ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョからベイルへ…「君が話をしてくれないと獲得できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーMFガレス・ベイルに対して意味深な言葉を伝えていた。<br><br>その言葉が口にされたのは、23日のインターナショナルチャンピオンズカップ、レアル・マドリー対ユナイテッド(1-1、PK戦でユナイテッドが勝利)の試合前。モウリーニョ監督は古巣レアル・マドリーの選手たちと挨拶を交わしていったが、スペイン『クアトロ』のテレビカメラが、ベイルと抱擁した際に発せられた言葉を収めていた。<br><br>「君が話をしてくれないと、君を買うことはできない」<br><br>ユナイテッドがベイル獲得を狙っていることは常々報じられてきたが、選手本人はレアル・マドリーでプレーし続ける意欲を公言している。モウリーニョ監督本人も、先に「ベイルがマドリー退団を希望しているとは思わない」と発言し、獲得が不可能であることを強調していた。<br><br>その矢先に発せられたこの言葉は、果たして冗談なのだろうか。それともベイルが裏ではマンチェスター・ユナイテッド移籍を希望しており、レアル・マドリー退団の意思を示すべきと促すものだったのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

バイリーに2試合の追加出場停止処分、UEFAスーパーカップとCL1試合欠場へ

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに対し、2試合の追加出場停止処分を科した。 ▽バイリーは昨季のヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのセルタ戦で、FWヨン・グイデッティを殴って一発退場を宣告されていた。そのバイリーは決勝のアヤックス戦を欠場して1試合の出場停止処分を消化していたが、今回の聴聞会によって新たに2試合の出場停止処分が追加された。 ▽この結果、8月8日に行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップと、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦を欠場することが決まった。 2017.07.25 01:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ボルトがイブラヒモビッチのユナイテッド慰留に意欲「俺がやる」

▽“人類史上最速の男”ウサイン・ボルトが、昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)との再契約を、強く勧めている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽昨夏の移籍市場でユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは、公式戦46試合28ゴール10アシストの好成績を収めた。しかし、シーズン終盤に負傷したヒザのじん帯を手術し、来年まで長期離脱となることが判明すると、契約満了で退団。24日時点で動向が定まっていないイブラヒモビッチは、アメリカのクラブに移籍するという説や、ユナイテッドに復帰するという噂が、各紙より囁かれている。 ▽ユナイテッドの熱狂的なファンであることが知られているボルトが、イブラヒモビッチを称賛し、契約延長を熱望していることを表現した。 「俺はイブラヒモビッチと契約したかった。彼はベストの中の1人だ。俺からすれば、彼は昨季のユナイテッドで素晴らしかった。だから、もしもう一度(ユナイテッドに)契約のチャンスが訪れたら、俺がやるよ」 2017.07.24 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール、ユナイテッド電撃移籍も? C・ロナウドが勧めたと報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)移籍が現実味を帯びてきているバルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)に関して、新たなビッグクラブが候補に挙がるかもしれない。スペイン『Diariogol』が、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがネイマールにマンチェスター・ユナイテッド行きを勧めたと報じた。 ▽ネイマールに関しては、PSGが同選手とバルセロナの契約解除金である2億2200万ユーロ(約287億円)を投入して獲得に動くとみられている。さらに、ネイマールの父親や代理人がPSGのオファーを受け入れる可能性を示唆したともいわれており、移籍実現の可能性が取りざたされている。 ▽PSGが契約解除金を支払った上で、ネイマールが同クラブの条件を受け入れれば、バルセロナとしては手が出せない状況。しかし、ネイマール自身はPSGへの移籍を決断しきれていないのか、『Diariogol』によれば、世界的なSNSアプリである『Whatsapp』で、C・ロナウドに去就に関する相談をしたようだ。 ▽しかし、C・ロナウドはPSG移籍がステップダウンになるとし、否定的な意見を出した模様。元ユナイテッドのC・ロナウドは、レアル・マドリー&バルセロナとマッチする強国クラブがユナイテッドだけであると主張したようだ。C・ロナウドはネイマールに対してユナイテッドのオファーを待つように促したともいわれている。 2017.07.24 16:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがヴェッラッティ争奪戦に参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)獲得へ動き出したようだ。イギリス『エクスプレス』が報じている。 ▽ユナイテッドは今夏の移籍市場で、フランス代表MFポール・ポグバの相方となる中盤の補強を目指していることが、各紙より報じられてきた。『エクスプレス』は、同クラブが以前から関心を抱いているとされる選手として、チェルシーMFネマニャ・マティッチとトッテナムMFエリック・ダイアーを列挙している。 ▽しかし、チェルシーとトッテナムはプレミアリーグで優勝を争うライバルであるユナイテッドへ戦力を供給することに、乗り気ではないとのこと。補強が難航していることを察したユナイテッドは一転、今ではヴェッラッティの獲得へ集中している、と記事は伝えている。 ▽ヴェッラッティは先日、ミノ・ライオラ氏と新たに代理人契約を結んだことを発表。FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFヘンリク・ムヒタリャン、MFポール・ポグバ、FWロメル・ルカクなど、複数の担当選手をユナイテッドに導いた敏腕代理人の、ヴェッラッティとの初仕事に注目が集まる。 2017.07.24 15:47 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース