超ワールドサッカー

横浜FM、DF高野遼とプロA契約締結…「まだまだスタートライン」2017.04.19 17:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜F・マリノスは19日、DF高野遼(22)とのプロA契約締結を発表した。4月12日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節のヴィッセル神戸戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。

▽神奈川県出身の高野は、日本体育大学を経て、2015年に湘南ベルマーレ、2016年に横浜FMへと特別指定選手として入団。2017年シーズンに横浜FM入団が正式内定した。高野はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「この度、A契約を締結することができ、素直に嬉しい気持ちです。まだまだスタートラインに過ぎないので、より一層、チームの為、自分の為、日々取り組んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのFW伊藤翔が右ハムストリング肉離れで全治約3週間

▽横浜F・マリノスは29日、FW伊藤翔の負傷を発表した。 ▽伊藤は27日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルス戦で負傷。28日に横浜市内の病院で検査を受けた結果、右ハムストリング肉離れと診断。全治は約3週間の見込みだ。 ▽伊藤は今シーズンのJ1で10試合に出場するも得点はなかった。 2017.05.29 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

齋藤不在の横浜FMが清水に競り勝つ《J1》

▽27日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルスvs横浜F・マリノスは、アウェイの横浜FMが3-1で勝利した。 ▽リーグ7試合ぶりの勝利を目指す12位の清水と、直近の5試合で1勝1分け3敗の低空飛行が続く9位の横浜FMが激突した。清水は、二見に代わってフレイレが第2節以来の先発。枝村に代わり、ミッチェル・デュークが今季初先発を果たした。対する横浜FMは、負傷の齋藤に代わって扇原がスタメン入りした。 ▽清水優勢でスタートした試合は、15分に動く。立ち上がりから守勢に回った横浜FMは、左サイドの扇原がクロス。DFのクリアボールを拾った松原健がボックス右から左足のシュートをゴール左隅に突き刺して、横浜FMが先制した。 ▽リードを許した清水は反撃。26分にはこぼれ球から松原后、鄭大世が立て続けにシュート。失点後もサイド攻撃を機能させ、良い形でシュートチャンスを作り出すが、相手の牙城を打ち破ることができない。 ▽守りの時間が続く横浜FMは、27分に古巣対決の伊藤がウーゴ・ヴィエイラと負傷交代。そうした中、30分には、カウンターからウーゴ・ヴィエイラにGKとの一対一の絶好機が巡ってくるが、これを決め切れない。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した清水。後半の立ち上がりもペースを握ると、50分にボックス中央でパスを受けた鄭大世が仕掛ける。ボックス左でフリーの白崎が流れたボールを押し込み、清水が同点に追いついた。 ▽ところが、52分には横浜FMのカウンターが発動。左サイドのマルティノスが左足で鋭い弾道のアーリークロスを供給する。これに相手DFの間で反応したウーゴ・ヴィエイラが右足ワンタッチで合わせ、横浜FMが再びリードした。 ▽攻め続ける清水はその後、北川、野津田、金子といった攻撃的な選手を投入。しかし、後半アディショナルタイムにウーゴ・ヴィエイラがダメ押しの3点目。齋藤不在の逆境を乗り越えて競り勝った横浜FMが2試合ぶりの勝ち点3を手にした。 2017.05.27 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがユースのDF西山大雅を2種登録

▽横浜F・マリノスは26日、横浜F・マリノスユースのDF西山大雅(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽西山は横浜FMのジュニアユース追浜から、ユースへと昇格。昨年はU-17日本代表にも招集されており、8月のチェコ遠征にも参加していた。 2017.05.26 16:22 Fri
twitterfacebook
thumb

土壇場PKで鳥栖に逆転勝利! ウーゴ2発で横浜FMがPO進出へ前進《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが24日に行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽2分け2敗で5位につける鳥栖と、2勝2敗で4位につける横浜FMが激突した。自力でのプレーオフステージ進出の可能性が消滅し、全勝が最低条件の鳥栖は、直近のリーグ戦から先発メンバー9人を変更。藤田や水野を起用。肺気胸で離脱していた豊田も復帰を果たした。 ▽一方、ルヴァンカップで連勝中の横浜FMは、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。山中やダビド・バブンスキー、ウーゴ・ヴィエイラが先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの横浜FMが鳥栖ゴールへと迫る。5分、ボックス左手前から山中が左足を振り抜く。しかし、強烈な無回転シュートはゴール右へと逸れる。対する鳥栖は8分、太田のパスを受けた小川がボックス中央手前から丁寧に右足でゴール右上隅を狙うも、枠を捉え切れない。 ▽前半半ばに入ると、横浜FMが攻勢を強める。22分、敵陣中央右からダビド・バブンスキーがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせるも、GK権田のファインセーブに阻まれる。さらに24分、山中が味方のスルーパスでボックス左へ侵攻し、左足でシュート。しかし、今度は左ポストに嫌われる。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しさを増す。すると64分、横浜FMが均衡を破る。ボックス右深い位置でダビド・バブンスキーが強引に中央へ切れ込み、ウーゴ・ヴィエイラにパス。これをウーゴ・ヴィエイラがワントラップで一人をかわし、右足でゴールネットを揺らして横浜FMが先制した。 ▽先制を許した鳥栖だったが76分、ボックス左外でボールを受けた三丸が左足でクロスを供給。これをゴール中央の富山が頭でゴール右隅へと流し込み、同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻された横浜FMは81分、吉尾に代えて仲川を投入。迎えた後半アディショナルタイム2分、その仲川がボックス右へ侵攻すると、太田に倒されてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラがゴール左へ突き刺し、勝ち越しに成功。そのまま試合終了し、2-1で横浜FMが勝利した。勝った横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラの2発の活躍でプレーオフ進出に前進。対する鳥栖は、グループステージ敗退が決定した。 2017.05.24 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

大岩弾で追いついた仙台が連敗ストップ! 逃げ切り失敗横浜FMは連勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、横浜F・マリノスvsベガルタ仙台が20日に日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽9位横浜FMと14位仙台が対峙した一戦。今季3度目の連勝を目指すホームの横浜FMは、前節のヴァンフォーレ甲府戦からダビド・バブンスキーに代わって、前田を先発で起用。一方、連敗ストップを目指す仙台は、敗れた大宮アルディージャ戦からクリスランに代わって、奧埜を先発で起用した。 ▽戦前の予想に反して、立ち上がりからペースを握ったアウェイの仙台がホームチームを押し込んでいく。開始3分にはボックス左ライン際で永戸が折り返したボールをゴール前の石原がワンタッチでGKを剥がし、フリーの梁勇基がシュートもこれはGKに阻まれる。さらにこぼれ球を富田がミドルシュートで狙うが、これは相手DFの好ブロックに阻まれた。 ▽開始早々の先制ゴールはならずも、良いリズムで攻勢を続ける仙台は、三田や大岩、梁勇基らが積極的にボックス内でチャンスに絡むが、相手のブロックやシュート精度の問題であと一歩でゴールとはならない。 ▽一方、守勢が続きなかなか攻撃に出られない横浜FMだったが、30分過ぎにようやく最初の決定機を作る。32分、右サイドの松原が正確なクロスをボックス左に入れると、これに反応した齋藤がヘディングシュート。だが、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのワンハンドセーブに阻まれる。 ▽それでも、この決定機をキッカケに盛り返し始めた横浜FMは、前半アディショナルタイムに右サイドでルーズボールを拾ったマルティノスからのフィードにうまくオフサイドラインをかい潜って抜け出した前田が、そのままボックス内に持ち込んで最後は得意の角度から左足の丁寧なシュートをゴール左隅に流し込み、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、梁勇基を起点にアウェイチームが反撃を試みるが、GK飯倉の牙城を破れない。流れを変えたい仙台は、58分に梁勇基を下げて西村、69分には蜂須賀を下げて中野を投入し、より攻撃にリスクをかける。 ▽一方、後半も粘り強い戦いでリードを保つ横浜FMは、いずれも接触プレーで足を気にしていた齋藤、前田を諦め、73分に扇原、山中をピッチに送り出す。 ▽拮抗した展開が続く中、75分過ぎにスコアが動く。76分、左サイドからのクロスをゴール前の石原が右足で丁寧に落とし、これを奧埜がシュートするが、GK飯倉の圧巻の反応に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーの三田がアウトスウィングで入れたボールをゴール前フリーの大岩が頭で流し込み、仙台が同点に追いついた。 ▽その後、奧埜に代えてクリスランを投入し、さらに前がかる仙台が勝ち越しゴールを目指して攻勢に出る。しかし、試合終了間際に中野の右クロスから訪れたクリスランの決定機は、ヘディングシュートが枠を捉え切れず、試合は1-1のままタイムアップ。積極的な戦いで追いついた仙台が、連敗をストップ。一方、逃げ切り失敗の横浜FMはホームで連勝のチャンスを逃した。 2017.05.20 16:08 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース