超ワールドサッカー

チェルシーDFダビド・ルイス、ユナイテッド戦黒星も気落とさず…「前を向かなければ」2017.04.19 16:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスが、クラブの公式サイトでコメントした。先日のユナイテッド戦と今後のタイトル争いに向けて、前向きな言葉を残している。

▽チェルシーは、16日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-2で落とし、直近のリーグ4試合で2敗目。第29節終了時点で、2位のトッテナムと10ポイント差あった勝ち点差も「4」に縮まり、優勝決定的とみられていたムードにも陰りが見え始めている。

▽ダビド・ルイスはクラブの公式サイトで、同クラブのスペイン人MFマルコス・アロンソの欠場が勝敗を分けたかと問われると、以下のようにコメントした。

「このようなことはいつだって起こり得ることだ。彼(マルコス・アロンソ)は体調がすぐれなかった。彼の欠場がチームに影響を与えたなんてことはないよ。勝てなかったのは僕たちが良くなかったからだ。以前のようなチェルシーではなかったね。ユナイテッドは上手くやっていたよ。彼らは勝つに値するチームだった」

▽ダビド・ルイスはさらに、ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めたシーンで、同クラブのペイン代表MFアンデル・エレーラがハンドをしていたことについても言及した。

「僕はそれ(エレーラのハンド)を見たよ。でも、審判からは見えなかったようだね。だけどそれは時々起こることなんだ。僕たちは審判をどうこう言うことはできない。僕らだってミスをするんだからね。それが敗因だとは思ってないよ」

▽最後に、ダビド・ルイスはリーグ終盤のタイトル争いについて意気込みを語った。

「トッテナムは非常に上手くやっているね。でも、今リーグのトップに立っているのは僕たちだ。まだ多くの試合が残っている。前を向いていかなければならない」

コメント

関連ニュース

thumb

今季で退団のテリー「私の時間は終わった。次の世代に託す」...ケーヒルを次期主将に指名

今シーズン終了後のチェルシー退団を発表しているジョン・テリーは、ギャリー・ケイヒルが次期キャプテンに相応しいと会見で語っている。<br><br>ケイヒルは、テリーの代わりにキャプテンマークを巻き、レギュラーとして今シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献。また、セサール・アスピリクエタも主将としてFAカップ準決勝のトッテナム戦に出場していた。長年チームキャプテンを務めたたテリーは、両選手が今後のチームを引っ張ると考えているようだ。<br><br>14歳で加入したクラブからの退団を表明した元イングランドDFは「私がいなくても問題ない。ギャス(ケイヒル)、セサール、セスク(・ファブレカス)はチームをまとめられるだけの能力がある」と話し、以下のように続けている。<br><br>「私の時間は終わった。もう忘れよう。今は次の世代がこのクラブのために勝利を重ね、タイトルを保持し続ける時だ。私はもういない。いつかここに帰れる時が来ることを願っている。次のキャプテンはケイヒルが務めるべきだ。監督が彼にキャプテンマークを渡しても、その役割を全うできると証明した。全試合にほぼフル出場した彼は腕章を巻くにふさわしい選手だ。パフォーマンスだけでなく、他の面でも素晴らしい人間だ」<br><br>また、引退か現役続行かいまだはっきりしないテリーは「少しだけフットボールから離れる。今後についてはまだ何も決めていない。プレーすることを愛していて、まだまだできると思っている。体力的にはまだまだやれるはずだ。38、39、40歳だったら、辞めるかもしれないが、まだトップレベルでプレーできるはず。トップでプレーすることが重要だと思っている。でもさまざまな選択肢が残されたままだ」と今後について述べている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが安全面配慮で優勝パレードを中止「不適切だと判断」

チェルシーが28日に開催する予定となっていた優勝パレードを中止することを発表した。<br><br>チェルシーは2016-17シーズンのプレミアリーグを制覇。27日のFAカップ決勝戦で勝てば2冠達成となる。FAカップ決勝戦の翌日に優勝パレードを計画していたが、マンチェスターで22日にテロ事件が発生した。そのため安全面に配慮してパレードを行わない決断を下した。<br><br>クラブは公式サイト上に声明文を掲載。「月曜日に起こったマンチェスターでのテロ攻撃を受け、チェルシーフットボールクラブより心からのお悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表明し、「優勝パレードの敢行は不適切だと判断」したことを伝えた。<br><br>続けて、「地元の警察や議会、また関係各所との協議の上、たとえ安全性に細心の注意を払ったとしても、不特定多数の集まる大規模なイベントをロンドン市街地で行うことは不用意と考えるのが自然かと思われます」と中止の理由を説明した。<br><br>また、FAカップ決勝戦において喪章の着用と犠牲者支援として募金活動を行うことも併せて発表した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 14:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、チェルシーからレンタル中のFWアツを完全移籍で獲得! チェルシーでは出場機会ゼロ

▽ニューカッスルは24日、チェルシーからレンタル移籍で加入していたガーナ代表FWクリスティアン・アツ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。なお、移籍金に関しては明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は620万ポンド(約9億円)と推定している。 ▽今シーズン、チェルシーからのレンタル移籍でチャンピオンシップ(イングランド2部)のニューカッスルに加入したアツは、リーグ戦32試合に出場し、5ゴールを記録。チームのチャンピオンシップ優勝及び、1年でのプレミアリーグ復帰に貢献していた。 ▽ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、アツの完全移籍での獲得に満足感を示している。 「我々は良いプレーヤーとサインすることができて満足している。彼は非常に勉強熱心で自らの成長に積極的で素晴らしいプロフェッショナルであることを我々に示してくれた」 「クリスティアンは我々の昇格を目指す戦いにおいて非常に重要な存在だった。そして、彼は我々が今後何かを成し遂げるために助けになりたいと言ってくれている」 ▽2013年にポルトからチェルシーに加入したアツだが、同クラブのトップチームでの出場機会はなく、フィテッセやエバートン、ボーンマス、マラガと毎年のようにレンタル先を渡り歩いてきたが、今回の完全移籍でようやく安住の地を見つけたようだ。 ▽なお現在、アツはイギリスの労働許可証取得を再志願しており、これが認められた後、正式にマグパイズの一員となる。 2017.05.25 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

元チェルシーFW「テリーは最高のDFでお手本にすべき存在」レジェンドの退団を惜しむ

かつてブラックバーンやチェルシー、セルティックなどででプレーし、97-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経歴を持つFWクリス・サットンが、今季限りでチェルシーを去る元同僚のジョン・テリーについてイギリスのTV局『BT Soort』で言及した。<br><br>「ジョンは僕が知る限り最高のDFだった。同世代のリオ・ファーディナンドも憧れの存在になり得る素晴らしいDFだったが、ジョンは守備においてすべての能力が秀でていて、瞬時の判断力が素晴らしかった。まさにマスターと言える存在だったね」<br><br>また、サットンは「私がジョン・ストーンズだったら、テリーをしっかり見て学ぶことを決めただろう。彼はお手本にすべきDFだからね」と続け、テリーがイングランド代表のDFとして模範的な存在であることを強調している。<br><br>リーグ最終節のサンダーランド戦で26分に途中交代をしたセレモニーについては、「リーグ公式戦であれは奇妙な展開だったし、手放しで称賛される内容ではなかった。偉大な選手にはもっと異なる形で惜別の機会を与えるべきだと思う」と発言。テリーのチェルシー退団を惜しみながらも、リーグ戦最終節の途中交代に苦言を呈した。<br><br>また、テリーに他のクラブへの移籍話が浮上していることについては「彼のリーダーシップがあればどこだってできると思う。ただ、年齢的な衰えを考えると、テリーのクオリティが下がっているところは見たくないよね」と、独自の見解を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのコンテが2冠へ意気込み「シーズンが終わったと考えるのは危険」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督はリーグ戦終了直後からFAカップ決勝戦への強い気持ちを語っている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>プレミアリーグは21日、第38節が行われ、今季リーグ戦の全日程が終了した。チェルシーは最終節のサンダーランド戦後に優勝カップを掲げ、2シーズンぶりのプレミアリーグ制覇を祝った。コンテ監督はリーグ戦終了直後から、すでにFAカップへと気持ちを切り替える発言を行っている。<br><br>「シーズンが終わったと考えるのは我々にとって本当に危険なことだ。(FAカップの)決勝で勝とうが負けようがこの状況は変わらない。だが我々は敗者ではなく勝者として考えなければならない。家族やファンとともにこの瞬間を楽しみ、今日のように勝利を祝うことは重要だ。今季は簡単ではなかったからこのタイトル獲得を祝うんだ。だが、明日になれば最高のシーズンにするんだということを懸命に説明する。今はFAカップを勝ち取ることができれば最高のシーズンにできると思っている」<br><br>チェルシーは27日、今季2冠を目指し、FAカップ決勝戦でアーセナルと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 06:50 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース