レーティング:レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー《CL》2017.04.19 05:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽レスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュマイケル 5.5
1失点も防げるシュートは止めた

DF
17 シンプソン 5.5
守備のバランスを保つ

29 ベナルアン 5.0
ややミスが目立った内容

(→チルウェル 6.0)
積極的な攻撃参加で多くのチャンスに絡む

5 モーガン 5.5
体を張った守りで守備陣を引っ張るが、後半途中に無念の負傷交代

(→アマルティ -)

28 フックス 5.5
得意のロングスローからチャンスを演出。守備でも大崩れせず耐える

MF
26 マフレズ 5.5
後半はシュートシーンに多く絡んだ

4 ドリンクウォーター 5.5
無難なパス出しに徹する

25 エンディディ 5.5
前線から守備を献身的に敢行

11 オルブライトン 5.5
後半は不慣れな右サイドをこなす

FW
20 岡崎慎司 5.0
攻守両面でクオリティを欠いた。前半のみの出場

(→ウジョア 5.5)
セットプレーのターゲットとなりゴールに迫る

9 ヴァーディ 6.0
後半はサポートもあり多くの決定機に絡む。一矢報いるゴールを記録

監督
シェイクスピア 6.0
積極的な選手交代で流れを引き戻すも一歩及ばず…

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
失点の場面はノーチャンス

DF
20 フアンフラン 5.5
後半途中に負傷交代

(→リュカ 5.5)
守備を締める

15 サビッチ 6.0
集中を切らさずプレーしきった

2 ゴディン 6.5
要所を締めた守備を続けた

3 フィリペ・ルイス 6.0
前半はマフレズを抑え、攻撃にも関与

(→コレア -)

MF
8 サウール・ニゲス 6.5
準決勝進出を決定付けるアウェイゴールをゲット

14 ガビ 6.0
ホセ・ヒメネスと共に中盤の広範囲をカバー

24 ホセ・ヒメネス 6.0
攻守のバランスを取ったプレーぶり

6 コケ 6.0
テンポ良くボールを動かした

FW
7 グリーズマン 6.0
積極的な仕掛けでチャンスを演出

10 カラスコ 5.5
奮闘も攻守に少しずつもの足りなかった

(→トーレス 5.0)
見せ場は作れず

監督
シメオネ 6.0
大一番で逃げ切りに成功。勝負強さを見せた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
▽大一番での勝負強さを見せ、準決勝進出を大きく手繰り寄せるアウェイゴールを奪取。

レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー
【レスター・シティ】
ヴァーディ(後16)
【アトレティコ・マドリー】
サウール・ニゲス(前27)
※2戦合計2-1でアトレティコ・マドリーが準決勝進出

コメント

関連ニュース

thumb

準々決勝の対戦カード決定! 岡崎レスターvsチェルシー! 吉田セインツはシティ濃厚に《FAカップ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は17日、FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会を行った。 ▽今週末に開催中の準々決勝では金曜開催の試合でFW岡崎慎司が所属するレスター・シティとチェルシーが、それぞれシェフィールド・ユナイテッドとハル・シティというチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブに勝利した。 ▽そして、奇しくも準々決勝ではそのレスター・シティとチェルシーという、ここ2シーズンのプレミアリーグ王者同士が対戦することになった。 ▽また、17日に開催された試合ではマンチェスター・ユナイテッドがFWロメル・ルカクの2ゴールでハダースフィールドとのプレミアリーグ勢対決に2-0で勝利した。そのユナイテッドは、同日行われた試合で4部のコヴェントリー・シティに3-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンと、再びプレミアリーグ勢対決に臨むことになった。 ▽さらに、DF吉田麻也はベンチ外となったものの、WBAとのプレミアリーグ勢対決を2-1で制したサウサンプトンは、19日に行われるウィガン(3部)とマンチェスター・シティの勝者との対戦が決定した。 ▽残されたもう1つのカードでは、18日に控えるロッチデール(3部)vsトッテナムの勝者と、17日に行われて0-0の引き分けとなったシェフィールド・ウェンズデイ(2部)vsスウォンジーの再試合の勝者が対戦する。 ▽なお、FAカップ準々決勝は3月16~19日に行われる予定だ。FAカップ準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆FAカップ準々決勝対戦カード ※左がホーム シェフィールド・Worスウォンジー vs ロッチデールorトッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン レスター・シティ vs チェルシー ウィガンorマンチェスター・シティ vs サウサンプトン 2018.02.18 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

無断欠席が続いていたマフレズが復帰戦で1アシスト…レスター指揮官「騒動は過ぎたこと」

レスター・シティを率いるクロード・ピュエルは、リヤド・マフレズの無断欠席騒動はもう過ぎたことだと主張した。<br><br>マフレズは今冬の移籍期限最終日にマンチェスター・シティが獲得オファーを出したものの、レスターの要求額に満たずに破談。シティ移籍が叶わなかったアルジェリア代表はその後10日間練習に姿を見せていなかった。そして、ようやく9日に全体練習に合流すると、16日のFAカップ5回戦シェフィールド・ユナイテッド戦で1月20日以来となる試合復帰を果たしている。<br><br>本拠地キングパワー・スタジアムのサポーターに温かい声援で迎えられたマフレズは、復帰戦でいきなりジェイミー・ヴァーディの決勝ゴールをアシスト。試合後、マフレズの無断欠席騒動について問われた指揮官は、「もう過ぎたことだ」と話し、次のようにコメントした。<br><br>「リヤドはクオリティと共に戻ってきた。そして、それは我々にとっては良いことだ。リヤドへのファンの反応は素晴らしかった。それは将来のことを考える時にとても重要になるだろう。以前にも言ったとおり、このような状況下では結束することがとても重要だった。最も大切なことは勝利し、リヤドとジェイミーがともにプレーをしたことだ。リヤドは、終了間際はイライラしてるようにも見えたが、それはゴールを決めたがっていたからだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 18:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴァーディが正真正銘のビッグ6ハンターに!

▽レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(31)が前人未到の偉業を成し遂げた。 ▽レスターは、10日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節のマンチェスター・シティ戦で1-5の大敗。この試合に先発したヴァーディは、24分に一時同点となる1ゴールを挙げ、気を吐いた。 ▽これにより、ヴァーディは今シーズンのリーグ戦でビッグ6を相手にそれぞれゴールを記録。『Opta(@OptaJoe)』によれば、同一シーズンでビッグ6を“完全制覇”した史上初の選手となる。 ◆vsビッグ6個人成績 第1節vsアーセナル/2ゴール 第4節vsチェルシー/1ゴール 第6節vsリバプール/1ゴール 第14節vsトッテナム/1ゴール 第19節vsマンチェスター・ユナイテッド/1ゴール 第21節vsリバプール/1ゴール 第27節vsマンチェスター・シティ/1ゴール 2018.02.11 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロ圧巻4発にデ・ブライネは3アシスト! シティが岡崎負傷欠場のレスターを粉砕《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で圧勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。 ▽前節、バーンリー相手に今季3度目のドローゲームを演じた首位のシティ(勝ち点69)だが、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点56)以下に大差を付けており、依然として首位を快走中だ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は8位のレスター(勝ち点35)を得意のホームで迎え撃った。バーンリー戦からはコンパニとダニーロに代えて、ラポルテとジンチェンコを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽一方、3試合ぶりの勝利を目指すレスターは1-1で引き分けたスウォンジー戦から先発2人を変更。シンプソンとイヘアナチョに代えてチルウェルとマティ・ジェームズを起用し、負傷を抱える岡崎はベンチ外となった。また、今冬の移籍市場でシティ移籍が破談に終わった渦中のマフレズは前日に練習復帰を果たし、今回の一戦ではベンチに入った。 ▽試合はホームのシティがあっさりと先制に成功する。3分、右サイド深くでキープしたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたデ・ブライネがゴール前の密集をすり抜ける絶妙なクロスを供給。これに対してゴール前のアグエロは合わせ切れないが、ファーに飛び込んだスターリングが泥臭く押し込んだ。 ▽ホームで幸先良く先制したシティはその後も相手を押し込んでいくが早々の追加点とはならず。すると24分、右サイドに出て相手の攻撃に対応したDFオタメンディのクリアミスが中央にこぼれると、これを奪ったヴァーディにジンチェンコ、ギュンドアンと続けてスライディングをかわされる。最後はイングランド代表FWのボックス右への持ち出しにDFラポルテが振り切られてゴール左隅へ流し込まれた。 ▽トップ6相手に無類の強さを見せるヴァーディに同点ゴールを許したシティは再び攻勢を強めていく。しかし、29分のフェルナンジーニョのミドルシュートはGK正面、33分にボックス左へ抜け出したデ・ブライネの決定機はGKシュマイケルにうまくコースを消されてゴールとはならず。その後も攻め続けるが、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。 ▽1-1のイーブンで折り返した試合は後半も早い時間にスコアが動く。49分、味方とのワンツーで左サイド深くに抜け出したデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。これがファーサイドのアグエロにあっさりと繋がると、アルゼンチン代表FWが難なく流し込ん でシティが勝ち越しに成功する。 ▽さらに53分にはGKシュマイケルのクリアミスを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス内でデ・ブライネから足下にパスを受けたアグエロが右足のシュート。これにGKシュマイケルが反応したものの腕を弾いたボールがネットに吸い込まれ、デ・ブライネのこの試合3つ目のアシストからアグエロがこの試合2点目を記録した。 ▽一方、ミス絡みの2失点でリードを広げられたレスターは62分、後半頭から投入していたシンプソンに続き、渦中のマフレズと古巣対戦のイヘアナチョを同時投入。30分近くを残して3枚の交代カードを切って勝負に出る。 ▽その後はレスターが盛り返して拮抗した状況が続くが、78分に試合を決める4点目が生まれる。マグワイアからバックパスを受けたGKシュマイケルが目の前の味方にショートパスを繋ごうとするが、これをアグエロの足下に出してしまい、アルゼンチン代表FWのハットトリックをお膳立てしてしまった。 ▽この4点目で試合を決めたシティは80分、オタメンディとフェルナンジーニョに代えて負傷明けのストーンズとフォーデンを同時投入。その後も危なげなく試合を運ぶと、90分にはボックス手前左でフォーデンから短い横パスを受けたアグエロが右足を強振。強烈なブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、この試合4点目で試合を締めくくった。 ▽そして、アグエロの圧巻4ゴールにデ・ブライネが3アシストと主役が揃って輝いたシティが前節のドローを払しょくする5-1の大勝を収め、来週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ、バーゼル戦に弾みを付けた。 2018.02.11 04:54 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎同僚DFマグワイアを巡ってマンチェスター・ダービーか

▽レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(24)を巡って、マンチェスターの2クラブが争奪戦を繰り広げているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽マグワイアは今季、ハル・シティからレスターに加入。開幕から先発出場を果たすと、豊富な運動量と194㎝という恵まれた体格を生かしたディフェンスで一気にレスターの中心選手に。リーグ戦ではここまで26試合全てにフル出場を果たし、2ゴール3アシストを記録している。 ▽そんなマグワイアにユナイテッドとシティが興味。ハイパフォーマンスを続けるイングランド代表DFは1700万ポンド(約25億6000万円)の移籍金でレスターに加入したが、現在では5000万ポンド(約75億2000万円)に値上がりしており、簡単な取引とはいかない模様だ。 ▽しかし、レスターはすでにマグワイアが引き抜かれることを想定し、代役としてブライトンのイングランド人DFルイス・ダンク(26)に白羽の矢を立てているという。 2018.02.10 22:01 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース