超ワールドサッカー

レーティング:レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー《CL》2017.04.19 05:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽レスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュマイケル 5.5
1失点も防げるシュートは止めた

DF
17 シンプソン 5.5
守備のバランスを保つ

29 ベナルアン 5.0
ややミスが目立った内容

(→チルウェル 6.0)
積極的な攻撃参加で多くのチャンスに絡む

5 モーガン 5.5
体を張った守りで守備陣を引っ張るが、後半途中に無念の負傷交代

(→アマルティ -)

28 フックス 5.5
得意のロングスローからチャンスを演出。守備でも大崩れせず耐える

MF
26 マフレズ 5.5
後半はシュートシーンに多く絡んだ

4 ドリンクウォーター 5.5
無難なパス出しに徹する

25 エンディディ 5.5
前線から守備を献身的に敢行

11 オルブライトン 5.5
後半は不慣れな右サイドをこなす

FW
20 岡崎慎司 5.0
攻守両面でクオリティを欠いた。前半のみの出場

(→ウジョア 5.5)
セットプレーのターゲットとなりゴールに迫る

9 ヴァーディ 6.0
後半はサポートもあり多くの決定機に絡む。一矢報いるゴールを記録

監督
シェイクスピア 6.0
積極的な選手交代で流れを引き戻すも一歩及ばず…

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
失点の場面はノーチャンス

DF
20 フアンフラン 5.5
後半途中に負傷交代

(→リュカ 5.5)
守備を締める

15 サビッチ 6.0
集中を切らさずプレーしきった

2 ゴディン 6.5
要所を締めた守備を続けた

3 フィリペ・ルイス 6.0
前半はマフレズを抑え、攻撃にも関与

(→コレア -)

MF
8 サウール・ニゲス 6.5
準決勝進出を決定付けるアウェイゴールをゲット

14 ガビ 6.0
ホセ・ヒメネスと共に中盤の広範囲をカバー

24 ホセ・ヒメネス 6.0
攻守のバランスを取ったプレーぶり

6 コケ 6.0
テンポ良くボールを動かした

FW
7 グリーズマン 6.0
積極的な仕掛けでチャンスを演出

10 カラスコ 5.5
奮闘も攻守に少しずつもの足りなかった

(→トーレス 5.0)
見せ場は作れず

監督
シメオネ 6.0
大一番で逃げ切りに成功。勝負強さを見せた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
▽大一番での勝負強さを見せ、準決勝進出を大きく手繰り寄せるアウェイゴールを奪取。

レスター・シティ 1-1(AGG:1-2) アトレティコ・マドリー
【レスター・シティ】
ヴァーディ(後16)
【アトレティコ・マドリー】
サウール・ニゲス(前27)
※2戦合計2-1でアトレティコ・マドリーが準決勝進出

コメント

関連ニュース

thumb

試合終盤のOGで逃げ切ったアーセナルが公式戦3連勝! 岡崎途中出場のレスターは5戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第28節延期分のアーセナルvsレスター・シティが26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-0でアーセナルが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は、70分からプレーした。 ▽3月11日に行われたFAカップ準々決勝にアーセナルが出場したため、順延となっていた一戦。公式戦2連勝中で復調の兆しを見せる7位アーセナル(勝ち点57)は、直近に行われたFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦からスタメンを4人変更。ジルー、チェンバレン、ラムジー、ホールディングに代えてウォルコット、コクラン、ギブス、ベジェリンをスタメンで起用した。 ▽一方、対戦相手のトッテナムがFAカップ準決勝に出場したため、中7日と休養十分の15位レスター(勝ち点37)は、ヴァーディとウジョアを2トップに配置した[4-4-2]のフォーメーションを採用。岡崎はベンチスタートとなった。 ▽試合はアーセナルが前線からプレッシングを仕掛けて主導権を握りにかかる。しかし、最初のチャンスはレスターに生まれる。7分、バイタルエリア左手前で獲得したFKがサンチェスのクリアミスを誘発すると、マフレズとのパス交換でオルブライトンがボックス左へ侵入。折り返したボールをヴァーディがシュートするも、サイドネットに外れた。 ▽拮抗した展開で試合が進む中、レスターは22分にフックスのロングスローから決定機。相手DFのクリアミスをファーサイドのマフレズがハーフボレーで狙ったが、これはGKチェフのファインセーブに阻まれた。 ▽ゴールの遠いアーセナルは27分、ボックス右でパスを受けたベジェリンのロストボールをボックス内で拾ったウォルコットがカットインから右足を振り抜く。だが、これはGKシュマイケルのセーブに防がれた。 ▽ボールポゼッションでレスターを圧倒するアーセナルは、人数を掛けてレスターゴールに迫る場面を見せていくが、レスター守備陣を崩しきれない。前半終了間際の45分には、ボックス左手前でパス受けたサンチェスがカットインからミドルシュートを放つも、クロスバーに嫌われ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初の決定機はアーセナルに訪れる。55分、右サイドからカットインしたベジェリンのパスをゴール前で受けたサンチェスがシュートモーションに入るも、これは素早くプレスをかけたベナルアンのクリアに阻まれる。 ▽さらにアーセナルは65分、ショートCKの流れからボックス右手前でボールを受けたベジェリンがクロスを供給。これをゴール前のコシエルニが頭で合わせるが、これはGKシュマイケルの正面を突いた。 ▽ゴールレスが続く中、先に動いたのはアーセナル。68分、ギブスを下げてウェルベックを投入。[3-4-3]からサンチェスを1トップに配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。一方のレスターは70分、ウジョアを下げて岡崎をピッチに送り出した。 ▽さらにアーセナルのヴェンゲル監督は、75分にウォルコットとコクランを下げてジルーとラムジーを投入。すると、この交代でチャンスを作り出したのはレスター。78分、ロングパスのクリアボールをマフレズが頭で繋ぐと、これを受けた岡崎がボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはガブリエウのスライディングブロックに阻まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、ゴールレスのまま試合終了かと思われたが86分、アーセナルに待望のゴールが生まれる。モンレアルのパスで左サイドを抜け出したサンチェスがクロス供給。このセカンドボールをボックス手前でエジルが繋ぐと、ボックス左で受けたモンレアルがダイレクトシュート。これがブロックに入ったフートに当たると、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となり激闘を制したアーセナルが公式戦3連勝。一方のレスターは公式戦5試合未勝利となった。 2017.04.27 05:54 Thu
twitterfacebook
thumb

カンテ後釜メンディの今季が終了…ニースから加入も今季レスターでわずか9試合の出場

▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、24日に行われた公式会見の場で次節のアーセナル戦に向けた負傷者の状況について説明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽シェイクスピア監督は、26日に行われるプレミアリーグ第28節延期分のアーセナル戦に向けた会見の場で、先日に足首の手術を受けたMFナンパリス・メンディの今シーズン中の復帰が絶望的になったことを明かした。 「残念なことにパピ・メンディは、先日にフランスで足首の手術を受けた。彼は今シーズン残りすべてのゲームを欠場する」 ▽昨夏、チェルシーに旅立ったMFエンゴロ・カンテの後釜として、ニースから加入したメンディだったが、度重なる負傷に苦しめられ、加入初年度は公式戦9試合出場という厳しい結果に終わった。 ▽また、シェイクスピア監督は先日のアトレティコ・マドリー戦で負傷交代したDFウェズ・モーガン、そ径部に問題を抱えるFWイスラム・スリマニの2選手についてもアーセナル戦を欠場することになると語っている。 「残念なことにモーガンは次の試合(アーセナル戦)に間に合わない。当初は患部に痛みがあるという判断だったが、彼はハムストリングに過負荷がかかっていた状態だった。大きな問題ではないが、次の試合で起用しないことを決めた」 「イスラム・スリマニに関しては、そ径部に損傷がある」 ▽シェイクスピア新体制移行後、破竹の公式戦6連勝を飾ったレスターだが、現在は公式戦4戦未勝利(2敗2分け)。プレミア残留を確保するため、次節のアーセナル戦できっちり勝ち点を獲得したいところだ。 2017.04.24 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、レスター行き以前にプレミア移籍の可能性…実現なら王者経験はなし?

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、プレミアリーグの他のクラブへ行く可能性もあったようだ。『プラネット・フットボール』が報じた。<br><br>岡崎は昨シーズン、レスターへ移籍。それ以前はブンデスリーガでプレーし、直前はマインツのエースとして2シーズンプレーしていた。ウェスト・ブロムウィッチの元チーフスカウトであるスチュアート・ホワイト氏はマインツ時代に岡崎の獲得を試みていたことを明かしている。<br><br>「ウェスト・ブロムウィッチにいるときに、早い段階での獲得を心がけていた。多くのお金を払う余裕のないクラブにとってそれは重要だ。それでも交渉は多くの人が思うほど簡単ではない」<br><br>「例えば我々は岡崎慎司の獲得を求めていた。しかし、マインツは夏に売却することを拒否したんだ。その1年後、レスターが控えめな額で獲得し、プレミアリーグ王者になったんだ」<br><br>レスターへ行く1年前に獲得を狙っていたとされるウェスト・ブロムウィッチ。もし実現していれば、岡崎はプレミアリーグ王者の一員とはなっておらず、レスターがチャンピオンチームにもなっていなかったかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターの“おとぎ話”は終焉も…ドリンクウォーターは「またこの舞台に」と誓う

レスター・シティのMFダニー・ドリンクウォーターは、チャンピオンズリーグ準々決勝でアトレティコ・マドリーに敗れたものの、チームがヨーロッパ最高峰の戦いで優勝できるだけの力があることを証明できたと試合後に語っている。<br><br>初のチャンピオンズリーグ出場にもかかわらず、グループリーグを1位で突破し、ベスト16ではセビージャを退けたレスターだったが、昨シーズンから続いていた「おとぎ話」もついにエンディングを迎えた。2試合合計1-2でアトレティコ・マドリーに屈したものの、本拠地のキングパワー・スタジアムでは素晴らしい戦いを見せている。敗戦後、ドリンクウォーターは「僕たちは優勝できる可能性があったが、少し手が届かなかった」と悔しさをにじませ、以下のように続けた。<br><br>「他の人はそうとは思っていないかもしれないが、僕たちは準決勝に進めるチャンスがあり、実力もあったと思う。でも今はこの舞台にまた立てるよう練習に励むよ。もう恐れるものは何もない」<br><br>キャプテンのウェズ・モーガンもチームメイトの考えに共感し、数年後にはヨーロッパの舞台に戻れると信じているようだ。<br><br>「これは素晴らしい旅だった。誰も僕たちがこのような戦いができるなんて想像もできなかったはずさ。チャンピオンズリーグのデビューシーズンでこのような結果を得られたことを誇りに思う」<br><br>「今シーズンは悪い点ばかりが強調されていたが、今は昨シーズンのチームに戻れたと思う。この調子を1年間継続できれば、またチャンピオンズリーグに出場できるはずだ。まずは残っている試合に集中して、できる限り上位で終わりたい。そして来シーズンはもう一度チャンピオンズリーグを目指して戦いたい。みんながこのクラブを愛している。だから全員が来シーズンもここにいると信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.20 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

サンパオリ監督の後任候補に“ミラクル・レスター”を率いたラニエリ氏が浮上?

▽今季限りでホルヘ・サンパオリ監督が退団する可能性のあるセビージャが、クラウディオ・ラニエリ氏(65) を新監督候補にリストアップしているようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じている。 ▽今シーズンからサンパオリ監督が指揮官に就任したセビージャは、ここまでリーグ戦18勝8分け6敗で4位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をほぼ手中に収めている。 ▽そんな中、サンパオリ監督は成績不振により解任されたエドガルド・バウサ監督の後任として、アルゼンチン代表の新監督候補に浮上。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のダニエル・アンヘリッチ副会長も、サンパオリ監督への関心を認めており、同監督の今季限りでの退任も噂されていた。 ▽『エル・コレオ』は、サンパオリ監督の退任に備え後任監督を探すセビージャが、昨季レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いたラニエリ氏を新指揮官にリストアップしたようだ。なお、ラニエリ氏は今季途中にレスターの指揮官を解任されて以降、フリーの状態が続いている。 2017.04.20 02:15 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース