モナコがムバッペのCL4戦連発弾などで香川フル出場のドルトムントに連勝! 13年ぶりのベスト進出!!《CL》2017.04.20 05:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。

▽敵地で行われた1stレグを新星FWムバッペの2ゴールなどで先勝したモナコは、直近のディジョン戦では大苦戦を強いられるも、ファルカオの直接FKなどで逆転勝利を飾り国内リーグ首位の座をキープ。好調を維持するモナコは、その1stレグからスタメンを2人変更。出場停止のファビーニョとラッジに代わり、打撲の影響で1stレグを欠場したメンディとサスペンション明けのバカヨコが先発に復帰した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを2-3で落としたドルトムントだが、直近のフランクフルト戦では戦列復帰したロイスのゴールなどで3-1の快勝を収め、きっちり立て直しに成功。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けて、ドルトムントは1stレグからスタメンを3人変更。O・デンベレ、シュメルツァー、Sベンダーに代えてシャヒン、ロイス、ドゥルムをスタメンで起用した。

▽試合は開始早々に動く。3分、左サイドからドリブルで仕掛けたメンディがバイタルエリア左からミドルシュート。これはGKビュルキが弾くも、こぼれ球に反応したムバッペがゴール左隅に流し込み、モナコが先制に成功した。

▽先制を許したドルトムントは10分、オーバメヤンのパスをボックス右で受けたドゥルムが折り返すと、中央に走り込んだロイスが右足で合わせたが、シュートはGKスバシッチが正面でキャッチ。さらに14分には、ボックス右手前でオーバメヤンが倒されて獲得したFKをシャヒンが直接狙うも、これは右ポストを叩いた。

▽ドルトムントの反撃を凌いだモナコは17分に追加点を奪う。左サイドをオーバーラップしたメンディの折り返しをボックス左のムバッペが落とすと、ボックス左角付近でこれを受けたルマールのクロスをゴール前に走り込んだファルカオがダイビングヘッドでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたドルトムントのトゥヘル監督は、27分にドゥルムを下げてO・デンベレを投入。2列目を右からO・デンベレ、香川、ロイスと配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。ポジションチェンジによりやや落ち着きを取り戻したドルトムントは38分、O・デンベレのスルーパスをボックス中央のロイスがヒールパスでゴール前に流すと、これにオーバメヤンが反応するも、ボールは飛び出したGKスバシッチが先にキャッチ。

▽さらに41分には、ボックス左手前で香川がベルナルド・シウバに倒され、FKを獲得。このFKをロイスが直接狙ったが、シュートはGKスバシッチの正面を突いた。

▽迎えた後半、ドルトムントはシャヒンを下げてシュメルツァーを投入。左サイドバックにシュメルツァーを置き、ラファエウ・ゲレイロをボランチに上げた。すると、後半最初のチャンスはドルトムント。48分、ドリブルでボックス右深くまで切り込んだO・デンベレが左足アウトサイドで折り返すと、中央のロイスが右足でゴール右にシュートを突き刺した。

▽1点を返されたモナコもすぐに反撃に転じる。50分、CKのこぼれ球を左サイドで拾ったルマールのクロスをボックス中央のA・トゥーレが頭で合わせると、これが枠を捉えたがボールはGKビュルキが右手で弾き出した。

▽さらに63分には、最終ラインからのロングフィードに抜け出したファルカオがボックス右から侵入。切り返しでマークを剥がし、飛び出したGKビュルキの上を突くチップシュートを放ったが、これは枠の上に外れる。

▽その後、ドルトムントはラファエウ・ゲレイロに代えて3枚目の交代カードとして72分にプリシッチを投入。すると、74分に決定機。O・デンベレのロングパスをボックス左の香川が頭で落とすと、これをボックス手前のロイスがダイクトシュート。しかし、シュートはGKスバシッチが正面でセーブ。

▽モナコは81分、ムバッペを下げてジェルマンを投入。すると、直後のプレーで追加点が生まれる。中盤でピシュチェクのパスをカットしたルマールが素早くゴール前へスルーパスを供給。このパスに抜け出したジェルマンが、この試合最初のタッチでゴールネットを揺らした。

▽試合を決定づける3点目を奪ったモナコは、90分にベルナルド・シウバに代えてラッジを投入し、試合をクローズ。ムバッペのCL4戦連発弾などでドルトムントに連勝したモナコが、13年ぶりの準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

各国の逸材が集まるドルトムント、マンチェスター・Cのアカデミー生を狙う?

日本代表MF香川真司が所属するボドルトムントは、イングランド最大級の逸材と評価される17歳のアタッカーを確保しようとしているのかもしれない。同クラブはマンチェスター・シティのU-18チームに所属するFWジェイドン・サンチョの獲得を狙っているという。<br><br>現在ドルトムントのトップチームにはドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(21)やアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)、フランス代表FWウスマン・デンベレ(20)やトルコ代表FWエムレ・モル(20)、U-19ドイツ代表DFフェリックス・パスラック(19)らが所属。また今年1月にはスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(17)を加えると、この夏の移籍市場ではU-21ドイツ代表MFマフムド・ダフード(21)やU-18フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥー(18)といった若手を確保している。<br><br>各国の逸材が集まるドルトムントだが、そこにイングランド最大級と評されるタレントが加わるかもしれない。イギリス『ミラー』やアメリカ『ESPN』によると、ドルトムントはサンチョに関心を示しているという。シティでトップチームに昇格することが難しいと見ているため、クラブが提示したプロ契約締結の交渉が難航しているとされるサンチョだが、若手をプロ選手として定着させることで数々の成功例を誇るドルトムントへの移籍に関しては前向きに検討する可能性が報じられている。<br><br>2015年に50万ポンド(約9000万円)でワトフォードからシティに渡ったサンチョ。今年5月、クロアチアで開催されたU-17ユーロで5ゴール5アシストを記録しイングランドを決勝に導き、同大会のMVPに選ばれている。そんなアタッカーには以前からアーセナルやトッテナムからの興味も伝えられてきたが、ここに来て国外に向かう可能性が浮上した。<br><br>▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう<br>提供:goal.com 2017.07.26 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、主力CB放出を拒否…アッレグリがボヌッチ後釜にリストアップも

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、DFソクラティス・パパスタソプロスのユベントス移籍を否定している。ドイツ『キッカー』が伝えた。<br><br>ソクラティスは今夏、「タイトルが欲しい」と語り、移籍市場でステップアップを模索する考えも示唆していた。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はミランへ電撃移籍したレオナルド・ボヌッチの後釜として第一候補に考えていると伝えられたが、ドルトムント側が拒否の姿勢を示した。<br><br>プレミアリーグのチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているといううわさの29歳ギリシャ代表DFについてツォルクはこのように語っている。<br><br>「我々はパパを新シーズンの構想に含めている。このクオリティを持つ選手を失いたくはないね」<br><br>ソクラティスは昨シーズン、公式戦41試合に出場。自身のキャリア初となるDFBポカール制覇を経験している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ監督「あれは物語のようだった」ドルトムント時代の連覇を回顧

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代に達成したリーグ2連覇について言及した。イギリスメディア『ミラー』が報じている。<br><br>同監督はドルトムント時代の10-11、11-12シーズンに香川真司、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキらを主軸に据えブンデスリーガを連覇。<br><br>当時と同様のことをリバプールで実現できるか問われ、「あの時のドルトムントはまさに物語のようだった。若い選手たちを起用して、躍進を果たすことができたね。ただ、それは良いアイデアだったから実現できたことではなくて、クラブにお金がなかったからだ」と述べている。<br><br>また、「プレミアリーグとブンデスリーガではまた状況が違う。みんな勝利を目指しているが、良い選手を獲得しなければ躍進することは難しい。ただ、いい選手を外から連れて来るだけでもダメだ。やはり自分のクラブで選手を育てることも重要なんだよ」と発言。ドルトムント時代の躍進をイングランドで再現することは難しいとの見解を示しながらも、生え抜きを育てることの重要性を説いている。<br><br>クロップ監督は「(昨シーズン)プレミアリーグで4位を成し遂げることができたのは、選手たちの頑張りがあってこそだ。新シーズンでもより上を目指せるよう頑張るさ。他のチームと違って僕らは主軸を失っていないしね」と続け、新シーズンの躍進を誓うとともに、引き抜きのうわさが絶えないフィリペ・コウチーニョが非売品であることを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:29 Mon
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが冬に90億円で中国移籍?ドルトムントは真っ向から否定

ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは冬に中国へ渡ることになるかもしれない。<br><br>先日、オーバメヤンは今夏の残留が濃厚になったと伝えられていた。同選手が退団した場合、ドルトムントは代役確保の時間を必要とするため、移籍に期限を設けていたが、すでに&ldquo;時間切れ&rdquo;で残留は決定的となっている。<br><br>しかし、ドイツ紙『ビルト』は、1月にオーバメヤンが中国の天津権健へ移籍するとスクープ。ドルトムントは7000万ユーロ(約90億7000万円)を手にすると報じられている。<br><br>また、ドルトムントのメディアディレクターを務めるサシャ・フリッゲ氏はドイツ『スカイ』で「オーバメヤンの移籍に関する契約はない。冬の移籍についてなんて話していない」と真っ向から否定している。<br><br>チームを率いるピーター・ボス監督は22日に行われたボーフム戦後、「新聞は読んでいない。ミヒャエル・ツォルクと話したが、『うわさは事実ではない』と言っていた。ナンセンスだね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 23:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルト主将DFシュメルツァー、足首じん帯を部分断裂…4週間の離脱に

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、主将のドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが足首外側側副じん帯の部分断裂により、4週間の離脱になると発表した。 ▽事前の報道によれば、シュメルツァーはアジアツアー中に負傷。18日に中国で行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のミラン戦を欠場し、ひと足先にドイツに帰国していた。 ▽ドルトムントの発表によれば、シュメルツァーは今後、8月19日に開幕するブンデスリーガ第1節のヴォルフスブルク戦での復帰を目指して、リハビリに励むという。 2017.07.21 09:00 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース