スパーズ戦で負傷交代したウィルシャーのシーズンが終了…左腓骨に亀裂か2017.04.19 11:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボーンマスのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが足を負傷し、今シーズンの復帰はなくなるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルからレンタル移籍でボーンマスに加入したウィルシャーは、今シーズンはここまで大きなケガもなく、プレミアリーグで29試合(うち2試合はアーセナル)に出場していた。

▽しかし、15日に行われたプレミアリーグ第33節のトッテナム戦でウィルシャーが負傷。56分にルイス・クックと交代していた。

▽ウィルシャーは検査を受け、左腓骨に亀裂が見つかったとのこと。これにより、残りシーズンを欠場することになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

敵地で先制も逆転を許したアーセナルがボーンマスに初黒星・・・新年初勝利は持ち越し《プレミアリーグ》

▽アーセナルは14日、プレミアリーグ第23節でボーンマスとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。 ▽公式戦ここ4試合未勝利の6位アーセナル(勝ち点39)は、7日のFAカップ3回戦では格下のノッティンガム・フォレストにまさかの敗戦。直近のEFLカップ準決勝1stレグ・チェルシー戦でもゴールレスドローに終わるなど調子が上がらないままだ。敵地ヴァイタリティ・スタジアムに乗り込んだアーセナルはチェルシー戦からGKをオスピナからチェフに変更し、新年初勝利を目指した。 ▽まず最初にシュートを放ったのは17位に沈むボーンマス(勝ち点21)のA・スミス。左サイドからのクロスを収めると、ボックス手前から左足を振り抜いた。8分にはアーセナルにゴールチャンス。逆サイドからのクロスをボックス左で受けたナイルズが、DFを半身かわしてゴールを狙ったが、シュートはクロスバーを叩いてしまった。 ▽試合は徐々に徹底して守りを固めるボーンマスと、それを崩しにかかるアーセナルという展開に。ケガが心配されたウィルシャーを中心にラカゼット、ウェルベック、イウォビら前線の選手がゴールに迫るが、ボーンマスの牙城は堅い。35分にはラカゼットのパスを受けたウェルベックが最終ラインの裏に抜け出すが、シュートはGKベゴビッチに阻まれた。続く37分には、ジャカのCKにムスタフィ。ニアに飛び込んでのヘディングシュートはわずかにゴールの上へ外れてしまった。 ▽ここまで守勢だったボーンマスも40分に、フレイザーのシュートでチャンスを迎えるがゴールは奪えず、前半は0-0で終えた。迎えた後半戦、アーセナルは幸先よく先制点を奪う。 ▽52分、イウォビの絶妙なスルーパスでディフェンスラインの裏に飛び出したベジェリンがボックス右に侵攻。そのままゴールに流し込んでようやく試合を動かした。 ▽だが、その後はボーンマスがボールを保持する時間帯が続いて迎えた70分。味方とのパス交換で右サイドを突破したフレイザーがクロスを送ると、そこに飛び込んだのがウィルソン。飛び出してきたGKチェフよりわずかに早く触り、ゴールに押し込んだ。 ▽失点後、ベンチ入り禁止処分のヴェンゲル監督はチャンバースを下げてラムジーを投入。3バックから4バックに変更したその直後の74分、DFの間を突いたウィルソンの落としにアイブが強烈なシュートを見舞い、ボーンマスが2点目。わずか4分間でアーセナルは逆転を許してしまった。 ▽アーセナルはその後、完全に守りに入ったボーンマスの守備を最後まで崩せず、1-2で敗戦。ボーンマスにアーセナル戦初勝利を献上し、公式戦5戦未勝利となった。 2018.01.15 00:23 Mon
twitterfacebook
thumb

ボーンマス痛っ! デフォーが骨折で最大2カ月の離脱

▽ボーンマスは26日、イングランド代表FWジャーメイン・デフォーの負傷離脱を発表した。 ▽デフォーは、20日に行われたEFLカップ準々決勝チのェルシー戦で足首を骨折。診断の結果、全治約8〜10週間の離脱が見込まれている。 ▽35歳のデフォーは今夏、16年ぶりに古巣ボーンマスに復帰し、ここまでプレミアリーグ15試合に出場して3ゴールを記録している。 ▽ボーンマスは現在、プレミアリーグ4勝5分け11敗で18位。リーグ8試合で白星から遠ざかっている。 2017.12.27 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アグエロ2G1Aのシティが圧巻のプレミア17連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティvsボーンマスが23日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で快勝した。 ▽前節、トッテナムとの上位対決を4-1で快勝した首位のシティ(勝ち点52)は、圧巻のリーグ16連勝を達成。また、ミッドウィークに行われたEFLカップ準々決勝ではレスター・シティをPK戦の末に退けてシーズン4冠の可能性を維持。その試合から中2日での開催となった今節ではトッテナム戦から先発2人を変更。マンガラとギュンドアンに代わってコンパニとシルバの重鎮コンビが復帰した。 ▽立ち上がりからホームのシティが押し込む展開が続く中、ここ最近攻撃陣に負傷者が続出しているボーンマスにこの試合でもアクシデントが発生。10分過ぎに足を痛めたスタニスラスがプレー続行不可能となり、12分にピューが投入される。 ▽その後も攻勢を続けるシティは25分にオタメンディの意表を突いたミドルシュートで最初の決定機を作り出すと、直後の27分に先制に成功する。相手守備陣のボール回しにプレッシャーをかけてGKベゴビッチの短いキックをデルフが回収。ここから波状攻撃に繋げると、最後はフェルナンジーニョの浮き球パスに反応したアグエロがオフサイドをかいくぐってダイビングヘッドシュートを流し込んだ。 ▽前半のうちに先制点を奪ったシティは、その後ややペースを落としながらも圧倒的なボールポゼッションを生かした堅守で相手に反撃の機会を与えず、前半を1点リードで終えた。 ▽後半に入って再び攻撃のギアを上げるシティは53分にあっさりと追加点を奪う。バイタルエリア右でボールを持ったシルバがボックス手前中央のアグエロの足元に斜めのパス。これをアグエロがワンタッチで最終ラインとGKの間に落とすと、オフサイドラインにいたデ・ブライネと入れ替わる形で飛び出したスターリングが難なくGKとの一対一を制した。 ▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたシティは67分にザネを下げてベルナルド・シウバ、74分にはデ・ブライネに代えてギュンドアン、81分にはデルフを下げてダニーロを投入。すると、この交代策が更なるゴールをもたらす。 ▽79分、ボックス内でキープしたギュンドアンがボックス右角のベルナルド・シウバに丁寧に落とすと、ベルナルド・シウバが精度の高い左足のクロスを供給。これをゴール前で競り勝ったアグエロが頭で流し込み、この試合自身2点目とする。続く85分には左サイドでのシルバのボール奪取からスターリングが相手陣内を持ち上がってボックス左に走り込むダニーロへラストパス。そして、ダニーロが冷静にニアサイドに流し込み、プレミアリーグ初ゴールを記録した。 ▽その後、危なげなく試合を締めくくったシティが圧巻の強さをみせ、プレミアリーグ記録を更新する17連勝を飾った。 2017.12.24 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

土壇場で追いつかれるもモラタ劇的弾で勝ち切ったチェルシーがベスト4進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝、チェルシーvsボーンマスが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-1で勝利したチェルシーが準決勝進出を果たした。 ▽4回戦でそれぞれエバートン、ミドルズブラ(2部)を破ったチェルシーとボーンマスによるプレミア勢同士の一戦。直近のリーグ戦2連勝で3位に位置するチェルシーは、サウサンプトン戦からケイヒルとウィリアン、ペドロを除く先発8人を変更。GKにカバジェロ、最終ラインはリュディガー、アンパドゥ、ケイヒル。中盤はザッパコスタ、セスク、ドリンクウォーター、ケネディ、3トップにウィリアン、ペドロ、バチュアイが入った。 ▽互いにやや様子見の入りとなった中、チェルシーが見事な連係プレーで早い時間帯にゴールをこじ開ける。13分、ボックス手前中央でゴールを背にして足下にパスを受けたバチュアイがサポートに来たケネディに短いパス。これをケネディがヒールパスでボックス左へ走り込むセスクに繋ぐ。最後はGKとDFを引き付けたセスクからの丁寧な折り返しをフリーのウィリアンが難なく流し込んだ。 ▽早い時間帯に失点を許したボーンマスは、さらに立ち上がりにアンパドゥからタックルを受けて足を痛めていたデフォーがプレー続行不可能となり、17分にアイブの投入を余儀なくされる。それでも、すぐさま反撃に出ると、22分にムセのヘディングシュート、24分にはアイブが果敢にシュートを放っていく。 ▽徐々にボール支配率が下がったものの、堅実な守備と素早い切り替えでカウンターを狙うチェルシーは29分、ペドロのスルーパスに抜け出したバチュアイがボックス内でシュートチャンスを迎えるが、これは相手DFのブロックに遭う。その後はなかなか決定機まで持ち込むことができなかったが、前半を1点リードで終えた。 ▽後半に入っても守勢が続くチェルシーは61分、先制点を決めたウィリアン、ペドロに代えてアザールとバカヨコを同時投入。さらに、73分にはバチュアイを下げてモラタを投入。主力をピッチに送り出して試合を決める2点目を奪いに行く。 ▽しかし、主力投入後も連戦の疲れからか、ピリッとしないホームチームは、相手の拙攻で決定的な場面こそ作らせないものの、押し込まれる終盤戦となる。すると、土壇場の90分には相手の右サイドからのロングスローをクリアし損ねてこぼれ球を拾われる。そして、ボックス手前右でアイブが丁寧に出した横パスをゴスリングに見事な右足ダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺され、土壇場で同点に追いつかれる。 ▽この失点で延長戦突入が濃厚と思われたが、失点直後にアザールとモラタのエースコンビがチームを救う。91分、失点後のリスタートの流れからザッパコスタが前線に縦パスを入れる。これに抜け出したアザールの絶妙なヒールパスを受けたモラタがボックス中央でのGKとの一対一を制した。そして、この劇的勝ち越しゴールで辛くもボーンマスに勝ち切ったチェルシーが準決勝進出を果たした。 2017.12.21 07:18 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー&コウチーニョがゴラッソ! 攻撃陣躍動のリバプールが3戦ぶり勝利で9戦負けなし《プレミアリーグ》

▽リバプールは17日、敵地で行われたプレミアリーグ第18節でボーンマスと対戦し、4-0で快勝した。 ▽現在、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に位置するリバプール(勝ち点31)は、リーグ戦8試合無敗を継続も直近2試合ではエバートン、WBA相手に連続ドロー中と調子を落とす。3試合ぶりの勝利を目指す今節は、リーグ戦5試合未勝利で14位のボーンマス(勝ち点16)と対戦した。クロップ監督は直近のWBA戦から先発4人を変更。GKがカリウスからミニョレに戻り、アーノルド、ジャン、マネに代わって、ジョー・ゴメス、ヘンダーソン、チェンバレンが先発に入った。 ▽試合は立ち上がりからリバプールが猛攻を仕掛けていく。開始11分にはボックス手前右の位置で得たFKの場面で名手コウチーニョが右足でニアサイドを狙うが、これは右ポストを叩く。さらに、右サイドで果敢に仕掛けるサラーが得意のカットインから幾度もフィニッシュに絡んでいく。 ▽すると20分、左サイド深くに侵攻したロバートソンから短いマイナスのパスを受けたコウチーニョが巧みなステップとコース取りのドリブルでカットイン。見事なシュートフェイントでDFをかわし、最後はボックス中央からゴール左隅に正確なシュートを流し込んだ。 ▽コウチーニョの圧巻ゴールで先手を奪ったリバプールは、その後も猛攻を続ける。26分には左CKの場面でニアでDFに当たったボールがファーに流れる。これをフィルミノがゴールラインぎりぎりで折り返すと、ゴール前のロブレンがダイビングヘッドで流し込み、瞬く間に2点目を奪った。 ▽2点ビハインドに加えてジョシュア・キングが30分で負傷交代を強いられたボーンマスはスタニスラスを投入。39分にはそのスタニスラスのスルーパスに抜け出したデフォーに絶好機も、ここはシュートを左ポストに当ててしまう。 ▽一方、冷や汗をかいたリバプールだが、その後も攻勢を続けると、前半終了間際の44分にはチェンバレンの縦パスを右サイドで受けたサラーがDFアケの寄せをモノともしないキープからボックス中央に切り込んだ左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける今季14点目を記録した。 ▽迎えた後半、55分過ぎまでにフレイザー、クックを投入して巻き返しを図るボーンマスに対して、後半も攻撃陣が躍動するリバプール。前がかりな相手にカウンターが面白いように機能すると、66分には左サイドでパスを受けたコウチーニョからの絶妙なクロスをゴール前にフリーで飛び込んだフィルミノが頭で合わせ、後半最初のゴールを奪う。 ▽この4点目で試合を完全に決めたリバプールは、次節のアーセナル戦を睨んでサラー、フィルミノ、コウチーニョと次々に主力をベンチに下げる。そして、今季2度目の出場となるララナやイングスら負傷明けでコンディション調整が必要な2選手と、アピールが必要なソランケがピッチに送り出される。 ▽試合終盤にかけてはその3選手が積極的にゴールを狙い、最後まで攻撃の手を緩めなかったリバプールが、5点目こそ奪わなかったものの敵地で4-0の完勝。直近2試合で決定力を欠いた攻撃陣の爆発で3戦ぶりの白星を手にしたリバプールは、CL出場圏内の4位に浮上すると共にリーグ戦無敗記録を「9」に伸ばした。 2017.12.18 03:30 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース