セルタがヘンクの反撃を振り切ってクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 06:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのヘンクvsセルタが20日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-4でセルタがベスト4へ進出している。

▽1週間前にセルタのホームで行われた1stレグでは3-2とセルタが競り勝ったこのカード。

▽開始5分にサマタのヘディングシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのセルタだったが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、16分に決定機。クリアボールをカットしたシストのゴール正面からのコントロールシュートはわずかに枠の右上に外れた。

▽その後もセルタが押し気味に試合を運ぶと、44分に決定機。右クロスにボーヴュがボレーで合わせたシュートがゴール右隅を捉えたが、GKライアンのファインセーブに阻まれる。直後にはボックス手前左のシストがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、49分にトロサルドのコントロールシュートでゴールに迫ったヘンクだったが、わずかに枠の右へ外れると、63分にセルタが決定的なアウェイゴールを奪う。シストがインターセプトからそのまま持ち上がってミドルシュートを叩き込んだ。

▽延長戦に持ち込むには少なくとも2点が必要となった苦しいヘンクは、67分にカブラルからボールを奪ったトロサルドがコントロールシュートを流し込んで1点を返したものの、反撃はここまで。

▽2枚代えを敢行するなど策を出したが、ゴールは遠く、逃げ切ったセルタが前身のUEFAカップ含め、初のベスト4へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ戦で負傷のセルタFWアスパスは3週間の離脱

▽セルタは18日、前日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦(2-2のドロー)で負傷したスペイン代表FWイアゴ・アスパスが3週間の離脱になると発表した。 ▽アスパスは17日にホームで行われたバルセロナ戦に先発フル出場。82分にはMFエムレ・モルの左クロスを相手GKテア・シュテーゲンが弾くと、ルーズボールを手に当てて押し込む“神の手ゴール”で今季リーガ20点目を記録していた。 ▽しかし、アスパスは試合後に右太ももを痛めていることが判明。18日に検査を受けたところ、右大腿二頭筋の損傷と診断され、全治は3週間を要するようだ。 ▽アスパスは、今シーズンのリーグ戦32試合の出場で20ゴール5アシストを記録。13ゴールを挙げるウルグアイ代表FWマキシ・ゴメスと共にセルタの攻撃の中心を担っており、アスパスの離脱はセルタにとって大きな痛手となりそうだ。 2018.04.20 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレス、出場機会減少も移籍の考えなし! 「バルセロナで成功したい」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFデニス・スアレス(24)が、同クラブでの成功を夢見ている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽セビージャ、ビジャレアルでのプレーを経て、2016年夏に慣れ親しむバルセロナに帰還したデニス・スアレス。しかし、復帰2年目の今シーズンは、出場機会が減少したことに加えて、今冬にリバプールから加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの加入したことで、ベンチ入りすらもままならない状況が続いている。 ▽そんな中、デニス・スアレスは17日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のセルタとのアウェイ戦で先発出場。メンバーを数名入れ替えた一戦で2-2と無敗継続に貢献した。 ▽試合後、デニス・スアレスは出場機会を求めて移籍する可能性について問われると、すぐさま否定。ユース時代に所属していたセルタへの復帰については、将来的には考えているものの、現時点では「バルセロナでの成功」を夢見ていることを強調している。 「このことについては何度も言ってきたし、考えは変わらないよ。僕は2年間の契約結んでいる。ここで成功したいと思っているんだ」 「今日は競争力があり、ポジティブな試合ができた。特にあまりプレーしていない選手たちで無敗を継続できたことも素晴らしいよ」 「(セルタ復帰の考えは)常に口にしてる通り、その可能性はまだないよ。バルセロナで成功したいからね」 「もちろんいつかはセルタに戻ると思うけど、今はまだあまりにも早いよ」 2018.04.19 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ戦で“神の手ゴール”のアスパスが右大腿二頭筋を損傷…離脱期間は現時点で不明

▽セルタは18日、前日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦(2-2のドロー)で負傷したスペイン代表FWイアゴ・アスパスが右大腿二頭筋の損傷と診断されたことを発表した。 ▽アスパスは17日にホームで行われたバルセロナ戦に先発フル出場。82分にはMFエムレ・モルの左クロスを相手GKテア・シュテーゲンが弾くと、ルーズボールを手に当てて押し込む“神の手ゴール”で今季リーガ20点目を記録していた。しかし、同試合後に右太ももを痛めていることが判明した。 ▽現時点で離脱期間に関しては明かされていないが、損傷が軽度の場合で2~3週間、より深刻な場合は1カ月以上の離脱となる見込みだ。 2018.04.19 00:02 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存のバルサ、退場者出してセルタにドローもリーガ40戦無敗《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは17日、リーガエスパニョーラ第33節でセルタとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節バレンシアとの上位対決を制し、リーガ無敗試合を「39」に伸ばして新記録を樹立した首位バルセロナ(勝ち点82)は、バレンシア戦のスタメンから大幅に8選手を変更。4日後にセビージャとのコパ・デル・レイ決勝を控える中、イニエスタやブスケッツ、ピケを招集外とし、メッシとスアレスがベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からデンベレ、アルカセル、コウチーニョ、中盤アンカーにアンドレ・ゴメス、インサイドにデニス・スアレスとパウリーニョを並べたバルセロナは5分、ディーニュの左クロスからパウリーニョがヘディングシュートを浴びせてセルタをけん制。 ▽続く8分、コウチーニョのパスを受けたデニス・スアレスのボックス左からのシュートはわずかに枠の右に外れたバルセロナは、10分にピンチ。しかし、マキシ・ゴメスのゴール至近距離からのシュートはGKテア・シュテーゲンの正面を突いて助かった。 ▽その後、11分にアルカセルがGKを強襲するシュートを浴びせたバルセロナは、25分にCKからパウリーニョのヘディングシュートが左ポストを直撃。直後には再びピンチを迎え、カウンターを受けてメンデスのシュートが左ポストを掠めた。 ▽助かったバルセロナは34分、ボックス中央からのメンデスのシュートをGKテア・シュテーゲンがビッグセーブで阻止すると、36分に先制した。コウチーニョが敵陣で相手のミスパスをカットしてアルカセルへ。アルカセルの落としを、ボックス中央に走り込んだデンベレが左足ボレーでゴール右へ巧みに蹴り込んだ。 ▽デンベレのリーガ初ゴールで先制したバルセロナだったが、45分に同点とされる。アンドレ・ゴメスのミスパスからショートカウンターを受け、右サイドに流れたマキシ・ゴメスのクロスをジョニーに蹴り込まれた。 ▽迎えた後半、53分にホサベドのシュートでゴールを脅かされたバルセロナは、流れを変えるため60分にメッシを投入。すると、4分後にあっさり勝ち越しに成功する。デンベレとのパス交換でボックス右に侵入したN・セメドのクロスをパウリーニョが合わせ、最後はゴール前のアルカセルが押し込んだ。 ▽勝ち越し後、アスパスのミドルシュートでゴールを脅かされたバルセロナは71分、セルジ・ロベルトがアスパスに裏を取られて後方から身体を引っ張り、一発退場。10人となったバルセロナはデンベレ代えてA・ビダルを投入した。 ▽しかし82分、試合を振り出しに戻される。エムレ・モルの左クロスをGKテア・シュテーゲンが弾くと、ルーズボールがアスパスの手に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽このまま試合は2-2で終了。10人となり、引き分けに持ち込まれたバルセロナだったが、無敗記録を40試合に伸ばしている。 2018.04.18 06:31 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマン1G1A! 2戦連続3発無失点の快勝でELロコモティフ戦に万全《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは11日、リーガエスパニョーラ第28節セルタ戦をワンダ・メトロポリターノで行い、3-0で快勝した。 ▽前節、首位バルセロナとの頂上対決を0-1で落とした2位アトレティコ(勝ち点61)が、前節ラス・パルマス戦で2-1の逆転勝利を収めた9位セルタ(勝ち点38)をホームに迎えた一戦。 ▽アトレティコは、3-0で完勝した直近のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦1stレグ、ロコモティフ・モスクワ戦からスタメンを5名変更。ヴェルネル、フィリペ・ルイス、ファンフラン、トーマス、コレアに代えて、オブラク、ゴディン、ヴルサリコ、ガビ、ビトロを起用した。 ▽ポゼッションを高めつつ得点を狙うセルタに対して、カウンターを狙うアトレティコという構図で開始した試合。最初にチャンスを迎えたのはアトレティコだった。3分、右サイドをオーバーラップしたヴルサリコが中央に折り返す。グリーズマンがセルタDFを振り切ってボックス内に駆け込んだが、伸ばした足はわずかにボールに届かない。 ▽サイドを起点とするアトレティコは、徐々に相手を押し込みつつもクロスの精度を欠きフィニッシュまで繋げることができない。劣勢気味となっているセルタも危険なゾーンまで侵攻することができず、試合は均衡を保った状態が続く。 ▽32分、アトレティコのボックス内で混戦がもたらされると、ボールはセルジ・ゴメスのもとに。しかし、セルジ・ゴメスのシュートは枠を外れる。40分にもボックス右でアスパスが決定機を迎えたが、左足で放ったシュートは枠を捉えなかった。 ▽スコアが動きをみせたのは前半終了間際の44分、アトレティコの右CKの場面。ボックス中央のホセ・ヒメネスが頭で左に落とすと、グリーズマンがボールを拾う。ボックス内左から右足でファーのネットを揺らした。 ▽直後に笛が鳴り、アトレティコが1点のリードを得て試合を折り返すことに成功。追いかけるセルタには、55分にビッグチャンスが訪れる。左サイドからクロスが供給されると、飛び込んだのはラドヤ。しかし、倒れ込みつつ放ったシュートは、右ポストに直撃して得点には繋がらない。 ▽セルタがチャンスを逸した直後の56分、ボックス手前でボールを持ったグリーズマンが、ボックス内にラストパス。抜け出したビトロがGKルベン・ブランコとの一対一を制し、追加点とした。 ▽アトレティコは58分、得点を決めたビトロに代えてコレアを投入。すると63分、ジエゴ・コスタの落としを受けたコレアが、強引なドリブル突破を図る。ボックス内に侵攻すると、右足で監督の起用に応える得点を決め切った。 ▽3-0と大差をつけることに成功した69分、シメオネ監督はエースを休ませる判断を下す。グリーズマンを下げ、ガメイロを送り出した。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、アトレティコは前節の敗北を振り切るような形で快勝し、ELロコモティフ・モスクワ戦に向けて調子を上向けることに成功した。 2018.03.12 02:03 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース