セルタがヘンクの反撃を振り切ってクラブ史上初のベスト4《EL》2017.04.21 06:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのヘンクvsセルタが20日に行われ、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-4でセルタがベスト4へ進出している。

▽1週間前にセルタのホームで行われた1stレグでは3-2とセルタが競り勝ったこのカード。

▽開始5分にサマタのヘディングシュートでゴールを脅かされたアウェイチームのセルタだったが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、16分に決定機。クリアボールをカットしたシストのゴール正面からのコントロールシュートはわずかに枠の右上に外れた。

▽その後もセルタが押し気味に試合を運ぶと、44分に決定機。右クロスにボーヴュがボレーで合わせたシュートがゴール右隅を捉えたが、GKライアンのファインセーブに阻まれる。直後にはボックス手前左のシストがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、49分にトロサルドのコントロールシュートでゴールに迫ったヘンクだったが、わずかに枠の右へ外れると、63分にセルタが決定的なアウェイゴールを奪う。シストがインターセプトからそのまま持ち上がってミドルシュートを叩き込んだ。

▽延長戦に持ち込むには少なくとも2点が必要となった苦しいヘンクは、67分にカブラルからボールを奪ったトロサルドがコントロールシュートを流し込んで1点を返したものの、反撃はここまで。

▽2枚代えを敢行するなど策を出したが、ゴールは遠く、逃げ切ったセルタが前身のUEFAカップ含め、初のベスト4へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

パレホPK弾でセルタに競り勝った2位バレンシアが3戦ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ

▽リーガエスパニョーラ第15節、バレンシアvsセルタが9日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが2-1で勝利した。 ▽前節、10人のヘタフェ相手に今季初黒星を喫した2位のバレンシア(勝ち点31)は、バルセロナ相手にドローに持ち込んだ10位のセルタ(勝ち点18)を相手に3試合ぶりの勝利を目指す。 ▽開始2分にパレホの右CKのこぼれ球に合わせたヴェゾのシュートがクロスバーを叩くなど、いきなりゴールの予感を感じさせる場面を作り出したバレンシア。その後は攻撃力を売りとするセルタの反撃に遭うものの、得意のカウンターで迎え撃つ。22分にはソレールが強さと推進力をみせ、ボックス右に持ち込んでシュートも、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽それでも、きっちりカウンターをフィニッシュに結び付けるホームチームは28分、左サイドで得たCKの場面でキッカーのパレホがニアに入れたボールをザザが巧みなヘッドでニア上に突き刺し、先制点を奪った。 ▽一方、先制点こそ許したものの、シスト、アスパス、マキシ・ゴメスと前線のタレントが要所で見せ場を作るセルタは、34分にピストのクロスに反応したアスパスがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つ。だが、これは相手GKネトの横っ飛びセーブに阻まれた。 ▽その後も一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、バレンシアの1点リードで後半に突入。だが、後半キックオフ直後に攻勢を仕掛けたセルタは、左サイドでピストが折り返したボールをマキシ・ゴメスが収めて反転シュート。このシュートはミートし切れないが、ボックス左に走り込むアスパスへの最高のラストパスとなり、最後はエースが冷静に流し込んだ。 ▽後半早々に試合を振り出しに戻されたバレンシアは、後半に入ってなかなか攻撃が機能しない。流れを変えたいマルセリーノ監督は61分にソレール、66分にロドリゴ・モレノを下げてナチョ・ビダル、サンティ・ミナを続けて投入。 ▽試合終盤に入ると、互いに運動量の低下の影響もあってやや試合はこう着状態に陥る。しかし、今季幾度も勝負強さを発揮してきたバレンシアが勝ち越しに成功する。81分、ボックス内で仕掛けたN・ビダルが相手DFに引っかけられてPKを獲得。ここでキッカーのパレホのシュートはGKルベン・ブランコに完璧に読まれるが、ボールはうまく脇の間を抜けてゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、エムレ・モルやグイデッティと攻撃的なカードを切ったセルタの反撃をきっちり凌ぎ切ったバレンシアが、2-1で勝利。リーグ3試合ぶりの勝利で首位バルセロナへの圧力を強めると共に、2位キープに成功した。 2017.12.10 06:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェノアが元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシをフリーで獲得

▽ジェノアは4日、元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間などは明かされていない。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂する大ケガでキャリア4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽セリエA第15節終了時点で12得点と得点力不足に悩むジェノアは、現在17位と低迷しており、昨季限りで所属元であったフィオレンティーナとの契約を退団して以降、フリーの状態でリハビリを続いていたロッシを緊急補強することとなった。 ▽なお、ジェノアは5日17:30(日本時間6日1:30)から入団会見を行うことを併せて発表している。 2017.12.05 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ&スアレス弾もアスパス1G1Aのセルタにドローで2試合連続引き分け《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは2日、リーガエスパニョーラ第14節でセルタをホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽前節バレンシアとの頂上対決ではメッシの“幻の先制点”の影響もあり、引き分けて連勝が4でストップした首位のバルセロナ(勝ち点35)。そのバルセロナは4日前に行われたコパ・デル・レイ4回戦でムルシア相手に多くの主力を温存したうえ、5-0の快勝を飾った。そのムルシア戦のスタメンからピケ以外の10選手を変更。バレンシア戦のスタメンからN・セメドとヴェルメーレンに代えてピケとセルジ・ロベルトを起用した。 ▽開始1分にセルジ・ゴメスが右肩を脱臼してカブラルとの交代を強いられた9位のセルタ(勝ち点17)に対し、パウリーニョをトップ下に据える中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだバルセロナがメッシを起点に徐々に攻勢を強めていくも、20分に失点する。 ▽ヴァスのスルーパスに抜け出したアスパスにボックス右へ侵入されると、折り返したクロスをマキシ・ゴメスにゴール至近距離からシュートを打たれる。ここはGKテア・シュテーゲンがビッグセーブで阻むも、ルーズボールをアスパスに押し込まれた。 ▽しかし22分、中央突破ですかさず同点ゴールをこじ開ける。イニエスタ、スアレス、パウリーニョとつないで最後はゴールエリア左に走り込んだメッシが蹴り込んだ。 ▽その後も押し込むバルセロナは31分にメッシが左ポスト直撃のシュートを浴びせると、36分にはラキティッチの好クロスからパウリーニョがヘディングシュートでGKルベン・ブランコを強襲していった。 ▽1-1で迎えた後半、開始3分に中央突破を成功させたパウリーニョがGKをかわしてシュートに持ち込んだが、角度が厳しく枠に入れることはできなかった。その後、53分にイニエスタに代えてデニス・スアレスを投入したバルセロナがゆったりとボールを動かして隙を窺うと、62分に流れるようなパスワークから逆転する。 ▽メッシのスルーパスをボックス左のスペースに走り込んだジョルディ・アルバが折り返し、最後はスアレスが押し込んだ。 ▽しかし、直後の64分のメッシのヘディングシュートをGKルベン・ブランコのファインセーブに阻まれたバルセロナは、70分に同点とされる。右足太もも裏を負傷したユムティティがアスパスの突破を許してボックス右まで侵入されると、クロスを受けたマキシ・ゴメスにシュートを蹴り込まれた。 ▽その後、FKの流れからピケに決定機が訪れたバルセロナだったが逸すると、ラキティッチに代えてアルカセルを投入。終盤にかけても攻勢に出たが、5分が与えられた追加タイムでも勝ち越しゴールを奪うには至らず、2-2でタイムアップ。2試合連続引き分けに終わった。 2017.12.02 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

代理人パストレッロがロッシのジェノア移籍を示唆「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチーム」

▽元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシの代理人を務めるアンドレア・パストレッロ氏は、同選手が3週間から1カ月の間にジェノアへ加入する可能性が高いことを明かした。イタリア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂して自身4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽『Tuttomercatoweb.com』によると、昨シーズン限りで所属元であったフィオレンティーナとの契約が終了し、現在フリーの状態が続くロッシには、セリエAで17位に低迷するジェノアが獲得を検討している模様。ロッシの代理人を務めるパストレッロ氏も、ロッシがセリエA復帰に向け前向きな姿勢を見せていることを明かした。 「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチームだ。ロッシもセリエAでもう一度プレーしたいと思っており、復帰に向けすごく意気込んでいるよ」 「ロッシにはイタリアからだけでなく、スペインや様々な欧州諸国からオファーがあった。特にジェノアは有名なクラブだし、復帰クラブとしては最高の環境だと思っている」 「いまのジェノアは17位と低迷しているが、ロッシが加入すれば復調への兆しとなるだろう。契約期間は今シーズン終了までで、1年の延長オプションが付く予定だ」 「これから彼はチームトレーニングに参加し、さらにコンディションをあげる必要がある。3週間から1カ月後には、彼のベストパフォーマンスが見られるだろう」 2017.11.30 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

乾不出場のエイバルがセルタに敗れコパ敗退…《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、セルタvsエイバルが28日にバライードスで行われ、ホームのセルタが1-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたセルタの5回戦進出が決定した。なお、エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽先月にホームで行われた初戦を1-2で落としたエイバルは、敵地での2ndレグで逆転突破を目指す。直近のリーグ戦で今季初の連勝を飾った上り調子のチームは、アラベス戦から先発7人を変更。乾やダニ・ガルシア、セルジ・エンリクら主力を温存した。 ▽試合は立ち上がりからエイバルが押し込む展開に。勝ち抜けには最低でも2点が必要なアウェイチームは、ホルダンやベベが起点を作りながら攻撃の終着点となるキケ・ガルシアが再三のシュートチャンスに絡むが、相手GKの好守に阻まれ、なかなかゴールをこじ開けられない。 ▽迎えた後半も54分にペーニャのパスからベベに決定機も、枠を捉えたシュートは再びGKのビッグセーブに遭う。 ▽何とかゴールをこじ開けたいエイバルは、その後アスケ、アルビージャ、セルジ・エンリクと次々に交代カードを切っていく。しかし、前半から好セーブを連発していたセルヒオ・アルバレスの牙城をあと一歩で破れない。 ▽すると、試合はこのままゴールレスで終了と思われた終盤にセルタが動かす。カウンターからボックス内に抜け出したアスパスがDFに倒されてPKを獲得。これをアスパスが自ら決め、ベスト16進出を決定付ける先制点を奪った。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2戦共にエイバルを退けたセルタが5回戦進出を果たした。 2017.11.29 07:49 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース