ユベントスがドグラス・コスタからガイタンにシフトか2017.04.19 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスがアトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWニコラス・ガイタン(29)の獲得に興味を持っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

▽今シーズン、ベンフィカから2500万ユーロ(約29億円)の移籍金で加入したガイタンは、ここまでのリーガエスパニョーラで18試合に出場し3得点を記録している。しかし、先発出場数は半分以下の8回。先のチャンピオンズリーグのレスター・シティ戦でいずれも出場機会を得られずにいるなど、ディエゴ・シメオネ監督の下、自分の価値を証明しようと日々励んでいるところだ。

▽そんな同選手に対して、ユベントスは1500万ユーロ(約17億5000万円)程度を見積もっているが、昨夏に2500万ユーロで獲得したアトレティコは獲得した際の金額以下で手放す気はないという。

▽ユベントスは、他にもバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタにも興味を示しているとされているが、3000万ユーロ(約35億円)ともされている移籍金を鑑みると、ガイタンはよりリーズナブルな買い物になると見込んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスが26億+ボーナスでマテュイディ獲得へ

▽ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)を獲得したようだ。フランス『レキップ』がイタリアメディアをもとに伝えている。 ▽中盤の補強を目指しているユベントスは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したセルビア代表MFネマニャ・マティッチや、PSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタなどの獲得が噂されてきたが、『レキップ』によると、移籍金2000万ユーロ(約26億円)+ボーナスでマテュイディ獲得に合意に至ったようだ。 ▽伝えられるところによると、PSG側もマテュイディ放出は容認しているようだ。アドリアン・ラビオ、マルコ・ヴェッラッティ、チアゴ・モッタからなる中盤にマテュイディの入る隙間はなく、ウナイ・エメリ監督はU-20フランス代表のクリストファー・エンクンクやU-23アルゼンチン代表のジオバニ・ロ・セルソを重宝しているようだ。 ▽2011年夏にサンテチェンヌから加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれている。 2017.08.16 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスMFクワドゥオ・アサモアがガラタサライと個人間合意

▽ユベントスのガーナ代表MFクワドゥオ・アサモア(28)が、ガラタサライ移籍について個人間で合意に達したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、アサモアとガラタサライは、4年契約で、年俸300万ユーロ(約3億9000万円)で合意。残すはクラブ間合意のみのようだ。なお、アサモアとユベントスの契約は2018年6月30日までとなっている。 ▽さらに『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、ユベントスはアサモアの後釜として、アタランタのイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラ(24)に関心を寄せているようだ。 2017.08.16 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州年間最優秀選手賞の最終候補者が発表!! CL制覇のC・ロナウド、CL準優勝のブッフォンにメッシも選出!!

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は15日、2016-17シーズンにおけるUEFA年間最優秀選手賞の最終候補者3名を発表した。 ▽今回の最終候補者にはレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ユベントスのイタリア代表FWジャンルイジ・ブッフォン、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。 ▽C・ロナウドはチャンピオンズリーグで12ゴールをマークして得点王を獲得。チームは史上初となるCL連覇を達成した。ブッフォンはユベントスでCL準優勝に貢献。メッシは、チームこそベスト8で敗退するが自身は11ゴールをマークして得点ランキングで2位につけた。 ▽なお最優秀選手賞は、昨シーズンのCLに出場したチームの監督とコーチら80名、さらに欧州各国のジャーナリスト55名によって選出される。また、監督は自分のチームの選手に投票することはできない。 ▽最終選考は、8月24日に実施される今シーズンのCLグループステージ組み合わせ抽選会で発表される。今回発表された最終候補者3名と上位10名は以下の通り。 ◆UEFA最優秀選手賞最終候補者 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル代表) ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア代表) リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表) 4.ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア代表) 5.トニ・クロース(レアル・マドリー/ドイツ代表) 6.パウロ・ディバラ(ユベントス/アルゼンチン代表) 7.セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン代表) 8.キリアン・ムバッペ(モナコ/フランス代表) 9.ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表) 10.ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド/元スウェーデン代表) 2017.08.16 09:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ撃破で初タイトルのインザーギ監督、無私無欲の選手を称賛「勝利で報われた」

13日、スタディオ・オリンピコでイタリア・スーパーカップ、ユベントス対ラツィオの試合が行われ、ラツィオが3-2で勝利した。ラツィオの指揮官シモーネ・インザーギは試合終了後、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、喜びを語った。<br><br>ラツィオは昨シーズン、コッパ・イタリアの決勝へ駒を進めてユベントスと対戦するも、0-2で敗れてトロフィーを逃した。3カ月ぶりとなった同カードの対戦では、ラツィオがイタリア王者に対し、2点をリードしたものの、アディショナルタイムに同点に追いつかれる。しかしラツィオは終了間際にMFアレッサンドロ・ムルジャのゴールで劇的な勝利を飾った。2016年4月のトップチーム監督就任以来、自身初となるタイトルを手にしたインザーギは興奮を隠せない。<br><br>「ムルジャのゴール? この試合の自分たちのプレーが報われたようだ。試合の大部分において完璧だったし、チャンスを全く与えなかった。7月4日からこの試合に向けて準備してきた。コッパ・イタリア決勝で敗れたリベンジをしたかった。選手たちを称えるべきだ。彼らはきっと期待に応えてくれると確信していた。今はサポーターとともに勝利の喜びを味わいたい。無私無欲で献身的なプレーすれば、ピッチではすべてが起こりうることを証明できた」<br><br>なおスーパーカップの対戦相手、ユベントスへの移籍がうわさされているFWケイタ・バルデについても言及している。<br><br>「ケイタのことで騒ぎすぎたと思う。それから(フェリペ)アンデルソンが出られなくなってしまった。ケイタは今夜プレーすることに不安を感じているように見えたので、他の選手たちを使ったが、力を出し切ってくれた。彼らに敬意を表する」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 22:23 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-3 ラツィオ《スーペル・コッパ》

▽スーペル・コッパ2017のユベントスvsラツィオが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-3でラツィオが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170814_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 PK献上など3失点も好守も見せた DF 15 バルザーリ 5.0 守備重視も2失点目はベナティアと連係が合わず 4 ベナティア 4.5 PK献上の場面では自身の背後を取られ、2失点目の場面ではマークを見失う (→デ・シリオ 5.0) 3失点目の場面ではJ・ルカクのスピードに対応できず 3 キエッリーニ 5.5 自身に失点の責任はなかった 12 アレックス・サンドロ 6.0 相変らずの攻撃性能でPK奪取 MF 7 クアドラード 5.0 縦への突破を図れず (→ドグラス・コスタ 6.0) ディバラと共に右サイドからチャンスメイク 5 ピャニッチ 5.0 効果的なパスを入れられず、報復行為であわや退場に 10 ディバラ 6.5 さすがの左足でFKを沈める 6 ケディラ 5.0 攻守に空転 17 マンジュキッチ 5.0 攻撃面で仕事できず (→ベルナルデスキ 5.5) 意欲的にプレーも効果は薄かった FW 9 イグアイン 5.0 ほとんどボールに絡めず 監督 アッレグリ 5.0 2点差を追いついたが、開幕に不安の残る低調な内容 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170814_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 立ち上がりのピンチをビッグセーブで防ぐ DF 13 ワラセ 6.0 マンジュキッチにプレーさせず 3 デ・フライ 6.0 守備を統率 26 ラドゥ 6.0 クアドラードにスペースを与えなかった MF 8 バスタ 5.5 攻守に無難な出来 (→J・ルカク 6.0) 持ち味のスピードで決勝点アシスト 16 パローロ 6.0 2点目をアシスト。攻守に活躍 6 ルーカス・レイバ 6.0 捌き、潰しと無難にこなした (→ムルジャ 6.0) 最後のチャンスを活かした 18 L・アルベルト 6.0 シュートシーンによく絡んだ 19 ルリッチ 5.5 無理せず守備に気を遣う FW 17 インモービレ 7.0 2ゴールで勝利に導く 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 前線からの守備で貢献 (→マルシッチ 5.0) PK献上でチームを苦境に追い込む 監督 S・インザーギ 6.5 内容でユベントスを圧倒。順当な勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) ▽不安定なユベントス守備陣を持ち前の走力で突いた。PK獲得とヘディングゴールでユベントス相手に久々の勝利を挙げる。 ユベントス 2-3 ラツィオ 【ユベントス】 ディバラ(後40) ディバラ(後46[PK]) 【ラツィオ】 インモービレ(前32[PK]) インモービレ(後9) ムルジャ(後48) 2017.08.14 05:59 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース