超ワールドサッカー

ドルトムントを撃破したモナコ指揮官「選手たちのパフォーマンスにリミットはない」2017.04.20 11:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコを率いるレオナルド・ジャルディム監督が、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。

▽試合を振り返った指揮官は、選手たちのパフォーマンスを称えて次のように述べた。

「すべての選手が、最高の水準でプレーしてくれた。私は、自分の選手たちが見せたパフォーマンスに満足している。このレベルでの試合に置いて、選手たちのパフォーマンスにリミットはないんだ。我々はフランスを代表している。フランスのクラブがこの位置にいることは久しぶりのことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ベルナルド・シウバ獲得へ全力…モナコに拒否不可な額のオファーを提示か

▽マンチェスター・ユナイテッドがモナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)の獲得に向かっているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽ベルナルド・シウバは今シーズン、リーグ・アン37試合に出場して8ゴール11アシストをマーク。モナコの2000年以来となるリーグ・アン優勝に大きく貢献した。最近の報道によれば、ユナイテッドはレアル・マドリーとバルセロナも関心を抱くモナコのプレーメーカー獲得レースにおいて、ポールポジションに立っているとの見方が浮上していた。 ▽そうした中、『フランス・フットボール』が報じたところによれば、今夏の補強費としてジョゼ・モウリーニョ監督に2億ポンドを用意するユナイテッドが、モナコに対して「拒否しがたい」オファーを打診。クラブはモウリーニョ監督が獲得リストの上位に挙げるベルナルド・シウバの引き抜きに力を注いでいるという。 2017.05.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、最低でもあと1年はFWムバッペの残留を望む

▽モナコは、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を最低でも1年留まらせておきたいようだ。イギリス『デイリー・メール』がイギリス『テレグラフ』を引用して報じている。 ▽“アンリ2世"とも評されるモナコ生え抜きのムバッペは今シーズン、公式戦44試合に出場し、26ゴール14アシストを記録している。そんな同選手に対して現在、レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドが獲得を熱望。中でも、マドリーは最近、拒絶こそされたものの、歴代最高移籍金となる1億2000万ユーロ(約149億5000万円)の巨額オファーを提示していたようだ。 ▽そんな中、モナコのチーフ・エグゼクティブを務めるワジム・ヴァシリエフ氏は、2019年までの契約を残すムバッペを最低でもあと1シーズンは、同クラブでプレーさせることを望んでいるようだ。 「プランとしては、彼が長くクラブに留まるよう全てのことをするつもりだ。最低でももう1年はね」 「(ムバッペへのオファーを断るかどうかについて)もちろんだ。彼自身によって左右されることもあるけどね。我々は彼に契約延長のオファーをするだろう。きっと彼は受け入れてくれるはずさ。シーズンが始まる前の6月中を考えている」 2017.05.22 15:49 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネと復活のティグレが再タッグか

▽モナコで復活を遂げたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)に古巣アトレティコ・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽ファルカオは、今シーズンのリーグ・アン29試合に出場して21ゴール。ここ数年における低調なぶりから一転して、再び生粋のスコアラーとしての輝きを取り戻す活躍を披露した。 ▽そうした中、今回の報道によれば、古巣アトレティコ・マドリーの恩師であるディエゴ・シメオネ監督がティグレ(ファルカオの愛称)との再共演を求め、クラブに獲得を要請したようだ。 ▽ファルカオは2011年夏にポルトからアトレティコ・マドリーに加入。在籍2シーズンで公式戦91試合70ゴールの活躍を見せ、クラブのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 2017.05.22 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーが18歳FWムバッペに150億円の歴代最高額オファーもモナコは拒否か

▽モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)に対して、レアル・マドリーが歴代最高移籍金のオファーを提示したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽抜群のスピードとアジリティ、決定力とボールスキルを兼ね備え、“アンリ2世”と称される18歳のムバッペは今季、公式戦43試合で26ゴールを記録。モナコのリーグ優勝やチャンピオンズリーグ4強入りに貢献しており、世界的に大きく評価を高めた。 ▽報道によれば、そのムバッペに対し、マドリーは歴代最高移籍金となる1億2000万ユーロ(約149億5000万円)をモナコに提示。しかし、ムバッペを少なくとも来シーズン終了時までクラブにとどめておきたいモナコは、このオファーを拒絶したとのことだ。 ▽モナコのチーフ・エグゼクティブを務めるワジム・ヴァシリエフ氏は、2019年までの契約を交わしているムバッペの去就に関して以下のように話している。 「もちろん、選手の意向にもよるが、我々は彼の契約を延長していきたいと考えている。彼は同意し、クラブにとどまってくれると思うよ。シーズン前に考慮することになる」 2017.05.21 09:43 Sun
twitterfacebook
thumb

17年ぶりに戴冠のモナコ副会長「今夏の最優先事項はムバッペの残留」と言及

モナコのバディム・バシリエフ副会長は、マンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリーが強い関心を抱くキリアン・ムバッペを引き留めることが今夏の最優先事項だと『CNN』で語っている。<br><br>1999-2000シーズン以来、17年ぶりにリーグアンを制したモナコは、将来に向けて早くも準備を始めている。今シーズン、43試合で26ゴールを挙げるなどセンセーショナルな活躍を見せたムバッペが来シーズンもモナコでプレーすることがクラブの関係者の願いである。しかし、リバプールがすでに6400万ポンド(約93億円)のオファーを提示したと報じられるなど、多くのビッグクラブが18歳のフランス代表FWの動向を探っている。<br><br>バシリエフ副会長は「選手を売却することが我々のビジネスモデルの一部だが、2年前と違い経済的に強くなった」と語り、ビッククラブに徹底抗戦できる自信をのぞかせた。<br><br>さらに続けて「素晴らしいタレントと強い意志を持っている若手選手の価値が下がることはない。だからムバッペを残留させることは我々の最優先事項だ。それに、彼はモナコでとても幸せだと思う。すでにフランス代表に選出されていて、来年にはワールドカップを戦う」と話した。<br><br>欧州屈指のクラブが巨額の資金を並べてムバッペの獲得を目指す中、同選手は来シーズンもモナコでプレーを続けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.05.19 16:15 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース