ミラン、マッシモ・ミラベッリ氏のSDとTD兼任を発表2017.04.19 23:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは19日、マッシモ・ミラベッリ氏(47)がクラブのスポーツディレクター(SD)とテクニカルディレクター(TD)を兼任することを発表した。

▽ミランは13日にこれまで同クラブを運営してきた『フィニンヴェスト』が、同社が保有する株式99.93パーセントを中国資本の『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』へ売却したことを発表。

▽14日の行われた理事会で『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』代表のリー・ヨンホン氏の新オーナー就任と、これまでミランのディレクターを務めていたマルコ・ファッソーネ氏の最高経営責任者(CEO) 就任を発表していた。

▽ミランは今回の決定について公式サイトで声明を発表

「ミランはマッシモ・ミラベッリを新たなテクニカルディレクターに任命した。また、ミラベッリにはスポーツ・ディレクターとしての役割も担ってもらうつもりだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン放出要員のFWバッカがビジャレアルにレンタル移籍

▽ビジャレアルは16日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間、背番号は「9」をつける。 ▽バッカは2015年7月にセビージャからミランへと完全移籍。加入1年目はセリエAで38試合に出場し18ゴール2アシストと結果を残すと、2年目の昨シーズンもセリエAで32試合に出場し13ゴール5アシストを記録していた。 ▽今夏はマルセイユや古巣のセビージャなどからラブコールが届いていたバッカに対し、ミランも放出を容認。最終的にはビジャレアルへのレンタル移籍で決着がついた。 2017.08.16 20:27 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ラモスに次ぐ世界2位のCBとの評価にボヌッチは?ミラン愛は「すぐ芽生えた」

ミランに所属するイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチは14日付のイタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスについて言及した。<br><br>■尊敬するS・ラモスに次ぐ評価には?ボヌッチは今夏、イタリア王者ユヴェントスを退団し、4000万ユーロ(約52億円)の移籍金でミランに電撃加入した。30歳ながら世界最高峰のセンターバックの1人として評価が高く、移籍市場ではチェルシーなど各国強豪クラブが獲得に興味を示した。スペイン代表のS・ラモスに次ぐ世界第2位とのランク付けを伝えられると、ボヌッチは素直に喜んだ。<br><br>「セルヒオ・ラモスに次ぐ世界第2位のディフェンダー? そうランク付けてもらえて嬉しい。セルヒオ・ラモスは優れた戦術眼やポジショニング感覚を持ち、ヨーロッパレベルの大会で決定的なゴールを決めることができる。何度か話をするチャンスがあったけど、彼は素晴らしい人物だし、僕は彼を尊敬している。これまでの成功は彼に相応しいと言える。僕に関して言えば、もっと上手くなりたいと思っている。ミランに来てから、これまでにも増してハングリーになっている」<br><br>■ボヌッチが明かすミラン移籍の理由続いてボヌッチは、ミラン移籍を決意した背景についても明かしている。<br><br>「交渉はあっという間だった。愛はすぐに芽生えるか、一生芽生えないかのどちらかだ。僕がミランを選んだのは、野心的なプロジェクトに引かれたからだ。僕にとって人生は挑戦だ。ミランという新たな挑戦に向かい、僕のキャリアの新たな1ページを開きたいと思った。(マルコ)ファッソーネCEO、(マッシミリアーノ)ミラベッリSD(スポーツディレクター)、そして(ヴィンチェンツォ)モンテッラ監督はすぐに僕を重要視してくれた。それに、ここへやって来た最初の日から胸の高鳴りを感じた。だからこそ今ここにいる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

バッカ、レンタルでビジャレアル移籍へ…荷物をまとめミラン同僚に別れを告げる

ミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカの退団が近づいている。イタリアメディア『スカイスポーツ』が14日、伝えている。<br><br>現在、ミランにはビジャレアルから獲得オファーが届いており、バッカの移籍実現へ向けて交渉が行われている。ビジャレアルは買い取り義務付きのレンタル移籍を希望していると見られる。<br><br>バッカは2015年夏、セビージャからミランへ加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し13ゴールを挙げ、2シーズン連続で2ケタ得点をマークした。しかし4月から経営権が中国資本に移り、今夏に大型補強が行われると構想外となったほか、サポーターとの不和も心配されていた。<br><br>バッカは今夏の移籍が想定されており、すでにヨーロッパリーグ予選3回戦のクラヨーヴァ戦のメンバーリストからも外れて欠場している。これまでに古巣のセビージャや日本代表のDF酒井宏樹が所属するマルセイユ、サンプドリアなども獲得に興味を示していたが、ビジャレアル移籍へ向けて合意に近づいている。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』によれば、バッカは14日、ミラネッロに姿を現したが練習へは参加せず、ロッカーの荷物をまとめ、チームメートに別れの挨拶を行った。新天地は2013年から2年間にわたってプレーしたリーガ・エスパニョーラとなる見込みだが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

カリニッチのミラン移籍が間もなく完了へ

▽フィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(29)のミラン移籍が間もなく完了するようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽報道によると、先日移籍を志願したとされるカリニッチに対して、ミランが移籍金2500万ユーロ(約32億3000万円)に加え、イタリア代表DFルカ・アントネッリ(30)を譲渡することで契約合意に至ったようだ。 ▽クロアチアのハイドゥク・スプリト出身のカリニッチは、2015年夏にフィオレンティーナに加入した。初年度からセリエA36試合に出場し、12ゴールをマーク。昨季もリーグ戦33試合の出場で15ゴールをマークするなど、高い得点力を見せつけた。 ▽なお、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、フィオレンティーナはカリニッチの後釜として、アトレティコ・マドリーで指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の息子としても知られる、ジェノアの元U-20アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(22)を狙っているようだ。 ▽また同メディアは、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)が、2000万ユーロ(約25億9000万円)の買い取りオプション付きのレンタル契約で、ビジャレアルへの移籍が近づいていることも併せて伝えている。 2017.08.15 16:54 Tue
twitterfacebook
thumb

SNSでミラン愛を公言のオーバメヤンがドルト練習を早退…伊紙が「仮病」を疑う

ミラン復帰願望を漏らしていたドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが練習を早退したため、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は13日、仮病ではないかと指摘している。<br><br>オーバメヤンは12日、インスタグラム上でライブ中継を行い、ファンからの質問に応じた。その中で、サンドロと名乗るイタリア人ファンから「ミランへ来て」とのコメントを受けると、「サンドロ、バカヤロー&hellip;オレは行きたい。だけど彼らが眠ったままだったら、オレはどうすればいいって言うんだ」と言い放ち、ユース時代に過ごしたミランへの復帰を熱望していた。<br><br>オーバメヤンは翌日、13日のドルトムントの練習をわずか30分ほどで早退している。ドルトムントは「風邪のため」と公式ツイッターで発表しているが、インスタグラム上での発言の経緯から今夏の移籍を目指すための仮病ではないかと指摘されている。<br><br>今夏、ミランは中国資本の新体制の下、これまで2億1100万ユーロ(約275億円)を投じ、11選手を獲得した。残るは「ケーキの一番上を飾るチェリー」としてセンターフォワードの補強が予定されている。これまで下部組織出身のオーバメヤンも獲得候補に挙がったものの、ドルトムントが移籍金8000万ユーロ(約104億円)を要求しており、ミランは断念していた。このほかトリノのFWアンドレア・ベロッティ、モナコのFWラダメル・ファルカオらもうわさされたが、現在はフィオレンティーナのFWニコラ・カリニッチの加入が有力視されている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 22:35 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース