レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-3) ドルトムント《CL》2017.04.20 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 5.5
積極果敢な飛び出しでピンチの芽を摘んだが、ロイスに一矢を報いられる

DF
38 A・トゥーレ 6.0
バランス重視のプレーで攻守に安定感が光った

25 グリク 6.5
巧みなラインコントロールと冷静な対人対応でオーバメヤン封殺

5 ジェメルソン 6.0
ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す

23 メンディ 6.5
積極的な仕掛けで1点目を演出

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.0
最後まで集中切らさず攻守に貢献

(→ラッジ -)

8 モウティーニョ 6.0
うまく攻撃に絡んで厚みをもたらす

14 バカヨコ 6.5
モウティーニョと共に香川&ロイスに自由を与えず

27 ルマール 6.5
正確なキックで2アシストを記録

FW
9 ファルカオ 6.5
キャプテンとしてチームを統率し、自身もゴールを記録

(→ディラール 5.5)
すんなりと試合に入った

29 ムバッペ 7.0
CL4戦連続ゴールでドルトムントに引導を渡す

(→ジェルマン -)

監督
ジャルディム 6.5
自分たちの戦い方を貫き通しドルトムントに完勝

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
3失点も防げるシュートはしっかりと防いでいた

DF
26 ピシュチェク 5.0
痛恨のパスミスから3点目を奪われる

25 パパスタソプーロス 5.0
ファルカオを止め切れず…

28 ギンター 5.5
対人の強さを見せた

MF
37 ドゥルム 4.5
メンディに抑え込まれ、前半途中で交代

(→O・デンベレ 6.0)
持ち味の突破力で1アシストを記録

23 香川真司 5.0
バカヨコの対応に苦しむ

33 ヴァイグル 5.5
的確な配球と、クサビのパスを遮断する働きを担う

8 シャヒン 5.5
正確なFKで相手ゴールを脅かしたが、前半で交代

(→シュメルツァー 5.5)
自サイドからの突破は許さず

11 ロイス 6.0
要所で能力の高さを見せ、一矢報いるゴールを記録

13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5
4バックに移ってからも積極的な攻撃参加

(→プリシッチ 5.0)
目立った活躍はなかった

FW
17 オーバメヤン 4.5
グリクとジェメルソンの対応にほぼ何もできず…

監督
トゥヘル 5.0
早い選手交代で一度は落ち着きを取り戻したが、力尽きる

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ムバッペ(モナコ)
▽開始早々の先制点でチームに勢いをもたらした。

モナコ 3-1 ドルトムント
【モナコ】
ムバッペ(前3)
ファルカオ(前17)
ジェルマン(後36)
【ドルトムント】
ロイス(後3)
※2戦合計スコア6-3でモナコがベスト4進出

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、257億円で怪童ムバッペ獲得合意と報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得に関してモナコと合意に達したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽PSGは今夏、2億2200万ユーロ(約285億円)のバイアウト条項を起動させてバルセロナからFWネイマールを引き抜いた。しかし、さらなる補強候補として、世界屈指の若手有望株と認知されるムバッペの名前が挙がっていた。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、PSGは既にムバッペの獲得に関してモナコと合意しており、来週中にも正式発表を行う見込みだとのこと。移籍金はネイマールに次ぐ歴代2位の1億8000万ユーロ(約230億円)をベースに、ボーナス込みで2億ユーロ(約257億円)に達するという。また、ムバッペはPSGで年俸1800万ユーロ(約23億円)を受け取ると伝えられている。 2017.08.20 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ファルカオの3戦連続弾で辛勝のモナコが開幕3連勝でリーグ新記録の15連勝達成!《リーグ・アン》

▽モナコは18日、リーグ・アン第3節で日本代表GK川島永嗣の所属するメスと対戦し、1-0で勝利した。メスのGK川島はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ファルカオのハットトリックなどで開幕連勝を飾ったモナコは、前節のディジョン戦と同じスタメンを採用。ファルカオとディアカビをトップに起用した[4-4-2]で試合に臨んだ。 ▽15分、ボックス右手前でディアカビが倒されFKを獲得。これをルマールが直接狙うも、シュートは相手の壁を叩く。さらに21分には、ボックス左手前からのFKをモウティーニョが直接狙ったが、これはGKディディロンが正面でキャッチした。 ▽ゴールレスで迎えた後半、モナコはロニー・ロペスを下げてカリージョを投入。すると59分、モウティーニョの右FKをゴール前のカリージョがヘディングシュート。しかし、このシュートは右ポストを直撃した。 ▽先制点の遠いモナコは66分、ディアカビを下げてゲザルを投入。すると70分、ルマールの左CKをゴール前のグリクが頭で合わせたが、これはGKディディロンのファインセーブに阻まれた。 ▽猛攻の続くモナコは78分、バイタルエリア右でボールを受けたゲザルが相手DF裏へ浮き球のパスを供給。これに反応したファルカオが飛び出した相手GKを冷静にかわし、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点で試合終了。ファルカオの3戦連発弾で逃げ切ったモナコが開幕3連勝を飾った。なお、昨シーズンを12連勝で終えていたモナコは、2009年にボルドーが記録した14連勝のリーグ連勝記録を抜き、リーグ最長の15連勝という偉大な記録を樹立した。 2017.08.19 05:36 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGの恐ろしき資金力 230億円でムバッペ移籍合意か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の大金投下が止まらない。スペイン『マルカ』は、PSGがモナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得へ総額1億8000万ユーロ(約230億8000万円)を投じると報じた。 ▽PSGは、レアル・マドリー優位と目されてきたムバッペ獲得レースにおいて、移籍金1億6000万ユーロ+ボーナス2000万ユーロでモナコとクラブ間合意。ムバッペは、かねてよりレアル・マドリー移籍を希望していたが、給与面に惹かれた父親の勧めで自身の夢を諦め、PSG移籍を選択したという。 ▽ムバッペは、昨シーズンのモナコで公式戦44試合26得点を記録。リーグ・アン制覇の原動力になったほか、チャンピオンズリーグでのベスト4入りに大きく貢献した。なお、この報道が事実であれば、PSGは今夏の移籍市場で2選手を獲得するのに、破格の4億ユーロ(約513億1000万円)を捻出することになる。 2017.08.11 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏積極補強のミラン、ファルカオに38億円オファー…モナコの反応は?

▽今夏の積極補強が際立つミランがモナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)の獲得を目指しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽伝えられるところによれば、ミランはファルカオ獲得へ3000万ユーロ(約38億5000万円)のオファーを提示。だが、モナコはこれを拒み、提示額の上積みを要求しているという。 ▽稀代の点取り屋であるファルカオは、鳴かず飛ばずに終わったマンチェスター・ユナテッド、チェルシーへのレンタル移籍を経て、モナコに帰還した。 ▽復帰初年度の昨シーズンは、リーグ・アン29試合21得点とゴールを量産。モナコのリーグ・アン制覇に大きく貢献した。 2017.08.11 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

底なしの資金力!? PSGがムバッペ獲得に235億円投入へ

▽今夏の移籍市場を賑わせているパリ・サンジェルマン(PSG)の資金力は底なしなのだろうか…。スペイン『マルカ』は、PSGがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得に向けて再び莫大な資金を投入すると報じた。 ▽PSGは今月3日、バルセロナからブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。その移籍金は、バルセロナが設定していた契約解除金の満額となる2億2200万ユーロ(約290億円)と言われている。 ▽豊富な資金力で世界的なクラックを獲得したPSGだが、彼らの補強戦略はまだ終わりではないようだ。『マルカ』はフランス『レキップ』の情報をもとに、PSGが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとネイマールに、ムバッペを加えた攻撃ユニットを形成したいと考えていると主張。この野望を叶えるべく、ムバッペ獲得に向けてモナコに1億8000万ユーロ(約235億3000万円)のオファーを提示する用意をしているようだ。 ▽しかし実際には、ムバッペを獲得するためにはフィナンシャルフェアプレー(FFP)の影響で難しい模様。それでもムバッペを望むPSGは、ポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(27)、フランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(24)、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)を売却することでFFPを掻い潜ろうと考えているようだ。 ▽なお、仮にムバッペの移籍が決定すれば、歴代2位のビッグディールとなる。PSGは今夏だけで移籍金ランキングの1位(ネイマール)と2位を独占することとなる。 2017.08.08 09:45 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース