【セリエA第33節プレビュー】EL目指すヴィオラvsインテル開催2017.04.21 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節行われたミラノ・ダービーはサパタのラストプレー弾でミランが引き分けに持ち込み、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位を死守した。優勝争いでは首位ユベントスが勝利した一方、2位ローマが引き分けたことで8ポイント差に広がっている。そして3位ナポリが勝利したため、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインのできる2位ローマとのポイント差が2に縮まった。迎える第33節はEL出場を狙うフィオレンティーナvsインテルが行われる。

▽前節ミランとのダービーマッチを指定された追加タイムを1分半過ぎたラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込まれた7位インテル(勝ち点56)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点52)とのアウェイ戦に臨む。審判のジャッジに泣かされる形となって4戦勝利から見放されているインテルは、6位ミランを2ポイント差で追う中、前節エンポリ戦で7試合ぶりの敗戦を喫し、一発退場となったカリニッチが出場停止となるフィオレンティーナを相手に5試合ぶりの勝利を目指す。ダービーでリーグ戦10試合ぶりに先発に抜擢され、ミラン陣営の攻撃のキーマンであるスソをほぼ完ぺきに封じる働きを見せた長友は引き続き先発予想となっている。

▽最下位ペスカーラを相手にイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、16位ジェノア(勝ち点30)を32連勝中のホームに迎える。2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進める中、水曜日に行われたCLバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。ジェノアはユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦では終了間際の被弾によって5試合ぶりの勝利を逃したものの、連敗を4で止めている。そのジェノアを下し、アタランタ、トリノ、ローマと続く難敵との3連戦に臨めるか。

▽アタランタに勝ち切れず引き分け止まりに終わった2位ローマ(勝ち点72)は、最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦ではゼコに5戦連続ゴールが生まれたものの、相手の粘り強い守備の前に攻めあぐね、逆転ゴールを奪うには至らなかった。次節ラツィオとのダービーを前に勝利を取り戻し、2位死守とともにユベントス追走としたい。

▽3位ナポリ(勝ち点70)は、日曜日のランチタイムに15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。公式戦ここ3試合連続3ゴール中と攻撃陣が絶好調のナポリは、前節サンプドリア戦で7試合ぶりの勝利を手にし、残留をほぼ確実としているサッスオーロを下してローマにプレッシャーをかけたい。

▽その他、前節ジェノア戦を終了間際のルイス・アルベルト弾で辛くも引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点61)は、19位パレルモとのホーム戦に臨み、アレハンドロ・ゴメスを欠きながらもローマに引き分けた5位アタランタ(勝ち点60)は、14位ボローニャ(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。

◆セリエA第33節
▽4/22(土)
《25:00》
アタランタ vs ボローニャ
《27:45》
フィオレンティーナ vs インテル

▽4/23(日)
《19:30》
サッスオーロ vs ナポリ
《22:00》
ウディネーゼ vs カリアリ
ラツィオ vs パレルモ
サンプドリア vs クロトーネ
ミラン vs エンポリ
キエーボ vs トリノ
《27:45》
ユベントス vs ジェノア

▽4/24(月)
《27:45》
ペスカーラ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

シティ戦で途中交代のインシーニェが太ももを負傷、インテル戦は欠場濃厚

▽ナポリは18日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが太ももを負傷したことを発表した。 ▽インシーニェは前日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節のマンチェスター・シティ戦で先発していたが、57分に交代を強いられていた。 ▽ナポリはインシーニェの負傷についてクラブの公式サイトで次のように発表している。 「インシーニェは右足の太ももに張りを感じたと訴えてきた。重傷ではないとの初見だが、毎日の検査で状態を確認していく」 ▽重傷ではないと発表したナポリだが、21日に行われるセリエA第9節インテル戦は欠場することが濃厚のようだ。 2017.10.19 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、ダービーでハットのイカルディにラブコール「ミランは彼を買って」

ニースのFWマリオ・バロテッリがインスタグラムを更新し、インテルの主将FWマウロ・イカルディを称えた。<br><br>バロテッリは今シーズン、ニースで2年目を送っており、開幕直後はケガにより出遅れたものの、これまでリーグ・アン6試合に出場、5得点を挙げている。私生活でも第2子となる男児が誕生したばかりと充実しているが、チームは現在2連敗を喫しており、順位表でも14位と調子を落としている。<br><br>バロテッリは15日に行われた自身の古巣2クラブによるミラノ・ダービーに大きな刺激を受けたようだ。伝統の一戦は、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルが、今夏に大型補強を行い話題となったミランを3-2で下した。バロテッリはSNSを更新し、この試合で先制点を挙げるなどしてハットトリックを決めたアルゼンチン代表FWを称賛している。<br><br>「この青年に拍手を送りたい。本当に素晴らしい。真のエースストライカーだ。ミランが目を覚まして彼を買ってくれたらなあ」<br><br>バロテッリは両クラブに在籍した経験を持つが、インテルでは2010年にジョゼ・モウリーニョ監督の下、トリプレーテ(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの3冠)を達成している。それでもミラニスタを公言しているバロテッリは、インテルの主将が移籍し、自身が応援するミランの戦力となってくれることを願った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、伊主要紙のダービー評価は?「軍人のようにサイド防衛」の一方で最低評価も

ミラノ・ダービーに先発したインテルのDF長友佑都に対するイタリア各紙の意見は分かれた。<br><br>インテルは15日、セリエA第8節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合は主将FWマウロ・イカルディがハットトリックを決め、3-2でシーソーゲームを制して順位表でも単独2位に浮上した。今シーズン、長友は新加入のDFダルベルト・エンリケと交互に起用されるなど、左サイドバックにおいて熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。しかし慎重な守備が必要とされるミラノダービーでは、前節のベネヴェント戦に引き続きベテランの長友が起用され、フル出場を果たしている。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』はワースト選手として長友を挙げ、MFロベルト・ガリアルディーニと並びチーム内最低点となる「5,5」をつけた。「前半はガリアルディーニとともに唯一の汚点となったが、(ファビオ)ボリーニがチャンスを無駄にした。後半は文字通り、元リヴァプールの選手によって隅へ追いやられた」と述べ、対面したボリーニに手を焼いていたと指摘した。なお最高評価はハットトリックを決めたFWマウロ・イカルディの「9」となっている。<br><br>一方、『トゥット・スポルト』は「6」の評価を下し、「優秀な兵士は軍人のような顔つきでサイドを防衛した」と綴り、長友の守備に合格点を与えた。最高点はイカルディの「9」、最低点は途中出場したDFジョアン・カンセロの「5,5」となっている。<br><br>また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、及第点となる「6」の評価を与えている。「守備に注意深く、ダウベルトより好まれた。足元にボールを持つと震えていたが、惨事を起こすこともなかった」として、長友が与えられた役割をこなしていたと分析した。なお最高点および最低点も同じく、イカルディの「9」、カンセロの「5,5」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.17 21:53 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが3冠達成のインテル時代を振り返る「恋愛関係のようだった」

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがフランスメディア『TF1』のテレビ番組に出演し、インテルへの愛を告白した。<br><br>番組内では、各国強豪クラブを渡り歩いた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;のキャリアを振り返り、2008年から2年間在籍したインテルについても触れている。モウリーニョは就任1年目にセリエAおよびイタリア・スーパーカップを制したが、翌年、2009-10シーズンには偉業を達成している。チャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘンを2-0で退け、インテルに45年ぶりとなる栄冠をもたらした。また同年にセリエAおよびコッパ・イタリアも制し、イタリア勢史上初となるトリプレーテ(3冠)を達成した。<br><br>「インテルはとても特別だった。重要なタイトルを獲得するのは、キャリアにおいてラストチャンスになるかもしれない年齢の選手たちがいて、まるで恋愛関係のようだった。皆で(元会長のマッシモ)モラッティやすべてのインテルファンに想像できないような喜びをプレゼントすることができた」<br><br>モウリーニョは3冠を達成した直後にインテル指揮官の座を辞任し、翌シーズンからレアル・マドリーの指揮を執ったが、これについては、「レアル・マドリーへ行って、史上最強のバルセロナと戦うのに絶好のタイミングだった」と、説明している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:34 Mon
twitterfacebook
thumb

往年の世界最高DFネスタに最も近いのは?インテルから意外な選手を挙げる

元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタに最も近いディフェンダーはインテルのDFミラン・シュクリニアルであると、フランス紙『レキップ』が15日、伝えている。<br><br>ネスタは引退後、2015年からミランで同僚だったパオロ・マルディーニ氏らの協力の下に設立したマイアミFCの指揮官となった。マイアミは2016年からNASLに参戦すると、1年目を7位で終え、2017年のスプリングシーズンを制した。現在、行われているフォールシーズンでは2位につけている。<br><br>現役時代はイタリア代表で2006年ドイツ・ワールドカップに出場し、世界王者に輝いたほか、ミランやラツィオなど所属クラブでも活躍し、数々のトロフィーを手にしてきたネスタ。世界最高峰のセンターバックの一人と謳われた自身の後継者について問われると、最も近い存在としてインテルへ加入したスロバキア代表の22歳、シュクリニアルを挙げた。「新ネスタはもう出てこないと思う。だが現段階で、シュクリニアルが最も似ている選手だ」と述べている。<br><br>シュクリニアルは今シーズン、インテルにおいてセリエAの全8試合に先発出場し、7勝1分と負けなしの快進撃を支えている。9月16日のクロトーネ戦ではセリエA初ゴールも決めた若きセンターバック、シュクリニアルの成長は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:31 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース