超ワールドサッカー

ヴェルメーレン、ローマが買い取りOPを行使せず来季はバルセロナ復帰か2017.04.21 01:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン(31) の買い取りオプションを行使しない意向のようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。

▽ヴェルメーレンは、昨夏にバルセロナからローマにレンタル移籍で加入した。しかし、ケガにより出遅れると、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスやアルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオを前に定位置を確保することができず、ここまでリーグ戦の先発出場が4試合にとどまっている。

▽イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、出場機会が少なく、ケガの多いヴェルメーレンをローマは来季の戦力と見ておらず、買い取りオプションを行使しない見込みだという。

▽なお、ヴェルメーレンの買い取り価格は、1000万ユーロ(約11億3000万円)とみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ2枚にロナウド、イブラ、トッティ…エル・シャーラウィが豪華コレクション披露

ローマに所属するFWステファン・エル・シャーラウィが26日、インスタグラムを更新し、自慢のコレクションを披露した。<br><br>24歳のエル・シャーラウィはこれまでの自身のキャリアにおいて、チャンピオンズリーグ(CL)の舞台やイタリア代表戦において、様々なトッププレーヤーと対戦もしくは競演してきた。自宅の寝室には、戦利品とばかりに豪華コレクションが並べられている。中でも目を引くのはFWリオネル・メッシのユニフォームだ。エル・シャーラウィはバルセロナとの対戦だけではなく、イタリア代表としてアルゼンチン代表とも戦っており、メッシのユニフォームは2種類ゲットしている。<br><br>このほかローマの同僚、FWフランチェスコ・トッティや、ミランで同僚だったFWズラタン・イブラヒモビッチとMFカカ、イタリア代表の先輩、GKジャンルイジ・ブッフォンのユニフォームも並べられている。また対戦相手としては、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドやブラジル代表のFWネイマールのユニフォームが飾られている。さらに、これらのユニフォームの後ろにも、無数のユニフォームがハンガーにかけられており、エル・シャーラウィのコレクションの豪華さが窺える。<br><br>なおエル・シャーラウィは2016-17シーズン、セリエAでは32試合に出場し8ゴールをマーク。ローマの2位フィニッシュに貢献した。来シーズンはCLに参戦することになるが、エル・シャーラウィのコレクションはさらに増えるのだろうか、注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

中田英寿氏、バティやモンテッラとともに名を連ねローマの高額移籍金選手トップ10に

1990年以降、ローマが獲得した高額移籍金の選手のトップ10に元日本代表の中田英寿氏が名を連ねた。ローマ情報サイト『ForzaRoma.info』が25日、特集を組んだ。<br><br>元アルゼンチン代表のレジェンド、ガブリエル・バティストゥータや現ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラ、悪童ながらも天才と称された FWアントニオ・カッサーノらとともに、中田氏は高額移籍金の選手第5位にランクインした。<br><br>中田氏は2000年1月、日本人として初めてローマに入団し、翌年、スクデットを獲得することにも成功した。ローマに加入した当時、中田氏は「才能あるトップ下として評判」の選手であった。だが同ポジションを務め、ローマの王子として親しまれていたフランチェスコ・トッティの脅威となるのではないかと心配され、獲得の際には好意的に見られなかった。だがトッティの壁は大きく、中田氏は在籍した1年半で出場は40試合、6ゴールにとどまった。<br><br>それでも中田氏のゴールは「スクデット争奪戦において決め手となるゴールだった」として称えられている。2000-01シーズンの5月、ローマは優勝争いの渦中にあるユヴェントスと対戦した。前半、ローマはFWアレッサンドロ・デル・ピエロとジネディーヌ・ジダンのゴールでユベントスに0-2とリードを許した。だが後半、トッティに代わってピッチに入った中田が豪快なミドルシュートを放ち1点差に迫った。続いて試合終盤、中田のシュートのこぼれ球をモンテッラが押し込み同点に追いつき、ローマのスクデットの獲得をほぼ確実なものとした。このため中田は「ローマサポーターの間で、伝説的な存在となった」と言われている。<br><br>なお高額移籍金の選手第1位はバティストゥータ、2位はモンテッラとカッサーノとなっている。<br><br>ローマの歴代高額移籍金の選手 トップ101位 ガブリエル・バティストゥータ 3620万ユーロ(約45億円)<br />2位 ヴィンチェンツォ・モンテッラ 2580万ユーロ(約32億円)<br />2位 アントニオ・カッサーノ 2580万ユーロ(約32億円)<br />4位 フアン・マヌエル・イトゥルベ 2450万ユーロ(約31億円)<br />5位 中田英寿 2200万ユーロ(約27億5000万円)<br />6位 モハメド・サラー 2160万ユーロ(約27億円)<br />7位 エメルソン・ダ・ローザ 2000万ユーロ(約25億円)<br />8位 ケビン・ストロートマン 1940万ユーロ(約24億2000万円)<br />9位 ジェルソン 1890万ユーロ(約23億6000万円)<br />10位 クリスティアン・キブ 1800万ユーロ(約22億円)<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル復帰が濃厚のヨベティッチにローマが興味!! セビージャ移籍に動いた敏腕・モンチが今度はローマに引き連れる!?

▽セビージャのモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)に対して、ローマが興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今シーズンはインテルからセビージャにレンタルで加入したヨベティッチ。途中加入ながらもリーグ戦21試合に出場し6ゴールを奪う活躍を見せた。 ▽セビージャ側はヨベティッチを完全移籍で獲得したい考えを持っており、インテルに移籍金の引き下げを打診。しかしインテル側はヨベティッチの移籍金を1400万ユーロに設定しており、この金額を引き下げる考えはないことを伝えたようだ。 ▽交渉が破談となったことでセビージャ側はヨベティッチ獲得を諦めた模様。すると今度はローマが同選手の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』によると、ローマ側はすでにインテルへ獲得の打診を行ったようだ。 ▽また今回の移籍では、セビージャにヨベティッチを連れてきたモンチSD(スポーツ・ディレクター)の存在が大きい様だ。今年4月からローマのSDに就任したモンチ氏は、再びヨベティッチを自身のチームに引き入れるために交渉に臨んでいるという。 2017.06.27 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ナインゴラン獲得をマンチェスター・Uが検討中…現地報道ではすでに接触とも

マンチェスター・ユナイテッドが、ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの獲得に乗り出していると、イタリアメディア『イル・テンポ』が報じている。<br><br>報道によると、マンチェスター・U側は750万ユーロ(約9億円)ほどの契約解除金を用意し、ローマに獲得の打診をしているという。ナインゴランとローマの契約は2020年までとなっており、ローマ側が売却するかどうか、今後の動向が注目されるところだ。<br><br>マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は来シーズンの過密日程に備えて中盤の補強に向けて乗り出しており、その獲得候補の筆頭が今季ローマでリーグ戦37試合11ゴールを記録したナインゴランとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 12:26 Mon
twitterfacebook
thumb

東京Vの羽生社長がトッティ獲得報道に関して言及 「ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれている」

▽東京ヴェルディの羽生英之社長が25日、同日に報じられた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)の獲得報道に関してコメントした。 ▽一部スポーツ紙は25日、東京Vが今季限りでローマを退団するトッティ獲得に関して代理人を務めるトッティの実兄に対して、既に条件掲示を行ったと報じていた。 ▽同日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節、FC町田ゼルビア戦前に囲み取材に応じた羽生社長は、スポーツ紙が報じた条件面などの一部事実を否定しながらも、獲得交渉を行っていることを認めた。 「本人がヴェルディに興味を持ってくれていると聞いています。また、たまたま私たちが懇意にしている方からその話を聞き、“それは興味深い”という形で話がスタートしました。ただ、お金があるクラブではなく、金額的に全然、私たちのもとに来て頂けるものではありません。それで“無理だな”と思っていたところ、私たちを支えてくれている人たちに相談したところ、考えてもいいのではないかとの返事を頂きました」 「そこに関してはトッティ選手の持っている肖像権なりを、何処までヴェルディが自由に使えるかという部分で可能性はあるのではないかという話になり、では交渉をしてみましょうという形になりました。こちらとしては金額的に彼らが指定した金額を下げてもらう交渉をしています。他のアメリカのチームなどは我々の倍以上の金額を掲示しています。ただ、本人はお金とかではなく、東京に対するシンパシーを持ってくれているようです。彼が幼少時代に『キャプテン翼』を好きでそれに絡んで興味を持ってくれているようです」 「可能性に関しては彼の年俸を準備できるかということ。また、我々がここまで下げてくださいといった条件をのんでくれるかという状況です。そういう意味ではまだ何も決まっていません」 「ただ、夢のある話だし、Jリーグにとっても良い話だと思います。アウェイでもお客さんが入ってくれると思います」 ▽また、羽生社長は現場サイドから獲得にゴーサインが出ていることも認めている。 「仮に来てもらう場合、使うのは監督なので監督には相談しています。監督からは“喜んで使いたい”、“逆に、獲ってください”と言われています。ロティーナ監督にとってそういった評価の選手だということです」 ▽その一方で、100万ユーロ(約1億2400万円)と報じられたサラリーに関しては、「全然違います。紙面で報じられた額であれば、いますぐにでも獲得に動きます。あのぐらいの額であれば、誰の力も借りずに1年契約で入場料などで持てるリスクの範囲内です。そのぐらいのリスクを張っていいかは、うちの役員会だけで決められます」と、倍以上の金額であることを示唆した。 ▽現役引退でローマのフロント入りの可能性や、アメリカ行きも噂されるトッティ獲得は、高額な年俸面を含め、東京Vにとって困難なオペレーションだ。それでも、羽生社長は同選手がローマと同様に、日本の首都である東京でのプレーに関心を持っていることを理由に、獲得の可能性を模索しているという。 「彼はローマでずっと育って、ローマでやってきた。そのローマを代表するプレーヤーとして、ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれているという話です。だから、引退後もそういう立場になれれば、嬉しいと言ってくれているそうです。それは私たちにとってもウェルカムです」 ▽なお、現在ギリシャでバカンス中のトッティは、今後オファーを吟味したうえ、近日中に去就を決める予定とのことだ。 ▽1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。“永遠の都”一筋のキャリアを築いてきたワンクラブマンは、“日本の首都”で新たな皇帝として君臨することになるのか。 2017.06.25 22:35 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース