【セリエA第33節プレビュー】EL目指すヴィオラvsインテル開催2017.04.21 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節行われたミラノ・ダービーはサパタのラストプレー弾でミランが引き分けに持ち込み、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位を死守した。優勝争いでは首位ユベントスが勝利した一方、2位ローマが引き分けたことで8ポイント差に広がっている。そして3位ナポリが勝利したため、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインのできる2位ローマとのポイント差が2に縮まった。迎える第33節はEL出場を狙うフィオレンティーナvsインテルが行われる。

▽前節ミランとのダービーマッチを指定された追加タイムを1分半過ぎたラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込まれた7位インテル(勝ち点56)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点52)とのアウェイ戦に臨む。審判のジャッジに泣かされる形となって4戦勝利から見放されているインテルは、6位ミランを2ポイント差で追う中、前節エンポリ戦で7試合ぶりの敗戦を喫し、一発退場となったカリニッチが出場停止となるフィオレンティーナを相手に5試合ぶりの勝利を目指す。ダービーでリーグ戦10試合ぶりに先発に抜擢され、ミラン陣営の攻撃のキーマンであるスソをほぼ完ぺきに封じる働きを見せた長友は引き続き先発予想となっている。

▽最下位ペスカーラを相手にイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、16位ジェノア(勝ち点30)を32連勝中のホームに迎える。2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進める中、水曜日に行われたCLバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。ジェノアはユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦では終了間際の被弾によって5試合ぶりの勝利を逃したものの、連敗を4で止めている。そのジェノアを下し、アタランタ、トリノ、ローマと続く難敵との3連戦に臨めるか。

▽アタランタに勝ち切れず引き分け止まりに終わった2位ローマ(勝ち点72)は、最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦ではゼコに5戦連続ゴールが生まれたものの、相手の粘り強い守備の前に攻めあぐね、逆転ゴールを奪うには至らなかった。次節ラツィオとのダービーを前に勝利を取り戻し、2位死守とともにユベントス追走としたい。

▽3位ナポリ(勝ち点70)は、日曜日のランチタイムに15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。公式戦ここ3試合連続3ゴール中と攻撃陣が絶好調のナポリは、前節サンプドリア戦で7試合ぶりの勝利を手にし、残留をほぼ確実としているサッスオーロを下してローマにプレッシャーをかけたい。

▽その他、前節ジェノア戦を終了間際のルイス・アルベルト弾で辛くも引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点61)は、19位パレルモとのホーム戦に臨み、アレハンドロ・ゴメスを欠きながらもローマに引き分けた5位アタランタ(勝ち点60)は、14位ボローニャ(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。

◆セリエA第33節
▽4/22(土)
《25:00》
アタランタ vs ボローニャ
《27:45》
フィオレンティーナ vs インテル

▽4/23(日)
《19:30》
サッスオーロ vs ナポリ
《22:00》
ウディネーゼ vs カリアリ
ラツィオ vs パレルモ
サンプドリア vs クロトーネ
ミラン vs エンポリ
キエーボ vs トリノ
《27:45》
ユベントス vs ジェノア

▽4/24(月)
《27:45》
ペスカーラ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

ベンチ外続くイカルディ、重傷説を一蹴…4日ミラノダービーで復帰か

インテルの主将FWマウロ・イカルディは、インテル公式チャンネル『インテルTV』のインタビューにおいて、復調をアピールした。<br><br>イカルディは今シーズン、リーグ戦22試合に出場18ゴールを決め、主砲としてチームに貢献していたが、内転筋のトラブルにより、3日のクロトーネ戦以降、ベンチ外が続いている。現在も全体練習から外れてトレーニングを続けており、24日のベネヴェント戦も欠場する見込みとなった。<br><br>復帰が想定外に遅れていることで、右ひざにケガを負っているのではないかとの報道が流れた。<br><br>するとインテルの主将は報道を否定。「なぜそういった話になっているのか分からない。前半戦のボローニャ戦とトリノ戦で打撲したが、過去のことだ」と強調した。内転筋のトラブルについては、「回復している。チームの助けになれるよう、できる限り早く戻りたい」とアピールした。<br><br>『Goal』の取材によれば、ルチアーノ・スパレッティ監督は、イカルディの復帰を3月4日に行われるミラノダービーに合わせる見込みだ。インテルは今シーズンの序盤、無敗の快進撃を続けたものの、12月中旬以降は失速。今節では、ローマやラツィオに追い抜かれ、順位を5位に落とした。4位までに与えられるチャンピオンズリーグ出場権を確保するためにも、7ポイント差で背後に迫るミランとの直接対決に照準を当てている。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、デ・フライと既に加入合意か…ただ、CL権次第で状況一変も

▽イタリア『La Repubblica』が、ラツィオに所属するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)のインテル移籍を報じた。 ▽ラツィオで不動のセンターバックを務めるものの、契約が今シーズン限りとなっているデ・フライ。同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるイグリ・ターレ氏が先日、延長交渉の決裂を公言したことで、デ・フライの行先に注目が集まっている。 ▽そのデ・フライを巡っては、ユベントスやナポリ、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといった錚々たるクラブの関心が取り沙汰されているが、インテルが既に争奪戦を制している状況だという。 ▽伝えられるところによれば、インテルとデ・フライは、年俸400万ユーロ(約5億3000万円)+ボーナスの5年契約でプレ合意。だが、全てはインテルがチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるか否かにかかっているとみられている。 2018.02.21 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、財政難でMFコンドグビア買い取り断念か

▽スペイン『マルカ』は、バレンシアがフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使するには財政的に難しいと伝えている。 ▽『マルカ』によると、収入の減少や欧州連合(EU)からの利息額の返還要求などで財政難に陥っているバレンシアが、コンドグビアの買い取りオプション“2500万ユーロ(約33億円)”を行使するには、主力選手を数名売り払う必要があるという。 ▽また、同紙はバレンシアが今冬の移籍市場でアーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことに触れ、万が一コンドグビアの買い取りが失敗しても、その影響は軽減されたと伝えている。 ▽今季インテルからレンタル移籍で加入したコンドグビアは、ここまで素晴らしいパフォーマンスを披露しており、公式戦25試合で3ゴールを記録。3位と躍進するクラブを中盤の底から支えている。 2018.02.20 03:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「インテルは7,8人がほかを排除しようとしていた」。元監督が異様な状況を明かす

▽元インテル監督のフランク・デ・ブール氏が、イタリアでの経験を振り返った。オランダ『Ziggoスポーツ』に対するコメントをイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽デ・ブール氏は2016年8月にインテルの監督に就任したが、周囲の信頼を得るには至らず、同年11月に解任された。 ▽同氏は「インテルでは7、8人の選手がほかを排除しようとした。経験したことがなかった。私の練習は役に立たないもののように扱われた」と、古巣について語っている。 ▽インテルでの練習は「まさに混乱だった」とデ・ブール氏。「選手たちは好き勝手やっていた。ベースとなるポジションを定めようとしたが、あんなのは見たことがなかった。アヤックスのユースチームの選手たちの方がよくやっていたくらいだ」。 ▽インテルは当時、シーズン開幕直前にロベルト・マンチーニ監督がクラブを去り、急きょデ・ブール氏を招へいしていた。 2018.02.20 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

負けて4位のインテル、第25節を終え不振の昨季と同ポイント&同ゴール数に

セリエA第25節を終え、インテルは昨シーズンと同じ48ポイントにとどまっている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が18日、報じた。<br><br>今シーズン、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは、開幕直後から12月上旬にかけて、無敗の快進撃を続け、一時はナポリやユベントスを抑え、順位表でトップに立った。しかし、12月3日のキエーボ戦(5-0)を最後に、約2カ月間、勝利から遠ざかると、優勝争いからずるずると後退。前節のボローニャ戦(2-1)において、久々の勝利を手にしたのだが、17日のジェノア戦(0-2)では敗れ、再び勢いは止まった。<br><br>インテルは現在、25試合を終えて48ポイントで4位につけるが、この成績はフランク・デ・ブールおよびステファノ・ピオリが指揮した昨シーズンと重なる。昨シーズンは第25節を終えて15勝7敗3分。13勝3敗9分の今シーズンより、勝利が多かった分、負けも多く、同ポイントとなった。また不振が大々的に報じられた昨シーズンとは、ポイントだけにとどまらず、ゴール数も40得点と重なる。<br><br>開幕後の&ldquo;好調&rdquo;から一転、昨年と同レベルの&ldquo;不振&rdquo;に陥ったスパレッティは、『Raiスポーツ』のインタビューにおいて、「フロントとは関係にひびが入ったわけではないが、私の仕事を分析するだろうし、決断を下す可能性だってある。幹部が私を評価するのは普通のことだ」と述べ、覚悟を決めている。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 18:47 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース