試合への入り方を嘆くロイス「立て直せないままに2点を失った」2017.04.20 10:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催さ入れた。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったロイスは、立ち上がりの悪さを指摘。チームが立て直す前に2点を失ったことを悔やんだ。

「今日の試合も立ち上がりが良くなかったと思う。挑戦者だけど、相手のプレッシャーの前にいつものパフォーマンスが出せなかった。そして立て直せないままに2点を失ってしまったんだ」

「後半はうまく立て直して試合に入れたと思うけれど、ゴールが奪えなかったね」

コメント

関連ニュース

thumb

新たなワンダーキッドが登場か…ドルトムント下部組織の12歳がU-17の試合で2ゴール

ドルトムントの下部組織に所属する12歳のFWユズファ・ムココは、U-17チームの公式戦で2ゴールを挙げた。&ldquo;飛び級&rdquo;での活躍にドイツメディアが注目している。<br><br>13日に行われたU-17ブンデスリーガ開幕節でドルトムントはウンテラートと対戦。昨季までU-15チームでプレーしていたムココが2ゴールを挙げ、アウェーのドルトムントが3-0の勝利を収めている。<br><br>試合はスコアレスで前半を折り返すと、後半開始直後にドルトムントのエミル・テルチが決めて先制。そして、50分にはムココが魅せる。相手選手を浮き球でかわした少年は持ち味のスピードで3人のDFを抜き去りにしながらペナルティーエリアに侵入。相手GKと1対1になったところ、冷静にシュートを流し込んでいる。またその数分後には相手ペナルティーエリアで4人を相手に仕掛け、最後は倒されてPKを獲得。それを自ら沈め、2ゴールの鮮烈なデビューを飾った。<br><br>なお昨夏にザンクト・パウリからドルトムントに渡ったムココは昨シーズンU-15チームで21試合に出場し33ゴールをマーク。ドイツ『シュポルト1』によれば、すでにDFB(ドイツサッカー連盟)から声がかかっているカメルーン生まれのタレントが実際にU-15ドイツ代表の試合に出場するのも時間の問題だという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:53 Tue
twitterfacebook
thumb

SNSでミラン愛を公言のオーバメヤンがドルト練習を早退…伊紙が「仮病」を疑う

ミラン復帰願望を漏らしていたドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが練習を早退したため、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は13日、仮病ではないかと指摘している。<br><br>オーバメヤンは12日、インスタグラム上でライブ中継を行い、ファンからの質問に応じた。その中で、サンドロと名乗るイタリア人ファンから「ミランへ来て」とのコメントを受けると、「サンドロ、バカヤロー&hellip;オレは行きたい。だけど彼らが眠ったままだったら、オレはどうすればいいって言うんだ」と言い放ち、ユース時代に過ごしたミランへの復帰を熱望していた。<br><br>オーバメヤンは翌日、13日のドルトムントの練習をわずか30分ほどで早退している。ドルトムントは「風邪のため」と公式ツイッターで発表しているが、インスタグラム上での発言の経緯から今夏の移籍を目指すための仮病ではないかと指摘されている。<br><br>今夏、ミランは中国資本の新体制の下、これまで2億1100万ユーロ(約275億円)を投じ、11選手を獲得した。残るは「ケーキの一番上を飾るチェリー」としてセンターフォワードの補強が予定されている。これまで下部組織出身のオーバメヤンも獲得候補に挙がったものの、ドルトムントが移籍金8000万ユーロ(約104億円)を要求しており、ミランは断念していた。このほかトリノのFWアンドレア・ベロッティ、モナコのFWラダメル・ファルカオらもうわさされたが、現在はフィオレンティーナのFWニコラ・カリニッチの加入が有力視されている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ハットトリックのオーバメヤン、去就に注目集まる同僚デンベレに言及「難しい状況」

ドルトムントに所属するFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、ウスマーヌ・デンベレの将来は「難しい状況」であることを認めている。<br><br>デンベレは10日の練習を無断で欠席。バルセロナ移籍を求めてのボイコット行為と見られ、これを問題視したドルトムントは12日に行われたDFBポカール1回戦リーラジンゲン・アーレン戦で同選手をベンチ外とした。<br><br>試合はオーバメヤンのハットトリックなどでドルトムントが4-0と快勝。オーバメヤンは試合後に『スカイ』で、デンベレに状況について「何が起こるか見てみよう。難しいところではあるけどね」と話すにとどめた。<br><br>また、試合については「プラン通りに戦えたし、嬉しいよ。次のラウンドに行かなければならなかったからね」とコメントしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.13 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バルサ移籍要求のデンベレへの活動停止処分を当面継続「開幕に集中する」

ドルトムントは13日、ウスマーヌ・デンベレに対する活動停止処分は14日以降も続くことを発表した。<br><br>バルセロナが獲得を目指し、ドルトムントに1回目の獲得オファーを断られたデンベレ。それを受け、チームの練習を無断で欠席し、クラブにより12日に行われたDFBポカール1回戦、そして13日までのトレーニングへの出場停止が科されていた。<br><br>報道によればクラブの関係者との接触を拒否しているデンベレだが、クラブは活動停止処分を当面継続する決断を発表。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)、ピーター・ボス監督が協議した結果、そう決定されたようだ。<br><br>ツォルクSD(スポーツディレクター)はまたクラブの公式ウェブサイトで「我々の焦点は、次週ヴォルフスブルクで迎えるブンデスリーガ開幕に向けて集中することに置かれる」とコメントしつつ、「もちろんウスマーヌ・デンベレはグループとは別に個人トレーニングをすることが許される」と語った。<br><br>また発表では、クラブは今回の声明を除き、デンベレの状況については言及しないことが強調されている。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.08.13 22:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント現役コーチが指導する小学生向けのサッカーキャンプ「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が今夏も実施!

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽選手育成システムでは世界中から注目を集め、世界最高峰ともされるドイツ。その中でも、特に高評価を得ているドルトムントのコーチが、4日間にわたって小学生を指導するのが今回のキャンプだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回も東京都調布市にあり、FC東京の本境地である味の素スタジアムに隣接されるアミノバイタルフィールドでキャンプを実施。小学1年~6年生までの76名が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽子供たちには、ドルトムントカラーである黄色と黒のトレーニングキット2セットと、ボール、バック、キャップ、そしてプーマが新たに開発した「PUMA ONE」がプレゼント。また、キャンプを通して最優秀選手に選ばれた選手には、ドルトムントへの招待という特典付きとなっている。 ▽トレーニングは、初日を除き、午前、午後の2部制となっており、昼食後にはドイツ語講座や、ドルトムントの試合映像を観る講座なども含まれている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽子供たちは能力や学年に合わせて4つのグループに分けられ、それぞれのグループにはドルトムントのコーチ、さらに通訳も兼ねた日本人コーチが帯同。グループごとにレベルを合わせたトレーニングが実施された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニングは基礎的なものからスタートするものの、ドリブルやパスなどは実戦での動きを意識したものに。下級クラスでもインサイドで浮き玉のパスや、ヘディングでパス を返すトレーニングを実施すると、子供たちにはステップを踏ませて的確に返すことを要求。ボールをただ蹴るだけではなく、動きの中でのパスを求めていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、上級クラスではシュート練習の際にコーンをディフェンダーに見立て、かわしてシュートを打つというトレーニングだったが、コーンをかわす距離が近すぎることをコーチは指摘。ディフェンスが足を出してくる距離を考えてかわすように指示を出すなど、実戦での動きを意識しながらのシュートを求め、動きだけでなく頭を使うことを求めていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/dort20170813_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニング中の子供たちは、笑顔に溢れ、しっかりと技術や動き方を習得した様子。真夏の4日間にわたって行われたキャンプは、子供たちにとってかけがえのない4日間となり、今後のサッカー人生に影響を与えることとなるだろう。 2017.08.13 14:30 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース