超ワールドサッカー

チェルシーDFダビド・ルイス、ユナイテッド戦黒星も気落とさず…「前を向かなければ」2017.04.19 16:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスが、クラブの公式サイトでコメントした。先日のユナイテッド戦と今後のタイトル争いに向けて、前向きな言葉を残している。

▽チェルシーは、16日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-2で落とし、直近のリーグ4試合で2敗目。第29節終了時点で、2位のトッテナムと10ポイント差あった勝ち点差も「4」に縮まり、優勝決定的とみられていたムードにも陰りが見え始めている。

▽ダビド・ルイスはクラブの公式サイトで、同クラブのスペイン人MFマルコス・アロンソの欠場が勝敗を分けたかと問われると、以下のようにコメントした。

「このようなことはいつだって起こり得ることだ。彼(マルコス・アロンソ)は体調がすぐれなかった。彼の欠場がチームに影響を与えたなんてことはないよ。勝てなかったのは僕たちが良くなかったからだ。以前のようなチェルシーではなかったね。ユナイテッドは上手くやっていたよ。彼らは勝つに値するチームだった」

▽ダビド・ルイスはさらに、ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めたシーンで、同クラブのペイン代表MFアンデル・エレーラがハンドをしていたことについても言及した。

「僕はそれ(エレーラのハンド)を見たよ。でも、審判からは見えなかったようだね。だけどそれは時々起こることなんだ。僕たちは審判をどうこう言うことはできない。僕らだってミスをするんだからね。それが敗因だとは思ってないよ」

▽最後に、ダビド・ルイスはリーグ終盤のタイトル争いについて意気込みを語った。

「トッテナムは非常に上手くやっているね。でも、今リーグのトップに立っているのは僕たちだ。まだ多くの試合が残っている。前を向いていかなければならない」

コメント

関連ニュース

thumb

ランパード、古巣チェルシーに「D・コスタの代わりはすぐには見つからない」と言及

元チェルシーのフランク・ランパード氏は、ジエゴ・コスタが退団した場合、古巣は代役を探すのに苦労するだろうと語っている。<br><br>アントニオ・コンテ監督から戦力を言い渡されたと話したスペイン代表ストライカーは、アトレティコ・マドリー再加入を希望するなど、チェルシー退団に近づいていると考えられている。しかし、アトレティコは今夏、補強禁止処分を科されており、コスタの将来も依然として不透明な状態が続く。<br><br>ランパード氏は『スカイ・スポーツ』で、昨シーズン20ゴールをマークしたストライカーの退団に関するうわさに「誰もが知っているように、彼はファンタスティックなストライカーだ。替えのきかない選手で、間違いなくクラブは代役を探すのに苦労する」と言及。<br><br>続けて「コスタが何を考えているか、クラブから離れたいのかどうか、私には分からない。しかし全てが憶測に過ぎない。もちろん彼が残れば素晴らしいことだ。しかし残らなければ、ワールドクラスのストライカーを連れてこなければならない。彼はフィジカルだけでなく、得点する能力も有している。だから彼の代わりを今すぐに見つけることは難しいだろう」とスペイン代表FWの残留を望んでいる。<br><br>また、補強候補に挙がっているエバートンのロメル・ルカクに関してチェルシーのレジェンドは「キャリアの駆け出しの頃からロメルのことを知っている。彼はクラブに加入した当初、出場機会を得られなかったが、クラブを離れてから急激に成長した。エバートンで多くの得点を挙げたロメルは良いオプションになると思う。しかし、クラブはコスタのようにフィジカルに強く、シーズンに20ゴールを奪える選手の獲得を狙っていると思う」と古巣の補強に関するコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.25 09:03 Sun
twitterfacebook
thumb

戸田和幸氏が選ぶ最優秀監督はコンテ!「崩れないチームの基盤をつくった」《戸田和幸インタビュー③》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2016-17シーズンのプレミアリーグ最優秀監督にチェルシーを優勝に導いたアントニオ・コンテ監督を選出した。 ▽ユベントスやイタリア代表を指揮してきたコンテ監督は、今シーズンからチェルシーのトップチーム指揮官に就任。プレミアリーグ1年目で苦戦が予想されていた中、シーズン途中の[3-4-2-1]システム変更が功を奏したこともあり、プレミアリーグ記録の30勝を挙げる強さを発揮し、チェルシーを優勝に導いた。 ▽戸田氏は、「崩れないチームの基盤をつくった」と、コンテ監督の手腕を高く評価。チェルシーは、9月24日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦を0-3で落とし、当時の直近リーグ3戦で2分け1敗に。これを機にコンテ監督は4バックから3バックへとシステムを本格的に変更し、DFジョン・テリーやDFブラニスラフ・イバノビッチをレギュラー落ちさせた。戸田氏は、決断力あるコンテ監督の采配を称賛している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──2016-17シーズンの最優秀監督はどなたでしょうか</span> 「最優秀監督はコンテ監督で決まりですね。凄いですよ。一発で結果出しましたから。ちゃんとした全体像が間違いなくあって、多分ですが、イングランドだし、前監督のサッカーもあったので様子見で4バックで始めたんだと思います」 「ダビド・ルイスを獲得できた事もありなかなか上手くいかなかったこのタイミングで3バックに変えたのだと思います。思い切って変えて重鎮だった選手も外した。(エデン・)アザールと(ジエゴ・)コスタについては守備を免除させましたが、選手同士の長所と長所を重ね合わせることで守備面を上手にカバーしながら崩れないチームの基盤を作りました。守備面を他の選手に比べて免除している選手には得点を挙げるという明確な役割を与えた。できないことはさせないと、しかしその部分をカバーできる選手をしっかりと置いた」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>4バックから3バック変更のキッカケとなった試合<br /><a href="https://goo.gl/c4K88Y" target="_blank">第6節 アーセナルvsチェルシー</a><hr></div> 「あと、対戦相手の力量や試合展開で(ネマニャ・)マティッチなのかセスクなのかというところで変化を付けながら戦いました。最後にFAカップ決勝で負けたのは残念でしたけどね。素晴らしいシーズンを終えてまた新たな選手が入って来ることになりましたが、どれぐらいバージョンアップするのか非常に楽しみにしています」 「新シーズンはいよいよチャンピオンズリーグ(CL)がありますからね。やはりCLに出るとコンディションの維持にどこも苦労しますか。ですのでチームマネジメントの部分も含めて、新シーズンどれぐらいコンテ監督ができるのか。凄く期待しています」 ▽また戸田氏は、チェルシーに最後まで食い下がったトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督と、惜しくも3位に終わったマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督についても、自身の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>「ポチェッティーノ監督は着実にチームを引き上げてきています。そして監督の求めるものに対して選手が忠実に実践しているチームだと思います。このチームは3バックでも4バックでもプレイすることが出来ます。監督・コーチが要求しているものを素晴らしく能力の高い選手たちがハードワークをベースにしっかりと表現してきました」 「その上で技術が高くて判断力があるのがスパーズだと思います。(クリスティアン・)エリクセンが抜けることがあるかもしれませんがまだ若いチームですから伸びしろはたくさん残っている。それから素晴らしすぎるトレーニング施設を持ち新しいスタジアムも建設中だという事、そして来シーズンも再びCLの舞台が待っている。様々な視点で見てまだまだこれから成長が期待できるチームですし監督としても着実に評価を高めている」 「ポチェッティーノ監督は普段すごく穏やかなんですけど、やるときは一気にスイッチが入る。(練習を見た際に)コーチングなんかも印象に残りましたね」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>スパーズの強さが光った伝統のダービー!<br /><a href="https://goo.gl/RZ6he6" target="_blank">第35節 トッテナムvsアーセナル</a><hr></div> 「グアルディオラ監督は今季の終盤戦でイメージを掴めたのではないでしょうか。年明けから大きな成長を遂げレギュラーポジションを掴んだ(リロイ・)ザネ、(ガブリエウ・)ジェズスもハマった。ジェズスについてはグアルディオラ監督は非常に高く評価をしていると感じます。ジェズスという選手は攻守両面に於いて多くの選択肢を味方に与えることができます。安定したビルドアップを確立することが出来ず今季は相当苦労したと思いますが、監督の獲得を望んでいる選手が最終ラインに連れてくる事が来れば、来シーズンは大きく期待できると思います」 ※25日は、第4弾を公開!戸田氏が注目するマンチェスター・シティのあの若手選手について語る! 2017.06.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コミュニティシールドの一部収益がロンドンのマンション火災被災者へ

イングランドサッカー協会(FA)は、8月6日に予定されているコミュニティシールドのチェルシーvsアーセナルの収益から、ロンドン市内で起こった24階建てのマンション火災への義援金に充てる意向を示した。<br><br>6月中旬、西ロンドンのケンジントンでは24階建てのタワーマンション火災が起こり、少なくとも79人の死亡が確認され、多数の被害者が出ていた。<br><br>新シーズン開幕前後に行われるコミュニティーシールドは前シーズンのリーグ王者、FAカップ王者が戦う一戦として知られ、2017年のカードはチェルシーvsアーセナルというロンドン市内のクラブということもあり、125万ポンド(約1億7500万円)に及ぶ義援金を贈ることが決まったという。<br><br>FA会長のグレック・クラーク氏は「我々はあの悲劇で深く悲しんでいた。コミュニティシールドの試合を通して、サッカー界もサポートの一部になれればと思っている。ロンドンの2大クラブは、ケンジントンから数マイルしか離れていないエリアを本拠地にしている。この悲劇的な喪失を乗り越えるため、地域社会の支援になることを願っている」という声明を発表している。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、85億円でファン・ダイク獲得か

▽チェルシーが、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の獲得に近づいているようだ。市場に精通するジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えた。 ▽昨シーズンに3バックでプレミアリーグを制したアントニオ・コンテ監督は、今夏にセンターバックを補強ポジションに挙げているとみられている。ディ・マルツィオ氏によれば、ファーストチョイスはファン・ダイクとのことで、6000万ポンド(約85億円)の移籍金をサウサンプトンに支払うことで移籍実現が近づいているようだ。 ▽2015年にセルティックからサウサンプトン入りしたファン・ダイクは着実に評価を高め、2016-17シーズンは公式戦30試合に出場した。今夏にリバプールが同選手の獲得に乗り出していたが、不正なアプローチがあったとして、サウサンプトンがリバプール側の調査をリーグに依頼。その後、リバプールはサウサンプトンに謝罪し、ファン・ダイクから手を引いていた。 2017.06.24 11:26 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フランス代表MFバカヨコ獲得で合意か

▽チェルシーが、モナコに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の獲得で合意に達したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた ▽2014年にレンヌからモナコ入りしたバカヨコは、恵まれた体格を生かした守備に特長がある守備的MF。2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献しており、今年3月にはフランス代表デビューも果たした。 ▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督がバカヨコを高く評価しているとのことで、かねてから今夏のターゲットと目されてきた。『デイリー・メール』によれば、チェルシーはついにバカヨコを手中に収めたようで、モナコとは3520万ポンド(約50億円)の移籍金で決着をつけたとのことだ。 ▽なお、バカヨコと同ポジションのチェルシーMFネマニャ・マティッチは、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されている。 2017.06.24 10:52 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース