横浜FM、DF高野遼とプロA契約締結…「まだまだスタートライン」2017.04.19 17:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜F・マリノスは19日、DF高野遼(22)とのプロA契約締結を発表した。4月12日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節のヴィッセル神戸戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。

▽神奈川県出身の高野は、日本体育大学を経て、2015年に湘南ベルマーレ、2016年に横浜FMへと特別指定選手として入団。2017年シーズンに横浜FM入団が正式内定した。高野はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「この度、A契約を締結することができ、素直に嬉しい気持ちです。まだまだスタートラインに過ぎないので、より一層、チームの為、自分の為、日々取り組んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

イッペイ・シノヅカのデビュー弾も横浜FM敗戦…ドゥドゥ躍動の甲府が7戦ぶり白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府vs横浜F・マリノスが23日に山梨中銀スタジアムで行われ、3-2で甲府が勝利した。 ▽ここまで4勝9分け13敗で降格圏の16位に位置する甲府と、14勝6分け6敗で5位につける横浜FMが激突した。甲府は1-2で敗れた前節のサガン鳥栖戦から橋爪と兵働に代えて島川と小出を起用。一方の横浜FMは、1-1で引き分けた前節の柏レイソル戦からパク・ジョンス、富樫に代えてミロシュ・デゲネクとウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽残留争い中のライバルである北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が勝利していることで勝ち点3が欲しい甲府に対して、横浜FMも優勝を狙っていく上で白星が必要な一戦となった。 ▽試合は12分に甲府が最初の決定機をモノにする。ショートカウンターからペナルティアーク付近のリンスが右足を一閃。このミドルシュートは左ポストに直撃したが、正面に跳ね返ったボールをドゥドゥが押し込み、甲府が先手を取った。 ▽先行された横浜FMは、さらに16分にアクシデント。負傷の金井がプレー続行不可能となり、松原との交代でピッチを後にする。 ▽ハーフタイムにかけても、得点により勢いづいた甲府が集中した守備と縦に速い攻撃を繰り出しながら試合を優位に進め、1点リードのまま前半を終える。 ▽迎えた後半、横浜FMは立ち上がりにボックス右に流れたウーゴ・ヴィエイラがハーフボレーを放つ。しかし、ファーを狙ったシュートは枠を捉えきれない。 ▽すると、相手のミスを突いた甲府が2点目を挙げる。デゲネクの味方へのバックパスが乱れると、これを掻っ攫ったドゥドゥが独走してGK飯倉と一対一に。冷静にこの一対一を制したドゥドゥの2発目で甲府がリードを広げた。 ▽苦しい状況となった横浜FMだが、早い段階で1点を返すことに成功する、58分、左サイドで縦突破を仕掛けたマルティノスがクロス。これに正面で飛び込んだウーゴ・ヴィエイラが胸でゴールに押し込み、横浜FMが2-1の1点差に詰め寄る。 ▽勢いに乗る横浜FMは、やや足を痛めた様子もプレーを続けていた齋藤を下げて、これがデビュー戦となる元U-18ロシア代表のイッペイ・シノヅカを投入する。 ▽しかし、次の得点は甲府だった。79分、ボールに反応してボックス右に走り込んだドゥドゥがGK飯倉に倒されてPKを獲得。これをリンスがきっちりと決めて、甲府がスコアを3-1とした。 ▽その後は横浜FMが攻め込むと、アディショナルタイム5分にはFKの流れからゴール正面のイッペイ・シノヅカがこぼれ球を押し込んでデビュー弾を決めるも、反撃はここまで。甲府が7試合ぶりとなる白星を手にした一方、横浜FMは逆転優勝が遠のく敗戦となった。 2017.09.23 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF中澤佑二も“アムロス” 「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません」

▽日本を代表する女性歌手の安室奈美恵さんが20日、来年9月16日に芸能界から引退することを発表した。その発表から数日経った現在もメディアにより、世間の“アムロス”が伝えられているが、Jリーグ界のレジェンドも動揺を隠しきれないようだ。 ▽その選手とは、横浜F・マリノスに所属する元日本代表DF中澤佑二(39)だ。中澤は早生まれながら安室さんと同学年。フィールドプレーヤーとしてJリーグ最多のフルタイム出場記録を更新するなど第一線で活躍するセンターバックは、かねてより安室さんのファンであることを公言してきた。 ▽その安室さんの引退発表を受けて、中澤は当日、自身のブログに「奈美恵様が引退。嘘だと言ってほしい」との悲しい気持ちを吐露。「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません。Byボンバー」とショックを隠さず、立ち直れない様子をうかがわせた。 2017.09.22 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMが高校No.1注目株を獲得! 鹿児島城西高DF生駒仁の来季加入内定を発表!

▽横浜F・マリノスは21日、鹿児島城西高校のDF生駒仁(18)が、来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽184cm、74kgと力強い体格を持つ生駒は、2015年に名門校である鹿児島城西高校に入学すると、1年時からスタメンに定着した。高校世代No.1ディフェンダーとしての評価を高めると、2016年にU-17日本代表、今年にはU-18日本代表としてプレー。プロクラブからの注目を集めていた。 ▽生駒は、クラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残した。 「幼い頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思うと共に、横浜F・マリノスという素晴らしいクラブでプロキャリアをスタート出来ることを誇りに思います。これまで携わり、支えてくださった全ての方々への感謝を忘れず、少しでも早くピッチに立ち、チームに貢献できるように頑張ります」 2017.09.21 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ハットのウーゴ・ヴィエイラ、延長スーパーゴールで横浜FMが広島に逆転勝利! 11年ぶりベスト4の磐田と対戦《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)が20日に各地で行われた。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島の一戦は、延長戦の末に3-2で横浜FMが勝利した。試合は早々の7分に広島が動かす。フェリペ・シウバの左CKに正面の野上がヘッド。このシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りから皆川がネットを揺らし、広島が先行する。 ▽さらに、これで勢いに乗った広島は14分に加点する。バイタルエリアで縦パスを受けたフェリペ・シウバがペナルティアーク手前で右足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左上に突き刺さり、広島がリードを2点に広げる。 ▽ハーフタイムにかけても広島が押し気味に試合を進める。44分にはバイタルエリアをドリブルで侵攻した森島がペナルティアークからミドルシュート。しかし、これはGK飯倉にセーブされたボールがバーに当たり、3点目とはならなかった。 ▽迎えた後半は立ち上がりから横浜FMが反撃に出る。すると54分、右サイドで仕掛けた遠藤がクロスを上げると、これがDF水本のハンドを誘ってPKを獲得。このチャンスをウーゴ・ヴィエイラがしっかりとモノにし、横浜FMが1点差に詰め寄る。 ▽さらに横浜FMは得点直後に遠藤が立て続けにミドルシュートで相手ゴールを脅かす。しかし、1本目はGK廣永のセーブに遭い、2本目はわずかにバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては横浜FMが攻勢に出るも、広島もカウンターから相手に脅威を与え続け、オープンな展開となる。すると88分、ボックス右での齋藤の仕掛けから最後は正面のウーゴ・ヴィエイラが決めて、横浜FMが土壇場で同点に追いつく。 ▽迎えた延長戦も一進一退の攻防が続く。110分にはアンデルソン・ロペスのミドルシュートで広島がゴールに迫るが、枠内に飛んだボールはGK飯倉のセーブに遭う。その後、延長後半は広島ペースで進んだが、試合終了間際に横浜FMがスーパーゴールで勝ち越す。 ▽右サイド深くのタッチライン付近で仕掛けたウーゴ・ヴィエイラがルックアップしてクロスと見せかけて右足でアウト回転をかけてシュート。GK廣永の意表を突いたこのシュートが決まり、決勝弾に。横浜FMがウーゴ・ヴィエイラのハットトリックで見事な逆転勝利を収めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、南長野運動公園総合球技場で行われたAC長野パルセイロとジュビロ磐田の一戦は、0-1で磐田が勝利した。試合は立ち上がり、高橋のヘディングシュートでゴールに迫った磐田が積極的に前に出る。セットプレーを多く獲得しながら長野を押し込む磐田は相手の反撃を許さないも、決め手を欠いて前半はゴールレスのまま終える。 ▽迎えた後半、均衡を破ったのは磐田だった。52分、右サイドの太田が上げたクロスに正面の齊藤がヘディング。このシュートがゴール左に決まり、磐田がリードする。その後も、押し気味に試合を進めた磐田は追加点こそ奪えなかったものの、終盤の長野の反撃をきっちりと凌いでシャットアウト勝ち。11大会ぶりのベスト8を決めた磐田は、10月25日に行われる準々決勝で横浜FMと対戦する。 2017.09.20 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

齋藤が今季初ゴールもクリスティアーノのFK弾で上位対決は勝ち点を分け合う《J1》

▽16日に明治安田生命J1 リーグ第26節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の川崎フロンターレ戦でリーグ戦15試合ぶりの黒星を喫した5位の横浜FM(勝ち点47)。また今シーズン初となる3失点を喫しての敗戦だっただけに守備陣の立て直しが注目を集める。一方の3位・柏(勝ち点49)は前節の浦和レッズ戦に勝利し、リーグ戦7戦無敗となっている。 ▽優勝争いに留まるためにも負けられない両チームの一戦は、ホームの横浜FMがポゼッションを握って試合を進める。しかし柏もミドルサードからボールサイドへのプレッシングを始め、高い位置からショートカウンターを狙っていった。 ▽迎えた9分、左サイドからカットインした齋藤が右足で放ったコントロールシュートがゴールネットを揺らす。横浜FMが齋藤の今シーズン初ゴールで先制に成功した。その後も横浜FMは左サイドの齋藤、右サイドのマルティノスといった両翼を使ってピッチの幅を使って相手陣内へと攻め込む。 ▽一方、柏はうまく攻撃が組み立てられず、前線のクリスティアーノが孤立。さらに18分にはボールの競り合いの中でパク・ジョンスの肘がクリスティアーノの左まぶたに入って出血し、ピッチを出て治療を受けた。 ▽それでも柏は27分、ボックス手前左までボールを運んだハモン・ロペスが強烈なシュートを放つ。ようやくできた決定機だったが、シュートは枠を外してしまった。横浜FMも30分に扇原のヒールパスをボックス内で受けた富樫がボールをロスト。マルティノスがこれに詰めたが、シュートは威力なくGKに処理された。 ▽前半はそのまま終了して迎えた後半、最初のチャンスは柏でボックス内のクリスティアーノが左サイドからのクロスボールを受ける。相手を背負った状態から反転シュートを放つが、GKの好守に阻まれた。 ▽57分にはハモンロペスがドリブル突破でボックス左に侵入。そこからこぼれたボールをキム・ボギョンが収めてボックス内に再度侵入を試みたが、横浜FMも粘りの守備で守る。すると柏は70分に小池を下げて大津を投入。大津が最前線に入りクリスティアーノが右サイド。さらに伊東が右サイドバックへと下がる攻撃的なフォーメーションとなる。 ▽85分には右サイドから崩し、中央の大津がミドルレンジから右足を振り抜くが枠を外す。しかし88分、ボックス手前正面の位置で柏がFKを獲得。クリスティアーノが右足で巻いて狙ったシュートが、ゴールマウス左隅に吸い込まれて柏が試合を振り出しに戻した。 ▽柏が押し込んで試合を進めるも、後半アディショナルタイムには齋藤が抜け出して横浜FMが決定機。しかし齋藤のドリブルは、GK中村が好判断でブロックしてシュートを打てない。試合はそのまま終了のホイッスルが吹かれ、首位追走のためにも大事な一戦はドロー決着となった。 2017.09.16 21:02 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース