ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》2017.04.21 06:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。

▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。

▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。

▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。

▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。

▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。

▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。

▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。

▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。

▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。

▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。

▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。

▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。

▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。

▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。

▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。

▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

欧州クラブが選手に支払った総給与額が判明!

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は17日、欧州クラブに関するベンチマークレポートを発表した。スペイン『アス』はその中で、各クラブが選手に支払った給与の総額に着目している。 ▽報道によれば、2016年にヨーロッパのサッカークラブは総額73億ユーロ(約9913億円)の給与を選手に支払った。そのうち42%をプレミアリーグのクラブが占め、給与支出額トップ20に9クラブが入ったようだ。 ▽最も高額な給与を支払っているクラブはバルセロナで、その額は3億7200万ユーロ(約505億円)。これは1年間の総収入の60%にあたるという。最近クラブとの契約更新が合意したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがブラウグラナから受け取る年俸総額は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをはるかに凌いでいるといわれ、その額は1億ユーロを超えるもののようだ。 ▽次点でマンチェスター・ユナイテッドが続いた。フランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカクらを要する赤い悪魔が3億2100万ユーロ(約436億円)で2位となった。3位にはレアル・マドリー。C・ロナウドやクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表DFマルセロらを抱える銀河系軍団は3億700万ユーロ(約417億円)の給与を選手らに支払っていることが明らかになった。 ▽以下、チェルシー、マンチェスター・シティと続き、昨夏の移籍市場を賑わせたパリ・サンジェルマンが6位に入った。その下にリバプール、バイエルン、アーセナル、ユベントスが続いた。トップ10の半分をプレミアリーグのクラブが占めるという構図になっている。 ▽2013-14シーズンから施行されたファイナンシャル・フェアプレーによって、クラブの支出が制限される一方、高騰する放映権料により、近年では移籍金のインフレが激しくなっているフットボール界。それに伴い、選手の年俸も徐々に上がってきているようだ。 ◆欧州最高支払い給与額トップ20 1.バルセロナ/3億7200万ユーロ(約505億円) 2.マンチェスター・ユナイテッド/3億2100万ユーロ(約436億円) 3.レアル・マドリー/3億700万ユーロ(約417億円) 4.チェルシー/2億9800万ユーロ(約405億円) 5.マンチェスター・シティ/2億9400万ユーロ(約399億円) 6.パリ・サンジェルマン/2億9200万ユーロ(約397億円) 7.リバプール/2億8100万ユーロ(約382億円) 8.バイエルン/2億7000万ユーロ(約367億円) 9.アーセナル/2億6300万ユーロ(約357億円) 10.ユベントス/2億2100万ユーロ(約300億円) 11.ミラン/1億6100万ユーロ(約219億円) 12.ローマ/1億5600万ユーロ(約212億円) 13.ドルトムント/1億4000万ユーロ(約190億円) 14.トッテナム/1億4000万ユーロ(約190億円) 15.アトレティコ・マドリー/1億3700万ユーロ(約186億円) 16.ヴォルフスブルク/1億3400万ユーロ(約182億円) 17.エバートン/1億2800万ユーロ(約173億円) 18.インテル/1億2700万ユーロ(約172億円) 19.アストン・ビラ/1億2500万ユーロ(約170億円) 20.ウェストハム/1億1400万ユーロ(約155億円) 2018.01.18 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、サンチェスとムヒタリアンのトレード成立をほぼ認める「起こりそうだね」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、同クラブFWアレクシス・サンチェス(29)とマンチェスター・ユナイテッドMFヘンリク・ムヒタリアン(28)のトレード成立が間近であることを明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽サンチェスに関しては、シティ移籍濃厚から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。オペレーションに関しては、ムヒタリアンとのトレードの可能性が伝えられていたが、これが実現間近であるとヴェンゲル監督も認めた。 「30年間にわたって市場に携わっているが、(今回の移籍は)起こりそうだね。でも、物事というのは、いつ崩れるか分からない」 ▽また、ヴェンゲル監督はムヒタリアンとの取引に関して、「私はあると理解している。給与は問題にならない」と語っており、個人合意に向けた交渉が進展していることを示唆している。 ▽なお、『スカイ・スポーツ』は16日、サンチェスとムヒタリアンのトレードが等価交換になることを報じている。 2018.01.18 19:19 Thu
twitterfacebook
thumb

U-20イングランド代表DFボースウィック=ジャクソンがレンタル先のリーズからユナイテッドに復帰

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、U-20イングランド代表キャメロン・ボースウィック=ジャクソン(20)がレンタル先のリーズ・ユナイテッドから復帰したことを発表した。 ▽ユナイテッドの下部組織出身のボースウィック=ジャクソンは、2015-16シーズンにトップチームに昇格し14試合に出場。昨季前半はウォルバーハンプトンに、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズにレンタル移籍していた。リーズではリーグ戦1試合、FAカップ1試合、EFLカップ4試合に出場していた。 ▽世代別のイングランド代表経験を持つ左サイドバックは、復帰後まずはリザーブチームでの出場を予定しているという。 2018.01.17 19:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョに2021年までの新契約提示へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ジョゼ・モウリーニョ監督(54)に新契約を提示する準備を進めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016年5月にユナイテッドと3年契約を結んだモウリーニョ監督は、初年度にコミュニティーシールドとリーグカップ、さらにヨーロッパリーグのタイトルを獲得。2シーズン目となった今シーズンは、首位のマンチェスター・シティに12ポイント差を付けられるも2位に位置。さらにチャンピオンズリーグやFAカップで勝ち残っている。 ▽そんな指揮官に対してクラブの首脳陣は昨年10月から評価を開始。モウリーニョ監督の代理人を務めるジョルジ・メンデス氏と交渉を行い、契約延長に向けて話が進んでいるようだ。 ▽なお、モウリーニョ監督とユナテッドは3年契約にオプションで1年間延長できるようになっており、最長で2020年までの契約となっている。しかしクラブ側はこの契約をさらに1年延長し、2021年までの新契約を提示する考えのようだ。 2018.01.17 09:51 Wed
twitterfacebook
thumb

蜜月は終焉へ…ペレス会長がC・ロナウド売却を考慮

▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)とレアル・マドリーの蜜月は終焉を迎えるようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽2009-10シーズンから9シーズンに渡ってマドリーの絶対的エースに君臨し、史上初のチャンピオンズリーグ連覇を含む主要タイトルを15個も獲得してきたC・ロナウド。しかし今シーズンはリーガエスパニョーラで14試合4ゴールとパフォーマンスが低下。さらにライバルのバルセロナに19ポイント差(マドリーが1試合未消化)と大きく引き離されている。 ▽そんなC・ロナウドは以前から2021年までとなっているマドリ―との契約延長について噂されてきた。しかし今回はこの契約が更新されることはないようだ。 ▽『アス』によると、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はすでにC・ロナウドを売却不可能な選手とは考えていない模様。同選手の代理人を務めるジョルジ・メンデス氏にはすでに考えを伝えているようで、現行の契約が満了を迎える前に移籍する可能性が高まっているようだ。 ▽なお『アス』は、C・ロナウド移籍の争点は同選手の給料にあると見ている。先日、『フットボール・リークス』が明かしたサッカー選手たちの給料で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが1億ユーロを受け取っていると暴露されていた。一方のC・ロナウドは5000万ユーロのようで、同選手は新契約でメッシと同等の給与を求めるだろうとしている。 ▽C・ロナウドに対しては欧州のクラブだけでなく中国スーパーリーグやメジャーリーグ・サッカー(MLS)からも関心が寄せられている。また、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドも同選手の獲得を望んでいるとされているが、高額な移籍金と給料がネックとなっているようだ。 2018.01.17 09:11 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース