超ワールドサッカー

先制点でチームの勝利に貢献したムバッペ「自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけ」2017.04.20 11:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。

▽試合を振り返ったムバッペは、自分たちの戦いに自信を示している。

「今シーズンは本当に素晴らしい戦いができているね。チームメートとの絆についても満足しているし、これからも勝利を続けたい。僕たちはプレッシングから攻撃的なフットボールをするチームで、今日もそれができた」

「確かにCLは難しい戦いが続くけれど、まずは集中力が大事だと思う。自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけだ」

▽今回のゴールでムバッペは今季のCLで5得点とした。これまでのゴールを振り返った同選手は次のように語っている。

「今季決めた5得点の中で、一番のお気に入りはドルトムントとの1stレグで上げた2つ目のゴールだ。個人的にも美しいゴールだったと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ムバッペが移籍に関して掲げる条件とは?「僕の年齢では試合に出ることが必要」

モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、移籍のうわさに言及している。<br><br>今季の活躍で瞬く間にビッグクラブが熱視線を送る注目銘柄となったムバッペ。イタリアではインテルが7000万ユーロ(約85億円)の移籍金を、イギリスではマンチェスター・シティが1億1000万ユーロ(約135億円)の移籍金を用意していると報じられるなど、18歳FWをめぐる獲得レースは激化の一途をたどる。<br><br>だが当の本人は冷静さを失っていない。ムバッペは『BEIN Sports』で移籍に関して次のように語った。<br><br>「クラブが僕を見放さない限り、僕はモナコに残る。スポーツ的な観点、自分のキャリアを考えて決断を下すつもりだよ。それが一番重要な部分だからね。僕の年齢では、大事なのは試合に出ることだ」<br><br>「今シーズンは試合に出ることができた。それが最も基本的なところだ。それから家族の問題がある。僕たちは何度も離れ離れになってきたから、今は一緒に暮らしたいと思っているんだ」<br><br>ムバッペはあくまで試合に出る必要性を説いている。<br><br>「僕は30歳の選手じゃない。プレーしなければいけないんだ。試合時間を調整するような年齢ではない、ということ。僕はキャリアを始めたばかりで、自分の力を証明する必要がある」<br><br>「今年は発掘の一年だったわけで、次はそれを確信に変えなければならない。それは本当に重要だ。僕はできる限りの努力をして、その段階を早く超えられるようにしたい。僕と家族が決断を下せる唯一の存在だ。自分の成長を妨げるようなところには行かない。決断するのは自分で、僕はそれを受け入れる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 08:39 Thu
twitterfacebook
thumb

逸材ティーレマンスがモナコ移籍! 移籍金31億円の5年契約でサイン

▽モナコは24日、アンデルレヒトに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(20)を獲得したと発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間。移籍金はフランス『レキップ』によれば、推定2500万ユーロ(約31億円)と報じている。 ▽20歳ながらもアンデルレヒトで絶対的な主力として活躍するティーレマンスは、ワールドクラスのタレント揃いのベルギー代表で既に3キャップを記録するなど、将来を嘱望される超逸材だ。これまでにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、錚々たるビッグクラブ行きが噂された同選手だが、新天地は若手育成に定評があるモナコとなった。 ▽なお、出場機会を優先するティーレマンスの加入を受けて、モナコ側はフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)、ブラジル代表DFファビーニョ(23)のいずれかを今夏に放出する考えのようだ。 2017.05.25 03:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ベルナルド・シウバ獲得へ全力…モナコに拒否不可な額のオファーを提示か

▽マンチェスター・ユナイテッドがモナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)の獲得に向かっているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽ベルナルド・シウバは今シーズン、リーグ・アン37試合に出場して8ゴール11アシストをマーク。モナコの2000年以来となるリーグ・アン優勝に大きく貢献した。最近の報道によれば、ユナイテッドはレアル・マドリーとバルセロナも関心を抱くモナコのプレーメーカー獲得レースにおいて、ポールポジションに立っているとの見方が浮上していた。 ▽そうした中、『フランス・フットボール』が報じたところによれば、今夏の補強費としてジョゼ・モウリーニョ監督に2億ポンドを用意するユナイテッドが、モナコに対して「拒否しがたい」オファーを打診。クラブはモウリーニョ監督が獲得リストの上位に挙げるベルナルド・シウバの引き抜きに力を注いでいるという。 2017.05.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、最低でもあと1年はFWムバッペの残留を望む

▽モナコは、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を最低でも1年留まらせておきたいようだ。イギリス『デイリー・メール』がイギリス『テレグラフ』を引用して報じている。 ▽“アンリ2世"とも評されるモナコ生え抜きのムバッペは今シーズン、公式戦44試合に出場し、26ゴール14アシストを記録している。そんな同選手に対して現在、レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドが獲得を熱望。中でも、マドリーは最近、拒絶こそされたものの、歴代最高移籍金となる1億2000万ユーロ(約149億5000万円)の巨額オファーを提示していたようだ。 ▽そんな中、モナコのチーフ・エグゼクティブを務めるワジム・ヴァシリエフ氏は、2019年までの契約を残すムバッペを最低でもあと1シーズンは、同クラブでプレーさせることを望んでいるようだ。 「プランとしては、彼が長くクラブに留まるよう全てのことをするつもりだ。最低でももう1年はね」 「(ムバッペへのオファーを断るかどうかについて)もちろんだ。彼自身によって左右されることもあるけどね。我々は彼に契約延長のオファーをするだろう。きっと彼は受け入れてくれるはずさ。シーズンが始まる前の6月中を考えている」 2017.05.22 15:49 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネと復活のティグレが再タッグか

▽モナコで復活を遂げたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)に古巣アトレティコ・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽ファルカオは、今シーズンのリーグ・アン29試合に出場して21ゴール。ここ数年における低調なぶりから一転して、再び生粋のスコアラーとしての輝きを取り戻す活躍を披露した。 ▽そうした中、今回の報道によれば、古巣アトレティコ・マドリーの恩師であるディエゴ・シメオネ監督がティグレ(ファルカオの愛称)との再共演を求め、クラブに獲得を要請したようだ。 ▽ファルカオは2011年夏にポルトからアトレティコ・マドリーに加入。在籍2シーズンで公式戦91試合70ゴールの活躍を見せ、クラブのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 2017.05.22 08:45 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース