セルタがヘンクの反撃を振り切ってクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 06:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのヘンクvsセルタが20日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-4でセルタがベスト4へ進出している。

▽1週間前にセルタのホームで行われた1stレグでは3-2とセルタが競り勝ったこのカード。

▽開始5分にサマタのヘディングシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのセルタだったが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、16分に決定機。クリアボールをカットしたシストのゴール正面からのコントロールシュートはわずかに枠の右上に外れた。

▽その後もセルタが押し気味に試合を運ぶと、44分に決定機。右クロスにボーヴュがボレーで合わせたシュートがゴール右隅を捉えたが、GKライアンのファインセーブに阻まれる。直後にはボックス手前左のシストがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、49分にトロサルドのコントロールシュートでゴールに迫ったヘンクだったが、わずかに枠の右へ外れると、63分にセルタが決定的なアウェイゴールを奪う。シストがインターセプトからそのまま持ち上がってミドルシュートを叩き込んだ。

▽延長戦に持ち込むには少なくとも2点が必要となった苦しいヘンクは、67分にカブラルからボールを奪ったトロサルドがコントロールシュートを流し込んで1点を返したものの、反撃はここまで。

▽2枚代えを敢行するなど策を出したが、ゴールは遠く、逃げ切ったセルタが前身のUEFAカップ含め、初のベスト4へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルが今冬の移籍市場で選手獲得に失敗していたとセルタSDが明かす

▽セルタのスポーツディレクター(SD)を務めるフィリップ・ミニャンブレス氏が、インテルが今冬に選手獲得に失敗していたことを明かした。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今冬の移籍市場で、ポルトガル代表MFジョアン・マリオをウェストハムに、日本代表DF長友佑都をガラタサライにレンタル移籍させたインテル。バルセロナのMFラフィーニャ、ベンフィカDFリサンドロ・ロペスを獲得していたが、セルタのスロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカ(23)の獲得も目指していたようだ。 ▽ロボツカは、デンマークのノアシェランから今シーズン加入。レギュラーポジションを獲得すると、これまでリーガエスパニョーラで22試合に出場、コパ・デル・レイで3試合に出場し、チームの主力となっていた。 ▽ミニャンブレス氏は、ロボツカに対してインテルが熱視線を送っていたとコメント。しかし、選手が移籍を望まなかったと明かした。 「インテルはスタニスラブにとても興味を示していたが、我々は契約条項以下での交渉はしないと伝えた」 「スタニスラブは常にクラブに対して満足しており、私に対してどこにも行かないと示してくれた。彼は幸せであり、チームを離れたくなかったので、彼と我々にとっては非常に良いニュースとなった」 「我々の意向は常に、彼の個性とパフォーマンスレベルのために彼をキープすることだった。そして、我々は彼の給料を改善し、セルタでの契約延長に向けて代理人と話している。彼の契約条項を増やしたいと考えている」 2018.02.06 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタFWイアゴ・アスパスが人種差別か…レバンテDFジェフェルソン「クズの黒人と言われた」

レバンテのコロンビア人DFジェフェルソン・レルマが、セルタのスペイン人FWイアゴ・アスパスから差別的な発言を浴びせたられたと訴えた。<br><br>ジェフェルソンは14日のリーガエスパニョーラ第19節、シウター・デ・バレンシアでのレバンテ対セルタ(0&minus;1)で、I・アスパスから黒人差別を受けたと主張。この試合をスペインで放送した『Beinスポーツ』とのインタビューで、次のように語った。<br><br>「テレビカメラの前にいるから、訴えさせてもらうよ。差別は、断じてあってはならない。アスパスは僕にクズの黒人と言ったが、そんなことが起こってはいけないんだ。これから映像で、何が起こったかが見直されることになるはずだ」<br><br>これを受けたレバンテは「レバンテ対セルタで起こったことについて、レバンテは選手を支持するとともに、フットボールにおけるどのような差別も拒絶します」と発表。これに対してI・アスパスは、差別的な発言をしたことを断固として否定している。<br><br>「ピッチの上で話されたことは、ピッチの上だけに残される。だから彼が僕に言い放ったことを繰り返しはしない。いずれにしても、僕は彼が訴えたような言葉を口にしていない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

何故ここに? バルセロナSDの視察先にスペイン紙も疑問

▽補強計画を続行するバルセロナが、意図の不明瞭な動きをみせている。スペイン『マルカ』が、疑問符の付く形で伝えた。 ▽今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョとコロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得し、選手層に一層の厚みを持たせているバルセロナだが、『マルカ』のよれば移籍計画を続行している模様。今冬の移籍市場というタイミングでのさらなる補強を目指しているかは不明なものの、ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)の姿が意外な場所で発見された。 ▽ロベルト・フェルナンデスSDが姿を現したのは、リーガエスパニョーラ第19節レバンテvsセルタが行われた、14日のシウダ・デ・バレンシア。レバンテの本拠地に、右腕的存在であるウルバーノ・オルテガ氏を引き連れて視察に訪れたとのことだ。 ▽憶測として、バルセロナは4日と11日にコパ・デル・レイ5回戦でセルタと対戦しており、特に4日の1stレグでは1-1の引き分けに。また、リーガ第18節では、レアル・マドリーと対戦して2-2のドローに持ち込んでいる。中でもリーガ18試合11ゴールを決め、スペイン人スコアラーとなっているFWイアゴ・アスパスの評価が上昇中だ。 ▽しかし、レバンテ、セルタの両クラブの選手に対して、バルセロナがアプローチをかけているといった噂は囁かれていないため、この行動の意図は謎であると記事は伝えている。 2018.01.15 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシとアルバの超絶連係でセルタに快勝! 4連覇目指すバルサがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、バルセロナvsセルタが11日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが5-0で快勝した。この結果、2戦合計6-1としたバルセロナの準々決勝進出が決定した。 ▽先週にセルタホームで行われた1stレグを1-1のドローで終えたバルセロナは、先週末に行われたレバンテとのリーグ戦を3-0で快勝した。その試合からは先発5人を変更。GKにシレッセンが入ったほか、ヴェルメーレンとセルジ・ロベルトに代わってピケとネウソン・セメド、パウリーニョとデンベレに代わってブスケッツとアンドレ・ゴメスが起用された。 ▽直近のリーグ戦でレアル・マドリーと引き分けた難敵セルタを相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるバルセロナ。立ち上がりにメッシの個人技からいきなり決定機を作り出すと、7分にはイニエスタの背後を狙った絶妙な浮き球パスに抜け出したメッシとスアレスのパス交換から再びチャンスを作るが、ここは相手の粘りに遭う。 ▽その後も中盤と最終ラインの間でボールを引き出すメッシを起点に押し込むと、メッシとジョルディ・アルバのホットラインが見事に開通。立て続けにゴールネットを揺らす。 ▽まずは13分、左サイドでボールを持ったイニエスタが絶妙な浮き球のパスをボックス左付近に走り込むアルバに通す。これをアルバが抑えの利いたダイレクトクロスで中に入れると、中央に走り込んだメッシが左足ボレーで合わせ、GKの手を弾いたボールがゴール右隅に吸い込まれる。続く15分には右サイドからドリブルで内へ切り込んだメッシが斜めのパスをアルバへ通すと、再びアルバからのダイレクトの折り返しをメッシが左足ダイレクトで流し込んだ。 ▽アルバとメッシの連係プレーで2戦合計スコアを3-1としたバルセロナは、その後も鮮やかな連係から再三の決定機を創出。メッシとアルバ、イニエスタが絶妙なコンビネーションで相手守備を崩すと、虎視眈々とゴールを狙うスアレスがフィニッシュに顔を出していく。 ▽すると28分、相手陣内中央でパスを受けたメッシが左サイドのスペースにトップスピードで走り込むアルバに絶妙な斜めのパスを送り出すと、中途半端に飛び出したGKより先にパスに反応したアルバが無人のゴールへ流し込み、3点目を奪取。さらに31分には前線からの連動したハイプレスでシストのバックパスのミスを誘うと、ゴール前でカットしたスアレスが冷静に決めて4点目を奪った。 ▽前半45分で試合の大勢が決したことで、後半は互いに今週末のリーグ戦を睨んだ戦いとなる。逆転突破が絶望的なセルタはアスパスとヴァスの主力2選手を前半終了時に下げてマキシ・ゴメス、ラドヤを投入。一方、バルセロナはピケを下げてハーフタイム明けにヴェルメーレン、立ち上がりの60分付近にメッシとイニエスタを下げてデンベレ、アルナイスの若手アタッカー2人を投入する。 ▽後半はバルセロナがペースを落としたことで、セルタがゴール前でフィニッシュに絡む場面も増えていく。だが、セメドの身体を張ったシュートブロックなどで失点は許さない。 ▽後半半ばから終盤にかけては拮抗した展開が続く。その中でアピールしたいデンベレが見事な個人技で突破を見せれば、アルナイスも巧みな飛び出しからサイドネットを叩くシュートでコパ4戦連発に迫るなど、スタンドを沸かせるホームチーム。試合終了間際の87分にはデンベレの右CKをゴール前でドフリーのラキティッチが頭で合わせ、この日のゴールショーを締めくくる5点目を奪取。メッシとアルバの超絶連係などで5発大勝のバルセロナが、大会4連覇に向けてまずは準々決勝進出を決めた。 2018.01.12 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタ監督ウンスエ、レアル・マドリーとドローも「ほろ苦い。もっと良い結果に値した」

7日のリーガエスパニョーラ第18節、セルタは本拠地バライドスでのレアル・マドリー戦を2&minus;2のドローで終えた。試合後会見に出席したフアン・カルロス・ウンスエ監督は、自チームが勝利に値するパフォーマンスを披露したとの見解を示し、勝ち点1獲得では満足できない様子だ。<br><br>スペイン『アス』が同指揮官のコメントを伝えている。<br><br>「ほろ苦い感覚でスタジアムを去る。私たちは引き分け以上の結果に値するプレーを見せたのだからね。両チームのパフォーマンスと、どんな結果になるか分からない展開によって、とても見応えのある試合となった」<br><br>「最初の20分間は彼らが試合をコントロールしていたが、私たちはカウンターから打撃を与えることに成功した。攻守が激しく入れ替わる展開で2ゴールを奪われたが、チームが見せたリアクションを胸を張れるものだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.08 22:03 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース