セルタがヘンクの反撃を振り切ってクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 06:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのヘンクvsセルタが20日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-4でセルタがベスト4へ進出している。

▽1週間前にセルタのホームで行われた1stレグでは3-2とセルタが競り勝ったこのカード。

▽開始5分にサマタのヘディングシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのセルタだったが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、16分に決定機。クリアボールをカットしたシストのゴール正面からのコントロールシュートはわずかに枠の右上に外れた。

▽その後もセルタが押し気味に試合を運ぶと、44分に決定機。右クロスにボーヴュがボレーで合わせたシュートがゴール右隅を捉えたが、GKライアンのファインセーブに阻まれる。直後にはボックス手前左のシストがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、49分にトロサルドのコントロールシュートでゴールに迫ったヘンクだったが、わずかに枠の右へ外れると、63分にセルタが決定的なアウェイゴールを奪う。シストがインターセプトからそのまま持ち上がってミドルシュートを叩き込んだ。

▽延長戦に持ち込むには少なくとも2点が必要となった苦しいヘンクは、67分にカブラルからボールを奪ったトロサルドがコントロールシュートを流し込んで1点を返したものの、反撃はここまで。

▽2枚代えを敢行するなど策を出したが、ゴールは遠く、逃げ切ったセルタが前身のUEFAカップ含め、初のベスト4へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

セルタが控え主体のローマを粉砕! 守備崩壊のローマは開幕に不安残す…《プレシーズンマッチ》

▽セルタvsローマのプレシーズンマッチが13日にバライードスで行われ、ホームのセルタが4-1で勝利した。 ▽来週末に開幕を迎える昨季リーガ13位のセルタと、セリエA2位のローマによる開幕前最後のプレシーズンマッチ。前バルセロナ副官のウンスエを新指揮官に迎えたセルタは、アスパスやグイデッティ、シストら昨季までの主力をこの試合で起用した。 ▽一方、前サッスオーロ指揮官でクラブOBのディ・フランチェスコを新指揮官に迎えたローマは、ほぼ主力を起用した2日前のセビージャ戦から大幅なメンバー変更を行い、ブルーノ・ペレスやファシオの一部主力とゴナロンやジェンギズ、ペッレグリーニといった新戦力を起用した。 ▽試合は主力を起用したホームのセルタが、控え主体でコンディションの悪さも目立つローマを相手に序盤からワンサイドゲームを展開した。17分にはセンターバック間のボール回しにプレッシャーをかけたセルタがショートカウンターからボックス内に抜け出したグイデッティがDFファシオに倒されてPK獲得。これをキッカーのアスパスが冷静に流し込み、幸先良く先制に成功した。 ▽PK獲得場面で肩を負傷したグイデッティがプレー続行不可能となり、マキシ・ゴメスを投入したセルタだが、22分に中盤でのプレッシャーをかい潜ったシストがそのまま中央突破してボックス手前から見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を奪取。続く27分にはボックス右に抜け出したマキシ・ゴメスからのグラウンダーのクロスをファーのピストがスライディングで流し込み、3点目を奪った。 ▽その後も中盤でのボールロストや緩慢な寄せが目立つローマを圧倒するセルタは、41分にも右サイドを完全に崩してヴァスの折り返しをゴール前のアスパスが難なく流し込み、前半を4-0でのスコアで終えた。 ▽迎えた後半、ストロートマンやナインゴラン、ゼコなど主力を一気に投入したローマは、後半から主導権を奪い返す。徐々に相手ゴールに迫っていくと、62分にボックス内でゼコのパスを受けたストロートマンが左足で流し込み、ようやく1点を返す。 ▽その後も攻勢を続けるローマは、トゥッミネッロの個人技や相手GKのミスパスをカットしたナインゴランのミドルシュートでゴールに迫るが、なかなか2点目を奪うことができない。 ▽試合終盤にかけては互いに積極的に交代カードを切ったことで、徐々に試合はトーンダウン。それでも、前半のリードをきっちり守り切ったセルタが、ホームで4-1の快勝を収めた。一方、控え主体で臨んだとはいえ、守備が崩壊したローマは、セリエA開幕に向けて不安を残すプレシーズン最終戦となった。 2017.08.14 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

セルタがスロバキア代表MFロボツカを5年契約で獲得

▽セルタは15日、デンマークのノアシェランからスロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカ(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となっている。 ▽セントラルMFのロボツカは2013年夏にアヤックスにレンタルで加入。その後、2015年夏にノアシュエランへ完全移籍し、在籍2シーズンでリーグ戦51試合に出場して9アシストを記録していた。スロバキア代表としてはU-18から各カテゴリーで選出され、2016年11月にA代表デビューを飾っていた。 2017.07.15 23:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ヒザ負傷で長期離脱中のロッシ、セルタと契約ならず

▽セルタは5日、元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(30)と契約を更新しないことを発表した。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂する大ケガを負い、自身4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽そのロッシに対し、セルタは以下のような声明を出した。 「ジュゼッペ・ロッシは新シーズン、セルタでプレーを続けることはできない。クラブは彼の早期復帰、完全復活を願っている。セルタでのプロフェッショナルな態度による貢献に感謝を表する」 ▽なお、所属元のフィオレンティーナとは2017年6月30日までの契約だったため、ロッシはフリーエージェントとなる。 2017.07.06 06:12 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタがスペイン人MFホサベド・サンチェスを完全移籍で獲得

▽セルタは4日、フルアムのスペイン人MFホサベド・サンチェス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となっている。移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)とのことだ。 ▽セビージャのカンテラ出身であるホサベドは、セントラルMFを本職とするパサー。ラージョでの活躍を受けて2016年夏にフルアムへ移籍。しかし、チームに馴染めず2017年冬にセルタへレンタル移籍していた。そのセルタでは主力として活躍し、リーガエスパニョーラで19試合に出場、ヨーロッパリーグでは8試合に出場していた。 2017.07.05 03:53 Wed
twitterfacebook
thumb

柴崎、リーガ1部のクラブ間で争奪戦か?セルタ&マラガも加わり合計4クラブが興味

テネリフェMF柴崎岳は、リーガエスパニョーラ1部のクラブにとっても大きな興味を引く存在となっているのかもしれない。スペイン『オンダ・セロ』のテネリフェ支局によれば、セルタとマラガも同選手の獲得に興味を持っているという。<br><br>ベティス、アラベスの獲得候補に含まれていると報じられた柴崎だが、『オンダ・セロ』によればセルタとマラガも同選手に対する興味を示したとのことだ。なおセルタはEU圏外の3枠が埋まっているために、柴崎を獲得する場合にはDFマルセロ・ディアスを放出するとみられる。<br><br>ここまでの報道が事実ならば、リーガ1部のクラブによる柴崎の争奪戦が開始される可能性もある。一方テネリフェは柴崎を手放すことを望んでおらず、慰留に努めていくようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 23:57 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース