超ワールドサッカー

セルタがヘンクの反撃を振り切ってクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 06:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのヘンクvsセルタが20日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-4でセルタがベスト4へ進出している。

▽1週間前にセルタのホームで行われた1stレグでは3-2とセルタが競り勝ったこのカード。

▽開始5分にサマタのヘディングシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのセルタだったが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、16分に決定機。クリアボールをカットしたシストのゴール正面からのコントロールシュートはわずかに枠の右上に外れた。

▽その後もセルタが押し気味に試合を運ぶと、44分に決定機。右クロスにボーヴュがボレーで合わせたシュートがゴール右隅を捉えたが、GKライアンのファインセーブに阻まれる。直後にはボックス手前左のシストがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、49分にトロサルドのコントロールシュートでゴールに迫ったヘンクだったが、わずかに枠の右へ外れると、63分にセルタが決定的なアウェイゴールを奪う。シストがインターセプトからそのまま持ち上がってミドルシュートを叩き込んだ。

▽延長戦に持ち込むには少なくとも2点が必要となった苦しいヘンクは、67分にカブラルからボールを奪ったトロサルドがコントロールシュートを流し込んで1点を返したものの、反撃はここまで。

▽2枚代えを敢行するなど策を出したが、ゴールは遠く、逃げ切ったセルタが前身のUEFAカップ含め、初のベスト4へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎、リーガ1部のクラブ間で争奪戦か?セルタ&マラガも加わり合計4クラブが興味

テネリフェMF柴崎岳は、リーガエスパニョーラ1部のクラブにとっても大きな興味を引く存在となっているのかもしれない。スペイン『オンダ・セロ』のテネリフェ支局によれば、セルタとマラガも同選手の獲得に興味を持っているという。<br><br>ベティス、アラベスの獲得候補に含まれていると報じられた柴崎だが、『オンダ・セロ』によればセルタとマラガも同選手に対する興味を示したとのことだ。なおセルタはEU圏外の3枠が埋まっているために、柴崎を獲得する場合にはDFマルセロ・ディアスを放出するとみられる。<br><br>ここまでの報道が事実ならば、リーガ1部のクラブによる柴崎の争奪戦が開始される可能性もある。一方テネリフェは柴崎を手放すことを望んでおらず、慰留に努めていくようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

セルタMFボンゴンダがトラブゾンシュポルへ移籍! 買取OP付きの1年間のレンタル移籍

▽トラブゾンシュポルは15日、セルタに所属するU-21ベルギー代表MFテオ・ボンゴンダ(21)が移籍に向けてメディカルチェックを受診したことを発表した。同選手はメディカルチェック完了後に買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で同クラブに加入することになる。 ▽母国ベルギーのズルテ・ワレヘムのアカデミー出身のボンゴンダは、2015年にセルタへ完全移籍で加入。左右のウイングを主戦場とする快速アタッカーは、今季の公式戦42試合に出場し、2ゴール6アシストを記録。また、U-19ベルギー代表、U-21ベルギー代表でもプレー経験がある母国期待の若手だ。 2017.06.16 14:17 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリート「グアルディオラに信頼されなかった」…1年でスペイン復帰へ候補は2クラブ

マンチェスター・シティのFWノリートは、ジョゼップ・グアルディオラの信頼を勝ち取ることができなかったと認め、移籍を希望した。スペイン『El Larguero』が報じた。<br><br>ノリートは昨夏にセルタから加入したものの、2016-17シーズンはプレミアリーグでわずか9試合の先発にとどまった。ノリートは来年に迫るロシア・ワールドカップのためにも出場機会を求め、スペイン復帰を希望している。<br><br>「12月から夏まではほとんどプレーできなかった。僕が求めているのはプレーすることだ。チャンスがあるなら、スペインへ戻りたい。プレーしたいし、幸せになりたいんだ。グアルディオラが僕を信頼しているとは思わないからね」<br><br>また、ノリートは簡単には移籍はまとまらないとして、プレシーズン終了までに状況が解決することを望んだ。セビージャと古巣のセルタが獲得に乗り出しているが、「シティは僕に多くのお金を費やしたから、高額な移籍金を求めるだろう」と予想した。<br><br>セビージャとセルタ、どちらかを選ぶことは難しいと話したノリート。「まずはシティの求めることを見て、状況を判断しなければならない」と状況を分析している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.16 12:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリート、イングランドでの生活に馴染めず…「まるで洞窟に住んでいるかのよう」

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)は、イングランドでの生活に馴染めず、クラブを離れたがっているようだ。イギリス『BBC』が、スペインのラジオ局『エル・トランジスタ』の放送を引用して伝えた。 ▽ノリートは、2016年7月に1380万ポンド(現在のレートで約19億6000万円)でセルタからシティへ移籍。加入後は公式戦30試合に出場し、6得点を記録した。シーズン序盤は順調かに思われたが、徐々に出場機会を失い、プレミアリーグでの先発出場は、2016年12月26日のハル・シティ戦を最後に消滅。リーグ後半戦の先発出場数は、0回となってしまった。 ▽クラブに不満を抱えたノリートは、以前から退団願望を漏らしており、セビージャやセルタ等、スペインのクラブへの移籍が取りざたされている。母国のクラブばかり、移籍先の候補として浮上することの背景には、イングランドそのものに馴染めていない、という理由があったようだ。 ▽『エル・トランジスタ』の番組に出演した際、ノリートは以下のように辛い心情を吐露した。 「英語はほとんど学べていない。難しいんだ。『tomorrow』、『good morning』、『good afternoon』(といった挨拶と)、その他は少しくらい(しか分からない)」 「(イングランドの気候のせいで)娘の顔の色が変わったよ。まるで洞窟に住んでいるかのような感じなんだ」 「今は契約中だから、決めるのはクラブだよ。でも、去りたいとは思ってる」 2017.06.08 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

シティで出場機会激減のノリート、スペイン復帰を望む「アトレティコやセルタから興味」

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)が、今夏の移籍市場で同クラブからの退団を強調している。スペイン『アス』が報じた。 ▽ノリートは昨夏にセルタから1380万ポンド(現在のレートで約19億6600万円)でシティに加入。シーズン当初は先発で起用されることも多かったが、レロイ・サネの台頭により出場機会が減少し、リーグ戦19試合5ゴールという結果に終わった。 ▽ノリートはマルカの取材に応じ、移籍形態に関係なく、来シーズンはシティ以外のクラブでプレーしたいと口にした。 「今はとにかくシティを去りたい。レンタルであれ、完全移籍であれ、どんな形でも良いから移籍したいと思っているよ。ただ、将来について焦りはない。今は休暇で戻ってきているけれど、このままスペインに留まりたいね」 「アトレティコやセルタから興味を持たれていることは知っているよ」 ▽またノリートはシティで過ごしたシーズンについてもコメントしている。 「12月まではプレーできていてとても幸せに感じていた。しかしそこからの4カ月で状況が変わり、まったくプレーできなくなった。何があったかなんてわからないよ。それは監督に聞いてくれ」 「忘れ去られた1年だった。予想よりも悪い状況で、経験できたことなんてなにもない。だからこの夏は、この状況を解決しなければいけない」 2017.05.29 09:24 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース