試合への入り方を嘆くロイス「立て直せないままに2点を失った」2017.04.20 10:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催さ入れた。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったロイスは、立ち上がりの悪さを指摘。チームが立て直す前に2点を失ったことを悔やんだ。

「今日の試合も立ち上がりが良くなかったと思う。挑戦者だけど、相手のプレッシャーの前にいつものパフォーマンスが出せなかった。そして立て直せないままに2点を失ってしまったんだ」

「後半はうまく立て直して試合に入れたと思うけれど、ゴールが奪えなかったね」

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第31節プレビュー】4位ドルトムントvs3位レバークーゼン開催

▽前節はシャルケがドルトムントとのレヴィア・ダービーを制して2位を死守。そして、レバークーゼンがフランクフルトとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制し、3位に浮上した。迎える第31節は、4位ドルトムントvs3位レバークーゼンのCL出場権争いが開催される。 ▽前節シャルケ戦を攻守両面で凌駕されて0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。5位ライプツィヒとは4ポイント差ある状況だが、得点源を失った中で勝ち点を積み上げ、CL圏内を確固たるものにできるか。練習に復帰している香川はだが、引き続き欠場予想となっている。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破したレバークーゼン(勝ち点51)は、ドルトムントを抜いて3位に浮上。しかし、火曜日に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、フランクフルト戦でハットトリックを決めたフォラントをはじめ、ブラントやハフェルツ、ベイリーら活きの良いアタッカー陣がドルトムントも凌駕できるかに注目だ。 ▽日本人が所属するケルンとハンブルガーSVは今節にも降格の可能性がある。まずは最下位に沈むケルン(勝ち点21)から。2位シャルケ(勝ち点55)とホームで対戦するケルンは今節勝利を逃し、14位ヴォルフスブルク(勝ち点30)、15位マインツ(勝ち点30)、16位フライブルク(勝ち点30)が揃って勝ち点を積み上げた場合、5シーズンぶりの降格が決まる。前節ヘルタ・ベルリン戦では中盤インサイドでプレーした大迫だったが守備に追われ、攻撃面で見せ場は作れなかった。ダービーで攻守に渡る大活躍を見せたナウド擁するシャルケ相手にケルンは残留の望みをつなぐ勝利を手にできるか。 ▽続いてクラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)。16位フライブルク(勝ち点30)との残留争いに臨むHSVは前節ホッフェンハイムに完敗。前々節シャルケ戦の勝利をつなげることができなかった。酒井高も失点に絡み、チームの足を引っ張る格好となってしまった。ヴォルフスブルク、マインツと立て続けに残留を争うライバルに敗れて4連敗となっているフライブルクを下し、残留に希望を見いだせるか。なお、酒井高は負傷で欠場予想。伊藤はスタメン予想となっている。 ▽そのほか、フライブルクに勝利し、7試合ぶりの白星を飾って残留圏内の15位に浮上したマインツ(勝ち点30)は、11位アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。ここで勝利できれば残留決定となるが、武藤は引き続き負傷欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第31節 ▽4/20(金) 《27:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク ▽4/21(土) 《22:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム ハノーファー vs バイエルン シュツットガルト vs ブレーメン フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン ハンブルガーSV vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽4/22(日) 《22:30》 アウグスブルク vs マインツ 《25:00》 ケルン vs シャルケ 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「最初は信用できなかった」オーバメヤンが明かすかつてのライバルへの警戒心

ガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤンは、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの共存に不安を感じていたようだ。<br><br>オーバメヤンは今年の1月に5600万ポンド(約86億円)の移籍金でドルトムントからアーセナルに加入。ここまでプレミアリーグで8試合に出場して6ゴール2アシストと、シーズン途中の加入にしてはまずまずの成績を残している。<br><br>ドルトムント時代はチームミーティングを無断欠席するなど、自由奔放なイメージもあったが、意外にも繊細な一面を持つガボン代表ストライカーは、クラブ公式サイトでのインタビュー内でアーセナルへの加入に際して不安があったことを告白。その理由としてラカゼットの名前を挙げている。<br><br>「ラカゼットがリヨンにいたとき、僕はライバルチームのサンテティエンヌでプレーしていたんだ。だからアーセナルに加入した直後は彼を信用することはできなかったね」<br><br>リヨンとサンテティエンヌが対戦する試合は「ローヌ・ダービー」と呼ばれ、華やかな文化の街であるリヨンと、労働者の街であるサンテティエンヌがお互いのプライドをかけてぶつかり合う、フランスで最も激しいダービーとも言われている。<br><br>「これまでに何人かのリヨンに所属していた選手とチームメートになったことがあったけど、結局、彼らとは仲良くすることができなかったんだ。でもラカゼットは違ったよ。僕がアーセナルに来たときからすごくポジティブだったから、すぐに彼が良いやつだってわかったんだ」<br><br>過去の経験からラカゼットを警戒していたオーバメヤンだが、その心配は取り越し苦労だったようだ。4月1日のストーク戦ではPKによってハットトリックのチャンスを得たオーバメヤンが、その日無得点だったラカゼットにPKキッカーを譲るなど両者の関係は良好だ。<br><br>現在アーセナルはプレミアリーグで6位と低迷期に突入している。再建を目指すチームにとって、元ライバルだった2人のストライカーは欠かせない存在だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バチュアイの完全移籍求むドルトムント、チェルシーは76億円要求か

▽今冬にチェルシーからドルトムントにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)。ドルトムントは今シーズン終了後の完全移籍を望んでいるが、実現に向けて大きな壁にぶち当たることになりそうだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽バチュアイは15日に行われたブンデスリーガ第30節のシャルケ戦で左足首を痛めて今シーズン終了の可能性が高まっているものの、加入以来、ブンデスリーガ9試合7ゴールと活躍。自身と入れ替わる形でアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの穴をカバーする働きを見せている。 ▽伝えられるところによれば、ドルトムントは今冬のバチュアイ獲得時、買取りオプションの付加をリクエスト。だが、次のシーズンに向けて自信を取り戻してもらうためにバチュアイをドルトムントに貸し出したチェルシー側に手放す意思はなく、それを拒否したという。 ▽それが事実であれば、ドルトムントにとって、チェルシーとのバチュアイの完全移籍交渉は難航必至の様相。なお、チェルシーはバチュアイを完全に手放すことになった場合、移籍金として5000万ポンド(約76億5000万円)以上を要求している模様だ。 2018.04.18 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ザルツブルク指揮官の招へいを目指す?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙

ドルトムントは、ザルツブルク率いるマルコ・ローゼ監督を招へいするかもしれない。オーストリア紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が伝えた。<br><br>香川真司が所属するドルトムントは3月、南野拓実がプレーするザルツブルクに敗れてヨーロッパリーグ敗退が決まると、その後ブンデスリーガではバイエルンに0-6で敗れ、先日宿敵シャルケとのレヴィア・ダービーを0-2と落としている。その結果、クラブはペーター・シュティーガー監督との契約を更新せず、新監督を招く可能性が高まっているところだ。<br><br>そして、次期監督はザルツブルクのドイツ人指揮官、ローゼ監督となる可能性が浮上。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』によれば、ドルトムント幹部はその手腕を以前から高く評価しているという。ニースのルシアン・ファブレ監督とともに次期監督の最有力候補と見ているようだ。<br><br>現役時代はハノーファーやマインツなどでプレーしたローゼ監督は昨年ザルツブルクのU-19チームをUEFAユースリーグ制覇に導き、今季からトップの指揮を執ることに。クラブとの2019年までの契約には契約解除条項が盛り込まれておらず、他クラブに向かう場合、高額の違約金が発生すると見られる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 22:35 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース