チェルシーDFダビド・ルイス、ユナイテッド戦黒星も気落とさず…「前を向かなければ」2017.04.19 16:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスが、クラブの公式サイトでコメントした。先日のユナイテッド戦と今後のタイトル争いに向けて、前向きな言葉を残している。

▽チェルシーは、16日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-2で落とし、直近のリーグ4試合で2敗目。第29節終了時点で、2位のトッテナムと10ポイント差あった勝ち点差も「4」に縮まり、優勝決定的とみられていたムードにも陰りが見え始めている。

▽ダビド・ルイスはクラブの公式サイトで、同クラブのスペイン人MFマルコス・アロンソの欠場が勝敗を分けたかと問われると、以下のようにコメントした。

「このようなことはいつだって起こり得ることだ。彼(マルコス・アロンソ)は体調がすぐれなかった。彼の欠場がチームに影響を与えたなんてことはないよ。勝てなかったのは僕たちが良くなかったからだ。以前のようなチェルシーではなかったね。ユナイテッドは上手くやっていたよ。彼らは勝つに値するチームだった」

▽ダビド・ルイスはさらに、ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めたシーンで、同クラブのペイン代表MFアンデル・エレーラがハンドをしていたことについても言及した。

「僕はそれ(エレーラのハンド)を見たよ。でも、審判からは見えなかったようだね。だけどそれは時々起こることなんだ。僕たちは審判をどうこう言うことはできない。僕らだってミスをするんだからね。それが敗因だとは思ってないよ」

▽最後に、ダビド・ルイスはリーグ終盤のタイトル争いについて意気込みを語った。

「トッテナムは非常に上手くやっているね。でも、今リーグのトップに立っているのは僕たちだ。まだ多くの試合が残っている。前を向いていかなければならない」

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワ、チェルシーデビュー果たしたモラタの今後に期待「能力はある」

チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、FWアルバロ・モラタのデビューについて語っている。<br><br>チェルシーは25日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバイエルンと対戦。前半に3失点を許し、2-3で敗れている。クルトワは試合後、『Goal』の記者に対して「前半が良くなかった。簡単に3失点を喫してしまったからね。でも後半は良くなったね。だからこそ2点を奪えた」と話し、試合を総括している。<br><br>また、この試合では後半から新加入のモラタが途中出場し、チェルシーデビューを飾った。クルトワはこのように話し、期待をうかがわせた。<br><br>「彼はまだチームに来てから数日だ。僕らのスタイルを学ばないといけない。でも危険な存在だし、能力はある。とても良いストライカーだし、これから多くのゴールを決めてくれるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.26 09:19 Wed
twitterfacebook
thumb

SNSで中国侮辱のケネディ、プレシーズンツアーから一足早く帰国

▽イギリス『BBC』は25日、チェルシーのU-23ブラジル代表MFケネディが遠征先からイングランドに一足早く帰国したと報じている。 ▽ケネディは22日、中国の北京国家体育場で行われたアーセナル戦の前に自身のSNSを更新。その内容が問題となっていた。 ▽スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、その内容は中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたものと、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”とのことだ。 ▽なお、同選手はそれらの投稿を既に削除して謝罪しているが、この投稿を受けて、ケネディはアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングを受けたという。 ▽インターナショナル・チャンピオンズカップに参加しているチェルシーは今後、29日にインテルとの最終戦を戦う。 2017.07.26 02:29 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組ブライトン、チェルシーからU-20イングランド代表FWブラウンを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、チェルシーからU-20イングランド代表FWイザイア・ブラウン(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽WBAでプロデビューを飾ったブラウンは、2013年にチェルシーに完全移籍で加入。2014-15シーズンには同クラブでプレミアデビューを果たすも、その翌シーズンにはフィテッセ、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム、ハダースフィールドへのレンタル移籍を繰り返していた。なお、ハダースフィールドでは公式戦21試合に出場し5ゴールを挙げ、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽また、セカンドトップを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす多彩なアタッカーは、イングランドの世代別代表の常連でもある。 2017.07.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテとのタッグを熱望したモラタ、念願のチェルシー移籍に「運命が僕らを結びつけた」

今夏チェルシーに移籍したFWアルバロ・モラタは、アントニオ・コンテ監督の下でプレーすることは&ldquo;運命&rdquo;だったと語っている。<br><br>モラタは先週、レアル・マドリーからチェルシーにクラブ史上最高額の7000万ポンド(約101億円)で移籍。新シーズンから9番をつけてスタンフォード・ブリッジでプレーすることが決まっている。<br><br>2014年にモラタは、当時ユベントスを率いていたコンテ監督の誘いでイタリアに渡ったものの、直後に同指揮官が退団。そのため、モラタはコンテ監督の下でプレーする機会には恵まれなかった。以前、同指揮官の下でのプレーを熱望すると明かしていたスペイン代表FWは、このチャンスを手に入れたことに興奮しているようだ。<br><br>モラタは、クラブの公式サイトで「過去にアントニオが僕の獲得を望んでいたことを知っているし、僕もアントニオの下でプレーしたいと思っていた。そしてついに運命が僕たちを結び付けたと思っている。彼とチェルシーのためにプレーすることを待ちきれない」と移籍した心境を語り、以下のように続けている。<br><br>「彼が2014年にイタリア代表指揮官になってしまった時は失望していた。その後ユベントスで良いシーズンを過ごせたけれど、彼の下でのプレーを強く望んでいた。彼は多くの戦術を採用しているが、そのシステムでどのようにプレーすれば良いか理解している」<br><br>「これは完璧なシチュエーションだ。プレミアリーグでプレーする決断をして、アントニオのチームでプレーできる。今はチームのためにハードワークを続け、得点を挙げ、良いプレーをすることが必要だ。ここには良い選手が多くいて、特別な1年になると信じている。僕たちはレアル・マドリーやバルセロナが相手でも勝利できると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ミュラーの2Gなど3得点を奪ったバイエルンがチェルシーを下し今大会初勝利!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・シンガポールラウンドのチェルシーvsバイエルンが25日にナショナル・スタジアムで行われ、3-2でバイエルンが勝利した。 ▽チェルシーにとって今大会初戦となったこの試合。お馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKクルトワ、3バックにはアスピリクエタ、ケイヒル、A・クリステンセンが入った。中盤のウイングバックにはモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFはカンテとセスクが務めた。前線にはボガ、ウィリアン、バチュアイが起用された。注目の補強となったモラタはベンチスタート。バカヨコは招集外となった。 ▽一方、中国ラウンドで既にアーセナルとミランと対戦しているバイエルンは、[3-5-2]のフォーメーションを採用。GKシュターケに、ディフェンスラインはフンメルス、ラフィーニャ、フリードルが固めた。中盤の5人はハビ・マルティネス、トリッソ、リベリ、レナト・サンチェス、ハメス・ロドリゲスが並び、2トップにはミュラーとレヴァンドフスキが入った。 ▽試合はここまで全敗のバイエルンがあっさり先制する。6分、ボックス手前右の位置でボールを持ったラフィーニャが、そこから思い切りよくミドルシュートを放つ。相手DFを微妙に掠めたシュートは、左ポストに跳ね返りゴールへ吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したバイエルンはその6分後、簡単に2点目をあげる。ドリブルでボックス左に侵入したリベリがファーサイドにクロスを供給。すると、そこにタイミング良く入ってきたミュラーがボレーで合わせネットを揺らした。 ▽圧倒的にバイエルンの流れの中、26分にも追加点が生まれる。ミュラーがハーフウェイライン付近でボールを奪うと、カウンター気味にそのままドリブルでペナルティアーク手前まで運ぶ。チェックが弱いとみるやそこからシュートを選択。うまくコースを突いたシュートは、GKクルトワも触れることができず、前半だけで3点をもぎ取った。 ▽予期せず3失点を喫してしまったチェルシーも前半のうちに1点を返す。前半アディショナルタイムに入った48分、ボックス右深くまで攻め込んだモーゼスがグラウンダーのクロス。このボールにゴール前で誰も触れず、ファーサイドのマルコス・アロンソの下へ。マルコス・アロンソはこれをダイレクトシュート。得意の左足から放たれたシュートは強烈な勢いでネットに突き刺さった。 ▽迎えた後半、均衡した試合展開の中でチェルシーは63分に注目の新戦力モラタをボガに代えて投入。少しずつ流れを引き戻そうとするチェルシーは72分、セスクのロングパスからバチュアイが落とし、最後はウィリアンがシュート。しかし、ミートしきれなかったシュートはゴールの上を越えていった。同じく72分、A・クリステンセンに代わって入ったダビド・ルイスがボックス手前中央からミドルシュートを狙うが、相手に当たり枠を外れる。 ▽試合も終盤に入った85分、チェルシーが1点差に詰め寄る。左CKの場面でキッカーのセスクがクロスを入れると、ゴール前のバチュアイが押し込んで2点目をもたらした。 ▽チェルシーは3点目を狙いに攻勢に出たが、試合はこのまま終了。前半だけで3点を奪ったバイエルンがそのまま逃げ切りに成功し、3-2のスコアで今大会初勝利を収めた。 2017.07.25 22:58 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース