試合への入り方を嘆くロイス「立て直せないままに2点を失った」2017.04.20 10:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームで行われた1stレグは、チームバス襲撃事件の影響を受けて一日遅れの12日に開催さ入れた。その試合で2-3の敗戦を喫したドルトムントは、アウェイで勝利が必要な中、前半に2失点を喫する。48分にはロイスのゴールで一矢報いるも、終盤に3点目を失い1-3で敗戦。2戦合計3-6でベスト8敗退となった。

▽試合を振り返ったロイスは、立ち上がりの悪さを指摘。チームが立て直す前に2点を失ったことを悔やんだ。

「今日の試合も立ち上がりが良くなかったと思う。挑戦者だけど、相手のプレッシャーの前にいつものパフォーマンスが出せなかった。そして立て直せないままに2点を失ってしまったんだ」

「後半はうまく立て直して試合に入れたと思うけれど、ゴールが奪えなかったね」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントの守護神ビュルキが2021年まで契約延長

▽ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、これまで公式戦95試合に出場。2017年にはDFBポカールで優勝を果たしていた。 ▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦では2度の大きなミスにより失点を許し、厳しい批判にさらされているビュルキは、クラブの公式サイトで契約延長について次のように語った。 「ドルトムントがこの厳しい時期に示してくれたこの信頼をとてもうれしく思う。この素晴らしいクラブのゴールマウスに立てることを嬉しく、そして誇りにも思っているよ」 ▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っている。 「ロマンはプレーの面でも人間性でも、ドルトムントにとてもマッチしている。我々は彼のプレースタイルを好んでいるし、大きな伸び代をもっていると考えているよ。そしてまたコンスタントにパフォーマンスを発揮するはずだ」 2017.10.20 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがロイス獲得を目論む

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(28)に注目しているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽今年5月のDFBポカール決勝のフランクフルト戦で前十字じん帯を負傷して以降、長期離脱が続いているロイス。現在もリハビリ中だが、国内外からまだまだ高い評価を得ているようで、『サン』が伝えるところによれば、ユナイテッドとアーセナルのイングランドの名門が獲得を狙っているという。 ▽ユナイテッドとアーセナルはそれぞれ左ウイングの強化を目指しており、前者は今夏にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(28)の獲得に動いていた模様。一方、後者はチリ代表アレクシス・サンチェス(28)の去就が不透明なため、新たな左ウイングを探しているとみられている。 ▽ドルトムントとの現行契約を2019年までとしているロイスだが、クラブのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ『キッカー』に対して、「我々はロイスを長期的な目で見ている」と話していることから、地元出身のアイドルを手放す可能性は低いように思える。 2017.10.20 21:19 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第9節プレビュー】酒井高&伊藤がハインケス・バイエルンに挑戦、長谷部vs香川も

▽前節は首位ドルトムントがライプツィヒに2-3と敗れ、今季初黒星を喫している。一方でハインケス監督を再招へいしたバイエルンが、フライブルクに5-0と大勝し、初陣を飾っている。迎える第9節では酒井高と伊藤の所属するハンブルガーSVがバイエルンに挑み、長谷部&鎌田フランクフルトと香川ドルトムントの日本人対決などが開催される。 ▽前節マインツ戦を2-3と敗れて今季5敗目を喫した15位ハンブルガーSV(勝ち点7)。マインツ戦では2試合連続スタメンとなった伊藤がまたも足をつって後半10分程で力尽きたが、一時同点となるゴールを演出するなど再び存在感を放った。その伊藤はベンチスタート予想だが、スーパーサブとして6試合勝利のない苦しいチームを救う働きを期待したい。なお、4試合連続スタメン出場中の酒井高は引き続き左サイドバックでスタメン予想となっており、ロッベンとのマッチアップに注目だ。 ▽対する2位バイエルン(勝ち点17)はハインケス体制の初陣を5-0と大勝スタート。3試合ぶりに勝利したチームは水曜日のCLでセルティックを3-0と寄せ付けず快勝した。悪い流れを断ち切った感のあるチームは不調のHSVを下してドルトムントを追走したい。 ▽前節ハノーファー戦を2-1と競り勝って2連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)。負傷が癒えて2試合ぶりに先発に戻った長谷部は、3バックの中央で安定感あるプレーを見せ、守備を締める働きを担った。その長谷部は引き続きスタメン予想となっており、早くもシーズン10ゴールに到達したスピードスターのオーバメヤンを止める働きを期待したい。 ▽一方、オーバメヤンのドッペルパックもパパスタソプーロスの退場などもあってライプツィヒに2-3と競り負けて今季初黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点19)は、火曜日に行われたCLアポエル戦を1-1と引き分け、グループステージ突破が厳しい状況となった。アポエル戦で先発した香川だったが、ミドルシュートがバーに嫌われチームを勝利に導くことはできなかった。その香川はベンチスタート予想だが、悪い流れを断ち切るためにもここは勝利が求められる。 ▽前節ドルトムント戦を3-2と競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点16)は、火曜日に行われたポルト戦を3-2と制し、クラブ史上初のCL勝利を手にした。そのライプツィヒは浅野のシュツットガルトと対戦する。運動量が生命線のチームはこの過密日程を乗り越え、2強を追うことはできるか。前節ケルン戦ではベンチ入りしたものの出場機会のなかった浅野は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽その他、大迫がフル出場したものの、終了間際のPK取り消しと被弾でシュツットガルトに1-2と惜敗した最下位のケルン(勝ち点1)は、17位ブレーメン(勝ち点4)とのホーム戦で早くも残留争いと化した下位対決を戦う。代表戦の影響もあって途中出場となったマインツの武藤は金曜日にシャルケとのアウェイ戦を、シャルケ戦で痛恨の一発退場となった原口のヘルタ・ベルリンはフライブルクとのアウェイ戦を戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第9節 ▽10/20(金) 《27:30》 シャルケ vs マインツ ▽10/21(土) 《22:30》 フランクフルト vs ドルトムント ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs レバークーゼン アウグスブルク vs ハノーファー 《25:30》 ハンブルガーSV vs バイエルン ▽10/22(日) 《20:30》 ケルン vs ブレーメン 《22:30》 フライブルク vs ヘルタ・ベルリン 《25:00》 ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム 2017.10.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CLグループステージ敗退危機のドルトムント、ボス監督「難しくなってしまった」

ドルトムントのピーター・ボス監督は、アポエル戦に引き分けたことで、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出が厳しくなったことを認めた。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>ドルトムントはCLグループステージの開幕2試合を連敗スタート。レアル・マドリー、トッテナムと同居する&ldquo;死のグループ&rdquo;で厳しい幕開けとなった。第3節の格下アポエル戦では勝利が義務付けられたが、敵地で苦戦し、1-1の引き分けに終わっている。<br><br>ボス監督は試合後、「結果にはがっかりしている。いいスタートを切れたが、その後が続かなかった。それからスピードが遅くなり、悪くなっていってしまった」と反省点を語る。<br><br>続けて、チームが思うような試合運びができなかったことを認めた。<br><br>「自分たちを見つめ直さなければならない。ボールを前に素早く進められなかった。改善しようとしたが、実行できなかった。このような試合では先制点が重要になる。前半はチャンスがあったが、決められなかった」<br><br>一方で、レアル・マドリー対トッテナムは1-1のドローに終わり、厳しい状況となった。それでもボス監督は前を向いている。<br><br>「マドリーでの結果も我々にとってはよくなかった。難しくなったことはわかっているが、ホームではアポエルに勝たなければならない。それから残り2試合を見てみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪日本代表の森保一監督、ドルトを訪問

▽2020年東京オリンピックのサッカー日本代表に就任した森保一監督(49)は12日、ドルトムントに訪問していたようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽研修のためにドイツ滞在中の森保監督は、ドルトムントの練習場を訪問すると、トップチームの非公開練習を視察。U-20日本代表のコーチ時代から親交がある日本代表MF香川真司も、13日に自身のツイッター(@S_Kagawa0317)で再会したことを報告していた。 ▽森保監督は、2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任し、1年目からJ1年間王者に輝くと、翌シーズンに連覇を達成。2015年にも年間優勝を果たし、4シーズンで3度のJ1王者に輝く功績を残した。しかし、今シーズンは開幕から不振に陥り、7月4日に広島を退任。今月12日に東京オリンピックの日本代表就任が決定していた。 2017.10.18 16:41 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース