【セリエA第33節プレビュー】EL目指すヴィオラvsインテル開催2017.04.21 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節行われたミラノ・ダービーはサパタのラストプレー弾でミランが引き分けに持ち込み、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位を死守した。優勝争いでは首位ユベントスが勝利した一方、2位ローマが引き分けたことで8ポイント差に広がっている。そして3位ナポリが勝利したため、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインのできる2位ローマとのポイント差が2に縮まった。迎える第33節はEL出場を狙うフィオレンティーナvsインテルが行われる。

▽前節ミランとのダービーマッチを指定された追加タイムを1分半過ぎたラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込まれた7位インテル(勝ち点56)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点52)とのアウェイ戦に臨む。審判のジャッジに泣かされる形となって4戦勝利から見放されているインテルは、6位ミランを2ポイント差で追う中、前節エンポリ戦で7試合ぶりの敗戦を喫し、一発退場となったカリニッチが出場停止となるフィオレンティーナを相手に5試合ぶりの勝利を目指す。ダービーでリーグ戦10試合ぶりに先発に抜擢され、ミラン陣営の攻撃のキーマンであるスソをほぼ完ぺきに封じる働きを見せた長友は引き続き先発予想となっている。

▽最下位ペスカーラを相手にイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、16位ジェノア(勝ち点30)を32連勝中のホームに迎える。2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進める中、水曜日に行われたCLバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。ジェノアはユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦では終了間際の被弾によって5試合ぶりの勝利を逃したものの、連敗を4で止めている。そのジェノアを下し、アタランタ、トリノ、ローマと続く難敵との3連戦に臨めるか。

▽アタランタに勝ち切れず引き分け止まりに終わった2位ローマ(勝ち点72)は、最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦ではゼコに5戦連続ゴールが生まれたものの、相手の粘り強い守備の前に攻めあぐね、逆転ゴールを奪うには至らなかった。次節ラツィオとのダービーを前に勝利を取り戻し、2位死守とともにユベントス追走としたい。

▽3位ナポリ(勝ち点70)は、日曜日のランチタイムに15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。公式戦ここ3試合連続3ゴール中と攻撃陣が絶好調のナポリは、前節サンプドリア戦で7試合ぶりの勝利を手にし、残留をほぼ確実としているサッスオーロを下してローマにプレッシャーをかけたい。

▽その他、前節ジェノア戦を終了間際のルイス・アルベルト弾で辛くも引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点61)は、19位パレルモとのホーム戦に臨み、アレハンドロ・ゴメスを欠きながらもローマに引き分けた5位アタランタ(勝ち点60)は、14位ボローニャ(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。

◆セリエA第33節
▽4/22(土)
《25:00》
アタランタ vs ボローニャ
《27:45》
フィオレンティーナ vs インテル

▽4/23(日)
《19:30》
サッスオーロ vs ナポリ
《22:00》
ウディネーゼ vs カリアリ
ラツィオ vs パレルモ
サンプドリア vs クロトーネ
ミラン vs エンポリ
キエーボ vs トリノ
《27:45》
ユベントス vs ジェノア

▽4/24(月)
《27:45》
ペスカーラ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

インテルがバレンシアからポルトガル代表DFカンセロ獲得! 長友に強力ライバル

▽インテルは22日、バレンシアからポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「7」に決定している。 ▽母国屈指の名門、ベンフィカの下部組織出身のカンセロは、2014年にトップチームデビュー。2014-15シーズン途中にバレンシアへレンタル移籍で加入すると、その翌年に完全移籍で正式加入した。 ▽卓越したスピードと運動量、攻撃センスを併せ持つカンセロは、サイドバックからウイングまでこなす右サイドのスペシャリスト。バレンシアでは公式戦91試合に出場し、4ゴールを記録している。また、2016年9月にデビューを果たしたポルトガル代表では、ここまで5試合に出場し3ゴールを挙げている。 ▽今夏の移籍市場ではバルセロナやユベントス、チェルシー、トッテナムなど錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示してきたが、インテルからバレンシアに旅立ったフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)とのトレードという形でセリエA行きを果すことになった。 2017.08.23 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルOB、長友佑都の奮闘を認めるも辛口「一生懸命だがクオリティは別の話」

インテルのOBナッザレーノ・カヌーティ氏は21日、移籍市場情報サイト『トゥットメルカートウェブ』のインタビューに応じ、開幕戦のフィオレンティーナ戦にフル出場した日本代表のDF長友佑都について、厳しい評価を下した。<br><br>カヌーティ氏はインテルの下部組織出身で、1970年代から80年代にかけてインテルでプレーした。1979-80シーズンにはスクデットを獲得し、コッパ・イタリアも2度制した経験を持つ。今シーズンから始動したルチアーノ・スパレッティ指揮下のインテルについて、持論を展開している。フィオレンティーナ戦に先発した長友とDFダニーロ・ダンブロージオの両サイドバックには厳しい姿勢を見せた。<br><br>「全体的に見て、このインテルは気に入った。ただ昨日と比較して、ディフェンスラインを修正する必要がある。なぜならナガトモは頑張ってはいるが、クオリティは別の話だ。ダンブロージオは昨日、クロスを1本も上げなかった。新加入の選手が入ったらどうなるか見守ろう。1試合で7-8本クロスを出せればよいのだが。イカルディもチャンスを生かせるだろう」<br><br>カヌーティ氏は自身が指摘するサイドバックの問題が解決できれば、インテルはチャンピオンズリーグ出場権獲得を視野に戦えるチームであると述べている。<br><br>「私はネガティブでもポジティブでも両極端ではない。まずまずのチームだと思う。伸びしろはかなりあるし、もし両サイドの問題が解決できれば、3-4位は狙えると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

伊主要紙、インテル長友佑都の開幕戦評価は分かれる…「ほぼアシストの後はブレーキ」

開幕戦インテル対フィオレンティーナに出場した日本代表のDF長友佑都について、イタリア紙の評価は分かれた。<br><br>セリエA第1節が20日に行われ、インテルはフィオレンティーナと対戦した。当初、イタリアの複数メディアにより新戦力の23歳、DFダウベルト・エンリケの先発が予想されていたため、長友の先発が発表されると驚きをもって報じられた。なおインテルの先制点となった主将FWマウロ・イカルディのPK獲得のシーンでは長友のロングパスが起点となったほか、フル出場を果たして3-0での完封勝利に貢献している。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』は長友に及第点となる「6」を与えた。「スタートダッシュから2回、&ldquo;ほぼアシスト&rdquo;を見せたが、その後はブレーキがかかってしまった」との寸評を加えて、先制点につながるPKを誘引したFWマウロ・イカルディへのロングパスや、MFマティアス・ベシーノへのクロスを評価した。しかし、その後はパフォーマンスが低下してしまったことを指摘した。チーム内の最高点はドッピエッタ(1試合2得点)を決めたイカルディの「8」、最低点は長友とともにサプライズ先発となったもののミスが目立ったMFマルセロ・ブロゾビッチの「5,5」だった。<br><br>『トゥット・スポルト』も同様に及第点の「6」を長友につけ、「守備ではやや生き生きとしていたが、スピードを上げるとダメ」としている。最高点はイカルディと3点目を決めたMFイヴァン・ペリシッチの「7,5」、最低点はブロゾビッチとDFジョアン・ミランダの「5,5」となっている。<br><br>一方で『ガゼッタ・デロ・スポルト』はブロゾビッチ、DFダニーロ・ダンブロージオと並びチーム最低点となる「5,5」の評価を長友に与えている。なお最高点はイカルディの「8」となっている。<br><br>ただ『イル・ジョルナーレ』は対照的な評価を与えている。最高点を得たイカルディの「7,5」に次ぐ「7」を長友に与え、「彼のロングパスで1-0となるPKを獲得できた。そして生かすことはできなかったがベシーノへのパスも」として、チャンスメイクを称えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:26 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、インテルからフランス代表MFコンドグビアを買取OP付きのレンタルで獲得!

▽バレンシアは21日、インテルからフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、バレンシアが今季終了後に買い取りオプションを行使する場合、2500万ユーロ(約32億円)を支払わなければならないという。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、ここまで公式戦84試合に出場し、3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となっていた。 ▽なお、今回の移籍はバレンシアからインテル行きが確実視されているポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の交渉の一部に含まれている模様だ。 ▽2012年から2013年まで在籍していたセビージャ時代以来のリーガ復帰となるコンドグビアは、バレンシアの地でその才能を開花させることができるか。 2017.08.22 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

サプライズ采配で開幕戦先発の長友佑都を伊メディアが評価「えり抜きのロングパサー」

開幕戦のフィオレンティーナ戦でフル出場を飾ったインテルのDF長友佑都について、イタリアメディアは高評価を与えている。<br><br>セリエA第1節が20日に行われ、インテルはフィオレンティーナと対戦した。当初、イタリアの複数メディアにより新戦力の23歳、DFダウベルト・エンリケの先発が予想されていたため、長友の先発が発表されると驚きをもって報じられた。なお、インテルの先制点となった主将FWマウロ・イカルディのPK獲得のシーンでは長友のロングパスが起点となったほか、フル出場を果たして3-0での完封勝利に貢献している。<br><br>『ユーロスポーツ』は長友に「6.5」を与え、「すばしこいジル・ディアスを前に落ち着かない夜を過ごすも、今回に限っては、日本人選手はミスを犯さなかった。えり抜きのロングパサー。PKへつながるプレーの起点となった」と高く評価した。なおチーム内最高評価はドッピエッタ(1試合2得点)を決めたイカルディの「7.5」、最低評価はMFアントニオ・カンドレーバら4選手の「6」で及第点の評価となっている。また『メディアセット』も同様に長友に対し、チーム内で平均的ながらも「6.5」と高評価を与えている。<br><br>移籍市場情報サイト『カルチョメルカート・コム』も長友に対し、「6.5」の評価を与えている。「メアッツァのスピーカーからスタメン発表が放送されると、観衆から少々ヤジが飛んだ。エネルギーに満ち溢れ、良いパフォーマンスを見せた。イカルディへのアシストは彼。アルゼンチン選手はPK獲得に成功した。(マティアス)ベシーノへもパスを送ったが元ヴィオーラ(フィオレンティーナ)の選手が無駄にしてしまった」との寸評を加え、長友の効果的なパスを称えた。なおチーム内の最高評価はイカルディの「8」、最低評価はDFダニーロ・ダンブロージオら3選手の「6」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.21 22:33 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース