ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

“ローマの王様”がヒザ負傷で引退危機の“神”にエール「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、ヒザに重傷を負い引退危機も囁かれる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチにエールを送った。同選手が自身の公式ツイッターでかつてのライバルにメッセージを送った。 ▽イブラヒモビッチは、20日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでアンデルレヒトに先発出場したが、後半終了間際に相手選手と競り合いながらジャンプして着地した際に右足を負傷。その後、行われた検査の結果、ヒザ前十字じん帯に深刻な損傷が確認され、一部ではこのケガの影響で引退の可能性まで報じられている。 ▽ローマの象徴として長きに渡ってセリエAで活躍してきたトッティは、ユベントスとインテル、ミランで同時代に活躍してきた5歳年下のライバルに向けてエールを送っている。 「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ! フォルツァ、ズラタン! 早く戻って来いよ!」 ▽現在、自身のキャリアにおいて最大の危機を迎える“マンチェスターの神”だが、“ローマの王様”の呼びかけに応えて再びピッチ上で元気な姿を見せてほしいところだ。 2017.04.23 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

“世界最高のフットボーラー”C・ロナウドの完成秘話…ユナイテッドOBが語る努力家の一面

▽バルセロナに所属するFWリオネル・メッシと共に、世界最高の選手の1人と称されてきたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。近年のフットボール界をリードする存在として世界に名を轟かせてきたが、その地位を築き上げたのは「努力の賜物」のようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽18歳だった2003年夏、スポルティング・リスボンから引き抜かれる形でユナイテッドに移籍したC・ロナウド。その後、大きく才能を開花させると、2009年夏に自身が少年時代から憧れを抱くレアル・マドリーに活躍の場を移した。 ▽現役時代に7年間ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表のクイントン・フォーチュン氏が、かつて赤い悪魔の一員として共に戦ったC・ロナウドについて言及。天才肌ではなく、日々の地道な努力により、今の地位を確立した「努力家」であることを証言した。 「ロナウドは、あらゆる点において最高を追い求めていた。彼がこれまでに成し遂げてきた功績に異論なんてないよ。それに値するからね」 「彼には勝利への欲求があって、才能も信じられないものだった。素晴らしい才能を持った選手の中に努力しない者もいるけど、ロナウドは違う。信じられない選手だよ」 「彼には元々の能力が備わっていた。だけど、毎日のトレーニングとは別に、努力を惜しまない彼のような選手は見たことがないね。シュート、ドリブル、ステップオーバー、そして強く、速くなることを望み、ジムに通うんだ」 「彼が今のレベルにいることに驚きはないよ。今でさえ、まだ前に進むことを望んでいるだろうし、彼はそういうタイプの人間だからね」 2017.04.23 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ離脱に悩めるモウリーニョ、イタリアの点取り屋ベロッティに白羽の矢?

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの負傷離脱を受け、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)の動向を注視しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽イブラヒモビッチは、20日にオールド・トラフォードで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で負傷交代。その後の22日には、右ヒザに深刻なケガに伴い、医師から治療方針を仰ぐことがクラブから明らかにされた。 ▽そのため、イブラヒモビッチがユナイテッドとの延長オプションを行使したとしても長期離脱は避けられない様相。そうした状況の中、モウリーニョ監督は新たなストライカー候補の1人として、ベロッティに興味を示しているという。 ▽トリノと2021年まで契約を結ぶベロッティは、今シーズンのここまで出場したセリエAの29試合でトップタイの25ゴールを記録。その活躍により、複数クラブからの関心が伝えられており、流失阻止を狙うトリノ側も1億ユーロ(約117億8000万円)の契約解除金を設定している。 2017.04.23 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、イブラ負傷でルカクをターゲットに?

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の獲得に本腰を入れているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今シーズンのここまで24ゴールでプレミアリーグの得点ランキングトップに立つルカク。最近、エバートンとの契約延長オファーを拒み、今夏のチェルシー移籍希望を抱くとの噂があとを絶えない。 ▽そうした状況の中、モウリーニョ監督はFWズラタン・イブラヒモビッチの負傷離脱を受け、今夏の最優先事項をストライカー獲得に設定したという。 ▽そのユナイテッドは、かねてより新たなストライカー候補としてアトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンやトッテナムのFWハリー・ケインの名前が浮上している。 ▽しかし、モウリーニョ監督はグリーズマンやケインの獲得をプランに含みつつ、より現実的なターゲットとしてルカクの獲得をクラブに促したという。 2017.04.23 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、イブラ&ロホの負傷発表…共にヒザのじん帯損傷で今季終了か

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホの両選手がそれぞれにヒザのじん帯損傷と診断されたことを発表した。 ▽両選手は、20日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で負傷。両選手揃って、負傷交代を余儀なくされていた。 ▽クラブの報告によれば、今後の数日内に、専門医に治療方針を仰ぎ、完全復帰までにどれほどの期間を要するのか、診断結果を待ってからの判断になるとのことだ。 ▽来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うユナイテッドは現在、プレミアリーグで5位、ELで準決勝に進出。両選手の離脱は、故障者が続出中のチームにとって痛手だ。 2017.04.23 08:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース