サンパオリ監督の後任候補に“ミラクル・レスター”を率いたラニエリ氏が浮上?2017.04.20 02:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今季限りでホルヘ・サンパオリ監督が退団する可能性のあるセビージャが、クラウディオ・ラニエリ氏(65) を新監督候補にリストアップしているようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じている。

▽今シーズンからサンパオリ監督が指揮官に就任したセビージャは、ここまでリーグ戦18勝8分け6敗で4位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をほぼ手中に収めている。

▽そんな中、サンパオリ監督は成績不振により解任されたエドガルド・バウサ監督の後任として、アルゼンチン代表の新監督候補に浮上。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のダニエル・アンヘリッチ副会長も、サンパオリ監督への関心を認めており、同監督の今季限りでの退任も噂されていた。

▽『エル・コレオ』は、サンパオリ監督の退任に備え後任監督を探すセビージャが、昨季レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いたラニエリ氏を新指揮官にリストアップしたようだ。なお、ラニエリ氏は今季途中にレスターの指揮官を解任されて以降、フリーの状態が続いている。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、生え抜きの守護神セルヒオ・リコと2021年まで契約延長

▽セビージャは14日、スペイン代表GKセルヒオ・リコ(23)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽セビージャの生え抜き選手であるリコは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。194cmという長身と驚異の反射神経を武器に、セビージャの守護神として君臨している。クラブ通算129試合の出場を数え、2014-15、15-16シーズンのヨーロッパリーグ連覇に大きく貢献した。 ▽2016年6月の韓国代表戦でのデビュー以降、コンスタントに招集されているスペイン代表GKは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「多くのオファーがあったことは事実であり、興味を持ってくれたクラブには感謝しなければならない。だが、クラブから契約更新のオファーがあった時、それは僕の優先される唯一のアイデアだった」 「僕はセビージャ生まれで、ここはとても快適だ。他のクラブに移るなんて考えもしなかったよ」 2017.08.14 21:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ノリートの1G1Aでセビージャがローマを下す《プレシーズンマッチ》

▽セビージャvsローマのプレシーズンマッチが10日に行われ、2-1でセビージャが勝利している。 ▽2007年に亡くなったアントニオ・プエルタ氏を悼み、2008年から毎年セビージャが主催しているアントニオ・プエルエタ・トロフィー。試合前に両チームのキャプテンであるパレハとデ・ロッシがプエルタに花束を弔って迎えたキックオフ。 ▽セビージャは[4-3-3]を採用し、3トップに右からW・モントーヤ、ベン・イェデル、ホアキン・コレアと並べた。 ▽対するローマも[4-3-3]を採用し、3トップに右からデフレル、ゼコ、ペロッティと並べ、現状のベストメンバーを並べた。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、5分にセビージャに決定機。ロングボールに抜け出したコレアがヘディングシュート。しかし、コースが甘くGKアリソンにキャッチされた。 ▽その後も互いに攻め合う互角の攻防が繰り広げられた中、セビージャにアクシデント。コレアとメルカドが負傷し、ノリートとコルシアを投入せざるを得なくなった。 ▽一方のローマは38分、コラロフの直接FKでこの試合初めてGKセルヒオ・リコを脅かすも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはムリエルやケアーら新戦力を投入したセビージャ。53分、ボックス中央のノリートが枠内シュート。しかし、GKアリソンのファインセーブに阻まれた。その後半はセビージャがハイプレスをかけたことで主導権を握っていくと、55分にはマンチェスター・シティから復帰したヘスス・ナバスを投入した。 ▽一方、押し込まれるローマは69分、ペロッティが古巣相手に際どい直接FKを浴びせる。 ▽それでも74分、セビージャが先制する。ノリートの浮き球パスに反応したエスクデロがボックス左からシュート。これがネットを揺らした。 ▽その後はローマが反撃に転じるも、90分にセビージャが勝負を決める。ノリートがドリブルでボックス左に侵入し、右足でシュート。これがGKのニアを破った。 ▽一矢報いたいローマはゼコが追加タイムにミドルシュートを流し込んだものの1-2で敗戦。セビージャがノリートの1ゴール1アシストでプエルタに勝利を捧げている。 2017.08.11 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがビジャレアルからスペイン人FWカンタラピエドラを獲得…昨季リーガデビュー

▽セビージャは7日、ビジャレアルからバルセロナの下部組織出身のスペイン人FWアイトール・カンタラピエドラ(21)の獲得を発表した。契約は2年間で、セビージャ・アトレティコでプレーすることとなる。 ▽カンタラピエドラは、バルセロナのカンテラ出身。2016年1月にビジャレアルのBチームへと移籍していた。バルセロナでは、トップチームデビューも果たしており、コパ・デル・レイで2試合出場。ビジャレアルでは、2016-17シーズンのセビージャ戦でリーガエスパニョーラデビューを果たしている。 2017.08.08 09:41 Tue
twitterfacebook
thumb

開始1分でサンドロ・ラミレスが初ゴールもエバートンvsセビージャは両者譲らずドロー《フレンドリーマッチ》

▽6日、エバートンvsセビージャのフレンドリーマッチが行われ、2-2のドローに終わった。 ▽開幕を1週間後に控えたエバートンは、今シーズンから復帰したFWウェイン・ルーニーが先発出場。マラガから加入したFWサンドロ・ラミレスを1トップで起用した。一方のセビージャは、今季復帰したMFエベル・バネガを先発起用した。 ▽グッディソンパークで行われた試合はいきなり動く。開始1分、スルーパスをフリーで受けたサンドロ・ラミレスがボックス内右から冷静にシュート。これが決まり、エバートンが幸先良く先制する。 ▽先手を奪ったエバートンは、その後も前からのプレスをかけるなど、主導権を握らせず。相手陣内でのプレータイムを増やして時計を進める。 ▽1-0とエバートンがリードして前半を終えるも、セビージャは後半になり反撃。58分、右サイドに展開すると、ボックス内でコレアからのパスを受けたバネガが落ち着いてゴール左に流し込み、セビージャが同点に追いつく。 ▽同点に追いついたセビージャは、ここから攻勢を強めると60分、ドリブルを仕掛けたノリートがバリーに倒されPKを獲得。これをバネガが落ち着いて沈め、逆転に成功する。 ▽逆転を許したエバートンだったが79分、ミララスがボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと沈め、2-2の同点に。そのまま試合は終了し、2-2の引き分けに終わった。 エバートン 2-2 セビージャ 【エバートン】 サンドロ・ラミレス(前1) ミララス(後36) 【セビージャ】 バネガ(後13、後16) 2017.08.07 10:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランFWバッカの希望はセビージャ帰還か…代理人が明かす

▽ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)が、古巣セビージャへの復帰を望んでいると、代理人が明かしている。 ▽2015年夏にセビージャから3000万ユーロ(現在のレートで約39億円)の移籍金でミランに移籍したバッカ。その後2シーズン、ミランの主力として公式戦77試合に出場し、34ゴールを記録した。 ▽そんなバッカだが、ヨーロッパリーグ予選では招集外となっており、これに関してヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も「将来的な移籍のため」と説明。現在は古巣セビージャへの復帰を望んでいるようだ。選手の代理人を務めるセルヒオ・バリラ氏がスペイン『アス』に対して、同選手の意向を明かしている。 「よく知られていることだが、彼はセビージャに戻りたがっている。その街で彼はプライベートにおいてもサッカーにおいても素晴らしい時間を過ごした。これが理由だよ」 「今年はワールドカップに向けてフットボーラーにとって大切な年なんだ。彼は良いシーズンを迎えられる準備ができている」 「バッカがミランに移籍した時、5年契約にサインし彼もそれを望んでいた。しかし、残念なことにマネジメント面での変化があったんだ。今は他のアイデアがある。誰もがハッピーになれる解決策を模索しているよ」 ▽なお、『アス』はイタリア方面の報道から、ミランがバッカ売却に2000万ユーロ(約26億円)の移籍金を要求していることも伝えている。 2017.08.06 17:13 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース