敗戦を振り返るトゥヘル「2つの失点で気持ちが壊れた」2017.04.20 11:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催された。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったトゥヘル監督は、試合を通してミスが多かったと主張。その中で、立ち上がりから2失点を喫したことが大きくのしかかる結果となったと語った。

「ペースを握ろうとした中で、不運な形から2つの失点を喫した。そのゴールが我々の気持ちを壊してしまったよ。危ない位置でのミスが多かったように思う」

「後半は立て直したが、1つのゴールしか奪えずに、逆に試合を決する3点目を取られた。この大会で、特に最後の3試合では良い戦いができたが、今日に限って言えば良いパフォーマンスではなかった。いつものパフォーマンスが出せなかったよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントに“ステップアップ”したシュテーガー新監督「早速トレーニングだ」

ドルトムントのペーター・シュテーガー新監督は10日、記者会見に臨み、新天地での意気込みを語った。ブンデスリーガ公式が伝えた。<br><br>リーグ戦8試合勝ちなし、チャンピオンズリーグも勝ち点わずか「2」で敗退するなど、泥沼に陥っているドルトムントは、10日に今季就任したばかりのピーター・ボス監督を解任。そして、ケルンでリーグ14試合未勝利のまま解任されたシュテーガー氏を新指揮官に招聘した。<br><br>驚きの新指揮官人事となったが、ミヒャエル・ツォルクSDはボス監督に感謝しつつ、シュテーガー氏への期待を口にした。<br><br>「ボス監督には感謝したい。彼はなんとかこの状況を打破しようと全力を尽くしていたし、この決断は本当に難しいものだった。シュテーガー新監督はケルンで4年間指揮官を務め、チームに安定した成長をもたらした。彼ならドルトムントを再びうまくまとめてくれる」<br><br>そして、今月はじめにケルンで解任されたばかりながら、ドイツのビッグクラブに&ldquo;ステップアップ&rdquo;する形となったシュテーガー氏は、就任を喜びつつ早速トレーニングを行いたいと語った。<br><br>「このクラブの監督になれたこと、このスタジアムで戦えることは本当に嬉しい。早速練習を行い、明日もトレーニングの予定だ。(ともにコーチに就任した)マンフレド・シュミット、ヨルク・ハインリッヒとともに今季終了まで引き受けることになったが、とても興奮している。昨晩ウィーンの自宅で母と食事をとっていたが、30分で終わってしまったよ。母もこの話を喜んでいた」<br><br>首位のバイエルンに13ポイント差をつけられ、8位に低迷するドルトムント。シュテーガー新監督の初采配は、12日のブンデスリーガ第16節、敵地でのマインツ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

大失速の低迷ドルトムントがボス監督を解任…後任にはケルンを解任されたシュティーガー氏が就任

▽ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督の解任を発表した。後任には、先日ケルンの監督を解任されていたペーター・シュティーガー氏(51)を迎える。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。香川のアシストからオーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつくが、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽ボス監督は、ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位に終わっていた。 ▽シュティーガー氏は、2013-14シーズンにケルンの監督に就任。就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨シーズンはブンデスリーガ5位に導いていた。しかし、今シーズンはヨーロッパリーグとの両立が求められ、開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。 2017.12.10 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

低迷ドルトムント、10日付けでボス監督解任へ! リーグ8戦未勝利で決断

▽泥沼の低迷が続くドルトムントがピーター・ボス監督(54)の解任を決断した。ドイツ『シュポルト・ビルト』は9日、ドルトムントが10日付で同監督の解任を発表する見込みであると報じた。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。その後、57分にDFマルセル・シュメルツァーの左クロスをファーサイドの香川がヘッドで折り返すと、これをFWピエール=エメリク・オーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつく。しかし、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽『シュポルト・ビルト』の伝えるところによれば、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEO(最高経営責任者)と、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、ブレーメン戦後にボス監督と話し合いの場を設け、その場で解任を言い渡したという。そして、10日付けでクラブから公式なアナウンスがなされる見込みだ。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任したボス監督。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位でのEL決勝トーナメント進出を手にするのが精一杯だった。 2017.12.10 07:12 Sun
twitterfacebook
thumb

香川アシストもブレーメンに競り負けたドルトムント、リーグ戦8試合勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽10人のレバークーゼンに引き分け止まりとなり、リーグ戦7試合勝利なしと泥沼状態の6位ドルトムント(勝ち点22)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を2-3と打ち負け、未勝利で大会を後にすることとなった。そのドルトムントはレアル・マドリー戦のスタメンから2選手を変更。プリシッチとシャヒンに代えてヤルモレンコとピシュチェクを起用した。システムはレアル・マドリー戦同様に[5-3-2]で臨み、香川はダフードと中盤センターでコンビを組んだ。 ▽ここ3試合で2勝と復調している17位ブレーメン(勝ち点11)に対し、ドルトムントは13分にクルーゼのミドルシュートでGKを強襲される。 ▽さらに22分、ユヌゾビッチのボレーシュートでゴールを脅かされたドルトムントは26分に失点する。クルーゼのサイドチェンジをボックス右で受けたマキシミリアン・エッゲシュタインに切り返しでDFを外されると、左足を一閃される。これが左サイドネットに吸い込まれた。 ▽続く33分にはロングカウンターからクルーゼに際どいシュートを浴びたドルトムントは、前半を良いところなく終了した。 ▽そのドルトムントはハーフタイムに2選手を変更。ヤルモレンコとラファエウ・ゲレイロに代えてシャヒンとシュールレを投入した。 ▽すると47分、香川がボックス手前中央から左足ミドルを放つと、シュートは枠の中央を上を捉えたが、GKのセーブに阻まれた。 ▽攻勢を強めるドルトムントは52分にシュールレのボレーシュートでGKを強襲すると、57分に試合を振り出しに戻した。シュメルツァーの左クロスをファーサイドの香川がヘッドで折り返すと、オーバメヤンが身体で押し込んだ。 ▽しかし、63分に突如大ピンチ。ボックス中央への侵入を許したゴンドルフに決定的なシュートを許してしまう。ここはGKビュルキの好飛び出しで防ぐと、続く64分のクルーゼの右足ミドルもGKビュルキがビッグセーブで阻止した。だが直後の右CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートが決まって、ドルトムントは再び勝ち越されてしまう。 ▽再び追う展開となったドルトムントは72分、プリシッチの左クロスをファーサイドの味方がヘッドで折り返し、香川がシュート。決定的だったが、ゴール前のオーバメヤンに当たってゴールとはならない。 ▽結局、90分の香川のシュートも枠を捉えきれず、ドルトムントは1-2のまま敗戦。リーグ戦8試合白星なしとなった。 2017.12.10 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司のアーセナル行きも? 新スカウトは古巣ドルトムントからの補強を否定せず

アーセナルのスカウト部門責任者に就任したスヴェン・ミスリンタート氏は、古巣ドルトムントからの補強を否定しなかったようだ。ドイツ『Kicker』が伝えた。<br><br>長年に渡って、数々のタレントをドルトムントに連れてきたミスリンタート氏。現在もドルトムントでプレーするMF香川真司やFWピエール=エメリク・オーバメヤン、王者バイエルン・ミュンヘンで絶対的な主力となっているDFマッツ・フンメルスやFWロベルト・レヴァンドフスキらの獲得に関し、重要な役割を果たしてきた。<br><br>そんな敏腕スカウトは先月、10年を過ごしたドルトムントを離れアーセナルに加入。スカウト部門の責任者を務めることになった45歳のドイツ人は、「古巣から補強することは躊躇するか」と問われると、「いや、可能性はある」と答えている。<br><br>「古巣には最大限のリスペクトがあるよ。すべてにおいてね。だけど、今はライバルであることは事実だ」<br><br>『Football.London』は、現在ドルトムントの選手がアーセナルの補強リストに入っているかは不明だが、ミスリンタート氏の存在はドイツからの補強に大きな意味を持つことになると伝えている。<br><br>ドルトムント時代に、ミスリンタート氏が「一番獲得にこだわった」と認めた香川が、ノースロンドンでプレーする時が来るのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 20:52 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース