レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-3) ドルトムント《CL》2017.04.20 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 5.5
積極果敢な飛び出しでピンチの芽を摘んだが、ロイスに一矢を報いられる

DF
38 A・トゥーレ 6.0
バランス重視のプレーで攻守に安定感が光った

25 グリク 6.5
巧みなラインコントロールと冷静な対人対応でオーバメヤン封殺

5 ジェメルソン 6.0
ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す

23 メンディ 6.5
積極的な仕掛けで1点目を演出

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.0
最後まで集中切らさず攻守に貢献

(→ラッジ -)

8 モウティーニョ 6.0
うまく攻撃に絡んで厚みをもたらす

14 バカヨコ 6.5
モウティーニョと共に香川&ロイスに自由を与えず

27 ルマール 6.5
正確なキックで2アシストを記録

FW
9 ファルカオ 6.5
キャプテンとしてチームを統率し、自身もゴールを記録

(→ディラール 5.5)
すんなりと試合に入った

29 ムバッペ 7.0
CL4戦連続ゴールでドルトムントに引導を渡す

(→ジェルマン -)

監督
ジャルディム 6.5
自分たちの戦い方を貫き通しドルトムントに完勝

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
3失点も防げるシュートはしっかりと防いでいた

DF
26 ピシュチェク 5.0
痛恨のパスミスから3点目を奪われる

25 パパスタソプーロス 5.0
ファルカオを止め切れず…

28 ギンター 5.5
対人の強さを見せた

MF
37 ドゥルム 4.5
メンディに抑え込まれ、前半途中で交代

(→O・デンベレ 6.0)
持ち味の突破力で1アシストを記録

23 香川真司 5.0
バカヨコの対応に苦しむ

33 ヴァイグル 5.5
的確な配球と、クサビのパスを遮断する働きを担う

8 シャヒン 5.5
正確なFKで相手ゴールを脅かしたが、前半で交代

(→シュメルツァー 5.5)
自サイドからの突破は許さず

11 ロイス 6.0
要所で能力の高さを見せ、一矢報いるゴールを記録

13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5
4バックに移ってからも積極的な攻撃参加

(→プリシッチ 5.0)
目立った活躍はなかった

FW
17 オーバメヤン 4.5
グリクとジェメルソンの対応にほぼ何もできず…

監督
トゥヘル 5.0
早い選手交代で一度は落ち着きを取り戻したが、力尽きる

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ムバッペ(モナコ)
▽開始早々の先制点でチームに勢いをもたらした。

モナコ 3-1 ドルトムント
【モナコ】
ムバッペ(前3)
ファルカオ(前17)
ジェルマン(後36)
【ドルトムント】
ロイス(後3)
※2戦合計スコア6-3でモナコがベスト4進出

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒがポルトを下しCL初勝利! ベシクタシュはモナコに競り勝ち開幕3連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節の2試合が17日に行われた。ライプツィヒvsポルトは、3-2でホームのライプツィヒが勝利した。 ▽CL初参加でここまで1分け1敗と、未だに初勝利がお預けとなっているライプツィヒは、3日前に行われたドルトムント戦からスタメンを3名変更。ベルナルド、イルザンカー、Y・ポウルセンに代えて、オルバン、クロステルマン、フォルスベリを起用した。 ▽対するポルトは、CL第2節で2003-04決勝の再現カードとなったモナコ戦を3-0で制し、1勝1敗。連勝を目指すチームはその試合からスタメンを2名変更し、カシージャス、リカルド・ペレイラに代えて、ジョゼ・サ、ラユンを起用しこの一戦に臨んだ。 ▽試合は序盤からライプツィヒがボールを支配しつつ進行。優勢を保つと、8分に先制点が生まれた。セットプレーの流れからボックス手前中央のブルマが低い弾道のミドルシュートを放つと、GKジョゼ・サがボールを取りこぼす。これに詰めていたオルバンが、ゴールに押し込んだ。 ▽続く13分には、オギュスタンが個人技からチャンスを作り出す。左サイド深い位置でDF2人と対峙すると、虚を突いたルーレットで間を抜いていく。ボックス内左で完全にフリーとなると、右足で巻くようにしてファーにシュート。しかし、これはGKジョゼ・サに阻まれた。 ▽押し込まれる展開が続くと、ポルトが同点弾を奪取する。敵陣右サイドからロングボールが放り込まれると、ボックス内で頭での競り合いが続き、ボールはアブバカルの下に。これを左足ボレーで合わせ、ネットを揺らした。 ▽それでもライプツィヒは、失点の影響を感じさせず攻勢を保つ。すると38分に勝ち越し弾を奪い切る。サビツァーからのスルーパスを受けたフォルスベリが、ボックス内中央に抜け出し、一対一を冷静に沈めた。さらに41分にも、相手DFのトラップミスを拾ったオギュスタンが、チームの3点目を決めてポルトを引き離す。 ▽3分間で一挙2失点を喫したポルトだったが、44分に右CKを獲得。これをニアのH・エレーラが頭でフリックし、マルカノが押し込んだ。直後に前半が終了し、1点差で試合を折り返すことに。 ▽後半もライプツィヒのペースで試合が進行。62分には、敵陣中央付近で収めたN・ケイタがスルーパスを供給。ボックス内に抜け出したブルマは、GKジョゼ・サの股を抜くシュートを放つ。しかし、ボールがゴールラインを割る直前、懸命にスライディングしたDFマルカノがかき出し、事なきを得た。 ▽結局、試合はスコアが動かないまま終了。この結果、ポルトは連勝ならず。対するライプツィヒは、念願のCL初勝利をホームで飾ることとなった。 ▽また、同時刻開催となったモナコvsベシクタシュでは、1-2でアウェイのベシクタシュが勝利した。 ▽前節のポルト戦で3-0の完敗を喫したモナコは、13日に行われたリーグ・アン第9節のリヨン戦でターンオーバーを採用し、2-3で敗北。立て直しを図りたいこの試合では、リーグ戦で休養させていたシディベ、ファビーニョ、ティーレマンス、ファルカオなどを先発で送り出し、ベストメンバーで連勝中のベシクタシュに挑むこととなった。 ▽序盤はベシクタシュが攻勢をかける展開となったものの、モナコは簡単にフィニッシュまでいかせない。耐える時間にしのぎ続けると、18分にボックス手前右の好位置からFKを獲得。キッカーのレマルが左足から鋭いシュートを放ったが、反応したGKファブリシオが片手で弾き、先制点とはならなかった。 ▽徐々にチャンスが訪れ始めると、30分にモナコのエースが仕事を果たす。カウンターの場面でボールを持ったケイタが、ボックス左にスルーパスを供給。これを受けたファルカオが対面のDFペペをかわし、ゴール右隅に流し込んだ。 ▽攻勢を保ちながらもカウンターに沈んだベシクタシュだったが、直後に試合をイーブンに戻す。右サイドを侵攻したクアレスマが、精度の高いクロスを供給。ボックス内で待ち構えていたトスンが高い打点のヘッドで合わせ、ネットを揺らした。 ▽同点のまま後半を迎えると、55分にベシクタシュが逆転弾を奪い切った。敵陣中央付近からアルスランが強烈なミドルシュートを放つと、これが右ポストを直撃。左サイドまで跳ね返ったボールをバベルが拾い、ボックス内中央フリーのトスンに折り返す。トスンが冷静に蹴り込み、自身のこの試合2点目とした。 ▽その後、モナコは反撃に出たもののいずれも実らず。結局、試合はこのまま終了。この結果、モナコはホームで手痛い連敗を喫することに。対するベシクタシュは、逆転勝利で開幕から3連勝を飾った。 2017.10.18 06:17 Wed
twitterfacebook
thumb

フェキル劇的FK弾でリヨンが6戦ぶり勝利! モナコは3戦連続勝ちなし…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第9節のリヨンvsモナコが13日に行われ、3-2でホームのリヨンが勝利した。 ▽代表ウィーク前の前節モンペリエ戦を1-1のドローで終え、首位・パリ・サンジェルマン(勝ち点22)との首位争いにやや遅れを取ったモナコ(勝ち点19)は、その試合からスタメンを5名変更。ジェメルソン、ファビーニョ、ティーレマンス、ファルカオ、ヨベティッチに代わり、コンゴロ、モウティーニョ、メイテ、A・トラオレ、ケイタを先発で送り出した。 ▽試合は、序盤からリヨンが効果的なカウンターを繰り出した。6分、リヨンが右CKを得た場面でトゥサールが頭で合わせると、ポストを直撃。さらに9分には、最前線のマリアーノがDFのバックパスを追い、GKスバシッチの保持するボールに足を当てる。すると、今度は右のポストに直撃した。得点とはならなかったが、GKスバシッチの守るゴールを脅かしていく。 ▽すると11分、勢いそのままにリヨンが得点を奪い切る。ボックス内左でボールを持ったフェキルが、ドリブルで相手DFを翻弄。タイミングをずらし、左足で低いクロスを上げると、ファーのマリアーノの下へ。マリアーノは右足ダイレクトで合わせ、ネットを揺らした。 ▽リヨンがペースを握り始めると17分、今度はモナコが鋭いカウンターを突き刺した。最前線のケイタがDFからのパスを受けると、ややタメを作りラインの裏にスルーパス。二列目からダイアゴナルに走り込んでいたR・ロペスがボックス内左でフリーとなり、GKとの一対一を制して、同点弾とした。 ▽昨季王者に先制しておきながらも、あっという間に試合をイーブンに戻されたリヨンだったが、23分に再びリードする。ボックス手前中央でワンタッチプレーが続き、相手DFに混乱をもたらすと、ボックス手前左のF・メンディがラストパスを供給。マークを剥がして走り込んだフェキルが、ダイレクトで蹴り込んだ。 ▽それでも34分、モナコがまたしても意地をみせる。コンゴロからのグラウンダーのクロスを収めたR・ロペスが、ボックス内でDF4人に囲まれながらも後ろに落とす。フリーで走り込んだA・トラオレが豪快に右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。 ▽リヨンは前半中に2度もリードしたものの、いずれも守り切れず。試合は、同点の状態で折り返しを迎えることに。勝ち越しを目指すリヨンは、60分にB・トラオレを下げてデパイを投入。攻勢を強めていく。 ▽67分には、ボックス内右からのオーアルからの折り返しに、マリアーノが下がりつつ足で合わせる。シュートはGKスバシッチの逆を突いたものの、残された足でブロック。絶好機はファインプレーに阻まれた。73分には敵陣中央付近で得たFKから、マリアーノが強烈なシュートを放ったが、またしても左ポストに嫌われる。 ▽リヨンが攻勢を保って試合を展開すると、試合終了間際にドラマが待っていた。95分、敵陣中央やや右で得たFKで、キッカーをフェキルが担当。左足を振り抜くと、鋭いシュートが壁の横を通過し、ゴール左下に吸い込まれた。 ▽直後に終了の笛が鳴り、劇的な展開でリヨンがシーソーゲームを制すこととなった。この結果、リヨンは公式戦6試合ぶりの勝利。一方、今シーズン2敗目を喫したモナコは、公式戦3戦連続で勝ちなしとなった。 2017.10.14 05:52 Sat
twitterfacebook
thumb

“ティグレ”ファルカオ、完全復活 驚異的決定力

▽モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)が完全復活の様相を呈している。 ▽2009-10シーズンから2シーズン過ごしたポルト、そして、2011-12シーズンから2シーズン過ごしたアトレティコ・マドリーで驚異的な得点力を発揮し“ティグレ(=虎)”の異名で名を馳せたファルカオだが、モナコ加入後の2014年1月に左ヒザ前十字じん帯を損傷する重傷を負うと、復帰後に本来のパフォーマンスが戻らず。2014年夏にレンタルで移籍したマンチェスター・ユナイテッド、そして翌シーズンにレンタルで加入したチェルシーでは、ことごとく精彩を欠いた。 ▽しかし、昨シーズンはモナコで公式戦43試合30ゴールを記録。今シーズンもここまでリーグ戦8試合で12ゴールと得点を量産している。『Squawka Football』によれば、ファルカオは今季、リーグ・アンでの枠内シュート13本のうち12本をゴールに結びつけているとのことだ。 ▽また、2017年バロンドールの候補者30名にも選出された絶好調のファルカオは、代表でもポジションを取り戻しており、5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節のパラグアイ代表戦でもゴールを記録した。 2017.10.10 11:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ファルカオがリーグ3戦連発も終盤の失点でモナコが痛恨のドロー《リーグ・アン》

▽モナコは29日、リーグ・アン第8節でモンペリエと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節リールに4-0と快勝した2位モナコが、本拠地スタッド・ルイ・ドゥに13位モンペリエを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を戦ったモナコは、その試合から先発を5人変更。モウティーニョやゲザル、ディアカビらに代わりヨベティッチやディーレマンス、R・ロペスを先発で起用した。 ▽試合は、前節パリ・サンジェルマン(PSG)の連勝を止めたモンペリエがアグレッシブな入りを見せる。9分には、敵陣でのパスカットからショートカウンターを仕掛けるとボックス左深くに抜け出したルシヨンの折り返しからセセニョンがシュート。 ▽さらに19分にも、ルシヨンのパスでボックス右に侵入したペドロ・メンデスが切り返しで2枚の相手マークを外してシュート。しかし、これはGKスバシッチのセーブに阻まれた。 ▽後手を踏んだモナコだが、38分に反撃に転じる。ヨベティッチのフィードで右サイドを抜け出したR・ロペスがボックス右深くまで持ち上がりクロス。これをゴール前に走り込んだファルカオが押し込み、モナコが先制した。 ▽迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開となる。するとモナコは71分にR・ロペスを下げてゲザルを投入。対するモンペリエは、73分にニンガに代えてカマラをピッチに送り出す。するとモナコは80分、ヨベティッチのスルーパスでボックス左に侵入したレマルのシュートは枠の右に外れた。 ▽その後、両チームが3枚の交代カードを使い切り、試合終盤に突入。このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム2分に試合が動く。バイタルエリア手前でボールを受けたイウトンのロングパスをゴール前で競り合ったベリゴーが頭で繋ぐと、このボールを最後はカマラがヘディングで流し込み、モンペリエが同点に追いついた。 ▽結局、試合はそのまま終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したモナコは、勝ち点で首位PSGに並ぶも暫定首位浮上とはならなかった。 2017.09.30 06:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとユーベ、PSGでファビーニョ争奪戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドとユベントスがモナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(23)の争奪戦を繰り広げることになるようだ。イタリア『calciomercato.com』が報じている。 ▽昨シーズンにモナコのリーグ・アン優勝やチャンピオンズリーグ4強入りなどに貢献したファビーニョに関しては、今夏の移籍が噂されていたものの、最終的に残留。しかし、引き続きビッグクラブの関心を寄せられているもようで、現在はユベントスが強い興味を持っているとのことだ。 ▽ただ、ユベントスにとって強力なライバルとなりそうなのが、マンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマン(PSG)だ。今夏にもファビーニョ獲りが噂されていたユナイテッドは現在も同選手の獲得を考慮しているとのこと。モナコはファビーニョの価値を6000万~6500万ユーロ(約80億~87億円)と見積もっており、資金力のあるユナイテッドやPSGとの争奪戦はユベントスにとって厳しいものになると予想されている。 2017.09.25 15:07 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース