チェルシーDFダビド・ルイス、ユナイテッド戦黒星も気落とさず…「前を向かなければ」2017.04.19 16:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスが、クラブの公式サイトでコメントした。先日のユナイテッド戦と今後のタイトル争いに向けて、前向きな言葉を残している。

▽チェルシーは、16日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-2で落とし、直近のリーグ4試合で2敗目。第29節終了時点で、2位のトッテナムと10ポイント差あった勝ち点差も「4」に縮まり、優勝決定的とみられていたムードにも陰りが見え始めている。

▽ダビド・ルイスはクラブの公式サイトで、同クラブのスペイン人MFマルコス・アロンソの欠場が勝敗を分けたかと問われると、以下のようにコメントした。

「このようなことはいつだって起こり得ることだ。彼(マルコス・アロンソ)は体調がすぐれなかった。彼の欠場がチームに影響を与えたなんてことはないよ。勝てなかったのは僕たちが良くなかったからだ。以前のようなチェルシーではなかったね。ユナイテッドは上手くやっていたよ。彼らは勝つに値するチームだった」

▽ダビド・ルイスはさらに、ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めたシーンで、同クラブのペイン代表MFアンデル・エレーラがハンドをしていたことについても言及した。

「僕はそれ(エレーラのハンド)を見たよ。でも、審判からは見えなかったようだね。だけどそれは時々起こることなんだ。僕たちは審判をどうこう言うことはできない。僕らだってミスをするんだからね。それが敗因だとは思ってないよ」

▽最後に、ダビド・ルイスはリーグ終盤のタイトル争いについて意気込みを語った。

「トッテナムは非常に上手くやっているね。でも、今リーグのトップに立っているのは僕たちだ。まだ多くの試合が残っている。前を向いていかなければならない」

コメント

関連ニュース

thumb

「父親のような存在」セスク、恩師・ヴェンゲルに感謝を告げる

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてインスタグラム(cescf4bregas)を更新した。 ▽バルセロナのカンテラからアーセナルで移ったセスクは、ヴェンゲル監督の下でプロキャリアをスタートさせた。10代の頃からレギュラーに抜擢され、ガナーズの主将を務めるまでに成長。8年間に渡って同クラブでプレーし、バルセロナやチェルシー、スペイン代表でも活躍する選手に飛躍を遂げた。 ▽セスクは20日に発表された恩師の退任を受けて、感謝を告げている。 「あぁ…僕はこんなことを期待していなかった。しかし、これにはヴェンゲルの男としての威厳と、気品さを感じるね。僕は彼から受けた指導とサポート、助言を決して忘れない」 「最初から僕を信頼してくれた人だ。彼には恩がある。父親のような存在で、いつも僕を最高の場所へ押し上げようとしてくれた。アーセン、あなたは全ての尊敬と幸せに値する」 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 2018.04.21 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、昨夏フリーで獲得したウェールズ代表DFへの補償金を支払いへ

▽チェルシーは、昨夏フリーで獲得したウェールズ代表DFに対し、所属元に補償金を支払うこととなったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今回問題となっているのは、ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ。昨年7月に17歳でエクセター・シティからチェルシーへと移籍。プロ契約を結んでいなかった為に、フリーでウェールズの逸材を獲得していた。 ▽アンパドゥは、2016年に15歳10カ月26日でデビュー。エクセターでの最年少出場記録を保持。ウェールズ代表にもすでに招集されており、将来が期待されている。 ▽エクセターは、プロ契約を結んでいなかったものの、その才能が高く評価されているアンパドゥに対し、チェルシーへ補償金を要求。この訴えが実ったようだ。 ▽プロ・フットボール賠償金委員会(PFCC)は、チェルシーに対して声明を発表。「チェルシーはエクセター・シティに対して最初の移籍金8万5000ポンド(約1280万円)を支払うべきである、また、追加で4万5000ポンド(約680万円)も支払うべきだ」とし、「この金額には、最初にプロ契約を結んだ選手において、5試合のファーストチームでの出場と代表チームでの出場が含まれている」と説明。130万ポンドの受け取りが保証され、出場に応じて250万ポンド(約3億8000万円)を受け取ること、さらに移籍した際に20%を受け取ることになるという。 ▽一方で、エクセターのユリアン・タグ会長は、この発表に対し失望感を露わにし、クラブ公式サイトで声明を出している。 「受け取った補償金は移籍金ではなく、飛び抜けた選手へのトレーニングと育成への投資に対して払われるものだ」 ▽チームとして才能ある選手を見出すこと、または生み出すことに対する対価として支払われるべきであると主張し、金額よりもその内容に失望感を露わにした。 2018.04.21 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

交代に怒り爆発のモラタ、試合後にSNSで謝罪「決定的なチャンスを外して…」

チェルシーのFWアルバロ・モラタが、バーンリー戦の交代時に見せた自身の行動を謝罪している。<br><br>19日にチェルシーは、プレミアリーグ第31節で7位バーンリーと対戦。勝ち点を落とせない戦いが続くアントニオ・コンテ監督は、この試合でモラタとオリヴィエ・ジルーという2人のストライカーを先発で同時起用した。試合は、2-1で勝利している。<br><br>しかし、試合中にトラブルも。69分にヴィクター・モーゼスが決勝点を決めた直後の71分、モラタはエデン・アザールと交代に。GKと1対1の場面を外してフラストレーションを溜め込んでいたスペイン代表FWは、交代後にスパイクとすね当てを投げ捨てるなど怒りを露わにしていた。<br><br>物議を醸す行動をとったモラタだったが、試合後に自身のツイッターで後悔と謝罪を綴っている。<br><br>「この勝ち点3は、僕らにとって非常に重要だ。今日の勝利は日曜日の試合(FAカップ準決勝サウサンプトン戦)へ最高の準備になった。ベンチに下がった時にとった行動を謝罪したい。チャンスを逃した時、自分自身に対してものすごく怒りを感じていた」<br><br>コンテ監督は、モラタについて「あの場面で決めきれず、自信にも影響を与えかねないから怒り狂うはずだ」と心境を理解していると言及。続けて「以前は2人のストライカーを同時に起用することは不可能と思っていたが、今日彼らは素晴らしい働きを見せた。70分辺りでアザールを入れるのが良いと判断したが、彼らのプレーに満足している」と得点こそなかったものの、働きを評価している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

モーゼス2G演出のチェルシーが5連勝バーンリーに辛勝! コンテ100試合目を白星で飾り4位スパーズと5ポイント差に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節延期分、バーンリーvsチェルシーが19日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽前節、サウサンプトン相手に2点ビハインドを背負うも“8分間”の逆転劇でリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした5位チェルシー(勝ち点60)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けては未だ厳しい立ち位置にいるが、ミッドウィークの試合で4位トッテナム(勝ち点68)がブライトンと引き分けたため、勝ち点差を縮める格好のチャンスを得た。 ▽直近5連勝で6位アーセナル(勝ち点54)に肉薄する絶好調の7位バーンリー(勝ち点52)のホームに乗り込んだ今回の一戦に向けてコンテ監督はサウサンプトン戦から先発6人を変更。3試合出場停止のマルコス・アロンソやアザール、クリステンセン、ウィリアンらが先発を外れ、プレミア初先発のエメルソン・パルミエリやバカヨコら控えメンバーを起用。さらに、前節途中出場で2ゴールのジルーがモラタと初めて先発から同時起用され、22日に予定されるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦を睨んだ主力温存のメンバー構成となった。 ▽ジルーとモラタを2トップに配し、中盤をカンテのアンカー、ペドロ、バカヨコという逆三角形で構成する[3-5-2]の布陣で臨んだチェルシーは6分にボックス内で足元に収めたジルーが反転シュートを放つなど、積極的な入りを見せる。さらに11分にはペドロからのクサビのパスをジルーが絶妙なフリックでモラタに通すと、このままボックス右まで持ち込んで右足でシュート。しかし、これはGKポープが巧みにコースを消してブロックした。 ▽その後も2トップを起点に良い形で背後を取るシーンが目立つチェルシーは20分に幸運な形から先制に成功する。最終ラインのケイヒルから右サイドのスペースに飛び出すモーゼスにフィードが通る。このままボックス右ゴールライン際まで抜け出したモーゼスが強引に折り返すと、ゴール前でGKとDFケビン・ロングにディフレクトしたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽敵地でリードを手にしたチェルシーは徐々に相手の反撃に遭うも、DFケイヒルらの身体を張った守備で何とか凌ぐと、ここから鋭いカウンターで追加点に迫る。29分にはボックス手前中央で得たFKをペドロ、40分には中央突破したカンテがミドルシュートを狙うが、いずれも枠を捉えることはできず。それでも、難所ターフ・ムーアで安定した試合運びをみせ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ケイヒルのトラップミスからピンチを招くなどややバタ付くチェルシー。それでも、55分には絶好の追加点のチャンスが訪れる。相手CKの二次攻撃をカンテが見事な読みでインターセプト。オフサイドにならないハーフウェイライン手前でカンテの縦パスに抜け出したモラタが相手陣内を独走。ボックス内でGKと一対一になるが、ニアを狙ったシュートはわずかに枠の右に外れ、ベンチサイドの指揮官を含めてアウェイサポーターは思わず頭を抱えた。 ▽すると、ピンチの後にチャンスあり。ここまで攻撃が機能していなかったバーンリーが同点に追いつく。64分、ボックス手前でグズムンドソンが低い弾道の左足ミドルシュートを放つと、これがゴール前の味方バーンズの踵付近に当たって大きくコースが変わりゴール左隅へ突き刺さった。 ▽決定機逸に不運な形での失点と逆境に立たされたチェルシーだったが、早い時間帯に勝ち越しゴールを奪う。69分、左サイドでエメルソンが精度の高いクロスを供給。これを中央のジルーがスコーピオンキックで狙うもわずかに届かない。それでも、ファーサイドに流れたボールをトラップしたモーゼスが冷静にニアサイドに低い弾道のシュートを流し込んだ。 ▽追いつかれた先ほどの展開は避けたいコンテ監督は72分にモラタを下げてアザールを投入。カウンターの鋭さを磨くことで相手の前がかりな攻撃をけん制しつつ、試合を決める3点目を狙いに行く。一方、追いつきたいバーンリーはボークス、ウェルズの投入でゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いたものの、アザールらのボールキープでうまく時計を進めたチェルシーがこのまま逃げ切って2-1の勝利。好調バーンリーに競り勝ってコンテ監督のブルーズ100試合目を白星で飾ったチェルシーは、4位トッテナムとの勝ち点差を「5」に縮めた。 2018.04.20 05:48 Fri
twitterfacebook
thumb

危険タックルのチェルシーDFマルコス・アロンソの3試合出場停止が確定

▽イングランド・サッカー協会(FA)は19日、チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソに対し、3試合の出場停止処分を下すことを発表した。公式サイトが伝えた。 ▽FAの発表によると、マルコス・アロンソは14日に行われたプレミアリーグ第34節、サウサンプトン戦(3-2でチェルシーが勝利)で暴力行為を犯していたとのこと。この行為に対し、3試合の出場停止処分を下すことを決定した。 ▽マルコス・アロンソは、サウサンプトン戦の43分にFWシェーン・ロングのふくらはぎにスパイクの裏を入れる悪質なプレーを行っていた。 ▽処分に対する異議申し立てを行っていたが、18日の聴聞会で棄却されていた。 ▽なお、主審のマイク・ディーンはこのプレーを見逃し、試合中にはお咎めがなかったが、後に行われたビデオ判定の結果、処分が下されることとなった。 ▽今回の処分により、マルコス・アロンソはFAカップ準決勝のサウサンプトン戦、プレミアリーグのバーンリー戦とスウォンジー戦を欠場することになる。 2018.04.19 19:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース