超ワールドサッカー

大宮が下部組織出身のDF高山和真とプロA契約締結2017.04.19 18:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大宮アルディージャは19日、DF高山和真(20)とプロA契約を締結したことを発表した。

▽ジュニアユース、ユースと大宮で育った高山は2015年にトップチーム昇格。1年目に天皇杯でデビューを果たすと、昨シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。

▽高山は12日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節の柏レイソル戦に先発フル出場。450分の出場時間を達成し、プロA契約締結条件を満たした。高山はクラブを通じてコメントしている。

「時間は掛かりましたが、プロA契約を結ぶことができました。より一層、気を引き締めて、自分の目標に向かってトレーニングしていきます。変わらぬご声援をよろしくお願いします」

▽今年に入り高山は入籍、第一子誕生とめでたいニュースが続き、自身もプロA契約とまたしてもめでたいニュースとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

大宮DF菊地光将が右下腿肉離れで全治3週間

▽大宮アルディージャは25日、DF菊地光将の負傷を発表した。 ▽菊地は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節のセレッソ大阪戦で負傷。右下腿肉離れと診断され、全治3週間とのことだ。 ▽今シーズンの菊地は、明治安田生命J1リーグでケガの影響もあり6試合に出場。14日に行われたJ1第11節のベガルタ仙台戦で6試合ぶりの復帰を果たしていたが、C大阪戦では試合中に痛みを訴え、52分に河本裕之と交代していた。 2017.05.25 11:52 Thu
twitterfacebook
thumb

高山&黒川のプロ初ゴールなど大宮が清水相手に4発快勝!《YBCルヴァンカップ》

▽24日、JリーグYBCルヴァンカップグループA第6節の大宮アルディージャvs清水エスパルスがNACK5スタジアム大宮で行われ、4-0で大宮が快勝を収めた。 ▽4試合を消化し2分け2敗の勝ち点2で6位の大宮と、4敗で勝ち点0の最下位に位置する清水の一戦。ともにグループステージでの敗退が決定している中での一戦となった。大宮はFW播戸が今シーズン初先発。U-19日本代表に選出されているMF黒川も左サイドで先発した。対する清水もGK高木和が今シーズン初出場。FW長谷川悠は古巣との対戦となった。 ▽試合は4分、右CKから岩上がクロスを上げると、高山がファーサイドでヘッド。これがネットを揺らし、高山のプロ初ゴールで大宮が幸先良く先制する。12分には、スルーパスに抜け出したネイツ・ペチュニクがボックス内右からシュート。しかし、これはGKがセーブする。 ▽15分、大宮は右CKから加点する。大山がクロスを上げると、河面が競り勝ちヘッド。これが相手DFに当たり浮き球になると、黒川が触れてラインを越え、大宮が追加点を奪う。黒川にとってはプロ初ゴールとなった。 ▽2点を先行した大宮は、左サイドの黒川が積極的にドリブルを仕掛け清水守備陣を翻弄する。30分にはボックス内でルーズボールとなると、反応した播戸がシュート。しかし、これはミートせず、こぼれ球を横谷が押し込むも、枠を外れてしまう。 ▽大宮に攻め込まれる清水だが、前線にボールが収まらず、攻撃の起点をなかなか作り出せない。大宮は40分、ショートコーナーから岩上がクロス。これをファーサイドで奥井がボレーで合わせるも、枠を捉えられない。 ▽大宮が2点リードで迎えた後半も大宮がペースを握る。清水は前半同様、前線で起点を作ることができず、攻撃の形を作れない。攻撃の形が作れない清水は、杉山に代えてミッチェル・デュークを投入。さらに、北川に代えて滝を投入する。 ▽しかし73分、大宮が追加点を奪う。ネイツ・ペチュニクが清水のスルーパスに反応。ボックス内右からクロスを送ると、中央で待ち構えた岩上がヘッドで叩き込み、大宮がリードを3点とする。 ▽リードを3点に広げた大宮は、ネイツ・ペチュニクに代えて藤沼を投入。するとその直後、左サイドから河面がグラウンダーのクロス。これがファーに流れるも、奥井が蹴り込んで大宮がリードを4点に広げる。 ▽大宮は90分を通して試合を支配し、4点リード後もゴールを目指してプレー。そのまま試合は終了し、4-0でホームの大宮が今シーズンのルヴァンカップで初勝利を記録。清水は5連敗となった。 2017.05.24 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、清武の2試合連続ゴール含む3発快勝! 大宮は最下位転落《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節の大宮アルディージャvsセレッソ大阪が20日にNACK5スタジアム大宮で行われ、3-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで2勝1分8敗で16位に沈む大宮(勝ち点7)と、5勝4分2敗で7位につけるC大阪(勝ち点19)が対戦した。前節、仙台戦で逆転勝利を果たした大宮は、流れそのままスタメンを1名のみ変更。ムルジャを外して、前節の決勝点を挙げた大前を起用した。 ▽一方、前節の広島戦で5-2と大勝したC大阪は、前節のメンバーをそのまま送り込んだ。これでリーグ戦4試合連続、同じスタメンとなる。 ▽日本代表のハリルホジッチ監督が視察する中での試合は、ゆったりとしたペースで始まった。カウンターに備え待ち構える大宮に対し、ショートパスを主体に攻めるC大阪は攻めあぐねる。 ▽膠着する中で30分、C大阪にチャンスが訪れた。左サイドからボックス内へ侵入をした丸橋が、DFを4人引き付けつつ杉本へパスを送る。フリーで右足を振り抜いたが、吹かしてしまい、ゴールとはならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、53、55分にC大阪に決定機が生まれる。ヨイッチ、山村が立て続きにGKとの1対1となるが、どちらもファインセーブに阻まれた。 ▽攻勢を強めたC大阪は、ついに均衡を破ることに成功。63分、ソウザの蹴った左CKを、清武が頭で合わせネットを揺らした。清武は2試合連続の得点となった。 ▽勢いに乗るC大阪は76分、大宮をさらに突き放す。ソウザの蹴った右CKを、マークを外した山村が打点の高いヘッドで打ち付け、追加点を奪取。ゴールを決めた山村は、82分に関口と交代してお役御免となった。 ▽すると86分、交代で入った関口が、試合を決定付ける貢献を見せる。清武と柿谷のパス交換から、右サイドの関口へと展開。抜け出した関口が速めのクロスを入れると、これに杉本が右足で合わせ、ゴールに突き刺さった。杉本の2試合連続となる得点で、試合を確実なものとした。 ▽試合はそのまま終了。計3発の得点を奪ったC大阪は、2連勝で暫定4位まで浮上した。ホームでの手痛い敗北となった大宮は、リーグ9敗目となり最下位に沈んでしまった。 2017.05.20 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

大前のゴールで逆転した大宮、仙台を下し今季2勝目!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節大宮アルディージャvsベガルタ仙台が14日に行われ、2-1でホームの大宮が勝利した。 ▽ここまでわずか1勝で、最下位に沈む大宮(勝ち点4)は、前節から、高山、長谷川アーリアジャス―ル、岩上に代えて、菊池、マテウス、ドラガン・ムルジャを先発に起用した。対する14位の仙台(勝ち点13)は、ここ6試合で1勝と、こちらも苦しい状況。その仙台の前節からの変更点は、菅井に代えて蜂須賀の、この1点のみとなった。 ▽試合開始早々から、大宮は攻撃の姿勢を強く見せる。1分、敵陣中央の左サイドで瀬川がボールを持つと、そこから豪快に右足を振り抜き、仙台GKシュミット・ダニエルを強襲。さらに、仙台が自陣のボックス内でボールを奪い、カウンターに転じようとすると、素早いチェックでボールを奪い返した大宮が逆カウンターで、仙台ゴールに襲い掛かる。 ▽序盤から積極的に攻勢に出る大宮に負けじと、仙台も少しずつ攻撃を仕掛け始める。すると23分、ボックス内でクリスランがDF山越に倒されPKを獲得。自らキッカーを務めたクリスランは、一度はGK塩田にセーブされるも、こぼれたボールを押し込み、仙台に先制点をもたらした。 ▽リードを許した大宮は、さらに攻勢を強めて同点を狙うが、集中した守りを見せる仙台を崩すことができない。逆に仙台は43分、左CKからの流れで増嶋がネットを揺らすが、その前の大岩とGK塩田の接触プレー時にファウルを取られ、ゴールは認められなかった ▽迎えた後半、一進一退の攻防が続く中、大宮がセットプレーから、仙台ゴールをこじ開ける。右CKを獲得すると、大前がクロスを上げてニアのマテウスが頭で後ろに逸らす。そこへ入った山越がヘディングで流し込んで同点に追いついた。 ▽勢いに乗る大宮は、67分にもボックス外右からのクロスに、瀬川が頭で合わせるが、惜しくも枠を外れてしまう。大宮がやや優勢に試合を進める中、仙台にもチャンスが訪れる。80分、左CKから蜂須賀がヘディングシュートを狙うが、ゴールの右へ。 ▽攻撃への気迫を見せる両者だが、勝ったのは大宮だった。大前がDFの隙を突いて背後に抜け出すと、渡部がそこにロングボールを供給。大前は巧みなトラップから、ドリブルでボックス内に持ち込むと、キックフェイントでDFを一人かわし、冷静にゴールに流し込んだ。 ▽逆転を許した仙台は、試合終了間際のセットプレーで、GKダニエル・シュミットもゴール前に上がる捨て身の攻撃にでるが、粘り強い守りで死守する大宮ゴールを割ることはできなかった。試合はこのまま終了。逆転劇を演じたホームの大宮が2-1で勝利し、今季2勝目を挙げた。 2017.05.14 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

壮絶な打ち合いとなった一戦はFC東京が制し大宮を下す《YBCルヴァンカップ》

▽10日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第5節のFC東京vs大宮アルディージャが味の素スタジアムで行われ、4-3でFC東京が勝利した。 ▽3試合を終えて2勝1敗で3位につけるFC東京と、同じく3試合を終えて2分け1敗で6位の大宮の一戦。FC東京はU-20日本代表に選出されたFW久保をベンチに置き、ピーター・ウタカを1トップで起用。一方の大宮は、ドラガン・ムルジャ、ネイツ・ペチュニク、マテウスの助っ人3名を先発させ、ルヴァンカップ初勝利を目指す。 ▽最初に決定機を作ったのは大宮。8分、ゴール正面でFKを獲得すると、やや離れた位置からのFKをネイツ・ペチュニクが直接狙うも、シュートは壁に吸収されてしまう。 ▽13分には大宮のミスからFC東京が決定機を迎える。大宮GK加藤がボックスを出てパスを出すも、ピーター・ウタカがカット。阿部からのパスを受けたピーター・ウタカがループシュートを狙うも、クロスバーを直撃。跳ね返りを中島が狙うも、シュートは大きく枠を越えていく。 ▽攻め込むFC東京は14分、パスワークで崩すと、ボックス手前でこぼれ球を拾ったピーター・ウタカがボックス内に侵入。そのままシュートを放つも、GK加藤が汚名返上のビッグセーブで得点を許さない。 ▽押し込まれていた大宮は18分、GK加藤からのロングフィードをネイツ・ペチュニクが競ると、こぼれ球をボックス手前で拾ったマテウスがループシュート。しかし、シュートは枠を越えていく。 ▽一進一退の攻防が続くなか21分に大宮が先制する。ディフェンスラインの裏に抜けたドラガン・ムルジャがボックス内でGK大久保択に倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決め、大宮が先制に成功する。 ▽先制を許したFC東京だったが25分、左CKからゴールを奪う。中島がクロスを上げると、ボックス中央でピーター・ウタカがヘッドで叩き込み、FC東京が同点に追いつく。 ▽点を取り合った両チームだったが32分、大宮が右CKを得ると大前がクロス。これをニアサイドでマテウスが頭で合わせ、大宮が勝ち越しに成功する。 ▽またしてもリードを許したFC東京だったが35分、浮き球のボールを競り合うと、ルーズボールに。これを阿部と大屋が競り合うと、大屋がクリアしたボールがきれいにネットを揺らしてしまい、大宮のオウンゴールでFC東京が同点に追いつく。 ▽追いついたFC東京は39分、ピーター・ウタカがヘディングで流したボールを阿部が受けると、カバーに入った奥井がブロック。しかし、こぼれ球を拾った阿部が落ち着いて横にパス。フリーの中島が無人のゴールへ蹴り込み、FC東京が逆転に成功する。 ▽前半で5得点が生まれた試合は、後半もゴールが生まれる。61分、ボックス右でFC東京がFKを獲得。中島のクロスをフリーの森重がドンピシャで合わせて、FC東京がリードを2点に広げる。 ▽勢いに乗るFC東京は67分、ボックス手前で細かくパスを繋ぐと、中島がボックス手前でシュート。枠を捉えるも、GK加藤が好反応でしっかりとセーブする。 ▽その後は大宮も攻勢に出るが、FC東京が押し込む時間帯が続く。すると81分、ユ・インスに代えて久保が登場。スタジアムが沸く。 ▽FC東京は中島を中心に大宮ゴールを目指すが得点は奪えず。すると91分、森重がボックス内でハンドを犯し大宮がPKを獲得。これを途中出場の播戸が右にしっかりと決め、大宮が土壇場で1点を返す。しかし、その後は決定機が訪れず試合終了。打ち合いとなった一戦は、FC東京が4-3で逃げ切った。なお、敗れた大宮はグループステージでの敗退が決定した。 2017.05.10 21:19 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース