超ワールドサッカー

敗戦を振り返るトゥヘル「2つの失点で気持ちが壊れた」2017.04.20 11:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催された。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったトゥヘル監督は、試合を通してミスが多かったと主張。その中で、立ち上がりから2失点を喫したことが大きくのしかかる結果となったと語った。

「ペースを握ろうとした中で、不運な形から2つの失点を喫した。そのゴールが我々の気持ちを壊してしまったよ。危ない位置でのミスが多かったように思う」

「後半は立て直したが、1つのゴールしか奪えずに、逆に試合を決する3点目を取られた。この大会で、特に最後の3試合では良い戦いができたが、今日に限って言えば良いパフォーマンスではなかった。いつものパフォーマンスが出せなかったよ」

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤンが天津権健と合意報道! 移籍金は90億円以上、年俸は約38億円超とも

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)が、中国スーパーリーグの天津権健への移籍で合意したようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽リバプールやマンチェスター・シティなど、ヨーロッパクラブも獲得に興味を示しているオーバメヤンだったが、かねてから中国への移籍も取り沙汰されていた。『ビルト』によると、クラブとオーバメヤンの間では合意に達しているとのことで、年俸は3000万ユーロ(約38億2400万円)にものぼるとのこと。移籍金は7000〜8000万ユーロ(約89億2200万〜102億円)になるとのことだ。 ▽天津権健は、ケルンのフランス代表FWアンソニー・モデスト(29)の獲得にも動いているとされ、オーバメヤンと合わせて両者が今シーズンのブンデスリーガで記録したゴールは56(オーバメヤンが31点、モデストが25点)。元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトも所属しており、両選手を獲得した場合は強力な3トップが完成することとなる。 2017.06.28 20:22 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ドルトムントのゲレイロに関心…引退表明のマクスウェルの後釜に

パリ・サンジェルマン(PSG)はドルトムントでブレイクを果たしたポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロの獲得を狙っているようだ。フランス紙『ル・パリジャン』が伝えている。<br><br>PSGは以前、ドルトムントに所属するブンデスリーガ得点王のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得を狙っていると報じられたが、そのオペレーションはPSGでの人事異動で中止となった模様。しかし、ここに来て、新たに就任したポルトガル人のアンテロ・エンリケSD(スポーツディレクター)は左サイドのスペシャリスト、ゲレイロの獲得を目指し、すでに同選手の代理人とも接触したという。<br><br>PSGでは今シーズン、元ブラジル代表で、8月に36歳の誕生日を迎えるDFマクスウェルが公式戦33試合に出場。しかし、今季限りで現役から引退することを表明している。そのため、後釜として昨夏にロリアンからドルトムントに渡り、左サイドバック、左ウィング、インサイドハーフの左側の位置など複数のポジションで実力を発揮したゲレイロの獲得に動き出したと伝えられている。<br><br>また報道によれば、獲得の際にドルトムントがロリアンに支払ったとされる1200万ユーロの2倍以上となる2500万ユーロ(約31億円)の獲得オファーをPSGが提示するそうだ。しかしドイツ誌『キッカー』では、ドルトムントがゲレイロを手放すことはないとの見解が述べられ、現時点でのPSG移籍は現実味がないとされているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ドイツ代表の若手2選手を補強か

▽トッテナムがシャルケのドイツ代表MFマックス・マイヤー(21)と、ドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンター(23)の獲得に関心を示しているようだ。 ▽新シーズンに向けてスカッド拡充を目指すトッテナムだが、現陣容にほとんど穴がないこともあり、ここまで獲得選手ゼロと遅々として補強が進んでいない。 ▽しかし、イギリス『フットボール・ロンドン』の伝えるところによれば、トッテナムは今夏の補強選手1号としてマイヤーの獲得に迫っているようだ。 ▽今夏のステップアップを目指すマイヤーは、2018年6月まで残すシャルケとの現行契約を更新することを固辞し、今夏の退団が濃厚とみられている。また、同選手の流失を覚悟しているシャルケは、現在ナントのフランス人MFアミーヌ・アリ(20)の獲得に迫っており、同選手の獲得オペレーションが済み次第、マイヤーの放出に踏み切る構えだという。 ▽なお、昨夏にもマイヤーの獲得に動いていたトッテナムは、当時シャルケ側から掲示された3700万ポンド(約52億7000万円)の条件に二の足を踏み撤退を余儀なくされた。だが、現時点では1750万ポンド(約25億円)前後で獲得可能となっており、2年越しの獲得に現実味が帯びてきている。 ▽また、中盤や前線の補強と並行して手薄なセンターバックの補強を目指すトッテナムは、当初バーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーン(24)など、プレミアリーグ経験者に候補を絞っていたが、高額な移籍金を嫌い、現在はギンターの獲得に興味を示しているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』の伝えるところによれば、トッテナムは3バックと4バックの両布陣に適応でき、サイドバックでもプレー可能なギンターの獲得に向けて1800万ポンド(約25億6000万円)のオファーを準備しているようだ。 2017.06.25 17:29 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサと個人合意まで伝えられるデンべレ、ドルトムントは移籍話を一蹴「交渉の余地なし」

ドルトムントはフランス代表FWウスマーヌ・デンべレを手放すことはないようだ。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が地元紙『WAZ』で、「交渉の余地はない」と強調した。<br><br>現在20歳のデンべレは昨夏にドルトムントに加入。ドイツでの初シーズンで公式戦49試合に出場し、10ゴール21アシストといった数字を記録した。ここ最近、バルセロナに続き、レアル・マドリーからの関心も報じられ、スペイン紙『スポルト』ではドルトムントがデンべレに対して9000万ユーロ(約112億円)の移籍金を要求し、さらにバルセロナは同選手と5年契約で個人合意に至ったとまで伝えられている。<br><br>だが、そもそもドルトムントは2021年までの契約を残すデンべレを手放すつもりはなく、他クラブに同選手との接触を許していないのが現状。ツォルクSDは『WAZ』に対し、「ウスマーヌ・デンべレは我々と長期的な契約を結んでおり、我々の構想にしっかりと入っている」とコメント。さらに「交渉の余地はない。ウスは新シーズンもドルトムントでプレーする!」と強調した。<br><br>同紙によれば、他クラブがそれでもデンべレに接触した場合、そのクラブがFIFAによる制裁を受けるようドルトムントが求めるという。しかし、それでも同選手を取り巻く移籍報道は静まらないかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、オーバメヤン獲得費用は最低でも88億円

▽リバプールは、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得に最低でも6300万ポンド(約88億9000万円)を投じなければならないようだ。イギリス『インデペンデント』がドイツ『ビルト』の情報をもとに伝えている。 ▽来シーズンの新戦力としてローマからエジプト代表FWモハメド・サラーを獲得したリバプール。さらなる新戦力として獲得に向かっていると伝えられているのが、今シーズンのブンデスリーガで得点王に輝いたオーバメヤンだ。 ▽そのオーバメヤンを巡っては当初、今夏のパリ・サンジェルマンへの移籍が有力との見方が強まっていたが、移籍金6000ポンドのオファーでもドルトムントを納得させられなかったとみられている。 ▽『インデペンデント』によれば、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ最高経営責任者(CEO)は「彼の評価額を支払えるクラブがあるなら、我々は耳を傾ける」と6300万ポンド以上の移籍金を求めているという。 ▽また、ドルトムント側は、オーバメヤンの移籍容認期限をスイスでのプレシーズン合宿がスタートする7月26日までに設定したとのことだ。 2017.06.23 11:15 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース