チェルシーDFダビド・ルイス、ユナイテッド戦黒星も気落とさず…「前を向かなければ」2017.04.19 16:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのブラジル代表DFダビド・ルイスが、クラブの公式サイトでコメントした。先日のユナイテッド戦と今後のタイトル争いに向けて、前向きな言葉を残している。

▽チェルシーは、16日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-2で落とし、直近のリーグ4試合で2敗目。第29節終了時点で、2位のトッテナムと10ポイント差あった勝ち点差も「4」に縮まり、優勝決定的とみられていたムードにも陰りが見え始めている。

▽ダビド・ルイスはクラブの公式サイトで、同クラブのスペイン人MFマルコス・アロンソの欠場が勝敗を分けたかと問われると、以下のようにコメントした。

「このようなことはいつだって起こり得ることだ。彼(マルコス・アロンソ)は体調がすぐれなかった。彼の欠場がチームに影響を与えたなんてことはないよ。勝てなかったのは僕たちが良くなかったからだ。以前のようなチェルシーではなかったね。ユナイテッドは上手くやっていたよ。彼らは勝つに値するチームだった」

▽ダビド・ルイスはさらに、ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めたシーンで、同クラブのペイン代表MFアンデル・エレーラがハンドをしていたことについても言及した。

「僕はそれ(エレーラのハンド)を見たよ。でも、審判からは見えなかったようだね。だけどそれは時々起こることなんだ。僕たちは審判をどうこう言うことはできない。僕らだってミスをするんだからね。それが敗因だとは思ってないよ」

▽最後に、ダビド・ルイスはリーグ終盤のタイトル争いについて意気込みを語った。

「トッテナムは非常に上手くやっているね。でも、今リーグのトップに立っているのは僕たちだ。まだ多くの試合が残っている。前を向いていかなければならない」

コメント

関連ニュース

thumb

FA杯決勝進出もセスク「気の抜けない試合がある」25日のサウサンプトン戦に意気込む

現地時間22日に行われたFAカップ準決勝、チェルシーvsトッテナムはチェルシーが4-2で勝利を収めた。この試合で後半途中からピッチに登場したMFセスク・ファブレガスが勝利の喜びを語るとともに、直後に控えているリーグ戦に意欲を示した。<br><br>「今日の試合でFAカップ決勝に進むことができたのはとても大きなことだ。スパーズは手強いチームだし、勝ち上がることができてハッピーだと思う。僕らはヨーロッパでのカップ戦がなかったし、日程的にも現有戦力で実戦を想定したトレーニングに集中できたことが大きかった」<br><br>FAカップ準決勝で勝利したことを喜ぶ一方で「ただ、それ以上に気が抜けない試合は火曜日に控えている。この試合で勝つことで、リーグタイトルに弾みを付けられるはずだ」と続け、25日に控えているプレミアリーグ第34節のサウサンプトン戦に向けて意気込んでいる。<br><br>チェルシーは現在、勝ち点75でプレミアリーグ首位に立っているが、2位トッテナムとは勝ち点4差に詰められている状況だ。25日にホームで行われるサウサンプトン戦で勝ち点の取りこぼしは許されない。セスクは優勝に向けてサウサンプトン戦の勝利が必須と見ているようだ。<br><br>サウサンプトンには日本代表DF吉田麻也が守備陣で大きな役割を担っている。果たして、優勝に向けて首位を快走するチェルシー攻撃陣といかなるマッチアップを見せるのか、25日の大一番は今シーズンのプレミアリーグの優勝の行方を占う一戦となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 19:23 Sun
twitterfacebook
thumb

スーパーゴールのマティッチ「これは2番目に素晴らしいゴール。1番は…」

チェルシーに所属するMFネマニャ・マティッチは、トッテナム戦でチーム4点目となるスーパーゴールを決めた喜びを『BBC』のインタビューで語っている。<br><br>22日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ準決勝トッテナム戦で、チェルシーが3-2でリードして迎えた80分にマティッチがペナルティエリアの外から左足を振りぬいた一撃はチェルシーの勝利を決定づける大きな1点となった。しかし、350日ぶりのゴールを挙げたセルビア代表MFは、これが自身のベストゴールではないと考えているようだ。<br><br>「素晴らしいゴールを決めた。でもまずはチームが勝てたことが一番で、これでファイナルへ駒を進められる。彼らは非常に良いチームでとても難しい試合だった。最後まで諦めなかったスパーズによくやったと労いたい。もちろんゴールを決めたことはうれしいし、あれはスーパーゴールだ。でも僕にとってのベストゴールは、ベンフィカ対ポルトのダービーで決めたシュートだ。これはその次にベストなゴールだと思う」<br><br>「このスタジアムでプレーできるチャンスがあるなんて素晴らしいことだ。サポーターも良い瞬間が見られたと思う。トロフィーを獲得できるチャンスができてとても興奮している。もちろんこの勝利は大きな自信につながる。そして早く回復し、火曜日の試合(サウサンプトン戦)に臨みたい」<br><br>一方、後半から途中出場し、決勝点をマークしたエデン・アザールは「フットボーラーなら全部の試合でプレーしたいはずだ。でも監督はウィリアンを起用するという偉大な決断に踏み切った。彼はその期待に応え、2ゴールを奪ったんだ」とアントニオ・コンテ監督の判断に理解を示した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

FAカップ敗戦を悔やむトッテナムのポチェッティーノ監督「試合を支配していたが…」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、チームが試合を支配していたものの、チェルシーが試合巧者だったと『BBC』のインタビューで話している。<br><br>22日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ準決勝のチェルシーvsトッテナムは、ハリー・ケインとデレ・アリが得点するも、ウィリアンやエデン・アザールらに4ゴールを許し、スパーズは2-4で敗れ決勝進出を逃している。<br><br>試合後、ポチェッティーノ監督は「チェルシー、おめでとう。我々は試合を支配していたが、彼らはより効率的に得点を重ねた」と勝利した相手チームを称え、以下のように続けた。<br><br>「健闘した選手たちを誇らしく感じている。彼らはたった5本のシュートで4ゴールを挙げ、我々はたったの2ゴールだった。あのPKの場面は不運だったが、我々はプレーを続け、スコアを挙げた。なんとか1-2で試合を折り返し、迎えた後半も良いプレーを見せ、得点を奪ったが、すぐに彼らにゴールを許してしまった」<br><br>現在リーグ戦では首位チェルシーと4ポイント差の2位につけるトッテナムは、逆転優勝の可能性を残して26日のクリスタル・パレス戦に挑む。<br><br>アルゼンチン人指揮官は「今は前を向くしかない。彼らの4ポイント後ろを走っていて、次の試合に勝てる準備をするだけだ。何も心配はない。我々はヨーロッパのベストチームの一つと対等に戦えた」とFAカップでの敗戦が今後のリーグ戦に影響する可能性は小さいと考えているようだ。<br><br>さらに「クリスタル・パレス戦もタフな試合になる。この試合を見返して、次の試合までに改善できるよう努める。我々はまだまだ発展途上のチームだ。今シーズンのFAカップ優勝を逃しても、また来季それを目指せばいい。もちろん今はこの敗戦に失望しているが、これがフットボールだ」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

度重なるチェルシー移籍報道に憤るリュディガー、「ローマで満足している」

▽ローマに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(24)が、度重なるチェルシー移籍報道に憤りを見せている。同選手がイタリア『スカイ・スポルト』でコメントした。 ▽2015年にシュツットガルトからローマに加入したリュディガーは、優れた身体能力と戦術理解度を武器に、3バックと4バックを併用するローマの最終ラインの主軸として活躍。だが、シュツットガルト時代からプレミアリーグ向きと評価されていた同選手には、昨夏や今冬にアントニオ・コンテ監督率いるチェルシーやアーセナルへの移籍の可能性が報じられてきた。 ▽リュディガーは一連の移籍報道に関して憤りを見せた。 「イタリアでは全ての事柄に対して、あまりに大げさな報道が目立つ。僕が負傷したときも、多くのメディアは僕がチェルシーに移籍すると報じていた。僕はローマでのプレーに集中しているし、ローマで満足しているんだ」 「それに自分の将来に関して、僕に委ねられているわけではないから何も言うことはないよ。とにかく、ローマでのプレーに集中しているんだ」 ▽チェルシー移籍報道を非難し、ローマ残留を希望するコメントを残したリュディガーだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の問題を抱えるローマは、2017年6月30日までに主力選手を売却し、資金を捻出する必要があると見られており、リュディガーとギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)がその有力候補といわれている。 2017.04.23 14:46 Sun
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝進出も…コンテは「フェアじゃない」とシーズン終盤の試合日程に不満

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、FAカップでトッテナムに勝利したことでタイトルレースを制したと考えるのは間違いで、今後の試合日程が優勝争いに不利に働くと試合後の会見で語っている。<br><br>22日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ準決勝のトッテナムとの一戦は、2-2で迎えた75分にエデン・アザールが決勝点を挙げ、4-2でチェルシーが勝利している。しかしFAカップの決勝進出を決めたコンテ監督は、勝利の喜びを語るのではなく、今後の試合日程に苦言を呈している。<br><br>タイトルレースに関して質問されたイタリア人指揮官は「優勝の確率は&ldquo;フィフティ・フィフティ&rdquo;と前から言っている」と切り出し、以下のように続けた。<br><br>「今週彼らはアドバンテージを持っている。彼らはクリスタル・パレス戦を水曜日に控えているが、我々や日曜日に試合のあるクリスタル・パレスより1日多く休みをとれる。我々は2日と半日を空けて、10日間休みあるサウサンプトンと戦わなければならない。これはとても重大なことだ。時々このように受け入れがたいことがあるが、試合を戦わなければならない」<br><br>さらに、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティは23日に試合を戦った後、27日に同じ日程でダービーを戦えることを例に出したコンテ監督は、スケジュールに関して明らかにイライラした様子で話している。<br><br>「このような状況は理解できない。これはシーズンの一部だが、すでに佳境に差し掛かっている。両チームが同じコンディションでプレーできるようにバランスよく日程を調整する必要がある。我々はこの日程を受け入れなくてはならないが、簡単に納得できるものではない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 13:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース