バルセロナ撃破で自信を深めたボヌッチ「他のチームはユーベを恐れている」2017.04.20 09:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽ユベントス・スタジアムで行われた1stレグで3-0と快勝したユベントス。カンプ・ノウでのリターンレグは、押し込まれる展開の中で無失点で切り抜け、試合はゴールレスドローで終了した。この結果、ユベントスが2年ぶりとなるベスト4進出を決めている。

▽試合後にボヌッチは、高い攻撃力を誇るバルセロナを相手に、2試合連続クリーンシートを達成したことに満足感を示し、準決勝ではユベントスが警戒される立場にあると語った。

「試合前から、バルセロナがリスクをかけて攻めてくることはわかっていた。僕らも団結してしっかりと対応できたと思うし、彼らのサイドバックに対して、ダニエウ・アウベスとマンジュキッチがしっかりとマークに付いてくれたことが要因だ。統一された素晴らしいパフォーマンスで、カンプ・ノウでの難しい試合ながらも結果を残せた」

「守備は良かったけれど、カウンターの場面は決めきりたかったね。その部分は改善の必要がある。何度かチャンスがあった中で、決めていればもっと楽な展開だった。僕らはバルサを倒したチームであり、どんな相手たちも僕らを恐れるだろうね」

▽ボヌッチは試合後、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユニフォーム交換をしている。

「世界最高の選手とユニフォームを交換できてうれしいよ。僕の個人的なコレクションにしたい。息子もきっと喜んでくれるだろう。おそらくベロッティのユニフォームより喜んでくれるさ」

▽最後にボヌッチは、準決勝で対戦する可能性があるレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、モナコについてコメントしている。

「どのチームと対戦することになっても難しいね。ただ、それは相手も同じこと。今はユベントスとの対戦を恐れているはずだ。僕らは自分たちの強さを示したんだ。そして目標であるカーディフ(CL決勝の舞台)まで勝ち進みたいね」

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、ボカの若き司令塔ベンタンクールの完全移籍加入を発表…移籍金は11億円

▽ユベントスは21日、ボカ・ジュニアーズに所属するU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年。移籍金は950万ユーロ(約11億1000万円)の分割払い。将来、ユベントスが他クラブに売却する際、その移籍金の50%がボカに支払われる。 ▽名門ボカの若き司令塔であるベンタンクールは、ミランやインテル、レアル・マドリーといった錚々たるビッグクラブが獲得に動いていると報じられた逸材。FWカルロス・テベスをボカに売却した際に優先交渉権を手にしていたユベントスは先日、メディカルチェックの通過を公表していた。 2017.04.22 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「ユベントスがカテナチオ? カルチョをわかっていない」元伊代表監督が進化を主張

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が20日、イタリアラジオ放送『Radio24』のインタビューに応じた。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、1stレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。この試合についてプランデッリは持論を展開している。<br><br>まずはユベントスの戦い方をカテナチオだとして批判したアリゴ・サッキ氏に向けて「ユベントスがカテナチオをしたなどと言っている者は、カルチョを何も理解していない」と話し、釘を刺した。<br><br>続いてユベントスがサッカー界のアヴァンギャルドであると主張し、この先数年、ユベントスの時代が続くことを予想した。<br><br>「革新的なサッカーをするチームが台頭し、サッカーの1つのサイクルが終わった。ユベントスの前半のようなプレーができるのは限られたクラブだけだ。ユベントスは進化を続ける新しいチームだ。一方、バルセロナの戦い方は以前と変わっておらず、1つの戦い方しか知らない。アッレグリには感服だ。ユベントスはこの先数年、ヨーロッパサッカーの主役となる」<br><br>なお準決勝の相手として、レオナルド・ジャルディム監督率いるモナコが難敵であり、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが最も組みやすい相手だと述べている。<br><br>「準決勝の相手としてはモナコが1番避けるべき相手だと私は思う。スペインにまた行くのが良いだろうね。ブッフォンが言うようにアトレティコ(マドリー)はCLに集中しているが、レアルはできない。おそらくレアル相手がベストだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 19:58 Fri
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》

▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。 ▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。 ▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。 ▽今回決定した対戦カードは以下の取り。 ◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン) モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア) 2017.04.21 19:21 Fri
twitterfacebook
thumb

「どうしてもメッシのユニフォームが欲しくて」…ボヌッチが試合中に同僚から叱責?

DFレオナルド・ボヌッチがFWリオネル・メッシにユニフォームの交換を求め、DFジョルジョ・キエッリーニに怒られたと話題になった。イタリア複数メディアが20日、報じている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、ファーストレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。しかしこの試合中、ボヌッチがメッシに対し試合後にユニフォームの交換に応じてくれるよう執拗に話しかけていたことで、同僚キエッリーニの怒りを買ったというエピソードが伝えられている。<br><br>試合の中継映像にもバルセロナの背番号「10」のユニフォームに執着し、集中力を欠いていたように見えるボヌッチをキエッリーニが叱責し、胸をたたく様子が収められている。メッシは試合中、ボヌッチの要請を無視するそぶりを見せていたものの、試合終了後はボヌッチの希望通りユニフォームの交換に応じた。ボヌッチはこれらの経緯について、『スカイスポーツ』のインタビューで説明している。<br><br>「どうしても持って帰って僕のコレクションに加えたかったんだ。きっと息子もサッカーが大好きだから喜んでくれると思う。(キエッリーニとは)試合中の95分間緊張感を保つためにも、何度もお互いにハグしたり、叩きあったりして激励しあう。90分にフリーキックを与えてしまったから僕を元気づけようと叩いただけだ」<br><br>ボヌッチは叱責がユニフォームに関することではなく、キエッリーニとの関係も良好であることを強調した。なおキエッリーニは試合終了後、FWルイス・スアレスとユニフォームの交換を行った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 15:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベがバロテッリ2世と注目を集めるケアンとプロ契約締結へ、18歳の誕生日後に契約か

▽ユベントスが、同クラブのU-17イタリア代表FWモイゼ・ケアン(17)とのプロ契約締結に向けて準備を進めているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽コートジボワールにルーツを持つケアンは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ2世と称されるFW。昨年11月19日に行われたセリエA第13節のペスカーラ戦で途中出場を果たし、16歳8カ月でデビューしユベントスのクラブ最年少出場記録をマークした。さらに、21世紀以降に生まれた選手の中で初めて4大リーグでプレーした選手となっている。 ▽また、昨年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のセビージャ戦では84分から出場。こちらも21世紀以降に生まれた選手の中で初めてCLの舞台に立った選手となった。なお、今シーズンはユベントスのトップチームではリーグ戦2試合、CL1試合の出場に留まっているが、ユースチームでは12試合で9ゴール5アシストをマークしている。 ▽そんなケアンに対しては以前からアヤックス、アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシーなどが興味を示していると言われている。そのためユベントスは早く新契約を結びたいところだが、イタリアでは18歳からしかプロ契約を結べない決まりとなっている。そのため、ユベントスはケアンが18歳となる2018年2月28日以降にプロ契約を結ぶための準備を行っているようだ。 ▽さらに『フットボール・イタリア』によれば、ケアンの代理人を務めるミノ・ライオラ氏はユベントス側に他のクラブとの交渉を行わずユベントスとの交渉を優先的に進めることを伝えているという。 2017.04.21 12:09 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース