モナコがムバッペのCL4戦連発弾などで香川フル出場のドルトムントに連勝! 13年ぶりのベスト進出!!《CL》2017.04.20 05:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコvsドルトムントが19日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、3-1でモナコが勝利した。この結果、2戦合計6-3でモナコが準決勝進出を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場した。

▽敵地で行われた1stレグを新星FWムバッペの2ゴールなどで先勝したモナコは、直近のディジョン戦では大苦戦を強いられるも、ファルカオの直接FKなどで逆転勝利を飾り国内リーグ首位の座をキープ。好調を維持するモナコは、その1stレグからスタメンを2人変更。出場停止のファビーニョとラッジに代わり、打撲の影響で1stレグを欠場したメンディとサスペンション明けのバカヨコが先発に復帰した。

▽一方、ホームで行われた1stレグを2-3で落としたドルトムントだが、直近のフランクフルト戦では戦列復帰したロイスのゴールなどで3-1の快勝を収め、きっちり立て直しに成功。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けて、ドルトムントは1stレグからスタメンを3人変更。O・デンベレ、シュメルツァー、Sベンダーに代えてシャヒン、ロイス、ドゥルムをスタメンで起用した。

▽試合は開始早々に動く。3分、左サイドからドリブルで仕掛けたメンディがバイタルエリア左からミドルシュート。これはGKビュルキが弾くも、こぼれ球に反応したムバッペがゴール左隅に流し込み、モナコが先制に成功した。

▽先制を許したドルトムントは10分、オーバメヤンのパスをボックス右で受けたドゥルムが折り返すと、中央に走り込んだロイスが右足で合わせたが、シュートはGKスバシッチが正面でキャッチ。さらに14分には、ボックス右手前でオーバメヤンが倒されて獲得したFKをシャヒンが直接狙うも、これは右ポストを叩いた。

▽ドルトムントの反撃を凌いだモナコは17分に追加点を奪う。左サイドをオーバーラップしたメンディの折り返しをボックス左のムバッペが落とすと、ボックス左角付近でこれを受けたルマールのクロスをゴール前に走り込んだファルカオがダイビングヘッドでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたドルトムントのトゥヘル監督は、27分にドゥルムを下げてO・デンベレを投入。2列目を右からO・デンベレ、香川、ロイスと配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。ポジションチェンジによりやや落ち着きを取り戻したドルトムントは38分、O・デンベレのスルーパスをボックス中央のロイスがヒールパスでゴール前に流すと、これにオーバメヤンが反応するも、ボールは飛び出したGKスバシッチが先にキャッチ。

▽さらに41分には、ボックス左手前で香川がベルナルド・シウバに倒され、FKを獲得。このFKをロイスが直接狙ったが、シュートはGKスバシッチの正面を突いた。

▽迎えた後半、ドルトムントはシャヒンを下げてシュメルツァーを投入。左サイドバックにシュメルツァーを置き、ラファエウ・ゲレイロをボランチに上げた。すると、後半最初のチャンスはドルトムント。48分、ドリブルでボックス右深くまで切り込んだO・デンベレが左足アウトサイドで折り返すと、中央のロイスが右足でゴール右にシュートを突き刺した。

▽1点を返されたモナコもすぐに反撃に転じる。50分、CKのこぼれ球を左サイドで拾ったルマールのクロスをボックス中央のA・トゥーレが頭で合わせると、これが枠を捉えたがボールはGKビュルキが右手で弾き出した。

▽さらに63分には、最終ラインからのロングフィードに抜け出したファルカオがボックス右から侵入。切り返しでマークを剥がし、飛び出したGKビュルキの上を突くチップシュートを放ったが、これは枠の上に外れる。

▽その後、ドルトムントはラファエウ・ゲレイロに代えて3枚目の交代カードとして72分にプリシッチを投入。すると、74分に決定機。O・デンベレのロングパスをボックス左の香川が頭で落とすと、これをボックス手前のロイスがダイクトシュート。しかし、シュートはGKスバシッチが正面でセーブ。

▽モナコは81分、ムバッペを下げてジェルマンを投入。すると、直後のプレーで追加点が生まれる。中盤でピシュチェクのパスをカットしたルマールが素早くゴール前へスルーパスを供給。このパスに抜け出したジェルマンが、この試合最初のタッチでゴールネットを揺らした。

▽試合を決定づける3点目を奪ったモナコは、90分にベルナルド・シウバに代えてラッジを投入し、試合をクローズ。ムバッペのCL4戦連発弾などでドルトムントに連勝したモナコが、13年ぶりの準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、オーバメヤン獲得交渉が難航…数日中の交渉成立の可能性は絶望的に

▽アーセナルは今冬の移籍市場でドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得を目指しているが、クラブ間での交渉が難航しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽先日のドイツ『ビルト』の報道では、アーセナルは最初のオファーとして5000万ユーロ(約67億7000万円)のオファーを掲示したという。しかし、ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めているとみられており、最初のオファーは拒絶された模様だ。 ▽この状況を受けて、オーバメヤン獲得交渉を素早くまとめたいアーセナルはイバン・ガジディスCEOと、元ドルトムントのチーフスカウトで現アーセナルスカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏が21日に現地入りし、交渉を行ったとも報じられていた。 ▽しかし、22日に『スカイ・スポーツ』は交渉関係者からの情報として、この移籍交渉が非常に難航しており、数日以内での決着は絶望的だという。さらに、様々な仲介者の存在が交渉をより複雑なものにしていると伝えている。 ▽なお、精神状態を理由に直近のヘルタ・ベルリン戦を招集外にされていたオーバメヤンだが、22日のトレーニングセッションはチームメートと共に通常メニューをこなしている。 2018.01.23 02:27 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルCEOと元ドルトスカウトがドルトムント入り! オーバメヤン獲得へ直接交渉開始

▽アーセナルのイバン・ガジディスCEOと、元ドルトムントのチーフスカウトで現アーセナルスカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏がガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得交渉に向け、ドルトムント入りしたようだ。ドイツ『ビルト』が21日、両氏の現地入りの様子を写した写真と共に伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽先日にはハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、ドイツ『ルールナハリヒテン』で「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」と、アーセナルから公式のオファーがあったことを認めていた。 ▽『ビルト』が伝えるところによれば、アーセナルが掲示した最初のオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。しかし、ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めているとみられており、最初のオファーは拒絶された模様だ。 ▽この状況を受けて、オーバメヤン獲得交渉を素早くまとめたいアーセナルはガジディスCEOとミスリンタート氏の最重要幹部2名が現地入りし、ヴァツケCEOらと直接交渉を行う見込み。そして、この直接交渉を通じて移籍が実現する可能性は高い模様だ。 2018.01.22 03:37 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバメヤン獲得の正式オファー…ドルトムントが確認

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得に向けたオファーを提示したことが判明した。ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが明かした。 ▽FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからMFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽ヴァツケCEOは、アーセナルからオーバメヤン獲得に向けたオファーが届いたことを確認している。ドイツ『ルールナハリヒテン』が伝えた。 「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」 ▽伝えられるところによれば、アーセナルのオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めると言われているが、取引は進展するのだろうか。 2018.01.21 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、ヘディング弾でチームを救うも地元紙の評価は及第点…「全体的に物足りなかった」

ボルシア・ドルトムントは19日に行われたブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合でフル出場を果たし、ゴールを決めた日本代表MF香川真司に対する地元メディアの評価は及第点となった。<br><br>香川は1-0とヘルタ・ベルリンのリードで迎えた71分、ジェイドン・サンチョによる左サイドからのクロスをヘディングで押し込んで、今季リーグ戦4ゴール目を記録。その他にも特に後半に入ってから、アレクサンダー・イサクが惜しくも決め切れなかったチャンスを演出するなど、攻撃にアクセントを与えた。<br><br>1-1で終わったこの試合だが、地元の『ルールナハリヒテン』は、香川の寸評で「小柄な日本人選手によるヘディング(14分)が前半最大のチャンスだったことが、この試合の前半について多く物語る部分だ。しかし彼は実際におへその高さのボールを頭で押し込んだ(71分)」と記し、プレーに「3」をつけている。サンチョとDFオメル・トプラクにトップタイの「2.5」を与え、ビュルキのプレーを香川と同様「3」とした同紙はDFジェレミー・トルヤンやウカシュ・ピシュチェクの2人を「4.5」と酷評した。<br><br>一方、チーム全員により低い評価を下した『WAZ』では香川に対する採点は「3.5」。サンチョのみに「2」と高得点を与えた同紙だが、香川については「優れた縦パスやプレーのゾーンを変えるパスを出したが、全体的に見て物足りなかった」と記し、14分や59分にシュートを決め切れなかったことに言及。またゴール場面については「サンチョが夢のようなクロスを送り込んだときには正しい位置におり、最短距離でヘディング弾をマーク」とコメントしている。<br><br>なお『WAZ』ではビュルキやトプラクは及第点の「3」となり、単独ワーストの「5」をつけられたアンドレ・シュールレに加えてゲッツェやユリアン・ヴァイグルもそれぞれ「4.5」と辛口評価を受けることになった。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司、ヘルタ戦のゴールでブンデスリーガ史に名を刻む

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がブンデスリーガ史に名を刻むゴールを記録した。 ▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ。この一戦に先発出場した香川は、0-1のビハインドで迎えた71分、ボックス左からのサンチョのクロスをゴール前でヘディングで押し込み、今シーズンリーグ戦4ゴール目。このゴールがブンデスリーガ史上2万点目のアウェーゴールとなった。 ▽試合はそのまま1-1のドローで終了。2試合連続ドローのドルトムントは、次節にフライブルクをホームに迎える。 2018.01.20 11:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース