超ワールドサッカー

サンパオリ監督の後任候補に“ミラクル・レスター”を率いたラニエリ氏が浮上?2017.04.20 02:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今季限りでホルヘ・サンパオリ監督が退団する可能性のあるセビージャが、クラウディオ・ラニエリ氏(65) を新監督候補にリストアップしているようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じている。

▽今シーズンからサンパオリ監督が指揮官に就任したセビージャは、ここまでリーグ戦18勝8分け6敗で4位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をほぼ手中に収めている。

▽そんな中、サンパオリ監督は成績不振により解任されたエドガルド・バウサ監督の後任として、アルゼンチン代表の新監督候補に浮上。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のダニエル・アンヘリッチ副会長も、サンパオリ監督への関心を認めており、同監督の今季限りでの退任も噂されていた。

▽『エル・コレオ』は、サンパオリ監督の退任に備え後任監督を探すセビージャが、昨季レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いたラニエリ氏を新指揮官にリストアップしたようだ。なお、ラニエリ氏は今季途中にレスターの指揮官を解任されて以降、フリーの状態が続いている。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、インテルからMFバネガ復帰で合意! 昨夏フリーで旅立つも11億円での買い戻しに

▽セビージャは27日、アルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)の完全移籍での獲得に関して保有元のインテルと合意したことを発表した。バネガはメディカルチェックを受診した後、2020年6月30日までの3年契約にサインすることになる。 ▽2014年から2016年まで2年間セビージャで過ごしたバネガは、昨夏にフリートランスファーでインテルに加入。今シーズンは公式戦33試合に出場して6ゴール8アシストをマークした。 ▽しかし、ルチアーノ・スパレッティ新監督の下で構想外と目されるバネガに関しては、選手本人も移籍を希望しており、恩師ウナイ・エメリ監督率いるパリ・サンジェルマンやエスパニョールと共にセビージャ復帰の可能性が報じられていた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、セビージャは昨夏フリーで旅立ったバネガの復帰に関して、900万ユーロ(約11億5000万円)ほどの移籍金を支払う見込みだという。 ▽バネガとしては自らの都合でチームを去ったにも関わらず、移籍金を積んで復帰をアシストしてくれたセビージャのためにも来季はピッチ上のパフォーマンスで恩返しをする必要がある。 2017.06.28 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル復帰が濃厚のヨベティッチにローマが興味!! セビージャ移籍に動いた敏腕・モンチが今度はローマに引き連れる!?

▽セビージャのモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)に対して、ローマが興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今シーズンはインテルからセビージャにレンタルで加入したヨベティッチ。途中加入ながらもリーグ戦21試合に出場し6ゴールを奪う活躍を見せた。 ▽セビージャ側はヨベティッチを完全移籍で獲得したい考えを持っており、インテルに移籍金の引き下げを打診。しかしインテル側はヨベティッチの移籍金を1400万ユーロに設定しており、この金額を引き下げる考えはないことを伝えたようだ。 ▽交渉が破談となったことでセビージャ側はヨベティッチ獲得を諦めた模様。すると今度はローマが同選手の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』によると、ローマ側はすでにインテルへ獲得の打診を行ったようだ。 ▽また今回の移籍では、セビージャにヨベティッチを連れてきたモンチSD(スポーツ・ディレクター)の存在が大きい様だ。今年4月からローマのSDに就任したモンチ氏は、再びヨベティッチを自身のチームに引き入れるために交渉に臨んでいるという。 2017.06.27 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

アザールの負担軽減へチェルシーがセビージャMFビトロ獲得に興味か?

▽チェルシーがセビージャに所属するスペイン代表MFビトロ(27)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2013年6月にラス・パルマスからセビージャに加入したビトロは今シーズン、公式戦43試合に出場し、6ゴール10アシストを記録。リーガエスパニョーラではチームのチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ出場権獲得に貢献した。 ▽伝えるところによると、チェルシーはビトロの獲得を画策している模様。同クラブを率いるアントニオ・コンテ監督は、CLもある来シーズンに向けた選手層の拡充とエースであるベルギー代表MFエデン・アザールの負担軽減のため、高く評価するビトロの獲得を熱望しているとのことだ。セビージャとの契約期間を2020年6月30日まで残しているビトロの契約には、3500万ポンド(約49億7000万円)のリリース条項が含まれている模様だ。 ▽なお、アトレティコ・マドリーもビトロの獲得へ関心を寄せているが、国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の移籍市場における選手登録を禁じられており、獲得しても来年の1月1日までプレーすることができない。スペイン『マルカ』先日、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を古巣ラス・パルマスでプレーさせることを考えていると報じており、選手自身も「ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う」と前向きなコメントを残していた。 2017.06.26 21:53 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ユーベ関心のエンゾンジ移籍について「ドアを閉めることはない」

▽セビージャのホセ・カストロ会長は、適正価格であればフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)を放出する考えを持っていることを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽エンゾンジに対してはユベントスが獲得に興味を示しており、同クラブのジュゼッペ・マロッタGD(ゼネラルディレクター)は「エンゾンジは、我々が可能性を探っている選手の一人」と語っている。 ▽『フットボール・イタリア』によるとユベントス側は、エンゾンジに対して年俸700万ユーロ(約8億6800万円)、セビージャに対しては移籍金3000万ユーロ(約37億2100万円)を支払う準備をしているという。しかしセビージャ側はエンゾンジの移籍金を4000万ユーロ(約49億6100万円に設定しており、両者に開きがある。 ▽カストロ会長は、ユベントスへの移籍の可能性を除外することはないとコメント。今後も交渉を続けていく考えがあることを明かした。 「現時点で、エンゾンジに関する条件は提示していない。とはいえ、ユベントスとの交渉のドアを閉ざすことはない。しかし我々もこの交渉で利益を得たいと思っているのだ」 2017.06.22 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティの去就に揺れるPSGがバネガに興味示すも、セビージャ復帰が濃厚か

▽インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)が、セビージャに復帰する可能性が高まっている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにセビージャからインテルに加入したバネガは、初挑戦となったセリエAで28試合6ゴールを奪った。インテルと3年契約を結んだ同選手だが、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに退団の噂が流れているパリ・サンジェルマンがその後釜としてバネガの獲得に興味を示しているようだ。また、パリ・サンジェルマンにはバレンシアとセビージャで共に働いたウナイ・エメリ監督もいる。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、バネガはすでにスペインへの復帰を考えているようで、古巣であるセビージャに戻る可能性が高い様だ。なお、同メディアは移籍金が900万ユーロ(約11億1700万円)程度と見込んでいる。 ▽またバネガの代理人を務めるマルセロ・シモニア氏は、チーム名こそ明かさなかったものの次のように語りスペイン復帰が濃厚だと示した。 「99%スペインに行くことになる。報道では移籍金が1300万ユーロ(約16億1400万円)と言われているが、もっと下だ。合意までもう間もなくだ」 2017.06.22 10:13 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース