スパーズ戦で負傷交代したウィルシャーのシーズンが終了…左腓骨に亀裂か2017.04.19 11:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボーンマスのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが足を負傷し、今シーズンの復帰はなくなるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルからレンタル移籍でボーンマスに加入したウィルシャーは、今シーズンはここまで大きなケガもなく、プレミアリーグで29試合(うち2試合はアーセナル)に出場していた。

▽しかし、15日に行われたプレミアリーグ第33節のトッテナム戦でウィルシャーが負傷。56分にルイス・クックと交代していた。

▽ウィルシャーは検査を受け、左腓骨に亀裂が見つかったとのこと。これにより、残りシーズンを欠場することになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ボーンマス主将DFフランシスが2020年まで契約延長

▽ボーンマスは30日、イングランド人DFシモン・フランシス(33)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽2011年11月にチャールトンからボーンマスに加入したセンターバックを本職とするフランシスは、これまでボーンマスで公式戦286試合に出場して3ゴール34アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグ32試合に出場し、3シーズン連続の残留に貢献していた。 ▽ボーンマスとの契約を延長したフランシスは公式サイトで以下のようにコメントしている。 「新たな契約にサインしたことを嬉しく思っている。これからの2年間を楽しみにしているよ。クラブは僕が移籍して以降、常に良くなっている。これまでの7年間、僕は常にベストを尽くしてきた。成功を収めたチームの一員になれたことを誇りに思っている」 2018.05.31 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、ロシアW杯予備メンバーに選出されたイングランド代表MFクックと2022年まで契約延長

▽ボーンマスは18日、イングランド代表MFルイス・クック(21)と契約延長したことを発表した。新たな契約期間は現行の契約から4年間延長した2022年6月末までとなる。 ▽2014年からリーズの主力として活躍するセントラルMFのクックは、マンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したポール・スコールズ氏の再来と評される逸材で、2015-16シーズンには、フットボールリーグ(プレミアリーグを除くイングランド2部、3部、4部の3ディビジョン)主催のフットボールリーグ・アウォーズ2016で若手最優秀選手賞を受賞した。 ▽この活躍でユナイテッドやアーセナル、リバプールなどが獲得に動いた逸材だが、クックは2016年の夏にボーンマスへ完全移籍。加入初年度は公式戦9試合に留まったが、今季はリーグ戦29試合に出場。 ▽また、各年代のイングランド代表に選出されてきたクックは、2017年11月にフル代表に初選出されると、2018年3月に行われたイタリア代表との国際親善試合でデビュー。16日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)に参加するイングランド代表の予備メンバーに選出された。 2018.05.19 02:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマスが元ポーランド代表GKボルツと1年契約延長

▽ボーンマスは17日、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ(38)と1年の契約延長に至ったことを発表した。 ▽2014年9月にボーンマスにレンタルで加入したボルツは、これまでボーンマスで公式戦112試合に出場。34試合のクリーンシートを達成している。移籍初年度にプレミアリーグ昇格に貢献したボルツは、昨季まで正GKとして活躍していた。しかし、今季はGKアスミル・ベゴビッチの加入もあってプレミアリーグの出場機会はなかった。 ▽ボーンマスとの契約延長についてボルツは次のように語っている。 「試合に出られないと、チームの試合を見るのは辛いが、毎日チャンスをもらえるように100%を尽くしてきた。それからキャリアをスタートしたばかりの若手GKをサポートする働きも重要な仕事だと思っている。それに何よりボーンマスを愛している。家族も同じ気持ちなんだ。まだ、このクラブでプレーできると信じている」 2018.05.18 02:15 Fri
twitterfacebook
thumb

崖っぷちセインツ、ボーンマス下し残留に望みをつなぐ《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは28日、プレミアリーグ第36節でボーンマスと対戦し、2-1で勝利した。吉田はフル出場している。 ▽窮地に立つ18位のサウサンプトン(勝ち点29)と11位のボーンマス(勝ち点38)が激突。リーグ戦ここ8試合勝利がないセインツはFAカップでもチェルシーに完敗。黒星に加え失点も多く、残留に向けて厳しい戦いが続く今節は、チェルシー戦から2選手を変更。ホイビュルクとロングに代えて、タディッチとレドモンドが先発に起用された。 ▽中盤でのクオリティを欠き、なかなか前線まで運べない両者。先にチャンスを迎えたのホームのセインツ。14分、タディッチが鋭い切り替えしでボックス右深くを抉ると、マイナスのクロスにボックス中央でバートランドが合わせる。さらにその跳ね返りをロメウが詰めるが、相手のブロックに遭う。 ▽試合が動いたのは25分、相手の右CKを奪ったセインツは自陣からカウンターを発動。バートランドからボールを受けたレミナが運び、タディッチにラストパス。タディッチはGKとの一対一を制して先制点を奪った。 ▽このゴールで肩の力が抜けたセインツは30分過ぎから立て続けにシュートを浴びせる。33分にはレミナがボックス中央から強烈なハーフボレーを放つが、ここはGKベゴビッチがファインセーブを見せる。 ▽44分にはゴール手前で収めたアケの至近距離からのシュートをGKマッカーシーが左足で防ぐ気合のこもったプレーを見せる。しかし、前半アディショナルタイムの46分、ボーンマスに右CKを与えると、ゴール前の競り合いでファーサイドに流れたボールをJ・キングに押し込まれ同点とされてしまった。 ▽1-1で迎えた後半、ボーンマスが積極的な入りを見せる。47分にカウンターでチャンスになるが、ここはセインツDFベドレナクがファウルで阻止。51分にはルイス・クックがボックス手前から強烈なミドルシュートを浴びせてGKマッカーシーに横っ飛びを余儀なくさせる。 ▽それでも勝ち越しに成功したのはセインツだった。54分、GKマッカーシーからのロングフィードを相手がトラップしたところをタディッチがかっさらうと、そのままボックスに侵入。左足アウトサイドでうまくゴール左に流し込んだ。 ▽68分にはオースティンのシュートが味方に当たりゴールに迫るもGKベゴビッチが足でセーブ。さらに70分には、オースティンのクロスをボックス左で収めたバートランドがシュートに持ち込むがここでもGKベゴビッチが立ちふさがった。 ▽その後一進一退の攻防が続いたが、守っては吉田を中心としたセインツの守備陣が奮闘。終盤にはGKマッカーシーのビッグセーブも飛び出しボーンマスに追加点を与えることなく試合をシャットアウト。2-1で勝利し、残留に望みをつないだ。 2018.04.29 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

主力温存のユナイテッドがスモーリング&ルカク弾でボーンマス撃破! 2戦ぶり白星でFA杯スパーズ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節、ボーンマスvsマンチェスター・ユナイテッドがヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利した。 ▽前節、ホームで最下位WBAに0-1の敗戦を喫して宿敵マンチェスター・シティのリーグ制覇をアシストした2位ユナイテッド(勝ち点71)。今週末にトッテナムとのFAカップ準決勝を控える中、11位ボーンマス(勝ち点38)のホームに乗り込んだ。モウリーニョ監督はトッテナム戦を考慮してWBA戦から先発7人を変更。バレンシアとヤングのベテランサイドバックに代えてダルミアンとショー、サンチェスとルカク、マタに代えて前線はリンガード、マルシャル、ラッシュフォードの若手3選手が起用された。 ▽試合は立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛けるホームのボーンマスが小兵フレイザーの鋭い仕掛けを起点に攻勢を見せる。この流れの中でウィルソンがゴール前に抜け出して決定機に絡むが、先制点には至らず。 ▽一方、時間の経過と共に相手を押し返すユナイテッドだが、パワーやスピードを生かしたフィジカル的な仕掛けが機能するものの、なかなかチームとしての崩しを見せられない。それでも、マルシャルやラッシュフォードが積極的に足を振っていく。すると28分、セットプレーの二次攻撃から味方の縦パスに抜け出したリンガードがボックス右からグラウンダーで折り返す。これを攻め残っていたスモーリングがストライカーさながらのスライディングシュートで流し込んだ。 ▽伏兵スモーリングのゴールで先制に成功したユナイテッドだが、その後は前がかりとなるホームチームの攻勢に晒されてフレイザーやキングに際どいシュートを許したものの、何とか前半を1点リードで終えた。 ▽後半もピリッとしないユナイテッドは56分にピンチ。キングの左からのクロスに対してウィルソンへの寄せが遅れたショーが後ろから抱え込む形で対応。ウィルソンを含めてボーンマス側がPKを要求も主審はここでファウルを取らない。 ▽判定に救われてリードを保ったユナイテッドは63分にリンガードを下げてルカクを投入。すると、この選手交代が2点目をもたらす。70分、自陣からのカウンターで左サイドを豪快にドリブルで持ち上がったポグバが相手を引き付けてボックス左に走り込むルカクへラストパス。ルカクは飛び出したGKベゴビッチの寸前でチップキックを試みると、これがゴールネットを揺らした。 ▽この2点目で勝利を大きく近づけたユナイテッドは72分にエレーラを下げてマティッチ、80分にポグバを下げてブリントを続けて投入し、試合をクローズにかかる。その後は集中した守備でホームチームの反撃を難なくはね返し、敵地で2-0の完勝。やや判定に恵まれた面もあったものの、効率よい攻撃と堅守で勝ち切ったユナイテッドが2試合ぶりの勝利でFAカップ準決勝に弾みをつけた。 2018.04.19 05:44 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース