ユナイテッド、ドルトムントの新鋭O・デンベレに69億円投下か2017.04.19 15:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

▽今夏の攻撃陣補強として、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンやエバートンのFWロメル・ルカクが候補者として取り上げられてきたユナイテッド。どうやら、ドルトムントでブレイク中のフランス人アタッカーにも触手を伸ばしているようだ。

▽伝えられるところによれば、ユナイテッドは争奪戦に敗れた昨夏に続き今夏もO・デンベレに関心。ジョゼ・モウリーニョ監督も能力を評価しているようで、移籍金5000万ポンド(約69億6000万円)で獲得に試みる可能性があるという。

▽O・デンベレは昨夏に多くの欧州クラブが関心を寄せる中、最終的にドルトムント移籍を選択。2016年8月にフランス代表に初選出されるなど、加入初年度ながらブンデスリーガ27試合6ゴール11アシストの活躍を見せている。

コメント

関連ニュース

thumb

キャリック、今季限りの現役引退でコーチ就任へ…モウリーニョが認める

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元イングランド代表MFマイケル・キャリックが今シーズン終了時に現役を引退し、同チームのコーチ陣に加わることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2006年にトッテナムから加入したキャリックは以降、ユナイテッドの中盤に欠かせない選手として活躍。11年間に渡ってチャンピオンズリーグ制覇や5度のプレミアリーグ制覇など数々のトロフィー獲得に貢献してきた。そうした中、12年目を迎える今シーズンは開幕前にエバートンへ移籍した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーから引き継ぐ形でキャプテンに就任。しかし、ここまで負傷や昨年9月頃に患った不整脈の影響で、ここまで出場した試合はEFLカップ(カラバオカップ)の1試合のみとなっている。 ▽そんな中、モウリーニョ監督は、キャリックがコーチ就任を考えているかについて問われ、以下のようにコメントしている。 「キャリックが望む時にはそうなるだろう」 「彼はチームのトレーニングに復帰して2週目だが、この2、3カ月トレーニングをしていなかった」 「我々にとっては重要な選手である。先週ではなく、シーズン終了時にケガやその他の問題以外で引退を決断することは、チームや彼にとって良い決断であると思っている」 「我々は幸せに感じているし、シーズン終了後にを迎え入れることを期待したい。彼の考えが変わらない限りだ。彼がそうしてくれることはクラブにとって喜ばしいことだ。私にとってもね」 2018.01.20 10:38 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月20日は、イングランド在住経験がなかったイングランド代表MF

◆オーウェン・ハーグリーブス 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1981/1/20 クラブ:バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドなど ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月20日は元イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブス氏 ▽イングランド人の父親とウェールズ人の母親を持つハーグリーブス氏。生まれはカナダでカルガリー・フットヒルズというカナダのクラブでサッカーを始めた。1997年にバイエルンの下部組織に入団。2000-01シーズンにトップチームデビューを果たした。 ▽以来すぐにバイエルンでの地位を確立したハーグリーブス氏は、2001年にイングランド代表デビュー。ドイツやカナダ、ウェールズといった国々がオファーを出していたようだが、最終的にイングランドを選択。だが、それまでイングランドに住んだことすらなかったため、マスコミから叩かれた過去もあるようだ。 ▽バイエルンでは公式戦218試合に出場し、リーグ戦やチャンピオンズリーグなどで優勝。数々のトロフィーを獲得した後、2007年5月にユナイテッドに移籍して初めてイングランドで暮らすことになった。 ▽加入1年目の07-08シーズンは、アレックス・ファーガソン監督の下、公式戦34試合に出場。リーグ優勝やチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。しかし、08-09シーズンからは度重なるヒザの負傷で2シーズンのほとんどをを棒に振ると、今度はハムストリングの怪我に悩まされ、結局ユナイテッドでの公式戦出場は39試合に留まった。11-12シーズンはフリーでマンチェスター・シティに移籍。そのシーズン終了後に現役を引退した。 ▽現在は解説者として活躍。バイエルンやユナイテッドのご意見番として様々なメディアに露出している。 ※誕生日が同じ主な著名人 桜井賢(ミュージシャン/THE ALFEE) 上島竜兵(お笑い芸人/ダチョウ俱楽部) IKKO(タレント) 南果歩(女優) 矢口真里(歌手、タレント) 竹内由恵(アナウンサー) カラム・チャンバース(サッカー選手) ホセ・ヒメネス(サッカー選手) 2018.01.20 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのサンチェス獲得交渉が大詰めか?! モウリーニョ「静かにニュースを待つ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がバーンリー戦の前日会見に出席し、同クラブのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)とアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)のトレードについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今冬の去就について注目を集めているサンチェスは、当初濃厚と伝えられていたマンチェスター・シティ移籍から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。オペレーションに関しては、ムヒタリアンとのトレードの可能性が伝えられており、つい先日にはアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も「起こりそうだね」と語るなど一層の現実味を帯びている。 ▽モウリーニョ監督は、20日に行われるプレミアリーグ第24節バーンリー戦の前日会見に出席。「静かにニュースを待つ」と語り、交渉の大詰め段階にあることを仄めかした。 「誰もが把握していると思うが、アーセナルの監督が非常にクリアに語っている時に、隠したり否定しようとすることに意味はない。だが、(交渉は)全く決定していないんだ」 「この瞬間も(ヘンリク・)ムヒタリアンは私たちのプレーヤーであり、(アレクシス・)サンチェスはアーセナルの選手だ。そして、明日には試合が控えているため、私は(移籍交渉に関する)スイッチをオフにして最も重要なことに集中したい。それは試合だ」 「(交渉がムヒタリアンに依存しているかどうかは)知らない。時より人々は、交渉に多くの監督たちが関わっていると考える。私はそれはクラブのプロフィール、仕事の確立方法に依存することだと考えている。交渉の時には私は外に出ているのが好きだね。席を離れているし、静かにニュースを待つよ。それ以上はない」 「いつかサインができたら口を開くし、彼や彼が私たちのチームにもたらしてくれるものについて話せる。(現状では)彼はアーセナルの選手であって、私の選手ではないんだ。起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。かもしれない何かに対して語れることは無い。現状で私が関与していることは、選手を欲しがっている理由を述べることだけで、それ以上はない。(交渉ごとに関しては)蚊帳の外だよ」 2018.01.20 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

どこで狂った? 元ユナイテッドのアンデルソン、29歳で無所属に

▽かつて将来を嘱望された元ブラジル代表MFアンデルソン(29)が転落人生を歩んでいる。 ▽ブラジル『グローボ』が伝えているところによれば、インテルナシオナウとアンデルソンは、契約解除で合意に達したという。 ▽アンデルソンは、グレミオ、ポルトでプレー。元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏の後継者とも評され、2007年からマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場を移した。 ▽だが、2014年冬にユナイテッドからフィオレンティーナにレンタル。2015年にインテルナシオナウに活躍の場を求めたが、昨シーズンはコリチーバにレンタルされていた。 2018.01.19 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドッキリには寛大?モウリーニョ、宿敵コンテのシャツと知らずにサインし爆笑

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョがイタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『レ・イェーネ』の企画でドッキリの被害に遭った。<br><br>モウリーニョは数週間にわたり、ライバルであるチェルシー指揮官アントニオ・コンテとお互いを罵り合う舌戦を繰り広げた。このため同番組スタッフが17日、モウリーニョを突撃取材し、2人の和解を模索した。<br><br>取材を受けたマンチェスター・U指揮官は、同クラブのユニフォームを差し出されると、何の疑問を抱くことなく、サインとメッセージを書き込んだ。しかし、これは番組によるドッキリで、シャツの背中側には「アントニオ・コンテ」の名前と背番号「1」がプリントされていた。<br><br>犬猿の仲にあるチェルシー指揮官の名前に気づいた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;は、仕掛け人に対して怒り出すことなく、爆笑する寛大な心を見せた。同番組は公式ウェブサイトにおいて、「ジョゼは我々のいたずらにハマった」とドッキリの企画を報告。番組スタッフのおかげで、「ジョゼ・モウリーニョとアントニオ・コンテが&ldquo;友人&rdquo;になった」として、成功を喜んだ。『コリエレ・デロ・スポルト』は「偽りの和解だ」と伝えているが、ドッキリをきっかけに両者の溝は埋まるのか注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 18:15 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース