超ワールドサッカー

サンパオリ監督の後任候補に“ミラクル・レスター”を率いたラニエリ氏が浮上?2017.04.20 02:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今季限りでホルヘ・サンパオリ監督が退団する可能性のあるセビージャが、クラウディオ・ラニエリ氏(65) を新監督候補にリストアップしているようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じている。

▽今シーズンからサンパオリ監督が指揮官に就任したセビージャは、ここまでリーグ戦18勝8分け6敗で4位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をほぼ手中に収めている。

▽そんな中、サンパオリ監督は成績不振により解任されたエドガルド・バウサ監督の後任として、アルゼンチン代表の新監督候補に浮上。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のダニエル・アンヘリッチ副会長も、サンパオリ監督への関心を認めており、同監督の今季限りでの退任も噂されていた。

▽『エル・コレオ』は、サンパオリ監督の退任に備え後任監督を探すセビージャが、昨季レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いたラニエリ氏を新指揮官にリストアップしたようだ。なお、ラニエリ氏は今季途中にレスターの指揮官を解任されて以降、フリーの状態が続いている。

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチンサッカー協会会長、“選ばれし者”サンパオリとの交渉開始を明言

アルゼンチンサッカー協会(AFA)のクラウディオ・タピア会長は、ホルヘ・サンパオリ招へいのため、セビージャと交渉を開始することを明らかにしている。『ESPN』が報じた。<br><br>チリ代表を率いたことで知られるサンパオリは、アルゼンチン代表が度々就任を打診してきた指揮官だ。そして今月に入り、エドガルド・バウサ監督が解任されたため、改めて候補の最右翼として名前が挙げられている。<br><br>タピア氏は27日、他に候補者がいないと断言し、サンパオリのみを考慮に入れていると話した。<br><br>「サンパオリのセビージャ退団について交渉するつもりだ。彼は選ばれし者だからね」<br><br>アルゼンチン代表は現在、ロシア・ワールドカップ南米予選で、5位に位置するなど低迷。一方で、サンパオリ監督率いるセビージャは、一時期にはリーガ・エスパニョーラの優勝争いに参加するなど勢いを見せ、現在はチャンピオンズリーグ出場圏の4位に位置している。サンパオリは度々「メッシを指揮することが夢」と語ってきたが、夢は実現するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 14:18 Fri
twitterfacebook
thumb

イェデル弾で10人のセルタ撃破のセビージャ、3位アトレティコに勝ち点で並ぶ《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは27日、リーガエスパニョーラ第34節でセルタとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節グラナダ戦をガンソの移籍後初ゴールで勝利を取り戻した4位セビージャ(勝ち点65)は、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインの3位アトレティコ・マドリーを3ポイント差で追う。そのセビージャはグラナダ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽10位セルタ(勝ち点44)に対し、セビージャはヨベティッチとコレアを2トップに2列目に右からイボーラ、エンゾンジ、サラビアと並べる[4-3-1-2]を採用。 ▽雨が降る中キックオフされた一戦は、開始30秒にイボーラがミドルシュートでゴールに迫って良い入りを見せると、11分にはガンソがミドルシュートでセルタゴールを脅かす。 ▽その後もポゼッションするセビージャは22分に決定機。マリアーノの右クロスにイボーラの合わせたヘディングシュートが右ポストを直撃した。さらに40分にも先制ゴールに近づく。ボックス右に抜け出したヨベティッチのラストパスを受けたコレアがGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽押し込みながらも0-0で迎えた後半、49分にセビージャが先制する。バイタルエリアでポストプレーを受けたコレアがドリブルでDF3人をかわしてボックス中央へ侵入。左足でネットを揺らした。 ▽ところが52分にPKを献上してしまう。左サイドからのクロスを受けたグイデッティをマークに付いていたラングレが抱え込んで倒してしまった。これをアスパスにゴール正面へ決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽それでも56分、パブロ・エルナンデスがエンゾンジを倒して2枚目のイエローカードを受けて退場となり、セビージャは数的優位となる。 ▽10人となったセルタがグイデッティに代えてロンカーリアを投入してきたのに対し、セビージャはサラビアに代えて負傷明けのナスリを投入。攻勢を強めると、69分にはコレアのスルーパスを起点にエスクデロの放ったシュートがバーを直撃した。そして74分のナスリのミドルシュートもバーを直撃したセビージャだったが、79分に勝ち越す。ボックス左で仕掛けたナスリの折り返しをニアサイドのイェデルが合わせてネットを揺らした。 ▽これが決勝点となってセビージャが勝利。3位アトレティコ・マドリーに勝ち点で並んでいる。 2017.04.28 06:25 Fri
twitterfacebook
thumb

今年のエミレーツ・カップはセビージャ、ベンフィカ、RBライプツィヒが出場…7月29日、30日に開催

▽アーセナルは、7月29日、30日に行われるエミレーツ・カップの出場チームを発表した。 ▽シーズン開幕前にアーセナルの本拠地で行われるエミレーツ・カップ。今年もアーセナルの他3チームが出場し、カップを争う。今年のエミレーツ・カップには、セビージャ、ベンフィカ、そしてブンデスリーガで躍進を続けるRBライプツィヒが出場する。 ▽初戦はRBライプツィヒvsセビージャ、アーセナルvsベンフィカのカードが組まれ、2戦目はRBライプツィヒvsベンフィカ、アーセナルvsセビージャとなる。 ▽昨年はユーロ2016が開催されたこともあり、エミレーツ・カップは実施されず。2015年はリヨン、ヴォルフスブルク、ビジャレアルを招待し、アーセナルが優勝していた。 2017.04.26 21:52 Wed
twitterfacebook
thumb

干されていたガンソがリーガ初ゴール含む2発でセビージャが快勝《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは21日、リーガエスパニョーラ第33節でグラナダを本拠地サンチェス・ピスファンに迎え、2-0で快勝した。 ▽前節バレンシア戦をゴールレスドローで終え、3位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が3ポイントに広がった4位セビージャ(勝ち点62)が、元アーセナルのレジェンドであるアダムス監督率いる降格圏の19位グラナダ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。 ▽前節負傷したビトロに代わってガンソが21試合ぶり今季4度目の先発となったセビージャは[4-2-3-1]を採用。ガンソはトップ下で起用された。 ▽すると開始4分、サンパオリ采配が的中する。ボックス右で仕掛けたヨベティッチのパスを受けた注目のガンソがワントラップから冷静に左足でシュートを流し込んだ。 ▽続く13分にサラビアの直接FKで追加点に迫ったセビージャがその後も敵陣で試合を進めると、35分にはヨベティッチとのパス交換からマリアーノが決定的なシュートを浴びせた。さらに43分にはパレハが直接FKでゴールに迫ったが、わずかに枠を外れ1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も開始早々の1分にスコアが動く。決めたのはまたもガンソ。サラビアの左サイドからのクロスをゴール前に詰めたガンソが押し込んだ。 ▽躍動するガンソは50分にGKを強襲するシュートを放てば、58分にもミドルシュートを狙っていく。 ▽一方的な展開としたセビージャは後半半ば以降も敵陣でプレー。危なげなく試合を運び、2-0のまま快勝。ガンソのリーガ初ゴール含む2発でセビージャが勝利を取り戻している。 2017.04.22 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。 ▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。 ▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。 ▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。 ▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。 ▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。 ▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。 ▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2017.04.17 01:11 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース