【会見&質疑応答】小倉CEO「クラブとしてアジアのチャンピオン、代表としてもアジアのチャンピオンを狙いたい」2017.04.20 18:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本フットサルリーグ(Fリーグ)は20日、2017/2018シーズンの概要、日程発表記者会見を行った。会見では小倉純二CEOをはじめ、ゼビオホールディングス株式会社の中村考昭副社長、株式会社ジェイ・スポーツの今野義範取締役、株式会社Abema TVの藤井琢倫編成政策局長が新シーズンのFリーグについてコメントを残している。なお、会見後には質疑応答も行われた。

小倉純二CEO(日本フットサルリーグ)
「今シーズンのFリーグの日程や名称など今日は色々とご報告申し上げたいと思います。特に、本年度、新たなやり方として、実際に試合は6月10日から来年1月21日まで行われて、プレーオフも行います。それが第1点で、第2点としては、Fリーグのスポンサー名、総称が変わります。ゼビオさんに引き続きスポンサーをやっていただきますが、その中で特に本年度を狙い撃ちする商品のお名前を入れたDUARIG、その名前を冠したFリーグがスタートすることとなります。新たな名前がなぜ付いたのかは後ほど」

「また、今年の試合の中で100試合くらいはJ SPORTSとAbema TVが加わり放映していただけるようになりました。これは画期的なことでして、競技場に来ていただけるお客さんだけでなく、テレビを通じて見てもらえる新しいやり方ができます。その説明も後ほど行います」

「それと、何よりもFリーグがスタートした理由は、アジアのチャンピオン、世界のW杯に参加して成績を残すことが狙いです。今年は7月にAFCクラブ選手権があり、昨年のチャンピオンであるシュライカー大阪が初めて出場します。今までは名古屋オーシャンズが出ていましたが、初挑戦です。そして来年2月にはAFCフットサル選手権があります。クラブとしてアジアのチャンピオン、代表としてもアジアのチャンピオンを狙いたい思っています。そのためにもFリーグできちんと戦っていただけなければいけません。そういうことを待望しつつ、新シーズンを始めたいと思いますのでよろしくお願いいたします」

中村考昭副社長 執行役員(ゼビオホールディングス株式会社)
「今シーズン、ゼビオグループをあげまして、スーパースポーツゼビオ、ビクトリア、両方のスポーツ小売りチェーンの全力をあげまして、Fリーグとともにフットサルの盛り上げに貢献して来たいと思っています」

「今まではスーパースポーツゼビオとしてロゴなどを作らせて頂いておりました。昨年、オールスターのタイミングで、ゼビオアリーナ仙台で開催しましたが、その時にDUARIGのお声掛けさせてもらい、日本に盛り上がるオールスターが初めてできるので、チャレンジを含めてやって見ましょうと持ちかけました」

「結果、皆様のご尽力もあり、大変な盛り上がりがありました。試合についても、選手の皆さんが最後までプレーし、アリーナスポーツをリードする素晴らしいオールスターでした。それを受けてDUARIG社もこの状況ならばと。フランスの会社ですが、アジアへの進出を考えております。新しい可能性のあるリーグとやっていきたいとの話があり、今回は冠スポンサーができないかと。我々もそれであれば、DUARIG Fリーグとさせて頂いて、ゼビオとビクトリアもエグゼクティブパートナーとして、Fリーグと共に二人三脚で盛り上げていきたいと思っています」

「先方が興味、日本の可能性を模索されたポイントが、メディアに対する新しい取り組み、進化があったことでした。1つとしてJ SPORTSさんがバックアップしていますし、今年からはAbema TVという新たなインターネットメディアで、若い方々に対して新しいスポーツの視聴方法、スタイルを提供できるようになった結果です。フランスではリーディングブランドで、フランスの1部のチームのユニフォームなども提供しています。その会社が日本のFリーグに興味を示してくれていますので、我々も力を入れて今以上に盛り上げていきたいと思っております」

今野義範取締役(株式会社ジェイ・スポーツ)
「Fリーグの放送を開始して今年で4シーズン目になります。昨年はリーグ戦、プレーオフ、オールスターを含めて36試合を放送しましたが、今シーズンはさらに拡大して、J SPORTSシリーズを中心に54試合以上をお届けする予定です。取り組みとしては、試合だけではなく情報番組であるFリーグFを今シーズンも続けて放送します。戦術分析、旬な情報、監督選手の素顔など試合中継で見られないものをお届けし、魅力を伝えていきたいと思います。今シーズンも放送にご期待いただければと思っております」

藤井琢倫編成政策局長(株式会社Abema TV)
「3月18日に全日本フットサル選手権を生放送させていただきました。サッカーチャンネルの中では過去にないくらいの良い数字が出まして、フットサルの生中継とAbema TVのユーザー層が合っていると実感しています。それもありまして、FリーグをAbema TVで配信させていただくことになりました。Abema TVの70%ほどがが34歳以下で、J SPORTSさんとはユーザー層が多少違うと思いますので補完しながらフットサルを盛り上げてきたいと思います。頑張りますので、よろしくお願いします」

質疑応答
――藤井さんに質問です、過去にないほどの視聴が良かったことを具体的に
「具体的な数字は今わかりませんが、サッカーチャンネルで配信予定なのですが、その中の生中継は他にない状態です。Abema TVの中でのゴールデンタイム、お昼間や夕方の時間帯での生中継はFリーグが唯一です。3月の配信も他にはない、唯一この時間帯に生中継できたものでした。サッカーチャンネルの中では最も数字が良かったです」

――他のコンテンツと比べると
「Abema TVだとアニメが40%の視聴数です。それと比べれば下がりますが、比較しても良い数字でした」

――小倉さんに質問です、プレーオフ決勝にアドバンテージがない理由は
「リーグの実行員と話すと、真剣勝負をやって結果を決めたいとのことでした。それが非常に強かったです。今回の形はその議論で出て来たものです。2試合やって、フルで戦って結果を出したい。それは今年初めてのチャレンジですが、やって見た結果を見て判断したいと思っています。今回の試合経緯を見ても結果がしっかりと出た方が良いのかなと感じています。それを今回でチャレンジしようと思っています」

――中村さんに質問です、DUARIGは日本に馴染みがないですがゼビオでしか展開していないのか
「我々は日本で取り扱っているスポーツブランドを1位、2位を争うほど取り扱っています。その中でDUARIGというブランドを最優先で取り扱っていきたいと思っています。DUARIGさんとの話し合いになりますし、将来についての確約はできませんが、我々がしっかりと納得いただけるような成績を出せば、Fリーグとの兼ね合いもありますし、優先的、積極的に取り扱っていきたいと思います。結果として、別の流通に流れることはあると思いますが、現時点では我々が独占的に取り扱っています」

コメント

関連ニュース

thumb

イゴール&ダニエル・サカイ退場も森谷の残り21秒弾!町田が終盤2ゴールで湘南とドローに持ち込む《DUARIG Fリーグ》

▽19日にDUARIG Fリーグ2017/2018第25節の2試合が行われた。名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道は、10-2で名古屋が勝利。ペスカドーラ町田vs湘南ベルマーレは、3-3の引き分けに終わった。 ◆名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道 ▽試合は3分、アウェイの北海道がFP酒井遼太郎のゴールで先制する。しかし、ホームの名古屋も6分にFPラファが同点ゴールを奪うと、試合終了間際にFP八木聖人が追加点を奪って逆転に成功する。2-1で試合を折り返すと名古屋が26分にFPヴァルチーニョ、27分にFPルイジーニョが立て続けにゴールネットを揺らす。その後、北海道に1点を返されたが、名古屋がここから怒涛のゴールラッシュ。30分にFP安藤良平がゴールを奪うと、33分にFPルイジーニョ、その後37分と40分に2点ずつを追加した名古屋が10-2で勝利し、5連勝を飾った。 ◆ペスカドーラ町田vs湘南ベルマーレ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171119_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今シーズン3度目の境川決戦は、いきなりホームの町田がFPダニエル・サカイのゴールで先制に成功する。しかし、湘南は3分にPKを獲得。これをFPロドリゴが沈めて試合を振り出しに戻す。後半に入ると25分に町田のGKピレス・イゴールがボックス外でハンドを取られてレッドカード。しかし、町田は2分間の数的不利の状況を乗り越えて反撃に転じる。それでも湘南は29分にFP植松晃都のシュートがGKフィウーザの代わりにゴレイロの位置に入ったFP中井健介の処理ミスを誘って勝ち越し。さらに32分にも町田のFPダニエル・サカイがボックス内でのハンドで退場し、そのPKをFPロドリゴが決めて試合を3-1にする。しかし、2点を追う町田が猛反撃。37分にパワープレーからFP室田祐希が1点を返すと、試合時間残り21秒でFP森谷優太が同点ゴールを奪って試合終了。今シーズン3度目の境川決戦は3-3のドローに終わった。 2017.11.19 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

浜松が新指揮官の初陣を白星で飾る!!《DUARIG Fリーグ》

▽28日にDUARIG Fリーグ2017/2018第25節の3試合が行われた。デウソン神戸vsヴォスクオーレ仙台は、2-1で仙台が勝利。府中アスレティックFCvsシュライカー大阪は4-1で府中が勝利し、バルドラール浦安vsアグレミーナ浜松は3-4で浜松が勝利した。 ◆デウソン神戸vsヴォスクオーレ仙台 ▽代表活動の影響で3週間ぶりのリーグ戦を迎えた。試合は開始早々の2分にFPマルロンのゴールで仙台が先制すると、さらに6分にもFPマルロンが追加点を奪取。仙台が2点のリードを得て試合を折り返した。ホームで負けられない神戸だが、なかなかゴールを割れず。試合終了間際にFP森洸がネットを揺らすが反撃はここまで。仙台が逃げ切り、白星を手にしている。 ◆府中アスレティックFCvsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171118_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安市総合体育館で行われた浦安・府中共同開催の第一試合は4分にFPチアゴのゴールで大阪が先制する。しかし府中は15分にFP柴田祐輔、19分にFP内田隼太のゴールで逆転して試合を折り返した。迎えた後半、37分に柴田がこの日2点目を奪うと大阪はパワープレーに移行。しかし39分にはFP渡邉知晃が追加点を奪い、さらに試合終了間際にはGKに入っていた小曽戸允哉が2度目の警告で退場。試合はそのまま終了を迎え、府中が逆転勝利を飾った。 ◆バルドラール浦安vsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171118_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安・府中共同開催の第二試合は、5分にFP石田健太郎のゴールで浦安が先制するも、12分にはFP松本行令のミドルシュートで浜松が追いついて前半を終える。後半も23分にFP野村啓介のゴールで浦安が先制するが、26分にはセットプレーからジョン・レノンのゴールで試合は2-2となる。すると29分、右CKからフィネオ・アラウージョのボレーシュートが決まって浜松がこの試合初めてリード。さらに34分にもフィネオ・アラウージョが追加点を奪った。しかし浜松は36分にフィネオ・アラウージョが退場となる。すると浦安は38分にFP星翔太がゴールを奪い、1点差に詰め寄るとさらにパワープレーで浜松を押し込む。しかし浜松も同点ゴールは許さず試合は終了。この試合から指揮を執った豊島明監督の初陣を白星で飾っている。 2017.11.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

フットサル日本代表がW杯王者アルゼンチンと激突!《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、来年1月に予定されているフットサル日本代表の国際親善試合の対戦相手がアルゼンチン代表に決定したことを発表した。 ▽また、来年の2月に行われるAFCフットサル選手権 チャイニーズ・タイペイ 2018の大会期間の変更に伴い、来年1月31日に予定していた東京会場での試合を同25日に変更したことも併せて発表している。 ▽アルゼンチン代表は、昨年にコロンビアで行われたFIFAフットサルワールドカップの優勝国。日本代表は、来年1月25日に東京都の大田区総合体育館、同28日に富山県の富山市総合体育館で対戦する。キックオフ時間については現在調整中となっている。 ▽なお、今回の2試合が行われる両会場での日本代表戦の開催は初。富山市総合体育館での試合は、初めての富山県開催となる。 ◆第1戦 ▽2018年1月25日 《キックオフ時間は調整中》 日本代表 vs アルゼンチン代表 [大田区総合体育館] ◆第2戦 ▽2018年1月28日 《キックオフ時間は調整中》 日本代表 vs アルゼンチン代表 [富山市総合体育館] 2017.11.08 17:27 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格を祝う10発の花火! 湘南が浜松に快勝!《DUARIG Fリーグ》

▽28日にDUARIG Fリーグ2017/2018第24節の5試合が行われた。 ◆湘南ベルマーレ 10-0 アグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は立ち上がりから両者互角の戦いを見せる中、湘南が15分にFP鍛代元気がゴールネットを揺らすと、16分と18分にFP刈込真人が追加点を奪って前半だけで試合を3-0にする。迎えた後半、浜松は開始からパワープレーを織り交ぜて反撃を狙う。しかし、27分に湘南のFP刈込真人にパワープレー返しを許し、ハットトリックを達成される。このゴールで勢いに乗った湘南はここからゴールラッシュ。FP植松晃都、FPロドリゴ、FP内村俊太、FP高溝黎磨が立て続けにゴールを奪うと、終盤の2分間でFP近藤純也が2ゴールを決めて終わってみれば10-0。大量ゴールで2試合ぶり白星を飾った。 ◆バサジィ大分 0-4 ペスカドーラ町田 ▽試合は10分、アウェイの町田がFP中井健介のゴールで先制すると、直後にも中井健介がゴールネットを揺らし、2点のリードを奪う。試合を折り返すと後半、2-0で町田のまま推移して迎えた終盤、町田がカウンターから最後はFP室田祐希が押し込んだ。その後、このままでは終われない大分はパワープレーを開始。しかし、これに動じない町田がFP金山友紀のパワープレー返しでトドメを刺した。4-0で勝利した町田が2試合ぶりの白星を手にしテイル。 ◆バルドラール浦安 1-5 シュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は立ち上がりから浦安がチャンスを作る中、次第に応戦し始めた大阪が7分にFPヴィニシウスのゴールで先制に成功する。さらに12分、FPヴィニシウスが追加点を奪って大阪が2-0でリードして試合を折り返す。迎えた後半、大阪は28分にFPヴィニシウスがハットトリックとなる3点目を記録。さらに攻撃の手を緩めない大阪は30分にFP佐藤亮、33分にFPチアゴがゴールに叩き込み、試合を5-0にする。終盤、浦安は試合終了残り11秒でFP永島俊のゴールで1点を返したがそのまま試合終了。5-1で勝利した大阪が3連勝を飾った。 ◆フウガドールすみだ 3-2 府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽関東勢対決となった試合は、立ち上がりから両者激しい攻防を繰り広げる。しかし、すみだが徐々に攻め手を見出して13分、FP岡山和馬が先制点を奪う。19分にもFPボラが追加点を奪ってすみだが2-0でリードして試合を折り返すと、府中が反撃。32分に得点ランキング首位を走るFP渡邉知晃がゴールネットを揺らして1点差に詰め寄る。ところが、同点を狙ってパワープレーに移行した府中を逆手にとり、すみだがFP清水和也のゴールで再び突き放す。直後、府中は渡邉がこの試合2点目を奪い再び1点差に。しかし、反撃はここまで。府中に競り勝ったすみだが6連勝を飾った。 ◆エスポラーダ北海道 2-4 ヴォスクオーレ仙台 ▽試合はいきなり動く。1分、FP堀内迪弥がゴールネットを揺らしてアウェイの仙台が先制に成功する。出鼻をくじかれた北海道だったが6分、仙台のオウンゴールを誘発して試合を振り出しに戻す。しかし、仙台は19分、FP内野脩麻が勝ち越しゴールを奪取する。後半、2-1で仙台リードのまま終盤を迎えると、32分にFPマルロンが貴重な追加点。34分に北海道のFP神敬治に1点を返されたが、38分にFPノエが2点差に広げるゴールを奪って試合終了。4-2で勝利した仙台が3試合ぶりの白星を飾った。 2017.10.28 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が4連勝! 後半5ゴールで神戸を粉砕《DUARIG Fリーグ》

▽27日にDUARIG Fリーグ2017/2018第24節のデウソン神戸vs名古屋オーシャンズが行われ、2-5で名古屋が勝利した。 ▽前節シュライカー大阪に敗戦した神戸が、アグレミーナ浜松に勝利した名古屋を神戸市立中央体育館に迎えた一戦。試合は立ち上がりから攻勢に出る首位の名古屋の攻撃を耐え凌ぐ神戸が13分、FP稲田瑞穂のFKで先制に成功する。そのまま1-0で神戸がリードして試合を折り返す。 ▽迎えた後半、名古屋が猛反撃を見せる。22分、FP星龍太のゴールで同点に追いつくと、直後にFPヴァルチーニョがゴールネットを揺らして逆転に成功。24分にもFP吉川智貴、FPルイジーニョのゴールで試合を4-1にした名古屋は、30分にFP橋本優也のゴールで試合を決定づける。試合を一気に苦しくされた神戸は、試合終了間際にFP川那部遼が1点を返したが反撃はここまで。後半5発で逆転に成功した名古屋が4連勝を飾った。 2017.10.27 22:29 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース