横浜FM、DF高野遼とプロA契約締結…「まだまだスタートライン」2017.04.19 17:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜F・マリノスは19日、DF高野遼(22)とのプロA契約締結を発表した。4月12日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節のヴィッセル神戸戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。

▽神奈川県出身の高野は、日本体育大学を経て、2015年に湘南ベルマーレ、2016年に横浜FMへと特別指定選手として入団。2017年シーズンに横浜FM入団が正式内定した。高野はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「この度、A契約を締結することができ、素直に嬉しい気持ちです。まだまだスタートラインに過ぎないので、より一層、チームの為、自分の為、日々取り組んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪が横浜FM撃破で3位死守! 清武圧巻1G1Aに25歳杉本がバースデー弾で得点ランクトップタイに!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節、横浜F・マリノスvsセレッソ大阪が日産スタジアムで行われ、アウェイのC大阪が4-1で勝利した。 ▽AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場を目指す5位の横浜FM(勝ち点55)と、3位のC大阪(勝ち点57)による注目の上位対決。今月2日にモンバエルツ監督の今季限りでの退任が発表された横浜FMは、指揮官の花道を飾るうえでも3位以内でのフィニッシュを目指す。今節に向けてはスタメン3人を変更し、4試合ぶりに松原が復帰。また、ケガ明けのウーゴ・ヴィエイラが久々のベンチ入りを果たした。 ▽一方、今月4日にルヴァンカップ決勝を制しクラブ史上初タイトルに輝き勢いに乗るC大阪は、そのルヴァンカップ決勝と同じスタメンで敵地での上位対決に臨んだ。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ホームの横浜FMが早い時間帯に先制点を奪う。13分、相手陣内中央左で下平からマイナスのパスを受けたダビド・バブンスキーが前向きに仕掛けて右足を振り抜くと、低い弾道の強烈なシュートがGKキム・ジンヒョンの手を弾いてゴール右隅に突き刺さった。 ▽バブンスキーの第2節以来、8カ月ぶりの今季3点目で先手を奪った横浜FMは、その後も勢いに乗って追加点を目指す。対するC大阪は20分にボックス内に抜け出した杉本が際どいシュートを放つと、徐々に攻勢を強めていく。32分には右サイドでの崩しから清武のパスに抜け出した杉本に再び決定機も、再びGK飯倉の好守に遭う。 ▽前半終盤にかけては攻撃のギアを上げたC大阪が完全に押し込む。35分には柿谷のお膳立てから杉本、39分にはソウザがミドルシュート、前半終了間際にも柿谷がシュートを放つが、いずれもGK飯倉に防がれた。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。立ち上がりから攻勢に転じるC大阪は柿谷や清武がGK飯倉にセーブを強いていく。一方、守勢が続くホームチームは59分にバブンスキーを下げてよりカウンターに適したマルティノスを投入する。 ▽相手守護神・飯倉の牙城をあと一歩で崩し切れないC大阪だったが、セビージャ帰りの46番が圧巻のポテンシャルをようやく発揮する。まずは64分、ボックス左角付近で仕掛けた丸橋から短い横パスを受けた清武がボックス左で左足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに決まり、同点に追いつく。直後の68分にはボックス左角でボールを受けた柿谷が浮き球のパスで折り返すと、これを清武が見事なワンタッチのバックヒールでゴール前に流すと、最後は古巣対戦の水沼が冷静に左足で蹴り込み、瞬く間に逆転に成功した。 ▽清武の圧巻の1ゴール1アシストで試合を引っくり返したC大阪は、今度は日本代表帰りのエースストライカーが魅せる。70分、右CKの場面でキッカーの丸橋が左足インスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだ杉本が頭で合わせ、25歳のバースデーを自ら祝い、浦和レッズFW興梠に並ぶ今季20点目で得点ランキングトップに立った。 ▽その後、ホームで負けられない横浜FMは伊藤を下げてウーゴ・ヴィエイラを投入。対するC大阪は殊勲の清武を下げて山村を投入。この交代で4バックから5バックに変更し、逃げ切り体勢に入る。 ▽その後、試合終盤の87分にはC大阪の右CKの場面で3点目と似たような形から丸橋と杉本のラインが開通すると、ヘディングシュートはGK飯倉に弾かれるも、こぼれ球をマテイ・ヨニッチが流し込み、試合を決定付ける4点目を奪った。そして、横浜FMとの上位対決を制したC大阪が、リーグ4連勝で3位の座をがっちりとキープした。 2017.11.18 16:36 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMvsC大阪に仮面女子が登場! 18日から『BFBチャンピオンズ2.0』とコラボ開始!

▽『BFBチャンピオンズ2.0 〜Football Club Manager〜』(以下、『BFBチャンピオンズ2.0』)を配信する株式会社サイバードは14日、11月中に実施する仮面女子コラボでゲーム内に登場するメンバー11人と、コラボ開始日が決定したことを発表した。 ▽『BFBチャンピオンズ2.0』は、18日(土)から仮面女子とコラボを開始。仮面女子随一のサッカーファンである北村真姫さんが選定したメンバー11名も発表された。 【ゲーム内登場メンバー】 桜雪、黒瀬サラ、小島夕佳 神谷えりな、川村虹花、楠木まゆ 立花あんな、窪田美沙、北村真姫 桜のどか、月野もあ ▽また、コラボ開始日である11月18日(土)には、明治安田生命J1リーグ第32節の横浜F・マリノスvsセレッソ大阪が行われる日産スタジアムに登場!BFBチャンピオンズ2.0特別ブースが出店され、プレゼントがもらえるミニゲームや記念撮影ができる仮面女子3D選手パネルの設置が予定されている。 ▽さらに、スタジアム内トリコロールステージには仮面女子から川村虹花 楠木まゆ 北村真姫 森カノン 坂本舞菜の5人のメンバーが登場し、ミニライブを実施する。 2017.11.14 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラが再来日 前月10月に負傷で一時帰国

▽横浜F・マリノスは14日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの再来日を発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは10月14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦で右ヒザを負傷。治療のため、一時帰国していた。 ▽クラブによれば、ウーゴ・ヴィエイラは13日に再来日。本日14日よりチームに合流するという。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは今シーズンから横浜FMでプレー。ここまでJ1リーグ23試合に出場してチームトップの10ゴールをマークしている。 2017.11.14 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM電撃発表! エリク・モンバエルツ監督が今季限りで退任

▽横浜F・マリノスは2日、エリク・モンバエルツ監督(62)の今シーズン限りでの退任を電撃発表した。 ▽フランス人指揮官のエリク・モンバエルツ監督は、2015シーズンから横浜FMを指揮。現時点までチームにタイトルをもたらすことこそできていないものの、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5位につけてAFCチャンピオンズリーグ出場権争いに導き、天皇杯でもベスト4に進出する手腕を発揮している。 ▽なお、後任に関しては現時点で未定。3年間にわたって率いてきた横浜FMを去ることになったエリク・モンバエルツ監督は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズンをもって横浜F・マリノスを離れることとなりました。この数年間、日本で働くことができたこと、また日本文化に触れることができたことは、素晴らしい経験でした。結果が出なく苦しんだときもありましたが、選手やファン・サポーターのみなさまと素晴らしい思い出を共にすることもできました」 「しかし、いまはそんな思い出に浸ることなく、チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです。個人そしてチームレベルでたくさんの改善がみられていますので、我々がその目標を達成できると信じています」 我々の選手たちをサポートしてくれるファン・サポーターのみなさまに深く感謝いたします。みなさまの応援は我々に最後まで戦い抜くためのエネルギーを与えてくれます。ぜひスタジアムでシーズン最後の瞬間まで共に戦いましょう。みなさまからの全ての応援に心より感謝申し上げます」 2017.11.02 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田が川又の2発で横浜FMを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが29日にエコパスタジアムで行われ、2-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで14勝9分け7敗で6位の磐田(勝ち点51)と同16勝7分け7敗で3位につける横浜FM(勝ち点55)が相まみえた。ホームの磐田は、2-2で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦から出場停止の高橋に代えて小川を起用する1点を変更。対する横浜FMも、3-2で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からマルティノスの代わりに遠藤を起用する1カ所を変更している。 ▽強い雨が降る中で始まった試合は、立ち上がりに横浜FMが決定機を迎える。3分、ボックス右で仕掛けた天野のクロスに正面でフリーとなった伊藤が合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠に飛ばすことができず、ゴール左へ。横浜FMが先制の絶好機を逸する。 ▽前半の半ばにかけては、拮抗した堅い展開で推移する。そんな中、30分に試合の均衡を破ったのは横浜FMだった。伊藤のパスからボックス右で仕掛けた遠藤が森下に倒されてPKを獲得。このPKでキッカーの伊藤が放ったシュートは一度、GKカミンスキーに防がれるも、こぼれ球を自ら詰めて先制点をもたらした。 ▽しかし、磐田もここから反撃。すると、40分に同点に追いついた。ペナルティアーク付近でボールを受けた川又がDFを背負いながらも反転してミドルシュート。DFにディフレクトしたボールがゴール右に決まり、磐田が試合を振り出しに戻した。 ▽迎えた後半、先にゴールへ迫ったのは磐田だった。52分、ペナルティアーク右付近で川又が倒されて得たFKで、キッカーはもちろん中村。十八番の浮かせて巻くボールを蹴ると予想される中、中村はジャンプした壁の下を狙う。これがうまく抜けてゴールに飛んだが、右ポストに弾かれて2点目とはならなかった。 ▽攻勢に出る磐田は63分にもチャンスをつくる。ペナルティアーク付近でアダイウトンが落としたボールに素早く反応した攻撃参加中の大井がボレー。このシュートが枠を捉えるが、GK飯倉の好セーブに遭う。 ▽それでも、65分にはゴールを挙げる。味方からのバックパスをGK飯倉がトラップミス。これをボックス左付近で拾ったアダイウトンが縦に仕掛けて折り返すと、正面の川又が無人のゴールに流し込み、磐田が逆転した。 ▽さらに磐田は67分、左サイドからのFKで意表を突いて直接狙った中村のシュートが左ポストに直撃。一方の横浜FMは77分には天野、遠藤を下げて富樫、イッペイ・シノヅカを入れて同点弾を狙う。 ▽土砂降りの雨になった終盤は比較的オープンな展開で進むも、ゴールは生まれずにそのまま終了。磐田がリーグ6戦負けなしとした一方、横浜FMは4戦ぶりの黒星で逆転優勝が絶望的となっている。 2017.10.29 16:58 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース