超ワールドサッカー

モナコがムバッペのCL4戦連発弾などで香川フル出場のドルトムントに連勝! 13年ぶりのベスト進出!!《CL》2017.04.20 05:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。

▽敵地で行われた1stレグを新星FWムバッペの2ゴールなどで先勝したモナコは、直近のディジョン戦では大苦戦を強いられるも、ファルカオの直接FKなどで逆転勝利を飾り国内リーグ首位の座をキープ。好調を維持するモナコは、その1stレグからスタメンを2人変更。出場停止のファビーニョとラッジに代わり、打撲の影響で1stレグを欠場したメンディとサスペンション明けのバカヨコが先発に復帰した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを2-3で落としたドルトムントだが、直近のフランクフルト戦では戦列復帰したロイスのゴールなどで3-1の快勝を収め、きっちり立て直しに成功。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けて、ドルトムントは1stレグからスタメンを3人変更。O・デンベレ、シュメルツァー、Sベンダーに代えてシャヒン、ロイス、ドゥルムをスタメンで起用した。

▽試合は開始早々に動く。3分、左サイドからドリブルで仕掛けたメンディがバイタルエリア左からミドルシュート。これはGKビュルキが弾くも、こぼれ球に反応したムバッペがゴール左隅に流し込み、モナコが先制に成功した。

▽先制を許したドルトムントは10分、オーバメヤンのパスをボックス右で受けたドゥルムが折り返すと、中央に走り込んだロイスが右足で合わせたが、シュートはGKスバシッチが正面でキャッチ。さらに14分には、ボックス右手前でオーバメヤンが倒されて獲得したFKをシャヒンが直接狙うも、これは右ポストを叩いた。

▽ドルトムントの反撃を凌いだモナコは17分に追加点を奪う。左サイドをオーバーラップしたメンディの折り返しをボックス左のムバッペが落とすと、ボックス左角付近でこれを受けたルマールのクロスをゴール前に走り込んだファルカオがダイビングヘッドでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたドルトムントのトゥヘル監督は、27分にドゥルムを下げてO・デンベレを投入。2列目を右からO・デンベレ、香川、ロイスと配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。ポジションチェンジによりやや落ち着きを取り戻したドルトムントは38分、O・デンベレのスルーパスをボックス中央のロイスがヒールパスでゴール前に流すと、これにオーバメヤンが反応するも、ボールは飛び出したGKスバシッチが先にキャッチ。

▽さらに41分には、ボックス左手前で香川がベルナルド・シウバに倒され、FKを獲得。このFKをロイスが直接狙ったが、シュートはGKスバシッチの正面を突いた。

▽迎えた後半、ドルトムントはシャヒンを下げてシュメルツァーを投入。左サイドバックにシュメルツァーを置き、ラファエウ・ゲレイロをボランチに上げた。すると、後半最初のチャンスはドルトムント。48分、ドリブルでボックス右深くまで切り込んだO・デンベレが左足アウトサイドで折り返すと、中央のロイスが右足でゴール右にシュートを突き刺した。

▽1点を返されたモナコもすぐに反撃に転じる。50分、CKのこぼれ球を左サイドで拾ったルマールのクロスをボックス中央のA・トゥーレが頭で合わせると、これが枠を捉えたがボールはGKビュルキが右手で弾き出した。

▽さらに63分には、最終ラインからのロングフィードに抜け出したファルカオがボックス右から侵入。切り返しでマークを剥がし、飛び出したGKビュルキの上を突くチップシュートを放ったが、これは枠の上に外れる。

▽その後、ドルトムントはラファエウ・ゲレイロに代えて3枚目の交代カードとして72分にプリシッチを投入。すると、74分に決定機。O・デンベレのロングパスをボックス左の香川が頭で落とすと、これをボックス手前のロイスがダイクトシュート。しかし、シュートはGKスバシッチが正面でセーブ。

▽モナコは81分、ムバッペを下げてジェルマンを投入。すると、直後のプレーで追加点が生まれる。中盤でピシュチェクのパスをカットしたルマールが素早くゴール前へスルーパスを供給。このパスに抜け出したジェルマンが、この試合最初のタッチでゴールネットを揺らした。

▽試合を決定づける3点目を奪ったモナコは、90分にベルナルド・シウバに代えてラッジを投入し、試合をクローズ。ムバッペのCL4戦連発弾などでドルトムントに連勝したモナコが、13年ぶりの準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

O・デンベレ獲得に向け、代理人とバルサSDが会合…今夏最初のビッグディール実現か?

▽バルセロナがドルトムントのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)獲得に近づいているという。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナの今夏のターゲットと伝えられるO・デンベレ。今シーズン、レンヌからドルトムントに加入した同選手は、その類稀なる才能を開花させ、今季のサッカー界の話題をさらった。クラブの公式戦では49試合に出場し、10ゴール21アシストを記録。その活躍が評価され、昨年9月にはフランス代表デビューを飾り、ここまで7ゴールをマークしている。 ▽そんなO・デンベレは移籍マーケットでも話題の一人に。マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーも獲得を狙っていると言われる中、移籍有力候補のバルセロナの新アンバサダーとなったエリック・アビダル氏もバルサ移籍を後押しするようなコメントを残している。 ▽また、『マルカ』はドイツ『ビルト』の報道から、バルセロナのスポーツ・ディレクターであるロベルト・フェルナンデス氏とO・デンベレの代理人のムサ・シソコ氏がすでに会合を行ったと伝えている。なお、移籍金は9000万ユーロ(約111億6000万円)にも上る見込みで、成立すればブンデスリーガ史上最高の移籍金となる。 2017.06.22 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、オーバメヤンの“移籍期限”を設定…代役としてクロアチア代表FWに関心か

ドルトムントは2016-17シーズンのブンデスリーガ得点王、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍を覚悟している。だがドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、クラブはその移籍を容認する期限を設けたという。<br><br>ドルトムントは来月26日から例年通りにスイスのバード・ラガツでプレシーズンキャンプを開催。オーバメヤンがそれまでに移籍金7000万ユーロ(約87億円)を支払う移籍先を見つけられなければ、同選手は新シーズンもドルトムントで過ごす。ピーター・ボス新監督、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が2度に渡って行われた会議でそう決めたようだ。<br><br>以前有力視されていたパリ・サンジェルマン行きの可能性は消滅したと見られるオーバメヤン。中国の天津権健からも興味が示されなくなったなか、元ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が指揮を執るリバプール、そしてオーバメヤンを高く評価すると言われるジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが獲得に動き出すといううわさがイギリスメディアで浮上している。だが、それらのクラブからの関心はそれほど具体的ではないのが現状のようだ。<br><br>なお『シュポルト・ビルト』によれば、ドルトムントがタイムリミットを設けた理由は、クラブにその代役の獲得に向けた時間を十分に残すためとのこと。その場合はリーベル・プレートのアルゼンチン人FWルーカス・アラリオ、またはホッフェンハイムでプレーするクロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチの獲得に動き出すという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 18:54 Thu
twitterfacebook
thumb

米新星プリシッチ、ドルトムントからの”禁断の移籍”を除外…将来のバイエルン行きには「ノー」

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチは今後バイエルン・ミュンヘンに移籍することはないと話している。アメリカ『pennlive.com』が同選手のコメントを伝えた。<br><br>バイエルンはここ数年、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキ、マッツ・フンメルスといったドルトムントで絶対的な存在となっていた選手たちを獲得。その&rdquo;既定路線&rdquo;とも言われる移籍ルートについて今シーズン、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は否定的な見解を示したが、OBのローター・マテウス氏は、古巣が今後確保するべきタレントとしてプリシッチらの名を筆頭に挙げている。<br><br>しかし、2015年2月にドルトムント下部組織に加わり、同7月にはU-19チーム、そして2016年1月にはトップチームに引き上げられて以来、公式戦55試合(7ゴール13アシスト)に出場するプリシッチはバイエルンに移籍する意思はないようだ。現在、アメリカに滞在するウィンガーは地元メディアに将来のバイエルン行きの可能性を問われると、「ノーだね、それはないね。(将来のことは)言えないかもしれないけど、ないね」と返している。<br><br>また、昨夏には元ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールからの獲得オファーが届いたと伝えられた同選手だが、真剣に検討しなかったようだ。続けて「もっと小さいころにはプレミアリーグでプレーしたい気持ちがあったけど、今はブンデスリーガにいて、自分はそこでやりたいと考える以上、離れる予定はないよ。本当に幸せだし、このまま流れに任せたいと思っている。満足しているからね」とも語った。<br><br>アメリカA代表でもすでに14キャップ(5ゴール)を記録しているプリシッチ。母国ではすでにサッカー界の大スターになりつつある18歳は、今後しばらくはドルトムントに残りそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.20 23:01 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cはオーバメヤンの獲得には動かず?やはり本命はサンチェスか?

マンチェスター・シティはボルシア・ドルトムントに所属するガボン代表ピエール=エメリク・オーバメヤン獲得には動いていないようだ。『BBC』が伝えている。<br><br>オーバメヤンは2016-17シーズン、公式戦46試合に出場し、40ゴールを記録した。特に、ブンデスリーガでは31得点を挙げ、ブンデスリーガの得点王に輝いた。シーズン終了後にはパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が濃厚と見られていたが、PSGはより典型的なセンターフォワードタイプの獲得を目指すことを伝えたと報じられている。<br><br>そして、前線の強化を目論むマンチェスター・シティが獲得に興味を示していることが報じられた。しかし、『BBC』によると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を望んでいるのはオーバメヤンではないようだ。<br><br>オーバメヤンは来シーズンどこのクラブでプレーすることになるのだろうか。現在のところ、かつてドルトムントを率いていた恩師ユルゲン・クロップが監督を務めるリヴァプールや、中国のクラブが獲得を狙っていると報じられている。なお、ドルトムントとの契約は2020年までとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.20 19:08 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、リバプール関心のオーバメヤンに注視?

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は19日、マンチェスター・シティがドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)をモニタリングしていると報じた。 ▽今シーズンのブンデスリーガ得点王に輝いたオーバメヤンを巡っては、パリ・サンジェルマン移籍が有力との見方が強まっていたが終息。報道によれば、移籍金6000ポンドのオファーでもドルトムントを納得させられなかったとみられている。 ▽そのオーバメヤンに関しては現在、新たにリバプールが関心を示しているとの噂が浮上している。しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督のシティもオーバメヤンに関心を示し始めたようだ。 ▽伝えられるところによれば、シティは今夏、高品質のストライカー獲得を模索している。しかし、今夏の移籍市場に、希望に叶った選手があまり出回っていないことから、オーバメヤンの動向を注視し始めたとのことだ。 2017.06.20 14:00 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース