大宮が下部組織出身のDF高山和真とプロA契約締結2017.04.19 18:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大宮アルディージャは19日、DF高山和真(20)とプロA契約を締結したことを発表した。

▽ジュニアユース、ユースと大宮で育った高山は2015年にトップチーム昇格。1年目に天皇杯でデビューを果たすと、昨シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。

▽高山は12日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節の柏レイソル戦に先発フル出場。450分の出場時間を達成し、プロA契約締結条件を満たした。高山はクラブを通じてコメントしている。

「時間は掛かりましたが、プロA契約を結ぶことができました。より一層、気を引き締めて、自分の目標に向かってトレーニングしていきます。変わらぬご声援をよろしくお願いします」

▽今年に入り高山は入籍、第一子誕生とめでたいニュースが続き、自身もプロA契約とまたしてもめでたいニュースとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

大宮が清水の2ゴールで躍進の筑波大を下しベスト8進出! C大阪は福満弾で名古屋を下す!《天皇杯》

▽20日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会のラウンド16(4回戦)、筑波大学(茨城)vs大宮アルディージャ(J1)が行われ、0-2で大宮が勝利した。 ▽1回戦でY.S.C.C.横浜(神奈川)、2回戦でベガルタ仙台(J1)、3回戦でアビスパ福岡(J2)を下した筑波大学と、2回戦でtonan前橋、3回戦で愛媛FCを下した大宮が対戦。大宮は17日のガンバ大阪戦からスタメン11人を変更して臨んだ。 ▽試合は6分、大宮がFKを得ると岩上のクロスを清水がファーサイドで折り返すも、GKがキャッチする。8分には黒川が敵陣でボール奪取。そのまま仕掛けると、ボックス内から折り返すも、DFがブロックする。 ▽筑波大学はディフェンスラインの裏を狙う攻撃や、両サイドを使った攻撃で大宮を押し込んでいく。すると15分、FKを得ると戸嶋のクロスを野口がヘッド。シュートはゴールを捉えるも、GK塩田がセーブする。 ▽21分、岩上のロングスローから大宮はチャンス。ニアサイドで清水がヘッドですらすと、高山が飛び込むもわずかに合わずにゴールとはならない。 ▽筑波大学も押し込む展開を見せていたが28分、清水が放ったシュートがハンドの判定に。これで得たPKを清水が落ち着いて沈め、大宮が先制する。 ▽35分、大宮はクリアボールを大屋がダイレクトで右に展開。ボックス右から岩上がダイレクトでグラウンダーのクロスを入れると、ボックス中央から清水がダイレクトシュート。しかし、シュートはクロスバーに嫌われる。 ▽40分にはボックス手前から清水がミドルシュート。しかし、これをGK阿部がわずかに触ると、シュートは左ポストを叩きゴールとはならない。 ▽大宮の1点リードで迎えた後半、50分に長谷川が前プレスでボールを奪うと、そのままループシュートも枠を越えていく。筑波大学は51分、スルーパスに中野が反応。裏に抜け出すも、GK塩田が飛び出しキャッチする。52分には左サイドでボールを持った三苫がドリブルでボックス内に侵入。渡部をかわしてシュートを放つも、GK塩田がキャッチする。 ▽54分、大宮は左サイドを崩すと、ボックス内左で相手ボールを奪った長谷川がパス。これを黒川がシュートも、DFがブロックする。 ▽62分、押し込む筑波大学はボックス手前でこぼれ球を拾った会津がシュート。しかし、これはわずかに左に外れる。 ▽73分、ボックス手前で中野がミドルシュート。これはGK塩田がわずかに触れるとクロスバーを直撃。跳ね返ったボールはラインを越えたように見えたが、ノーゴールの判定となった。 ▽互いに停滞感が漂う中、大宮は85分、左サイドを抜けたマテウスがボックス付近までドリブルで持ち込むと、グラウンダーのクロスが相手DFに当たって浮き球に。これに反応した清水がバイシクルシュートを叩き込み、大宮が土壇場で追加点を奪う。 ▽筑波大学は後半アディショナルタイムに決定機。鈴木大がヘッドで合わせるも、わずかに枠を外れる。その後は大宮が時間を使い試合終了。0-2で勝利し、2年連続でベスト8に進出した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、セレッソ大阪vs名古屋グランパスは1-0でC大阪が勝利した。C大阪はサンフレッチェ広島戦からスタメンを全員変更。名古屋も大きく選手を入れ替えて臨んだ。 ▽試合は6分、リカルド・サントスのスルーパスに反応した福満が抜け出すと、ボックス手前からシュートを沈めてC大阪が先制する。 ▽C大阪は39分、カウンターを仕掛けると関口のパスを受けたリカルド・サントスがシュート。しかし、GK武田にセーブされる。42分には秋山のパスを受けた福満がボックス内右からシュート。しかし、これは再びGK武田がセーブ。木本がこぼれ球に詰めるも枠を外れる。 ▽C大阪が1点リードで迎えた後半は、名古屋が攻勢に出る。しかし、精度を欠いてしまい得点を奪えない。C大阪は上手く時間を進めると、85分には負傷離脱していた清武が復帰。結局その後もゴールは生まれず、C大阪が1-0で勝利してベスト8に進んだ。 ▽この結果、準々決勝では10月25日にC大阪と大宮が対戦することとなる。 2017.09.20 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

年1開催の熊谷で大宮に悪夢…長沢にAT弾許して勝ち点2を落とす《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第26節の大宮アルディージャvsガンバ大阪が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽年に1回の開催となる熊谷スポーツ文化公園陸上競技場での一戦。リーグ戦3戦未勝利の17位・大宮(勝ち点20)が、前節のヴィッセル神戸戦に敗れた7位のG大阪(勝ち点39)を迎えた。 ▽立ち上がりは[4-1-4-1]のフォーメーションを採用した大宮がサイドを使って崩しにかかる。4分には右サイドを突破した奧井のクロスは江坂に合わなかったが、その流れから大前が狙うなどフィニッシュまで持ち込む。一方、[4-4-2]で構えるG大阪は、球際に厳しくいくもののボールを奪ってからのビルドアップでミスが目立つ。 ▽それでもG大阪16分、右サイドでボールを受けた井手口のクロスに泉澤が飛び込む。しかしボールとの距離感が合わずに、シュートは枠外へと外れた。さらに19分にも高い位置でボールを奪い切ったG大阪が、ボックス左のファン・ウィジョのシュートでゴールに迫るがGK加藤がセーブ。さらに直後にはボックス内の混戦から井手口が押し込みにかかる。しかし至近距離からのこのシュートもGK加藤がセーブした。 ▽流れが悪かった大宮だが22分、右サイドを細かなパスで崩すと、マテウスがボックス手前から左足を一閃。決定機を作り出したが、シュートはわずかにクロスバーを越える。迎えた28分、ファン・ウィジョの落としを受けた泉澤がボックス右に持ち出してマイナスのクロスを入れる。後方から走り込んだ井手口がダイレクトで蹴り込んだボールが、相手にディフレクトしてコースが変わるとそのままネットを揺らしてG大阪が先制した。 ▽流れは掴みながらも失点を喫した大宮はフォーメーションを[4-2-3-1]に変更して臨む。マテウスの仕掛けからG大阪ゴールに迫るも決定機までは持ち込めず。逆にバックラインの裏を狙うファン・ウィジョの対応に手を焼き中盤が間延びしてしまう。 ▽結局、G大阪がリードして試合を折り返すと、前半同様に大宮がボールを持ち時間が多くなる。49分にはボックス左でボールを受けたマテウスが、相手の股を通すスルーパスを狙ったが、このチャンスに味方は反応できず。 ▽しかし50分、ハーフウェイラインからのクロスボールがボックス左にこぼれると、これをマテウスが左足でダイレクトシュートを放つ。強烈な弾道のシュートがネットを揺らして大宮が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたG大阪は、前への圧力を強めて能動的に仕掛けていく。59分にはボックス手前でショートパスを繋ぎ、泉澤のヒールパスから倉田がボックス内に侵攻。シュートを狙うが、ここは山越がスライディングでブロックに入った。 ▽大宮は68分、和田と横谷を下げて河本とマルセロ・トスカーノを送り出す積極采配に出る。すると74分、左CKを獲得した大宮は、大前が入れたボールが相手のオウンゴールを誘発し逆転に成功した。 ▽G大阪は77分、右サイドを突破した米倉のマイナスのクロスにファン・ウィジョが頭で合わせる。しかしここもGK加藤が立ちはだかり、同点とはならず。大宮も80分に決定機を迎えたが、大前のパスからマルセロ・トスカーノが放ったループシュートはわずかに落ちきらず。 ▽G大阪は86分、ボックス内の競り合いから長沢がヘディングシュートを狙うが、ボールはクロスバーを直撃。その後も追いかけるG大阪が攻め込むとアディショナルタイム、井手口のクロスボールを起点にボックス内の長沢がこぼれ球を押し込みG大阪が試合を振り出しに。試合はそのまま終了を迎え、G大阪が土壇場で勝ち点1をもぎ取った。 2017.09.16 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎の得点守り抜いた鹿島、3連勝で首位堅守! 大宮は善戦も得点奪えず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節の鹿島アントラーズと大宮アルディージャの試合が、9日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽前節のセレッソ大阪戦を1-0で制した鹿島(勝ち点52)は、17勝1分け6敗で首位を堅守している。2位の横浜F・マリノス(勝ち点47)との勝ち点差を「5」まで広げており、着々とタイトルに前進中だ。前年度の覇者でもある鹿島は、下位に沈んでいる大宮との試合に向けて前節からスタメンを4名変更。西、小笠原、中村、レアンドロに代えて、伊東、レオ・シルバ、金森、遠藤を起用した。 ▽対する大宮(勝ち点20)は、5勝5分け14敗で16位と、残留争いの真っ只中に位置している。15位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点21)との差は勝ち点「1」のみ。残留に向けてわずかでも勝ち点を獲得したい大宮は、1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1名のみ変更。河本に代えて、山越を送り出した。 ▽試合の序盤は、右サイド広い所にマテウス、左サイドにマルセロ・トスカーノを配置した大宮がピッチをワイドに使ってボールを保持したが、鹿島の堅守を崩すには至らず。12分には、奧井のクロスに反応した江坂がヘディングシュートを放ったが、GKに阻まれた。 ▽大宮が良い時間帯に決めきることができずにいると、徐々にエンジンをかけた鹿島が33分に試合を動かした。ドリブルでボックス左に侵攻した金森が、クロスを供給。ボックス内で待ち構えていた金崎が右足で合わせ、ゴールに流し込んだ。 ▽得点後は鹿島が再びペースダウンし、大宮にボールを持たせるような形で試合を進行。大きなチャンスを作らせずに試合を折り返した。後半に入っても、鹿島はバランスを崩して攻撃に出ることはせず。2ラインを引いて後ろに重心を置いた。 ▽ボールを動かす時間の長い大宮は、67分に奧井が右サイド深い位置まで侵攻してクロスを供給。エースの江坂が反応して頭で合わせたが、ゴール左に逸れた。さらに、85分には奧井とワンツーで抜け出した茨田が強烈なミドルシュート。しかし、これはGKのファインセーブに阻まれた。 ▽最後まで攻撃を続けた大宮だったが、結局1点を奪うことができずに試合を終えることとなった。この結果、鹿島はリーグ3連勝となり、着々と勝ち点を積み上げることに成功。首位の座を更に盤石なものとした。対する大宮は王者に玉砕し、勝ち点を獲得することは叶わず。残留争いから抜け出すきっかけにはできなかった。 2017.09.09 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮、ユース所属のMF奥抜侃志をトップチーム登録

▽大宮アルディージャは1日、ユースに所属するMF奥抜侃志(18)をトップチームに登録したことを発表した。 ▽発表によると、奥抜は来シーズンからトップチームへの昇格が内定。今シーズンも2種登録選手として、Jリーグの公式戦に出場することが可能となるようだ。 2017.09.01 15:16 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が昌平高FW佐相壱明の来季加入内定を発表…プロは「小さなころからの1つの大きな目標」

▽大宮アルディージャは30日、昌平高校のFW佐相壱明(さそうかずあき/18)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽佐相は、東京都出身で、緑山サッカークラブから昌平高校に進学。得点源として活躍している。佐相はクラブを通じてコメントしている。 「小さなころからの1つの大きな目標だったプロサッカー選手になることができ、大変うれしく思います。昌平高校の藤島監督をはじめ、今までお世話になった全ての方々、そして両親への感謝を忘れることなく、ピッチで恩返しができるように、日々のトレーニングに一生懸命に取り組んでいきます。応援よろしくお願いします!」 2017.08.30 09:04 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース