超ワールドサッカー

PFAベストイレブンが発表!! チェルシー&トッテナムから最多4選手が選出2017.04.21 00:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は20日、2016-17シーズンのベストイレブンを発表した。

▽今回発表されたベストイレブンでは、プレミアリーグで首位に立つチェルシーから、年間最優秀選手賞の候補にも残っているベルギー代表MFエデン・アザールやMFフランス代表MFエンゴロ・カンテなど最多タイとなる4選手が選出。また、プレミアリーグで2位につけるトッテナムからも得点ランキング2位のイングランドFWハリー・ケインや昨季PFA年間最優秀若手選手を受賞したイングランド代表MFデレ・アリら4選手が選出された。

▽なお、PFA年間最優秀選手賞の受賞者は23日にロンドンで発表される。今回発表されたPFAベストイレブンは以下の通り。
(C)CWS Brains,LTD.
GK
ダビド・デ・ヘア (マンチェスター・ユナイテッド)

DF
カイル・ウォーカー (トッテナム)
ギャリー・ケイヒル (チェルシー)
ダビド・ルイス (チェルシー)
ダニー・ローズ (トッテナム)

MF
サディオ・マネ (リバプール)
デレ・アリ (トッテナム)
エンゴロ・カンテ (チェルシー)
エデン・アザール (チェルシー)

FW
ロメル・ルカク (エバートン)
ハリー・ケイン (トッテナム)
※フォーメーションはPFA公式サイト参照

コメント

関連ニュース

thumb

リヨン、チェルシーから若手FWバートランド・トラオレを獲得!

▽リヨンは26日、チェルシーからブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。リヨンはトラオレの移籍金として1000万ユーロ(約12億5000万円)+ボーナスをチェルシーに支払うことになる。 ▽リヨンを率いるブルーノ・ジェネシオ監督は、ジャン=ミシェル・オラス会長と共に出席した公式会見の場でトラオレへの大きな期待を口にしている。 「彼の多様性は我々にとって非常に興味深い。センターフォワードに加え、両サイドでもプレー可能だ。同様にスペースにおいてもスピードを発揮してくれる」 ▽2013年にオセールのユースチームからチェルシーの下部組織に加入したトラオレは、すぐさまフィテッセにレンタル移籍。同クラブで2シーズンを過ごした後、復帰したチェルシーでは2015-16シーズンに公式戦16試合に出場し、4ゴールを記録した。 ▽今シーズンは再びレンタルで加入したアヤックスで公式戦39試合に出場し、13ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグ準決勝では、今回移籍が決まったリヨン相手の1stレグで2ゴール1アシストの大暴れを見せていた。 2017.06.27 04:18 Tue
twitterfacebook
thumb

アザールの負担軽減へチェルシーがセビージャMFビトロ獲得に興味か?

▽チェルシーがセビージャに所属するスペイン代表MFビトロ(27)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2013年6月にラス・パルマスからセビージャに加入したビトロは今シーズン、公式戦43試合に出場し、6ゴール10アシストを記録。リーガエスパニョーラではチームのチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ出場権獲得に貢献した。 ▽伝えるところによると、チェルシーはビトロの獲得を画策している模様。同クラブを率いるアントニオ・コンテ監督は、CLもある来シーズンに向けた選手層の拡充とエースであるベルギー代表MFエデン・アザールの負担軽減のため、高く評価するビトロの獲得を熱望しているとのことだ。セビージャとの契約期間を2020年6月30日まで残しているビトロの契約には、3500万ポンド(約49億7000万円)のリリース条項が含まれている模様だ。 ▽なお、アトレティコ・マドリーもビトロの獲得へ関心を寄せているが、国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の移籍市場における選手登録を禁じられており、獲得しても来年の1月1日までプレーすることができない。スペイン『マルカ』先日、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を古巣ラス・パルマスでプレーさせることを考えていると報じており、選手自身も「ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う」と前向きなコメントを残していた。 2017.06.26 21:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マティッチ獲得発表へ

▽かねてからチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)に関心を示していたマンチェスター・ユナイテッドがついに獲得にこぎつけたようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽同メディアによると、両者は4000万ポンド(約56億8000万円)程度の移籍金で合意。マティッチとも個人条件面で合意しており、週給15万5000ポンド(約2200万円)を受け取る見込みだ。マティッチは、数日中にもメディカルチェックに臨むとみられている。 ▽2014年に自身2度目となるチェルシー移籍を果たしたマティッチは、恵まれた体格を生かした広範囲にわたる守備で、チェルシーのディフェンシブMFとして君臨。これまでにプレミアリーグ制覇3回と、1度のFAカップ優勝に貢献した。 ▽そんなマティッチだが、今夏の移籍マーケットでチェルシーがモナコのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の獲得に関心を示したことで、退団の噂が徐々に拡大。イギリスの様々なメディアが、かつてチェルシー時代に師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッド移籍の噂を報じていた。 2017.06.26 20:29 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのバカヨコ獲得が間近に 『BBC』報道

▽チェルシーがモナコのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の獲得に迫っている。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2014年にレンヌからモナコ入りしたバカヨコは、恵まれた体格を生かした守備に特長がある守備的MF。2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献しており、今年3月にはフランス代表デビューも果たした。 ▽『BBC』によれば、バカヨコ獲得をチェルシーのアントニオ・コンテ監督が望んでおり、すでに移籍交渉が行われたとのこと。今週中にも移籍が完了するとみられている。 ▽なお、『BBC』は移籍金に言及していないものの、イギリス『デイリー・メール』は先日、4000万ユーロ(約50億円)程度での決着を主張していた。 2017.06.26 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アレックス・サンドロと合意か

▽チェルシーが、ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)と個人の条件面で移籍合意したようだ。イタリア『calciomercato.com』が報じた。 ▽チェルシーは今夏、かねてからA・サンドロ獲得に動いていることが報じられている。既報では、チェルシーは6000万ユーロ(約75億円)のオファーを提示したものの、ユベントス側はこれを拒否。増額した再オファーを提示するとみられている。 ▽『calciomercato.com』によれば、この間にチェルシーはA・サンドロと個人の条件面で合意したようだ。A・サンドロは、年俸700万ユーロ(約8億7000万円)をオファーされたとみられている。 ▽また、チェルシーは、ユベントスに対して7000万ユーロ(約87億円)で再オファーする準備ができているとのこと。ユベントスは既に、A・サンドロの代役探しに動き始めたようだ。 2017.06.26 18:20 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース