超ワールドサッカー

ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ関心のエレーラ、ユナイテッド残留を希望か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(27)にバルセロナ移籍の選択肢はないようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽エレーラは今シーズン、中盤センターの一角で飛躍。クラブ年間最優秀選手賞に選出された他、一部でFWウェイン・ルーニーの後任として新たなキャプテン就任を待望視されるなど、ファンの心も鷲掴んだ。 ▽そのエレーラを巡っては先日、バルセロナ移籍の可能性が浮上。29日にバルセロナ指揮官就任が発表されたビルバオ時代の恩師であるエルネスト・バルベルデ監督が獲得を熱望しているとの憶測が取り沙汰されていた。 ▽しかし、『テレグラフ』はエレーラにオールド・トラフォードから去る意思はなく、クラブとの契約延長を希望していると報道。ユナイテッドとエレーラは、新シーズン開幕前に会談を開く予定だという。 ▽伝えられるところによれば、エレーラとユナイテッドの現行契約は1年の延長オプションを含めれば残り2年。ユナイテッドはエレーラに対して、長期契約を打診する意向を示しているとのことだ。 2017.05.30 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

去就揺れるルーニーにOBは「来季もここに残れば驚きだ」…マンチェスター・U退団は決定的か

ブライアン・ロブソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが出場機会を得るために退団を希望していると『BBC』で語っている。<br><br>昨夏から指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督の下、ルーニーは難しい時間を過ごすことを強いられ、プレミアリーグでの先発出場は15試合、5得点のみと満足のできるシーズンを送れていない。24日のヨーロッパリーグ決勝戦での途中出場がレッド・デビルズの一員としてのラストゲームになるかもしれない主将は、試合後「イングランド内外から多くのオファーが届いている」と将来は近いうちに決まることを示唆していた。<br><br>現在、クラブのアンバサダーを務めるロブソン氏は「もしウェインが来シーズンも我々といることになれば間違いなくサプライズだ。なぜなら彼はファーストチームでフットボールをするために移籍したいと思っている」とルーニーの退団は決定的だと話し、以下のように続けている。<br><br>「ウェインは毎週プレーすることを愛する選手だ。そうすることで彼は持ち前の能力を発揮できるが、今年はそういうわけにはいかなかった。しかし、イングランドの得点記録を塗り替え、マンチェスター・ユナイテッドの得点記録を樹立し、多くのトロフィーを勝ち取ってきたウェインはトップクラスの選手であり、誰もがそのことを忘れたりはしない」<br><br>さらにロブソン氏は、ルーニーが先日発表されたイングランド代表メンバーから外れたことに関して「イングランド代表に選出されず、ウェインはがっかりしているだろう。彼がレギュラーで試合に出ていないから、代表のメンバーからもれたと考えることはナンセンスだ」と代表指揮官のガレス・サウスゲイト監督の判断に賛同できないと話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 10:56 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ハメス争奪戦へ参戦!! 52億円オファーでユナイテッドをけん制!?

▽インテルは、レアル・マドリーの10番獲得へ向けて、マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に乗り出した。スペイン『アス』がイタリア『スポルト・イタリア』を引用して伝えている。 ▽報道によるとインテルは25日、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得へ向けて、交渉を始めたようだ。同クラブは手始めに4200万ユーロ(約52億3000万円)のオファーを提示したという。 ▽レアル・マドリーは2014年当時、モナコから8000万ユーロ(約99億6000万円)でハメス・ロドリゲスを獲得。それ以上の額で売却をする思惑を持っていると言われており、インテルの提示額では遠く及ばない状況となっている。 ▽提示額では大きく差が開いているインテルだが、今回の動きはハメス・ロドリゲスの移籍先として最有力候補に挙げられる、マンチェスター・ユナイテッドをけん制する目的が大きいようだ。提示額に関係なく、ユナイテッドよりも先に交渉の場に付くことで、インテルはアドバンテージを得ようとしている。 ▽さらに、インテルは昨夏にもハメス・ロドリゲス獲得の交渉を行っており、その際、オーナーが用意した金額は8500万ユーロ(約105億8000万円)と言われている。クラブ間での合意は達成されたが、選手本人との合意に至らず、交渉は決裂した。破談にはなったが、マドリーの合意する条件は把握済み。マドリーも、交渉の意思があるというわけだ。 2017.05.28 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ代理人「多くのクラブが彼を欲しがっている」とマンチェスター・U退団の可能性を示唆

マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチの代理人、ミーノ・ライオラ氏は、同選手に多くのオファーが届いていると『スカイ』で語っている。<br><br>4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で膝の靭帯断裂を負ったイブラヒモビッチは、5月上旬にアメリカで手術を受けていた。所属クラブのマンチェスター・ユナイテッドとの契約は今夏で切れ、復帰まで半年以上を要する35歳のストライカーの去就に関してさまざまな憶測が飛んでいる。<br><br>しかし、ライオラ氏は「彼がマンチェスター・ユナイテッドに残るかわからない。多くのクラブが彼を欲しがっている。イブラヒモビッチはあと1年もしくは2年はプレーできるだろう。将来についてユナイテッドと話を進める予定だ。本当に多くのオファーが届いているが、ヨーロッパでプレーすることになるだろう」と、クラブ名は明らかにしなかったものの、復帰後も欧州でプレーを続けることは間違いないと語った。<br><br>プレミアリーグ初挑戦ながら、46試合で28ゴールをマークした元スウェーデン代表ストライカーは、今シーズンからレッド・デビルズを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督にとってキープレーヤーの1人となっていた。<br><br>バルセロナ、パリ・サンジェルマンなどビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチの今後の動向に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがインテルのクロアチア代表MFペリシッチを狙う?

▽インテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)に対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ペリシッチは、2015年8月にヴォルフスブルクからインテルへと移籍。セリエAにもしっかりと適応し、2シーズンで69試合に出場し27ゴール16アシストを記録している。 ▽インテルとの契約は2020年まで残っているものの、インテルは今夏にチーム編成を刷新すると考えられており、ペリシッチに関しても適正価格でのオファーがあれば放出する可能性があるとみられている。 ▽ペリシッチの移籍金は3600万ユーロ(約44億8000万円)を超えているものとみられているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は交渉担当であるエド・ウッドワード副会長に欲しい選手を伝えてあると明かした。 「ウッドワードは3月から私が欲しい選手、私が欲しいもの、そしてそれがいくらなのかを知っている」 「彼は3月から全てを知っているし、彼は働いている。なぜなら彼は8月に休暇を取るからだ。そして、私は働くよ」 2017.05.28 11:44 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース