試合への入り方を嘆くロイス「立て直せないままに2点を失った」2017.04.20 10:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催さ入れた。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったロイスは、立ち上がりの悪さを指摘。チームが立て直す前に2点を失ったことを悔やんだ。

「今日の試合も立ち上がりが良くなかったと思う。挑戦者だけど、相手のプレッシャーの前にいつものパフォーマンスが出せなかった。そして立て直せないままに2点を失ってしまったんだ」

「後半はうまく立て直して試合に入れたと思うけれど、ゴールが奪えなかったね」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトで3戦5発バチュアイ、チェルシーでの苦境に言及「ゴール、ベンチ、ゴール、ベンチ…」

ベルギー代表FWのミヒ―・バチュアイはドルトムントに加入してからの公式戦3試合で5ゴールを挙げている。申し分ない決定力を示すストライカーは、ベルギー『スポルツァ』で、所属元のチェルシーでの苦しい状況について言及した。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーへと渡ったバチュアイはイングランドでは53試合に出場し19ゴールをマーク。だが、プレミアリーグでは1年半で出場した32試合(7ゴール)のうち先発は4試合とアントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取ることができなかった。<br><br>そして、この冬に買い取りオプションなしのレンタルといった格好でドルトムントに送り出されたバチュアイは、新天地ではチームの3連勝に大きく貢献。2ゴールで逆転勝利(3-2)の立役者となった15日のアタランタ戦後、『スポルツァ』に対して次のようなコメントを残した。<br><br>「チェルシーでは良い日々を過ごせなかったね。ここではチームメイトやファンたちに好感触を得ている。素晴らしい形で迎えられたね。ドルトムントで自信を加えるのは良いことだと思う」<br><br>「ベンチに座り、(出場して)ゴールを決め、ベンチに座り、またゴールを決めても最終的にはベンチに座るのはとても難しい。若い選手は成長するために、たくさんプレーすることが必要なのでね。ここではみんなに信頼され、完璧だよ」<br><br>「コンテ監督はアタランタ戦でのプレーを見たと思うか」と問われると笑いながら「分からないよ」と返すバチュアイ。「彼らはプレミアリーグに集中しており、来週にはチャンピオンズリーグでの(バルセロナとの)大事な試合に臨む。彼らにとってうまくいくことを祈っているよ」と恨み節を口にすることはなかった。<br><br>大きな目標はベルギー代表としてのロシア・ワールドカップ(W杯)への出場となる24歳のFWだが、「赤い悪魔(ベルギー代表チームの愛称)にはたくさんの優れたアタッカーがいるのでね。僕を含めて、誰もがW杯に出たがっている。なので、(ロベルト・マルティネス)監督にアピールしなければね」と意気込みを示している。<br><br>ドルトムントで最高な形のスタートを切ったバチュアイ。ゴールを決める度、完全移籍での獲得に向けた交渉は難しくなると考えられるが、現時点においてはドルトムントにとっても選手にとってもウィン・ウィンの関係と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司の次節ボルシアMG戦欠場が確実に…ドルトムント指揮官「足首にまだ問題が…」

ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第23節ボルシアMG戦が控えている。だが、この試合で日本代表MF香川真司は、欠場することが確実となっているようだ。指揮官ペーター・シュテーガーが明言している。<br><br>香川真司は昨年12月のシュテーガー体制スタート以来、主力としてフル出場を続けていた。しかし、前節のハンブルガーSV戦では先発出場を果たしたものの、62分に負傷でピッチから退いている。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグのアタランタ戦では、香川は負傷を理由にメンバー外となっていた。<br><br>シュテーガー監督はボルシアMGを前にした会見で「シンジは足首にまだ問題を抱えており、今週末の試合で出場させることはない」と述べている。<br><br>ドルトムントはシュテーガー監督を招へいした第16節のマインツ戦から、リーグ戦で4勝3分けと無敗をキープしている。今冬の移籍市場で加わったミッキー・バチュアイがここ3試合で5ゴールを決めるなど、得点力も高まりようやく軌道に乗り始めたドルトムント。だが、香川の負傷離脱は不安材料となっているようだ。 <br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントを救ったバチュアイ、2発アシストのゲッツェに感謝「彼のおかげでもある」

ベルギー代表FWのミッチー・バチュアイは、15日のヨーロッパリーグ(EL)アタランタ戦でもドルトムントを3—2の勝利に導いている。この一戦で2得点を記録したストライカーは、いずれもアシストしたMFマリオ・ゲッツェに感謝の言葉を送った。<br><br>ドルトムントは前半、MFアンドレ・シュールレのゴールで先制するも、後半に入るとアタランタのMFヨシプ・イリチッチに立て続けで2ゴールを奪われ、ビハインドを追う展開に。だが、65分と後半アディショナルタイムにバチュアイがドッペルパック(1試合2ゴール)を達成し、チームはファーストレグを制した。<br><br>チェルシーからレンタルで加入してから3試合で5ゴールをマークしているバチュアイは試合後、クラブの公式チャンネルで喜びのコメントを残している。<br><br>「難しい試合だったので、とてもハッピーだよ。どうしても逆転したかったが、ファンにも助けられ、最終的にはそれに成功できたんだ」<br><br>バチュアイのゴールはいずれもゲッツェがアシスト。「当然、ゴールを決められてとても嬉しく思っている。でもどちらとももちろん最高な形でアシストしてくれたマリオのおかげでもあるよ」と後半から途中出場したドイツ代表MFに感謝した。<br><br>一方、そのゲッツェは『スカイ』で、「展開を考えれば、満足しなければならないだろう」と接戦を制したことを示唆すると、「アディショナルタイムはミッチー・バチュアイがペナルティーエリアでフリーだったのが目に入り、ダイレクトでボールを送り込んだ。彼はすごくうまくやってくれたね。一瞬でターンし、フィニッシュしたんだ」と新チームメイトの動きを褒め称えた。<br><br>新たな環境にすぐさま馴染み、本領を発揮するバチュアイ、ドイツ最高の逸材と呼ばれていたころの姿を取り戻そうとするゲッツェ。この試合では彼らがともにピッチに立った時間は30分程度に限られていたが、現地メディアには早くも&ldquo;ドルトムントの新たなドリームコンビ&rdquo;と名付けられ、大きな期待が寄せられている様子がうかがえられる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 19:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントから2得点のイリチッチ「アタランタのプレーが通用した。挽回できる」

アタランタのMFヨシップ・イリチッチが15日、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、次戦での雪辱を誓った。<br><br>アタランタは15日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメント1回戦でドルトムントとアウェイで対戦。ドルトムントに先制を許すも、イリチッチのドッピエッタ(1試合2得点)で逆転に成功し、一時は勝機も見えた。しかしその後、チェルシーから加入したFWミッキー・バチュアイに2ゴールを許し、惜しくも敗れている。<br><br>イリチッチは自身のパフォーマンスを評価した上で、22日にアタランタのホームで行われる2ndレグでの挽回を強調した。<br><br>「調子は良いし、自分に満足している。フィジカルの状態は良い。良い試合だったと思う。ただ簡単に点を失い過ぎた。手強い相手との対戦だったし、また前を向いていきたい。相手に通用することが分かったので、挽回できると思う」<br><br>また指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニも、アウェイでの勝利を取り逃がしたことを悔やんだ。<br><br>「こんな形で敗れるのはつらい。特に勝利の可能性も頭をよぎっていたので、苦い思いだ。ただ負けたことで、良かった部分が消えるわけではない。大きなチャンスがあるし、できると思う。次戦、ファンの前でチャンスを結果につなげたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

加入後3戦5発のバチュアイ、ドルトムントに感謝「僕を受け入れてくれた」…去就にも言及

UEFAヨーロッパリーグのラウンド32、ドルトムントvsアタランタはミッチー・バチュアイの2ゴールの活躍もあり、ドルトムントが3-2で勝利を収めた。同選手は半年間レンタル加入の身でありながら、ドルトムントでは早くも&ldquo;アイドル&rdquo;となっているが、本人は今後の去就について「心配していない」と語っている。<br><br>バチュアイはアタランタ戦で2ゴールをマークし、これでドルトムントでの加入後公式戦3試合5ゴールとなった。本人は試合後メディアの取材に応じ「この勝利はチームにとってとても重要なものだったと思う。僕らはすべての試合で勝利し、常に好調を維持していく必要がある」と発言。<br><br>レンタルでドルトムントに加入し、リーグ戦2試合とヨーロッパリーグの1試合を合わせ、早くも5ゴールを記録しているバチュアイ。本人は「戦力として僕を受け入れてくれたドルトムントに、心の底から感謝している。僕にとってこの選択は間違っていなかった。だけど、これで満足してはいけないし、チームはもっと良くなるはずだ。将来的なことについては全く考えていないし、心配もしていない。ドルトムントで結果を残すだけ」と続け、さらなる飛躍に気概を示している。<br><br>指揮官ペーター・シュティーガーはバチュアイについて「ミッチーは真のゴールハンターだね。優れたクオリティであることは加入前から把握していたけど、彼がここに来てくれたことは、我々にとって本当に幸運なことだった」と述べ、早くも得点源として欠かせない存在となった教え子に賛辞を贈った。<br><br>ドルトムントは週末にブンデスリーガのボルシアMG戦を消化した後、次週はアウェーでヨーロッパリーグのアタランタ戦を迎える。加入後、3試合5ゴールと好調を維持しているバチュアイの快進撃はどこまで続くのか。ドルトムント後半戦巻き返しのカギは、このベルギー代表FWが握っていると言っても過言ではなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 13:05 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース