モナコがムバッペのCL4戦連発弾などで香川フル出場のドルトムントに連勝! 13年ぶりのベスト進出!!《CL》2017.04.20 05:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。

▽敵地で行われた1stレグを新星FWムバッペの2ゴールなどで先勝したモナコは、直近のディジョン戦では大苦戦を強いられるも、ファルカオの直接FKなどで逆転勝利を飾り国内リーグ首位の座をキープ。好調を維持するモナコは、その1stレグからスタメンを2人変更。出場停止のファビーニョとラッジに代わり、打撲の影響で1stレグを欠場したメンディとサスペンション明けのバカヨコが先発に復帰した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを2-3で落としたドルトムントだが、直近のフランクフルト戦では戦列復帰したロイスのゴールなどで3-1の快勝を収め、きっちり立て直しに成功。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けて、ドルトムントは1stレグからスタメンを3人変更。O・デンベレ、シュメルツァー、Sベンダーに代えてシャヒン、ロイス、ドゥルムをスタメンで起用した。

▽試合は開始早々に動く。3分、左サイドからドリブルで仕掛けたメンディがバイタルエリア左からミドルシュート。これはGKビュルキが弾くも、こぼれ球に反応したムバッペがゴール左隅に流し込み、モナコが先制に成功した。

▽先制を許したドルトムントは10分、オーバメヤンのパスをボックス右で受けたドゥルムが折り返すと、中央に走り込んだロイスが右足で合わせたが、シュートはGKスバシッチが正面でキャッチ。さらに14分には、ボックス右手前でオーバメヤンが倒されて獲得したFKをシャヒンが直接狙うも、これは右ポストを叩いた。

▽ドルトムントの反撃を凌いだモナコは17分に追加点を奪う。左サイドをオーバーラップしたメンディの折り返しをボックス左のムバッペが落とすと、ボックス左角付近でこれを受けたルマールのクロスをゴール前に走り込んだファルカオがダイビングヘッドでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたドルトムントのトゥヘル監督は、27分にドゥルムを下げてO・デンベレを投入。2列目を右からO・デンベレ、香川、ロイスと配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。ポジションチェンジによりやや落ち着きを取り戻したドルトムントは38分、O・デンベレのスルーパスをボックス中央のロイスがヒールパスでゴール前に流すと、これにオーバメヤンが反応するも、ボールは飛び出したGKスバシッチが先にキャッチ。

▽さらに41分には、ボックス左手前で香川がベルナルド・シウバに倒され、FKを獲得。このFKをロイスが直接狙ったが、シュートはGKスバシッチの正面を突いた。

▽迎えた後半、ドルトムントはシャヒンを下げてシュメルツァーを投入。左サイドバックにシュメルツァーを置き、ラファエウ・ゲレイロをボランチに上げた。すると、後半最初のチャンスはドルトムント。48分、ドリブルでボックス右深くまで切り込んだO・デンベレが左足アウトサイドで折り返すと、中央のロイスが右足でゴール右にシュートを突き刺した。

▽1点を返されたモナコもすぐに反撃に転じる。50分、CKのこぼれ球を左サイドで拾ったルマールのクロスをボックス中央のA・トゥーレが頭で合わせると、これが枠を捉えたがボールはGKビュルキが右手で弾き出した。

▽さらに63分には、最終ラインからのロングフィードに抜け出したファルカオがボックス右から侵入。切り返しでマークを剥がし、飛び出したGKビュルキの上を突くチップシュートを放ったが、これは枠の上に外れる。

▽その後、ドルトムントはラファエウ・ゲレイロに代えて3枚目の交代カードとして72分にプリシッチを投入。すると、74分に決定機。O・デンベレのロングパスをボックス左の香川が頭で落とすと、これをボックス手前のロイスがダイクトシュート。しかし、シュートはGKスバシッチが正面でセーブ。

▽モナコは81分、ムバッペを下げてジェルマンを投入。すると、直後のプレーで追加点が生まれる。中盤でピシュチェクのパスをカットしたルマールが素早くゴール前へスルーパスを供給。このパスに抜け出したジェルマンが、この試合最初のタッチでゴールネットを揺らした。

▽試合を決定づける3点目を奪ったモナコは、90分にベルナルド・シウバに代えてラッジを投入し、試合をクローズ。ムバッペのCL4戦連発弾などでドルトムントに連勝したモナコが、13年ぶりの準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

監督業を長く続けるつもりはない? クロップ「ベンチで死にたくはない」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、自身の将来について明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2001年にマインツで監督業をスタートさせたクロップは、2008-09シーズンにドルトムントの監督に就任。ブンデスリーガ連覇やDFBポカール優勝などを成し遂げて2015年10月にリバプールの監督に就任し、2016年7月には2022年までの長期契約を締結させた。 ▽今シーズン現時点でプレミアリーグで3位、チャンピオンズリーグではチームを10年ぶりに準決勝進出へ導いているクロップ監督だが、長く監督業を続ける考えは抱いていないようだ。また、来シーズンからの指揮が決定したフランクフルトのニコ・コバチ監督と共に浮上していたバイエルンの監督就任の噂については真っ向から否定している。 「私は他の監督と比べて、早くキャリアを終えるかもしれない」 「監督業というのはとてもハードな仕事だ。私は監督としてベンチで死にたくない。リバプールでの仕事を終えたら、1年間は休みを取ることは家族と約束している」 「(バイエルン指揮官就任の可能性について)私は契約の中には、途中で退任するというという条項を含めたことはない。仮にバイエルンが本当に私に興味を持っていたとしてもそれはありえないことだね」 「リバプールとはあと4年間の契約が残されている。私はそれに満足している」 「これまでマインツとドルトムントで素晴らしい時間を過ごした。戻るとしたらそのどちらかになるだろう。ただ、それが必ずしも監督としてという訳ではないけどね」 2018.04.21 11:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第31節プレビュー】4位ドルトムントvs3位レバークーゼン開催

▽前節はシャルケがドルトムントとのレヴィア・ダービーを制して2位を死守。そして、レバークーゼンがフランクフルトとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制し、3位に浮上した。迎える第31節は、4位ドルトムントvs3位レバークーゼンのCL出場権争いが開催される。 ▽前節シャルケ戦を攻守両面で凌駕されて0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。5位ライプツィヒとは4ポイント差ある状況だが、得点源を失った中で勝ち点を積み上げ、CL圏内を確固たるものにできるか。練習に復帰している香川はだが、引き続き欠場予想となっている。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破したレバークーゼン(勝ち点51)は、ドルトムントを抜いて3位に浮上。しかし、火曜日に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、フランクフルト戦でハットトリックを決めたフォラントをはじめ、ブラントやハフェルツ、ベイリーら活きの良いアタッカー陣がドルトムントも凌駕できるかに注目だ。 ▽日本人が所属するケルンとハンブルガーSVは今節にも降格の可能性がある。まずは最下位に沈むケルン(勝ち点21)から。2位シャルケ(勝ち点55)とホームで対戦するケルンは今節勝利を逃し、14位ヴォルフスブルク(勝ち点30)、15位マインツ(勝ち点30)、16位フライブルク(勝ち点30)が揃って勝ち点を積み上げた場合、5シーズンぶりの降格が決まる。前節ヘルタ・ベルリン戦では中盤インサイドでプレーした大迫だったが守備に追われ、攻撃面で見せ場は作れなかった。ダービーで攻守に渡る大活躍を見せたナウド擁するシャルケ相手にケルンは残留の望みをつなぐ勝利を手にできるか。 ▽続いてクラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)。16位フライブルク(勝ち点30)との残留争いに臨むHSVは前節ホッフェンハイムに完敗。前々節シャルケ戦の勝利をつなげることができなかった。酒井高も失点に絡み、チームの足を引っ張る格好となってしまった。ヴォルフスブルク、マインツと立て続けに残留を争うライバルに敗れて4連敗となっているフライブルクを下し、残留に希望を見いだせるか。なお、酒井高は負傷で欠場予想。伊藤はスタメン予想となっている。 ▽そのほか、フライブルクに勝利し、7試合ぶりの白星を飾って残留圏内の15位に浮上したマインツ(勝ち点30)は、11位アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。ここで勝利できれば残留決定となるが、武藤は引き続き負傷欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第31節 ▽4/20(金) 《27:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク ▽4/21(土) 《22:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム ハノーファー vs バイエルン シュツットガルト vs ブレーメン フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン ハンブルガーSV vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽4/22(日) 《22:30》 アウグスブルク vs マインツ 《25:00》 ケルン vs シャルケ 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「最初は信用できなかった」オーバメヤンが明かすかつてのライバルへの警戒心

ガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤンは、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの共存に不安を感じていたようだ。<br><br>オーバメヤンは今年の1月に5600万ポンド(約86億円)の移籍金でドルトムントからアーセナルに加入。ここまでプレミアリーグで8試合に出場して6ゴール2アシストと、シーズン途中の加入にしてはまずまずの成績を残している。<br><br>ドルトムント時代はチームミーティングを無断欠席するなど、自由奔放なイメージもあったが、意外にも繊細な一面を持つガボン代表ストライカーは、クラブ公式サイトでのインタビュー内でアーセナルへの加入に際して不安があったことを告白。その理由としてラカゼットの名前を挙げている。<br><br>「ラカゼットがリヨンにいたとき、僕はライバルチームのサンテティエンヌでプレーしていたんだ。だからアーセナルに加入した直後は彼を信用することはできなかったね」<br><br>リヨンとサンテティエンヌが対戦する試合は「ローヌ・ダービー」と呼ばれ、華やかな文化の街であるリヨンと、労働者の街であるサンテティエンヌがお互いのプライドをかけてぶつかり合う、フランスで最も激しいダービーとも言われている。<br><br>「これまでに何人かのリヨンに所属していた選手とチームメートになったことがあったけど、結局、彼らとは仲良くすることができなかったんだ。でもラカゼットは違ったよ。僕がアーセナルに来たときからすごくポジティブだったから、すぐに彼が良いやつだってわかったんだ」<br><br>過去の経験からラカゼットを警戒していたオーバメヤンだが、その心配は取り越し苦労だったようだ。4月1日のストーク戦ではPKによってハットトリックのチャンスを得たオーバメヤンが、その日無得点だったラカゼットにPKキッカーを譲るなど両者の関係は良好だ。<br><br>現在アーセナルはプレミアリーグで6位と低迷期に突入している。再建を目指すチームにとって、元ライバルだった2人のストライカーは欠かせない存在だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 16:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース