レーティング:レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー《CL》2017.04.19 05:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽レスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュマイケル 5.5
1失点も防げるシュートは止めた

DF
17 シンプソン 5.5
守備のバランスを保つ

29 ベナルアン 5.0
ややミスが目立った内容

(→チルウェル 6.0)
積極的な攻撃参加で多くのチャンスに絡む

5 モーガン 5.5
体を張った守りで守備陣を引っ張るが、後半途中に無念の負傷交代

(→アマルティ -)

28 フックス 5.5
得意のロングスローからチャンスを演出。守備でも大崩れせず耐える

MF
26 マフレズ 5.5
後半はシュートシーンに多く絡んだ

4 ドリンクウォーター 5.5
無難なパス出しに徹する

25 エンディディ 5.5
前線から守備を献身的に敢行

11 オルブライトン 5.5
後半は不慣れな右サイドをこなす

FW
20 岡崎慎司 5.0
攻守両面でクオリティを欠いた。前半のみの出場

(→ウジョア 5.5)
セットプレーのターゲットとなりゴールに迫る

9 ヴァーディ 6.0
後半はサポートもあり多くの決定機に絡む。一矢報いるゴールを記録

監督
シェイクスピア 6.0
積極的な選手交代で流れを引き戻すも一歩及ばず…

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
失点の場面はノーチャンス

DF
20 フアンフラン 5.5
後半途中に負傷交代

(→リュカ 5.5)
守備を締める

15 サビッチ 6.0
集中を切らさずプレーしきった

2 ゴディン 6.5
要所を締めた守備を続けた

3 フィリペ・ルイス 6.0
前半はマフレズを抑え、攻撃にも関与

(→コレア -)

MF
8 サウール・ニゲス 6.5
準決勝進出を決定付けるアウェイゴールをゲット

14 ガビ 6.0
ホセ・ヒメネスと共に中盤の広範囲をカバー

24 ホセ・ヒメネス 6.0
攻守のバランスを取ったプレーぶり

6 コケ 6.0
テンポ良くボールを動かした

FW
7 グリーズマン 6.0
積極的な仕掛けでチャンスを演出

10 カラスコ 5.5
奮闘も攻守に少しずつもの足りなかった

(→トーレス 5.0)
見せ場は作れず

監督
シメオネ 6.0
大一番で逃げ切りに成功。勝負強さを見せた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
▽大一番での勝負強さを見せ、準決勝進出を大きく手繰り寄せるアウェイゴールを奪取。

レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー
【レスター・シティ】
ヴァーディ(後16)
【アトレティコ・マドリー】
サウール・ニゲス(前27)
※2戦合計2-1でアトレティコ・マドリーが準決勝進出

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場の流血岡崎が決勝点に絡みレスター3連勝! 《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは9日、プレミアリーグ第16節でニューカッスルのホームに乗り込み、3-2で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は74分から出場している。 ▽連勝中のレスターと、直近のプレミア6試合で勝ちがないニューカッスルの一戦。岡崎は、前節のバーンリー戦に続いてこの試合もベンチからスタートすることに。エースであるヴァーディの相方は、グレイが務めている。 ▽3連勝を目指して臨んだこの試合、レスターは最序盤に失点を喫する。4分、味方のフィードに抜け出したゲイルが、左サイド深くまで侵攻。相手DFを引き付けて中央に折り返すと、走りこんだホセルが足で合わせてネットを揺らした。 ▽早い時間にビハインドを背負うこととなったレスターだったが、前半のうちにスコアをイーブンに戻す。20分、敵陣中央やや右でボールを持ったマフレズが、中央へスライドするようにドリブルしていく。相手DFのチェックが甘くなったところで左足一閃。ゴール右上隅に豪快なシュートを突き刺した。 ▽しかし36分、自陣左サイドでボールを持ったDFチルウェルがボールを中央に戻すと、これが直接FWマーフィーに渡ってしまう。しかし、マーフィーが素早く放ったシュートをGKシュマイケルがファインセーブ。レスターは守護神の活躍で危機を脱出した。 ▽前半はこのまま終了。折り返して後半に入ると、レスターが逆転弾を奪い切る。60分にハーフウェイライン付近でボールを持ったマフレズが前線にロングパス。ボックス左のオルブライトンがワンタッチで丁寧に落とし、最後はグレイが右足アウトにかけたシュートをゴール左上に沈めた。 ▽それでも、ホームで負けたくないニューカッスルが、73分に試合を再び振り出しに戻す。左CKの混戦から、ボールがボックス右のゲイルの下へ。右足でシュートフェイントを入れて相手DFを外し、左足でネットを揺らした。 ▽1点が欲しい展開に戻ったレスターは、直後の74分にグレイに代えて岡崎を投入。前線の圧力を高めて、ゴールを目指していく。しかし、その岡崎は78分に相手との競り合いの中で目の上付近を切って流血。包帯を巻きながらのプレーを強いられることとなった。 ▽それでも、スコアが動かずに終わるかに思われた87分、レスターに幸運な展開が訪れる。カウンターの場面で、ボールは左サイドのヴァーディに。ボックス左から中央に折り返すと、フリー状態の岡崎がワントラップ挟む。シュートモーションに入ったところで、守備に戻ったFWアヨセ・ペレスが足で掻き出そうとする。しかし、アヨセ・ペレスの触れたボールは自陣ゴールに飛んでいき、痛恨のオウンゴールを献上することとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、レスターは3連勝を飾った。対するニューカッスルは連敗に突入し、7戦連続で勝利なしとなっている。 2017.12.10 05:39 Sun
twitterfacebook
thumb

熾烈な競争の中で…ピュエルは岡崎慎司を称賛「試合に良い影響を与えられる」

レスターのクロード・ピュエル監督は、ストライカーの数が多すぎることを認めた。また、FW岡崎慎司についても言及している。<br><br>今夏のマーケットで、マンチェスター・シティからFWケレチ・イヘアナチョを2500万ポンドで獲得したレスター。現在、FW岡崎慎司やエースのFWジェイミー・ヴァーディを始め、チームには6名のストライカーが在籍している。昨シーズン加わったFWアーメド・ムサはUー23チームに、そしてFWホセ・レオナルド・ウジョアはU-21チームの練習に参加している状況となっている。<br><br>ピュエル監督は、最前線の選手が多すぎるとし、マネージメントの部分でも、また選手自身にとっても難しい状況にあると認めている。<br><br>「彼らにとっては難しい状況だ。全員にポジションを与えることはできない。全選手を尊重したいが、ケレチは今季来たばかりで、これからの選手だ。過密日程の中で見守っていきたい」<br><br>今季途中就任したピュエル監督は、これまでの4-4-2以外にも、4-2-3-1や4-1-4-1など、様々なフォーメーションを試している。しかし、システム自体は重要ではないと強調した。<br><br>さらに、岡崎については、中盤で効果的に攻撃に絡んでいけると評価。そして、年末年始の過密日程の中で、多くの選手を試していきたいと語っている。<br><br>「中盤の選手たちと理解し合い、良いコンビネーションを築ければ、試合に良い影響を与えられる。岡崎はその役割もできるね」<br><br>「違うタイプのストライカーが多く在籍している。同時に全員は起用できない。ジェイミーはタフで、毎試合プレー可能だ。この過密日程の中で、違う選手も試していきたい。時間が教えてくれるだろう。移籍市場ではない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 13:02 Fri
twitterfacebook
thumb

「シンジ・オカザキは忘れられた男?」英メディアが分析する岡崎が苦労する理由とは…

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は忘れられた存在になってしまったのか。『ファンサイド』が特集を組んだ。<br><br>2015年にレスターに加入し、1年目からレギュラーとしてクラブ史上初のリーグ優勝に貢献した岡崎。しかし、10月にクレイグ・シェイクスピア前監督が解任され、クロード・ピュエル監督が指揮を執り始めてからベンチを温めることが多くなっている。今シーズン早くも4ゴールをマークする同選手が試合に出れない理由をイギリスメディアが報じた。<br><br>同メディアは、岡崎の特徴を「得点に絡むことはないが、常に全力を尽くして不可欠な役割を担ってきた。ハイプレスを仕掛け、時には中盤まで下がって守備をする彼は、60分前後で交代することが多いもののレスターの快進撃を支えていた。昨シーズンはクラウド・ラニエリ、クレイグ・シェイクスピアの下、成績に波があったが、オカザキは一貫したパフォーマンスを見せていた」と解説。<br><br>しかし、ピュエル体制となった現在、新指揮官はストライカーに新たな役割を求めているようだ。「ピュエル監督はジェイミー・バーディーの後ろに岡崎とは別のタイプの選手を起用したい考えがあるようで、日本代表FWのプレー時間は5試合で163分に減った。そして、右にリヤド・マフレズ、中央にマーク・オルブライト、左にデマレイ・グレイを配置するシステムを導入している」と岡崎の出場機会が制限されている理由について述べた。<br><br>また、出番の減った岡崎の今後について同メディアは「ピュエル監督がセカンドストライカーよりも中盤に5選手を並べたいと考えていれば、オカザキがスターティングメンバーに名を連ねることは難しいだろう。ケレチ・イヘアナチョやイスラム・スリマニらと比べて、ドローやビハインドの状況で途中出場するのは効果的ではない」と今後も出場機会を確保するのに苦労するだろうと予想。<br><br>続けて「オカザキが試合に出場できるとすれば、マフレズやオルブライトよりもチームに貢献できることをアピールする必要がある。勝利したスパーズ戦ではそのようにプレーできていた」とトッテナム戦のようなプレーを見せれば、自ずと出場機会も増えるようだ。<br><br>出場機会が減っている岡崎だが、来夏のワールドカップに出場するためにも、ピュエル監督の信頼を勝ち取らなくてはならない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 18:52 Mon
twitterfacebook
thumb

グレイ弾で逃げ切ったレスターがリーグ戦連勝! 岡崎は88分からプレー《プレミアリーグ》

▽レスター・シテイは2日、プレミアリーグ第15節でバーンリーと対戦し、1-0で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は、88分からプレーした。 ▽9位のレスター(勝ち点17)が、本拠地キング・パワー・スタジアムに6位バーンリー(勝ち点25)を迎えた一戦。4日前に行われた前節トッテナム戦で4試合ぶりの白星を飾ったレスターは、その試合から先発を1人変更。岡崎に代えてグレイをスタメンで起用した。 ▽試合が動いたのは7分、ボックス右付近でボールを受けたマフレズが相手GKとDFの間にクロスを供給。これはGKポペに弾かれるもこぼれ球をグレイが押し込み、レスターが先制に成功した。 ▽先制を許したバーンリーは30分にアクシデント。マグワイアと接触したブレイディがピッチに倒れ込むと、プレー続行不可能となりアルフィールドとの交代を余儀なくされる。するとレスターは43分、中央をドリブルで持ち上がったマフレズがペナルティアーク手前からミドルシュート。これが枠を捉えるも、シュートはGKポペのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先に決定機を作ったのはレスター。61分、右サイドでボールを受けたマフレズがゴール前にロングパスを供給。これをゴール前に抜け出したヴァーディがダイレクトボレーで合わせようとしたが、わずかにミートできず。 ▽ピンチを凌いだバーンリーは、直後に決定機を迎える。ヘンドリックのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したクデュムンドソンがボックス手前からシュートを放ったが、これはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 ▽膠着状態が続く中、88分にレスターは功労者グレイを下げて岡崎を投入。結局、その後もスコアは動かず。試合序盤のグレイ弾で逃げ切ったレスターが、リーグ戦連勝を飾った。 2017.12.03 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官、岡崎慎司をトッテナム戦勝利の立役者として称賛「良く眠れるだろう」

レスター・シティを率いるクロード・ピュエル監督は、FW岡崎慎司に賛辞を贈っている。『OMNISPORT』が報じた。<br><br>レスターは28日、プレミアリーグ第14節でトッテナムと対戦。この試合でレスターは2-1と競り勝ち、先発出場した岡崎は「(ジェイミー・)ヴァーディの最高のパートナー」として、英紙から高い評価を受けていた。<br><br>また、就任以来岡崎に対してチャンスを与えることが少なかったピュエル監督も、試合後の記者会見で称賛の言葉を述べた。<br><br>「岡崎は今夜良く眠れると思う。力強いパフォーマンスを見せてくれた。精力的にピッチを走りまわり、チームのために戦っていた。トッテナムの攻撃の起点をつぶす役割を果たし、たくさん走ってハードワークしてくれたね。だから今夜は気持ちよく眠れるだろう」<br><br>次節のバーンリー戦でも岡崎は再びチャンスをつかめるだろうか。注目が集まるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.30 13:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース