発揮。しかし、今年4月に全治8カ月とみられる右ヒザ十字じん帯損傷を負った。 ▽当時35歳という年齢もあり、プロキャリアの終焉とも一部では囁かれたが、イブラヒモビッチは自身を「ライオン」と称しているだけあって、ここから不屈のメンタリティと驚異的な回復力を発揮。5月に松葉杖なしで歩き始めると、7月にはレッグエクステンションで右脚に負荷をかけ、8月には右脚で強烈な飛び回し蹴りでサンドバックを蹴る動画を投稿して話題を集めた。 ▽そして17日、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、18日のプレミアリーグ第12節、ニューカッスル戦の招集メンバーにイブラヒモビッチが入る見込みであるとコメント。早くても年末での復帰と思われていたが、当初の全治見込みよりも大幅に早い復帰となりそうだ。 ▽今年10月に36歳となったイブラヒモビッチ。先日には、「ケガ前よりも強くなって戻ってくることが目標。そして、それは成し遂げられる」と語っており、称賛に値するベテランの今季のパフォーマンスに注目が集まる。 2017.11.18 08:34 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが再びチェルシーからの引き抜きを画策か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイス(30)に注目しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽ダビド・ルイスは2016年夏にパリ・サンジェルマンから2年ぶりにチェルシーに復帰。アントニオ・コンテ監督の下リーグ戦33試合に出場し、主力としてプレミアリーグ制覇に貢献した。 ▽しかし、今シーズンの第11節マンチェスター・ユナイテッド戦、上位対決となった重要な一戦でベンチから外されてしまうと、コンテ監督との不仲説が浮上。コンテ監督は「戦術的な理由」と答えたが、ユナイテッドという強豪同士の対決で先発どころかベンチ入りさえしなかったことは確かに何かあるように考えてもおかしくない。 ▽そして、そこに目を付けた人物がいる。ユナイテッドのモウリーニョ監督が、コンテ監督とダビド・ルイスの隙に入り、かつての弟子を引き抜こうと考えているようだ。 ▽ダビド・ルイスは2013-14シーズンにチェルシーでモウリーニョ監督の下34試合に出場。本職のセンターバックだけでなくディフェンシブMFで起用されるなど新たな可能性を示したシーズンでもあった。 2017.11.18 03:49 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍希望のC・ロナウド、移籍先候補はユナイテッドorチェルシー?

▽レアル・マドリー退団の噂が伝えられるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が、移籍先としてプレミアリーグを希望しているようだ。スペイン『ドン・バロン』が伝えている。 ▽連日、C・ロナウドの退団説が報じられる中、『ドン・バロン』は、同選手がプレミアリーグ行きを希望していることを伝えた。同メディアによれば、C・ロナウドは退団希望の旨をフロレンティーノ・ペレス会長にすでに報告。同選手の代理人を務めるジョルジ・メンデス氏にも、その具体的な移籍先候補を知らせてあるようだ。 ▽その移籍先候補とはチェルシーだ。古巣のマンチェスター・ユナイテッド凱旋を第一に求めるC・ロナウドだが、ユナイテッドが自身を獲得する意思がない可能性があることを考慮し、代理人にチェルシー移籍を進めるよう依頼したとのことだ。 ▽しかし、いくらチェルシーといえど、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンほどの巨額な資金はない。高いレベルでサッカーを続けることを望むC・ロナウドはアメリカ行きは選択肢に入れていないようだが、果たして…。 2017.11.18 02:49 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース