PFAベストイレブンが発表!! チェルシー&トッテナムから最多4選手が選出2017.04.21 00:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は20日、2016-17シーズンのベストイレブンを発表した。

▽今回発表されたベストイレブンでは、プレミアリーグで首位に立つチェルシーから、年間最優秀選手賞の候補にも残っているベルギー代表MFエデン・アザールやMFフランス代表MFエンゴロ・カンテなど最多タイとなる4選手が選出。また、プレミアリーグで2位につけるトッテナムからも得点ランキング2位のイングランドFWハリー・ケインや昨季PFA年間最優秀若手選手を受賞したイングランド代表MFデレ・アリら4選手が選出された。

▽なお、PFA年間最優秀選手賞の受賞者は23日にロンドンで発表される。今回発表されたPFAベストイレブンは以下の通り。
(C)CWS Brains,LTD.
GK
ダビド・デ・ヘア (マンチェスター・ユナイテッド)

DF
カイル・ウォーカー (トッテナム)
ギャリー・ケイヒル (チェルシー)
ダビド・ルイス (チェルシー)
ダニー・ローズ (トッテナム)

MF
サディオ・マネ (リバプール)
デレ・アリ (トッテナム)
エンゴロ・カンテ (チェルシー)
エデン・アザール (チェルシー)

FW
ロメル・ルカク (エバートン)
ハリー・ケイン (トッテナム)
※フォーメーションはPFA公式サイト参照

コメント

関連ニュース

thumb

苦戦も終わってみれば4発快勝のチェルシーが2018年プレミア初勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsチェルシーが20日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが4-0で快勝した。 ▽公式戦4戦連続引き分けとドロースパイラルに巻き込まれた3位のチェルシー(勝ち点47)は、ミッドウィークに行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦でも120分で決着を付けられず、記録上は公式戦5戦連続ドロー。それでも、PK戦を制して白星を取り戻した。 ▽だが、同試合ではペドロとモラタが退場処分となり、16位のブライトン(勝ち点23)のホームに乗り込んだこの一戦を共に欠場。さらに、負傷を抱えるセスクやケイヒル、GKクルトワも欠場を強いられ、この試合ではGKカバジェロが今季リーグ初先発を飾ったほか、前線はウィリアン、バチュアイ、アザールの3トップとなった。また、今冬エバートンから加入のバークリーが移籍後初のベンチ入りを果たした。 ▽ホームながら5バックを敷く守備的な入りを見せたブライトンに対して、チェルシーが立ち上がりから攻勢を仕掛けると、あっさりとゴールをこじ開ける。開始3分、右サイド深くで仕掛けたモーゼスの低いクロスがDFにディフレクトしてボックス中央のアザールの足元に渡る。ここで短いステップで右に持ち出したアザールが右足を鋭く振り抜いてゴールネットに突き刺した。 ▽さらに6分には中盤でのカンテのボール奪取からアザールとバチュアイと細かいパス交換を見せたウィリアンがボックス中央で右足を振り抜くと、ややアウトにかかった鋭いシュートが右隅に決まった。 ▽ここ最近の決定力不足が嘘のように電光石火の連続得点で一気にリードを2点に広げたチェルシーだが、ここからペースを落とすとホームチームの反撃に晒される。16分にはやや飛び出しが遅れてパンチングに距離が出なかったGKカバジェロがこぼれ球を拾ったスケロットを倒してしまうが、ここは主審がPKを取らず。直後のCKでは再びカバジェロの判断ミスからピンチを招くも、ここは相手のファウルによって事なきを得る。 ▽バタつくGKカバジェロのパフォーマンスに不安を感じるチェルシーは、早い時間帯に試合を終わらせようと、果敢に3点目を狙いに行く。この流れの中でバカヨコ、ウィリアン、バチュアイと続けて枠内シュートを放っていくが、ここは相手GKライアンの好守に阻まれる。 ▽その後は再び相手の攻勢に晒されると、30分にはグロスの右クロスをダフィに頭で合わせられるが、これはGKカバジェロが汚名返上のビッグセーブ。35分にはボックス内でルーズボールに反応したスケロットをバカヨコが後方から倒すが、ここでも主審はPKを取らず、事なきを得た。 ▽幸先良く2点を奪いながらもチグハグな形で前半を終えたチェルシーは、後半も立ち上がりの50分にグロスの右クロスをゴール右のプレパーに頭で合わせられてポストに救われるなど、ピリッとしない入りとなる。 ▽さらに58分にはセットプレーの守備で後頭部を打ったクリステンセンが一度はプレーに復帰も続行不可能となり、ダビド・ルイスの緊急投入を余儀なくされる。そのD・ルイス投入直後にはボックス手前中央で得たFKをキッカーのウィリアンが直接狙うが、壁を越えて右隅を捉えたシュートはGKライアンに触られてポストを叩く。 ▽単発的にチャンスを作るものの流れが悪いチェルシーは最終ラインと中盤の距離感の悪さに加え、セカンドボールへの反応の鈍さから苦しい展開が続く。65分にはボックス内でセカンドボールを拾ったスケロットにゴール前に抜け出されるが、ここはGKカバジェロが何とか身体に当てて失点を許さない。 ▽その後もホームチームペースが続く中、チェルシーの頼れるエースが試合を決める。77分、自陣左サイドでのスローインから攻撃を仕掛けたチェルシーは相手陣内を持ち上がったアザールがバチュアイのフリーランをオトリに左サイドから切り込んでペナルティアーク付近から右足のシュート。これがゴール左隅に決まった。 ▽アザールのこの試合2点目でようやく試合を決めたチェルシーは、試合終了間際の89分にも途中出場ムソンダのフィードに抜け出したモーゼスが4点目を奪取。試合を通して苦しみながらも課題の決定力を見事に改善し、2018年リーグ戦初白星となるリーグ3戦ぶりの勝利を手にした。 2018.01.20 23:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ゼコと合意か

▽チェルシーが、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)と個人合意に至っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でFWアンディ・キャロルやFWピーター・クラウチなど大型FW獲得の噂が伝えられてきたチェルシー。どうやら本命はゼコの模様で、既に本人の合意を取り付けている。 ▽報道によれば現在、チェルシーはローマとの合意に関してポジティブに交渉を進展させており、ゼコに加えて左サイドバックを主戦場とするMFエメルソン・パルミエリ(23)をセットで獲得することを目指している模様。ローマの要求額は5000万ユーロ(約67億7000万円)+ボーナス1000万(約13億5000万円)だとのことだ。 ▽なお、ゼコは昨シーズン、ローマでリーグ戦37試合に出場して29得点を記録。今シーズンはここまでリーグ戦19試合で9得点を挙げている。また、エメルソン・パルミエリは、昨シーズンにリーグ戦25試合に出場したが、今シーズンは昨シーズン終盤に左ヒザ前十字じん帯を損傷した影響で出遅れ、DFアレクサンダル・コラロフにポジションを奪われる形でリーグ戦出場が1試合にとどまっている。 2018.01.20 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーが念願のサイドバック獲得へ…総額34億円でのエメルソン移籍でローマと合意間近

チェルシーがローマのエメルソン獲得に近づいていることが分かった。<br><br>サイドバックの強化を狙うチェルシーは、エメルソン・パルミエリ獲得に向け、ローマに1760万ポンド(約27億円)の移籍金に、パフォーマンスボーナスの440万ポンド(約6億7500万円)を上乗せした総額2200万ポンド(約34億円)のオファーを提示。ボーナスの詳細はまだ決まっていないものの、移籍交渉は大詰めを迎えているようだ。<br><br>先日、エメルソン・パルミエリの代理人は「エメルソンはプレミアリーグを気に入っていて、(アントニオ・)コンテと仕事をすることが彼の夢」と公言するなど、イングランドへの移籍に前向きと考えられてきた。<br><br>マルコス・アロンソとポジション争いができる左サイドバックの獲得を望むコンテ監督は、昨夏からユベントスのアレックス・サンドロの獲得に目指していたが、交渉は決裂。前十字じん帯損傷から12月上旬に復帰するも、以降出場は2試合のみとローマで不遇の時を過ごすエメルソンに白羽の矢を立てている。<br><br>一方、現在アロンソの控えに甘んじているケネディは、エメルソン・パルミエリの加入が正式に決まれば他クラブにローンで放出されることになる見通しだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 18:22 Sat
twitterfacebook
thumb

モイーズがチェルシーFWバチュアイへの興味を完全否定

▽ウェストハムのデイビット・モイーズ監督が、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)への興味を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽チェルシーがウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロル獲得に動いているとの報道が取り沙汰されており、ウェストハム側も代役としてチェルシーからバチュアイのレンタル移籍を要求しているとみられていた。しかし、バチュアイにはセビージャ移籍の噂が浮上し、更にはキャロルが先日に足首を負傷し4カ月の離脱を強いられることに。一連の移籍報道はトーンダウンしていた。 ▽20日に行われるプレミアリーグ第24節ボーンマス戦の前日会見に出席したモイーズ監督は、バチュアイの獲得やキャロル放出を公に否定した。 「私たちが彼(バチュアイ)に関心を抱いていると言ったことは決してない。他のクラブの選手たちについては話さないようにしている。私は試合を観戦する目的であそこ(チェルシーの試合会場)を訪れていて、必ずしも誰か個人を視察するためではない」 「彼(キャロル)はそれ(チェルシー移籍)に値する。数年間にも渡り戦える一握りの選手であり続けているし、恐らくプレーが難しく違いを提供できる絶滅危惧種の大型センターフォワードだからね」 「私たちはチェルシーからローン契約についての正式なオファーは受けていないと言ってきた。そして言い続けていたように、とにかく受け入れることはないだろうね」 2018.01.20 02:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ドッキリには寛大?モウリーニョ、宿敵コンテのシャツと知らずにサインし爆笑

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョがイタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『レ・イェーネ』の企画でドッキリの被害に遭った。<br><br>モウリーニョは数週間にわたり、ライバルであるチェルシー指揮官アントニオ・コンテとお互いを罵り合う舌戦を繰り広げた。このため同番組スタッフが17日、モウリーニョを突撃取材し、2人の和解を模索した。<br><br>取材を受けたマンチェスター・U指揮官は、同クラブのユニフォームを差し出されると、何の疑問を抱くことなく、サインとメッセージを書き込んだ。しかし、これは番組によるドッキリで、シャツの背中側には「アントニオ・コンテ」の名前と背番号「1」がプリントされていた。<br><br>犬猿の仲にあるチェルシー指揮官の名前に気づいた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;は、仕掛け人に対して怒り出すことなく、爆笑する寛大な心を見せた。同番組は公式ウェブサイトにおいて、「ジョゼは我々のいたずらにハマった」とドッキリの企画を報告。番組スタッフのおかげで、「ジョゼ・モウリーニョとアントニオ・コンテが&ldquo;友人&rdquo;になった」として、成功を喜んだ。『コリエレ・デロ・スポルト』は「偽りの和解だ」と伝えているが、ドッキリをきっかけに両者の溝は埋まるのか注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 18:15 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース