超ワールドサッカー

バルセロナ撃破で自信を深めたボヌッチ「他のチームはユーベを恐れている」2017.04.20 09:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽ユベントス・スタジアムで行われた1stレグで3-0と快勝したユベントス。カンプ・ノウでのリターンレグは、押し込まれる展開の中で無失点で切り抜け、試合はゴールレスドローで終了した。この結果、ユベントスが2年ぶりとなるベスト4進出を決めている。

▽試合後にボヌッチは、高い攻撃力を誇るバルセロナを相手に、2試合連続クリーンシートを達成したことに満足感を示し、準決勝ではユベントスが警戒される立場にあると語った。

「試合前から、バルセロナがリスクをかけて攻めてくることはわかっていた。僕らも団結してしっかりと対応できたと思うし、彼らのサイドバックに対して、ダニエウ・アウベスとマンジュキッチがしっかりとマークに付いてくれたことが要因だ。統一された素晴らしいパフォーマンスで、カンプ・ノウでの難しい試合ながらも結果を残せた」

「守備は良かったけれど、カウンターの場面は決めきりたかったね。その部分は改善の必要がある。何度かチャンスがあった中で、決めていればもっと楽な展開だった。僕らはバルサを倒したチームであり、どんな相手たちも僕らを恐れるだろうね」

▽ボヌッチは試合後、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユニフォーム交換をしている。

「世界最高の選手とユニフォームを交換できてうれしいよ。僕の個人的なコレクションにしたい。息子もきっと喜んでくれるだろう。おそらくベロッティのユニフォームより喜んでくれるさ」

▽最後にボヌッチは、準決勝で対戦する可能性があるレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、モナコについてコメントしている。

「どのチームと対戦することになっても難しいね。ただ、それは相手も同じこと。今はユベントスとの対戦を恐れているはずだ。僕らは自分たちの強さを示したんだ。そして目標であるカーディフ(CL決勝の舞台)まで勝ち進みたいね」

コメント

関連ニュース

thumb

EL優勝のポグバ、スーパーカップでの古巣対決を歓迎

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが、古巣ユベントスのチャンピオンズリーグ(CL)優勝を願っている。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。 ▽24日に行われたヨーロッパリーグ決勝でアヤックスに2-0で勝利し優勝を決めたユナイテッド。この試合で先制点をマークし勝利に貢献したポグバは、6月3日にカーディフで行われるCL決勝ユベントスvsレアル・マドリーに向けて、古巣であるユベントスが優勝してくれれば幸せだと主張した。『スカイ・イタリア』に向けて以下のようにコメントしている。 「ユベントスがCLで優勝してくれたら僕はとてもとてもハッピーだ」 ▽また、もしユベントスがCLで優勝すれば、来シーズンのUEFAスーパーカップはポグバにとって古巣対決ということになるが、同選手はそれ歓迎しているようだ。 「僕らが彼らとスーパーカップで戦うことになるだろうって? そうだね。でも、僕は昔のチームメイトの幸運を祈るよ」 2017.05.25 21:26 Thu
twitterfacebook
thumb

6連覇の常勝軍団ユベントスが持つ選手獲得方法の秘密とは…伊紙が分析

6シーズン連続優勝を決めたユベントスの選手獲得方法について、イタリア紙『トゥット・スポルト』が22日、分析している。<br><br>ユベントスは21日に行われたセリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前にホームのユベントススタジアムで6シーズン連続33回目の優勝を決めた。イタリアで圧倒的な実力を誇り、チャンピオンズリーグでも決勝に駒を進めた常勝軍団ユベントスの秘密を探っている。<br><br>そのカギとされているのが、ベッペ・マロッタGMとタッグを組むスポーツディレクターのファビオ・パラティチ氏だ。サンプドリア時代から13年間、マロッタ氏の右腕として活躍し、現在ヨーロッパでも著名なスポーツディレクターの1人だ。これまでアーセナル、トッテナム、リバプール、パリ・サンジェルマンといった強豪が彼の引き抜きに動いた過去がある。<br><br>パラティチ氏は今シーズン、ナポリからFWゴンサロ・イグアイン、ローマからMFミラレム・ピアニッチ、バルセロナからDFダニエウ・アウベスを加入させたが、これまでもMFアンドレア・ピルロ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFアンドレア・バルザーリ、MFポール・ポグバといったチームの主軸となる選手の獲得に成功してきた。<br><br>そのメソッドとはパラティチ氏の嗅覚や感覚によるものが大きい。パラティチ氏は獲得候補の情報を得るために、四六時中電話対応へと追われ、ヨーロッパ中を駆け巡る日々を送るが、最も大事にしていることは、選手やその家族との会食だ。「ピッチでプレーを見る回数が減っても、選手や選手の家族ともに1度でも多く夕食をともにする方が良い」との信念だ。選手のデータなどは、あくまでサポートであって、スタートラインではないと考えている。パラティチ氏の今後の活躍は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 14:19 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチーニが今季のセリエAに言及「イグアインが移籍しなかったらナポリが優勝した」

元インテルの指揮官ロベルト・マンチーニが、イタリアのラジオ局『Rai 2』の中で、今シーズンのタイトルの行方は、昨夏ナポリからユベントスに移籍したゴンサロ・イグアインによって大きく左右されたと独自の見解を語っている。<br><br>マンチーニは「ナポリがもしイグアインを出していなかったら、スクデットを獲得していただろう」と発言し、以下のように続けた。<br><br>「ナポリは多額のお金を得たようだが、その穴埋めは十分なものとは言えなかった。その結果、ユベントスはイグアインと(パウロ)ディバラを前線で組ませて、最良の結果を得た。これはセリエAでも、チャンピオンズリーグでも、この2人がいたからユベントスは成功を収めた」<br><br>ナポリは第37節終了時点で勝ち点83のリーグ3位。優勝したユベントスとの勝ち点差は1試合を残してわずか5であり、マンチーニは昨シーズンナポリで36ゴールを決めたイグアインをユベントスに売却したことが、ナポリが優勝にあと一歩届かなかった大きな要因だと語っている。<br><br>ユベントスはセリエA、コッパ・イタリアを制し、6月3日に控えているチャンピオンズリーグ決勝では、トレブルを懸けてレアル・マドリーと激突する。イグアインはここまで各コンペティションでゴールを量産しており、ユベントス最大の得点源として躍動していた。果たして、イグアインはかつて自身が在籍した古巣レアル・マドリーからゴールを奪うことができるのか、ユベントスの3冠制覇に向けてイグアインの活躍に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ妻が選んだセリエAで最もイケメンな選手は?元イタリア代表FWを推しメンに

ユベントスに所属するイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチの妻、マルティーナ・マッカリさんが22日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組に出演し、インタビューに応じている。<br><br>夫ボヌッチの所属するユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前に6シーズン連続33回目の優勝を決めている。ボヌッチ一家もユベントス・スタジアムを訪れ、スクデット獲得に歓喜したのだが、息子のロレンツォ君だけは1人悲しげな表情を浮かべていた。マルティーナさんはこれについて、「ロレンツォの心はグラナータ(トリノのカラー)一色なの。学校の友達が全員トリノのファンだから」と話し、トリノのライバルであるユベントスのユニフォームに袖を通し、優勝セレモニーに参加した息子を思いやった。<br><br>ロレンツォ君はトリノのスター、FWアンドレア・ベロッティのサイン入り帽子を枕元に置いて眠るほどの熱狂的ファンだが、「彼は空気を読む子だから、こういう場ではこうした方が良いって理解して、(ミラレム・)ピャニッチのユニフォームを着たのだと思うわ」とマルティーナさんは説明している。<br><br>そして最後にセリエAで最もイケメンな選手について、マルティーナさんは明かしている。夫であるボヌッチを除けば、「マルコ・ボリエッロかしら」と話し、カリアリでプレーする元イタリア代表のFWがセリエAで最もイケメンな選手であるとした。190センチのボヌッチには及ばないが、ボリエッロは185センチと長身で34歳、ワイルドな出で立ちが特徴的で、ボヌッチとは目元のあたりが似ているようにも見える。<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ピケが望む今年のバロンドールは?「メッシがふさわしいけど…」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、今年のバロンドールについてコメントした。イタリア『メディアセット』でピケが語った。 ▽ピケは今年のバロンドールについて、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが獲得することを望んでいるようだ。イタリア代表、そしてユベントスの守護神としてゴールマウスに君臨し続けているブッフォン。今シーズンは前人未到のセリエA6連覇を達成。6月3日には、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。コッパ・イタリアも制しており、シーズン3冠の可能性を残している。 ▽ピケは、今年のバロンドールについてチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞にふさわしいと信じているものの、ブッフォンが受賞することを望んでいると語った。 「今シーズンのメッシは、ゴールデンシューを獲得した。バロンドールを再び受賞するにふさわしいだろう」 「でも、もしトロフィーを見たとき、ブッフォンはスクデット、コッパ・イタリア、そしてチャンピオンズリーグを獲る可能性がある」 「彼のキャリアは受賞するにふさわしい。そして今シーズンも値する。レフ・ヤシン以来、GKが受賞するのも良いと思う」 ▽ピケは、宿敵レアル・マドリーとユベントスによるチャンピオンズリーグについても言及。準決勝で自分たちが敗れたユベントスの勝利を願っているようだ。 「素晴らしい2チームによる試合になるだろう。ユベントスはここ何年も素晴らしい結果を残している。彼らはブッフォンのような素晴らしい選手もいるし、このトロフィーを初めて掲げたいとも思っているだろう。そして、元チームメイトのダニ・アウベスが勝つところを見せてくれるだろう」 2017.05.23 17:45 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース